JPS60166135A - ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置 - Google Patents

ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置

Info

Publication number
JPS60166135A
JPS60166135A JP59021853A JP2185384A JPS60166135A JP S60166135 A JPS60166135 A JP S60166135A JP 59021853 A JP59021853 A JP 59021853A JP 2185384 A JP2185384 A JP 2185384A JP S60166135 A JPS60166135 A JP S60166135A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lead
hybrid
pallet
cylinder
cutting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP59021853A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenji Mangetsu
満月 研二
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP59021853A priority Critical patent/JPS60166135A/ja
Publication of JPS60166135A publication Critical patent/JPS60166135A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、ハイブリッドIC等のリードのカット及び曲
げ加工を自動的に、且つ同時に成すようにした装置に関
するものである。
従来、ハイブリッドIC等のリードのカット及び曲は作
業は同一機で行なうことができず、リードのカット作業
のみを機械で行ない、リードの曲げ作業は人手によって
いた。このため、リードの曲げ位置、曲げ角度、曲率半
径等を均 −一化することができず、カントから曲げ作
業に至る全工程の自動化が困難であった。又、曲げ作業
が自動化されても、カット作業と同一機でないと2工程
(2台の機械)を要し、サイクルタイムも長くなる。更
に、従来のカットの自動機ではハイブリッドIC等を直
接位置決め、搬送に使用しているため、ハイブリッドI
C等に傷が付き易く、これの破損も生じてい友。
本発明は上記問題を有効に解決すべく成されたもので、
その目的とする処は、リードのカット及び曲げ作業を高
精度、且つ自動的に、しかも同時に成すことができる量
産性に富むハイブリッドIC等のリードカント・リード
曲げ装置を提供するにある。
斯かる目的を達成すべく本発明は、ハイブリッドIC等
のワークを位置決め載置するパレットと、中間部を切欠
いて形成した平担部にパレットを載置するとともにこの
パレットを位置決めクランプするノツチを有して垂直面
内を回動可能となるよう水平に支承されている回転軸と
、シリンダの駆動により下降してワークのリード線等の
折曲部を押圧するクランプ金と、シリンダの駆動により
、固定された下カッタに向は下降してリード線等の切断
部を切断する上カンタとを有することを特徴とする。
以下に本発明の好適一実施例を添伺図面に基づいて説明
する。
第1図は本発明装置の斜視図、第2図は同装置の回転軸
中心部で破断した平面図、第3図は同装置の中央部で破
断した側面図、第4図(a)。
(b)はそれぞれカット作業、曲げ作業状態を示すハイ
ブリッドICの側面図である。
第1図において1は門形構造を成す本体で。
該本体1には、第2図に示す如く、L杉板2が。
間に調整板3を介して複数の?シト4にて固定されてい
る。そして、このL杉板2には、第3図に示す如く下カ
ッタ(固定側)7を締結して成るカッタ台6と上カッタ
(可動側)11を取9付けたスライドユニット30が固
定されている。尚、上記カッタ台6は第3図に示す傾斜
面22を有し、又、上記スライドユニット30は固定側
8と可動側12とに分かれる。そして、L杉板2の上部
にはスライドユニツ)30の可動側12に直結されるカ
ンタシリンダ9と後述のパレット16上にセットされ友
ハイブリッドIC50の本体部51から突出するリード
52をクランプするクランプ金13に直結されるクラン
プシリンダlOが取シ付けられている。
又5本体lには回転軸14が軸受15を介して回転自在
に支承されているとともに、核回転軸14をラック5a
とピニオン5bを介して回転駆動するシリンダ5が固設
されている。回転軸14の中心はハイブリッドIC50
の52の曲げ中心に一致しておシ、その中間部は下カッ
タ7との干渉を避けるための切欠部53とパレット16
を載せるため及びノツチホルダ19を取シ付けるための
切欠部が設けられている。ノツチホルダ19はパレツ)
16の位置決めに使用するばねノツチエアとハイプリツ
)’IC50を軽くクランプするばね18とを組み込ん
で成る。尚、前記調整板3はリード52の曲がり具合に
よってL杉板2に傾斜をつけて補正を行なうために必要
なものである。又、第1図中、23は切粉臼である。
次に本発明装置の作用を説明する。
ハイブリッドIC50を載せたパレット16が回転軸1
4の平行切欠部に運び込まれると、ノツチ17のボール
がパレッ)16の円錐凹部に入り込み、パレツ)16の
回転軸14との位置決めがなされる。そして、同時に回
転時パレット16からハイブリッドIC50が飛び出さ
ないようにばね18によってハイブリッドIC50が軽
くクランプされる。尚、ハイブリントIC50とパレッ
ト16とは位置決めピン20によって位置決めされてい
る。
以上の動作後、クランプシリンダlOによってクランプ
金13を下降させ、下カッタ7との間にハイブリッドI
C50のリード52を挾み、これをクランプする。尚、
このときクランプ金13の背面21はリード曲げ中心に
一致している。
而して、カッタシリンダ9を下降させると、スライドユ
ニット30の可動側12に固定された上カッタ11は第
4図(a)に示す如くリード52をカットする。これと
同時に、シリンダ5を駆動し、ラック5aとビニオン5
bを介して回転軸14奢所定角度だけ回転させれば、リ
ード52はクランプ金13の背面21部で第4図(b)
に示す如く曲げ加工される。尚、カットされたリード片
はカッタ台6の傾斜面22に沿って落下し、切粉臼23
内に回収される。
以上のリードカット・リード曲げ作業が終了すると、上
カッタ11及びクランプ金13が上昇し、回転軸14が
元の位置に戻る。又、バレット16はノツチ17で軽く
クランプされているため、バレン1−16を回転軸14
から容易に引き抜くことができる。なお、曲げ角度の調
整は調整板3を交換することによシ行なう。
以上のように本発明によればハイブリッドIC等のリー
ドカット・リード曲げ作業の自動化が実現し、しかもリ
ードカット作業とリード曲げ作業を1台の装置で同時に
成すようにしたため、生産性の向上、加工精度の向上等
を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明装置の斜視図、第2図は同装置の回転軸
中心部で破断した平面図、第3図は同装置の中央部で破
断した側面図、第4図(a)。 (b)はそれぞれカット作業、曲げ作業状態を示すハイ
ブリッドICの側面図である。 図面中、 lは本体、 2はL彫版、 3は調整板、 5はシリンダ、 7は下カッタ、 9はカッタシリンダ、 ioはクランプシリンダ、 11は上カッタ、 13はクランプ金、 14は回転軸、 16はパレット、 17はばねノツチ、 18はばね、 19はノツチホルダ、 30はスライドユニット、 50はハイブリッドIC。 52はリードである。 特許出願人 三菱重工業株式会社 復代理人 弁理士 光 石 士 部 (他1名) 第1図 第2図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. ハイブリッドIC等のワークを位置決め載置するパレッ
    トと、中間部を切欠いて形成した平担部にパレットを載
    置するとともにこのパレットを位置決めクランプするノ
    ツチを有して垂直面内を回動可能となるよう水平に支承
    されている回転軸と、シリンダの駆動により下降してワ
    ークのリード線等の折曲部を押圧するクランプ金と、シ
    リンダの駆動により、固定された下カンタに向は下降し
    てリード線等の切断部を切断する十カッタとを有するこ
    とを特徴とするハイブリッドIC等のリードカット・リ
    ード曲げ装R。
JP59021853A 1984-02-10 1984-02-10 ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置 Pending JPS60166135A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP59021853A JPS60166135A (ja) 1984-02-10 1984-02-10 ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP59021853A JPS60166135A (ja) 1984-02-10 1984-02-10 ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60166135A true JPS60166135A (ja) 1985-08-29

Family

ID=12066664

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP59021853A Pending JPS60166135A (ja) 1984-02-10 1984-02-10 ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60166135A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103008505A (zh) * 2012-12-14 2013-04-03 苏州菱欧自动化设备有限公司 定子铜线自动剪切装置
CN104028680A (zh) * 2014-06-12 2014-09-10 苏州乔岳软件有限公司 一种剪切折弯机构
CN105499445A (zh) * 2016-01-29 2016-04-20 浙江华氏机械设备有限公司 线形钢材切断机
CN109256913A (zh) * 2018-11-05 2019-01-22 湖南河豚机电设备有限公司 一种发电机定子扭线机的顶升结构

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103008505A (zh) * 2012-12-14 2013-04-03 苏州菱欧自动化设备有限公司 定子铜线自动剪切装置
CN104028680A (zh) * 2014-06-12 2014-09-10 苏州乔岳软件有限公司 一种剪切折弯机构
CN105499445A (zh) * 2016-01-29 2016-04-20 浙江华氏机械设备有限公司 线形钢材切断机
CN105499445B (zh) * 2016-01-29 2017-07-18 浙江华氏机械设备有限公司 线形钢材切断机
CN109256913A (zh) * 2018-11-05 2019-01-22 湖南河豚机电设备有限公司 一种发电机定子扭线机的顶升结构
CN109256913B (zh) * 2018-11-05 2020-04-10 湖南河豚机电设备有限公司 一种发电机定子扭线机的顶升结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN112792626A (zh) 一种自动研磨机
JPH06500739A (ja) カッターチップの放電加工方法及び装置
JPS60166135A (ja) ハイブリツドic等のリ−ドカツト・リ−ド曲げ装置
CN215357673U (zh) 一种倒角机
CN211639185U (zh) 一种钳片加工自动生产系统
CN113579732A (zh) 基于新能源汽车配件的智慧装配
JPS6125761A (ja) 竪軸型平面研削盤
CN210451197U (zh) 一种带锯床定位装置
CN216177672U (zh) 一种弧形模切板的激光切割设备
CN220457662U (zh) 一种精确调节pcba治具
JPH07164058A (ja) 板材折曲機およびその使用方法
JPH0796432A (ja) シャルピー試験片加工用マシニングセンタ及び加工装置
CN212598246U (zh) 一种治具冲压装置
JPH09295290A (ja) ロボットによるワークの自動加工装置
CN218312860U (zh) 一种减薄加工转台
CN211438474U (zh) 一种可倾斜的治具机构
CN214869166U (zh) 一种自动研磨机
CN212977261U (zh) 一种钣金件焊接的工装夹具
CN216913150U (zh) 一种刀片磨床
CN211757722U (zh) 一种刀具冲压调直装置
JP2001096320A (ja) パンチプレス
JP3045535U (ja) 加工装置および切断加工装置
JPS60207755A (ja) 面取り加工装置
JP3093939U (ja) 板材の加工装置
JP3085891U (ja) 板材の加工装置