JPS5943484Y2 - 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング - Google Patents

内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング

Info

Publication number
JPS5943484Y2
JPS5943484Y2 JP5451380U JP5451380U JPS5943484Y2 JP S5943484 Y2 JPS5943484 Y2 JP S5943484Y2 JP 5451380 U JP5451380 U JP 5451380U JP 5451380 U JP5451380 U JP 5451380U JP S5943484 Y2 JPS5943484 Y2 JP S5943484Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piston
expander
ring
piston ring
cross
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP5451380U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS56156946U (ja
Inventor
耕作 松本
Original Assignee
株式会社リケン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リケン filed Critical 株式会社リケン
Priority to JP5451380U priority Critical patent/JPS5943484Y2/ja
Publication of JPS56156946U publication Critical patent/JPS56156946U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5943484Y2 publication Critical patent/JPS5943484Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 この考案は、内燃機関用ピストンリングに関し、更に詳
しくは、内周面の横断面形状が長円形又は楕円形をなす
シリンダと、該シリンダの内周横断面形状と相似な横断
面形状をなすピストンとを有する内燃機関に使用される
エキスパンダ付ピストンリングに関する。
内周の横断面形状が長円形又は楕円形をなすシリンダを
有する内燃機関には、シリンダ孔の横断面形状と相似な
横断面形状を有するピストンが使用され、その外周に削
設されたリング溝には1個所に合い口を有する1本のピ
ストンリングと、該ピストンリングの背面とリング溝底
面との間に圧縮状態でエキスパンダが装着されていて、
ピストンリングは前記エキスパンダの拡張力により外方
に押圧され、その外周面がシリンダ内周面に圧接しシリ
ンダとピストンとの間の刺止がなされている。
この種のピストンリングが良好なシール性能を発揮する
ためには、そのピストンリングの外周摺動面が全周に亘
り適当な接触圧力をもってシリンダ内周面に安定に対接
していることが必要であり、それ故、ピストンリングは
精度よく加工されることはもとより、使用によりピスト
ンリング外周摺動面に摩耗が生じてもピストンリングの
自己張力あ6いは(及び)エキスパンダの拡張力により
ピストンリング外周摺動面がシリンダ内周面に追従接触
を維持するよう作られている。
しかしながら、加工精度が不充分であったり、あるいは
ピストンリングの外周面摩耗が過度に進行する場合には
、ピストンリング外周面のシリンダ内周面に対する追従
接触特性が損われシール性能の劣化現象が起り易くなる
この考案は上記に鑑み、内周の横断面形状が長円形又は
楕円形をなすシリンダと、横断面形状が前記長円形又は
楕円形と相似するピストンを有する内燃機関に使用され
るエキスパンダ付ピストンリングの改善を目的としてな
されたもので、ピストンの同一リング溝に合い口を有す
る2枚のピストンリングを重ねて装着し、上記2枚のピ
ストンリングの一方をピストンの横断面長軸の一方向に
押圧し、他方のピストンリングをピストンの横断面長軸
の他方向に押圧する如くエキスパンダを配置してなるこ
とを特徴とする内燃機関用エキスパンダ付ピストンリン
グに係る。
以下、図示の実施例により本考案の詳細を説明する。
本考案の一実施例を示す第1〜3図において。
1は、その内周横断面形状が互に対向する同一半径の2
つの半円部3,3′と各半円の相対向する端部に連続し
て連なる直線部4,4′とでなる長円形をなすシリンダ
で、シリンダ1内には横断面形状が前記シリンダ1の内
周長円形と相似するピストン5が摺合されている。
ピストン5の外周にはリング溝6が削設されていて、該
リング溝6には1個所に合い口Iを有する2枚のピスト
ンリング8,9が上下に重ね合わされて装着され、各ピ
ストンリング8,9の背面10.11とリング溝底面と
の間には圧縮状態で波状板ばねよりなるエキスパンダ1
2.13がそれぞれ装着されている。
ここで、エキスパンダ12は、第2図に示す如く、一方
のピストンリング801つの円弧部とそれに続く直線部
に亘ってピストンリング8の背面10とリング溝底面1
4との間に圧縮状態で装着されていて、ピストンリング
8をピストンの横断面長軸の一方向、即ち第2図におい
て矢印A方向に押圧し、他方、エキスパンダ13は第3
図に示す如く、前記エキスパンダ12とは反対側に位置
していて他方のピストンリング9の1つの円弧部とそれ
に続く直線部に亘ってピストンリング9の背面11とリ
ング溝底面15との間に圧縮状態で装着されていて、ピ
ストンリング9をピストンの横断面長軸の他方向、即ち
、第3図において矢印B方向に押圧する。
なお、ピストンリングの直線部に沿って延在するエキス
パンダ部分は、該直線部分を外方に押圧する。
ピストンリングを上記の如く構成する場合、同一リング
溝に上下に重ね合せて装着されている2枚のピストンリ
ング8,9は、これらピストンリングの背後に別々に装
着されたエキスパンダ12゜13によりピストンの横断
面長軸の向きで互に反対方向に押圧され、反対側に位置
する各ピストンリングの1つの円弧部の外周面がシリン
ダ内周面に圧接される。
したがって、ピストンリングの加工精度が充分でない場
合や、ピストンリングの外周面摩耗が進行する場合にお
いて、ピストンリングの片方の円弧部の外周面とシリン
ダ内周面との接触追従が充分に得られない状態において
も、この部分に位置する他方のピストンリングの円弧部
の外周面とシリンダ内周面との接触関係が良好に維持さ
れているために、良好なシール特性が維持される。
なお、本考案において採用されるピストンリング8,9
は、自由状態において外周形状がシリンダの内周横断面
形状と合同に作られたものであってもよいが、装着時に
自己張力を生起しその自己張力によりシリンダ内周面に
対接する形状に成形してもよい。
また、本考案になるピストンリングは内周の横断面形状
が輪差の比較的大きな楕円形をなすシリンダに対しても
同様に使用することができる。
【図面の簡単な説明】
第1〜3図は本考案の一実施例を示す断面図で、第1図
は縦断面図、第2図は第1図における■−■線断面図、
第3図は第1図における■−■線断面図。 図中:1・・・・・・シリンダ、3,3/−・・・・シ
リンダ内周横断面を構成する半円部、4,4t・・・・
シリンダ内周横断面を構成する直線部、5・・・・・・
ピストン、6・・・・・・リング溝、7・・・・・合い
口、8・・・・・・ピストンリング、9・・・・・・ピ
ストンリング、10・・・・・・ピストンリングの背面
、11・・・・・・ピストンリングの背面、12・・・
・・・エキスパンダ、13・−・・・・エキスパンダ、
14・・・・・・リング溝底面、15・・・・・・リン
グ溝底面。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 内周面の横断面形状が長円又は楕円形をなすシリンダと
    、該シリンダの内周横断面形状と相似な横断面形状をな
    すピストンとを有する内燃機関に使用されるエキスパン
    ダ付ピストンリングであって、同一リング溝に合い口を
    有する2枚のピストンリングを重ねて装着し、上記2枚
    のピストンリングの一方のピストンリングの背面とリン
    グ溝底面との間にピストン長軸の一方に偏在させてエキ
    スパンダを装着し、他方のピストンリングの背面とリン
    グ溝底面との間にピストン長軸の他方に偏在させてエキ
    スパンダを装着して、前記2枚のピストンリングをピス
    トン長軸方向で互いに反対の向きに押圧するようにエキ
    スパンダを配置してなることを特徴とする内燃機関用エ
    キスパンダ付ピストンリング。
JP5451380U 1980-04-23 1980-04-23 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング Expired JPS5943484Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5451380U JPS5943484Y2 (ja) 1980-04-23 1980-04-23 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5451380U JPS5943484Y2 (ja) 1980-04-23 1980-04-23 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS56156946U JPS56156946U (ja) 1981-11-24
JPS5943484Y2 true JPS5943484Y2 (ja) 1984-12-24

Family

ID=29649255

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5451380U Expired JPS5943484Y2 (ja) 1980-04-23 1980-04-23 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5943484Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN114109642B (zh) * 2021-11-08 2022-09-30 国能龙源环保有限公司 一种方便更换活塞环的气缸检修结构及其使用方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS56156946U (ja) 1981-11-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4570945A (en) Piston ring having shape of an ellipse or an elongated circle
JPS5941316Y2 (ja) 内燃エンジンのピストンリング
JPS6148978U (ja)
JPS5943484Y2 (ja) 内燃機関用エキスパンダ付ピストンリング
JPS6118202Y2 (ja)
JPS58163761U (ja) パツキン
JPS6229647Y2 (ja)
JP4382220B2 (ja) 組合せオイルリング
JPS601245Y2 (ja) 内燃機関用組合せピストンリング
US2670255A (en) Piston packing ring
US2670257A (en) Piston ring
US2978284A (en) Piston head structure
US2673770A (en) Piston ring
JPS6118203Y2 (ja)
JPS5870504U (ja) 油圧シリンダ等におけるシ−ルリング
JPH0447404Y2 (ja)
JPS6026220Y2 (ja) 内燃エンジンのピストンリング装置
JPS5922274Y2 (ja) 内燃エンジン用ピストンリング
JPS6229646Y2 (ja)
JPH0529586Y2 (ja)
JPS6233975Y2 (ja)
JPS6347640Y2 (ja)
JPS6227262B2 (ja)
SU1691631A1 (ru) Уплотнение пары цилиндр-поршень
JPH01173441U (ja)