JPH11285606A - ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機 - Google Patents

ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機

Info

Publication number
JPH11285606A
JPH11285606A JP11061159A JP6115999A JPH11285606A JP H11285606 A JPH11285606 A JP H11285606A JP 11061159 A JP11061159 A JP 11061159A JP 6115999 A JP6115999 A JP 6115999A JP H11285606 A JPH11285606 A JP H11285606A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rotary drum
compressed air
drum filter
suction pipe
filter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP11061159A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadayoshi Nagaoka
忠義 永岡
Arthur Leal
リール アーサー
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/044,498 priority Critical patent/US5954960A/en
Priority to US09/044498 priority
Application filed by Individual filed Critical Individual
Publication of JPH11285606A publication Critical patent/JPH11285606A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D33/00Filters with filtering elements which move during the filtering operation
    • B01D33/06Filters with filtering elements which move during the filtering operation with rotary cylindrical filtering surfaces, e.g. hollow drums
    • B01D33/073Filters with filtering elements which move during the filtering operation with rotary cylindrical filtering surfaces, e.g. hollow drums arranged for inward flow filtration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D33/00Filters with filtering elements which move during the filtering operation
    • B01D33/27Filters with filtering elements which move during the filtering operation with rotary filtering surfaces, which are neither cylindrical nor planar, e.g. helical surfaces
    • B01D33/275Filters with filtering elements which move during the filtering operation with rotary filtering surfaces, which are neither cylindrical nor planar, e.g. helical surfaces using contiguous impervious surfaces
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D33/00Filters with filtering elements which move during the filtering operation
    • B01D33/70Filters with filtering elements which move during the filtering operation having feed or discharge devices
    • B01D33/72Filters with filtering elements which move during the filtering operation having feed or discharge devices for feeding
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D33/00Filters with filtering elements which move during the filtering operation
    • B01D33/70Filters with filtering elements which move during the filtering operation having feed or discharge devices
    • B01D33/74Filters with filtering elements which move during the filtering operation having feed or discharge devices for discharging filtrate
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2201/00Details relating to filtering apparatus
    • B01D2201/20Pressure-related systems for filters
    • B01D2201/204Systems for applying vacuum to filters
    • B01D2201/208Systems for applying vacuum to filters by venturi systems

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ロータリードラムフイルターの外周面に初期
ケーキ層が形成された後該初期ケーキ層上にその後集め
られたスラリーの脱水濾過を許容するロータリードラム
型脱水濾過機を提供する。 【解決手段】ロータリードラムフイルター2内に入り口
17aを有するサクション管17を固定的に配置し、入
り口17aの下流側において圧縮空気供給管20をサク
ション管17に連結し、サクション管17の出口17b
は濾液受け容器18内に位置させる。圧縮空気供給管2
0に連結されたエアコンプレッサーから圧縮空気をサク
ション管17に供給することによりロータリードラムフ
イルター2の内部空間に負圧を発生させ、この負圧によ
りロータリードラムフイルター2の外周面上に供給され
る被処理液中の液分をロータリードラムフイルター2内
に吸引する。被処理液中の固体分はケーキ層となってロ
ータリードラムフイルター2の外周面上に堆積する。

Description

【発明の詳細な説明】
【発明が属する技術分野】本発明は、ロータリードラム
フイルターを介してスラッジを脱水濾過するロータリー
ドラム型脱水濾過機に関する。
【0001】
【従来の技術】脱水濾過の分野において、ロータリーフ
イルター内に発生される負圧によって生じる吸引力によ
ってスラッジを脱水濾過するロータリードラム型脱水濾
過機が知られている。この型の脱水濾過機は、図6に示
すように、スラリータンクf内に収容されたスラリー内
に部分的に配置され、ウェッジワイアなどの適当なフィ
ルター部材からなる円筒状フイルターを備えるロータリ
ードラムフイルターaと、ロータリードラムフイルター
aに連結された受けタンクbと、受けタンクbに連結さ
れた負圧発生ポンプcを備える。スラッジ中の液分は負
圧発生ポンプcによって発生された吸引力によってロー
タリードラムフイルター内に吸引され受けタンクbに集
められる一方、スラッジ中の固体分はロータリードラム
フイルターaの外表面上にケーキとして残る。このケー
キはスクレーパによってロータリードラムフイルターa
の外表面から掻き落とされる。
【0002】この従来の脱水濾過機においては、負圧を
受けタンクbを介してロータリードラムフイルターa内
に発生させなければならないから、負圧発生ポンプcと
しては大容量のポンプが必要である。また負圧発生ポン
プcが濾液中の液分の微粒子を吸い込まないよう受けタ
ンクb内の濾液の表面とサクションホースdの入り口と
の間には比較的に大きな距離を置かなければならず、こ
のため受けタンクbとして大型のタンクを必要とする。
さらに、受けタンクbにおいては、負圧発生ポンプcが
濾液中の液分の微粒子を吸い込まないようにロータリー
ドラムフイルターaと受けタンクbを連結するサクショ
ンホースeの出口とサクションホースdの入り口との間
にも比較的に大きな距離を置かなければならない。した
かって、従来のロータリードラム型脱水濾過機は全体と
して比較的大きな装置を必要とし、このため大きな設置
スペースを必要とする上、製造コストが嵩むという欠点
があった。
【0003】このような設計上、スペース上、コスト上
の問題に加えて、従来の脱水濾過機は次に述べる技術上
の重大な欠点を有していた。
【0004】すなわち、ロータリードラムフイルターa
の全周面にわたって吸引力を発生させるため、ロータリ
ードラムフイルターa、サクションホースe、受けタン
クb、サクションホースdおよび負圧発生ポンプcの各
連結部は完全に密封されている。脱水動作の開始後、ロ
ータリードラムフイルターaの全外周面にわたってスラ
リー層が形成されるまで、空気はロータリードラムフイ
ルターa内に吸引され、この状態においては、ロータリ
ードラムフイルターaおよび受けタンクb内には高真空
度の負圧は生じない。
【0005】ロータリードラムフイルターaの回転によ
りロータリードラムフイルターaの全外周面上でスラリ
ー層の形成が完成すると、ロータリードラムフイルター
a内への空気の吸引は突然遮断され、ロータリードラム
フイルターa内の負圧は急激に増大する(真空度が高く
なる)。この急激な負圧の増大はロータリードラムフイ
ルターaの外周面に形成されたスラリー層を急激に圧縮
させ、その結果圧縮されたケーキ層が即座に形成され
る。これはケーキの存在によってロータリードラムフイ
ルターa内への空気吸引はいっそう遮断され、その結果
ロータリードラムフイルターa内の負圧はいっそう増大
し、ケーキ層はいっそう圧縮される。こうして圧縮され
たケーキ層はロータリードラムフイルターaを取り囲む
一種の円筒状の壁となって、圧縮されたケーキ層上に新
たに収集されたスラリーの液分はケーキ層にひびが入る
場合以外はロータリードラムフイルターa内に吸引され
ることがない。しかもこのような圧縮されたケーキはロ
ータリードラムフイルターのフイルター部材のスリット
または孔内に入って目詰まりを生じさせがちであり、こ
のため脱水作業の能率を低下させることになる。
【0006】特に脱水すべきスラリーがベントナイトを
含むスラリー等の高い粘度のものでる場合はこの傾向が
顕著である。ベントナイトを含むスラリーの場合は、ロ
ータリードラムフイルターの外周面に圧縮されたケーキ
の厚い膜が形成されることによって、初期に形成された
ケーキ層の外側に新たにケーキ層を形成することは極め
て難しく、フイルターの閉塞が生じる。
【0007】このため、従来のロータリードラム型脱水
濾過機では充分な脱水濾過効果を達成することができ
ず、業界では、ロータリードラムフイルターに発生する
負圧を利用するこの種の脱水濾過機のかわりにスラリー
の圧力を利用する型のものや遠心力によって液分と固体
分を分離する型のものなど他の型の脱水濾過機を使用す
るようになってきている。
【0008】したがって、負圧を利用するロータリード
ラム型脱水濾過機にとっては、ロータリードラムフイル
ターの外周面にスラリー層が形成された後負圧が急激で
はなくゆっくりと増加することにより、スラリー層が急
激に過度に圧縮されたケーキではなく、初期に形成され
たケーキ層の上にその後に集められたスラリーの液分が
初期ケーキ層を通ってロータリードラムフイルター内に
吸引される程度に圧縮されるようにロータリードラムフ
イルター内の負圧が提供されることが望ましい。換言す
れば、ロータリードラムフイルター内の負圧は、ロータ
リードラムフイルターの全外周面に初期スラリー層が形
成された後該初期スラリー層がその上にその後集められ
たスラリーの脱水を許容する程度のものでなければなら
ない。
【0009】従来のロータリードラム型脱水濾過機は、
ロータリードラムフイルターと負圧発生ポンプとの間に
受けタンクを使用する上記設計のため大きな負圧(高真
空)の発生を必要とするので、この種の脱水濾過機にと
ってロータリードラムフイルターの外周面に初期スラリ
ー層が形成された後その後に集められたスラリーの脱水
を許容する程度の比較的に低い負圧を提供することは不
可能である。
【0010】
【発明が解決しょうとする課題】本発明は、上記従来の
ロータリードラム型脱水濾過機の欠点にかんがみなされ
たものであって、ロータリードラムフイルターの外周面
に初期ケーキ層が形成された後該初期ケーキ層上にその
後集められたスラリーの脱水濾過を許容するロータリー
ドラム型脱水濾過機を提供しようとするものである。
【0011】また、本発明は、コンパクトで低コストな
構成でありながらスラリーの脱水濾過を能率的に行うこ
とができるロータリードラム型脱水濾過機を提供しよう
とするものである。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決する本発
明のロータリードラム型脱水濾過機は、ロータリードラ
ムフイルターと、入り口と出口を備え該入り口は該ロー
タリードラムフイルターの内部と連通しているサクショ
ン管と、該サクション管の入り口の下流側において該サ
クション管に連結された圧縮空気供給管と、該圧縮空気
供給管に圧縮空気を供給するため該圧縮空気供給管に連
結されたエアコンプレッサーとを備え、該エアコンプレ
ッサーから該圧縮空気供給管を介して該サクション管に
圧縮空気を供給することにより該ロータリードラムフイ
ルターの内部空間に負圧を発生させることを特徴とす
る。
【0013】本発明によれば、ロータリードラムフイル
ター内に、ロータリードラムフイルターの外周面上にス
ラリー層が形成された後初期ケーキ層はその後初期ケー
キ層上に集められたスラリーの脱水濾過を許容する程度
の適度の負圧が提供される。
【0014】本発明の一側面においては、該サクション
管の入り口を有する部分は該ロータリードラムフイルタ
ーの内側に位置し、該サクション管の出口を有する部分
は該ロータリードラムフイルターの外側に位置し、該圧
縮空気供給管は該サクション管の該ロータリードラムフ
イルターの内側に位置する部分に連結されていることを
特徴とする。
【0015】本発明の他の側面においては、側壁を有す
る濾液受け容器をさらに備え、該サクション管の出口
は、該サクション管出口から噴出する濾液が該濾液受け
容器の側壁に衝突するように位置することを特徴とす
る。
【0016】本発明のこの側面においては、サクション
管の出口から噴出する濾液は濾液受け容器の側壁に衝突
するので、濾液中に含まれるベントナイト粒子等の固体
の微粒子は、その後で第二次脱水濾過処理を行う場合、
液分からより容易に分離する形に変換することができ
る。
【0017】本発明の他の側面においては、該サクショ
ン管の出口を有する部分は該ロータリードラムフイルタ
ーの外側に位置し、該圧縮空気供給管は該サクション管
の該ロータリードラムフイルターの外側に位置する部分
に連結されていることを特徴とする。
【0018】本発明の他の側面においては、濾液受け容
器をさらに備え、該サクション管の出口は、該サクショ
ン管出口から噴出する濾液が該濾液受け容器に貯蔵され
た濾液の表面に衝突するように位置することを特徴とす
る。
【0019】本発明のこの側面においても、ベントナイ
ト微粒子等の固体微粒子は、その後の第二次脱水濾過処
理において、液分からより容易に分離するような形に変
換される。
【0020】本発明の他の側面においては、入り口と出
口を備え該入り口はロータリードラムフイルターの内部
と連通しているサクション管と、該サクション管の入り
口の下流側において該サクション管に連結された圧縮空
気供給管と、該圧縮空気供給管に圧縮空気を供給するた
め該圧縮空気供給管に連結されたエアコンプレッサーと
を備え、該エアコンプレッサーから該圧縮空気供給管を
介して該サクション管に圧縮空気を供給することにより
該ロータリードラムフイルターの内部空間に負圧を発生
させることを特徴とするロータリードラム型脱水濾過機
用負圧発生装置が提供される。
【0021】本発明のさらに他の側面においては、入り
口と出口を備えるサクション管と、該サクション管の入
り口の下流側において該サクション管に連結された圧縮
空気供給管と、該圧縮空気供給管に圧縮空気を供給する
ため該圧縮空気供給管に連結されたエアコンプレッサー
とを備え、該エアコンプレッサーから該圧縮空気供給管
を介して該サクション管に圧縮空気を供給することによ
り負圧発生装置が設けられた容器の内部空間に負圧を発
生させることを特徴とする負圧発生装置が提供される。
【0022】
【発明の実施の形態】以下、添付図面を参照して、本発
明の実施の形態について説明する。
【0023】図1〜4は本発明の1実施形態を示すもの
で、図1は全体斜視図、図2は図1中A―A矢視図、図3
はロータリードラムフイルターの部分拡大斜視図、図4
は図1の実施形態における吸引力発生部の模式的断面図
である。
【0024】固体粒子を液分から分離するロータリード
ラム型脱水濾過機1は、回転軸3に固定されたロータリ
ードラムフイルター2を備えている。回転軸3は公知の
構成の駆動装置22に接続しており、この駆動装置22
は電動モータ及び減速歯車機構を備えており、ロータリ
ードラムフイルター2を回転駆動する。ロータリードラ
ムフイルター2は、図3から明らかなように、ロータリ
ードラムフイルター2の軸方向に延長するようにして所
定の間隔でほぼ円筒状に配置されたサポートロッド4
と、サポートロッド4の外周側にサポートロッド4とほ
ぼ直交する方向にらせん状に巻回されたウェッジワイア
5を備えている。ウェッジワイア5は、その1側5aが
外側に面し、他の2側5b、5cは、隣接するウェッジ
ワイア部分の間で半径方向内側にしだいに広がるスリッ
ト6を形成し、その内側の1側5dは、ウェッジワイア
5とサポートロッド4の交点7においてサポートロッド
4の突起部4aに溶接されている。ロータリードラムフ
イルター2の軸方向両端部はシール板2aによって閉じ
られている。
【0025】ロータリードラムフイルター2の外側には
これと並行に延長するようにして、スラッジ等液分含有
率の高い被処理液11を一時的に貯蔵し、ロータリード
ラムフイルター2に供給する箱型の容器8が設けられて
いる。容器8は管9を介して被処理液貯蔵タンク10と
連通しており、被処理液11をタンク10から受ける。
容器8はロータリードラムフイルター2に面する側に開
口部を有しており、したがって、被処理液11はロータ
リードラムフイルター2の外周面上に載せられ、ロータ
リードラムフイルター2が回転するにつれて容器8から
運ばれて行く。本実施形態においては、容器8の底板1
2は傾斜した開放端部を有しており、この開放端部はロ
ータリードラムフイルター2の外周面と接触している。
この開放端部はロータリードラムフイルター2の外周面
に堆積したケーキ15を掻き落とすスクレーパとして機
能する。ロータリードラムフイルター2の下側にはケー
キ収集箱16が設置されている。
【0026】ロータリードラムフイルター2のウェッジ
ワイア5のスリット6は、被処理液のタイプと性質、処
理の目的等を考慮して、1ミクロンないし150ミクロ
ンの範囲内の適当な値に設定される。
【0027】次に、ロータリードラムフイルター2内に
負圧、したがって吸引力を発生する機構について述べ
る。濾液受け容器18に一端部が固定されたサクション
管17はロータリードラムフイルター2と同軸にロータ
リードラムフイルター2の内部空間内に延長する。サク
ション管17はロータリードラムフイルター2のほぼ中
央部において垂直に下方に屈曲しており、下方に開放し
た入り口17aを有する。ベアリング19がサクション
管17とロータリードラムフイルター2の間に設けられ
ており、ロータリードラムフイルター2は、ベアリング
19を介して、固定されたサクション管17のまわりを
回転する。サクション管17の出口17bは濾液受け容
器18内において、濾液受け容器18の側壁18aに直
交する方向に開放しており、サクション管17の出口1
7bから噴出する濾液は側壁18aに衝突する。こうし
て、サクション管17の入り口を有する部分はロータリ
ードラムフイルター2の内側に位置し、サクション管1
7の出口を有する部分はロータリードラムフイルター2
の外側に位置する。
【0028】サクション管17の内径よりも小さい内径
を有する圧縮空気供給管20はサクション管17の入り
口17aの下流側においてサクション管17に連結され
ており、サクション管17と連通している。本実施形態
においては、サクション管17のロータリードラムフイ
ルター2内に位置する部分においてサクション管17に
連結されている。
【0029】エアコンプレッサー21は圧縮空気供給管
20に連結しており、圧縮空気を圧縮空気供給管20
に、したがってサクション管17に供給する。
【0030】濾液受け容器18は断面矩形の箱型の形状
のものであり、垂直な側壁18aを有する。容器18
は、濾液中の微粒子のミストを排除するためミストエリ
ミネータ23を上部に備えている。
【0031】上記脱水濾過機1の動作について説明す
る。
【0032】スラッジ等の被処理液15はタンク10か
ら容器8に供給され、ロータリードラムフイルター2は
矢印B方向に回転する。同時にエアコンプレッサー21
を動作させ、圧縮空気を圧縮空気供給管20を介してサ
クション管17に供給することにより、圧縮空気供給管
20とサクション管17内に空気のジエット流が発生す
る。この空気のジェット流はサクション管17の入り口
17aに負圧を生じさせ、これによってロータリードラ
ムフイルター2内の圧力は大気圧以下に減圧される。こ
のロータリードラムフイルター2内の負圧によりロータ
リードラムフイルター2の外周面上に堆積されたスラリ
ーの液分はウェッジワイア5を介してロータリードラム
フイルター2内に吸引され、さらにサクション管17内
に吸引される。こうしてサクション管17内に吸引され
た液分は、空気と液分のジェット流となってサクション
管17の出口17bに移送され、出口17bから噴出し
て濾液受け容器18の側壁18aに衝突する。
【0033】一方ロータリードラムフイルター2が回転
するにつれ、ロータリードラムフイルター2の全外周面
上にスラッジが堆積する。上記の負圧発生機構により、
ロータリードラムフイルター2の外周面上におけるスラ
リー層の形成が完成した時点においてロータリードラム
フイルター2内に発生した負圧は、従来の脱水濾過機の
ように過度に圧縮されたケーキ層が生じるようにスラリ
ーが急激に圧縮されるものではなく、初期に形成された
ケーキ層の上にその後集められたスラリーの液分がケー
キ層を通ってロータリードラムフイルター2内に吸引さ
れるようにスラリーが圧縮される程度のレベルのもので
ある。かくして、初期ケーキ層の上に新しいスラリー層
が次々に堆積し、新しいスラッジ層の液分はサクション
管17内に充分に吸引され、濾液受け容器18に移送さ
れる。したがって、ロータリードラムフイルター2の外
周面上に適当な厚みの適度に脱水されたケーキ層が形成
され、このケーキ15はスクレーパとして機能する容器
8の底板12と当接し、ロータリードラムフイルター2
の外周面から剥離される。
【0034】ロータリードラムフイルター2から剥離さ
れたケーキ15はケーキ収集箱16に落下し堆積し、そ
こから外部に運搬される。上記の動作が繰り返し行わ
れ、スラリーはロータリードラムフイルター2から連続
的に含水率の低いケーキ15として収集される。
【0035】圧縮空気の圧力が過大となった場合は、圧
縮空気供給管20の出口近辺すなわち供給管20とサク
ション管17の接続個所近辺にキャビテーションが発生
し、過大な圧力がそれによって減少するので、ロータリ
ードラムフイルター2内に過度に大きな負圧が発生する
ことはない。さらに、サクション管17の出口17bは
濾液受け容器18内において大気圧に解放されているの
で、サクション管17内においてジェット流の圧力が過
大となった場合は、サクション管17の出口17bから
の空気の巻き込みが発生し、これによってジェット流の
圧力が減少するので、ここでも過度に大きな負圧の発生
が防止される。
【0036】被処理液がたとえば石油井戸の掘削後に生
じるベントナイトを含むスラリー等の高い粘度のスラリ
ーである場合は、固体分を液分から分離することは通常
極めて困難である。本発明は以下に述べる方法によりこ
のような高粘度スラリーを処理することができる。
【0037】このような高粘度のスラリーは第一次処理
と第二次処理によって処理することが適当である。
【0038】第一次処理においては、スリット幅が比較
的に大きなロータリードラムフイルターを用いる。これ
によって、ベントナイト等固体分の微粒子を含む液はロ
ータリードラムフイルターのスリットを通過する。この
場合ロータリードラムフイルター2の外周面にケーキと
して堆積する固体分は比較的に大きな粒径の砂等のスラ
イムである。
【0039】サクション管17中に吸い込まれたベント
ナイト等を含む液は、サクション管17を流れる空気の
ジェット流によって霧化され、サクション管17の出口
17bから噴出され、濾液受け容器18の側壁18aの
内表面に衝突する。ベントナイトを含む液分が空気のジ
ェット流によりサクション管17内において霧化される
ことによって、液分は固体分から容易に分離可能とな
る。さらに、ベントナイトを含む液分が側壁18aの内
表面に衝突することによって、液分はさらにベントナイ
ト微粒子から容易に分離可能となる。
【0040】ベントナイトを含む液分は次に第二次処理
に用いられる他のロータリードラム型脱水濾過機に送ら
れる。このロータリードラム型脱水濾過機のスリット幅
は第一次処理のものよりも小さい。第二次処理におい
て、スリットの幅は、ベントナイトの微粒子がロータリ
ードラムフイルター2の外周面上に堆積しベントナイト
を含まない液分のみがスリットを通過するように選択さ
れる。かくして、液分は固体微粒子と純粋な液分に容易
に分離され、ベントナイトその他の固体微粒子のケーキ
層がロータリードラムフイルターの外周面上に形成され
る一方実質的に純粋で透明な液分がロータリードラムフ
イルターを介して集められる。
【0041】図5は本発明の他の実施形態の負圧発生機
構を示す。この実施形態において、図4と同一の構成要
素は図4と同一符号で示し、説明を省略する。
【0042】図5の実施形態において、サクション管1
7のうち出口17bを有する部分はロータリードラムフ
イルター2の外側に位置し、圧縮空気供給管20はサク
ション管17のロータリードラムフイルター2の外側に
位置する部分に連結されている。サクション管17の入
り口17aはロータリードラムフイルター2の内部空間
の端部に位置し、ロータリードラムフイルター2の内部
空間に向けて解放している。サクション管17は水平に
延長してから液分受け容器18内において垂直に下方に
屈曲している。サクション管17の出口17bは、サク
ション管17から噴出する濾液が濾液受け容器18に貯
蔵された濾液の表面に衝突するような位置に配置されて
いる。
【0043】本実施形態において、サクション管17内
に吸引された濾液はエアコンプレッサー21からの圧縮
空気の供給により生じた空気のジェット流によって霧化
され、液分中の固体微粒子はそれによって容易に液分か
ら分離可能となる。さらに、この霧は濾液受け容器18
内に貯蔵された濾液の表面に衝突し、また空気のジェッ
ト流は空気を濾液中に押し込むことにより、この空気が
泡となって濾液から逃げる前に容器18内の濾液を攪拌
する。この霧の作用および空気流による濾液の攪拌によ
り、第二次処理においてベントナイト等の固体微粒子は
いっそう容易に分離することができる。
【0044】上記各実施形態において、サクション管1
7および圧縮空気供給管20の内径、圧縮空気の圧力、
ロータリードラムフイルターの径、サクション管17の
出口17bと濾液受け容器18の側壁18aとの間の距
離等は被処理液の種類と粘度に応じて適宜決定すればよ
い。
【0045】
【発明の効果】以上述べたように、本発明によれば、ロ
ータリードラムフイルター内に、ロータリードラムフイ
ルターの外周面上にスラリー層が形成された後初期ケー
キ層はその後初期ケーキ層上に集められたスラリーの脱
水濾過を許容する程度の適度の負圧が提供される。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の1実施形態を示す全体斜視図である。
【図2】図1中A-A矢視図である。
【図3】ロータリードラムフイルターの部分拡大斜視図
である。
【図4】吸引力発生部の模式的断面図である。
【図5】本発明の他の実施形態を示す模式的断面図であ
る。
【図6】従来のロータリードラム型脱水濾過機を示す断
面図である。
【符号の説明】
2 ロータリードラムフイルター 17 サクション管 18 濾液受け容器 20 圧縮空気供給管 21 エアコンプレッサ−

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ロータリードラムフイルターと、入り口
    と出口を備え該入り口は該ロータリードラムフイルター
    の内部と連通しているサクション管と、該サクション管
    の入り口の下流側において該サクション管に連結された
    圧縮空気供給管と、該圧縮空気供給管に圧縮空気を供給
    するため該圧縮空気供給管に連結されたエアコンプレッ
    サーとを備え、該エアコンプレッサーから該圧縮空気供
    給管を介して該サクション管に圧縮空気を供給すること
    により該ロータリードラムフイルターの内部空間に負圧
    を発生させることを特徴とするロータリードラム型脱水
    濾過機。
  2. 【請求項2】 該サクション管の入り口を有する部分は
    該ロータリードラムフイルターの内側に位置し、該サク
    ション管の出口を有する部分は該ロータリードラムフイ
    ルターの外側に位置し、該圧縮空気供給管は該サクショ
    ン管の該ロータリードラムフイルターの内側に位置する
    部分に連結されていることを特徴とする請求項1記載の
    脱水濾過機。
  3. 【請求項3】 側壁を有する濾液受け容器をさらに備
    え、該サクション管の出口は、該サクション管出口から
    噴出する濾液が該濾液受け容器の側壁に衝突するように
    位置することを特徴とする請求項2記載の脱水濾過機。
  4. 【請求項4】 該サクション管の出口を有する部分は該
    ロータリードラムフイルターの外側に位置し、該圧縮空
    気供給管は該サクション管の該ロータリードラムフイル
    ターの外側に位置する部分に連結されていることを特徴
    とする請求項1記載の脱水濾過機。
  5. 【請求項5】 濾液受け容器をさらに備え、該サクショ
    ン管の出口は、該サクション管出口から噴出する濾液が
    該濾液受け容器に貯蔵された濾液の表面に衝突するよう
    に位置することを特徴とする請求項4記載の脱水濾過
    機。
  6. 【請求項6】 入り口と出口を備え該入り口はロータリ
    ードラムフイルターの内部と連通しているサクション管
    と、該サクション管の入り口の下流側において該サクシ
    ョン管に連結された圧縮空気供給管と、該圧縮空気供給
    管に圧縮空気を供給するため該圧縮空気供給管に連結さ
    れたエアコンプレッサーとを備え、該エアコンプレッサ
    ーから該圧縮空気供給管を介して該サクション管に圧縮
    空気を供給することにより該ロータリーフイルターの内
    部空間に負圧を発生させることを特徴とするロータリー
    ドラム型脱水濾過機用負圧発生装置。
  7. 【請求項7】 入り口と出口を備えるサクション管と、
    該サクション管の入り口の下流側において該サクション
    管に連結された圧縮空気供給管と、該圧縮空気供給管に
    圧縮空気を供給するため該圧縮空気供給管に連結された
    エアコンプレッサーとを備え、該エアコンプレッサーか
    ら該圧縮空気供給管を介して該サクション管に圧縮空気
    を供給することにより負圧発生装置が設けられた容器の
    内部空間に負圧を発生させることを特徴とする負圧発生
    装置。
JP11061159A 1998-03-19 1999-03-09 ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機 Withdrawn JPH11285606A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09/044,498 US5954960A (en) 1998-03-19 1998-03-19 Rotary drum type dehydrator
US09/044498 1998-03-19

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11285606A true JPH11285606A (ja) 1999-10-19

Family

ID=21932716

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11061159A Withdrawn JPH11285606A (ja) 1998-03-19 1999-03-09 ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機

Country Status (7)

Country Link
US (1) US5954960A (ja)
EP (1) EP0943366B1 (ja)
JP (1) JPH11285606A (ja)
CN (1) CN1113042C (ja)
CA (1) CA2262150C (ja)
DE (1) DE69919616D1 (ja)
RU (1) RU2160147C2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106731152A (zh) * 2017-01-04 2017-05-31 张家港纽艾农业科技有限公司 用于水处理的吸附式转鼓过滤器

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6336561B1 (en) 1999-06-11 2002-01-08 John Michael Kossik Disposable rotary drum filter
US6475377B1 (en) 2000-10-19 2002-11-05 Jorgensen Conveyors, Inc. Media vacuum filter
ITMI20071789A1 (it) 2007-09-17 2009-03-18 Losma S P A Macchina filtrante autopulente con filtro a tamburo rotante per liquidi contaminati.
CN103405986A (zh) * 2013-08-22 2013-11-27 李钻水 一种带搅拌清洗机构的烟气除尘装置
CN103708700A (zh) * 2013-12-27 2014-04-09 吴江市华宏纺织丝绸有限公司 一种染色污泥脱水装置
CN106039819B (zh) * 2016-07-14 2018-04-20 宁波威博环保科技有限公司 一种废水污泥处理系统
WO2018136908A1 (en) * 2017-01-23 2018-07-26 M-I L.L.C. Fluid and solid material separator
CN112675611B (zh) * 2021-03-12 2021-05-28 寿光市人民医院 一种废水处理装置

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR1532536A (fr) * 1967-05-30 1968-07-12 Schlumberger Cie N Installation de filtration, notamment de liquides d'arrosage d'outils de coupe
US3682310A (en) * 1970-10-12 1972-08-08 Joseph M Valdespino Apparatus for liquid waste treatment and means for stripping same
ES479119A1 (es) * 1978-04-07 1979-11-16 Kloeckner Humboldt Deutz Ag Filtro rotatorio al vacio, exento de celdas.
US4287063A (en) * 1979-10-29 1981-09-01 Waukee Engineering Company Inc. Apparatus for separating liquids
JPS6242646B2 (ja) * 1982-08-25 1987-09-09 Takuo Mochizuki
JPS6146164B2 (ja) * 1983-06-29 1986-10-13 Takuo Mochizuki
EP0191102B1 (en) * 1984-08-27 1989-01-04 Toray Industries, Inc. Solid-liquid separating apparatus
JPS6320013A (en) * 1986-07-10 1988-01-27 Makoto Suzuki Sucking method for suction type dehydration filter
JPS6320014A (en) * 1986-07-15 1988-01-27 Mitsubishi Electric Corp Liquid circulation filter
US5624239A (en) * 1994-12-14 1997-04-29 Osika; Thomas W. Portable pneumatic vacuum source apparatus and method
US5618424A (en) * 1995-04-21 1997-04-08 Nagaoka International Corp. Rotary drum type device for separating solid particles from a liquid

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106731152A (zh) * 2017-01-04 2017-05-31 张家港纽艾农业科技有限公司 用于水处理的吸附式转鼓过滤器

Also Published As

Publication number Publication date
CN1113042C (zh) 2003-07-02
CA2262150C (en) 2003-04-08
RU2160147C2 (ru) 2000-12-10
CA2262150A1 (en) 1999-09-19
EP0943366A1 (en) 1999-09-22
CN1233598A (zh) 1999-11-03
EP0943366B1 (en) 2004-08-25
US5954960A (en) 1999-09-21
DE69919616D1 (de) 2004-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US11072541B2 (en) Process and apparatus for separating valuable or harmful liquids from slurries
US6451213B2 (en) Methods and apparatus for de-watering sludge
JPH11285606A (ja) ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機
US6500344B1 (en) Method and apparatus for filtering particles out of a liquid
US3262573A (en) Filter apparatus
US3705649A (en) Desludger apparatus and process
SE434218B (sv) Sett att rengora en filteryta pa dess plats i en tryckfilteranleggning for vetskor och tryckfilteranleggning for genomforande av settet
US3698558A (en) Anti-pollution device for removing debris from liquid
JPH0975613A (ja) 竪型ドラムスクリーン
JP2008149272A (ja) 汚泥濃縮装置及びその洗浄方法
JP3230203B2 (ja) 固液分離装置
JP2001198489A (ja) バスケット型遠心濾過装置及び遠心濾過方法
CN216191843U (zh) 一种离心粪污分离机
US4925550A (en) Batch-action apparatus for filtering fluid medium
US3669269A (en) Industrial plant for recovering solids from liquids
JPH07194902A (ja) 混合液の分離装置
JPH0775646B2 (ja) 脱水処理装置
RU2699121C2 (ru) Способ разделения жидких неоднородных дисперсных систем и установка для его реализации
SU772598A2 (ru) Комбинированный гидроциклон
JPH06327916A (ja) 洗米排水濾過機およびそれを備えた洗米排水処理設備
JPH1073079A (ja) 水封式真空ポンプの水と空気の浄化方法
JP2002273115A (ja) 固液分離装置
CN111773821A (zh) 一种固体分离分选设备
JP2003210911A (ja) 懸濁物質を含有する被処理水のろ過方法
JPH11505332A (ja) 媒体を固形物含有成分と液状成分とに分離するための方法および装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20050615

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20050615

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050615

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20050615

A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060509