JPH11200393A - 地下構造物およびその構築方法 - Google Patents

地下構造物およびその構築方法

Info

Publication number
JPH11200393A
JPH11200393A JP10002033A JP203398A JPH11200393A JP H11200393 A JPH11200393 A JP H11200393A JP 10002033 A JP10002033 A JP 10002033A JP 203398 A JP203398 A JP 203398A JP H11200393 A JPH11200393 A JP H11200393A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
underground
wall
piles
tank
bottom slab
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10002033A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshihiro Nakahora
好博 中洞
Yasuyuki Hayakawa
康之 早川
Kenichi Suzuki
健一 鈴木
Atsuhiro Fukada
敦宏 深田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kajima Corp
Original Assignee
Kajima Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp filed Critical Kajima Corp
Priority to JP10002033A priority Critical patent/JPH11200393A/ja
Publication of JPH11200393A publication Critical patent/JPH11200393A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 底版の厚みを減少でき、揚圧力にも対応でき
軟弱地盤にも構築できる地下構造物およびその構築方法
を提供する。 【解決手段】 環状の地中連続壁3内を掘削し、地盤内
に複数の杭11を設け、この杭11の上に、底版7を設
ける。その後、側壁5と屋根9を設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、地下タンク等の地
下構造物およびその構築方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の地下タンク等の地下構造物として
は図9に示すようなものがある。図9において、101
が地下タンクであり、103は地中連続壁、105が側
壁、107が底版、109が屋根である。
【0003】地下タンク101を構築するには、地中に
環状に地中連続壁103を設けて、その内部を掘削し、
その底部に底版107を設け、これに続いて地中連続壁
103の内面にそって側壁105を設け、側壁105の
上部に屋根109を設ける。躯体の構造寸法は躯体の応
力(土圧、水圧、内容物の圧力等)と、地下水等によっ
て生じる浮力を考慮して決定されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、大容量
タンクの場合、床付位置が深く、直径が大きくなること
から、底版107の厚さが厚くなり、コンクリ−ト、鉄
筋、掘削量が非常に大きくなる。
【0005】例えば、容量20万KLの地下タンクの場
合、底版107の厚さが約10mとなり、鉄筋はD51
@200mmを6段配置し、さらにせん断補強筋が多数
配置される構造となり、施工しずらい構造となってい
る。
【0006】また、床付位置は、支持力の十分とれる層
を考えることから、タンクの深さ,直径が制約を受ける
こともある。
【0007】本発明は上記のような問題点に鑑みてなさ
れたものであって、その目的とするところは底版の厚み
を減少でき、揚圧力にも対応でき、軟弱地盤でも構築で
きる地下構造物およびその構築方法を提供することにあ
る。
【0008】
【課題を解決するための手段】前述した目的を達成する
ために第1の発明は、地中に構築される貯蔵用の地下構
造物の底部の下方に杭または壁構造を設けることを特徴
とする地下構造物である。
【0009】第2の発明は地中に構築された側壁と、前
記側壁の底部に設けられた底版と、前記側壁の上部に設
けられた屋根とを有する地下構造物であって、前記底版
の下方に杭または壁構造を設けることを特徴とするので
ある。
【0010】第3の発明は地盤内に地中連続壁を設ける
工程と、前記地中連続壁の内部を所定の深さまで掘削す
る工程と、掘削された部分の地盤内に複数の杭または壁
構造を設ける工程と、前記地盤内に設けた前記杭または
壁構造の上に底版を設ける工程と、前記底版上に側壁を
設ける工程と、前記側壁の上部に屋根を設ける工程と、
を具備することを特徴とする地下構造物の構築方法であ
る。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、図面に基づいて本発明の実
施の形態を詳細に説明する。図1は本発明に係る地下構
造物の構築状態の概略縦断面図である。図1において1
は地下タンクを示す。図2は図1の地下タンクのA方向
矢視図である。
【0012】地下タンク1を構築するには、地中に円筒
状の地中連続壁3を設け、この地中連続壁3を山止め、
止水壁としてその内部を所定の深さまで掘削する。そし
て、掘削した底を床付地盤4として床付地盤4中に複数
の杭11を設ける。杭11を設けるには場所打ち杭の施
工方法が適用される。
【0013】杭11は図2に示すように円形の底版7の
底面に対して放射状となるように配置し、この上に底版
7を設けて、杭11をそれぞれ底版7に接合する。杭1
1は図2では断面が矩形であるが、杭11の断面は角形
でも円形でも良い。そして、地中連続壁3の内面にそっ
て円筒状の側壁5を設け、側壁5の上には屋根9を設け
る。
【0014】上記のようにして構築された地下タンク1
に対しては、地下水等により、底版7が揚圧力を受け、
浮力が発生する。
【0015】地下タンク1では、底版7の下に複数の杭
11が設けられているため、底版7は杭11間で支持さ
れ、支点距離が短くなるので底版7の揚圧力に対する断
面力が減少する。浮力に対しては、底版7の下に一体に
接合した杭11が抵抗部材となる。杭11の寸法、数、
配置は適当に設定されて浮力に抵抗するに十分なものと
されている。さらに、杭11は地盤中に設けられている
ので、杭11の周面摩擦も浮力に対する抵抗として考え
られる。以上のことから底版7の厚みを減少させること
ができる。
【0016】このように、本実施の形態に係る地下タン
ク1においては底版7の厚みを減少させることができる
ので、地中連続壁3内の掘削量も小さくなる。そして、
底版7が複数の杭11に支持された構造となっているの
で、杭11の先端支持力や周面摩擦による支持力が十分
であれば、軟弱な地盤にも構築可能である。
【0017】以上、地下タンク1について詳述したが、
底版7の下に設けるのは、上記のような杭11に限らず
様々な形態の杭や壁構造とすることができる。例えば、
図3と図4に示すように板状の壁31を並列に設けても
よい。図3は地下タンク21全体を示す概略縦断面図で
あり、図4は地下タンク21のB方向矢視図である。こ
の場合も並列に配置された複数の板状の壁31が底版7
を支持する。
【0018】さらに、板状の壁31はそれぞれ底版7に
接合されて一体となって浮力に対する抵抗部材とされる
ので、上記実施の形態と同様に底版7の厚みを減少させ
ることができ、地中連続壁3内の掘削量も小さくなる。
また、底版7の使用部材の減少によって、軟弱な地盤に
構築可能となるのも上記の実施の形態と同様である。
尚、板状の壁31は連続地中壁として構築する。
【0019】その他の実施の形態図5〜図8に示す。こ
れらは地下タンク23、25、27、29の底版7の下
の地盤中に設けられる杭または壁構造の形状、配置の例
である。図5の実施の形態は断面矩形の複数の板状の壁
33を底版7の底面に対して規則的に分散し、並べて設
けたものである。図6は複数の板状の壁が交差した形状
の壁35を底版7の下に設けた例である。図7は環状の
壁37と十字に交差した板状の壁39とを組み合わせ
て、底版7の下に設置した例である。図8は十字に交差
した板状の壁41と、外側へ放射状にのびる板状の壁4
3とを組み合わせて底版7の下に設けた例である。
【0020】底版7の下に設けられる杭、壁構造は地下
タンク1全体の形状、寸法、構築地盤の強弱を考慮し
て、その配置、形状、寸法は任意に設定される。
【0021】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明によ
れば底版の厚みを減少でき、揚圧力にも対応でき、軟弱
地盤でも構築できる地下構造物およびその構築方法を提
供できるのである。
【図面の簡単な説明】
【図1】地下タンク1の概略構成図
【図2】図1のA方向矢視図
【図3】他の実施の形態に係る地下タンク21の概略構
成図
【図4】図3のB方向矢視図
【図5】他の実施の形態に係る地下タンク23の底面を
示す図
【図6】他の実施の形態に係る地下タンク25の底面を
示す図
【図7】他の実施の形態に係る地下タンク27の底面を
示す図
【図8】他の実施の形態に係る地下タンク29の底面を
示す図
【図9】従来の地下タンクの概略構成図
【符号の説明】
1、21、23、25、27、29……地下タンク 5……側壁 7……底版 9……屋根 11……杭 31、33、35、37、39、41、43……壁
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 深田 敦宏 東京都港区元赤坂一丁目2番7号 鹿島建 設株式会社内

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 地中に構築される貯蔵用の地下構造物の
    底部の下方に杭または壁構造を設けることを特徴とする
    地下構造物。
  2. 【請求項2】 地中に構築された側壁と、前記側壁の底
    部に設けられた底版と、前記側壁の上部に設けられた屋
    根とを有する地下構造物であって、前記底版の下方に杭
    または壁構造を設けることを特徴とする地下構造物。
  3. 【請求項3】 前記杭は放射状に配置されていることを
    特徴とする請求項1又は請求項2記載の地下構造物。
  4. 【請求項4】 前記壁構造は、地中連続壁であることを
    特徴とする請求項1又は請求項2記載の地下構造物。
  5. 【請求項5】 前記壁構造は、複数の板状の壁が並列す
    ることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の地下構
    造物。
  6. 【請求項6】 前記壁構造は、複数の板状の壁が交差し
    てなることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の地
    下構造物。
  7. 【請求項7】 前記壁構造は、環状の壁と板状の壁とか
    らなることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の地
    下構造物。
  8. 【請求項8】 地盤内に地中連続壁を設ける工程と、前
    記地中連続壁の内部を所定の深さまで掘削する工程と、
    掘削された部分の地盤内に複数の杭または壁構造を設け
    る工程と、前記地盤内に設けた前記杭または壁構造の上
    に底版を設ける工程と、前記底版上に側壁を設ける工程
    と、前記側壁の上部に屋根を設ける工程と、を具備する
    ことを特徴とする地下構造物の構築方法。
  9. 【請求項9】 前記壁構造は地中連続壁工法で設けるこ
    とを特徴とする請求項8記載の地下構造物の構築方法。
JP10002033A 1998-01-08 1998-01-08 地下構造物およびその構築方法 Pending JPH11200393A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10002033A JPH11200393A (ja) 1998-01-08 1998-01-08 地下構造物およびその構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10002033A JPH11200393A (ja) 1998-01-08 1998-01-08 地下構造物およびその構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11200393A true JPH11200393A (ja) 1999-07-27

Family

ID=11518029

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10002033A Pending JPH11200393A (ja) 1998-01-08 1998-01-08 地下構造物およびその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11200393A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009127263A (ja) * 2007-11-22 2009-06-11 Shimizu Corp 地下タンク構造
CN103469817A (zh) * 2013-09-30 2013-12-25 中铁一局集团有限公司 一种既有地铁车站主体结构扩建施工方法
CN106193104A (zh) * 2016-08-30 2016-12-07 温州大学 软土地基的地下综合管廊及其施工方法
JP2019199693A (ja) * 2018-05-14 2019-11-21 鹿島建設株式会社 地盤改良構造および掘削方法
CN112922424A (zh) * 2021-03-04 2021-06-08 江苏建筑职业技术学院 一种巨型球状罐体的建造方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009127263A (ja) * 2007-11-22 2009-06-11 Shimizu Corp 地下タンク構造
CN103469817A (zh) * 2013-09-30 2013-12-25 中铁一局集团有限公司 一种既有地铁车站主体结构扩建施工方法
CN103469817B (zh) * 2013-09-30 2015-05-13 中铁一局集团有限公司 一种既有地铁车站主体结构扩建施工方法
CN106193104A (zh) * 2016-08-30 2016-12-07 温州大学 软土地基的地下综合管廊及其施工方法
JP2019199693A (ja) * 2018-05-14 2019-11-21 鹿島建設株式会社 地盤改良構造および掘削方法
CN112922424A (zh) * 2021-03-04 2021-06-08 江苏建筑职业技术学院 一种巨型球状罐体的建造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007321402A (ja) 基礎杭の応力低減構造及び応力低減方法
JPH11200393A (ja) 地下構造物およびその構築方法
US9970193B1 (en) System and method for the construction of dwellings
JP5228862B2 (ja) 地下構造、地下構造の構築方法
JP5728300B2 (ja) 地盤改良体、及びこれを備えたパイルド・ラフト基礎
KR20200006648A (ko) 토류벽 및 그 시공방법
JP3648646B2 (ja) 構造物の液状化対策構造
JP4502442B2 (ja) 耐震基礎構造、耐震建造物、及び杭補強方法
JP3109038B2 (ja) 地下躯体構造およびその施工方法
JP2003041602A (ja) 基礎の構造
JP2629914B2 (ja) 盛土構造
JP2003020658A (ja) 構造体
JP4236361B2 (ja) 壁頭補強地中連続壁、耐震建造物及び地中連続壁の壁頭補強方法
JP2894217B2 (ja) 建物の構造架構体
JP2842146B2 (ja) 地下基礎構造
JPH0931985A (ja) 簡易地下構築工法
JPH0759813B2 (ja) 地下構築工法
JP2842149B2 (ja) 地下構造物
JPS603144Y2 (ja) 掘削溝用土留支保装置
JP2005068859A (ja) 耐震土間床
JP3567387B2 (ja) 地下躯体の構築方法
JP2001288758A (ja) 基礎耐震構造及び基礎耐震補強工法
JP4236360B2 (ja) 補強地中連続壁、耐震建造物及び地中連続壁の補強方法
JPS6363690B2 (ja)
JPH07150552A (ja) 地下連続壁および鋼材