JPH1060614A - 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置 - Google Patents

電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置

Info

Publication number
JPH1060614A
JPH1060614A JP22934296A JP22934296A JPH1060614A JP H1060614 A JPH1060614 A JP H1060614A JP 22934296 A JP22934296 A JP 22934296A JP 22934296 A JP22934296 A JP 22934296A JP H1060614 A JPH1060614 A JP H1060614A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel strip
magnetic field
field generating
moving magnetic
electromagnetic force
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP22934296A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsushi Kurobe
淳 黒部
Tatsuhiro Den
達博 傳
Shigeo Matsubara
茂雄 松原
Kazunari Nakamoto
一成 中本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Steel Nisshin Co Ltd
Original Assignee
Nisshin Steel Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nisshin Steel Co Ltd filed Critical Nisshin Steel Co Ltd
Priority to JP22934296A priority Critical patent/JPH1060614A/ja
Publication of JPH1060614A publication Critical patent/JPH1060614A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 鋼帯の形状や振動に応じて移動磁場発生コイ
ルに供給する電流量を調整し、鋼帯のC反りや振動を抑
えると共に、めっき付着量を均一に調節する。 【解決手段】 溶融めっき浴から引上げられる鋼帯1の
通板ラインの両側に、鋼帯の幅方向に沿って複数の移動
磁場発生コイル8,8・・を配列し、コイル8,8・・
に対応して複数の位置センサー9,9・・を配置する。
鋼帯1から移動磁場発生コイル8までの距離が遠くなっ
たとき、対応する移動磁場発生コイル8に供給する電流
を増加させて電磁力を大きくする。鋼帯1から移動磁場
発生コイル8までの距離が近くなったとき、対応する移
動磁場発生コイル8に供給する電流を減少させて電磁力
を弱める。 【効果】 鋼帯1のC反りや振動が抑制され、板幅方向
に等しい電磁力で鋼帯表面に付着している余剰の溶融め
っき金属を搾り取られ、均一なめっき付着量の溶融めっ
き鋼帯が製造される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、鋼帯表面に付着してい
る過剰の溶融めっき金属を電磁力で搾り取り、めっき付
着量を調整する方法及び装置に関する。
【0002】
【従来の技術】連続溶融めっきラインでは、図1に示す
ように、めっき原板である鋼帯1を還元性雰囲気に維持
された還元焼鈍炉2に搬送し、鋼帯1の表面を活性化し
た後、還元焼鈍炉2からスナウト3を経てめっき浴4に
送り込んでいる。鋼帯1は、めっき浴4に浸漬されてい
るシンクロール5を周回し、進行方向を上向きに変更さ
れる。次いで、鋼帯1は、サポートロール6を経由して
めっき浴4から送り出され、ガスワイピング装置7でめ
っき付着量が調整される。そして、溶融めっきされた鋼
帯1は、後工程に搬送される。
【0003】めっき付着量をガスワイピングで調整する
とき、余剰の溶融めっき金属を搾り取るために高圧の流
体を鋼帯表面に噴射させることが必要になる。しかし、
高圧流体が鋼帯表面に衝突するときに衝撃音が発生し、
作業環境が著しく悪化する。衝撃音による作業環境の悪
化は、ガスワイピングに替えて電磁力を利用したワイピ
ングを採用することにより解決される。たとえば、特開
昭51−63322号公報では、鋼帯表面にある溶融め
っき金属層の表面から内部に向かう方向の電磁力を溶融
めっき浴に向けて移動させることにより、溶融めっき金
属を搾り取る方法が紹介されている。また、特開昭61
−266560号公報には、鋼帯に付着している溶融め
っき金属に気体を吹き付けると共に移動磁場を印加し、
余剰の溶融めっき金属を搾り取っている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】鋼帯及び溶融めっき金
属に作用する電磁力は、鋼帯から移動磁場発生コイルま
での距離に応じて変動し、距離が近いほど大きくなる。
めっき付着量を鋼帯の板幅方向に均一化させるために
は、作用する電磁力が鋼帯板幅方向に関して等しくなる
ように鋼帯と移動磁場発生コイルとの間の距離を等しく
設定することが要求される。しかし、溶融めっき浴4か
ら引き上げられる鋼帯1には、シンクロール5を周回す
るとき等の熱歪みにより板幅方向の反り(以下、C反り
という)が発生していることが多い。C反りのある鋼帯
1では、鋼帯から移動磁場発生コイルまでの距離が板幅
方向中央部と板幅方向両端部で異なる。この距離の差に
応じて電磁力が変わり、搾り取られる溶融めっき金属の
量が板幅方向に変動する。その結果、製造された溶融め
っき鋼帯は、めっき付着量が板幅方向に不均一となる。
【0005】また、溶融めっき浴4から引き上げられる
鋼帯1は、バタツキ等の振動を伴って走行することが多
い。振動は、鋼帯から移動磁場発生コイルまでの距離、
ひいては電磁力の強度を変動させる要因である。この場
合には、鋼帯の長手方向に関してめっき付着量が変動す
ることになる。本発明は、このような問題を解消すべく
案出されたものであり、走行している鋼帯の形状や振動
に応じて移動磁場発生コイルに供給する電流量を調節す
ることにより、鋼帯の板幅方向及び長手方向の双方に関
してめっき付着量が均一化された溶融めっき鋼帯を製造
することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明のめっき付着量調
整方法は、その目的を達成するため、溶融めっき浴から
引上げられる鋼帯の通板ラインの両側に、鋼帯の幅方向
に沿って複数の移動磁場発生コイルを配列し、鋼帯から
移動磁場発生コイルまでの距離が遠くなったときには、
対応する移動磁場発生コイルに供給する電流量を増加
し、鋼帯から移動磁場発生コイルまでの距離が近くなっ
たときには、対応する移動磁場発生コイルに供給する電
流量を減少させ、板幅方向に等しい電磁力で鋼帯表面に
付着している余剰の溶融めっき金属を搾り取ることを特
徴とする。また、めっき付着量調整装置は、溶融めっき
浴から引上げられる鋼帯の通板ラインの両側に、鋼帯の
幅方向に沿って配置された複数の移動磁場発生コイル
と、各移動磁場発生コイルに対応して、板幅方向に関し
て同じ位置関係で配置された複数の位置センサーと、位
置センサーで検出された鋼帯の位置情報が入力され、鋼
帯の変位量を打ち消す電磁力に必要な電流量を演算する
制御回路と、電流量の演算結果が入力され、個々の移動
磁場発生コイルに供給する電流量を制御する駆動回路と
を備えている。
【0007】
【実施の形態】本発明に従っためっき付着量調整装置
は、図2(a)の正面図で示すように、鋼帯1の板幅方
向に関して複数の移動磁場発生コイル8,8・・を配列
している。また、各移動磁場発生コイル8,8・・に対
応する位置センサー9,9・・を、鋼帯1の板幅方向に
関して同じ位置関係で配置している。移動磁場発生コイ
ル8,8・・は、図2(b)の平面図で示すように、鋼
帯1の表裏両面に対向して設けられる。位置センサー
9,9・・には、渦流式センサー,光センサー等があ
り、鋼帯1の表裏両側の何れか一方、又は双方に設けら
れる。
【0008】板幅方向に配置された複数の位置センサー
9,9・・は、走行している鋼帯1の板幅方向各位置を
検出し、図3に示すように検出結果を測定位置情報とし
て制御回路10に出力する。制御回路10には、鋼帯1
が正規の通板ラインに沿って走行しているときの位置が
基準位置情報として入力されている。制御回路10は、
測定位置情報を基準位置情報と比較し、正規の通板ライ
ンからの鋼帯1のズレ,すなわち変位量を算出する。そ
して、この変位量を打ち消す電磁力を発生させるのに必
要な電流値を演算し、表裏の移動磁場発生コイル8,8
・・に対応する駆動回路11,11に演算結果を出力す
る。たとえば、溶融めっき浴1から引き上げられた鋼帯
1が図4に示すC反りがある形状C0 になっていると
き、上側両端部に位置するコイル8,8及び下側中央部
に位置するコイル8に供給する電流量を増加させ、上側
中央部に位置するコイル8及び下側両端部に位置するコ
イル8,8に供給する電流量を減少させる。
【0009】電流量の調整により各コイル8,8・・で
発生する電磁力は、図4にグラフ化して示すように、上
側でコイル8,8・・では板幅方向両端部に向かって漸
増する分布,下側コイル8,8・・では板幅方向中央部
に向かって漸増する分布となる。このように分布制御さ
れた電磁力により、鋼帯1は、C反り形状C0 に抗し
て、板幅方向両側では上向きに、板幅方向中央部では下
向きに引っ張られる。その結果、平坦な形状C1 に矯正
される。C反りが矯正された後の形状C1 をもつ鋼帯1
に対しては、電磁力の強度分布が板幅方向に関して均一
化される。そのため、電磁力により搾り取られる溶融め
っき金属の量が板幅方向に均一化し、板幅方向に関しめ
っき付着量に変動のない溶融めっき鋼帯が製造される。
【0010】移動磁場発生コイル8,8・・走行してい
る鋼帯1が表裏方向に振動している場合でも、同様な方
式で移動磁場発生コイル8,8・・と鋼帯1との距離に
応じて各コイル8,8・・に供給する電流量を変えて電
磁力を調整することにより振動が抑制される。すなわ
ち、鋼帯1がコイル8,8から離れるときにはコイル
8,8に供給する電流量を増加させ、鋼帯1がコイル
8,8に接近するときにはコイル8,8に供給する電流
量を減少させる。これにより鋼帯1の振動を打ち消す電
磁力が作用し、鋼帯1が正規の通板ラインに沿って走行
する。また、鋼帯1にコイル8,8・・を接近配置でき
るため、溶融めっき金属の絞りに必要な電磁力を大きく
なり、絞り限界量を大きくすることが可能になる。更
に、電磁力が鋼帯1の長手方向に関して等しく作用し、
長手方向にもめっき付着量の変動が抑制される。
【0011】
【実施例】板厚0.8mm,板幅1200mmの鋼帯1
を100m/分の速度で溶融めっき浴4に導入し、シン
クロール5を経て垂直上方に引き上げた。このとき、図
1のガスワイピング装置7に替えて、高さ1000m
m,幅100mmの移動磁場発生コイル8,8・・を板
幅方向に沿って鋼帯1の表面側に15個,裏面側に15
個,合計30個配置した。各コイル8,8・・と基準位
置にある鋼帯1との距離を10mmに、溶融めっき浴4
から各コイル8,8・・の高さを200mmに設定し
た。また、各コイル8,8・・に対応して板幅方向に関
して同じ位置関係で、コイル8,8・・と同数の位置セ
ンサー9,9・・をコイル8,8・・の直近上方に配置
した。なお、位置センサー9には、渦流式センサーを使
用した。
【0012】移動磁場発生コイル8,8・・に1000
Hzの三相交流を供給し、1相当りの電流値を1500
Aに設定した。距離センサー9,9・・で鋼帯1の形状
を検出し、C反りを矯正すると共に、鋼帯1からコイル
8,8・・までの距離が10mmとなるように、鋼帯1
の振動に対応してコイル8,8・・に供給する電流量を
制御した。このように鋼帯1の振動に合わせて移動磁場
発生コイル8,8・・の電流量を制御したとき、鋼帯1
に付着している溶融めっき金属を35g/m2 まで絞る
ことができた。この絞り量は、コイル8,8・・の電流
量を制御しないときの限界絞り量65g/m2 に比較し
て大幅に小さな値である。この結果は、厚目付けから薄
目付けの溶融めっき鋼帯まで、コイル8,8・・の位置
制御により同一の設備構成で製造できることを示してい
る。また、C反りの矯正により板幅方向に関するめっき
付着量のバラツキが±20g/m2 から±10g/m2
まで抑制でき、均一なめっき付着量の溶融めっき鋼帯が
製造された。
【0013】
【発明の効果】以上に説明したように、本発明において
は、溶融めっき浴から引上げられる鋼帯の位置に応じて
各移動磁場発生コイルに供給する電流量を制御すること
により、鋼帯のC反りを矯正すると共に、表裏方向の振
動を抑制している。このようにして、激しい衝撃音を発
生するガスワイピングに替えて電磁力で溶融めっき金属
を搾り取っているので、作業環境が静寂になると共に、
めっき付着量にバラツキのない安定した品質の溶融めっ
き鋼帯が製造される。また、鋼帯の振動を抑制している
ため、鋼帯の通板ラインに接近させて移動磁場発生コイ
ルを配置でき、結果として溶融めっき金属の絞り量を大
きくでき、薄目付けから厚目付けの広範囲にわたる溶融
めっき鋼帯が同一の設備構成で容易に製造される。
【図面の簡単な説明】
【図1】 従来のガスワイピングを採用した溶融めっき
装置
【図2】 本発明に従って移動磁場発生コイルを配列し
ためっき付着量調整装置を鋼帯の表面に直交する方向
(a)及び長手方向(b)にみた図
【図3】 鋼帯との距離に応じて移動磁場発生コイルの
電流量を制御する機構
【図4】 移動磁場発生コイルの電流量を制御したとき
の一例
【符号の説明】
1:鋼帯 2:還元焼鈍炉 3:スナウト 4:
溶融めっき浴 5:シンクロール 6:サポートロ
ール 7:ガスワイピング装置 8:移動磁場発生
コイル 9:位置センサー 10:制御回路 1
1:駆動回路 C0 :C反りのある鋼帯のプロフィール C1 :矯正
後の鋼帯のプロフィール
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 中本 一成 兵庫県尼崎市鶴町1番地 日新製鋼株式会 社技術研究所内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 溶融めっき浴から引上げられる鋼帯の通
    板ラインの両側に、鋼帯の幅方向に沿って複数の移動磁
    場発生コイルを配列し、鋼帯から移動磁場発生コイルま
    での距離が遠くなったときには、対応する移動磁場発生
    コイルに供給する電流を増加させ、鋼帯から移動磁場発
    生コイルまでの距離が近くなったときには、対応する移
    動磁場発生コイルに供給する電流を減少させ、板幅方向
    に等しい電磁力で鋼帯表面に付着している余剰の溶融め
    っき金属を搾り取る電磁力を利用しためっき付着量調整
    方法。
  2. 【請求項2】 溶融めっき浴から引上げられる鋼帯の通
    板ラインの両側に、鋼帯の幅方向に沿って配置された複
    数の移動磁場発生コイルと、各移動磁場発生コイルに対
    応して、板幅方向に関し同じ位置関係で配置された複数
    の位置センサーと、位置センサーで検出された鋼帯の位
    置情報が入力され、鋼帯の変位量を打ち消す電磁力に必
    要な電流量を演算する制御回路と、電流量の演算結果が
    入力され、個々の移動磁場発生コイルに供給される電流
    量を制御する駆動回路とを備えている電磁力を利用した
    めっき付着量調整装置。
JP22934296A 1996-08-12 1996-08-12 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置 Withdrawn JPH1060614A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22934296A JPH1060614A (ja) 1996-08-12 1996-08-12 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22934296A JPH1060614A (ja) 1996-08-12 1996-08-12 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1060614A true JPH1060614A (ja) 1998-03-03

Family

ID=16890666

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22934296A Withdrawn JPH1060614A (ja) 1996-08-12 1996-08-12 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1060614A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002014574A1 (en) * 2000-08-11 2002-02-21 Abb Ab A device and a method for controlling the thickness of a coating on a metallic object
WO2002014572A1 (en) * 2000-08-11 2002-02-21 Pohang Iron And Steel Company Ltd A method for controlling the thickness of a galvanising coating on a metallic object
KR100368727B1 (ko) * 1998-12-29 2003-03-29 주식회사 포스코 연속용융도금공정용전자기나이프
JP2007284775A (ja) * 2006-04-20 2007-11-01 Jfe Steel Kk 連続溶融金属めっきの付着量制御装置
JP2008542542A (ja) * 2005-06-03 2008-11-27 アーベーベー・アーベー 長く延ばされた金属要素を金属の層でコーティングするためのデバイス及び方法
WO2010034892A1 (fr) * 2008-09-23 2010-04-01 Siemens Vai Metals Technologies Sas Méthode et dispositif d'essorage de métal liquide de revêtement en sortie d'un bac de revêtement métallique au trempé
WO2015011909A1 (ja) * 2013-07-22 2015-01-29 Jfeスチール株式会社 鋼板の通板位置制御装置および方法、ならびに鋼板の製造方法
JP2017115213A (ja) * 2015-12-25 2017-06-29 Jfeスチール株式会社 金属帯の安定装置および溶融めっき金属帯の製造方法

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100368727B1 (ko) * 1998-12-29 2003-03-29 주식회사 포스코 연속용융도금공정용전자기나이프
WO2002014574A1 (en) * 2000-08-11 2002-02-21 Abb Ab A device and a method for controlling the thickness of a coating on a metallic object
WO2002014572A1 (en) * 2000-08-11 2002-02-21 Pohang Iron And Steel Company Ltd A method for controlling the thickness of a galvanising coating on a metallic object
JP2008542542A (ja) * 2005-06-03 2008-11-27 アーベーベー・アーベー 長く延ばされた金属要素を金属の層でコーティングするためのデバイス及び方法
JP2007284775A (ja) * 2006-04-20 2007-11-01 Jfe Steel Kk 連続溶融金属めっきの付着量制御装置
RU2482213C2 (ru) * 2008-09-23 2013-05-20 Сименс Фаи Металз Текнолоджиз Сас Способ и устройство отжима жидкого металла покрытия на выходе бака для нанесения металлического покрытия погружением
WO2010034892A1 (fr) * 2008-09-23 2010-04-01 Siemens Vai Metals Technologies Sas Méthode et dispositif d'essorage de métal liquide de revêtement en sortie d'un bac de revêtement métallique au trempé
AU2008362112B2 (en) * 2008-09-23 2014-12-18 L'institut Polytechnique De Grenoble Method and device for draining liquid coating metal at the output of a tempering metal coating tank
WO2015011909A1 (ja) * 2013-07-22 2015-01-29 Jfeスチール株式会社 鋼板の通板位置制御装置および方法、ならびに鋼板の製造方法
JP2016204758A (ja) * 2013-07-22 2016-12-08 Jfeスチール株式会社 鋼板の通板位置制御装置および方法
JP6065921B2 (ja) * 2013-07-22 2017-01-25 Jfeスチール株式会社 鋼板の製造方法
JP2017115213A (ja) * 2015-12-25 2017-06-29 Jfeスチール株式会社 金属帯の安定装置および溶融めっき金属帯の製造方法
WO2017110667A1 (ja) * 2015-12-25 2017-06-29 Jfeスチール株式会社 金属帯の安定装置および溶融めっき金属帯の製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100758240B1 (ko) 용융금속 도금강판의 제조방법
US20090175708A1 (en) Device and a method for stabilizing a steel sheet
KR101185395B1 (ko) 용융 도금 시스템의 스트리핑 노즐들 사이에서 안내되고 코팅층이 구비된 스트립을 안정화하기 위한 방법 및 그 용융 도금 시스템
US8374715B2 (en) Mode based metal strip stabilizer
WO2016080083A1 (ja) 金属帯の安定装置およびこれを用いた溶融めっき金属帯の製造方法
JPH1060614A (ja) 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置
JP3530514B2 (ja) 鋼板形状矯正装置及び方法
JPH1053849A (ja) 溶融めっき鋼帯の蛇行防止方法及び装置
JP4525105B2 (ja) 金属帯の制御装置および溶融めっき金属帯の製造方法
JPH06136502A (ja) 溶融金属めっき鋼帯の電磁力によるめっき付着量制御方法
JPH11100651A (ja) 連続溶融金属めっき装置
JP3876810B2 (ja) 金属帯の制振装置及び金属帯の製造方法
JPH06108220A (ja) 溶融金属めっき鋼帯の電磁力によるめっき付着量制御方法
JP4547818B2 (ja) 溶融めっき鋼板のめっき付着量制御方法
JPH1053852A (ja) 電磁力を利用しためっき付着量調整方法及び装置
JP2003105515A (ja) 鋼板形状矯正装置及び方法
JPH1046310A (ja) シンクロールを使用しない溶融めっき方法及びめっき装置
JP3868249B2 (ja) 鋼板形状矯正装置
JP2000345310A (ja) 鋼帯の連続溶融金属めっき設備
JP4450662B2 (ja) 鋼板の制振装置
JP5644141B2 (ja) 金属帯の制振及び位置矯正装置、および該装置を用いた溶融めっき金属帯製造方法
JPH08197139A (ja) 鋼板形状制御装置
JP6112040B2 (ja) 金属帯の非接触制御装置および溶融めっき金属帯の製造方法
JP2014201798A (ja) 溶融亜鉛めっき鋼帯の製造方法
JP3482024B2 (ja) 鋼板の形状制御及び制振装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20031104