JPH10291401A - キャスター用フォーク - Google Patents

キャスター用フォーク

Info

Publication number
JPH10291401A
JPH10291401A JP11639197A JP11639197A JPH10291401A JP H10291401 A JPH10291401 A JP H10291401A JP 11639197 A JP11639197 A JP 11639197A JP 11639197 A JP11639197 A JP 11639197A JP H10291401 A JPH10291401 A JP H10291401A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fork
cylindrical body
ball bearing
flange
shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11639197A
Other languages
English (en)
Inventor
Katsumi Takagi
勝美 高木
Noriyuki Takagi
紀幸 高木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
TAKAGI SANSHO KK
Original Assignee
TAKAGI SANSHO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by TAKAGI SANSHO KK filed Critical TAKAGI SANSHO KK
Priority to JP11639197A priority Critical patent/JPH10291401A/ja
Publication of JPH10291401A publication Critical patent/JPH10291401A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Handcart (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 製作コストを低廉としたキャスター用フォー
クを提供する。 【解決手段】 取付軸8が挿通される円筒体11の下部
に車輪10を回転自在に軸支する一対のアーム12,1
2を一体に突設してプラスチック製のフォーク9を形成
し、前記円筒体11の内壁面に鍔部28を周設し、該鍔
部28上の円筒体11内に前記取付軸8を軸支させるス
ラスト玉軸受30が嵌着される軸受穴29を形成した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、スーパーマーケッ
トで使用されるショッピングカートなどに適したキャス
ター用フォークに関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、このようなキャスター用フォー
クは、被取付側に装着される取付軸に軸受を介して円筒
体が回動自在に取り付けられ、該円筒体の下部に、車輪
が回転自在に軸支される一対のアームを突設した構成か
らなる。そして、該フォークはアルミニウム等の金属の
鋳造によって一体に形成されていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら前記金属
製のフォークは材料費や製作費が多く掛かり、コストが
嵩むばかりか、長く使用していると錆が発生して脆くな
るといった課題が有った。 そこで、本発明はこのよう
な金属製のフォークに見られる課題を解決すべくなされ
たもので、プラスチックの射出成形により一体に形成
し、円筒体の内壁面に鍔部を周設し、該円筒体内に設け
た軸受穴にはスラスト玉軸受を嵌着して取付軸を軸支す
ることによりコストを低廉になし得たキャスター用フォ
ークを提供することを目的とするものである。更には、
前記スラスト玉軸受に替え、ラジアル玉軸受を嵌着する
ようにしてキャスターとしての精度及び耐久性の向上を
図ったキャスター用フォークを提供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するた
めに本発明に係わるキャスター用フォークは、取付軸が
挿通される円筒体の下部に車輪を回転自在に軸支する一
対のアームを一体に突設してプラスチック製のフォーク
を形成し、前記円筒体の内壁面に鍔部を周設し、該鍔部
上の円筒体内に前記取付軸を軸支させるスラスト玉軸受
が嵌着される軸受穴を形成した。このようにフォークを
プラスチック製とし、円筒体の内壁面には鍔部を周設
し、更にスラスト軸受を嵌着することによりコストの低
廉を図るようにしている。
【0005】また、取付軸が挿通される円筒体の下部に
車輪を回転自在に軸支する一対のアームを一体に突設し
てプラスチック製のフォークを形成し、前記円筒体の内
壁面に鍔部を周設し、該鍔部上の円筒体内に前記取付軸
を軸支させるラジアル玉軸受が嵌着される軸受穴を形成
し、前記鍔部の基端側沿いに前記ラジアル玉軸受の外輪
を支持させる段部を設けて構成する。これにより、ラジ
アル玉軸受が使えて取付軸の精度が向上し、長期にわた
り安定した走行性能が発揮できるようになる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下に本発明に係わるキャスター
用フォークの実施の形態を図面と共に説明する。図1は
本発明に係わるキャスター用フォークを適用したショッ
ピングカートの斜視図、図2はキャスターの組立斜視
図、図3は図2の分解斜視図である。図1に示されるシ
ョッピングカート1は方形枠状の基台2の一方側端に主
杆3,3と支持枠4,4とを立設し、これらの主杆3,
3と支持枠4,4とで直方形の籠体よりなる買物収納部
5の一端を支持させる。前記主杆3,3と支持枠4,4
の上端を連結してさらに把手杆6を架設している。そし
て、前記基台2の四隅角部の下面にキャスター7の取付
軸8を取り付けている。
【0007】図2及び図3において9は車輪10を回転
自在に軸支するフォークであり、該フォーク9は円筒体
11の下端から左右一対のアーム12,12を突出さ
せ、各アーム12,12の先端部にそれぞれ車輪10を
軸支させる軸孔13,13を設けてプラスチック材の射
出成型により一体に形成される。
【0008】前記車輪10は車輪本体10aの周囲にタ
イヤ部14をインサート射出成型して一体に形成され、
内側に放射状に形成されるスポーク15の中心に軸筒1
6を設け、該軸筒16に貫設される軸孔17にころがり
軸受18を嵌合させる。該ころがり軸受18の軸挿通孔
19の両端開口に鍔部20がそれぞれ外向きになるよう
に鍔付カラー21,21の筒部22,22を嵌挿する。
【0009】23は車輪10を軸支する支軸であり、先
端に設けたねじ部24にナット25を螺締させるように
している。26,26はプレーンワッシャ,27はスプ
リングワッシャである。
【0010】そして、前記フォーク9のアーム12,1
2の間に前記車輪10を介装させ、一方のアーム12の
外側にプレーンワッシャ26を重ねて軸孔13に支軸2
3を挿通させ、さらに該支軸23を車輪10のころがり
軸受18に嵌挿した鍔付カラー21,鍔付カラー21の
順に挿通させ、ついで他方のアーム12の軸孔13に挿
通し、プレーンワッシャ26及びスプリングワッシャ2
7を支軸23に嵌挿させてから、その先端のねじ部24
にナット25を螺締してフォーク9に車輪10を組み付
ける。
【0011】前記フォーク9の円筒体11の内壁面に図
3に示すように水平な環状の鍔部28を周設して該鍔部
28上に軸受穴29を形成し、該軸受穴29にスラスト
玉軸受30の内輪を嵌着させる。そして、該スラスト玉
軸受30の外輪上にプレーンワッシャ31を重ねた状態
で前記円筒体11の上端に防塵カバー32を被着させ
る。また、前記鍔部28内側の通孔28aにスペーサ3
3を嵌挿させる。
【0012】一方、前記取付軸8には中間部に六角ナッ
ト状の鍔部34を突設し下端にねじ部35を設ける。そ
して、該取付軸8を下端から前記防塵カバー32,プレ
ーンワッシャ31,スラスト玉軸受29及びスペーサ3
3に順次挿通させ、鍔部28下方に突出する取付軸8の
先端にプレーンワッシャ36,スプリングワッシャ37
を挿通させた状態でねじ部35にナット38を螺締して
フォーク9の円筒体11に取付軸8を回転自在に軸支さ
せる。
【0013】このようにしてスラスト玉軸受30を介し
てフォーク9の円筒体11に軸支させた取付軸8は、ス
ラスト玉軸受30の内輪が軸受穴29に嵌合した状態で
その内輪下面が鍔部28に衝止されていることでスラス
ト玉軸受30を安定させ、しかもスラスト玉軸受30の
外輪上面をプレーンワッシャ31及び防塵カバー32を
介して取付軸8に突設した鍔部34で抑止させ、しかも
スペーサ33により取付軸8がガイドされることから、
取付軸8は安定して回動でき、従ってキャスター7を図
1に示すようにショッピングカート1に装着して使用す
れば車輪10を安定に走行させることができる。
【0014】図5乃至図7に示したものは他の実施の形
態に係るもので、図5はキャスターの分解斜視図であ
る。この実施の形態も前記図3に示したキャスターと全
く同じようにフォーク9の円筒体11の下部に突設した
一対のアーム12,12に車輪10を回転自在に軸支さ
せる。
【0015】そして、フォーク9の円筒体11の内壁面
に鍔部28を周設して該鍔部28の上面基端側沿いに図
6,図7に示されるように環状の段部39を周設してい
る。これ以外に使用される部品構成は図3に示したスラ
スト玉軸受30をラジアル玉軸受40に変更した以外は
すべて図3に示したものと同一であり、これらの各部品
を図3によって説明した要領で組み付けて取付軸8をフ
オーク9の円筒体11に回動自在に軸支させる。
【0016】そこで、軸受穴29に嵌着させたラジアル
玉軸受40の外輪は段部39で支持され、円筒体11に
軸支される取付軸8は、回転フリーの内輪に嵌着されて
おり、しかもラジアル玉軸受40は内封した玉の眞球精
度が高いことによりスラスト玉軸受を使用したものに比
べて精度が高く、しかも耐久性を向上させることができ
る。さらに、ラジアル玉軸受は1個のみの使用でよく、
構成が簡略化されコストも低減させることができる。な
お、このように精度が高く耐久性に優れていることで、
例えば身障者用の車椅子としては最適である。
【0017】
【発明の効果】以上に述べたように本発明に係わるキャ
スター用フオークは、プラスチック材の射出成型により
一体に形成されるので、製作コストが低廉となし得、更
に円筒体の内壁面に鍔部を設けたので、強度的に金属製
のものと遜色なく使用でき長期の使用に充分耐え得る。
また、取付軸をスラスト玉軸受の外輪に固着させると共
にスペーサでガイドするようにしたので、取付軸をがた
つきを起こさせることなく円筒体にしっかりと軸支させ
ることができる。
【0018】また、前記円筒体内の外周縁沿いに段部を
設け、この段部にラジアル玉軸受の外輪を支持させるよ
うにしたので、前記スラスト玉軸受より精度の高いラジ
アル玉軸受が使えるようになり、スラスト玉軸受を使用
したものより一層取付軸をがたつきを起こしにくくする
ことができ、精度が向上する。このためにフオークの先
端に軸支させる車輪は直進性はもとより旋回性能を向上
した安定のよい走行を発揮することができる。
【0019】更に加うれば、上記いずれも軸受は1個で
済み全体の構成も簡単であることから製作が複雑となら
ず、コストも高くならないという効果が有る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係わるキャスター用フオークを適用し
たショッピングカートの斜視図。
【図2】キャスターの斜視図。
【図3】図2の分解斜視図。
【図4】図2の縦断面図。
【図5】他の実施の形態に係るキャスターの分解斜視
図。
【図6】図5を組み立てた状態の縦断面図。
【図7】図5に示すキャスター用フオークの平面図。
【符号の説明】
7 キャスター 8 取付軸 9 フォーク 10 車輪 11 円筒体 12,12 アーム 28 鍔部 29 軸受穴 30 スラスト玉軸受 39 段部 40 ラジアル玉軸受

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 取付軸が挿通される円筒体の下部に車輪
    を回転自在に軸支する一対のアームを一体に突設してプ
    ラスチック製のフォークを形成し、前記円筒体の内壁面
    に鍔部を周設し、該鍔部上の円筒体内に前記取付軸を軸
    支させるスラスト玉軸受が嵌着される軸受穴を形成した
    ことを特徴とするキャスター用フォーク。
  2. 【請求項2】 取付軸が挿通される円筒体の下部に車輪
    を回転自在に軸支する一対のアームを一体に突設してプ
    ラスチック製のフォークを形成し、前記円筒体の内壁面
    に鍔部を周設し、該鍔部上の円筒体内に前記取付軸を軸
    支させるラジアル玉軸受が嵌着される軸受穴を形成し、
    前記鍔部の基端側沿いに前記ラジアル玉軸受の外輪を支
    持させる段部を設けたことを特徴とするキャスター用フ
    ォーク。
JP11639197A 1997-04-18 1997-04-18 キャスター用フォーク Pending JPH10291401A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11639197A JPH10291401A (ja) 1997-04-18 1997-04-18 キャスター用フォーク

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11639197A JPH10291401A (ja) 1997-04-18 1997-04-18 キャスター用フォーク

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10291401A true JPH10291401A (ja) 1998-11-04

Family

ID=14685876

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11639197A Pending JPH10291401A (ja) 1997-04-18 1997-04-18 キャスター用フォーク

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10291401A (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006044945A (ja) * 2004-07-02 2006-02-16 Toshiba Elevator Co Ltd エスカレータ用台車及びエスカレータ
US8251380B2 (en) 2008-10-08 2012-08-28 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
TWI419665B (zh) * 2010-08-03 2013-12-21 Jenp Jou Entpr Co Ltd Office chair casters
US8864151B1 (en) 2010-10-29 2014-10-21 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US8936256B2 (en) 2008-10-08 2015-01-20 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US9339432B2 (en) 2014-02-28 2016-05-17 Evolution Technologies Inc. Walker apparatus and backrest therefor
US9415635B2 (en) 2010-10-29 2016-08-16 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US9744094B2 (en) 2014-02-28 2017-08-29 Evolution Technologies Inc. Walker apparatus and backrest therefor
US10053062B2 (en) 2015-09-02 2018-08-21 Evolution Technologies Inc. Brake assembly for a height-adjustable walker apparatus
USD828701S1 (en) 2017-02-17 2018-09-18 Evolution Technologies Inc. Set of seat cushions
USD886494S1 (en) 2016-02-26 2020-06-09 Evolution Technologies Inc. Set of seat cushions
US10730489B2 (en) 2015-09-02 2020-08-04 Evolution Technologies Inc. Brake assembly for height-adjustable patient transport apparatus
US11648922B2 (en) 2015-09-02 2023-05-16 Evolution Technologies Inc. Manually-operated, height-adjustable wheeled vehicle, and a brake assembly and wheel fork assembly thereof

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006044945A (ja) * 2004-07-02 2006-02-16 Toshiba Elevator Co Ltd エスカレータ用台車及びエスカレータ
US8251380B2 (en) 2008-10-08 2012-08-28 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US8267412B2 (en) 2008-10-08 2012-09-18 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US8936256B2 (en) 2008-10-08 2015-01-20 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US9192541B2 (en) 2008-10-08 2015-11-24 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
TWI419665B (zh) * 2010-08-03 2013-12-21 Jenp Jou Entpr Co Ltd Office chair casters
US9415635B2 (en) 2010-10-29 2016-08-16 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US8864151B1 (en) 2010-10-29 2014-10-21 Evolution Technologies Inc. Foldable walker apparatus
US9320672B2 (en) 2010-10-29 2016-04-26 Evolution Technolgies Inc. Foldable walker apparatus
US9339432B2 (en) 2014-02-28 2016-05-17 Evolution Technologies Inc. Walker apparatus and backrest therefor
US9744094B2 (en) 2014-02-28 2017-08-29 Evolution Technologies Inc. Walker apparatus and backrest therefor
US10053062B2 (en) 2015-09-02 2018-08-21 Evolution Technologies Inc. Brake assembly for a height-adjustable walker apparatus
US10730489B2 (en) 2015-09-02 2020-08-04 Evolution Technologies Inc. Brake assembly for height-adjustable patient transport apparatus
US11220246B2 (en) 2015-09-02 2022-01-11 Evolution Technologies Inc. Brake assembly for height-adjustable patient transport apparatus
US11648922B2 (en) 2015-09-02 2023-05-16 Evolution Technologies Inc. Manually-operated, height-adjustable wheeled vehicle, and a brake assembly and wheel fork assembly thereof
USD886494S1 (en) 2016-02-26 2020-06-09 Evolution Technologies Inc. Set of seat cushions
USD828701S1 (en) 2017-02-17 2018-09-18 Evolution Technologies Inc. Set of seat cushions

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH10291401A (ja) キャスター用フォーク
JP3099764U (ja) 折畳み式乳母車
US4897895A (en) Front caster device for infant stroller
JP2007125942A (ja) 旋回式キャスター
JP2606793Y2 (ja) キャスター用車輪
JP3442034B2 (ja) キャスター
JP2522838Y2 (ja) サスペンションカバーの取付構造
JPS58126203A (ja) キヤスタ−における取付軸の支持構造
JP3756004B2 (ja) キャスター
CN219856670U (zh) 一种向上借空间的万向轮
JPH10217708A (ja) キャスターの車輪軸支構造
JP4127347B2 (ja) キャスター用車輪
JP4047896B1 (ja) キャスター
JPH05262102A (ja) 軽車両のキャスター
JP3354068B2 (ja) キャスター
JP4153677B2 (ja) キャスターの車輪支持構造
JP3043363U (ja) キャスター車輪ホルダー
JPH05178255A (ja) カセット式ヘッドセット
JP2530263B2 (ja) 車椅子のキャスタ―取付構造
JP3614233B2 (ja) キャスタ
JPH0353301U (ja)
JPH0458402U (ja)
JP2002127704A (ja) キャスター
JPH02128602U (ja)
JP2533847Y2 (ja) 椅子におけるキャスターの取付け装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20050729

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20050809

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20060110

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02