JPH09253440A - 多室湿式集塵装置 - Google Patents

多室湿式集塵装置

Info

Publication number
JPH09253440A
JPH09253440A JP6813296A JP6813296A JPH09253440A JP H09253440 A JPH09253440 A JP H09253440A JP 6813296 A JP6813296 A JP 6813296A JP 6813296 A JP6813296 A JP 6813296A JP H09253440 A JPH09253440 A JP H09253440A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
gas
chamber
dust collector
gas supply
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6813296A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3184088B2 (ja
Inventor
Yasuo Fujisaki
Hiroshi Sakai
Shoji Suzuki
靖男 藤崎
博史 酒井
昭次 鈴木
Original Assignee
House Foods Corp
ハウス食品株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by House Foods Corp, ハウス食品株式会社 filed Critical House Foods Corp
Priority to JP06813296A priority Critical patent/JP3184088B2/ja
Publication of JPH09253440A publication Critical patent/JPH09253440A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3184088B2 publication Critical patent/JP3184088B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 従来の湿式集塵装置では必ずしも満足し得な
かった集塵効率を向上させ、殊ににおいがあるような粉
塵を捕集するのに好適な多室湿式集塵装置の提供を目的
とする。 【解決手段】 気体が上位から下位、下位から上位へと
通過可能なように交互に複数のじゃま板が設けられた湿
式集塵装置本体と、じゃま板によって形成される第1室
に設けられた気体供給口および該気体供給口に連接され
た気体供給配管と、じゃま板によって形成される第1室
および最終室以外の室に上部より水を噴霧するために設
けられたノズルと、じゃま板によって形成される最終室
に設けられた気体排出口および該気体排出口に連接され
た気体排出配管と、湿式集塵装置本体の低部の粉塵排出
口に連接された粉塵排出配管と、粉塵排出口の上位に設
けられた排水口とからなり、上記気体供給配管に該気体
供給配管内で気体と水とを接触させるための水噴出口が
設けられていることを特徴とする多室湿式集塵装置であ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、気体中に含まれる
微細な粉塵を水で効率よく捕集するための多室湿式集塵
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、水を噴霧して気体中の粉塵を
捕集する湿式集塵装置は知られている。例えば、特開昭
55−124520号公報には、高温ガスに水を加えて
飽和させる前段工程と、その飽和したガスに冷水を接触
させて水滴を発生させる後段工程とを、直列に配置し、
それぞれの工程からのもどり水を、共通の液槽に回収
し、その液槽から、再びそれぞれの工程に供給するよう
にした上、後段工程の方に供給される水を、熱交換器等
によって冷却するようにしたことを特徴とする、高温ガ
ス用湿式集じん機が開示されている。
【0003】また、実開平6−3429号公報には、一
端部に吸引口を有し他端部に排出口を有する装置本体内
に、複数の邪魔板によって吸引口から排出口へ向かうジ
グザグ状の含塵空気流路を形成すると共に、粒径が10
〜100ミクロン程度の微小な水粒子からなる霧を発生
させてこれを前記含塵流通路を通過中の粉塵に付着させ
る噴霧ノズルを装置本体内の上部に設け、更に装置本体
の低部に水槽を設けてなる湿式集塵装置が開示されてい
る。
【0004】これら従来装置では、気体中に水を噴霧さ
せることによって、気体と水を接触させて気体中の粉塵
を捕集する方法を採用している。この方法でも、気体中
の粉塵を捕集することはできる。しかし、例えば、香辛
料を粉砕した際等で発生する微細な粉塵はにおいがある
ために、こうした粉塵が気体中に浮遊すると、においが
広がり、衣服ににおいが付く等の問題を引き起こすこと
にもなる。従って、こうしたにおいがある粉塵の捕集に
ついては、非常に高度の捕集効率が望まれるが、上記し
たような水を気体中に噴霧して捕集するだけでは不十分
であった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、従来の湿式
集塵装置では必ずしも満足し得なかった集塵効率を向上
させ、殊ににおいがあるような粉塵を捕集するのに好適
な多室湿式集塵装置の提供を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、気体が上位か
ら下位、下位から上位へと通過可能なように交互に複数
のじゃま板が設けられた湿式集塵装置本体と、じゃま板
によって形成される第1室に設けられた気体供給口およ
び該気体供給口に連接された気体供給配管と、じゃま板
によって形成される第1室および最終室以外の室に上部
より水を噴霧するために設けられたノズルと、じゃま板
によって形成される最終室に設けられた気体排出口およ
び該気体排出口に連接された気体排出配管と、湿式集塵
装置本体の低部の粉塵排出口に連接された粉塵排出配管
と、粉塵排出口の上位に設けられた排水口とからなり、
上記気体供給配管に該気体供給配管内で気体と水とを接
触させるための水噴出口が設けられていることを特徴と
する多室湿式集塵装置である。
【0007】
【発明の実施の態様】本発明の実施例を図1に基づいて
説明する。1は多室湿式集塵装置であって、当該多室湿
式集塵装置1は湿式集塵装置本体2と気体供給機構、気
体排出機構、水供給機構、水排出機構、粉塵排出機構か
ら成り立っている。以下に、具体的に説明をする。
【0008】湿式集塵装置本体2には、気体を上位から
下位へ導くためのじゃま板3aと下位から上位へ導くた
めのじゃま板3bが交互に複数設けられており、このじ
ゃま板3a、3bによって湿式集塵装置本体2内は複数
の室に分けられている。そして、湿式集塵装置本体2に
供給された気体は上記じゃま板3a、3bによって湿式
集塵装置本体2内の複数の室を上位から下位、下位から
上位へと順次通過していく。
【0009】じゃま板3aによって形成される第1室4
には、気体供給口5が設けられており、気体供給口5に
は気体供給配管6が連接されている。当該気体供給配管
6の気体供給口5上位近傍には気体供給配管6を取り巻
くようにケーシング7が設けられている。そして、ケー
シング7には、当該ケーシング7に水を供給するための
配管が連接されているが、当該配管は水の節約という点
から、後述する排水口と連結して湿式集塵装置本体2の
底部に溜まった水を循環させるための循環水配管8とす
る方が好ましい。
【0010】ケーシング7内の気体供給配管6には、ケ
ーシング7内に供給された水が気体供給配管6内に噴出
されるように複数個の水噴出口9が設けられている。当
該水噴出口9は、水が斜め下方向に噴出されるように穿
孔されることが好ましい。
【0011】じゃま板3bによって形成される第2室1
0には、上部より水を噴霧するためのノズル11が設け
られており、該ノズル11は水供給配管12と連接され
ており、当該水供給配管12には、ノズル11から噴霧
水の量を調整するためのバルブ13が設置されている。
【0012】ノズル11の設置は第2室10に限らず、
第1室4および最終室14を除く他の室のいずれかある
いは複数室にノズル11を設置してもよいが、気体が下
位から上位へと通過する際に噴霧された水と接触させる
方が粉塵の捕集効率という点から好ましい。
【0013】じゃま板3aによって形成される最終室1
4には、気体供給口5から供給された気体を湿式集塵装
置本体2から排出するための気体排出口15が設けられ
ており、気体排出口15には気体排出配管16が連接さ
れている。そして、気体排出配管16を通して排出され
る気体中の粉塵の捕集効率をより高めるために、当該気
体排出配管16に集塵器17を設置してもよい。設置す
る集塵器17は一般的に使用されているもので充分であ
る。あるいは気体排出配管16に、更に本発明の多室湿
式集塵装置1を設置してもよく、これによりより高度な
捕集効率を得ることができる。尚、気体排出口15は、
最終室14がじゃま板3aによって形成されている場合
は最終室14の上部に設けられ、最終室14がじゃま板
3bによって形成されている場合は最終室14の下部に
設けられる。
【0014】次に、湿式集塵装置本体2の低部には、水
によって捕集され堆積した粉塵Aを排出するための粉塵
排出口18とそれに連接された粉塵排出配管19が設け
られている。粉塵排出配管19にはバルブ20が設置さ
れており、当該バルブ20の開閉により集塵装置本体2
の低部に堆積した粉塵Aを定期的に排出する。
【0015】粉塵排出口18の上位には排水口21が設
けられており、上記気体供給口5からの水とノズル11
からの水が湿式集塵装置本体2内に必要以上に多量に溜
まらないようにしている。湿式集塵装置本体2に気体供
給口5からの水とノズル11からの水を溜めるのは、当
該水によって捕集された粉塵を湿式集塵装置本体2の低
部に沈降させるためである。
【0016】溜める水量としては、水面が気体を下位か
ら上位へ方向付けるためのじゃま板3bの低部3b’と
接する、ないしは当該じゃま板3bの低部3b’が水面
下になるような量で、かつ気体を上位か下位へ方向付け
るためのじゃま板3aの低部3a’と水面との間に気体
が通過するに充分な間隙を維持することができる量であ
る。
【0017】排水口21には、ケーシング7と連結する
循環水配管8が設置されており、当該循環水配管8には
ストレーナー22とポンプ23が設けられている。これ
により、粉塵の捕集のために使用した水を浄化し再利用
することができ、水の節約を行うことができる。
【0018】上記した多室湿式集塵装置1の作動は、次
のとおりである。まず、最初の段階で湿式集塵装置本体
2の低部に水を供給して、上記した水量、即ち水面が気
体を下位から上位へ方向付けるためのじゃま板3bの低
部3b‘と接する、ないしは当該じゃま板3bの低部3
b’が水面下になるような量で、かつ気体を上位か下位
へ方向付けるためのじゃま板3aの低部3a’と水面と
の間に気体が通過するに充分な間隙を維持することがで
きる量にしておく。この場合の水の供給はノズル11か
ら行ってもよく、別途水供給口(図示せず)を設けても
よく、特に限定されるものではない。
【0019】粉塵を発生させるような装置、例えば小麦
粉や香辛料粉末、その他の粉末を混合するための混合装
置(図示せず)に接続されている気体供給配管6を介し
て、当該混合装置内のヘッドスペースの気体を湿式集塵
装置本体2の気体供給口5から湿式集塵装置本体2内に
供給する。この場合、ケーシング7内に供給される水が
当該ケーシング7内の気体供給配管6に穿孔されている
複数個の水噴出口9から噴出されており、従って、気体
供給配管6を通ってくる気体は、気体供給配管6の限ら
れた空間で水と混合状態となって湿式集塵装置本体2内
の第1室に供給されることになる。この段階で気体中の
粉塵は水によって、そのほとんどが捕集される。水噴出
口9から噴出された水は粉塵とともに湿式集塵装置本体
2の低部に溜まっていき、時間の経過とともに粉塵は沈
降して湿式集塵装置本体2の低部に堆積する。
【0020】湿式集塵装置本体2に溜まった水は、予め
定められた量を維持するために余剰分が排水口21から
排出され、ストレーナー22によって浄化された後にポ
ンプ23によつて循環水配管8を介してケーシング7へ
と供給され、複数個の水噴出口9から噴出する水として
使用される。この循環水は定期的にその濁り状態をチェ
ックし、必要により、ストレーナー22中のフィルター
を交換する、あるいは循環水を排出して新規に水を供給
する等の措置を施す。
【0021】また、湿式集塵装置本体2の低部に堆積し
た粉塵Aは、堆積量をチェックして必要に応じて粉塵排
出口18から粉塵排出配管19を介して湿式集塵装置本
体2の外へ排出される。循環水の濁り状態や粉塵の堆積
状態のチェックは目視で充分である。その為には、湿式
集塵装置本体2の側面の一部を透明な材料で構成するこ
とが望ましい。
【0022】一方、噴出水とともに湿式集塵装置本体2
に供給された気体はじゃま板3aによって第1室4では
上位から下位へと通過していき、第2室10では下位か
ら上位へと通過していく。そして、気体が第2室10を
通過する際に、第2室10上部に設けられたノズル11
から噴霧される水と接触することによって、気体中に残
存している粉塵を捕集する。
【0023】各室を通過してきた気体は、最終室14の
気体排出口15から気体排出配管16を介して湿式集塵
装置本体2外に排出されるが、その前に気体排出配管1
6に連接された集塵器17を通して当該気体の粉塵やに
おい等の捕集を徹底させる。
【0024】
【発明の効果】本発明によれば、粉塵を含む気体を単に
噴霧された水と接触させるだけでなく、当該気体が湿式
集塵装置本体に供給される前に、気体供給配管の限られ
た空間内で当該気体に水を積極的に噴出して気体と水と
を混合状態にすることにより、当該気体中の粉塵を効率
的に捕集することができる。
【0025】そして、その後に、更に気体をノズルから
噴霧される水と接触させることによって、気体中の粉塵
の捕集を行うことができ、粉塵の捕集効率を更に向上さ
せることができる。従って、香辛料等のようににおいを
持つ粉塵の捕集には、脱臭効果も期待でき、特に効果的
である。そればかりでなく、湿式集塵装置本体で処理し
た気体を更に集塵器で処理することにより、二重、三重
による粉塵の捕集を徹底することができる。
【0026】このように本発明によれば、捕集効率を向
上させることができるために、装置としても小型化する
ことができ、その結果コスト的にも有利であり、狭い場
所でも設置することができるという設置場所的なメリッ
トもある。
【0027】
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例の多室湿式集塵装置の縦断面図
である。
【符号の説明】
1 多室湿式集塵装置 2 湿式集塵装置本体 3a じゃま板 3b じゃま板 4 第1室 5 気体供給口 6 気体供給配管 9 水噴出口 10 第2室 11 ノズル 14 最終室 15 気体排出口 16 気体排出配管 18 粉塵排出口 19 粉塵排出配管 20 排水口

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 気体が上位から下位、下位から上位へと
    順次通過可能なように交互に複数のじゃま板が設けられ
    た湿式集塵装置本体と、じゃま板によって形成される第
    1室に設けられた気体供給口および該気体供給口に連接
    された気体供給配管と、じゃま板によって形成される第
    1室および最終室以外の室に上部より水を噴霧するため
    に設けられたノズルと、じゃま板によって形成される最
    終室に設けられた気体排出口および該気体排出口に連接
    された気体排出配管と、湿式集塵装置本体の低部の粉塵
    排出口に連接された粉塵排出配管と、粉塵排出口の上位
    に設けられた排水口とからなり、上記気体供給配管に該
    気体供給配管内で気体と水とを接触させるための水噴出
    口が設けられていることを特徴とする多室湿式集塵装
    置。
  2. 【請求項2】 気体供給配管の気体供給口上位近傍を取
    り囲むようにケーシングを形成し、該ケーシング内の気
    体供給配管に複数個の水噴出孔を設けるともにケーシン
    グに水供給配管を連接することを特徴とする請求項1記
    載の多室湿式集塵装置。
  3. 【請求項3】 水供給配管の他の一方を湿式集塵装置本
    体の排水口と連接して循環水配管とすることを特徴とす
    る請求項1記載の多室湿式集塵装置。
  4. 【請求項4】 気体排出配管に集塵器を連接することを
    特徴とする請求項1記載の多室湿式集塵装置。
JP06813296A 1996-03-25 1996-03-25 多室湿式集塵装置 Expired - Fee Related JP3184088B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06813296A JP3184088B2 (ja) 1996-03-25 1996-03-25 多室湿式集塵装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06813296A JP3184088B2 (ja) 1996-03-25 1996-03-25 多室湿式集塵装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09253440A true JPH09253440A (ja) 1997-09-30
JP3184088B2 JP3184088B2 (ja) 2001-07-09

Family

ID=13364918

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06813296A Expired - Fee Related JP3184088B2 (ja) 1996-03-25 1996-03-25 多室湿式集塵装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3184088B2 (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6544320B2 (en) 2001-02-09 2003-04-08 Broad Ocean Company Limited Air-cleaning apparatus
KR100395479B1 (ko) * 2001-04-13 2003-08-25 최종진 침전식 세정집진기
JP2006122752A (ja) * 2004-10-26 2006-05-18 Shin Meiwa Ind Co Ltd 湿式集塵装置
GB2420726A (en) * 2004-12-02 2006-06-07 Mohammad Al-Amin Bamalli Water air filter
JP2006520265A (ja) * 2003-03-13 2006-09-07 リカルディ,ニコラ 湿潤ガス洗浄の装置と方法
KR100697957B1 (ko) * 2006-10-02 2007-03-23 디와이 주식회사 악취 제거용 공기정화시스템
KR100860399B1 (ko) * 2007-04-25 2008-09-26 황길성 물필터
KR100914458B1 (ko) * 2002-11-06 2009-08-27 주식회사 포스코 유속 및 유량제어가 가능한 멀티벤츄리형 집진장치
CN103272452A (zh) * 2013-05-20 2013-09-04 福建省星源农牧科技股份有限公司 有机肥原料粉碎物余料干湿法联合回收装置
CN103505976A (zh) * 2013-09-30 2014-01-15 杨洪永 往复式烟尘湿式过滤净化装置
CN104258663A (zh) * 2014-10-10 2015-01-07 河海大学 一种雾化水汽处理废气pm2.5的自动控制装置
JP2015003296A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 アマノ株式会社 集塵装置
CN104275058A (zh) * 2013-07-05 2015-01-14 桂守祥 一种废气过滤处理装置
CN104998489A (zh) * 2015-08-10 2015-10-28 路敏 除尘系统
CN105080273A (zh) * 2015-09-11 2015-11-25 上海船舶研究设计院 一种船舶舱室新风系统空气净化器
CN105214426A (zh) * 2015-10-20 2016-01-06 桐城市丽琼金属制品有限公司 一种排烟除尘装置
KR20160035754A (ko) * 2014-09-24 2016-04-01 박성종 미세먼지 제거장치
CN106474856A (zh) * 2016-11-02 2017-03-08 史伟 锅炉烟气处理设备
CN106823628A (zh) * 2017-01-13 2017-06-13 安徽未名鼎和环保有限公司 一种用于处理高温尾气的设备

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101841913B1 (ko) * 2016-11-18 2018-05-04 동명대학교 산학협력단 이류체 분사를 이용한 집진 장치

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6544320B2 (en) 2001-02-09 2003-04-08 Broad Ocean Company Limited Air-cleaning apparatus
KR100395479B1 (ko) * 2001-04-13 2003-08-25 최종진 침전식 세정집진기
KR100914458B1 (ko) * 2002-11-06 2009-08-27 주식회사 포스코 유속 및 유량제어가 가능한 멀티벤츄리형 집진장치
JP4908198B2 (ja) * 2003-03-13 2012-04-04 リカルディ,ニコラ 湿潤ガス洗浄の装置と方法
JP2006520265A (ja) * 2003-03-13 2006-09-07 リカルディ,ニコラ 湿潤ガス洗浄の装置と方法
JP2006122752A (ja) * 2004-10-26 2006-05-18 Shin Meiwa Ind Co Ltd 湿式集塵装置
GB2420726A (en) * 2004-12-02 2006-06-07 Mohammad Al-Amin Bamalli Water air filter
KR100697957B1 (ko) * 2006-10-02 2007-03-23 디와이 주식회사 악취 제거용 공기정화시스템
KR100860399B1 (ko) * 2007-04-25 2008-09-26 황길성 물필터
CN103272452A (zh) * 2013-05-20 2013-09-04 福建省星源农牧科技股份有限公司 有机肥原料粉碎物余料干湿法联合回收装置
CN103272452B (zh) * 2013-05-20 2015-09-09 福建省星源农牧科技股份有限公司 有机肥原料粉碎物余料干湿法联合回收装置
JP2015003296A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 アマノ株式会社 集塵装置
CN104275058A (zh) * 2013-07-05 2015-01-14 桂守祥 一种废气过滤处理装置
CN103505976B (zh) * 2013-09-30 2015-11-11 杨洪永 往复式烟尘湿式过滤净化装置
CN103505976A (zh) * 2013-09-30 2014-01-15 杨洪永 往复式烟尘湿式过滤净化装置
KR20160035754A (ko) * 2014-09-24 2016-04-01 박성종 미세먼지 제거장치
CN104258663B (zh) * 2014-10-10 2016-08-17 河海大学 一种雾化水汽处理废气pm2.5的自动控制装置
CN104258663A (zh) * 2014-10-10 2015-01-07 河海大学 一种雾化水汽处理废气pm2.5的自动控制装置
CN104998489A (zh) * 2015-08-10 2015-10-28 路敏 除尘系统
CN105080273A (zh) * 2015-09-11 2015-11-25 上海船舶研究设计院 一种船舶舱室新风系统空气净化器
CN105214426A (zh) * 2015-10-20 2016-01-06 桐城市丽琼金属制品有限公司 一种排烟除尘装置
CN106474856A (zh) * 2016-11-02 2017-03-08 史伟 锅炉烟气处理设备
CN106823628A (zh) * 2017-01-13 2017-06-13 安徽未名鼎和环保有限公司 一种用于处理高温尾气的设备

Also Published As

Publication number Publication date
JP3184088B2 (ja) 2001-07-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5298043A (en) Filter system for smoke or polluted air
US3856487A (en) Gas scrubber
JP4592255B2 (ja) 高圧スプレーコーティング装置の制御方法
RU2430791C1 (ru) Установка для лакирования изделий
US2788954A (en) Spray booth
JP3493030B2 (ja) 流体容器内で基板を処理する装置
KR100640727B1 (ko) 습식 음이온 발생장치가 구비된 공기청정기
US4331459A (en) Self-cleaning pulsed air cleaner
US9149755B2 (en) Wet type dust collector for air purifying
KR100605735B1 (ko) 음이온 발생장치가 구비된 습식 공기 청정기
KR100737393B1 (ko) 코크스 소화탑의 분진 포집장치
US2227465A (en) Means for eliminating divided material in industrial processes
EP2024095B1 (en) Wet electrostatic precipitator
US3811252A (en) Air cleaning device
JP2005535863A (ja) 自己洗浄型排気システム及び方法
KR101172708B1 (ko) 습식 가스스크러버
US5453107A (en) Air and gas cooling and filtration apparatus
KR101974410B1 (ko) 페인팅 설비 및 페인팅 설비를 동작하는 방법
US6361416B1 (en) Apparatus and methods for recovering abrasive from an abrasive-laden fluid for use with abrasive jet cutting systems
US4278454A (en) Filter apparatus with reverse flow cleaning
US2057579A (en) Apparatus for purifying and otherwise treating air
CN103657326A (zh) 一种直喷式空气净化器
KR20140087222A (ko) 미세먼지 포집용 스크러버 장치
US4345921A (en) Spray chamber including a wet separator
JP2008520333A (ja) 湿式空気清浄機

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees