JPH0856427A - 施肥同時播種マルチ装置 - Google Patents

施肥同時播種マルチ装置

Info

Publication number
JPH0856427A
JPH0856427A JP19563094A JP19563094A JPH0856427A JP H0856427 A JPH0856427 A JP H0856427A JP 19563094 A JP19563094 A JP 19563094A JP 19563094 A JP19563094 A JP 19563094A JP H0856427 A JPH0856427 A JP H0856427A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fertilizer
seeding
fertilizing
deep
chute
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP19563094A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3295540B2 (ja
Inventor
Koji Fukumitsu
康治 福光
Takafumi Nakagami
貴文 中上
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Taki Farm Implements & Tools
TAKI NOUKOUGU KK
Original Assignee
Taki Farm Implements & Tools
TAKI NOUKOUGU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taki Farm Implements & Tools, TAKI NOUKOUGU KK filed Critical Taki Farm Implements & Tools
Priority to JP19563094A priority Critical patent/JP3295540B2/ja
Publication of JPH0856427A publication Critical patent/JPH0856427A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3295540B2 publication Critical patent/JP3295540B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Sowing (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 マルチフィルムを敷設し、播種を行う直前
に、肥料の散布を行うことができる施肥同時播種マルチ
装置を構成することを目的とする。 【構成】 ロータリ耕耘装置Rにて耕して畝立てまたは
整地をした後、播種孔Faを有するマルチフィルムFを
敷設すると同時に、種子ホッパー3内の種子を繰出装置
6を介して前記播種孔Faから播く播種マルチ装置の構
成において、ロータリ耕耘装置Rの上方に深層施肥用と
表層施肥用の繰出装置4・5、その上部に深層施肥用と
表層施肥用のホッパー1・2を配設し、前記ロータリ耕
耘装置Rの前側に圃場の深層へ肥料を散布するシュート
11、後側に圃場の表層へ肥料を散布するシュート12
を配した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、マルチフィルムを敷設
しながら播種を行うと、同時に、肥料の散布を行うこと
ができる施肥同時播種マルチ装置の構成に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、トラクターまたは管理機等の牽引
車に装着し、ロータリ耕耘装置にて圃場を耕し、整畝板
にて畝を形成しながら播種孔を有するマルチフィルムを
敷設し、ホッパー内の種子を繰出装置にて繰り出し、前
記マルチフィルムの播種孔から畝に播種する播種マルチ
装置は公知となっている。例えば、実開平4−8030
8号公報に記載の技術の如くである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の播種マ
ルチ装置において、マルチフィルムを敷設した後では、
肥料散布することが不可能であったために、マルチフィ
ルム敷設前に肥料を散布しておく必要がある。また、マ
ルチフィルム敷設時に肥料を散布することができなかっ
たので、適切な位置に適量の肥料を散布することができ
ず、肥料の無駄が生じていた。そこで、本発明は、マル
チフィルムを敷設し、播種を行う前に、肥料の散布を行
うことができる施肥同時播種マルチ装置を構成すること
を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】以上のような課題を解決
するために、次のような手段を用いる。即ち、本発明
は、ロータリ耕耘装置にて耕して畝立てまたは整地をし
た後、播種孔を有するマルチフィルムを敷設すると同時
に、ホッパー内の種子を繰出装置を介して前記播種孔か
ら播く播種マルチ装置の構成において、ロータリ耕耘装
置の前側に、圃場の深層へ肥料を散布する散布装置を設
け、前記ロータリ耕耘装置の後側に、圃場の表層へ肥料
を散布する散布装置を設けたものである。
【0005】
【作用】このように構成したことによって、ロータリ耕
耘装置にて耕す前側に圃場の深層に肥料を散布し、畝立
てまたは整地を行う前側に表層に肥料を散布することが
でき、播種孔を有するマルチフィルムを敷設し、前記播
種孔から圃場に播種する前に圃場の適切な位置に適量の
肥料を散布することができる。
【0006】
【実施例】次に、添付の図面に示した本発明の実施例を
説明する。図1は、本発明の施肥播種同時マルチ装置の
斜視図、図2は、同じく側面図、図3は、耕耘爪と深層
施肥用溝切ディスクの配置関係を示す後面図、図4は、
肥料の施肥位置を示す畝の後面断面図、図5は、深層施
肥用と表層施肥用のシュートの他の取付構成を示す側面
図である。
【0007】図1・図2・図3において、本発明の施肥
同時播種マルチ装置の全体構成について説明すると、本
実施例における施肥同時播種マルチ装置は、トラクター
の後部に三点リンク式の作業機装着装置を介して装着さ
れて牽引されるタイプであり、他に管理機に装着して牽
引する構成とすることもできる。前記施肥同時播種マル
チ装置の前部には、中央に伝動ケース30が設けられて
いるセンタードライブ型のロータリ耕耘装置Rが配設さ
れており、前記伝動ケース30の上部側面には左右一対
のサポートビーム31・31が横方向に突設され、該サ
ポートビーム31・31にはブラケットを介して耕耘カ
バー33が支持されている。
【0008】前記伝動ケース30の上部には前側斜め上
方に上部装着板36が突設され、前記サポートビーム3
1・31の中途部には斜め下方にそれぞれ左右装着板3
7・37が突設されており、前記上部装着板36と左右
装着板37・37には作業機装着装置のトップリンク6
1とロアリンク62・62がそれぞれ連結されている。
また、前記伝動ケース30の下部には耕耘爪軸34が横
方向に軸架され、該耕耘爪軸34には複数本の耕耘爪3
5が植設されており、該耕耘爪35は、トラクターから
の動力を伝動ケース30に突設されている入力軸から伝
動ケース30内の伝達機構を介して耕耘爪軸34に伝達
することによって、正逆回転可能に構成されている。
【0009】前記耕耘カバー33の両端部にはサイドカ
バー38・38が付設されており、該サイドカバー38
・38の前端側にはディスク支持板20・20が突設さ
れている。該ディスク支持板20・20の先端部にはロ
アリンク62・62の下方位置となるようにディスク取
付バー21が横設され、該ディスク取付バー21には左
右位置にディスク取付杆22・22が立設され、該ディ
スク取付杆22・22には上下リンク23・23・・・
の一端がそれぞれ枢支され、該上下リンク23・23の
他端がロアリンク62・62の間でロータリ耕耘装置R
側に突出するように配設されており、その他端部にはデ
ィスク支持杆24・24がそれぞれ枢支されて垂設され
ている。
【0010】そして、前記ディスク支持杆24・24の
下端部には、二枚一組のディスクをトラクター側の前方
下部が閉じ、ロータリ耕耘装置R側の後方が開放した状
態とし、平面視V字状として構成した深層施肥用の作溝
ディスク25・25がそれぞれ支持されており、該作溝
ディスク25・25は、左右装着板37・37の間で耕
耘爪35の回転軌跡より前側の左右位置に配設されて、
上下位置及び左右位置調節自在とされ、圃場の所望の位
置で一定の深さの溝を形成することができるように構成
されている。また、図5に示す如く、前記ディスク支持
板24を支持アーム63を介してディスク取付バー21
に左右装着板37・37の間で耕耘爪35の回転軌跡よ
り前側の左右位置で上下位置及び左右位置調節自在に配
設し、深層施肥用の作溝ディスク25を支持する構成と
することもできる。
【0011】前記ディスク支持杆24には作溝ディスク
25の内側で開放側に位置するように深層施肥用シュー
ト11が付設されており、該深層施肥用シュート11は
ガイドパイプ13を介してロータリ耕耘装置Rの上方に
配設されている深層施肥用の繰出装置4に連通されてい
る。前記左右の作溝ディスク25・25の配置位置に一
致するロータリ耕耘装置Rの耕耘爪35は予め取り外さ
れており、前記深層施肥用シュート11から溝に落下し
た肥料を攪拌しないようにしている。前記深層施肥用の
繰出装置4は表層施肥用の繰出装置5と前後方向に一体
的に構成されており、前記深層施肥用と表層施肥用の繰
出装置4・5の上部には一体となった深層施肥ホッパー
1と表層施肥ホッパー2が配設されている。
【0012】前記伝動ケース30のサポートビーム31
・31の中途部には左右一対の前フレーム7・7が突設
されており、該前フレーム7・7の中途部には施肥取付
フレーム41・41が突設され、該施肥取付フレーム4
1・41の上端部には施肥取付バー54が横設され、該
施肥取付バー54の左右位置には深層施肥用と表層施肥
用が一体となった繰出装置4・5が施肥支持部材42・
42を介して取付固定されてロータリ耕耘装置Rの上方
に位置するように配設されている。
【0013】前記表層施肥用の繰出装置5はガイドパイ
プ14を介して表層施肥用シュート12に連通されてお
り、該表層施肥用シュート12は耕耘爪35の回転軌跡
より後側の左右位置に配設されている。前記表層施肥用
シュート12・12は前記サイドカバー38・38の後
端部に枢結されている均平板39の裏面側に取付固定さ
れている。そして、前記深層施肥用と表層施肥用の繰出
装置4・5はモーターMからの動力にて駆動され、前記
深層施肥ホッパー1と表層施肥ホッパー2内の肥料を繰
り出すことができるように構成されている。また、図5
に示す如く、前記表層施肥用シュート12・12を均平
板39の表面側の左右位置に取付固定する構成とするこ
ともできる。
【0014】前記前フレーム7・7の後部には連結部材
を介してツールバー10が機体の左右方向に横設されて
おり、前記ツールバー10の左右位置には支持アーム2
7・27が垂設され、該支持アーム27・27の下部に
はそれぞれ畝成形器15・15が支持されている。該畝
成形器15・15はロータリ耕耘装置Rの後方で機体左
右位置の前後方向に延設されており、前記ロータリ耕耘
装置Rにて耕した圃場に畝を形成することができる。
【0015】前記畝成形器15・15の上面前側には畝
上面を均す均平ローラー16が横設され、該均平ローラ
ー16はツールバー10に垂設されている支持アーム2
7・27の中途部に固設されている軸受け28・28に
軸支されて回転自在とされており、前記均平ローラー1
6は、伝動ケース30から第一チェーンケース55、第
二チェーンケース56を介して伝達された動力にて駆動
するように構成されている。また、前記均平ローラー1
6の後側の外周面にはスクレーパが設けられている。
【0016】前記ツールバー10の後側の左右位置には
中フレーム8・8が後方へ突設され、該中フレーム8・
8の中途部の間には左右位置に播種用の繰出装置6・6
が配設され、該播種用の繰出装置6・6の上部には種子
ホッパー3・3がそれぞれ配設されている。前記一側の
畝成形器15の外側には、外周に複数のラグを放射状に
突設した播種用の繰出装置6・6を駆動するための接地
輪40が配設されており、該接地輪40が回転すること
によって、その動力が下チェ−ンケース51、上チェー
ンケース52を介して播種用の繰出装置6に伝達され、
種子ホッパー3内の種子を繰り出すことができるように
構成されている。なお、前記上・下チェーンケース52
・51と第一・第二チェーンケース55・56は、機体
左右位置に別々に配設されている。
【0017】前記畝形成器15・15の上面中途部には
作溝取付バー44が横設され、該作溝固定バー44の左
右位置には、畝に所定深さの播種溝を形成し、播種した
後に土を寄せて覆土するための作溝覆土器45・45が
配設されており、該作溝覆土器45の上方にはシャッタ
ー46を有する播種用シュート47・47が配設され、
該播種用シュート47はガイドパイプ48を介して播種
用の繰出装置6に連通されている。前記中フレーム8・
8の下方で均平ローラー16と播種用シュート47の間
にはロール状のマルチフィルムFが横設されており、該
マルチフィルムFは後方に引き出され、フィルム張り部
材を介して皺寄りをなくして張設され、畝上に敷設可能
としている。
【0018】前記マルチフィルムFには一定の間隔ごと
に播種孔Faが開口され、該播種孔Faと播種用シュー
ト47が一致するとシャッター46が開口して、前記種
子ホッパー3内から繰り出された種子が播種孔Faから
播種溝内に落下して播種されるように構成されている。
前記播種用シュート47は取付バー53に支持されてお
り、該取付バー53は中フレーム8・8の後端部に垂設
されている支持杆57・57に横設されている。前記中
フレーム8・8の後端には鎮圧アーム50と後フレーム
9・9が枢結されており、前記鎮圧アーム50には鎮圧
ローラー17が支持され、前記後フレーム9・9にはそ
れぞれにフィルム押えローラー18・18と覆土ディス
ク19・19が配設されている。
【0019】そして、前記表層施肥用シュート12・1
2と播種用シュート47・47とは左右位置で前後方向
に互いに一致する位置に配設されており、それより内側
に前記深層施肥用シュート11・11が配設されてい
る。よって、図4に示す如く、前記深層施肥用シュート
11・11から落下した肥料Ha・Haの施肥位置は、
表層施肥シュート12・12から落下して施肥された肥
料Hb・Hbおよび播種用シュート47・47から落下
して播種された種子T・Tの施肥播種位置よりも深さx
だけ深く施肥され、所定寸法y分幅方向に離れて施肥で
きるようにしている。但し、その左右、上下位置は設定
変更可能である。
【0020】このように構成したことにより、マルチ播
種時に前記ロータリ耕耘装置Rにて耕す前に圃場の深層
に肥料を散布することができ、前記畝成形器15・15
等にて畝成形を行う前に表層に肥料を散布することがで
きるようになり、マルチフィルムの被覆及び播種作業を
行うと同時に肥料の散布作業を行うことができる。な
お、本実施例における施肥同時播種マルチ装置は、施
肥、播種の条数が二条となる構成であるが、特に限定す
るものではなく、三条、四条、六条等複数条となる構成
とすることも可能である。また、前記播種用シュート4
7から種子と同時に薬剤を散布する構成とすることもで
きる。
【0021】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成したので、
次のような効果を奏する。即ち、ロータリ耕耘装置の前
側に圃場の深層へ肥料を散布する散布装置を、後側に圃
場の表層へ肥料を散布する散布装置を設けたことによ
り、ロータリ耕耘装置にて耕す前に圃場の深層に、畝立
てまたは整地を行う前に表層に肥料を散布することがで
き、播種孔を有するマルチフィルムを敷設し、前記播種
孔から圃場に播種する直前に圃場の適切な位置に適量の
肥料を散布することができるようになり、肥料の散布、
マルチフィルムの被覆及び播種作業を同時に行うことが
でき、作業能率の向上をはかることができる。また、表
層の播種位置に合わせた最適位置に施肥できるので、従
来のような圃場全面散布よりも少ない肥料となり、肥料
の無駄を省くことができるとともに、従来より少ない肥
料でも従来と同様に作物を育成させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の施肥播種同時マルチ装置の斜視図であ
る。
【図2】同じく側面図である。
【図3】耕耘爪と深層施肥用溝切ディスクの配置関係を
示す後面図である。
【図4】肥料の施肥位置を示す畝の後面断面図である。
【図5】深層施肥用と表層施肥用のシュートの他の取付
構成を示す側面図である。
【符号の説明】
1 深層施肥ホッパー 2 表層施肥ホッパー 4 深層施肥用繰出装置 5 表層施肥用繰出装置 11 深層施肥用シュート 12 表層施肥用シュート 25 作溝ディスク R ロータリ耕耘装置

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ロータリ耕耘装置にて耕して畝立てまた
    は整地をした後、播種孔を有するマルチフィルムを敷設
    すると同時に、ホッパー内の種子を繰出装置を介して前
    記播種孔から播く播種マルチ装置の構成において、ロー
    タリ耕耘装置の前側に、圃場の深層へ肥料を散布する散
    布装置を設け、前記ロータリ耕耘装置の後側に、圃場の
    表層へ肥料を散布する散布装置を設けたことを特徴とす
    る施肥同時播種マルチ装置。
JP19563094A 1994-08-19 1994-08-19 施肥同時播種マルチ装置 Expired - Fee Related JP3295540B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19563094A JP3295540B2 (ja) 1994-08-19 1994-08-19 施肥同時播種マルチ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19563094A JP3295540B2 (ja) 1994-08-19 1994-08-19 施肥同時播種マルチ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0856427A true JPH0856427A (ja) 1996-03-05
JP3295540B2 JP3295540B2 (ja) 2002-06-24

Family

ID=16344367

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19563094A Expired - Fee Related JP3295540B2 (ja) 1994-08-19 1994-08-19 施肥同時播種マルチ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3295540B2 (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2155356A1 (es) * 1998-11-13 2001-05-01 Rodriguez Manuel Diaz "maquina de solarizacion y biofumigacion para la desinfeccion de suelos"
KR100434389B1 (ko) * 2002-05-07 2004-06-12 주식회사 한울 다용도 파종 장치
JP2009011162A (ja) * 2007-06-29 2009-01-22 Iseki & Co Ltd 畝立施肥装置
CN104488426A (zh) * 2014-12-12 2015-04-08 郑州智联自动化设备有限公司 一种施肥覆膜机
CN104541684A (zh) * 2014-12-30 2015-04-29 中国矿业大学 一种点穴式差株花生播种机
CN107241942A (zh) * 2017-07-28 2017-10-13 高连平 一种施肥播种喷药一体机
CN107371849A (zh) * 2017-07-28 2017-11-24 高连平 一种施肥播种一体机
KR20200048820A (ko) * 2018-10-30 2020-05-08 김완수 다목적 스마트 농기계
CN112997638A (zh) * 2021-04-21 2021-06-22 宁夏利农工贸有限公司 玉米精量播种施肥覆膜一体机
KR20220061778A (ko) * 2020-11-06 2022-05-13 김완수 비료를 정밀하게 살포할 수 있는 다목적 농작업기

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101746902B1 (ko) * 2014-09-22 2017-06-15 동양물산기업 주식회사 점파식 파종기를 포함하는 트랙터용 작업기 어셈블리
KR101773381B1 (ko) * 2015-06-26 2017-08-31 농업회사법인주식회사씨드온 일체형 농작물 경작기
KR101811850B1 (ko) * 2015-12-09 2017-12-22 주식회사 장 자동화 경운 및 두둑 성형, 파종, 비닐 타공, 피복 및 복토, 진압을 순차적으로 한 번에 수행하는 농업기계

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2155356A1 (es) * 1998-11-13 2001-05-01 Rodriguez Manuel Diaz "maquina de solarizacion y biofumigacion para la desinfeccion de suelos"
KR100434389B1 (ko) * 2002-05-07 2004-06-12 주식회사 한울 다용도 파종 장치
JP2009011162A (ja) * 2007-06-29 2009-01-22 Iseki & Co Ltd 畝立施肥装置
JP4670842B2 (ja) * 2007-06-29 2011-04-13 井関農機株式会社 畝立施肥装置
CN104488426A (zh) * 2014-12-12 2015-04-08 郑州智联自动化设备有限公司 一种施肥覆膜机
CN104488426B (zh) * 2014-12-12 2023-09-22 郑州智联自动化设备有限公司 一种施肥覆膜机
CN104541684A (zh) * 2014-12-30 2015-04-29 中国矿业大学 一种点穴式差株花生播种机
CN107241942A (zh) * 2017-07-28 2017-10-13 高连平 一种施肥播种喷药一体机
CN107371849A (zh) * 2017-07-28 2017-11-24 高连平 一种施肥播种一体机
KR20200048820A (ko) * 2018-10-30 2020-05-08 김완수 다목적 스마트 농기계
KR20220061778A (ko) * 2020-11-06 2022-05-13 김완수 비료를 정밀하게 살포할 수 있는 다목적 농작업기
CN112997638A (zh) * 2021-04-21 2021-06-22 宁夏利农工贸有限公司 玉米精量播种施肥覆膜一体机

Also Published As

Publication number Publication date
JP3295540B2 (ja) 2002-06-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4670842B2 (ja) 畝立施肥装置
JP4948043B2 (ja) 畝立て同時播種機
JP4005471B2 (ja) 複合作業機
CN111052904B (zh) 一种新型耕种施肥一体机
JPH0856427A (ja) 施肥同時播種マルチ装置
JP2004073021A (ja) 施肥・播種機
JP3848733B2 (ja) 施肥播種機
KR20090040581A (ko) 최소경운 직파기
KR101727638B1 (ko) 관리기 부착형 파종장치
JP4521075B2 (ja) 乾田直播装置
RU2103857C1 (ru) Гребневая сеялка
JPH07203715A (ja) マルチ同時播種機
JP2717437B2 (ja) 穴播き式施肥播種機
JPH11196618A (ja) 施肥同時播種マルチ装置
JP2002262601A (ja) 畝立成形装置
JPH064A (ja) 不耕起播種方法
RU2227966C2 (ru) Почвообрабатывающий посевной комплекс
JPH0613616Y2 (ja) 不耕起播種装置
JP2004065197A (ja) ロータリ耕耘装置
JPH051206Y2 (ja)
JP2504644Y2 (ja) 不耕起播種用覆土装置
JP2617776B2 (ja) トラクタ用耕耘作業機のエプロン
JPH08308319A (ja) 播種機
JPS6343851Y2 (ja)
JPH0588203U (ja) 播種機用部分耕耘装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090405

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100405

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110405

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130405

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140405

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees