JP2004073021A - 施肥・播種機 - Google Patents

施肥・播種機 Download PDF

Info

Publication number
JP2004073021A
JP2004073021A JP2002234493A JP2002234493A JP2004073021A JP 2004073021 A JP2004073021 A JP 2004073021A JP 2002234493 A JP2002234493 A JP 2002234493A JP 2002234493 A JP2002234493 A JP 2002234493A JP 2004073021 A JP2004073021 A JP 2004073021A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seeding
fertilizer
roller
pressure
furrowing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002234493A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004073021A5 (ja
Inventor
Toshiyuki Yasukura
安倉 敏行
Toshiyuki Kobuchi
小渕 敏之
Kazuo Kuramoto
倉元 一男
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kobashi Industries Co Ltd
Original Assignee
Kobashi Industries Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kobashi Industries Co Ltd filed Critical Kobashi Industries Co Ltd
Priority to JP2002234493A priority Critical patent/JP2004073021A/ja
Publication of JP2004073021A publication Critical patent/JP2004073021A/ja
Publication of JP2004073021A5 publication Critical patent/JP2004073021A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Soil Working Implements (AREA)
  • Sowing (AREA)

Abstract

【課題】施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を同時に行う鎮圧・作溝ローラを設ける。
【解決手段】耕耘された圃場に施肥・播種する施肥・播種装置を備えた施肥・播種機であって、施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を行う鎮圧・作溝ローラ46,47を設けた。鎮圧・作溝ローラ46,47は、動力48により強制駆動回転する。鎮圧・作溝ローラ46,47は、上下調節可能な構成である。鎮圧・作溝ローラ46,47は、機体の幅方向に延びる円筒状の鎮圧ローラ46と、この鎮圧ローラ46の長さ方向中央位置に、そろばん玉状の作溝ローラ47を鎮圧ローラ46と一体的に設けた。そして、播種精度を高めて発芽率を向上させ、また、播種条間を変更しても作溝ローラ47の位置を変更する必要がない。
【選択図】    図2

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を同時に行う鎮圧・作溝ローラを設けた施肥・播種機に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、耕耘された圃場に施肥・播種する施肥・播種装置を備えた施肥・播種機が周知である。また、ロータリ耕耘装置の後部に施肥・播種機を装着して、ロータリ耕耘装置による耕耘作業と、ロータリ耕耘装置により耕耘された直後の圃場に施肥・播種機による施肥・播種作業とを、同時に行うようにした複合作業機も周知である。また、施肥・播種作業と同時に作溝輪により排水溝を形成する複合作業機も周知である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
上記従来の施肥・播種機においては、施肥・播種部の後方に鎮圧ローラを設けて施肥・播種後の圃場面を鎮圧するようにしているため、播種深さが安定せずに発芽不良が発生する恐れがあった。また、作溝輪により排水溝を形成する複合作業機においては、作溝輪が複数個ついているため、播種条間を変更するごとに作溝輪の位置を変更しなければならず、その変更調整作業が面倒であった。
【0004】
本発明は上記の課題を解決することを目的になされたもので、施肥・播種装置の前方に、圃場の鎮圧作業と作溝作業を同時に行う鎮圧・作溝ローラを設けることにより、播種精度を高めて発芽率を向上させ、また、播種条間を変更しても作溝ローラの位置を変更する必要がない,施肥・播種機を提供しようとするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上記の目的を達成するために本発明は、以下の構成(請求項1〜4)を備えることを特徴としている。
A.耕耘された圃場に施肥・播種する施肥・播種装置を備えた施肥・播種機において、
上記施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を行う鎮圧・作溝ローラを設けた。
B.上記鎮圧・作溝ローラは、動力により強制駆動回転する。
【0006】
C.上記鎮圧・作溝ローラは、上下調節可能な構成である。
D.上記鎮圧・作溝ローラは、機体の幅方向に延びる円筒状の鎮圧ローラと、この鎮圧ローラの長さ方向中央位置に、そろばん玉状の作溝ローラを鎮圧ローラと一体的に設けた。
【0007】
【作用】
上記の構成により本発明の施肥・播種機は、以下の作用をする。
a.施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を行う鎮圧・作溝ローラを設けることで、鎮圧作業と作溝作業を行った後に施肥・播種作業を行うことにより、播種深さが安定し、播種精度がよくなって発芽率が向上する。
b.鎮圧・作溝ローラは、動力により強制駆動回転することで、播種しようとする耕耘土壌に対しスリップすることなく精度よく鎮圧し、また、精度よく作溝することにより播種圃場の表面排水が良好となり、発芽率が向上し、生育環境を良好にする。
【0008】
c.鎮圧・作溝ローラは、上下調節可能なので、播種しようとする耕耘土壌を適切な圧力で鎮圧し、また、適切な深さの作溝が行われる。
d.鎮圧・作溝ローラは、機体の幅方向に延びる円筒状の鎮圧ローラと、この鎮圧ローラの長さ方向中央位置に、そろばん玉状の作溝ローラを鎮圧ローラと一体的に設けることで、播種しようとする耕耘土壌に対する鎮圧作業と、作業幅中央位置への作溝作業を同時に行う。
【0009】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の一実施の形態を添付の図面を参照して具体的に説明する。
図1及び図2において、符号1は本発明による第1実施例のロータリ耕耘装置で、このロータリ耕耘装置1は、左右方向に延びる本体フレーム2の長さ方向中央部にギヤボックス3を設け、該ギヤボックス3から両側に延びて伝動フレーム2aと支持フレーム2bを形成している。伝動フレーム2aの側端部にはチェン伝動ケース4が、支持フレーム2bの側端部にはサポートフレーム5が、それぞれ上端部を固着して垂下され、これらチェン伝動ケース4の下端部とサポートフレーム5の下端部との間に、アップカット形式の耕耘ロータURを軸支している。耕耘ロータURの上方は本体フレーム2に支持されたシールドカバー6により覆われ、このシールドカバー6の後端部にエプロン7の前端部が上下回動自在に枢支されている。さらに、前記エプロン7の後端部に均平板8の前端部が上下回動自在に枢支され、該均平板8の左右両端部には延長均平板8aが左右起倒可能に設けられている。前記エプロン7の上面と本体フレーム2の間にはコンプレッションロッド9,9が介装されている。
【0010】
前記本体フレーム2から前方斜め下方に側面視正方形の支持パイプ10が本体フレーム2と平行に支持され、この支持パイプ10に、左右対をなす支持ホルダ11,11が設けられている。この支持ホルダ11には支持アーム12が上下調節可能に嵌挿され、該支持アーム12の下端部に軸支部13が取付けられ、この軸支部13にロータリ耕耘装置1の長さと等しい長さの回転軸14が軸支されている。この回転軸14には、耕耘ロータURの前方に位置して6個のコールタ15が等間隔に配設され、それぞれのコールタ15は、取付け部15aにより回転軸14に対して軸方向に移動して固定可能であり、コールタ15の相互の間隔が調節可能である。この実施例のコールタ15は、ロータリ耕耘装置1が移動する際に土壌と接する接地抵抗により自転するようになっているが、これを動力により強制駆動回転するようにしてもよい。前記複数のコールタ15のうち両端のもの15Sは、耕耘ロータがアップカットURの場合は図2のように伝動ケース4及びサポートフレーム5の前方に配設されるが、後述する図3ないし図5に示されるダウンカットDRの場合は伝動ケース4及びサポートフレーム5の内側に配設される。
【0011】
符号16は、ロータリ耕耘装置1が装着される図示しないトラクタから、PTO軸、ユニバーサルジョイント、伝動軸を介して、ギヤボックス3から前方に突出した入力軸(図5参照)に対し、ロータリ耕耘装置1をトラクタに装着する動作によって自動的に接続して動力伝達する伝動装置である。この伝動装置16による動力伝達の解除操作、及び自動接続待機操作は、伝動操作レバー17により行われる。前記本体フレーム2から前方に左右一対のロアーリンク連結部2c,2cが突出しており、このロアーリンク連結部2c,2cにオートヒッチカプラ18を介して自動連結される。前記オートヒッチカプラ18には上部にトップリンク連結部19及びトップマスト係合フック20、下部両側にロアリンク連結ピン22が設けられ、トラクタの3点リンクヒッチにオートヒッチカプラ18を装着して、トップマスト係合フック20をロータリ耕耘装置1のトップマスト21に係合させて油圧によりロータリ耕耘装置1を持ち上げたとき、オートヒッチカプラ18の下部両側がロアリンク連結ピン22に自動連結され、ロータリ耕耘装置1はトラクタの後部に昇降可能に装着される。
【0012】
前記シールドカバー6及びエプロン7の左右両側部は側部カバー23により覆われ、この側部カバー23の前部下側で伝動ケース4及びサポートフレーム5の下部前側に、ロータリ耕耘装置1の作業時に機体の進行とともに圃場表面にある稲麦の稈を、伝動ケース4またはサポートフレーム5の下側に案内するガイドプレート24を配設している。本体フレーム2から後方に向け左右一対の作業機連結フレーム25が先端枢支部aを中心に上下回動可能に支持され、この作業機連結フレーム25,25間を連結杆26により連結し、該連結杆26の長さ方向中間部と本体フレーム2との間に上下調節装置27を介装している。作業機連結フレーム25,25は、後端側から他の作業機である施肥・播種機30の連結杆31,31を嵌挿して、着脱可能の複合作業機を構成する。
【0013】
施肥・播種機30は、機体から前方に左右一対の連結杆31が突出しており、この連結杆31,31をロータリ耕耘装置1の作業機連結フレーム25,25に嵌挿して装着する。そして、上下調節装置27を回動することによって、施肥・播種機30はロータリ耕耘装置1に対して上下移動調節が可能である。施肥・播種機30の本体フレーム34の前端部に、上下調節機構32と前後角度調節機構33とが設けられ、施肥・播種機30の上下高さと前後角度が調節可能である。本体フレーム34には、側面視正方形の支持フレーム34aが左右方向に延びるようにして支持され、この支持フレーム34aに複数組(この実施例では2組)の施肥・播種ユニットが左右移動調節可能に取り付けられている。各施肥・播種ユニットは、肥料ホッパ35と種子ホッパ36が前後一体に設けられ、両ホッパ35,36の底部に軸支された肥料繰り出しロール35a及び種子繰り出しロール36aにより肥料及び種子が繰り出される。
【0014】
上記両ホッパ35,36の後方に、支持フレーム34aに対して上端部を枢支し、コンプレションロッド38aにより支持して後方下部に向け斜設されたチェン伝動ケース38の後端部に接地駆動輪37を軸支し、この接地駆動輪37が圃場に接して機体の移動とともに回転駆動することにより得られた回転動力を、チェン伝動ケース38を介して肥料繰り出しロール35aの回転中心を伝動状態で貫通して支持フレーム34aと平行に延びている回転軸38bに伝達する。この回転軸38bに対し、肥料繰り出しロール35aは伝動状態で左右に摺動可能であり、肥料繰り出しロール35aから種子繰り出しロール36aに対し図示しないギヤ伝動機構を介して回転動力が伝達される。肥料繰り出しロール35aから繰り出された肥料は肥料シュート35bにより案内されて施肥され、種子繰り出しロール36aから繰り出された種子は種子シュート36bにより案内されて播種される。肥料シュート35bと種子シュート36bとは左右にずれており、施肥位置と播種位置は左右にずれている。
【0015】
肥料繰り出しロール35a及び種子繰り出しロール36aの下方には、前端部を上下一対の平行リンク40及び均衡ばね41により支持された揺動フレーム39が上下揺動可能に設けられている。この揺動フレーム39と肥料繰り出しロール35a及び種子繰り出しロール36aの下方との間は、蛇腹状の防水カバーにより覆われている。揺動フレーム39には前から順に、2枚のディスクからなる開溝ディスク42と、覆土輪43と、鎮圧ローラ44とを設けている。前記連結杆31,31の後端部には門型をした支持枠45が固設され、この支持枠45の下端部間に鎮圧・作溝ローラ46,47を軸支している。該鎮圧・作溝ローラ46,47は、鎮圧ローラ46の長さ方向中央位置にそろばん玉状の作溝ローラ47を設けたものである。この鎮圧・作溝ローラ46,47は、支持枠45の一側に設けられ、油圧ホース48aにより圧油を受けて回転する油圧モータ48により強制回転駆動される。あるいは油圧モータ48を設けることなく、機体が移動する際に鎮圧・作溝ローラ46,47が土壌に接する接地抵抗により自転させるようにしてもよい。連結杆31,31及び支持枠45(鎮圧・作溝ローラ46,47)はヒッチ金具31aを介して本体フレーム34に対し着脱可能である。
【0016】
図3ないし図5に示す本発明による第2実施例のロータリ耕耘装置1は、図1及び図2の第1実施例のロータリ耕耘装置1に比べ、耕耘ロータをアップカット形式URからダウンカット形式の耕耘ロータDRにし、コールタ15の耕耘ロータに対する配置構造を変えたほかは、第1実施例のロータリ耕耘装置1と同じ構成である。即ち、第2実施例のロータリ耕耘装置1におけるコールタ15は、回転軸14に、耕耘ロータDRの前方に位置して4個のコールタ15を等間隔に配設し、それぞれのコールタ15は、取付け部15aにより回転軸14に対して軸方向に移動して固定可能で、各コールタ15の相互の間隔が調節可能である。前記4個のコールタ15のうち両端のもの15Sは、図4に示すように、耕耘ロータDRの伝動ケース4及びサポートフレーム5の内側に配設されている。第2実施例の施肥・播種機30は、第1実施例の施肥・播種機30と同様のものである
【0017】
上記第1実施例及び第2実施例のロータリ耕耘装置1は、単独で通常の耕耘作業に用いることができるが、図1ないし図5に示すように、ロータリ耕耘装置1の後部に本発明に係る施肥・播種機30を、連結杆31を介して装着して複合作業機として用いられる。
【0018】
次に、このような構成を備えたロータリ耕耘装置1及び施肥・播種機30の動作について説明する。
ロータリ耕耘装置1及び施肥・播種機30は、ロータリ耕耘装置1の前部をトラクタの後部に昇降可能に連結し、ロータリ耕耘装置1においては、トラクタからギヤボックス3に動力を受け、耕耘ロータURまたはDRを所定の方向に回転させて耕耘作業を行う。また、施肥・播種機30においては、ロータリ耕耘装置1とともに移動しながら、ロータリ耕耘装置1により耕耘整地された圃場面に施肥・播種作業を行う。
【0019】
ロータリ耕耘装置1においては、耕耘しようとする圃場の表面に稲麦の長稈が多量にあっても、これを複数個のコールタ15により短く切断し、あるいは土中に押し込んで埋没させ、耕耘ロータURまたはDRにより適切な耕耘作業が行われる。また、複数のコールタ15のうち両端のもの15Sは、耕耘ロータがアップカットURの場合は伝動ケース4及びサポートフレーム5の前方に、ダウンカットDRの場合は伝動ケース4及びサポートフレーム5の内側にそれぞれ配設されているので、ロータリ耕耘装置1により耕耘しようとする圃場の表面に稲麦の長稈が多量にあっても、アップカットUR、ダウンカットDRのそれぞれの形式に応じて、伝動ケース4及びサポートフレーム5の前側において稲麦の長稈がコールタ15により切断処理され、安定した耕耘作業が行われる。さらに、伝動ケース5の下部前側及びサポートフレーム5の下部前側にガイドプレート24が配設されているので、コールタ15により切断されたワラ稈をガイドプレート24によって伝動ケース4及びサポートフレーム5の下側に案内し、伝動ケース4及びサポートフレーム5の下部に長いワラ稈が詰まるのが防止される。
【0020】
また、ロータリ耕耘装置1で耕耘しようとする圃場の表面に稲麦の長稈が多量にあっても、これをコールタ15により短く切断してから耕耘ロータURまたはDRにより耕耘するので、耕耘ロータURまたはDRの回転軸や耕耘爪の取り付け基部にワラ稈が巻き付くのを防止する。耕耘ロータURまたはDRにより耕耘された土壌は、シールドカバー6、エプロン7、均平板8などによって砕土・均平されるが、長いワラ稈はコールタ15により切断されているので、ワラ稈の土壌への混入が良好に行われ、土壌表面に多くのワラ稈が露出することがなく、施肥・播種機30による施肥・播種作業を精度よく行うことができる。
【0021】
施肥・播種機30においては、機体前部に設けられ、油圧モータ48により強制回転駆動する鎮圧・作溝ローラ46,47によって、施肥・播種作業に先立って、ロータリ耕耘装置1により耕耘・整地・均平された圃場面を鎮圧ローラ46により鎮圧して均平にし、2つの施肥・播種ユニットの中間位置に作溝ローラ47により排水溝49を形成する(図6参照)。この排水溝49は、排水を行うほか、施肥・播種後の発芽・生育作物に対する中耕、除草、培土などの管理作業を行う際の目印ともなる。そして、鎮圧ローラ46により鎮圧された圃場面に開溝ディスク42により播種溝が開溝され、この播種溝に種子シュート36bから播種される。また、播種位置の側方に肥料シュート35bにより施肥される。播種された種子S及び施肥された肥料は覆土輪43により覆土され、その後鎮圧ローラ44により鎮圧される(図6参照)。このような、開溝ディスク42による開溝作業、覆土輪43による覆土作業、鎮圧ローラ44による鎮圧作業の際に圃場面に凹凸があると、平行リンク40及び均衡ばね41を介して揺動フレーム39が上下に揺動し、圃場の凹凸に追従して安定した作業を行う。
【0022】
【発明の効果】
以上説明したように本発明による施肥・播種機は、請求項1〜4に記載の構成を備えることにより、以下の作用効果を奏する。
▲1▼.施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を行う鎮圧・作溝ローラを設けたので、鎮圧作業と作溝作業を行った後に施肥・播種作業を行うことにより、播種深さが安定し、播種精度がよくなって発芽率を向上させることができる。
▲2▼.鎮圧・作溝ローラは、動力により強制駆動回転するので、播種しようとする耕耘土壌に対しスリップすることなく精度よく鎮圧し、また、精度よく作溝することにより播種圃場の表面排水が良好となり、発芽率が向上し、生育環境を良好に保持することができる。
【0023】
▲3▼.鎮圧・作溝ローラは、上下調節可能なので、上下高さを適切に調節することにより、播種しようとする耕耘土壌を適切な圧力で鎮圧し、また、適切な深さの作溝を行うことができる。
▲4▼.鎮圧・作溝ローラは、機体の幅方向に延びる円筒状の鎮圧ローラと、この鎮圧ローラの長さ方向中央位置に、そろばん玉状の作溝ローラを鎮圧ローラと一体的に設けたので、播種しようとする耕耘土壌に対する鎮圧作業と、作業幅中央位置への作溝作業を同時に、かつ適切に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による第1実施例の複合作業機の側面図である。
【図2】同平面図である。
【図3】本発明による第2実施例の複合作業機の側面図である。
【図4】同平面図である。
【図5】本発明による第2実施例の複合作業機の詳細を示す側面図である。
【図6】本発明の複合作業機による作業跡を示す断面図である。
【符号の説明】
1 ロータリ耕耘装置
2 本体フレーム  2a 伝動フレーム  2b 支持フレーム  2c ロアリンク連結部
3 ギヤボックス
4 チェン伝動ケース
5 サポートフレーム
UR アップカット耕耘ロータ  DR ダウンカット耕耘ロータ
6 シールドカバー
7 エプロン
8 均平板
9 ,38a コンプレッションロッド
10 支持パイプ
11 支持ホルダ
12 支持アーム
13 軸支部
14 回転軸
15 コールタ  15a 取付け部 15S 両端のコールタ
16 伝動装置
17 伝動操作レバー
18 オートヒッチカプラ
19 トップリンク連結部
20 トップマスト係合フック
21 トップマスト
22 ロアリンク連結ピン
23 側部カバー
24 ガイドプレート
25 作業機連結フレーム
26 連結杆
27 上下調節装置
30 施肥・播種機
31 連結杆
32 上下調節機構
33 前後角度調節機構
34 本体フレーム  34a 支持フレーム
35 肥料ホッパ  35a 肥料繰り出しロール  35b 肥料シュート
36 種子ホッパ  36a 種子繰り出しロール  36b 種子シュート
37 接地駆動輪
38 チェン伝動ケース  38b 回転軸
39 揺動フレーム
40 平行リンク
41 均衡ばね
42 開溝ディスク
43 覆土輪
44 鎮圧ローラ
45 支持枠
46 鎮圧ローラ
47 作溝ローラ
48 油圧モータ 48a 油圧ホース
49 排水溝
S 播種され、鎮圧された種子

Claims (4)

  1. 耕耘された圃場に施肥・播種する施肥・播種装置を備えた施肥・播種機において、
    上記施肥・播種装置の前方に、機体の幅方向に延び、圃場の鎮圧と作溝を行う鎮圧・作溝ローラを設けたことを特徴とする施肥・播種機。
  2. 上記鎮圧・作溝ローラは、動力により強制駆動回転することを特徴とする請求項1記載の施肥・播種機。
  3. 上記鎮圧・作溝ローラは、上下調節可能な構成であることを特徴とする請求項1又は2記載の施肥・播種機。
  4. 上記鎮圧・作溝ローラは、機体の幅方向に延びる円筒状の鎮圧ローラと、この鎮圧ローラの長さ方向中央位置に、そろばん玉状の作溝ローラを鎮圧ローラと一体的に設けたことを特徴とする請求項1、2又は3記載の施肥・播種機。
JP2002234493A 2002-08-12 2002-08-12 施肥・播種機 Pending JP2004073021A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002234493A JP2004073021A (ja) 2002-08-12 2002-08-12 施肥・播種機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002234493A JP2004073021A (ja) 2002-08-12 2002-08-12 施肥・播種機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004073021A true JP2004073021A (ja) 2004-03-11
JP2004073021A5 JP2004073021A5 (ja) 2005-10-27

Family

ID=32019290

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002234493A Pending JP2004073021A (ja) 2002-08-12 2002-08-12 施肥・播種機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004073021A (ja)

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007319094A (ja) * 2006-06-01 2007-12-13 Agritecno Yazaki Co Ltd 畝立て同時播種機
KR100853506B1 (ko) 2007-01-19 2008-08-21 전애자 직파기
CN102428782A (zh) * 2011-10-24 2012-05-02 上海市上海农场 开沟施肥双旋耕宽幅播种机
CN108464072A (zh) * 2018-05-15 2018-08-31 王策 农田犁耙趟施肥一体式联合作业机
CN108496480A (zh) * 2018-05-24 2018-09-07 农业部南京农业机械化研究所 摆动偏置式大转角开沟施肥机
CN109168464A (zh) * 2018-11-20 2019-01-11 淮海工学院 一种基于北斗导航的智能化小麦精量播种施肥作业机
CN109315098A (zh) * 2018-12-07 2019-02-12 连云港市兴安机械制造有限公司 一种湿烂田块智能化旋耕施肥播种机
CN109362258A (zh) * 2018-12-12 2019-02-22 农业部南京农业机械化研究所 一种高湿田地智能化旋耕播种开沟作业机
CN109463059A (zh) * 2018-12-07 2019-03-15 农业部南京农业机械化研究所 一种旋耕、开沟、正位施肥、播种联合作业机
CN109511297A (zh) * 2018-11-19 2019-03-26 南京沃杨机械科技有限公司 一种旋耕播种施肥覆土复合作业机
CN110100511A (zh) * 2019-05-23 2019-08-09 农业农村部南京农业机械化研究所 甘薯垄芯弧形精准施肥施药复式作业机
CN110393049A (zh) * 2019-08-21 2019-11-01 南京农业大学 一种可旋耕碎杆镇压反旋开沟施肥的播种机及其工作方法
CN110393048A (zh) * 2019-07-24 2019-11-01 南京农业大学 油菜旋耕开沟施肥洁区带状播种复式作业机
KR20200018066A (ko) * 2018-08-10 2020-02-19 대호 (주) 파종기
CN111386771A (zh) * 2020-04-02 2020-07-10 安徽科技学院 一种用于小麦旋耕施肥的有机肥施肥装置
CN111788889A (zh) * 2020-07-02 2020-10-20 蒙城县振兴永发农机有限公司 一种免耕播种机
CN111919531A (zh) * 2020-09-01 2020-11-13 南京农业大学 一种可实现稻茬地洁区作业的智能化复式播种机
CN114503815A (zh) * 2022-03-15 2022-05-17 无棣优胜种植专业合作社 一种二次镇压全幅精播机及播种方法
CN114698439A (zh) * 2022-03-30 2022-07-05 长沙桑铼特农业机械设备有限公司 一种复合播种机
CN114747336A (zh) * 2022-04-28 2022-07-15 哈工大机器人(合肥)国际创新研究院 条播机的播种装置

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007319094A (ja) * 2006-06-01 2007-12-13 Agritecno Yazaki Co Ltd 畝立て同時播種機
KR100853506B1 (ko) 2007-01-19 2008-08-21 전애자 직파기
CN102428782A (zh) * 2011-10-24 2012-05-02 上海市上海农场 开沟施肥双旋耕宽幅播种机
CN108464072A (zh) * 2018-05-15 2018-08-31 王策 农田犁耙趟施肥一体式联合作业机
CN108496480A (zh) * 2018-05-24 2018-09-07 农业部南京农业机械化研究所 摆动偏置式大转角开沟施肥机
KR102118196B1 (ko) 2018-08-10 2020-06-02 대호 (주) 수평 및 위치조정이 용이한 파종기
KR20200018066A (ko) * 2018-08-10 2020-02-19 대호 (주) 파종기
CN109511297A (zh) * 2018-11-19 2019-03-26 南京沃杨机械科技有限公司 一种旋耕播种施肥覆土复合作业机
CN109168464A (zh) * 2018-11-20 2019-01-11 淮海工学院 一种基于北斗导航的智能化小麦精量播种施肥作业机
CN109463059A (zh) * 2018-12-07 2019-03-15 农业部南京农业机械化研究所 一种旋耕、开沟、正位施肥、播种联合作业机
CN109315098A (zh) * 2018-12-07 2019-02-12 连云港市兴安机械制造有限公司 一种湿烂田块智能化旋耕施肥播种机
CN109362258A (zh) * 2018-12-12 2019-02-22 农业部南京农业机械化研究所 一种高湿田地智能化旋耕播种开沟作业机
CN110100511A (zh) * 2019-05-23 2019-08-09 农业农村部南京农业机械化研究所 甘薯垄芯弧形精准施肥施药复式作业机
CN110100511B (zh) * 2019-05-23 2024-02-23 农业农村部南京农业机械化研究所 甘薯垄芯弧形精准施肥施药复式作业机
CN110393048A (zh) * 2019-07-24 2019-11-01 南京农业大学 油菜旋耕开沟施肥洁区带状播种复式作业机
CN110393049A (zh) * 2019-08-21 2019-11-01 南京农业大学 一种可旋耕碎杆镇压反旋开沟施肥的播种机及其工作方法
CN111386771A (zh) * 2020-04-02 2020-07-10 安徽科技学院 一种用于小麦旋耕施肥的有机肥施肥装置
CN111788889A (zh) * 2020-07-02 2020-10-20 蒙城县振兴永发农机有限公司 一种免耕播种机
CN111919531A (zh) * 2020-09-01 2020-11-13 南京农业大学 一种可实现稻茬地洁区作业的智能化复式播种机
CN114503815A (zh) * 2022-03-15 2022-05-17 无棣优胜种植专业合作社 一种二次镇压全幅精播机及播种方法
CN114503815B (zh) * 2022-03-15 2023-07-14 无棣优胜种植专业合作社 一种二次镇压全幅精播机及播种方法
CN114698439A (zh) * 2022-03-30 2022-07-05 长沙桑铼特农业机械设备有限公司 一种复合播种机
CN114698439B (zh) * 2022-03-30 2023-08-22 长沙桑铼特农业机械设备有限公司 一种复合播种机
CN114747336A (zh) * 2022-04-28 2022-07-15 哈工大机器人(合肥)国际创新研究院 条播机的播种装置
CN114747336B (zh) * 2022-04-28 2023-11-28 哈工大机器人(合肥)国际创新研究院 条播机的播种装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4005471B2 (ja) 複合作業機
JP2004073021A (ja) 施肥・播種機
JP4576600B2 (ja) 播種装置
US4241674A (en) Sub-soil planter
JP2000139107A (ja) 播種機
KR100913067B1 (ko) 최소경운 직파기
CN210808145U (zh) 条带灭茬深松施肥免耕播种机
JP2013039086A5 (ja)
JP2013039086A (ja) ゴボウ播種成型機
JPH0856427A (ja) 施肥同時播種マルチ装置
CN105379459A (zh) 一种与四轮配套的深松整平播种一体装置
KR20160118446A (ko) 관리기 부착형 파종장치
CN205179656U (zh) 一种与四轮配套的深松整平播种一体机
CN106385819B (zh) 玉米播种机
JP2004065197A (ja) ロータリ耕耘装置
KR102299200B1 (ko) 농기계용 파종기 연결장치
JP6193821B2 (ja) 作業機
JP2006325506A (ja) 部分耕耘直播装置
CN107079637A (zh) 免耕覆盖施肥播种机
JP2717437B2 (ja) 穴播き式施肥播種機
JP7473999B1 (ja) 耕うん同時畝立て播種機及び耕うん同時畝立て播種方法
CN209572362U (zh) 绿肥蚕豆播种机
CN221043738U (zh) 一种电控精量条播机
CN217308204U (zh) 一种播前镇压的播种机构及播种机
CN113950882B (zh) 一种多功能耕田播种机

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Effective date: 20050802

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050802

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070306

A02 Decision of refusal

Effective date: 20070629

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02