JPH08164648A - 出力装置及びこれを含む情報処理システム - Google Patents

出力装置及びこれを含む情報処理システム

Info

Publication number
JPH08164648A
JPH08164648A JP6332693A JP33269394A JPH08164648A JP H08164648 A JPH08164648 A JP H08164648A JP 6332693 A JP6332693 A JP 6332693A JP 33269394 A JP33269394 A JP 33269394A JP H08164648 A JPH08164648 A JP H08164648A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
output
processing
registration
information processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6332693A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshihiko Hosotsubo
利彦 細坪
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP6332693A priority Critical patent/JPH08164648A/ja
Publication of JPH08164648A publication Critical patent/JPH08164648A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 オーバレイ機能使用時のWYSIWYGを実
現し、オーバレイ機能をより簡便な操作で利用できる出
力装置及びこれを含む情報処理システムを提供する。 【構成】 ホストコンピュータ3000は、出力データ
を表示し(601)、オーバレイ機能使用指示があると
きは、プリンタ1500にオーバレイページデータの送
信を要求する(603)。プリンタ1500から該当す
るオーバレイページデータを受信すると、出力データに
オーバレイページデータを重ねて表示し(605)、出
力データを受信したオーバレイページデータと重ね合わ
せて出力すべき旨の要求とともに出力データをプリンタ
1500に送信する(607)。プリンタ1500にホ
ストコンピュータ3000から要求されたオーバレイペ
ージデータがないときには、登録されているすべてのオ
ーバレイページデータに関するコメントのリストが送信
される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、コンピュータ等の情報
処理装置の情報を出力する出力装置及びこれを含む情報
処理システムに関し、特に情報処理装置と出力装置とが
双方向インターフェースを介して接続されているシステ
ムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、登録された定型のフォーム情報
(以下「オーバレイページ」という)をホストコンピュ
ータから送った印字情報に重ね合わせて印字を行う機能
(以下「ページオーバレイ機能」という)を有した出力
装置(印刷装置)において、利用者が、出力装置のペー
ジオーバレイ機能を用いる場合、自分が望むオーバレイ
ページを登録した番号を出力装置側の操作パネルもしく
はホストコンピュータ側からコマンドで指定し、そのオ
ーバレイページを重ねた印字結果を予想して印字データ
を送っていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが従来の方法で
は、利用者は、自分が指定したオーバレイページを重ね
た印字結果を予想しながら印字データを送っていたため
に、印字結果が必ずしも自分が望むものにならない場合
もあるという問題が発生していた。
【0004】更に、利用者自身が望むオーバレイページ
を登録した番号を印字時に指定する場合、そのオーバレ
イページの登録番号と登録内容のリストを印字させ、そ
の結果を見て指定する必要があったため、オーバレイペ
ージを指定するのに手間がかかり、利用者が多数のオー
バレイページを用途にあわせてその都度使いわけている
場合には、より一層煩雑な操作を行わなければならなか
った。
【0005】また、前記登録番号及び登録内容を利用者
が忘れてしまうと、最悪の場合、前述のオーバレイペー
ジの登録内容リストを見ながら、すべてのオーバレイペ
ージをひとつずつ指定して印字し、目的のオーバレイペ
ージを捜してゆく必要があった。
【0006】本発明は、上記の問題点を解決するために
なされたもので、オーバレイ機能使用時のWYSIWY
G(What You See Is What Yo
uGet.画面上の表示そのままの印字結果を得るこ
と)を実現し、オーバレイ機能をより簡単な操作で利用
できる出力装置及びこれを含む情報処理システムを提供
することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
本発明は、情報処理装置から入力される出力情報を出力
する出力装置において、定型のフォーム情報を対応する
識別情報とともに登録するフォーム情報登録手段と、該
フォーム情報登録手段に登録されたフォーム情報を、前
記出力情報に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手段
と、前記情報処理装置から、前記フォーム情報登録手段
に登録されているフォーム情報の送信要求を受信するフ
ォーム情報送信要求受信手段と、前記送信要求に対応す
るフォーム情報を前記情報処理装置に送信するフォーム
情報送信手段とを有するようにしたものである。
【0008】また、前記フォーム情報登録手段は、フォ
ーム情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコ
メントを記憶するコメント記憶手段を有し、前記フォー
ム情報送信手段は、前記フォーム情報の送信要求に対応
するフォーム情報が前記フォーム情報登録手段に登録さ
れていないときは、前記コメントの一覧を前記情報処理
装置に送信することが望ましい。
【0009】また、前記フォーム情報登録手段は、フォ
ーム情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコ
メントを記憶するコメント記憶手段を有し、前記フォー
ム情報送信手段は、前記情報処理装置から前記コメント
の送信要求を受信したときは、前記コメントの一覧を前
記情報処理装置に送信することが望ましい。
【0010】本発明はさらに、定型のフォーム情報を対
応する識別情報とともに登録するフォーム情報登録手段
と、該フォーム情報登録手段に登録されたフォーム情報
を、出力情報に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手
段とを有する出力装置を介して情報を出力する情報処理
装置において、前記出力装置に前記フォーム情報の送信
を要求するフォーム情報送信要求手段と、該要求したフ
ォーム情報を受信するフォーム情報受信手段と、該受信
したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情報を重
ねて表示する出力情報表示手段と、前記出力情報を前記
受信したフォーム情報に重ね合わせて出力することを前
記出力装置に要求するオーバレイ出力要求手段とを有す
るようにしたり、定型のフォーム情報を対応する識別情
報とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出力
装置を介して情報を出力する情報処理装置において、前
記出力装置に前記フォーム情報の送信を要求するフォー
ム情報送信要求手段と、該要求したフォーム情報を受信
するフォーム情報受信手段と、該受信したフォーム情報
及び前記出力装置に送る出力情報を重ねて表示する出力
情報表示手段と、前記出力情報を前記受信したフォーム
情報に重ね合わせてデータ展開を行うオーバレイデータ
展開手段と、該展開したデータを前記出力装置に送信し
てその出力を要求する展開データ出力要求手段とを有す
るようにしたものである。
【0011】本発明はさらに、定型のフォーム情報を対
応する識別情報とともに登録するフォーム情報登録手段
と、該フォーム情報登録手段に登録されたフォーム情報
を、出力情報に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手
段とを有する出力装置と、該出力装置を介して情報を出
力する情報処理装置とからなる情報処理システムにおい
て、前記出力装置は、前記情報処理装置から、前記フォ
ーム情報登録手段に登録されているフォーム情報の送信
要求を受信するフォーム情報送信要求受信手段と、前記
送信要求に対応するフォーム情報を前記情報処理装置に
送信するフォーム情報送信手段とを有し、前記情報処理
装置は、前記出力装置に前記フォーム情報の送信を要求
するフォーム情報送信要求手段と、該要求したフォーム
情報を受信するフォーム情報受信手段と、該受信したフ
ォーム情報及び前記出力装置に送る出力情報を重ねて表
示する出力情報表示手段と、前記出力情報を前記受信し
たフォーム情報に重ね合わせて出力することを前記出力
装置に要求するオーバレイ出力要求手段とを有するよう
にしたものである。
【0012】また、定型のフォーム情報を対応する識別
情報とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出
力装置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処理
装置とからなる情報処理システムにおいて、前記出力装
置は、前記情報処理装置から、前記フォーム情報登録手
段に登録されているフォーム情報の送信要求を受信する
フォーム情報送信要求受信手段と、前記送信要求に対応
するフォーム情報を前記情報処理装置に送信するフォー
ム情報送信手段とを有し、前記情報処理装置は、前記出
力装置に前記フォーム情報の送信を要求するフォーム情
報送信要求手段と、該要求したフォーム情報を受信する
フォーム情報受信手段と、該受信したフォーム情報及び
前記出力装置に送る出力情報を重ねて表示する出力情報
表示手段と、前記出力情報を前記受信したフォーム情報
に重ね合わせてデータ展開を行うオーバレイデータ展開
手段と、該展開したデータを前記出力装置に送信してそ
の出力を要求する展開データ出力要求手段とを有するよ
うにしたものである。
【0013】本発明はさらに、定型のフォーム情報を対
応する識別情報とともに登録するフォーム情報登録手段
と、該フォーム情報登録手段に登録されたフォーム情報
を、出力情報に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手
段とを有する出力装置と、該出力装置を介して情報を出
力する情報処理装置とからなる情報処理システムの情報
出力方法において、前記情報処理装置は前記出力装置に
前記フォーム情報の送信を要求し、前記出力装置は前記
送信要求に対応するフォーム情報を前記情報処理装置に
送信し、前記情報処理装置は前記要求したフォーム情報
を受信し、該受信したフォーム情報及び前記出力装置に
送る出力情報を重ねて表示するとともに、前記出力情報
を前記受信したフォーム情報に重ね合わせて出力するこ
とを前記出力装置に要求するようにしたものである。
【0014】また、定型のフォーム情報を対応する識別
情報とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出
力装置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処理
装置とからなる情報処理システムの情報出力方法におい
て、前記情報処理装置は前記出力装置に前記フォーム情
報の送信を要求し、前記出力装置は前記送信要求に対応
するフォーム情報を前記情報処理装置に送信し、前記情
報処理装置は前記要求したフォーム情報を受信し、該受
信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情報を
重ねて表示するとともに、前記出力情報を前記受信した
フォーム情報に重ね合わせてデータ展開を行い、該展開
したデータを前記出力装置に送信してその出力を要求す
るようにしたものである。
【0015】
【作用】請求項1の出力装置によれば、情報処理装置か
ら登録されているフォーム情報の送信要求を受けると、
対応するフォーム情報が情報処理装置に送信される。
【0016】請求項2の出力装置によれば、送信要求に
対応するフォーム情報が登録されていないときは、予め
記憶されたフォーム情報に対応するコメントの一覧が情
報処理装置に送信される。
【0017】請求項3の出力装置によれば、情報処理装
置から前記コメントの送信要求を受信したときは、前記
コメントの一覧が情報処理装置に送信される。
【0018】請求項4の情報処理装置によれば、出力装
置から受信したフォーム情報と出力情報が重ねて表示さ
れ、出力情報及びこの出力情報を受信したフォーム情報
に重ね合わせて出力すべき旨の要求が出力装置に送信さ
れる。
【0019】請求項5の情報処理装置によれば、出力装
置から受信したフォーム情報と出力情報が重ねて表示さ
れるとともに、出力情報を受信したフォーム情報に重ね
合わせてデータ展開が行われ、該展開したデータ及びそ
の出力要求が出力装置に送信される。
【0020】請求項6の情報処理システム又は請求項1
0の情報出力方法によれば、情報処理装置は出力装置に
登録されたフォーム情報の送信を要求し、出力装置は前
記送信要求に対応するフォーム情報を情報処理装置に送
信し、情報処理装置は前記要求したフォーム情報を受信
し、該受信したフォーム情報及び出力装置に送る出力情
報を重ねて表示するとともに、出力情報を受信したフォ
ーム情報に重ね合わせて出力することを前記出力装置に
要求する。
【0021】請求項7の情報処理システム又は請求項1
0の情報出力方法によれば、情報処理装置は出力装置に
登録されたフォーム情報の送信を要求し、出力装置は前
記送信要求に対応するフォーム情報を情報処理装置に送
信し、情報処理装置は前記要求したフォーム情報を受信
し、該受信したフォーム情報及び出力装置に送る出力情
報を重ねて表示するとともに、出力情報を受信したフォ
ーム情報に重ね合わせてデータ展開を行い、該展開した
データを出力装置に送信してその出力を要求する。
【0022】
【実施例】以下本発明の実施例を図面を参照して説明す
る。
【0023】先ず本発明を適用するに好適なレーザビー
ムプリンタおよびインクジェットプリンタの構成につい
て図1〜図3を参照しながら説明する。なお、本発明を
適用するプリンタは、レーザビームプリンタ及びインク
ジェットプリンタに限られるものではなく、他のプリン
ト方式のプリンタでも良いことは言うまでもない。
【0024】図1は本発明を適用可能な出力装置である
レーザビームプリンタ(LBP)の断面図である。
【0025】同図において、1500はLBP本体であ
り、外部に接続されているホストコンピュータから供給
される印刷情報(文字コード等)やフォーム情報あるい
はマクロ命令等を入力して記憶するとともに、それらの
情報に従って対応する文字パターンやフォームパターン
等を作成し、記録媒体である記録紙等に像を形成する。
1501は操作のためのスイッチおよびLED表示器等
が配されている操作パネル、1000はLBP本体15
00全体の制御およびホストコンピュータから供給され
る文字情報等を解析するプリンタ制御ユニットである。
このプリンタ制御ユニット1000は、主に文字情報を
対応する文字パターンのビデオ信号に変換してレーザド
ライバ1502に出力する。レーザドライバ1502は
半導体レーザ1503を駆動するための回路であり、入
力されたビデオ信号に応じて半導体レーザ1503から
発射されるレーザ光をオン・オフ切り換えする。レーザ
光1504は回転多面鏡1505で左右方向に振らされ
て静電ドラム1506上を走査露光する。これにより、
静電ドラム1506上には文字パターンの静電潜像が形
成されることになる。この潜像は、静電ドラム1506
の周囲に配設された現像ユニット1507により現像さ
れた後、記録紙に転写される。この記録紙にはカットシ
ートを用い、カットシート記録紙はLBP1500に挿
着した用紙カセット1508に収納され、給紙ローラ1
509および搬送ローラ1510と搬送ローラ1511
とにより、装置内に取り込まれて、静電ドラム1506
に供給される。また、LBP本体1500には、図示し
ないカードスロットを少なくとも1個以上備え、内蔵フ
ォントに加えてオプションフォントカード、言語系の異
なる制御カード(エミュレーションカード)を接続でき
るように構成されている。
【0026】図2は本発明が適用可能な他の出力装置で
あるインクジェット記録装置(IJRA)の外観図であ
る。
【0027】同図において、駆動モータ5013の正逆
回転に連動して駆動力伝達ギア5011,5009を介
して回転するリードスクリュー5005の螺旋溝500
4に対して係合するキャリッジHCはピン(図示しな
い)を有し、矢印a,b方向に往復移動される。このキ
ャリッジHCには、インクジェットカートリッジIJC
が搭載されている。5002は紙押え板であり、キャリ
ッジ移動方向にわたって紙をプラテン5000に対して
押圧する。5007,5008はフォトカプラで、キャ
リッジのレバー5006のこの域での存在を確認して、
モータ5013の回転方向切り換え等を行うためのホー
ムポジション検知手段として機能する。5016は記録
ヘッドの全面をキャップするキャップ部材5022を支
持する部材、5015はキャップ内を吸引する吸引手段
でキャップ内開口5023を介して記録ヘッドの吸引回
復を行う。5017はクリーニングブレードで、部材5
019により前後方向に移動可能となる。5018は本
体支持板で、上記クリーニングブレード5017及び部
材5019を支持する。5012は、吸引回復の吸引を
開始するためのレバーで、キャリッジと係合するカム5
020の移動に伴って移動し、駆動モータからの駆動力
がクラッチ切り換え等の公知の伝達手段で移動制御され
る。
【0028】これらのキャッピング、クリーニング、吸
引回復は、キャリッジがホームポジション側領域にきた
ときにリードスクリュー5005の作用にってそれらの
対応位置で所望の処理が行えるように構成されている
が、周知のタイミングで所望動作を行うように構成され
ていればよい。
【0029】図3は、図2に示したインクジェット記録
装置の制御系の構成を説明するブロック図である。
【0030】同図において、1700は記録信号を入力
するインタフェース、1701はMPU(Micro
Processing Unit)、1702は前記M
PU1701が実行する制御プログラムやホスト印刷情
報等を格納するROM、1703はDRAMで、各種デ
ータ(上記記録信号やヘッドに供給される記録データ
等)を保存しておく。1704は記録ヘッド1708に
対する出力データの供給制御を行うゲートアレイで、イ
ンタフェース1700,MPU1701,DRAM17
03間のデータの転送制御も行う。1710は前記記録
ヘッド1708を搬送するためのキャリアモータ、17
09は記録用紙搬送のための搬送モータ、1705は前
記記録ヘッドを駆動するヘッドドライバ、1706は前
記搬送モータ1709を駆動するモータドライバ、17
07は前記キャリアモータ1710を駆動するモータド
ライバである。
【0031】このように構成された上記記録装置の制御
系において、インタフェース1700を介し後述するホ
ストコンピュータ3000より入力情報が入力される
と、ゲートアレイ1704とMPU1701との間で入
力情報がプリント用の出力情報に変換される。そして、
モータドライバ1706,1707が駆動されるととも
に、ヘッドドライバ1705に送られた出力情報に従っ
て記録ヘッドが駆動され印字が実行される。
【0032】なお、MPU1701はインタフェース1
700を介して後述するホストコンピュータ3000と
の通信処理が可能となっており、DRAM1703に関
するメモリ情報および資源データ等やROM1702内
のホスト印刷情報を後述するホストコンピュータ300
0に通知可能に構成されている。
【0033】図4は図1のレーザビームプリンタ150
0の制御システムの構成を説明するブロック図である。
なお、本発明は、単体の機器であっても、複数の機器か
らなるシステムであっても、LAN等のネットワークを
介して処理が行われるシステムであっても適用できるこ
とは言うまでもない。
【0034】図4において、3000はホストコンピュ
ータで、ROM3のプログラム用ROMに記憶された文
書処理プログラム等に基づいて図形、イメージ、文字、
表(表計算等を含む)等が混在した文書処理を実行する
CPU1を備え、システムバス4に接続される各デバイ
スをCPU1が総括的に制御する。
【0035】また、このROM3のプログラム用ROM
は、図6のフローチャートで示されるようなCPU1の
制御プログラム等を記憶し、ROM3のフォント用RO
Mは上記文書処理の際に使用するフォントデータ等を記
憶し、ROM3のデータ用ROMは上記文書処理等を行
う際に使用する各種データを記憶する。2はRAMで、
CPU1の主メモリ、ワークエリア等として機能する。
5はキーボードコントローラ(KBC)で、キーボード
9や不図示のポインティングデバイスからのキー入力を
制御する。6はCRTコントローラ(CRTC)で、C
RTディスプレイ(CRT)10の表示を制御する。7
はディスクコントローラ(DKC)で、ブートプログラ
ム、種々のアプリケーション(図6のフローチャートで
示されるアプリケーションを含む)、フォントデータ、
ユーザファイル、編集ファイル等を記憶するハードディ
スク(HD)、フロッピーディスク(FD)等の外部メ
モリ11とのアクセスを制御する。8はプリンタコント
ローラ(PRTC)で、所定の双方向性インタフェース
(インタフェース)21を介してプリンタ1500に接
続されて、プリンタ1500との通信制御処理を実行す
る。なお、CPU1は、例えばRAM2上に設定された
表示情報RAMへのアウトラインフォントの展開(ラス
タライズ)処理を実行し、CRT10上でのWYSIW
YGを可能としている。また、CPU1は、CRT10
上の不図示のマウスカーソル等で指示されたコマンドに
基づいて登録された種々のウインドゥを開き、種々のデ
ータ処理を実行する。
【0036】プリンタ1500において、12はプリン
タCPUで、ROM13のプログラム用ROMに記憶さ
れた制御プログラム等或いは外部メモリ14に記憶され
た制御プログラム等に基づいてシステムバス15に接続
される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御し、
印刷部インタフェース16を介して接続される印刷部
(プリンタエンジン)17に出力情報としての画像信号
を出力する。また、このROM13のプログラムROM
には、図5のフローチャートで示されるようなCPU1
2の制御プログラム等を記憶する。ROM13のフォン
ト用ROMには上記出力情報を生成する際に使用するフ
ォントデータ等を記憶し、ROM13のデータ用ROM
にはハードディスク等の外部メモリ14が無いプリンタ
の場合には、ホストコンピュータ上で利用される情報等
を記憶している。CPU12は入力部18を介してホス
トコンピュータとの通信処理が可能となっており、プリ
ンタ内の情報等をホストコンピュータ3000に通知可
能に構成されている。19はCPU12の主メモリ、ワ
ークエリア等として機能するRAMで、図示しない増設
ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量
を拡張することができるように構成されている。なお、
RAM19は、出力情報展開領域、環境データ格納領
域、NVRAM(不揮発性RAM)等に用いられる。前
述したハードディスク(HD)、ICカード等の外部メ
モリ14は、ディスクコントローラ(DKC)20によ
りアクセスを制御される。外部メモリ14は、オプショ
ンとして接続され、フォントデータ、エミュレーション
プログラム、フォームデータ等を記憶する。また、15
01は前述した操作パネルで操作のためのスイッチおよ
びLED表示器等が配されている。
【0037】また、前述した外部メモリは1個に限ら
ず、少なくとも1個以上備え、内蔵フォントに加えてオ
プションフォントカード、言語系の異なるプリンタ制御
言語を解釈するプログラムを格納した外部メモリを複数
接続できるように構成されていても良い。さらに、図示
しないNVRAMを有し、操作パネル1501からのプ
リンタモード設定情報を記憶するようにしても良い。
【0038】このように構成されたプリンタ制御システ
ムの動作について、図5及び図6に示すフローチャート
に従って説明する。図5は、プリンタ1500における
動作を示すフローチャート、図6は、ホストコンピュー
タ3000で実行される印刷装置用アプリケーションの
動作を示すフローチャートである。
【0039】図6において、ステップ601ではプリン
タ1500を用いて印字を行う際、CRT10に印字を
行うデータを表示する。次にステップ602では、ステ
ップ601で表示したデータに、プリンタ1500にあ
るデータ登録番号で登録されているオーバレイページを
重ねて印字を行うよう印刷装置用アプリケーションの利
用者から指示があるか否かを判別し、その指示があった
ときは、ステップ603で、プリンタ1500に前記デ
ータ登録番号で登録されているオーバレイページデータ
の送信を双方向性インタフェース21を介して要求す
る。
【0040】プリンタ1500側では図5のステップ5
01で、オーバレイページ送信要求をオーバレイページ
のデータ登録番号とともに受け取ったプリンタ制御ユニ
ット1000は、ステップ502で、指定された番号で
ROM13のデータ用ROMもしくは外部メモリ14に
登録されているオーバレイページデータを検索し、その
番号で登録されているオーバレイページデータが存在し
たときは、そのオーバレイページデータを双方向性イン
タフェース21を介してホストコンピュータ3000に
送信し(ステップ503)、処理を終了する。また、ス
テップ502で、指定された番号で登録されているオー
バレイページデータが存在しなかったときは、登録され
ているすべてのオーバレイページデータの登録番号とデ
ータ登録時に登録者によって付けられた登録データに関
するコメントのリストを双方向性インタフェース21を
介してホストコンピュータ3000に送信し(ステップ
504)、処理を終了する。
【0041】ホストコンピュータ3000側ではステッ
プS604で、プリンタ1500からステップ603で
要求した番号のオーバレイページデータを受け取ったと
きは、ステップ601で表示したデータにステップ60
4で受信したオーバレイページデータを重ねて表示する
(ステップ605)。次にステップ606で、印刷装置
用アプリケーションの利用者からステップ605でオー
バレイページデータを重ねて表示したデータの印字を行
うよう指示があったときは、ステップ601で表示した
印字データの送信及びその印字データに対するステップ
603で要求したデータ登録番号でのページオーバレイ
の実行の要求をプリンタ1500に送信し(ステップ6
07)、処理を終了する。
【0042】一方、ステップ606で印刷装置用アプリ
ケーションの利用者からステップ605で表示したデー
タの印字を行うよう指示がなかったときは、ステップ6
02に処理を戻す。またステップ604で、プリンタ1
500に登録されているすべてのオーバレイページデー
タの登録番号と登録データに関するコメントのリストを
受け取ったときは、そのリストをCRT10に表示し
(ステップ608)、ステップ602に処理を戻す。
【0043】以上のように本実施例では、ホストコンピ
ュータ3000がプリンタ1500に対してオーバレイ
ページの送信要求を出すと、該当するオーバレイページ
がプリンタ1500からホストコンピュータ3000に
送信される。そして、ホストコンピュータ3000は受
信したオーバレイページと印字データとを重ねて表示す
るので、利用者は実際に印刷される状態で出力データを
確認することができ、オーバレイ機能使用時のWYSI
WYGを実現することができる。
【0044】また、プリンタ1500に送信要求に対す
るオーバレイページデータが登録されていないいとき
は、登録されているすべてのオーバレイページデータの
登録番号及びデータ登録時に登録者によって付けられた
コメントのリストがホストコンピュータ3000に送信
されるので、利用者がホストコンピュータ側でそのリス
トをみてオーバレイページデータを選択することがで
き、オーバレイ機能の使用時の操作性をより向上させる
ことができる。
【0045】なお、上記ステップ504では、登録され
ているすべてのオーバレイページデータの登録番号と登
録データに関するコメントのリストをホストコンピュー
タ3000に送信するとしたが、登録されているすべて
のオーバレイページデータの登録番号と登録データをホ
ストコンピュータ3000に送信するようにしてもよ
い。この場合には、上記ステップ608においてリスト
表示後、再度ステップ602の処理から始める必要はな
く、印刷装置用アプリケーション上で利用者が目的のオ
ーバレイページデータを選択し、ステップ607の処理
を実行することができる。
【0046】また上記ステップ607では、ステップ6
01で表示した印字データ及びその印字データに対する
ステップ603で要求した番号でのページオーバレイの
実行の要求をプリンタ1500に送信するようにした
が、印刷装置用アプリケーション即ちホストコンピュー
タ3000で印字データにオーバレイページデータを重
ねたデータの描画展開を行い、印刷装置用アプリケーシ
ョンがそのデータをプリンタ1500に印字するよう要
求しても良い。
【0047】また、上述した図5及び図6の処理は、ホ
ストコンピュータ3000及びレーザプリンタ1500
から成るシステムにおける処理として説明したが、ホス
トコンピュータ3000と図2,3に示したインクジェ
ット記録装置から成るシステムにも適用し得るものであ
る。
【0048】
【発明の効果】以上詳述したように請求項1の出力装置
によれば、出力情報を送信する情報処理装置から登録さ
れているフォーム情報の送信要求を受けると、対応する
フォーム情報が情報処理装置に送信されるので、情報処
理装置側で出力情報とフォーム情報を実際に重ね合わせ
て確認することが可能となり、オーバレイ機能使用時に
おけるWYSIWYGを実現することができる。
【0049】また、請求項2の出力装置によれば、送信
要求に対応するフォーム情報が登録されていないとき
は、予め記憶されたフォーム情報に対応するコメントの
一覧が情報処理装置に送信されるので、利用者は情報処
理装置側でそのコメント一覧を見てフォーム情報を選択
することができ、オーバレイ機能使用時の操作性をより
向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用可能な第1の出力装置の構成を示
す断面図である。
【図2】本発明を適用可能な第2の出力装置の構成を示
す外観図である。
【図3】図2に示した第2の出力装置の制御系の構成を
説明するブロック図である。
【図4】本発明の一実施例に係るプリンタ制御システム
の構成を説明するブロック図である。
【図5】図4のプリンタにおける動作を示すフローチャ
ートである。
【図6】図4のホストコンピュータの動作を示すフロー
チャートである。
【符号の説明】
1 CPU 2 RAM 3 ROM 4 システムバス 12 CPU 13 ROM 19 RAM 1500 プリンタ 3000 ホストコンピュータ

Claims (11)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 情報処理装置から入力される出力情報を
    出力する出力装置において、 定型のフォーム情報を対応する識別情報とともに登録す
    るフォーム情報登録手段と、 該フォーム情報登録手段に登録されたフォーム情報を、
    前記出力情報に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手
    段と、 前記情報処理装置から、前記フォーム情報登録手段に登
    録されているフォーム情報の送信要求を受信するフォー
    ム情報送信要求受信手段と、 前記送信要求に対応するフォーム情報を前記情報処理装
    置に送信するフォーム情報送信手段とを有することを特
    徴とする出力装置。
  2. 【請求項2】 前記フォーム情報登録手段は、フォーム
    情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコメン
    トを記憶するコメント記憶手段を有し、 前記フォーム情報送信手段は、前記フォーム情報の送信
    要求に対応するフォーム情報が前記フォーム情報登録手
    段に登録されていないときは、前記コメントの一覧を前
    記情報処理装置に送信することを特徴とする請求項1記
    載の出力装置。
  3. 【請求項3】 前記フォーム情報登録手段は、フォーム
    情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコメン
    トを記憶するコメント記憶手段を有し、 前記フォーム情報送信手段は、前記情報処理装置から前
    記コメントの送信要求を受信したときは、前記コメント
    の一覧を前記情報処理装置に送信することを特徴とする
    請求項1記載の出力装置。
  4. 【請求項4】 定型のフォーム情報を対応する識別情報
    とともに登録するフォーム情報登録手段と、該フォーム
    情報登録手段に登録されたフォーム情報を、出力情報に
    重ね合わせて出力するオーバレイ出力手段とを有する出
    力装置を介して情報を出力する情報処理装置において、 前記出力装置に前記フォーム情報の送信を要求するフォ
    ーム情報送信要求手段と、 該要求したフォーム情報を受信するフォーム情報受信手
    段と、 該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情
    報を重ねて表示する出力情報表示手段と、 前記出力情報を前記受信したフォーム情報に重ね合わせ
    て出力することを前記出力装置に要求するオーバレイ出
    力要求手段とを有することを特徴とする情報処理装置。
  5. 【請求項5】 定型のフォーム情報を対応する識別情報
    とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出力装
    置を介して情報を出力する情報処理装置において、 前記出力装置に前記フォーム情報の送信を要求するフォ
    ーム情報送信要求手段と、 該要求したフォーム情報を受信するフォーム情報受信手
    段と、 該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情
    報を重ねて表示する出力情報表示手段と、 前記出力情報を前記受信したフォーム情報に重ね合わせ
    てデータ展開を行うオーバレイデータ展開手段と、 該展開したデータを前記出力装置に送信してその出力を
    要求する展開データ出力要求手段とを有することを特徴
    とする情報処理装置。
  6. 【請求項6】 定型のフォーム情報を対応する識別情報
    とともに登録するフォーム情報登録手段と、該フォーム
    情報登録手段に登録されたフォーム情報を、出力情報に
    重ね合わせて出力するオーバレイ出力手段とを有する出
    力装置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処理
    装置とからなる情報処理システムにおいて、 前記出力装置は、前記情報処理装置から、前記フォーム
    情報登録手段に登録されているフォーム情報の送信要求
    を受信するフォーム情報送信要求受信手段と、前記送信
    要求に対応するフォーム情報を前記情報処理装置に送信
    するフォーム情報送信手段とを有し、 前記情報処理装置は、前記出力装置に前記フォーム情報
    の送信を要求するフォーム情報送信要求手段と、該要求
    したフォーム情報を受信するフォーム情報受信手段と、
    該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情
    報を重ねて表示する出力情報表示手段と、前記出力情報
    を前記受信したフォーム情報に重ね合わせて出力するこ
    とを前記出力装置に要求するオーバレイ出力要求手段と
    を有することを特徴とする情報処理システム。
  7. 【請求項7】 定型のフォーム情報を対応する識別情報
    とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出力装
    置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処理装置
    とからなる情報処理システムにおいて、 前記出力装置は、前記情報処理装置から、前記フォーム
    情報登録手段に登録されているフォーム情報の送信要求
    を受信するフォーム情報送信要求受信手段と、前記送信
    要求に対応するフォーム情報を前記情報処理装置に送信
    するフォーム情報送信手段とを有し、 前記情報処理装置は、前記出力装置に前記フォーム情報
    の送信を要求するフォーム情報送信要求手段と、該要求
    したフォーム情報を受信するフォーム情報受信手段と、
    該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出力情
    報を重ねて表示する出力情報表示手段と、前記出力情報
    を前記受信したフォーム情報に重ね合わせてデータ展開
    を行うオーバレイデータ展開手段と、該展開したデータ
    を前記出力装置に送信してその出力を要求する展開デー
    タ出力要求手段とを有することを特徴とする情報処理シ
    ステム。
  8. 【請求項8】 前記フォーム情報登録手段は、フォーム
    情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコメン
    トを記憶するコメント記憶手段を有し、 前記フォーム情報送信手段は、前記フォーム情報の送信
    要求に対応するフォーム情報が前記フォーム情報登録手
    段に登録されていないときは、前記コメントの一覧を前
    記情報処理装置に送信することを特徴とする請求項6又
    は7記載の情報処理システム。
  9. 【請求項9】 前記フォーム情報登録手段は、フォーム
    情報登録時に登録者がそのフォーム情報に付したコメン
    トを記憶するコメント記憶手段を有し、 前記フォーム情報送信手段は、前記情報処理装置から前
    記コメントの送信要求を受信したときは、前記コメント
    の一覧を前記情報処理装置に送信することを特徴とする
    請求項6又は7記載の情報処理システム。
  10. 【請求項10】 定型のフォーム情報を対応する識別情
    報とともに登録するフォーム情報登録手段と、該フォー
    ム情報登録手段に登録されたフォーム情報を、出力情報
    に重ね合わせて出力するオーバレイ出力手段とを有する
    出力装置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処
    理装置とからなる情報処理システムの情報出力方法にお
    いて、 前記情報処理装置は前記出力装置に前記フォーム情報の
    送信を要求し、 前記出力装置は前記送信要求に対応するフォーム情報を
    前記情報処理装置に送信し、 前記情報処理装置は前記要求したフォーム情報を受信
    し、該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出
    力情報を重ねて表示するとともに、前記出力情報を前記
    受信したフォーム情報に重ね合わせて出力することを前
    記出力装置に要求することを特徴とする情報出力方法。
  11. 【請求項11】 定型のフォーム情報を対応する識別情
    報とともに登録するフォーム情報登録手段を有する出力
    装置と、該出力装置を介して情報を出力する情報処理装
    置とからなる情報処理システムの情報出力方法におい
    て、 前記情報処理装置は前記出力装置に前記フォーム情報の
    送信を要求し、 前記出力装置は前記送信要求に対応するフォーム情報を
    前記情報処理装置に送信し、 前記情報処理装置は前記要求したフォーム情報を受信
    し、該受信したフォーム情報及び前記出力装置に送る出
    力情報を重ねて表示するとともに、前記出力情報を前記
    受信したフォーム情報に重ね合わせてデータ展開を行
    い、該展開したデータを前記出力装置に送信してその出
    力を要求することを特徴とする情報出力方法。
JP6332693A 1994-12-12 1994-12-12 出力装置及びこれを含む情報処理システム Pending JPH08164648A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6332693A JPH08164648A (ja) 1994-12-12 1994-12-12 出力装置及びこれを含む情報処理システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6332693A JPH08164648A (ja) 1994-12-12 1994-12-12 出力装置及びこれを含む情報処理システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08164648A true JPH08164648A (ja) 1996-06-25

Family

ID=18257833

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6332693A Pending JPH08164648A (ja) 1994-12-12 1994-12-12 出力装置及びこれを含む情報処理システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08164648A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008269566A (ja) * 2007-03-26 2008-11-06 Seiko Epson Corp プリンタドライバプログラム及びそれを有するプリンタシステム
JP2013171133A (ja) * 2012-02-20 2013-09-02 Canon Inc 画像形成装置、画像形成装置の制御方法、およびコンピュータプログラム

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008269566A (ja) * 2007-03-26 2008-11-06 Seiko Epson Corp プリンタドライバプログラム及びそれを有するプリンタシステム
JP2013171133A (ja) * 2012-02-20 2013-09-02 Canon Inc 画像形成装置、画像形成装置の制御方法、およびコンピュータプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH061048A (ja) プリンタ装置及び該装置におけるデータ受信方法
JPH06110626A (ja) 印刷装置及び前記印刷装置を用いた印刷システム
JP3689445B2 (ja) 印刷装置及びシステム、並びに制御方法
JPH08164648A (ja) 出力装置及びこれを含む情報処理システム
EP0864966B1 (en) Imformation processing apparatus and output apparatus
JPH10149268A (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP3658025B2 (ja) 電子機器及び該機器を有するデータ処理システム及び前記機器におけるデータ処理方法
JP3382299B2 (ja) 文字処理方法及び装置
JP3382349B2 (ja) 印刷制御装置及び方法
JP4383687B2 (ja) 出力装置及びその処理方法
US6397265B1 (en) Print control apparatus for communicating with a selected external apparatus to control a printer
JPH10187390A (ja) 情報処理装置および情報処理装置のデータ処理方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP3323680B2 (ja) 出力装置及び出力方法
JPH08166855A (ja) プリンタシステム
JPH086741A (ja) 印刷システム、および印刷方法
JPH11227299A (ja) 印刷装置
JPH07160441A (ja) 情報処理方法及び出力方法
JP3162929B2 (ja) 出力装置及び出力方法
JPH09295432A (ja) プリンタ装置及びプリント制御方法
JP3320229B2 (ja) 画像形成方法及びプリンタ制御システム
JP3313919B2 (ja) 出力装置及び出力方法
JPH08108600A (ja) 情報処理装置,周辺装置並びに情報処理装置と周辺装置とを有する情報処理システムおよび情報処理システムの資源情報提示方法
JPH0934659A (ja) プリンタシステム
JPH08212027A (ja) 印刷制御装置及びその方法、情報処理装置及びその方法、及び印刷処理システム
JPH09188017A (ja) 印刷装置