JPH10149268A - 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体 - Google Patents

印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

Info

Publication number
JPH10149268A
JPH10149268A JP8308914A JP30891496A JPH10149268A JP H10149268 A JPH10149268 A JP H10149268A JP 8308914 A JP8308914 A JP 8308914A JP 30891496 A JP30891496 A JP 30891496A JP H10149268 A JPH10149268 A JP H10149268A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
printer
print
printers
information
output information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8308914A
Other languages
English (en)
Inventor
Hidenori Kurosawa
秀徳 黒沢
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP8308914A priority Critical patent/JPH10149268A/ja
Publication of JPH10149268A publication Critical patent/JPH10149268A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 印刷要求時に、プリンタ候補の選択指示を同
時に行えることである。 【解決手段】 印刷要求時に、CRT10に表示される
印刷設定画面内にRAM2に記憶されるプリンタ資源情
報に基づいてCPU1が選択可能なプリンタ候補を表示
させる構成を特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、所定の通信媒体を
介して通信可能に接続された複数のプリンタの中から所
望のプリンタを選択して印刷情報転送制御する印刷制御
装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】従来、ホストコンピュータの各アプリケ
ーションで作成した文章や画像等の出力情報をネットワ
ークを介して接続されるプリンタ(ネットワークプリン
タ)に出力する場合、ネットワークプリンタの設定はプ
リンタ設定専用アプリケーションを別に起動させて行う
必要があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このため、印刷しよう
とする文章の大きさ、枚数、カラーか否かなどの理由で
現在選択すべき印刷装置の割付状態を変更する際に、い
ちいちプリンタ設定用アプリケーションを起動させなく
てはならず、オフィス環境のようなネットワーク印刷を
主に行うユーザにとっては、この割り付けの作業は大変
煩雑となってしまう等の問題点があった。
【0004】本発明は、上記の問題点を解消するために
なされたもので、本発明に係る第1の発明〜第5の発明
の目的は、所定のアプリケーション等から印刷要求がな
された場合に、印刷設定画面内に現在選択可能なネット
ワーク上のプリンタ候補を併せて表示させることによ
り、印刷要求時に、プリンタ候補の選択指示を同時に行
えること、および所定の印刷条件に従ってネットワーク
上のプリンタを割り付けて所望とするプリンタを自動選
択して出力情報を転送できる印刷制御装置および印刷制
御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラム
を格納した記憶媒体を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明に係る第1の発明
は、所定の出力情報を所定の通信媒体を介して接続され
る複数のプリンタのいずれかに転送する印刷制御装置に
おいて、前記複数のプリンタから選択可能なプリンタ資
源情報を記憶する記憶手段と、印刷要求時に、表示部に
表示される印刷設定画面内に前記プリンタ資源情報に基
づいて選択可能なプリンタ候補を表示させる表示制御手
段とを有するものである。
【0006】本発明に係る第2の発明は、所定の出力情
報を所定の通信媒体を介して接続される複数のプリンタ
のいずれかに転送する印刷制御装置において、複数のプ
リンタから所望のプリンタを選択するためのプリンタ割
付ファイルを記憶する記憶手段と、所定の印刷条件に基
づいて複数のプリンタから所望のプリンタを割り付ける
割付手段と、前記割付手段により割り付けられたプリン
タを前記プリンタ割付ファイルに登録する登録手段とを
有するものである。
【0007】本発明に係る第3の発明は、前記所定の印
刷条件は、前記出力情報のデータ量又は前記出力情報を
作成するアプリケーション種別に基づくものである。
【0008】本発明に係る第4の発明は、所定の出力情
報を所定の通信媒体を介して接続される複数のプリンタ
のいずれかに転送する印刷制御方法において、前記複数
のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を取得する
取得工程と、印刷要求時に、表示部に表示される印刷設
定画面内に前記プリンタ資源情報に基づいて選択可能な
プリンタ候補を表示させる表示工程と、前記印刷設定画
面内で選択指示されるプリンタに前記所定の出力情報を
転送する転送工程とを有するものである。
【0009】本発明に係る第5の発明は、所定の出力情
報を所定の通信媒体を介して接続される複数のプリンタ
のいずれかに転送するコンピュータが読み出し可能なプ
リンタを格納した記憶媒体において、前記複数のプリン
タから選択可能なプリンタ資源情報を取得する取得工程
と、印刷要求時に、表示部に表示される印刷設定画面内
に前記プリンタ資源情報に基づいて選択可能なプリンタ
候補を表示させる表示工程と、前記印刷設定画面内で選
択指示されるプリンタに前記所定の出力情報を転送する
転送工程とを含むコンピュータが読むことができるプロ
グラムを記憶媒体に格納したものである。
【0010】
【発明の実施の形態】
〔第1実施形態〕本実施形態の構成を説明する前に、本
実施形態を適用するに好適なレーザビームプリンタおよ
びインクジェットプリンタの構成について図1〜図3を
参照しながら説明する。なお、本実施形態(拡張メモ
リ,インタフェースの部分)を適用するプリンタは、レ
ーザビームプリンタおよびインクジェットプリンタに限
られるものではなく、他のプリント方式のプリンタや、
プリント機能を備えた複写機でも良いことは言うまでも
ない。
【0011】図1は、本発明を適用可能な第1の出力装
置の構成を示す断面図であり、レーザビームプリンタ
(LBP)の場合を示す。
【0012】図において、1500はLBP本体であ
り、外部に接続されているホストコンピュータから供給
される印刷情報(文字コード等)やフォーム情報あるい
はマクロ命令等を入力して記憶するとともに、それらの
情報にしたがって対応する文字パターンやフォームパタ
ーン等を作成し、記録媒体である記録紙等に像を形成す
る。
【0013】1501は操作パネルで、操作のためのス
イッチおよびLED表示器等が配されている。1000
はプリンタ制御ユニットで、LBP本体1500全体の
制御およびホストコンピュータから供給される文字情報
等を解析する。また、プリンタ制御ユニット1000
は、主に文字情報を対応する文字パターンのビデオ信号
に変換してレーザドライバ1502に出力する。
【0014】レーザドライバ1502は半導体レーザ1
503を駆動するための回路であり、入力されたビデオ
信号に応じて半導体レーザ1503から発射されるレー
ザ光1504をオン・オフ切り換えする。レーザ光15
04は回転多面鏡1505で左右方向に振らされて静電
ドラム1506上を走査露光する。これにより、静電ド
ラム1506上には文字パターンの静電潜像が形成され
ることになる。
【0015】この潜像は、静電ドラム1506周囲に配
設された現像ユニット1507により現像された後、記
録紙に転写される。この記録紙にはカットシートを用
い、カットシート記録紙はLBP1500に装着した用
紙カセット1508に収納され、給紙ローラ1509お
よび搬送ローラ1510と搬送ローラ1511とによ
り、装置内に取り込まれて、静電ドラム1506に供給
される。
【0016】また、LBP本体1500には、図示しな
いカードスロットを少なくとも1個以上備え、内蔵フォ
ントに加えてオプションフォントカード,言語系の異な
る制御カード(エミュレーションカード)を接続できる
ように構成されている。
【0017】図2は、本発明を適用可能な第2の出力装
置の構成を示す外観図であり、インクジェット記録装置
(IJRA)の場合を示す。
【0018】図において、駆動モータ5013の正逆回
転に連動して駆動力伝達ギア5011,5009を介し
て回転するリードスクリュー5005の螺旋溝5004
に対して係合するキャリッジHCはピン(図示しない)
を有し、ガイドレール5003を介して矢印a,b方向
に往復移動される。このキャリッジHCには、インクジ
ェットヘッドIJH,インクタンクITを備えるインク
ジェットカートリッジIJCが搭載されている。
【0019】5002は紙押え板であり、キャリッジ移
動方向にわたって紙Pをプラテン5000に対して押圧
する。5007,5008はフォトカプラで、キャリッ
ジHCのレバー5006のこの域での保存を確認して、
駆動モータ5013の回転方向切り換え等を行うための
ホームポジション検知手段として機能する。5016は
記録ヘッドの全面をキャップするキャップ部材5022
を指示する部材、5015はこのキャップ内を吸引する
吸引手段でキャップ内開口5023を介して記録ヘッド
の吸引回復を行う。5017はクリーニングブレード
で、部材5019により前後方向に移動可能となる。
【0020】5018は本体指示板で、上記クリーニン
グブレード5017,部材5019を支持する。502
1は吸引回復の吸引を開始するためのレバーで、キャリ
ッジHCと係合するカム5020の移動に伴って移動
し、駆動モータ5013からの駆動力がクラッチ切り換
え等の公知の伝達手段で移動制御される。
【0021】これらのキャッピング,クリーニング,吸
引回復は、キャリッジHCがホームポジション側領域に
きたときにリードスクリュー5005の作用によってそ
れらの対応位置で所望の処理が行えるように構成されて
いるが、周知のタイミングで所望動作を行うように構成
されていればよい。
【0022】図3は、図2に示した第2の出力装置の制
御構成を説明するブロック図である。
【0023】図において、1700は記録信号を入力す
るインタフェース、1701はMPUで、ROM170
2に記憶される制御プログラムに基づいて各部を総括的
に制御する。また、ROM1702には、フォントデー
タ,ホスト印刷情報等を格納している。1703はDR
AMで、各種データ(上記記録信号やヘッドに供給され
る記録データ等)を保存しておき、主としてMPU17
01のワークメモリとして機能する。
【0024】1704はゲートアレイで、記録ヘッド1
708に対する出力データ供給制御を行うとともに、イ
ンタフェース1700,MPU1701,DRAM17
03間のデータの転送制御も行う。1710はキャリア
モータで、前記記録ヘッド1708を搬送する。170
9は搬送モータで、記録用紙を搬送する。1705はヘ
ッドドライバで、前記記録ヘッド1708を駆動する。
1706はモータドライバで、前記搬送モータ1709
を駆動する。1707はモータドライバでで、前記キャ
リアモータ1710を駆動する。
【0025】このように構成された上記出力装置におい
て、インタフェース1700を介して後述するホストコ
ンピュータ3000より入力情報が入力されると、ゲー
トアレイ1704とMPU1701との間で入力情報が
プリント用の出力情報に変換される。そして、モータド
ライバ1706,1707が駆動されるとともに、ヘッ
ドドライバ1705に送られた出力情報にしたがって記
録ヘッド1708が駆動され印字が実行される。
【0026】図4は、本発明の第1実施形態を示す印刷
制御装置を適用可能な印刷システムの構成を説明するブ
ロック図である。
【0027】図において、3000はホストコンピュー
タで、ROM3のプログラム用ROMに記憶された文書
処理プログラム等に基づいて図形,イメージ,文字,表
(表計算等を含む)等が混在した文書処理を実行するC
PU1を備え、システムバス4に接続される各デバイス
を制御ユニット2000内のCPU1が総括的に制御す
る。
【0028】また、このROM3のプログラム用ROM
には、CPU1の制御プログラム等を記憶し、ROM3
のフォント用ROMには上記文書処理の際に使用するフ
ォントデータ等を記憶し、ROM3のデータ用ROMは
上記文書処理等を行う際に使用する各種データを記憶す
る。
【0029】2はRAMで、CPU1の主メモリ,ワー
クエリア等として機能する。5はキーボードコントロー
ラ(KBC)で、キーボード(KB)9や不図示のポイ
ンティングデバイスからのキー入力を制御する。6はC
RTコントローラ(CRTC)で、CRTディスプレイ
(CRT)10の表示を制御する。7はディスクコント
ローラ(DKC)で、ブートプログラム,種々のアプリ
ケーション,フォントデータ,ユーザファイル,印刷装
置用のドライバソフト,編集ファイル等を記憶するハー
ドディスク(HD),フロッピーディスク(FD)等の
外部メモリ11とのアクセスを制御する。
【0030】8はプリンタコントローラ(PRTC)
で、所定の双方向性インタフェース(インタフェース)
21を介してプリンタ1500に接続されて、プリンタ
1500との通信制御処理を実行する。なお、CPU1
は、たとえばRAM2上に設定された表示情報RAMへ
のアウトラインフォントの展開(ラスタライズ)処理を
実行し、CRT10上でのWYSIWYGを可能として
いる。また、CPU1は、CRT10上の不図示のマウ
スカーソル等で指示されたコマンドに基づいて登録され
た種々のウインドウを開き、種々のデータ処理を実行す
る。
【0031】プリンタ1500において、12はプリン
タCPUで、ROM13のプログラム用ROMに記憶さ
れた制御プログラム等あるいは外部メモリ14に記憶さ
れた制御プログラム等に基づいてシステムバス15に接
続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御
し、印刷部インタフェース16を介して接続される印刷
部(プリンタエンジン)17に出力情報としての画像信
号を出力する。
【0032】また、このROM13のプログラム用RO
Mには、CPU12の制御プログラム等を記憶する。R
OM13のフォント用ROMには上記出力情報を生成す
る際に使用するフォントデータ等を記憶し、ROM13
のデータ用ROMにはハードディスク等の外部メモリ1
4がないプリンタの場合には、ホストコンピュータ上で
利用される情報等を記憶している。CPU12は入力部
18を介してホストコンピュータ3000との通信処理
が可能となっており、プリンタ1500内の情報等をホ
ストコンピュータ3000に通知可能に構成されてい
る。
【0033】19はCPU12の主メモリ,ワークエリ
ア等として機能するRAMで、図示しない増設ポートに
接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張す
ることができるように構成されている。
【0034】なお、RAM19は、出力情報展開領域,
環境データ格納領域,NVRAM等に用いられる。前述
したハードディスク(HD),ICカード等の外部メモ
リ14は、ディスクコントローラ(DKC)20により
アクセスを制御される。外部メモリ14は、オプション
として接続され、フォントデータ,エミュレーションプ
ログラム,フォームデータ等を記憶する。また、150
1は前述した操作パネル(操作部)で操作のためのスイ
ッチおよびLED表示器等が配されている。
【0035】また、前述した外部メモリは1個に限ら
ず、少なくとも1個以上備え、内蔵フォントに加えてオ
プションフォントカード,言語系の異なるプリンタ制御
言語を解釈するプログラムを格納した外部メモリを複数
接続できるように構成されていてもよい。さらに、NV
RAM22を有し、操作パネル1501からのプリンタ
モード設定情報を記憶するよにしてもよい。
【0036】このように構成された印刷システムにおい
て、ホストコンピュータ3000より出力された文章デ
ータは、まず入力部18に格納される。CPU12は、
入力された情報をROM13を参照しながら翻訳し、翻
訳した内容をRAM19に蓄える。ここでRAM19の
格納方法は、16,32,48ビット幅の中間フォーム
で格納または、ビットマップメモリとして格納される。
ここで、文字データ,イメージデータをRAM19に格
納する際、今まで1つのページメモリとして使用してい
たRAM19を、2つのページメモリとして分割し、一
方を文字領域、もう一方をイメージ領域として分割定義
する。そこで、このそれぞれの領域に文字情報を展開し
たフォームとイメージ情報を展開したフォームをそれぞ
れ格納することを特徴としている。
【0037】この格納方法は、中間のオブジェクトを生
成する際に文字情報やイメージ情報が持っているそれぞ
れのヘッダをもとに認識し、それぞれの領域に展開させ
る。RAM19は、一般的に1ページ分のメモリ領域を
持っているため、文字とイメージの領域が分けられただ
けでメモリの追加は必要ないが、バンド処理のため省メ
モリで動作している場合は、RAMを追加する必要があ
る。
【0038】一般的なオフィスにおけるネットワークに
おいて、各ユーザのホストコンピュータは、システムを
立ち上げる際に、ネットワークサーバへの接続が行わ
れ、この時同時にネットワークに接続されているプリン
タの情報が取得される。一方、システム立ち上げ時に接
続しなかった場合は、ネットワーク環境への接続作業を
実行したときプリンタの情報を取得する。
【0039】図5は、図4に示したCRT10に表示さ
れる印刷メニューウインドウの一例を示す図であり、図
4と同一のものには同一の符号を付してある。
【0040】図において、Wは印刷メニューウインド
ウ、TBはタイトルバーで、現在印刷要求画面であるこ
とを示す「印刷」が表示されている状態に対応する。P
RTはプリントウインドウで、例えばユーザが所望とす
る「印刷部数」と「印刷ページ」とを指定可能に構成さ
れている。
【0041】NPRはネットワークプリンタ資源ウイン
ドウで、例えば現在ネットワークA〜Bが接続され、ネ
ットワークプリンタAを選択している状態に対応する。
【0042】以下、本実施形態と第1〜第3の発明の各
手段との対応及びその作用について図4等を参照して説
明する。
【0043】第1の発明は、所定の出力情報を所定の通
信媒体(ネットワーク)を介して接続される複数のプリ
ンタのいずれかに転送する印刷制御装置において、前記
複数のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を記憶
する記憶手段(RAM2,外部メモリ11)と、印刷要
求時に、表示部(CRT10)に表示される印刷設定画
面(例えば印刷メニューとして)内に前記プリンタ資源
情報に基づいて選択可能なプリンタ候補を表示させる表
示制御手段(CPU1がメモリ資源に記憶される印刷制
御プログラムを実行して制御する)とを有し、印刷要求
時に、CRT10に表示される印刷設定画面内にRAM
2に記憶されるプリンタ資源情報に基づいてCPU1が
選択可能なプリンタ候補を表示させるので、印刷要求時
に、印刷条件の設定に併せて選択すべきプリンタの設定
とを同時に行うことができる。
【0044】第2,第3の発明は、所定の出力情報を所
定の通信媒体を介して接続される複数のプリンタのいず
れかに転送する印刷制御装置において、複数のプリンタ
から所望のプリンタを選択するためのプリンタ割付ファ
イルを記憶する記憶手段(RAM2,外部メモリ11
等)と、前記出力情報のデータ量又は前記出力情報を作
成するアプリケーション種別に基づく所定の印刷条件に
基づいて複数のプリンタから所望のプリンタを割り付け
る割付手段(CPU1がROM3,外部メモリ11等に
記憶される印刷制御プログラムを実行してキーボード9
等から指定入力されるプリンタ名等に従って割り付け処
理する)と、前記割付手段により割り付けられたプリン
タを前記プリンタ割付ファイルに登録する登録手段(C
PU1がROM3,外部メモリ11等に記憶される印刷
制御プログラムを実行して登録処理する)とを有し、C
PU1により割り付けられた、例えばプリンタ名等をR
AM2等に確保されるプリンタ割付ファイルに登録する
ので、印刷条件に応じて出力情報に対するプリンタ候補
を自在に切り換えることができる。
【0045】図6は、本発明に係る印刷制御装置のデー
タ処理手順の一例を示すフローチャートである。なお、
(1)〜(7)は各ステップを示す。
【0046】先ず、ホストコンピュータ3000側のメ
モリ資源に記憶された各アプリケーションから印刷メニ
ューを選択すると(1)、アプリケーションは印刷メニ
ューウインドウWを表示する準備を始める(2)。この
時ホストコンピュータ3000は、印刷メニューウイン
ドウWを表示するために、印刷ウインドウ設定ファイル
の記述を参照しながら、ウインドウWの枠の大きさ,場
所の指定,プリンタの状況等々、画面表示に必要な各フ
ァイルをメモリ資源から読み込む(3)。
【0047】その際、この印刷ウインドウ設定時に、プ
リンタの設定で使用しているネットワークプリンタの設
定ファイルも同時に読み込む(4)。この読み込みは、
先に述べた印刷ウインドウ設定ファイルにその旨の設定
をあらかじめ記述しておくことで実現できる。
【0048】この設定の追加は、各種アプリケーション
をインストールする方法と同様にフロッピーディスクや
CD−ROM、ネットワークを通じて実行ファイルを読
み込み、このプログラムで印刷設定情報の追加作業を実
行することで設定できる。これにより、画面上に今まで
使用していた印刷メニューとこのネットワーク情報とを
リンクさせた画面(印刷メニューウインドウW)をCR
T10に表示することができる(5)。
【0049】次に、ユーザは使用したいネットワークプ
リンタA〜Cのいずれかを選択指示すると(6)、ホス
トコンピュータ3000は、該選択されたプリンタに対
してステイタス確認(ホストコンピュータ3000は、
I/F部分よりネットワークを介しプリンタサーバもし
くは、プリンタに対し直接アクセスを行うことでステイ
タスを確認)する。この時、プリンタ1500の準備が
できていれば接続処理を完了する。
【0050】一方、プリンタ1500の準備ができてい
ない場合は、状況をホストコンピュータ3000に返
し、ホストコンピュータ3000は結果をCRT10上
に表示する。
【0051】次に、ホストコンピュータ3000はプリ
ンタ1500に合わせて設定されているプリンタドライ
バを格納されているメモリ資源としての外部メモリ11
より読み込み、印刷の準備を行う。このプリンタドライ
バの設定は、プリンタドライバをホストコンピュータ3
000にインストールする際に関連づけを行うことで実
現され、複数のプリンタドライバを登録することができ
る。
【0052】最後に、印刷開始を選択(図5のOKボタ
ンの指示)すると、選択されたプリンタ1500に対し
て印刷情報転送して印刷させ(7)、処理をリターンす
る。
【0053】以下、本実施形態と第4,第5の発明の各
工程との対応及びその作用について図6等を参照して説
明する。
【0054】第4の発明は、所定の出力情報を所定の通
信媒体(ネットワーク)を介して接続される複数のプリ
ンタのいずれかに転送する印刷制御方法において、前記
複数のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を取得
する取得工程(図6のステップ(4))と、印刷要求時
に、表示部に表示される印刷設定画面内に前記プリンタ
資源情報に基づいて選択可能なプリンタ候補を表示させ
る表示工程(図6のステップ(5))と、前記印刷設定
画面内で選択指示されるプリンタに前記所定の出力情報
を転送する転送工程(図6のステップ(6),(7))
とをCPU1がROM3,外部メモリ11等のメモリ資
源に記憶された印刷制御プログラム(プリンタドライバ
を含む)を実行して、印刷要求時に、印刷条件の設定に
併せて選択すべきプリンタの設定とを同時に行なイがら
所望とするプリンタに出力情報を転送させることができ
る。
【0055】第5の発明は、所定の出力情報を所定の通
信媒体を介して接続される複数のプリンタのいずれかに
転送するコンピュータが読み出し可能なプリンタを格納
した記憶媒体において、前記複数のプリンタから選択可
能なプリンタ資源情報を取得する取得工程(図6のステ
ップ(4))と、印刷要求時に、表示部に表示される印
刷設定画面内に前記プリンタ資源情報に基づいて選択可
能なプリンタ候補を表示させる表示工程(図6のステッ
プ(5))と、前記印刷設定画面内で選択指示されるプ
リンタに前記所定の出力情報を転送する転送工程(図6
のステップ(6),(7))とを含むコンピュータが読
むことができるプログラムを記憶媒体に格納したもので
ある。すなわち、後述する外部記憶媒体または内部の記
憶資源に図6に示す工程に対応するプログラムコードを
記憶させ、該プログラムコードを記憶した記憶媒体から
CPU1が読み出して実行する形態も本発明の実施形態
に含まれるものである。
【0056】これにより、ユーザは簡単に自分の出力し
たいネットワークプリンタを選択して印刷することが可
能となる。なお、言うまでもないが、プリンタの変更を
行わなければ、印刷の操作は今までの操作手順と全く同
じように実現することができる。
【0057】〔第2実施形態〕上記第1実施形態で示し
たネットワークプリンタの設定はユーザがネットワーク
プリンタを選択することにより行う場合について説明し
たが、自動的にネットワークプリンタを選択するように
制御していもよい。以下、その実施形態について説明す
る。
【0058】図7は、本発明の第2実施形態を示す印刷
制御装置におけるネットワークプリンタユーティリティ
の構成を説明する図である。
【0059】図において、ネットワークプリンタの割り
付けを行うユーティリティプログラムとしてのネットワ
ークプリンタユーティリティ600は第1実施形態にお
いて説明したようにフロッピーディスク(FD)やCD
−ROM,ネットワークを通じてプログラムファイルを
読み込む。このプログラムは、プログラムを実行する実
行ファイル、各ウインドウの表示を設定する設定ファイ
ルから成り立っている。
【0060】まず、本プログラムを実行すると、ネット
ワークプリンタの割付画面60がCRT10に表示され
る。これには、ネットワークに接続されているプリンタ
A〜Cを、使用しているアプリケーションAP1〜AP
3または印刷するファイルの2種類の方法で自動設定が
できる。
【0061】ここで、ボリューム60Aを選択すると、
ボリュームウインドウ61が続いてCRT10上に表示
される。ここでは、印刷するファイルの大きさ(印刷部
数あるいは印刷容量に基づいて)によりプリンタAまた
はプリンタBガ自動選択される。
【0062】例えば、通常印刷では、100枚以上の場
合は、プリンタAガ自動選択され、1MB以上の規模の
ファイルを印刷する場合は、プリンタB(高速プリン
タ)のように、印刷ボリュームによって選択候補を自動
切り換え設定する。
【0063】この設定の実行方法は、各アプリケーショ
ンで印刷ボタンが押されると、プリントマネージャ(印
刷実行プログラム)は印刷するプリンタを探しにこのネ
ットワークユーティリティプログラムを読みにくる。こ
の時、このユーティリティはプリントマネージャに対し
印刷ボリュームの問い合わせを行う。ここで取得された
情報とボリュームに設定されている情報とを比較するこ
とで条件にあったプリンタを選択し、印刷を行う。
【0064】以上の手順をこのプリンタユーティリティ
が実行することで自動的にネットワークプリンタに接続
できる。
【0065】また、同様に、ネットワークプリンタの割
付画面60においてアプリケーション60Bを選択指示
すると、アプリケーション別のプリンタ設定画面62が
CRT10上に表示される。
【0066】ここでは、まず使用しているアプリケーシ
ョンAP1〜AP3の登録を行う。この登録方法は、フ
ァイル検索を行うのと同様の手段で登録できる。次に、
このアプリケーションにあったプリンタを選択するため
ネットワークプリンタA〜Cからの情報を検索し、それ
ぞれのアプリケーションAP1〜AP3にあったネット
ワークプリンタA〜Cを割り付けることができる。
【0067】これにより、例えばカラー画面を専用で扱
うアプリケーションAP1で印刷をする場合は、自動的
にカラープリンタとしてのネットワークプリンタAガ自
動選択される。
【0068】実際の印刷の際の手順は、上述したのと同
様に印刷時にこのユーティリティを読みにきた時にプリ
ンタの割り付けを行うことで実現できる。
【0069】なお、本実施形態において、ボリューム6
0A,アプリケーション60Bのどちらを基準に選択す
るかの優先順位は設定可能であることは言うまでもな
い。
【0070】以上の実施形態によれば、ユーザは印刷を
選択するという簡単な操作指示で、割り付けられたプリ
ンタを自動的に選択してアプリケーションからの印刷情
報を転送して所望の結果を得ることができる。
【0071】なお、上記図7に示した割付画面60等の
表示形式はあくまでも例示であって、記述しないその他
の設定が追加されていても内容は同じである。
【0072】上記実施形態によれば、図7に示したよう
にプリンタの選択をアプリケーション60Bによって振
り分けたり、印刷のボリューム60Aによって振り分け
るプリンタ選択環境を自在に構築することができ、従来
のネットワークプリンタ選択環境におけるプリンタ切り
換え指示操作負担を大幅に簡略できる。
【0073】以下、図8に示すメモリマップを参照して
本発明に係る印刷システムで読み出し可能なデータ処理
プログラムの構成について説明する。
【0074】図8は、本発明に係る印刷システムで読み
出し可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶媒
体のメモリマップを説明する図である。
【0075】なお、特に図示しないが、記憶媒体に記憶
されるプログラム群を管理する情報、例えばバージョン
情報,作成者等も記憶され、かつ、プログラム読み出し
側のOS等に依存する情報、例えばプログラムを識別表
示するアイコン等も記憶される場合もある。
【0076】さらに、各種プログラムに従属するデータ
も上記ディレクトリに管理されている。また、各種プロ
グラムをコンピュータにインストールするためのプログ
ラムや、インストールするプログラムが圧縮されている
場合に、解凍するプログラム等も記憶される場合もあ
る。
【0077】本実施形態における図6に示す機能が外部
からインストールされるプログラムによって、ホストコ
ンピュータにより遂行されていてもよい。そして、その
場合、CD−ROMやフラッシュメモリやFD等の記憶
媒体により、あるいはネットワークを介して外部の記憶
媒体から、プログラムを含む情報群を出力装置に供給さ
れる場合でも本発明は適用されるものである。
【0078】以上のように、前述した実施形態の機能を
実現するソフトウエアのプログラムコードを記録した記
憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステ
ムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMP
U)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し
実行することによっても、本発明の目的が達成されるこ
とは言うまでもない。
【0079】この場合、記憶媒体から読み出されたプロ
グラムコード自体が本発明の新規な機能を実現すること
になり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本
発明を構成することになる。
【0080】プログラムコードを供給するための記憶媒
体としては、例えば、フロッピーディスク,ハードディ
スク,光ディスク,光磁気ディスク,CD−ROM,C
D−R,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,RO
M,EEPROM等を用いることができる。
【0081】また、コンピュータが読み出したプログラ
ムコードを実行することにより、前述した実施形態の機
能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指
示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペ
レーティングシステム)等が実際の処理の一部または全
部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が
実現される場合も含まれることは言うまでもない。
【0082】さらに、記憶媒体から読み出されたプログ
ラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボー
ドやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わ
るメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指
示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに
備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、
その処理によって前述した実施形態の機能が実現される
場合も含まれることは言うまでもない。
【0083】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る第1
の発明によれば、印刷要求時に、表示部に表示される印
刷設定画面内に記憶手段に記憶されるプリンタ資源情報
に基づいて表示制御手段が選択可能なプリンタ候補を表
示させるので、印刷要求時に、印刷条件の設定に併せて
選択すべきプリンタの設定とを同時に行うことができ
る。
【0084】第2,第3の発明によれば、出力情報のデ
ータ量又は前記出力情報を作成するアプリケーション種
別に基づく等の所定の印刷条件に基づいて複数のプリン
タから所望のプリンタを割り付ける割付手段により割り
付けられたプリンタを登録手段が記憶手段に記憶される
プリンタ割付ファイルに登録するので、印刷条件に応じ
て出力情報に対するプリンタ候補を自在に切り換えるこ
とができる。
【0085】第4,第5の発明によれば、複数のプリン
タから選択可能なプリンタ資源情報を取得し、印刷要求
時に、表示部に表示される印刷設定画面内に前記プリン
タ資源情報に基づいて選択可能なプリンタ候補を表示さ
せ、前記印刷設定画面内で選択指示されるプリンタに前
記所定の出力情報を転送するので、印刷要求時に、印刷
条件の設定に併せて選択すべきプリンタの設定とを同時
に行うことができる。
【0086】従って、印刷要求時に、プリンタ候補の選
択指示を同時に行えること、および所定の印刷条件に従
ってネットワーク上のプリンタを割り付けて所望とする
プリンタを自動選択して出力情報を転送できる等の効果
を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用可能な第1の出力装置の構成を示
す断面図である。
【図2】本発明を適用可能な第2の出力装置の構成を示
す外観図である。
【図3】図2に示した第2の出力装置の制御構成を説明
するブロック図である。
【図4】本発明の第1実施形態を示す印刷制御装置を適
用可能な印刷システムの構成を説明するブロック図であ
る。
【図5】図4に示したCRTに表示される印刷メニュー
ウインドウの一例を示す図である。
【図6】本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順の
一例を示すフローチャートである。
【図7】本発明の第2実施形態を示す印刷制御装置にお
けるネットワークプリンタユーティリティの構成を説明
する図である。
【図8】本発明に係る印刷システムで読み出し可能な各
種データ処理プログラムを格納する記憶媒体のメモリマ
ップを説明する図である。
【符号の説明】
1 CPU 2 RAM 3 ROM 8 プリンタコントローラ 1500 プリンタ 3000 ホストコンピュータ

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 所定の出力情報を所定の通信媒体を介し
    て接続される複数のプリンタのいずれかに転送する印刷
    制御装置において、 前記複数のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を
    記憶する記憶手段と、 印刷要求時に、表示部に表示される印刷設定画面内に前
    記プリンタ資源情報に基づいて選択可能なプリンタ候補
    を表示させる表示制御手段と、を有することを特徴とす
    る印刷制御装置。
  2. 【請求項2】 所定の出力情報を所定の通信媒体を介し
    て接続される複数のプリンタのいずれかに転送する印刷
    制御装置において、 複数のプリンタから所望のプリンタを選択するためのプ
    リンタ割付ファイルを記憶する記憶手段と、 所定の印刷条件に基づいて複数のプリンタから所望のプ
    リンタを割り付ける割付手段と、 前記割付手段により割り付けられたプリンタを前記プリ
    ンタ割付ファイルに登録する登録手段と、を有すること
    を特徴とする印刷制御装置。
  3. 【請求項3】 前記所定の印刷条件は、前記出力情報の
    データ量又は前記出力情報を作成するアプリケーション
    種別に基づくことを特徴とする請求項2記載の印刷制御
    装置。
  4. 【請求項4】 所定の出力情報を所定の通信媒体を介し
    て接続される複数のプリンタのいずれかに転送する印刷
    制御方法において、 前記複数のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を
    取得する取得工程と、 印刷要求時に、表示部に表示される印刷設定画面内に前
    記プリンタ資源情報に基づいて選択可能なプリンタ候補
    を表示させる表示工程と、 前記印刷設定画面内で選択指示されるプリンタに前記所
    定の出力情報を転送する転送工程と、を有することを特
    徴とする印刷制御方法。
  5. 【請求項5】 所定の出力情報を所定の通信媒体を介し
    て接続される複数のプリンタのいずれかに転送するコン
    ピュータが読み出し可能なプリンタを格納した記憶媒体
    において、 前記複数のプリンタから選択可能なプリンタ資源情報を
    取得する取得工程と、 印刷要求時に、表示部に表示される印刷設定画面内に前
    記プリンタ資源情報に基づいて選択可能なプリンタ候補
    を表示させる表示工程と、 前記印刷設定画面内で選択指示されるプリンタに前記所
    定の出力情報を転送する転送工程とを含む、コンピュー
    タが読むことができるプログラムを格納したことを特徴
    とする記憶媒体。
JP8308914A 1996-11-20 1996-11-20 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体 Pending JPH10149268A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8308914A JPH10149268A (ja) 1996-11-20 1996-11-20 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8308914A JPH10149268A (ja) 1996-11-20 1996-11-20 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10149268A true JPH10149268A (ja) 1998-06-02

Family

ID=17986800

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8308914A Pending JPH10149268A (ja) 1996-11-20 1996-11-20 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10149268A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6827359B2 (en) * 2002-06-03 2004-12-07 Arvinmeritor Technology, Llc. Non-drive front axle steering knuckle
US7397577B2 (en) 1998-07-02 2008-07-08 Tohoku Ricoh Co., Ltd. Printing system including different kinds of printers and a printer selecting device therefor
CN101866276A (zh) * 2009-04-20 2010-10-20 夏普株式会社 打印控制方法和打印系统
USD753585S1 (en) 2014-05-08 2016-04-12 Esselte Ipr Ab Battery module for a printer
US9333776B2 (en) 2013-07-16 2016-05-10 Esselte Ipr Ab Cartridge for label printer
USD775274S1 (en) 2014-05-08 2016-12-27 Esselte Ipr Ab Printer

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7397577B2 (en) 1998-07-02 2008-07-08 Tohoku Ricoh Co., Ltd. Printing system including different kinds of printers and a printer selecting device therefor
US6827359B2 (en) * 2002-06-03 2004-12-07 Arvinmeritor Technology, Llc. Non-drive front axle steering knuckle
CN101866276A (zh) * 2009-04-20 2010-10-20 夏普株式会社 打印控制方法和打印系统
US9333776B2 (en) 2013-07-16 2016-05-10 Esselte Ipr Ab Cartridge for label printer
US9333777B2 (en) 2013-07-16 2016-05-10 Esselte Ipr Ab Label printer
USD753585S1 (en) 2014-05-08 2016-04-12 Esselte Ipr Ab Battery module for a printer
USD775274S1 (en) 2014-05-08 2016-12-27 Esselte Ipr Ab Printer

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5978557A (en) Printing device control apparatus and method
JPH08161250A (ja) 情報処理装置
JP2003022176A (ja) 印刷制御装置、情報処理装置、印刷制御方法、情報処理装置の方法及びプログラム
US6760118B1 (en) Printing device control apparatus and method
JP3507318B2 (ja) 印刷処理方法及び装置及び記憶媒体
JPH10149268A (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP3159875B2 (ja) 印刷方法及びその装置、及び印刷システム
JP4447677B2 (ja) 印刷システム、制御方法、記録媒体
JP3927678B2 (ja) 出力制御装置、情報処理装置、プリントサーバ、印刷システム及びその方法及びプログラム記憶媒体
JPH10329392A (ja) 情報処理システムおよび方法
JPH10187380A (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JPH10187390A (ja) 情報処理装置および情報処理装置のデータ処理方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP2001282492A (ja) データ処理装置およびデータ処理装置のプリンタ選択方法および記憶媒体
JP3184687B2 (ja) 情報処理方法、情報処理装置、出力方法、出力装置および印刷システム
JP3658025B2 (ja) 電子機器及び該機器を有するデータ処理システム及び前記機器におけるデータ処理方法
JP3610141B2 (ja) 情報処理装置および印刷装置および印刷システムおよび印刷システムのデータ処理方法および制御方法
JP3610194B2 (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP4594435B2 (ja) 印刷装置、情報処理装置、印刷装置の制御方法、情報処理装置の制御方法、及び、記憶媒体
JP3209858B2 (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法
JP3197616B2 (ja) プリンタ制御方法及びプリンタ制御装置およびプリンタ制御システムおよび情報処理装置およびデータ登録方法
JP3392095B2 (ja) 情報処理装置および情報処理方法およびプリントシステム
JPH08164648A (ja) 出力装置及びこれを含む情報処理システム
JPH10187385A (ja) 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JPH08166855A (ja) プリンタシステム
JPH09295432A (ja) プリンタ装置及びプリント制御方法