JPH0737366U - ゴムロールの洗浄装置 - Google Patents

ゴムロールの洗浄装置

Info

Publication number
JPH0737366U
JPH0737366U JP6714793U JP6714793U JPH0737366U JP H0737366 U JPH0737366 U JP H0737366U JP 6714793 U JP6714793 U JP 6714793U JP 6714793 U JP6714793 U JP 6714793U JP H0737366 U JPH0737366 U JP H0737366U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rubber roll
conveying
cleaning
brush
cleaning liquid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6714793U
Other languages
English (en)
Inventor
克仁 岩城
Original Assignee
信越ポリマー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 信越ポリマー株式会社 filed Critical 信越ポリマー株式会社
Priority to JP6714793U priority Critical patent/JPH0737366U/ja
Publication of JPH0737366U publication Critical patent/JPH0737366U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】本考案は、ゴムロールの研磨粉や表面の汚れを
確実かつ能率よく除去でき、研磨粉の飛散を防止できる
ゴムロールの洗浄装置を提供する。 【構成】本考案のゴムロールの洗浄装置は、入口から送
り込まれたゴムロール1のジャーナル部3を上下2本の
搬送手段により挟み、その一方の搬送手段4を他方の搬
送手段5よりも高速で移動させることにより、ゴムロー
ル1を回転前進させ、その間に洗浄液を噴射しながらブ
ラシ手段9でゴムロール1の表面を洗浄した後、出口か
ら排出するように構成されている。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、主としてファクシミリやプリンター、複写機等の事務機器等に装備 されるゴムロールの洗浄装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
上記ゴムロールは、その製造工程において、外径の寸法精度や平滑な表面状態 を得るために表面研磨やブラッシング(以下、研磨で代表する。)が行われるが 、従来、研磨作業中にゴムロールに付着した研磨粉や汚れは、通常、圧縮空気に より吹き飛ばして除去していた。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
しかし、上記従来の方法では、ゴムロールに付着した研磨粉やロール表面の汚 れを完全に除去することは難しく、吹き飛ばされた研磨粉等によって、作業環境 が汚染されるいう問題が生じる。また、研磨粉等の残留したゴムロールをプリン ター等に使用すると、紙を送る時にスリップを起こしたり、複写機の感光体を汚 染して印字不良を起こしたりする等、電子機器の不具合を誘発する原因となる。 本考案は、上記した従来の問題を解決するものであり、ゴムロールの研磨粉等 を完全に、しかも能率よく除去でき、研磨粉等の飛散を防止できるゴムロールの 洗浄装置を提供することを課題とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本考案者は、上記課題を解決するために種々検討を重ねた結果、極めて望まし いゴムロールの洗浄装置を開発した。すなわち、本考案は、ゴムロールの洗浄装 置において、送り込まれたゴムロールのジャーナル部を上下2本の搬送手段によ り挟み、その一方の搬送手段を他方の搬送手段よりも高速で移動させることによ り、ゴムロールを回転前進させ、その間に洗浄液を噴射しながらブラシ手段でゴ ムロール表面を洗浄した後、排出するように構成させてなることを特徴とするゴ ムロールの洗浄装置を要旨とするものである。
【0005】 以下、本考案のゴムロールの洗浄装置を添付の図面に基づいて説明する。図1 は、本考案のゴムロールの洗浄装置の概略図である。図において、1はゴムロー ル、2はベルトコンベア等の移送手段、3はゴムロール両端のジャーナル部(ゴ ムの被覆のない芯材部分)、4,5はベルト等の搬送手段、6,7,8は洗浄液 噴射ノズル、9は円形ブラシ、椀形ブラシ、広幅ブラシ、直線ブラシ、折曲ブラ シ、フレックスホーン、回転ブラシ等のブラシ手段(図では回転ブラシを示す。 )、10は噴射ノズルである。
【0006】 研磨後のゴムロール1は、ベルトコンベア2等の移送手段によって、本考案の 洗浄装置内に送り込まれる。送り込まれたゴムロール1は、その両端のジャーナ ル部3が、搬送ベルト4、5に挟まれて移動する。その際、搬送手段4、または 5のいずれか一方は、他方の搬送手段5または4よりも高速または低速で移動し ており、その両搬送手段の速度差によりゴムロール1は、常時回転された状態で 出口方向に前進する。なお、洗浄液としては、水単独あるいはこれに適宜の界面 活性剤を添加したもの、アルコール等の有機溶剤あるいはこれらを組合せたもの が例示されるが、適度の脱脂を要求される場合以外は水単独で十分である。
【0007】 このゴムロールが回転移動する間、所定の間隔に取り付けられた洗浄液噴射ノ ズル6,7,8から、間断的または間断なく洗浄液が上記ゴムロールに噴射され 、その間回転ブラシ等のブラシ手段9によりゴムロール1の表面がブラッシング されて洗浄される。
【0008】 上記搬送手段4と搬送手段5とのそれぞれの移動速度は、ブラシ手段9が、回 転するゴムロール1の表面に接触している間に、一回以上回転するように設定さ れる。この場合、ブラシ手段9は、ゴムロール1の回転方向と逆方向に回転させ ることが望ましい。
【0009】 例えば、回転ブラシの回転速度が20rpmとした場合に、一方の搬送ベルト の移動速度が0.1m/secとすると、他方の搬送ベルトがこの2〜3倍の範 囲に設定される。また、図示しないがブラシ手段9は複数個設けてもよい。ブラ シ手段9はゴムロール表面を傷つけない程度でかつ研磨粉が落ちるものであれば 特に制限はなく、ナイロンや金属線、不織布等が例示される。
【0010】 なお図1では、ブラシ手段9と洗浄液により洗浄されたゴムロール1は、装置 内の出口近傍に設けた噴射ノズル10から噴射された圧縮空気等のブローにより 、ゴムロールに付着した液滴が吹き飛ばされて乾燥され、ベルトコンベア等の搬 出手段11により搬出されるものを示したが、この乾燥手段や搬出手段は必要に 応じて設けられる。
【0011】 また、乾燥手段としては、これを本考案の洗浄装置に隣接する乾燥装置として 設けてもよい。乾燥手段としては洗浄液の種類により適宜選択され、ヒーターに よる蒸散や圧縮気体によるブローにより残留液滴を吹き飛ばすか、あるいはこれ らの組合せが例示される。なお蒸散のみによる場合には液滴中に含まれる固形分 がゴムロール表面に残留しないように留意するのがよい。
【0012】
【作用】
研磨後のゴムロールは、ベルトコンベア等の搬入手段により洗浄装置に送り込 まれる。ゴムロールは、その両端のジャーナル部が、上下2本の搬送手段に挟ま れて移動する。一方の搬送手段は、他方の搬送手段よりも高速で移動しているた め、その両搬送手段の速度差によりゴムロールは回転しながら前進する。
【0013】 このゴムロールの移動の間に、洗浄液噴射ノズルから噴射された洗浄液とブラ シ手段によりゴムロール表面が洗浄される。 洗浄されたゴムロールは、その後必要に応じてノズルから噴射された圧縮空気 等のブローにより乾燥されて搬出手段により排出される。
【0014】
【考案の効果】
本考案のゴムロールの洗浄装置によれば、ゴムロールの研磨粉等がムラなく完 全に、しかも能率よく除去できるため、高品質のゴムロールを提供することがで きる。また、研磨粉等の除去作業において、研磨粉等の飛散を防止できるので、 作業環境の汚染がなくなる等、本考案の産業上の効果は大きい。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本考案のゴムロールの洗浄装置の概略図であ
る。
【符号の説明】
1 ゴムロール 2 移送手段 3 ゴムロール両端のジャーナル部 4,5 搬送手段 6,7,8 洗浄液噴射ノ
ズル 9 ブラシ手段 10 ブローノズル

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】ゴムロールの洗浄装置において、送り込ま
    れたゴムロールのジャーナル部を上下2本の搬送手段に
    より挟み、その一方の搬送手段を他方の搬送手段よりも
    高速で移動させることにより、ゴムロールを回転前進さ
    せ、その間に洗浄液を噴射しながらブラシ手段でゴムロ
    ール表面を洗浄した後、排出するように構成させてなる
    ことを特徴とするゴムロールの洗浄装置。
JP6714793U 1993-12-16 1993-12-16 ゴムロールの洗浄装置 Pending JPH0737366U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6714793U JPH0737366U (ja) 1993-12-16 1993-12-16 ゴムロールの洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6714793U JPH0737366U (ja) 1993-12-16 1993-12-16 ゴムロールの洗浄装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0737366U true JPH0737366U (ja) 1995-07-11

Family

ID=13336511

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6714793U Pending JPH0737366U (ja) 1993-12-16 1993-12-16 ゴムロールの洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0737366U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20180065139A (ko) * 2016-12-07 2018-06-18 고등기술연구원연구조합 롤러의 세정장치 및 세정방법

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20180065139A (ko) * 2016-12-07 2018-06-18 고등기술연구원연구조합 롤러의 세정장치 및 세정방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005178382A (ja) ローラ、胴、および印刷版の清掃装置
US20030167948A1 (en) Method and apparatus for steam cleaning anilox inking rollers
JPH10507683A (ja) 表面を入念に洗浄するための方法と装置
JP2001096245A (ja) 洗浄方法および洗浄装置
TWM536985U (zh) 自動容器外部清洗系統
JPH0737366U (ja) ゴムロールの洗浄装置
US7077260B2 (en) Device for cleaning corrugator belts
US6374834B1 (en) Substrate processing method and processing apparatus
JP2007188974A (ja) ダイシング装置
JP6601241B2 (ja) 印刷装置
JP2006007071A (ja) スプレー塗装システムおよびマスキング冶具
JPH0561119U (ja) ベルトコンベヤの清浄装置
WO1999015335A1 (en) Method and apparatus for cleaning a rubber coated cylinder in an offset press
JP4250122B2 (ja) 洗浄システム
JP3288274B2 (ja) スクライブ洗浄機構
JPH05301084A (ja) 液処理装置
JP2009066524A (ja) ローラー洗浄装置
JPH0647284B2 (ja) 印刷機
KR100645217B1 (ko) 웨이퍼 세정장치 및 세정 방법
JPH0957218A (ja) プラスチックフィルムの表面清浄装置
JPH11186210A (ja) 基板の乾燥方法および乾燥装置
JP2000062736A (ja) 紙器の印字不良防止方法及びその装置
JPH09155311A (ja) ドラム搬送パレットの洗浄方法及び洗浄装置
JP3501869B2 (ja) 円筒状体または円柱状体の洗浄方法および装置
JPH079503U (ja) ロール外周面の異物除去装置