JPH0711647U - クサビ式接続装置 - Google Patents

クサビ式接続装置

Info

Publication number
JPH0711647U
JPH0711647U JP4232693U JP4232693U JPH0711647U JP H0711647 U JPH0711647 U JP H0711647U JP 4232693 U JP4232693 U JP 4232693U JP 4232693 U JP4232693 U JP 4232693U JP H0711647 U JPH0711647 U JP H0711647U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flange
horizontal
washer
pipe body
wedge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4232693U
Other languages
English (en)
Other versions
JP2515364Y2 (ja
Inventor
正大 松浦
映一 合川
勝 北垣
Original Assignee
アサヒ産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by アサヒ産業株式会社 filed Critical アサヒ産業株式会社
Priority to JP1993042326U priority Critical patent/JP2515364Y2/ja
Priority to CN 94218052 priority patent/CN2209703Y/zh
Publication of JPH0711647U publication Critical patent/JPH0711647U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2515364Y2 publication Critical patent/JP2515364Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 管体の結合が簡単かつ強固に能率よく行なえ
るクサビ式の接続装置を提供する。 【構成】 一方管体にフランジ12を固定し、他方管体
に、フランジ12の係止孔18に係止する爪先22を有
するフック金具14と、他方管体の軸方向に移動自在と
なるよう取り付けた座金15と、座金15の背面側に打
込み、フック金具14に対して座金15を一方管体側に
押圧するクサビ体17とを設け、フランジ12の係止孔
18に爪先22を係止した状態でクサビ体17を打込め
ば、両管体を直角状態で結合することができる。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
この考案は、垂直管体と水平管体の端部とを直角に結合するクサビ式の接続装 置に関する。
【0002】
【従来の技術】
建築や土木の工事において、作業足場や型枠支持支柱、支保工等の仮設構造物 として、四方に配置した縦柱を水平材で結合し、これを上方に順次継ぎ足して支 柱とすると共に、平面的に多数の支柱を並べ、隣接する支柱を水平材で結合する ようにした仮設構造物が提案されている。
【0003】 上記のような仮設構造物を構築するには、縦柱となる垂直管体と水平材となる 水平管体の端部を直角に結合する接続装置が必要になり、図8は、上記結合に使 用する従来の接続装置の構造を示している。
【0004】 図8において、接続装置は、垂直管体1の途中に外嵌固定した水平のフランジ 2と、水平管体3の両端部に固定したコ字状金具4と、このコ字状金具4とフラ ンジ2にわたって打込むクサビ体5とで形成され、フランジ2とコ字状金具4の 上下に設けたクサビ孔6、7、8に上部からクサビ体5を打込むことにより、フ ランジ2を水平管体3側に引込んで結合する構造になっている。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】
ところで、上記のような接続装置は、両側の垂直管体1を水平管体3で結合す るとき、水平管体3の端部とフランジ2との係合手段がないため、水平管体3を 仮置き状態にすることができず、直接クサビ体5の打込みによる結合を両端部で 略同時に行なわれなければならないため、作業性及び安全性が悪く、二人の作業 者が必要になり、組立てや解体の作業コストが高くつくという問題がある。
【0006】 また、クサビ体5の打込みによりフランジ2を水平管体3側に引込んで結合す るため、高い結合強度を得るのが困難であり、荷重支持力の優れた仮設構築物を 得ることができないという問題がある。
【0007】 そこで、この考案の課題は、垂直管体間への水平管体の仮置きを可能にし、仮 設構築物の組立て及び解体が安全に能率よく、かつ、省力的に行なえ、しかも強 固な結合によって荷重支持力の優れたクサビ式接続装置を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記のような課題を解決するため、この考案は、角度をもって互に結合せんと する管体の一方管体にフランジを固定し、このフランジの管体径方向の位置に係 止孔を設け、他方管体の端部に、この管体の端部に固定され、フランジの係止孔 に上部から挿入して係止する爪先を有するフック金具と、他方管体の軸方向に移 動自在となるよう保持され、前面側にフランジの上下で一方管体の外面に対する 当接面を有する座金と、前記座金の背面側に打込み、フック金具に対して座金を 一方管体側に押圧するクサビ体とを設けた構成を採用したものである。
【0009】
【作用】
一方管体に固定したフランジの係止孔にフック金具の爪先を係止することによ って、一方管体間に他方管体を仮置き状態で架設することができ、仮設構築物の 組立てが安全に能率よく省力的に行なえると共に、クサビ体を打込むと、座金は 一方管体の外面に押し付けられると共に、フランジが他方管体側にフック金具で 引かれ、相反する方向の締付力によって一方管体と他方管体を強固に固定化する ことができる。
【0010】
【実施例】
以下、この考案の実施例を添付図面の図1乃至図7に基づいて説明する。
【0011】 図1乃至図4は、クサビ式接続装置の第1の実施例を示し、鋼管製の垂直管体 11に外嵌固定したフランジ12と、水平管体13の両端部に固定したフック金 具14と、フック金具14の先端部分に取り付けた座金15と、座金15に水平 管体13に向けての移動弾性を付与する板ばね16と、この座金15の背面側で フック金具14の内部に打ち込むクサビ体17とで接続装置が構成されている。
【0012】 上記フランジ12は、矩形状の金属板を用いて垂直管体11に溶接で固定し、 垂直管体11の径方向に沿う四方の位置に、各々一対の係止孔18、18が設け られている。
【0013】 水平管体13の端部に溶接で固定したフック金具14は、水平管体13に固定 する後壁19の両側に側壁20、20を対向して設けた平面コ字状に形成され、 両側壁20、20の前縁にフランジ12へ外嵌する切欠21、21を設け、この 切欠21、21の上縁で先端部の位置に、フランジ12の係止孔18、18に上 部から挿入して係止する下向きの爪先22、22が設けられている。
【0014】 前記座金15は、傾斜後壁23の両側に対向する側壁24、24を設けて、フ ック金具14の側壁20、20間に納まる平面コ字状に形成され、両側壁24、 24の先端部中央にフランジ12を逃がすための切欠25、25が設けられ、両 側壁24、24の切欠25を挾む先端縁が垂直管体11の外面に対する当接縁2 6になっている。
【0015】 両側壁24、24の上下位置に水平の長孔27、27が設けられ、フック金具 14の上下には長孔27、27を貫通するピン28、28を側壁20、20間へ の架設によって設け、両側壁20、20間に座金15を水平管体13の軸方向へ 長孔27、27の範囲で移動自在に保持している。
【0016】 上記座金15の傾斜後壁23は、下部が水平管体13側に接近する方向の傾斜 となり、板ばね16はこの座金15の内部に納まり、両端部をピン28、28に 係止し、中間の屈曲部分で傾斜後壁23の内面側を押圧し、座金15に常時水平 管体13側へ向けての移動弾性を付勢している。
【0017】 クサビ体17は、フック金具14の内部で後壁19と座金15の間に圧入する ものであり、後壁19に対応する一方側縁は垂直となり、傾斜後壁23に対応す る他方側縁はこの傾斜後壁23と等しい傾斜面になり、フック金具14内に上部 から打込むことにより座金15を垂直管体11側に押圧することになる。
【0018】 前記フック金具14の一方側壁20の外面で上下の位置にブレースピン29、 29が突設されている。
【0019】 図3は、水平管体13で結合した両側垂直管体11、11を補強するブレース 31を示し、上下対角位置にある接続装置のブレースピン29、29間に架設す る二本の斜材32、32を中央の交差部においてピン33で結合し、更に、この ピン33の部分に水平材34の中央部を結合し、水平材34の両端部に垂直管体 11のホルダー35を設けた構造になっている。
【0020】 上記ホルダー35は、図5(A)、(B)のように、水平材34の端部に固定 され、垂直管体11に外嵌係合するフック36と、水平材34の端部に起伏動自 在となるよう取り付けられた軸状のストッパー杆37とからなり、ストッパー杆 37は、伏倒時にフック36の開口部分に突出し、このフック36とで垂直管体 11を抱持することになる。
【0021】 このように、水平材34によって両側垂直管材11、11の途中を結合すると 、垂直管体11、11の撓みによる座屈発生を防ぎ、荷重支持力を大幅に向上さ せることができる。
【0022】 接続装置の第1の実施例は上記のような構成であり、仮設構造物の組立てを行 なうには、図3のように、下端をジャッキ38で支持した垂直管体11を四方に 配置し、対向する垂直管体11、11の上部のフランジ12間及び下部のフラン ジ12間に各々水平管体13を架設する。
【0023】 水平管体13の端部に取り付けてある接続装置は、クサビ体17の抜き取りに より、座金15が板ばね16で押され、その当接縁26はフック金具14の前縁 よりも内側に没入しているので、フック金具14に設けた爪先22をフランジ1 2の係止孔18に係止する作業は支障なく行なえる。
【0024】 両側のフランジ12間に架設する水平管体13は、フック金具14の爪先22 を係止孔18に上部から引掛けることにより、仮置き状態となり、一人の作業員 で架設作業が行なえる。
【0025】 上記水平管体13は、仮置き状態で、係止孔18と爪先22のクリアランス分 だけ水平方向の移動性があり、この仮置き状態で、上下水平管体13間にブレー ス31を取り付け、水平材34の両端に設けたホルダー35で垂直管体11の途 中を抱持する。
【0026】 水平管体13は仮置き状態で水平の移動性があるため、上下水平管体13のブ レースピン29間へのブレース31の取り付け作業が円滑に支障なく行なえる。
【0027】 ブレース31の取り付け後において、水平管体13の両端に設けた接続装置の フック金具14内にクサビ体17を上部から挿入して打込む。
【0028】 クサビ体17の打込みにより、座金15が前方に移動し、図2のように、座金 15は垂直管体11側に移動し、その当接縁26が垂直管体11の外面に当接し てこれを押すと同時に、フック金具14は爪先22でフランジ12を水平管体1 3側に引くことになる。
【0029】 このように、垂直管体11とフランジ12に相反する方向の力を加えることに より、図2のように、垂直管体11と水平管体13を直角状の配置で強固に結合 固定化することができる。
【0030】 上記のように、各垂直管体11の四面において、水平管体13とブレース31 による結合を行ない、次に各垂直管体11上にジョイント39を用いて垂直管体 11を継ぎ足し、対向する垂直管体11の上部を水平管体13で結合し、かつ、 上下水平管体13をブレース31で結合し、これを上方に順次繰り返して行くこ とにより、必要とする高さの支柱41を組み立てる。
【0031】 図4(A)、(B)は、上記支柱41を用い、スラブ型枠の支持を行なう仮設 構造物を示し、多数の支柱41を一定の間隔で平面的に碁盤の目状に配置し、隣 接する支柱41における対向垂直管体11をフランジ12の部分で水平管体13 によって結合し、各支柱41間において、水平管体13間に足場板を架設すれば 、支柱41間に碁盤の目状の通路42を確保することができ、仮設構造物は、ジ ャッキ43と大引44を介してスラブ用型枠45を支持することになる。
【0032】 なお、仮設構造物の解体は、先に述べた組立て時と逆の操作と手順によって行 なうことができる。
【0033】 次に図6と図7は、接続装置の第2の実施例を示している。
【0034】 図6と図7において、水平管体13の端部に固定したフック金具51は、厚み のある金属板を用い、先端に設けた下向きの爪先52が水平管体13の端部から 突出するよう、水平管体13内に溶接され、水平管体13の端部に軸方向への移 動が自在となるよう外嵌した外筒53の先端部で上下の外面に、垂直管体11に 当接するアーム状の座金54、54が斜前方に向けて突出するように固定され、 両座金54、54は、先端部の前面が垂直管体11に対する当接弧状面55にな っている。
【0035】 前記外筒53と水平管体13の嵌合部分における上下には、軸方向に沿う長孔 56、57と58、59が設けられ、これら長孔に対して上部からクサビ体60 が貫通状に挿入されている。
【0036】 上記長孔は下位の長孔58、59が上位の長孔56、57よりも短かく、かつ くさび体60は前縁が垂直で後縁が複数段に傾斜し、このクサビ体60を打込む ことによって外筒53は前方へ移動することになる。
【0037】 なお、外筒53の先端には、両側の位置に、垂直管体11に固定したフランジ 12を逃がすための切欠61が設けられ、フランジ12には爪先52を係止する 係止孔18が、垂直管体11の直径方向に沿う四箇所の位置に設けられている。
【0038】 この第2の実施例の接続装置は、先の第1の実施例において述べた仮設構造物 の組み立てにおいて、ブレース31における水平材34の端部に取り付け、水平 材34と垂直管体11の結合に使用され、水平管体13が水平材34に該当する 。
【0039】 垂直管体11に水平材を結合するには、クサビ体60を引上げて外筒53を退 動させた図6の状態で、フック金具51の爪先52を係止孔18に係止し、次に 外筒53を垂直管体11側に移動させ、座金54、54の当接弧状面55を垂直 管体11に当接させた状態で長孔56、57、58、59にクサビ体60を打込 めば、座金54、54が垂直管体11を押すと同時にフック金具51の爪先52 がフランジ12を引き込み、これによって垂直管体11と水平材を直角の状態で 結合固定化することができる。
【0040】
【考案の効果】
以上のように、この考案によると、仮設構築物の組立時、フランジ間に管体を 仮置きした状態にすることができ、組立て及び解体の作業性が良く、作業員の省 力化が可能になると共に、クサビ体の打込みにより、座金とフック金具が逆方向 に突っ張って固定化を行なうので、管体の結合が強固に行なえる。
【0041】 また、水平管体は仮置き状態で平面的な移動が可能であるので、水平管体間に 対するブレースの取り付け取り外し作業が簡単に支障なく行なえる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案に係るクサビ式接続装置の第1の実施
例を示す分解斜視図
【図2】(A)は同上の接続状態を示す平面図、(B)
は同正面図
【図3】接続装置を用いて組立てた支柱の正面図
【図4】(A)は支柱を用いて構成した仮設構築物の正
面図、(B)は同側面図
【図5】(A)はホルダーの一例を示す正面図、(B)
は同横断平面図
【図6】接続装置の第2の実施例を示す分解斜視図
【図7】同上の接続状態を示す縦断正面図
【図8】従来の接続装置を示す正面図
【符号の説明】
11 垂直管体 12 フランジ 13 水平管体 14、51 フック金具 15、54 座金 16 板ばね 17、60 クサビ体 18 係止孔 22、52 爪先 29 ブレースピン

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 角度をもって互に結合せんとする管体の
    一方管体にフランジを固定し、このフランジの管体径方
    向の位置に係止孔を設け、他方管体の端部に、この管体
    の端部に固定され、フランジの係止孔に上部から挿入し
    て係止する爪先を有するフック金具と、他方管体の軸方
    向に移動自在となるよう保持され、前面側にフランジの
    上下で一方管体の外面に対する当接面を有する座金と、
    前記座金の背面側に打込み、フック金具に対して座金を
    一方管体側に押圧するクサビ体とを設けたクサビ式接続
    装置。
JP1993042326U 1993-08-02 1993-08-02 クサビ式接続装置 Expired - Fee Related JP2515364Y2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993042326U JP2515364Y2 (ja) 1993-08-02 1993-08-02 クサビ式接続装置
CN 94218052 CN2209703Y (zh) 1993-08-02 1994-08-02 楔型连接装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993042326U JP2515364Y2 (ja) 1993-08-02 1993-08-02 クサビ式接続装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0711647U true JPH0711647U (ja) 1995-02-21
JP2515364Y2 JP2515364Y2 (ja) 1996-10-30

Family

ID=12632892

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993042326U Expired - Fee Related JP2515364Y2 (ja) 1993-08-02 1993-08-02 クサビ式接続装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2515364Y2 (ja)
CN (1) CN2209703Y (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002317552A (ja) 2001-04-20 2002-10-31 Yuko Maintenance:Kk 仮設構造物の構築方法とこれに用いる手摺り筋交い
CN102787712A (zh) * 2012-08-22 2012-11-21 梁尧忠 斜拉杆扣板
JP2014234685A (ja) * 2013-06-05 2014-12-15 アサヒ産業株式会社 仮設建物における布材
JP2015048677A (ja) * 2013-09-03 2015-03-16 信和株式会社 足場部材の連結金具及び足場部材の連結構造
CN105421754A (zh) * 2015-11-20 2016-03-23 武汉达顺创新科技有限公司 建筑脚手架快速搭建连接装置

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101454643B1 (ko) * 2014-02-25 2014-10-27 김한규 체결구가 형성된 비계 파이프
CN113668848B (zh) * 2021-08-23 2022-07-15 江苏速捷模架科技有限公司 一种独立塔式盘扣支撑架

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6068240U (ja) * 1983-10-15 1985-05-15
JPS61115345U (ja) * 1984-12-26 1986-07-21
JPS6239257U (ja) * 1985-08-26 1987-03-09

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6068240U (ja) * 1983-10-15 1985-05-15
JPS61115345U (ja) * 1984-12-26 1986-07-21
JPS6239257U (ja) * 1985-08-26 1987-03-09

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002317552A (ja) 2001-04-20 2002-10-31 Yuko Maintenance:Kk 仮設構造物の構築方法とこれに用いる手摺り筋交い
CN102787712A (zh) * 2012-08-22 2012-11-21 梁尧忠 斜拉杆扣板
JP2014234685A (ja) * 2013-06-05 2014-12-15 アサヒ産業株式会社 仮設建物における布材
JP2015048677A (ja) * 2013-09-03 2015-03-16 信和株式会社 足場部材の連結金具及び足場部材の連結構造
CN105421754A (zh) * 2015-11-20 2016-03-23 武汉达顺创新科技有限公司 建筑脚手架快速搭建连接装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2515364Y2 (ja) 1996-10-30
CN2209703Y (zh) 1995-10-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4567432B2 (ja) 法面の作業床構築システムと作業床構築装置及び作業床パネル
KR930001033B1 (ko) 지주의 연결방법 및 지주장치
JPH0711647U (ja) クサビ式接続装置
JP3851105B2 (ja) 仮設構造物の構築方法とこれに用いる手摺り筋交い
JP6210608B1 (ja) 支保工
KR20190083298A (ko) 조립식 천막용 기둥과 지붕 트러스 연결방법 및 장치
US6045114A (en) Elongated, curved framework with a variable degree of curvature
JP3514887B2 (ja) 支保工システム
KR20180046603A (ko) 비계형성용 고정구 및 이를 이용한 작업용 발판거치대
JP3033549U (ja) 組立式足場
JP4684490B2 (ja) 支保工システム
JPH0618556U (ja) クサビ式ジョイント
JP3732838B2 (ja) 連結用具セット、構造物及び金属管の連結方法
JP2525362Y2 (ja) 仮設構造物の継手部構造
JP3877797B2 (ja) 曲率可変の湾曲骨組体の組立構造
KR100547010B1 (ko) 클립을 이용한 빔 구조체의 결합 및 분해방법
CN212359221U (zh) 一种装配式钢结构支架
RU2147657C1 (ru) Трубчатая стержневая система
JP7190225B1 (ja) 荷受けステージ
CN216552932U (zh) 一种脚手架
JP3848406B2 (ja) 曲率可変の湾曲骨組体
JP2003056176A (ja) 仮設構造物における連結構造
KR100682136B1 (ko) 지주 연결장치
JP3443190B2 (ja) 作業ステージ取付け金具と作業ステージ
JP3038008U (ja) 仮設構造物用鋼管継手

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960604

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees