JPH06144575A - ピッキング装置 - Google Patents

ピッキング装置

Info

Publication number
JPH06144575A
JPH06144575A JP4127473A JP12747392A JPH06144575A JP H06144575 A JPH06144575 A JP H06144575A JP 4127473 A JP4127473 A JP 4127473A JP 12747392 A JP12747392 A JP 12747392A JP H06144575 A JPH06144575 A JP H06144575A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scooping
baggage
pallet
luggage
picking
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4127473A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0780570B2 (ja
Inventor
Ryoji Tanaka
良治 田中
Original Assignee
Murata Mach Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Mach Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Mach Ltd
Priority to JP4127473A priority Critical patent/JPH0780570B2/ja
Publication of JPH06144575A publication Critical patent/JPH06144575A/ja
Publication of JPH0780570B2 publication Critical patent/JPH0780570B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明は、荷物を1箱ずつの単位で積替え可
能とするものであり、従来の如く、数段に積み重ねられ
た荷物を層毎に数箱ずつ積み替えるのでは、量が多過ぎ
るのである。本発明は、パレットの上に層状に複数段積
み重ねられた荷物を、1個ずつ掬い上げて積替えを可能
とするのである。 【構成】 荷物1の一側を上方から押さえるズレ止め部
材Aと、該荷物1の他側から荷物下に入り込み、荷物1
を掬う掬い部材Bとを具備したことを特徴とするピッキ
ング装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は製品倉庫等において、パ
レット上に複数列・複数段に荷積された荷物を、1個ず
つ掴み上げて、他のパレットに積替えたり、コンベアに
移載したりするピッキング機構に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、パレットからの荷降ろし装置
に関する技術は公知とされているのである。しかし、上
記の従来技術は、パレットの上に層状に数段に積み重ね
られた荷物を、1層ずつ荷降ろしして積替えを行う技術
であり、荷物を1個ずつ積み替えることは出来なかった
のである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、製品の小売
店への納入に際し、必要な商品を必要な数だけ、必要な
時に小口納入することが出来るようにするものである。
その為には、荷物を1箱ずつの単位で積替え出来ること
が必要であり、従来の如く、数段に積み重ねられた荷物
を層毎に数箱ずつ積み替えるのでは、量が多過ぎるので
ある。本発明は、パレットの上に層状に複数段積み重ね
られた荷物を、1個ずつ掬い上げて積替えを可能とする
ものである。
【0004】
【課題を解決する為の手段】本発明の解決しようとする
課題は以上の如くであり、次に該課題を解決する為の手
段を説明する。即ち、荷物1の一側を上方から押さえる
ズレ止め部材Aと、該荷物1の他側から荷物下に入り込
み、荷物1を掬う掬い部材Bとを具備したものである。
【0005】
【作用】次に作用を説明する。層状に複数段・複数列に
配置された荷物1の中の、最上段の層の1個に対して、
まずズレ止め部材Aが一面に接当される。次に他面の載
置境界面に、ピックアップベルト7と掬上げベルト6・
6により構成された掬い部材Bが入り込んで、荷物1を
掬い部材支持杆4の上に載置するのである。該掬い部材
支持杆4とズレ止め体2により、荷物1を挟持した状態
で、掬い部材支持杆4とズレ止め支持杆3を同時に移動
して、パレットから他のパレットや搬送コンベアの上に
移動するのである。
【0006】
【実施例】次に実施例を説明する。図1と図2により本
発明のピッキング装置の全体的な構成を説明する。本発
明のピッキング装置は、ズレ止め部材Aと掬い部材Bを
主体として構成されている。該ズレ止め部材Aは、ズレ
止め支持杆3の先端に設けられている。該ズレ止め支持
杆3は、ズレ止め支持機構17の部分において、摺動支
持ローラ18により支持されて、左右に摺動可能とされ
ている。該ズレ止め支持杆3の左右への摺動は、ズレ止
め制御機構27を構成するモータや空圧シリンダや油圧
シリンダにより最適位置に移動される。
【0007】該ズレ止め支持機構17は、掬い部材支持
機構20に対して上下位置を制御すべく構成している。
該掬い部材支持機構20とズレ止め支持機構17との間
の上下機構は、モータ又は空圧シリンダ又は油圧シリン
ダにより行われる。また、掬い部材Bは、掬い部材支持
杆4の先端に構成されており、該掬い部材支持杆4自体
は、掬い部材支持機構20に、摺動支持ローラ19にて
支持されている。該掬い部材支持機構20には、図2に
示す如く、モータ等により構成された掬い部材制御機構
26が設けられており、荷物と荷物の間の載置境界面に
挿入されるように制御されている。該掬い部材支持杆4
を支持している掬い部材支持機構20自体が、前後移動
機構24に対して上下位置制御を可能としている。
【0008】該前後移動機構24に対して掬い部材支持
機構20を上下する上下支持機構21は、実施例におい
ては、パンタグラフにより構成されている。そして空圧
または油圧の上下動シリンダ22により制御されてい
る。また前後移動機構24は、支持レール25に嵌入す
る移動輪23を具備しており、図2に示す前後移動機構
28により、各荷物1の位置に合致するように前後移動
される。
【0009】次に図3・図4において、ズレ止め部材A
と掬い部材Bの構成を説明する。掬い部材Bは、図3・
図4に示す如く、先端部分の掬い部材支持杆4に角度α
が設けられている。即ち、掬い部材支持杆4の下面は水
平であり、上面に角度αが設けられているのである。そ
して掬い部材支持杆4の先端部分には、ピックアップベ
ルト7がプーリ軸10とプーリ軸11の間に巻回されて
いる。該プーリ軸10には、ピックアップベルト7の前
後の外側の位置にピックアップローラ5・5が取り付け
られており、ピックアップベルト7に同期して回転す
る。
【0010】該プーリ軸10は、掬い部材支持杆4の先
端が「コ」字型に分岐された部分に軸受支持されてお
り、前記ピックアップベルト7は「コ」字型の内部に巻
回支持されている。逆にピックアップローラ5・5は、
「コ」字型の外側にプーリ軸10が突出した部分に支持
されている。またピックアップローラ5・5の、入り込
み方向後方に、掬上げベルト6・6が巻回支持されてい
る。該掬上げベルト6・6は、入り込み方向の先端をプ
ーリ軸11のプーリに巻回されており、入り込み方向の
後端はプーリ軸12のプーリに巻回されている。
【0011】ピックアップベルト7の入り込み方向後方
には、ベルトが配置されていないのである。またピック
アップベルト7は略水平方向に配置されており、掬上げ
ベルト6・6は掬い部材支持杆4の上面の角度に沿って
角度αに巻回されている。また該掬上げベルト6・6の
外側から支持杆を突出して、先端に荷物検出器8を配置
している。該荷物検出器8は、ピックアップベルト7と
ピックアップローラ5・5よりは後方の位置に配置され
ているが、掬い部材Bが荷物1に近付いたことを検出す
るのである。
【0012】次にズレ止め部材Aについて説明する。前
記したズレ止め支持杆3の荷物側の先端に、ズレ止め部
材Aが装着されている。即ち、ズレ止め支持杆3の先端
の左右の位置に、上下ガイド軸36・36が並行に立設
されており、該前後2本の上下ガイド軸36・36に、
ズレ止め上下体9の前後2本の遊嵌孔部9aが嵌装され
ており、該ズレ止め上下体9は、上下ガイド軸36・3
6に沿って上下動を可能としている。そして、ズレ止め
上下体9の遊嵌孔部9aと、ズレ止め支持杆3のバネ受
け3aとの間に、下方付勢バネ15が介装されている。
該下方付勢バネ15により、荷物1の上部を押し下げる
作用を助成しているのである。
【0013】ズレ止め上下体9の下端に枢支軸14を設
け、該枢支軸14にズレ止め体2を枢支している。該ズ
レ止め体2は、ズレ止め支持杆3の側の端部を上方へ折
曲部2aとして構成し、荷物1の上面との接触状態を良
好に成らしめている。該ズレ止め体2とズレ止め上下体
9を枢支する枢支軸14の外周には、位置戻しバネ37
が介装されており、ズレ止め体2が荷物1の上面に接触
しない場合には、略水平状態に戻るように付勢支持して
いる。
【0014】次に、ピッキング装置の全体のピッキング
作業の手順を、図5から図11に従って説明する。積替
え作業に掛かる前に、ピッキング装置を制御する制御部
に対して、決められた荷物1の種類がインプットされる
のである。該荷物1の種類のインプットにより荷物の大
きさと性状がピッキング装置に教え込まれるのであり、
このデータに沿って、ズレ止め部材Aと掬い部材Bが移
動して、積替え作業が行われるのである。
【0015】図5においては、パレット16の上に層状
に載置した荷物1を1個ずつ搬送コンベア13の上に移
載する状態を示している。図6から図11においては、
パレット16からパレット29に積み替える状態を示し
ている。パレット16はフォークリフトや搬送コンベア
等により搬送してくるのである。そして本発明のピッキ
ング装置の作動可能な位置に配置する。支持レール25
に沿って前後移動機構24が移動して、ピッキング装置
が複数列に載置された荷物1の、積替えする荷物1の前
面に位置するように移動する。
【0016】そして最上段の荷物1と次段の荷物1との
間の積載面に合わせた位置に、掬い部材支持杆4が停止
するように、掬い部材支持機構20が上下動シリンダ2
2により上下動される。そして掬い部材Bが載置境界面
に向かって伸長する。該掬い部材Bの先端の荷物検出器
8が、該荷物1の載置境界面に至ったことを検出する
と、ズレ止め支持杆3も伸長されて、荷物1の上面の離
れた位置にズレ止め体2が位置するまで伸長される。荷
物1の大きさと性状が最初にインプットされているの
で、この情報に従って、ズレ止め部材Aの上下・前後の
位置が決定されるのである。
【0017】次に図6の如く、ズレ止め部材Aを下降さ
せて、ズレ止め体2を荷物1の上面に接当する状態にす
る。該状態では、ズレ止め体2は下方付勢バネ15によ
り押圧された状態で、荷物1の上面に接当している。こ
の状態では未だ掬い部材Bの先端のピックアップベルト
7の部分は、載置境界面に入込んではいない。
【0018】次に図7において図示する如く、ズレ止め
支持杆3を左手方向に押し出すことにより、ズレ止め体
2にて荷物1を傾動する操作を行い、同時に、荷物1が
傾動されて、載置境界面が開き気味となるので、この部
分に時計回りに回転するピックアップベルト7を押し込
んでいく。これにより、該荷物1の載置境界面が上方に
押上げられて、ピックアップベルト7とピックアップロ
ーラ5・5と掬上げベルト6・6が順番に、荷物1の下
面に挿入されていくのである。この際、ピックアップベ
ルト7、ピックアップローラ5・5、及び掬上げベルト
6・6が時計回りに回転しているため、掬い部材Bは容
易に入り込んでいくことができる。
【0019】次に図8に示す如く、ピックアップベルト
7が荷物1の下面の約3分の2程度(荷物1の重心位置
を越えればよい)まで挿入されるよう掬い部材Bを更に
押し込んでいく。
【0020】次に図9の如く、ピックアップベルト7が
荷物1の下面の約3分の2程度まで挿入された状態で、
掬い部材支持杆4への荷物1の載置が終了し、ズレ止め
部材Aとの間で荷物1を上下から、角度αの状態で挟持
した状態で、掬い部材支持杆4とズレ止め支持杆3が同
時に右方向へ移動し搬送が開始される。
【0021】そして、パレット29の上又は搬送コンベ
ア13の上まで移動すると、ズレ止め部材Aと掬い部材
Bにより荷物1を挟持した状態で、ズレ止め支持機構1
7と摺動支持ローラ19が同時に下降し、荷物1が傾動
して下方になった部分の角部がパレット29の上に載置
される。前述の如くピックアップベルト7が荷物1の底
面の3分の2程度までしか挿入されていないので、荷物
1の一方の角部が露出されており、該部分が最初にパレ
ット29の上に到達し載置されるのである。
【0022】該下角部がパレット29の上に付いた状態
で、掬い部材Bを荷物1の下面から引き抜き、ズレ止め
部材Aを上昇させる。この際、ピックアップベルト7、
ピックアップローラ5・5、及び掬上げベルト6・6が
反時計回りに回転するため、掬い部材Bに連れて荷物1
が移動することなく、掬い部材Bを引き抜くことができ
る。
【0023】
【発明の効果】本発明は以上の如く構成したので、次の
ような効果を奏するのである。即ち、第1に、荷物1の
一側を上方から押さえるズレ止め部材Aと、該荷物1の
他側から荷物下に入り込み、荷物1を掬う掬い部材Bと
を設けたので、層状に複数段・複数列に配置された荷物
1の中の、最上段の層の1個ずつを個別に掴み上げるこ
とが可能となったので、小口配送の為に、1個ずつの荷
物1を積替えすることが可能となったのである。
【0024】第2に、一方からズレ止め部材Aを、他方
から掬い部材Bを突出し、荷物1を両方から挟持する状
態とすることが出来るので、掴み上げと搬送の際におい
て荷物1がずれることがなく、確実なピッキング作業を
行うことが出来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のピッキング装置の全体正面図。
【図2】同じくピッキング装置の平面図。
【図3】ズレ止め部材Aと掬い部材Bにより荷物1を掴
み上げた状態の拡大側面図。
【図4】同じくズレ止め部材Aと掬い部材Bにより荷物
1を掴み上げた状態の平面図。
【図5】ピッキング装置によりパレット16上の荷物1
を掴み上げる寸前の状態の正面図。
【図6】ズレ止め部材Aにより押さえて掬い部材Bが入
り込む寸前の正面図。
【図7】掬い部材Bが荷物1の間に入り込んだ状態の正
面図。
【図8】ズレ止め部材Aと掬い部材Bにより掬い上げた
状態の正面図。
【図9】荷物1を掴んで搬送する状態の正面図。
【図10】他のパレット29の上に載置する寸前の正面
図。
【図11】ズレ止め部材Aも解除された状態の正面図。
【符号の説明】
A ズレ止め部材 B 掬い部材 1 荷物 2 ズレ止め体 3 ズレ止め支持杆 4 掬い部材支持杆 5 ピックアップローラ 6 掬上げベルト 7 ピックアップベルト 8 荷物検出器

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 荷物の一側を上方から押さえるズレ止め
    部材と、該荷物の他側から荷物下に入り込み、荷物を掬
    う掬い部材とを具備したことを特徴とするピッキング装
    置。
JP4127473A 1992-05-20 1992-05-20 ピッキング装置 Expired - Lifetime JPH0780570B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4127473A JPH0780570B2 (ja) 1992-05-20 1992-05-20 ピッキング装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4127473A JPH0780570B2 (ja) 1992-05-20 1992-05-20 ピッキング装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06144575A true JPH06144575A (ja) 1994-05-24
JPH0780570B2 JPH0780570B2 (ja) 1995-08-30

Family

ID=14960801

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4127473A Expired - Lifetime JPH0780570B2 (ja) 1992-05-20 1992-05-20 ピッキング装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0780570B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015151209A (ja) * 2014-02-12 2015-08-24 レンゴー株式会社 シート山支持装置およびシート山の積重ね搬送装置
EP3020515A1 (en) * 2014-11-13 2016-05-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and article taking-out method
US20160347558A1 (en) * 2015-05-28 2016-12-01 Kabushiki Kaisha Toshiba Article handling apparatus and method of operating the same
US10457490B2 (en) 2014-09-10 2019-10-29 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and holding apparatus

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015151209A (ja) * 2014-02-12 2015-08-24 レンゴー株式会社 シート山支持装置およびシート山の積重ね搬送装置
US10457490B2 (en) 2014-09-10 2019-10-29 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and holding apparatus
EP3020515A1 (en) * 2014-11-13 2016-05-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and article taking-out method
US10351362B2 (en) 2014-11-13 2019-07-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and article taking-out method
US10793378B2 (en) 2014-11-13 2020-10-06 Kabushiki Kaisha Toshiba Transfer apparatus and article taking-out method
US20160347558A1 (en) * 2015-05-28 2016-12-01 Kabushiki Kaisha Toshiba Article handling apparatus and method of operating the same
JP2016222377A (ja) * 2015-05-28 2016-12-28 株式会社東芝 荷役装置及びその動作方法
US10053305B2 (en) 2015-05-28 2018-08-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Article handling apparatus and method of operating the same

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0780570B2 (ja) 1995-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8671649B2 (en) Separate packing station
EP1879822B1 (en) System for unloading or loading of cargo
JP4212468B2 (ja) 負荷システムを有するフォークリフトトラック
US7077615B2 (en) Apparatus for loading and unloading a cargo compartment of an aircraft
KR20170096870A (ko) 과일 선별용 트레이 이송장치
JPH05246541A (ja) 個別物品を取り上げる方法及び装置
JPH06171762A (ja) ピッキング装置
US20040131451A1 (en) Load pick-up device and method for the storage of articles in an order-picking system
JPH06144575A (ja) ピッキング装置
JP3183119B2 (ja) 層単位移載装置
JPH06144574A (ja) ピッキング装置
AT506539B1 (de) Fördervorrichtung mit einem aufnahmemittel für eine trennlage
JPH06144576A (ja) ピッキング装置
JPH06144573A (ja) ピッキング装置
JPH0784258B2 (ja) ピッキング装置
JPH0784257B2 (ja) ピッキング装置
JPH0769455A (ja) ピッキング装置
JP6056707B2 (ja) 物品移載装置及び搬送設備
JPH0784255B2 (ja) ピッキング装置
WO2020158019A1 (ja) 移載装置
JPH08133416A (ja) 荷搬出装置
JP3389759B2 (ja) 物品移載装置
JPWO2020158019A1 (ja) 移載装置
JP2616645B2 (ja) ピッキングシステム
JPH10212002A (ja) 冷凍倉庫用面切り出し移載装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100830

Year of fee payment: 15

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110830

Year of fee payment: 16

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120830

Year of fee payment: 17

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120830

Year of fee payment: 17