JPH0538597A - スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置 - Google Patents

スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置

Info

Publication number
JPH0538597A
JPH0538597A JP3217886A JP21788691A JPH0538597A JP H0538597 A JPH0538597 A JP H0538597A JP 3217886 A JP3217886 A JP 3217886A JP 21788691 A JP21788691 A JP 21788691A JP H0538597 A JPH0538597 A JP H0538597A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crushing
screen residue
screen
washing
roller
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3217886A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2779716B2 (ja
Inventor
Atsuo Hirai
敦夫 平井
Eiichi Muto
栄一 武藤
Toshiaki Tsuda
敏明 津田
Iwao Fujii
巌 藤井
Kohei Maeda
公平 前田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Kiden Kogyo Ltd
Original Assignee
Hitachi Kiden Kogyo Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Kiden Kogyo Ltd filed Critical Hitachi Kiden Kogyo Ltd
Priority to JP3217886A priority Critical patent/JP2779716B2/ja
Publication of JPH0538597A publication Critical patent/JPH0538597A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2779716B2 publication Critical patent/JP2779716B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 スクリーン渣中の未破砕物を圧潰しつつ洗浄
した後、脱水する。 【構成】 下水処理場より回収され、破砕洗浄装置A内
に投入されたスクリーン渣中の未破砕物を圧潰するプレ
スプレート2およびローラ3とを対設してなる破砕洗浄
装置Aをケーシング1内に設ける。それと共に、圧潰さ
れたスクリーン渣のローラ3・プレスプレート2の間よ
り落下する位置にスクリーン渣に向かって洗浄水を噴射
するノズル4,5を配設する。かつこの下方に円筒形ス
クリーン内をプランジャを前後進させて加圧脱水する脱
水手段を備え、この脱水手段に搬送用ダクトCを設け
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は下水処理場、ポンプ場等
の水路より掻き揚げ回収されたスクリーン渣の未破砕物
を圧潰しつつ洗浄し、これを脱水工程へ供給するように
なしたスクリーン渣の破砕洗浄脱水装置に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】下水処理場、ポンプ場等においては汚水
中に混合される固形物を汚水と分離して、この固形物と
汚水とを個別に処理している。この固形物は一般にスク
リーン渣と称されており、汚水中より除塵機にて掻き揚
げ回収されたものであるため、人糞等の未破砕物も多く
含まれ、かつ含水率も極めて高く、この状態では投棄、
焼却は勿論のこと、投棄位置までの搬出もできない。こ
のため、回収されたスクリーン渣は所要の含水率まで脱
水されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】回収されたスクリーン
渣には未破砕の人糞等も含有されているので、このスク
リーン渣を洗浄後、脱水している。これは回収スクリー
ン渣を洗浄槽内へ投入し、撹拌により汚物を水に溶解分
散させて除去し、洗浄層より洗浄されたスクリーン渣を
除塵機等で分離後、これを脱水している。このため洗浄
に多量の水を要し、かつ洗浄槽の設置スペースも大きく
必要としている。
【0004】本発明は回収後のスクリーン渣を小量の洗
浄水で効率よく洗浄しつつ、汚物を圧潰除去した後脱水
し、これを次の搬送、焼却投棄等へ送り、スクリーン渣
の洗浄脱水をより確実に、かつコンパクトな装置で行う
ことを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成
するためになしたもので、下水処理場より回収され、破
砕洗浄装置内に投入されたスクリーン渣中の汚泥等の未
破砕物に対し、常に洗浄水が高圧で噴射される洗浄水噴
射手段と、投入されるスクリーン渣中の未破砕物を圧潰
するプレスプレートおよびローラとを対設してなる破砕
洗浄装置をケーシング内に設けると共に圧潰されたスク
リーン渣のローラ・プレスプレート間より落下する位置
にスクリーン渣に向かって洗浄水を噴射するノズルを配
設し、かつこの下方に円筒形スクリーン内をプランジャ
を前後進させて加圧脱水する脱水手段を備え、この脱水
手段に搬送用ダクトを設けたことを要旨とする。
【0006】
【作用】下水処理場等より回収されたスクリーン渣を、
洗浄水をノズルより噴射して洗浄する洗浄機能を備えた
ローラとプレスローラ間を通過させて未破砕汚物等を圧
潰しつつ、高圧線浄水の噴射にて圧潰汚物を洗い流し、
かつスクリーン渣に水を含有させてこれをピストンによ
る加圧式脱水装置にてスクリーン渣内部の汚物を脱水、
脱離水と共に絞り出し、除去する。これにより未破砕汚
物等の混入したスクリーン渣でも、従来のような洗浄槽
をなくし、コンパクトな装置で確実に破砕洗浄でき、そ
のまま焼却できると共に臭気の飛散を防止できるものと
なる。
【0007】
【実施例】以下本発明を図示の実施例に基づいて説明す
る。下水処理場、ポンプ場等の水路より除塵機等にて掻
き揚げ回収されたスクリーン渣を連続的もしくは間歇的
にコンベア等を介して破砕洗浄装置Aに供給され、この
破砕洗浄装置Aを介してこの下方に配設された加圧脱水
装置Bへ供給する。この破砕洗浄装置Aはコンベア等の
先端下端下方位置に配設され、スクリーン渣が投入され
やすいようにホッパーを兼ねるようにして加圧脱水装置
Bの上部に配設される。
【0008】この破砕洗浄装置Aはケーシング1内にプ
レスプレート2と回転駆動されるローラ3とを対設し、
かつこのローラ3を回動させ、プレスプレート2をロー
ラ3側に所要圧で圧接するようになすとともに、このロ
ーラ外周面、またはローラとプレスプレート間に向かっ
て洗浄水を所要の高圧で噴射し、汚物を洗浄するための
洗浄ノズル4を設ける。
【0009】これによりコンベア等より直接またはシュ
ート等を介してケーシング1内に投入される回収スクリ
ーン渣Sは、プレスプレート2とローラ3間に落下する
ものとなり、ローラ3の回動と、プレスプレート2のロ
ーラ側への押圧力とにより、このスクリーン渣がこのロ
ーラ・プレスプレート間を通過する際、未破砕物は圧潰
されるとともに圧搾により脱水され、高圧で噴射される
洗浄水にて洗浄される。
【0010】このプレスプレート2は円弧形をなし、ケ
ーシング1に枢着され、下端部をローラ3の外周面と沿
うようになしている。従ってプレスプレート2とローラ
3との間隔はプレスプレートの上部側では広く、下部側
では狭くなっているので、ローラの回動にてプレスプレ
ート上に落下したスクリーン渣は自然とプレスプレート
面に沿って下方向へ滑動し、ローラ下部位置でプレスプ
レート・ローラ間にて強押圧されて脱水されるとともに
未破砕汚物は圧潰される。
【0011】ローラ・プレスプレート間を経てスクリー
ン渣が落下する位置にこのスクリーン渣に向かって洗浄
水を高圧で噴射するノズル5,5を設け、これによりプ
レスプレート・ローラ間で未破砕汚物は圧潰され、スク
リーン渣とともに下方へ落下する際、この洗浄水にて洗
い流すようにして洗浄し、これを下方位の加圧脱水装置
Bへ供給し、ここで所望の脱水を行うようになす。
【0012】またケーシング1の下部内底面で、かつロ
ーラとプレスプレート間を経て圧搾されたスクリーン渣
が落下する位置にすすぎ洗槽6を配設する。このすすぎ
洗槽6は浅い槽で、破砕洗浄装置Aより加圧脱水装置B
へスクリーン渣を導くために設けた排出シュート7側に
傾斜した堰板71を設けると共に、この堰板71と反対
側に洗浄水噴射ノズル72を設け、堰板71に向かって
洗浄水を噴射せしめる。これによりすすぎ槽6内に落下
したスクリーン渣は洗浄水噴射によりすすぎ洗われた
後、この噴射圧にて堰板71を乗り越えて排出シュート
7を経て下方の加圧脱水装置Bへ送られるものである。
【0013】この加圧脱水装置Bには破砕洗浄装置Aよ
りのすすぎ洗槽6へ供給されたスクリーン渣を圧搾して
脱水するための油圧シリンダ8のピストン9(またはス
クリュー)を円筒形の脱水スクリーン渣筒10内に設
け、かつこのシリンダの操作にてこのピストンが筒状の
脱水スクリーン筒内を進退してすすぎ洗槽より排出シュ
ートを経て供給されるスクリーン渣を間歇的に圧搾して
脱水し、その後、加圧脱水装置Bに接続された搬送ダク
トCへ供給して搬送するようになす。
【0014】
【発明の効果】本発明によるとは下水処理場等より回収
されたスクリーン渣に未破砕汚物等が混入されていても
ローラとプレスプレート及び洗浄水噴射ノズルよりなる
簡易洗浄手段にて予め圧潰洗浄し、させにこれをシャワ
ーにて充分水を含ませてスクリーン渣の落下途中で洗
い、これを加圧脱水するか、またはすすぎ洗槽内ですす
ぎ洗いをした後、脱水しているため、処理場等より回収
されたスクリーン渣を連続して処理が行え、かつこれを
直接焼却等での処理が簡易に行える利点がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明スクリーン渣の破砕洗浄装置を示す一部
破断した正面図である。
【図2】同平面図である。
【符号の説明】
A 破砕洗浄装置 B 加圧脱水装置 C 搬送ダクト 1 ケーシング 2 プレスプレート 3 ローラ 4 洗浄ノズル 5 洗浄ノズル 6 すすぎ洗槽 7 排出シュート
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 // C02F 11/12 D 7824−4D (72)発明者 藤井 巌 兵庫県尼崎市下坂部3丁目11番1号 日立 機電工業株式会社内 (72)発明者 前田 公平 兵庫県尼崎市下坂部3丁目11番1号 日立 機電工業株式会社内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下水処理場より回収され、破砕洗浄装置
    内に投入されたスクリーン渣中の未破砕物を圧潰するプ
    レスプレートおよびローラとを対設してなる破砕洗浄装
    置をケーシング内に設けると共に、圧潰されたスクリー
    ン渣のローラ・プレスプレート間より落下する位置にス
    クリーン渣に向かって洗浄水を噴射するノズルを配設
    し、かつこの下方に円筒形スクリーン内をプランジャを
    前後進させて加圧脱水する脱水手段を備え、この脱水手
    段に搬送用ダクトを設けたことを特徴とするスクリーン
    渣の破砕洗浄脱水装置。
  2. 【請求項2】 下水処理場より回収され、破砕洗浄装置
    内に投入されたスクリーン渣中の未破砕物を圧潰するプ
    レスプレートおよびローラとを対設してなる破砕洗浄装
    置をケーシング内に設けると共に、圧潰されたスクリー
    ン渣のローラ・プレスプレート間より落下する位置にス
    クリーン渣に向かって洗浄水を噴射するノズルを配設
    し、かつこの下方に円筒形スクリーン内をプランジャを
    前後進させて加圧脱水する脱水手段を備え、この脱水手
    段にすすぎ洗いをするすすぎ洗槽を備えると共に、この
    すすぎ洗槽に洗浄水を供給する洗浄水供給管を備え、こ
    のすすぎ洗槽を越流したスクリーン渣を加圧脱水する脱
    水手段及びこれに連設した搬送ダクトを備えたことを特
    徴とするスクリーン渣の破砕洗浄脱水装置。
JP3217886A 1991-08-02 1991-08-02 スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置 Expired - Fee Related JP2779716B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3217886A JP2779716B2 (ja) 1991-08-02 1991-08-02 スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3217886A JP2779716B2 (ja) 1991-08-02 1991-08-02 スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0538597A true JPH0538597A (ja) 1993-02-19
JP2779716B2 JP2779716B2 (ja) 1998-07-23

Family

ID=16711309

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3217886A Expired - Fee Related JP2779716B2 (ja) 1991-08-02 1991-08-02 スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2779716B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7080650B1 (en) * 2001-04-26 2006-07-25 Jwc Environmental Screenings washer
US7086405B1 (en) * 2001-04-26 2006-08-08 Jwc Environmental Screenings washer
US7383842B1 (en) 2006-08-03 2008-06-10 Jwc Environmental Screenings washer apparatus
CN103769281A (zh) * 2014-01-17 2014-05-07 京科高创(北京)新技术发展有限公司 一种饲料粉碎机脱水成套处理设备及操作方法
CN109225505A (zh) * 2018-11-23 2019-01-18 湖北工程职业学院 一种高效率粉碎整粒机
CN112871271A (zh) * 2020-12-31 2021-06-01 南通市达欣工程股份有限公司 建筑垃圾再次利用的粉碎设备的使用方法
CN113083439A (zh) * 2021-04-19 2021-07-09 张小刚 一种畜牧业用牲畜粪便烘干破碎装置
CN113292116A (zh) * 2020-12-29 2021-08-24 内蒙古鑫水源科技有限公司 一种城镇生活污水净化装置
CN114146771A (zh) * 2021-12-29 2022-03-08 湖南省大观溪生物科技有限公司 一种黄精提取物的提取装置及其提取方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111604117A (zh) * 2020-06-04 2020-09-01 过蕊 一种工业固废粉碎清洗设备

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7080650B1 (en) * 2001-04-26 2006-07-25 Jwc Environmental Screenings washer
US7086405B1 (en) * 2001-04-26 2006-08-08 Jwc Environmental Screenings washer
US7383842B1 (en) 2006-08-03 2008-06-10 Jwc Environmental Screenings washer apparatus
CN103769281A (zh) * 2014-01-17 2014-05-07 京科高创(北京)新技术发展有限公司 一种饲料粉碎机脱水成套处理设备及操作方法
CN109225505A (zh) * 2018-11-23 2019-01-18 湖北工程职业学院 一种高效率粉碎整粒机
CN113292116A (zh) * 2020-12-29 2021-08-24 内蒙古鑫水源科技有限公司 一种城镇生活污水净化装置
CN112871271A (zh) * 2020-12-31 2021-06-01 南通市达欣工程股份有限公司 建筑垃圾再次利用的粉碎设备的使用方法
CN113083439A (zh) * 2021-04-19 2021-07-09 张小刚 一种畜牧业用牲畜粪便烘干破碎装置
CN113083439B (zh) * 2021-04-19 2022-07-08 张小刚 一种畜牧业用牲畜粪便烘干破碎装置
CN114146771A (zh) * 2021-12-29 2022-03-08 湖南省大观溪生物科技有限公司 一种黄精提取物的提取装置及其提取方法
CN114146771B (zh) * 2021-12-29 2023-11-17 湖南省大观溪生物科技有限公司 一种黄精提取物的提取装置及其提取方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2779716B2 (ja) 1998-07-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101370379B1 (ko) 협잡물 제거용 진동 스크린
JPH0538597A (ja) スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置
JP4067471B2 (ja) ベルト型濃縮機
JPH0576898A (ja) スクリーン渣の破砕洗浄装置
JPH02172543A (ja) 土壌水洗装置
JPS6147640B2 (ja)
US5393424A (en) Mud dehydrating system
JPS5811013A (ja) 汚泥の脱水方法および装置
JPS6027589Y2 (ja) スクリ−ン渣洗滌脱水時の流出かす処理装置
JPH04118199A (ja) 除塵脱水装置
JPS5818149B2 (ja) スクリ−ン渣汚砂等の洗滌処理装置
CN219469907U (zh) 一种辊和履带式组合污泥加压脱水机组
JP3210684B2 (ja) スクリーン渣の洗浄脱水方法
CN212833215U (zh) 全自动污水处理设备
JP4444535B2 (ja) 生ゴミ処理システム
JPH04126556A (ja) スクリーン渣洗浄装置
JPH04131150A (ja) 除塵脱水装置の運転方法
CN211138216U (zh) 一种垃圾分选装置
JP2005169175A (ja) 篩渣洗浄脱水装置
JPH034463Y2 (ja)
JP3477267B2 (ja) スクリーン渣の破砕洗浄脱水装置
JP2005170532A (ja) 篩渣洗浄脱水装置
JPH04123896A (ja) 除塵脱水装置
CN111940461A (zh) 一种土壤污染防治用固废处理装置
JP3680692B2 (ja) 生ゴミ処理装置

Legal Events

Date Code Title Description
S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees
R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350