JPH045827Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH045827Y2
JPH045827Y2 JP16873288U JP16873288U JPH045827Y2 JP H045827 Y2 JPH045827 Y2 JP H045827Y2 JP 16873288 U JP16873288 U JP 16873288U JP 16873288 U JP16873288 U JP 16873288U JP H045827 Y2 JPH045827 Y2 JP H045827Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pipe
mating
faucet
piping
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP16873288U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0288087U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP16873288U priority Critical patent/JPH045827Y2/ja
Publication of JPH0288087U publication Critical patent/JPH0288087U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH045827Y2 publication Critical patent/JPH045827Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Joints With Pressure Members (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) この考案は、配管接続部が壁、カウンタ等の内
部に埋め込まれる形式の埋込式水栓に対して給水
管、給湯管等相手配管を接続するための構造に関
する。
(従来の技術) 埋込式湯水混合水栓、埋込式シヤワー水栓、埋
込式シヤワーバス水栓その他配管接続部が壁或い
はカウンタ等水栓取付体の内部に埋め込まれる形
式の水栓においては、従来、第4図に示している
ように配管接続部100をパツキン等を用いない
でユニオン継手102を用いて給水管、給湯管等
相手配管104と金属タツチで接続するようにし
ていた。相手配管104との接続に際してこのよ
うなパツキンを用いると、長期間の間にパツキン
が劣化してそこから漏水することがあり、この場
合配管接続部が壁等の内部に埋め込まれているた
めに、漏水があつてもなかなか気付かず、漏水を
発見したときには壁が変色してしまつたりする問
題を生じ、また修理するに際しても壁等を削る必
要があるなど面倒となるからである。そこで同図
に示しているように、外向きフランジを備えた本
体106と内向きフランジを備えたナツト108
とから成るユニオン継手102を用いて、具体的
にはユニオン継手本体106の先端を接続部10
0の先端に直接当接させた状態で、内向きフラン
ジを有するナツト(袋ナツト)108を接続部1
00にねじ込んで継手本体106を固定し、そし
てその本体106の他端側に相手配管104を連
結することによつて、それらを接続するようにし
ていた。
(考案が解決しようとする課題) ところでこの種ユニオン継手を用いた接続方式
では、従来、第4図に示しているようにユニオン
継手本体106にねじ部110を形成してそこに
相手配管104のねじ部112を螺合するねじ結
合方式と、第5図に示しているようにユニオン継
手本体114に配管(銅管)差込部116を設け
てそこに相手配管118を差し込んだ上溶接する
方式の2つの方式があり、そこでユニオン継手を
用いて水栓と相手配管とを接続する場合、かかる
ユニオン継手として上記2種類の形式のものを用
意することが必要であつた。しかしながら2種類
のユニオン継手を用意するとなると在庫管理も面
倒となるし、製造単価も高くなつてしまう。
(課題を解決するための手段) 本考案はこのような課題を解決するためになさ
れたものであり、その要旨は、水栓の配管接続部
と相手配管とを壁、カウンタ等水栓取付体の内部
において、倍接続部と相手配管とを連結する外向
きフランジを備えた本体及び内向きフランジを該
本体の外向きフランジに係合させた状態で該接続
部にねじ込まれるナツトを有するユニオン継手を
介して接続する埋込式水栓の配管接続構造におい
て、該ユニオン継手本体の軸方向一端側にねじ結
合部を形成する一方、他端側に配管差込部を形成
し、相手配管との接続際して該ユニオン継手本体
の軸心方向の向きを選択することによつて、それ
らねじ結合部及び配管差込部の何れかを一方を相
手配管の側に位置させて該相手配管と接続するよ
うにしたことにある。
(作用及び考案の効果) このように本考案の接続構造においては、単一
のユニオン継手本体の一端側にねじ結合部を設け
る一方、他端側に配管差込部を設け、それらの何
れか一方を選択して相手配管と接続し得るように
しているため、相手配管との接続方式に応じて2
種類のユニオン継手を別途に用意する必要がな
い。これによりユニオン継手の在庫管理が簡単と
なり、また製造単価も安価となるなどの利点が生
ずる。
(実施例) 次に本考案の実施例を図面に基づいて詳しく説
明する。
第1図は埋込式水栓の一例を示したものであつ
て、この水栓10は、ハンドル12とハンドル軸
14とが壁面、カウンタ上面等水栓取付面16よ
り突出する状態で取り付けられている。一方配管
との接続部18は取付面16の内部に埋め込まれ
ており、かかる接続部18が給水管、給湯管等相
手配管20に対して、ユニオン継手22を介して
接続されている。このユニオン継手22は、継手
本体24とナツト26とから成つている。継手本
体24は軸方向中間部に外向きフランジ28を有
し、そのフランジ28は軸方向両側の面がテーパ
面30とされている。継手本体24の軸方向一端
側は銅管差込部32として形成され、また他端側
はねじ結合部33とされている。銅管差込部32
には嵌合面34が形成されており、またねじ結合
部33には外周面に雄ねじ36が形成されてい
る。
他方ナツト26には、テーパ面40を有する内
向きフランジ38が形成されている。このナツト
26は、内向きフランジ38のテーパ面40を本
体フランジ28のテーパ面30に係合させた状態
で、雌ねじ42が接続部18の雄ねじにねじ込ま
れており、そしてそれらテーパ面40,30の係
合に基づいて継手本体24を接続部18に固定し
ている。
他方継手本体24のねじ結合部33には相手配
管20の雌ねじ45が螺合されており、以てかか
る配管20と接続部18とがユニオン継手22を
介して互いに連結されている。
以上は相手配管20がねじ結合方式の場合であ
るが、第2図に示しているように相手配管46が
差込みによつて接続される形式のものであれば、
継手本体24の軸方向の向きを上記とは逆向きに
して取り付ければ良い。即ちねじ結合部33を水
栓10の接続部18内に挿入する一方、差込部3
2を相手配管46の側に突出させ、そしてその嵌
合面34に相手配管46を挿入・嵌合した上溶接
すれば、接続部18と相手配管46とが接続され
る。
尚第1図の例では、継手本体24のねじ結合部
33に雄ねじ36が形成されているが、第3図に
示しているようにねじ結合部33に雌ねじ48を
形成し、外周面に雄ねじ49を形成した相手配管
50をこの雌ねじ48に螺合するようにしても良
い。
その外本考案は、継手本体24のフランジ28
の軸方向両面を部分突球面として同面をナツト2
6のフランジ38や水栓接続部18の先端に圧接
させることも可能であるし、また本考案を上記以
外の水栓、即ち配管接続部が壁、カウンタ等の内
部に埋め込まれる形式の水栓一般に対して適用可
能あるなど、その主旨を逸脱しない範囲におい
て、様々な変更を加えた形態で構成することが可
能である。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の一実施例である水栓の配管接
続構造を示す一部切欠断面図であり、第2図は第
1図のユニオン継手の向きを逆にして配管を接続
した状態の一部切欠断面図である。第3図は本考
案の他の実施例の一部切欠要部断面図であり、第
4図及び第5図を夫々水栓の従来の配管接続構造
を説明するための説明図である。 10……水栓、16……取付面、18……接続
部、20,46,50……相手配管、22……ユ
ニオン継手、24……継手本体、26……ナツ
ト、28……外向きフランジ、32……銅管差込
部、33,45……ねじ結合部、38……内向き
フランジ。

Claims (1)

  1. 【実用新案登録請求の範囲】 水栓の配管接続部と相手配管とを壁、カウンタ
    等水栓取付体の内部において、該接続部と相手配
    管とを連結する外向きフランジを備えた本体及び
    内向きフランジを該本体の外向きフランジに係合
    させた状態で該接続部にねじ込まれるナツトを有
    するユニオン継手を介して接続する埋込式水栓の
    配管接続構造において、 該ユニオン継手本体の軸方向一端側にねじ結合
    部を形成する一方、他端側に配管差込部を形成
    し、相手配管との接続に際して該ユニオン継手本
    体の軸心方向の向きを選択することによつて、そ
    れらねじ結合部及び配管差込部の何れか一方を相
    手配管の側に位置させて該相手配管と接続するよ
    うにしたことを特徴とする埋込式水栓の配管接続
    構造。
JP16873288U 1988-12-27 1988-12-27 Expired JPH045827Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16873288U JPH045827Y2 (ja) 1988-12-27 1988-12-27

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16873288U JPH045827Y2 (ja) 1988-12-27 1988-12-27

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0288087U JPH0288087U (ja) 1990-07-12
JPH045827Y2 true JPH045827Y2 (ja) 1992-02-18

Family

ID=31458169

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16873288U Expired JPH045827Y2 (ja) 1988-12-27 1988-12-27

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH045827Y2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019053818A1 (ja) * 2017-09-13 2019-03-21 三菱電機株式会社 外部配管接続構造

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6202794B2 (ja) * 2011-10-05 2017-09-27 川澄化学工業株式会社 接続部材

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019053818A1 (ja) * 2017-09-13 2019-03-21 三菱電機株式会社 外部配管接続構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0288087U (ja) 1990-07-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4712812A (en) Universal fittings
US3831983A (en) Plumbing connection
JP2603780B2 (ja) カランの取付構造
JPH045827Y2 (ja)
US5595212A (en) Wall mount inlet stop system
JP3134692B2 (ja) ヘッダー
JP4296578B2 (ja) 水栓継手
JP2504098Y2 (ja) 管継手
KR200409780Y1 (ko) 배관 연결구
JP2002115283A (ja) 給水設備における壁付機器の施工構造及びこれに用いる継手管
JPH071390U (ja) 異質管用継手
JPH08270848A (ja) カウンターにおける配管構造
JP2003194268A (ja) 配管用ステンレス管継手
JP2605316Y2 (ja) フレキシブル管用継手
JP4810267B2 (ja) 管継手
JPS6016685Y2 (ja) 水栓用ユニオン
JP3054493U (ja) フレキシブルパイプの接続構造
JP3057606U (ja) 配管用継手
JPH027355Y2 (ja)
JPH0512549Y2 (ja)
JP2542768Y2 (ja) 配管アダプタの壁への取付構造
JPS6124781Y2 (ja)
JPH0340934Y2 (ja)
JPS601342Y2 (ja) 管連結装置
JP3069838B2 (ja) 管端防食構造