JPH0229137Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0229137Y2
JPH0229137Y2 JP1984149924U JP14992484U JPH0229137Y2 JP H0229137 Y2 JPH0229137 Y2 JP H0229137Y2 JP 1984149924 U JP1984149924 U JP 1984149924U JP 14992484 U JP14992484 U JP 14992484U JP H0229137 Y2 JPH0229137 Y2 JP H0229137Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
truss
base material
reinforcing bar
fixing rod
floor structure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP1984149924U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6165111U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP1984149924U priority Critical patent/JPH0229137Y2/ja
Publication of JPS6165111U publication Critical patent/JPS6165111U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0229137Y2 publication Critical patent/JPH0229137Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Joining Of Building Structures In Genera (AREA)
  • Reinforcement Elements For Buildings (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) この考案は、コンクリート床の基盤及び補強と
して使用される床構造材に関するものであつて、
建築用材を製造する分野及び建築の分野で利用さ
れるものである。
(従来の技術) 従来この種の床構造材を建造物の柱や梁の鉄筋
又は側枠等に固定する場合、別に用意したスタツ
ドボルト等を用いて溶接固着する方法が採られて
いる。
(解決すべき問題点) 上記従来の方法においては、現場における溶接
個所が多く、作業効率が悪いために、その改善が
望まれていた。
(問題点を解決する為の手段) この考案は、ベース材の上面に屈曲補助鉄筋を
ベース面より立上らせて所定間隔で並列固着する
と共に、前記屈曲補助鉄筋の頂部下側にトラスの
上部鉄筋を前記屈曲補助鉄筋と交叉して溶着し、
トラスの下部鉄筋とベース材上面との間に所定間
隔を設け、前記トラスの端部は、前記ベース材よ
り外方へ突出させ、前記トラスの端部に少なくと
も下端をベース材の下面と同等にした固定杆を縦
設固着してなる床構造材である。また、前記固定
杆は直線状としたものである。次に、前記固定杆
は直線状とし、その下端部を鉤状に屈曲させたも
のである。
前記ベース材は、平板状の鋼板でもよいが、波
板又は波板の下面にその波と直角方向に鉄筋を溶
着したものを用いれば、一層の強度を得ることが
できる。また前記トラスの下部鉄筋とベース材上
面との間に所定間隔を設けてあるので、トラスの
下部鉄筋をベース材と離してコンクリート内へ埋
設することができる。
前記固定杆は、トラスの一側又は両側に設け、
床構造材を建造物の柱や梁の鉄骨又は側枠に固定
する為に使用するものであつて、その下端はベー
ス材の下面と同等又はベース材の下面より下方へ
延伸されており、その形状は直線状又は直線状の
下部に、前記側枠等に掛止し得るように鈎状に屈
曲させてある。
(考案の作用) この考案において、固定杆の下端を建造物の柱
又は梁の鉄骨に溶着し、又は側枠に掛止させれ
ば、床構造材は固定される。
以下この考案の実施例を図面に基づいて説明す
る。
(実施例) ベース材としての波板1の上面に屈曲補助鉄筋
2の下方屈曲部2aの下側が前記波板1の突条1
bと直角に溶着してある。前記屈曲補助鉄筋2は
前記波板1の波1aと直角方向に、複数本が所定
間隔で設けてあり、前記屈曲補助鉄筋2の各上方
屈曲部2bの下側にはトラス3の上部鉄筋3aの
上側が溶着してある。前記トラス3は前記波板1
と直角に立上り固定してあり、トラス3の下部鉄
筋3bと波板1の上面との間には20mm程度の間隔
が設けてある。
前記トラス3の左右両側(第2図)は波板1の
外側へ若干幅突出させてあり、該突出部に固定杆
4が上部鉄筋3aと下部鉄筋3bへ縦に溶着して
ある。前記固定杆4は鉄筋又はスタツドボルトと
してある。
前記固定杆4の下端部の形状は、この床構造材
を固定すべき鉄骨又は側枠の形状、構造に合わせ
て適宜選択するものである。例えば第3図に示す
ように、梁の鉄骨(H鋼)5の上面に溶着固定す
る場合には、下端を波板1の下面と同等の位置と
した直線状とし、また第4図に示すように梁の側
枠6に掛止固定する場合には、掛止用の鈎状部4
aを有する形状とする。
(考案の効果) この考案によれば、トラスの端部に固定杆を縦
設したので、固定杆の下端を鉄骨又は側枠に溶着
又は掛止することにより、床構造体を固定するこ
とができる。したがつて、別部材を用意すること
もなく、極めて少ない作業量で、床構造材を建造
物の柱や梁の鉄骨又は側枠に固定することができ
る効果がある。
また、トラスの下部鉄筋とベース材との間に所
定の間隔を設けたので、コンクリート層の下面と
トラスの下部鉄筋との間に所定の耐火被覆を得る
ことができ、スペーサー等を用いずとも、安全、
強固な床構造物を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの考案の正面図、第2図は同じく一
部を省略した側面図、第3図は同じく使用状態の
説明図、第4図は同じく他の実施例における使用
状態の説明図である。 1……波板、2……屈曲補助鉄筋、3……トラ
ス、4……固定杆。

Claims (1)

  1. 【実用新案登録請求の範囲】 1 ベース材の上面に屈曲補助鉄筋をベース面よ
    り立上らせて所定間隔で並列固着すると共に、
    前記屈曲補助鉄筋の頂部下側にトラスの上部鉄
    筋を前記屈曲補助鉄筋と交叉して溶着し、トラ
    スの下部鉄筋とベース材上面との間に所定間隔
    を設け、前記トラスの端部は、前記ベース材よ
    り外方へ突出させ、前記トラスの端部に少なく
    とも下端をベース材の下面と同等にした固定杆
    を縦設固着してなる床構造材。 2 固定杆は、直線状とした実用新案登録請求の
    範囲第1項記載の床構造材。 3 固定杆は直線状とし、その下端部を鉤状に屈
    曲させた実用新案登録請求の範囲第1項記載の
    床構造材。
JP1984149924U 1984-10-03 1984-10-03 Expired JPH0229137Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1984149924U JPH0229137Y2 (ja) 1984-10-03 1984-10-03

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1984149924U JPH0229137Y2 (ja) 1984-10-03 1984-10-03

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6165111U JPS6165111U (ja) 1986-05-02
JPH0229137Y2 true JPH0229137Y2 (ja) 1990-08-06

Family

ID=30708089

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1984149924U Expired JPH0229137Y2 (ja) 1984-10-03 1984-10-03

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0229137Y2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01202382A (ja) * 1988-02-03 1989-08-15 Mitsubishi Heavy Ind Ltd クラッド材の製造方法
JP2810696B2 (ja) * 1989-04-28 1998-10-15 アース製薬株式会社 タイムインジケーター
JP3073932B2 (ja) * 1996-06-24 2000-08-07 沼田金属工業株式会社 床構造材

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5535154B2 (ja) * 1974-07-03 1980-09-11
JPS59170347A (ja) * 1983-03-15 1984-09-26 ダウ化工株式会社 床版及びそれを用いた床コンクリートの構築工法

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5535154U (ja) * 1978-08-30 1980-03-06

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5535154B2 (ja) * 1974-07-03 1980-09-11
JPS59170347A (ja) * 1983-03-15 1984-09-26 ダウ化工株式会社 床版及びそれを用いた床コンクリートの構築工法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6165111U (ja) 1986-05-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0229137Y2 (ja)
JPH0461139B2 (ja)
JP3073932B2 (ja) 床構造材
JPH0336347A (ja) 床構造材
JPH0248497Y2 (ja)
JPH082260Y2 (ja) 断熱床構造材
KR19980055523U (ko) 철근 콘크리트 슬래브의 데크 패널
JPH044091Y2 (ja)
JPH0122837Y2 (ja)
JPH06322872A (ja) デッキプレート
JPH076262Y2 (ja) スラブ構造
JPH09302829A (ja) 床構造材
JPS603844Y2 (ja) 補強コンクリ−ト構造
JP2600411Y2 (ja) 柱梁の接合構造
KR200215040Y1 (ko) 철근콘크리트 슬래브의 데크 패널
JPH0113122Y2 (ja)
JPH0312087Y2 (ja)
KR0137465Y1 (ko) 철근 콘크리트 슬래브의 데크 거어더
JPH07569Y2 (ja) ボイドスラブ
JPH0732689Y2 (ja) フラットスラブの剪断補強構造
JPH0436344Y2 (ja)
JPH056335Y2 (ja)
JPH04111835A (ja) コンクリート床構築用床部材
JPH0211521Y2 (ja)
JPH0312086Y2 (ja)