JPH01111457A - 粉砕装置 - Google Patents

粉砕装置

Info

Publication number
JPH01111457A
JPH01111457A JP26900887A JP26900887A JPH01111457A JP H01111457 A JPH01111457 A JP H01111457A JP 26900887 A JP26900887 A JP 26900887A JP 26900887 A JP26900887 A JP 26900887A JP H01111457 A JPH01111457 A JP H01111457A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
powder
mill
hot gas
casing
vertical mill
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP26900887A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH078337B2 (ja
Inventor
Isao Hashimoto
勲 橋本
Munesuke Kinoshita
木下 統右
Susumu Uchiyama
進 内山
Kanzaburo Sudo
須藤 勘三郎
Haruo Takahashi
高橋 晴雄
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Chichibu Cement Co Ltd
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Chichibu Cement Co Ltd
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Chichibu Cement Co Ltd, Kawasaki Heavy Industries Ltd filed Critical Chichibu Cement Co Ltd
Priority to JP62269008A priority Critical patent/JPH078337B2/ja
Publication of JPH01111457A publication Critical patent/JPH01111457A/ja
Publication of JPH078337B2 publication Critical patent/JPH078337B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 技術分野 本発明は、竪型ミルを備え、セメント原料などを粉砕す
るための粉砕装置に関する。
背景技術 典型的な先行技術は、第7図に示されている。
竪型ミルのケーシング1内には、鉛直軸線を有するテー
ブル2が備えられ、このテーブル2には複数のローラ3
が圧接される。シュート4の上部である投入口5から投
入される原11は、テーブル2とローラ3との間で粉砕
される。テーブル2の外周面と、ケーシング1の内周面
との間隙あるいはノズル6には、ガス取入れロアがら熱
ガスが供給される。テーブル2とローラ3との間で粉砕
された粉体は、遠心力によって半径方向外方に走り、こ
の粉体は間隙あるいはノズル6からの熱ガスによって上
方に持上げられ、同時に乾燥が行われる。
ケーシング1内には、分級機8が収納されており、この
分級618は、コーン9の上部に設けられた固定案内翁
根10と、回転分級羽根11とを含む。
間隙あるいはノズル6から持上げられた粉体は、分級機
8に気流搬送され、この分級機8で細粉と粗粉とに分級
され、111粉は戻り粉として矢符12のように落下し
て再びテーブル2上に戻されて、再び粉砕される。分級
機8による細粉は、原料粉としてミル排ガスとともに出
口13から竪型ミルの外に搬送される。出口13からの
原料粉は、原料の乾燥粉砕としては完了したものである
。投入口5から投入される原料は一般に、5%程度の付
着水分を持っており、出口13からの原料粉中の1寸着
水分は0.1〜0.3%以下とされ、このためにミル排
ガス温度は70〜100”Cの範囲に保たれる。
このような第7図に示される先行技術では、ケーシング
1内に分級機8が設けられており、回転分級羽根11を
駆動するために、シュート4と同心外側に駆動筒14が
設けられ、この駆動筒14はベルト15を介してモータ
16によって回転駆動される。したがって竪型ミル全体
の構成が大形化するとともに、構成が複雑になるという
問題がある。
またこの第7図の先行技術では、シュート4の上部であ
る投入口5が高いので、投入すべき原料をそのような高
所まで運搬する必要があり、プラントとしてのレイアウ
ト上、不利である。
このような問題を解決する他の先行技術は、第8図に示
されている。竪型ミル18は、ケーシング19内にテー
ブル20が設けられ、このテーブル20にローラ21が
圧接される。ケーシング1′9の上部に形成された投入
口22から投入された原料は、竪型ミル18で粉砕され
、テーブル20の外周面と、ケーシング19の内周面と
の間の間隙23およびシュート24に落下する。こうし
て竪型ミル18で一次粉砕が行われた粉体は、シュート
24から二次粉砕のためのたとえば特開昭59−420
48に示されるようなチューブミル25に導かれる。チ
ューブミル25で多数の粉砕媒体によって粉砕された粉
体は、パケットエレベータ26によって上昇され、分級
機27で分級される0分級機27によって分級された粗
粉は−1戻り粉としてチューブミル25に再び戻され、
細粉は原料粉として製品となる。集塵器28によって捕
集された粉体もまた原料粉となる。集塵器28には、誘
引ファン29が連結される。
こうして−次粉砕として粗粉砕効率が高い竪型ミル18
を用い、二次粉砕のために微粉砕効率が高いチューブミ
ル25を用いることによって、トータル的な省エネルギ
を達成することができる。
またチューブミル25だけの粉砕時と同等な品質、すな
わち粒度分布などが得られて安心である。もしも竪型ミ
ル18だけを用いて粉砕を行うときには、微粉が少なく
粒度構成領域が狭く、したがって製品によっては問題と
なることがあるれけども、第8図に示されるようにチュ
ーブミル25をも用いることによって、このような問題
を解決することができる。またチューブミル25が既設
の微粉砕機として用いられているとき、そのチューブミ
ル25を二次粉砕のために流用でき、これによって改造
コストが低くて大幅な粉砕能力の向上を果たし、しかも
粉砕効率の向上を果たすことができる。
発明が解決すべき問題点 このような第8t21に示される先行技術の新たな問題
は、セメント原料などのf=を着水分を持つ原料の粉砕
に関連して生じる。−次粉砕を行う竪型ミル18に熱ガ
スを導入することなしに粉砕を行うと、粉砕物がテーブ
ル20およびローラ21に付着して円滑な運転が困難に
なる。竪型ミル18において、付着水分を持つ原料を乾
燥し、同時に粉砕を行うには、竪型ミル18への熱ガス
の導入が容易に考えられるけれども、このとき、竪型ミ
ル18内へのガス流量の増大によって、粉砕物が気流搬
送され、したがって竪型ミル18には、前述の第7図に
おける分級機8をケーシング19内に設けなければなら
なくなる。
本発明の目的は、1寸着水分を有するセメント原料など
の被粉砕物を簡単で、かつ小形の構成で確実に粉砕する
ことができるようにした粉砕装置を提供することである
間゛照点を解決するための手段 本発明は、ケーシング内で、鉛直軸線を有して回転自在
に支持されたテーブルの上面に、粉砕ローラが圧接され
る竪型ミルと、 テーブルの外周面とケーシングの内周面との間隙あるい
はノズルに熱ガスを供給し、これによって竪型ミルで粉
砕された粉体の少なくとも一部が熱ガスとともに気流搬
送される、そのような熱ガス供給手段と、 竪型ミルから外方に熱ガスによって気流搬送された前記
粉体を分級する気流式分級手段とを含むことを特徴とす
る粉砕装置である。
好ましい実施態様では、竪型ミルの前記間隙あるいはノ
ズルから落下した粉体を、多数の粉砕媒体との衝突によ
って粉砕して気流搬送するエアスエプトミルに導くこと
を特徴とする。
作  用 本発明に従えば、熱ガス供給手段によって竪型ミルのテ
ーブル外周面とケーシング内周面との間隙あるいはノズ
ルに熱ガスを供給し、これによって竪型ミルで粉砕され
た粉体の少なくとも一部が熱ガスとともに、気流搬送さ
れて竪型ミルから外方に導かれ、竪型ミルの外部に設け
られている気流式分級手段によって分級される。したが
って竪型ミルを低くすることができ、粉砕すべき原r1
を輸送する輸送機類などのプラント機器の設備費を低減
することができる。しかもまた構成を簡略Cヒすること
ができる。
実施例 第1図は、本発明の一実施例の全体の系統図である。竪
型ミル31は、ケーシング32を有し、このケーシング
32内には、鉛直軸線を有するテーブル33が駆動源3
4によってその鉛直軸線まわりに回転駆動される。テー
ブル33の上面には、周方向に間隔をあけて配置された
複数のローラ35が圧接される。テーブル33の外周面
とケーシング32の内周面との間隙あるいはノズル36
には、管路37を介して熱風発生炉38から熱ガスが供
給される。前記間隙あるいはノズル36と言うのは、間
隙が存在するだけでもよいし、ノズル状の部材を設けた
構成であってもよいという意味である。ケーシング32
に取けけられたシュート3つは、テーブル33の回転軸
線の直上にあり、たとえば5%程度の付着水分を持った
セメント原料などが矢符40のように投入される。これ
によってテーブル33とローラ35との間で粉砕された
粉体の少なくとも一部は、ノズル36から吹上げられる
熱ガスによって気流搬送され、管路67を経て竪型ミル
31の外部に設けられた分級機76に導かれる。分級機
76には、誘引ファン41が接続される。第1図におい
て破線は気体の流れを示し、実線は粉体の流れを示す。
分級機76の管路68からは粗粉が排出され、これは管
路42を介して竪型ミル31のシュート3つに投入され
て戻される0分級&!176のサイクロン70によって
捕捉された細粉は、管路43から製品である原料粉とし
て取出される。
竪型ミル31において粉砕された粗粉は、間隙あるいは
ノズル36を経て、シュート44から二次粉砕のための
エアスエプトミル45に導かれる。
第2図は、気流式分級41176の断面図である。
鉛直軸線を有する分級室61を形成するケーシング62
と、分級室61内で鉛直軸線まわりに回転自在の選別翼
63と、選別翼63を回転駆動するための駆動手段65
と、ケーシング62の天板62aに同心に連結され出口
孔66aを形成する排出管66と、分級室61の下部に
同心に配置された管路67と、ケーシング62の下端部
に管路67の外周から外方に間隔をあけて連結された粗
大粒子排出管路68と、出口孔66aに連結し還別翼6
3の回転方向に沿う接線方向外方に延設された複数の連
結風管69と、各連結風管69の外方端部にそれぞれ連
結されたサイクロン70とを含む。
分級すべき粉体を含む気体は、矢符71で示すように上
方に向けて管路67から分級室61内に導入される0分
級室61内に導入された気体は、破線矢符72で示すよ
うに選別′R63を経て、出口孔66aから接線方向に
導出され、連結風管69を経てサイクロン70に導かれ
る0分級室61内において、気体中の粉粒体には、遠心
力および中心に向かう力が作用し、これらの力の差異に
よつて粉体が分級される0分級された粗大粒子はケーシ
ング62の内壁に沿って降下し、排出シュート68から
排出される。また微細粒子はサイクロン70で捕集され
る。サイクロン70からの粒子を分離した気体は、出口
ダクト73を経て、誘引ファン41によって導出される
第3図は、第2図の切断面線■−■から見た断面図であ
る。排気ダクト55は、分級機76のケーシング62に
接線方向で連結される。ケーシング62の内面から内方
に間隔をあけた位置で、ダクト55から導入されるガス
を旋回させるための複数の旋回羽根77が固定的に設け
られている。
ダクト55は、エアスエプトミル45からの気流搬送さ
れる粉体が導かれる。
第4図は、エアスエプトミル45の断面図である。胴体
46の両端部には筒体47.48が固定され、これらの
筒体47.48は軸受け49,50によって支持され、
回転駆動される。筒体47には、入口51から大きな流
量で熱ガス発生手段53から熱ガスが供給されるととも
に、シュート44から一次粉砕を行う竪型ミル31から
の粉体が供給される。胴体46内には仕切り部材54が
設けられ、この仕切り部材54には多数のスリットが形
成され、圧力損失が低減されている。シュート44から
の粉体は、仕切り部材54よりも上流側の空間56にお
いて乾燥され、さらに仕切り部材54よりも下流側の粉
砕室57において、多数のボールなどの粉砕媒体58a
によって微粉砕が高効率で行われる。乾燥室56および
粉砕室57には粉体が気流搬送され、管路58から分級
機76の管路67に導かれ、あるいはまた別に設けられ
たもう1つの気流式分級機に導かれ、こうして細粉が取
出される。エアスエプトミル45は仕切部材54、乾燥
室56がなく、粉砕室57のみでもよい、−次粉砕を行
う竪型ミル31でも乾燥しているから、粉砕室のみで乾
燥可能となるからである。
上述の実施例では、気流式分級機76の管路68からの
粗粉は、その全量が管路42から竪型ミル31に戻され
たけれども、本発明の他の実施例として第5図に示され
るように、管路81を介してエアスエプトミル45に投
入されて、二次粉砕されるようにしてもよい。
竪型ミル31のシュート44から排出される粗粉は、エ
アスエプトミル45との間に介在されたふるい手段82
によって分級され、細粉だけがエアスエプトミル45に
導かれ、粗粉は再び竪型ミル31に戻されるようにして
もよい。
二次粉砕のために上述の実施例でエアスエプトミル45
が爪いられたけれども、これに代えて多数の粉砕媒体を
用いるチューブミルが用いられてもよく、あるいはまた
2つの水平軸線を有するロールに粉本が供給されて粉砕
を行うロールミルなどが用いられてもよく、その他の粉
砕手段が用いられてもよい。
本発明のさらに他の実施例として、エアスエプトミル4
5などのような二次粉砕手段が省略されてもよい。
竪型ミル31のシュート44からエアスエプトミル45
に供給される粉体には水分が残されており、この水分が
エアスエプトミル45において乾燥され、かつ粉砕媒体
58aとの衝突によって粉砕されて細粉が気流搬送され
て取出される。この方法によりエアスエプトミルの粉砕
効率を上げるためのミル内散水が不要となり、プラント
全体く一次粉砕十二次粉砕)の粉砕効率のアップと同時
に屹燥熱ガスを最少限にて可能とする。
二次粉砕のためにエアスエプトミル45を用いることに
よって、気流式分級機76を、竪型ミル31とエアスエ
プトミル45とに併用することができ、プラント設備の
コストの低減が可能となり、構成が簡略化される。
エアスエプトミル45の管路58からの気流搬送される
粉体は、管路84を介して気流式分級機76に管路67
と合流して導かれるようにしてもよい、この第6図の実
施例において、分級機76の管路68から排出される粗
粉は、管路42を経て竪型ミル31に戻されてもよく、
あるいはまた管路81を介してエアスエプトミル45に
投入されてもよく、あるいはまた管路42.81が両者
共設けられていてもよい。
本発明の他の実施例として、竪型ミル31内に分級機を
設けてもよい、この竪型ミル31内に設けられる分級機
は、構成の簡単な粗い分級を行うことができるものであ
ればよく、大形の分級機は必要とせず、固定羽根だけを
有するいわゆるスタティックセパレータであってもよい
、この分級機によって分級された粗粉は、テーブル33
上に戻される。これによって気流式分級機76の負荷を
低減して小形化することができる。そして特に気流式分
級機76を一次粉砕と二次粉砕の分級機として使用する
とき、分級機に導入される分級前の細かさが一次粉砕と
二次粉砕とが近づくため分級特性(分級効率)が改善さ
れてよい。
効  果 以上のように本発明によれば、付着水分を持つセメント
原料などの被粉砕物を竪型ミルで粉砕し、その粉砕され
た粉体の少なくとも一部が然ガスとともに気流搬送され
て、竪型ミルの外部で気流式分級手段によって分級され
るので、竪型ミルを低くすることができ、構成を小形化
し、しかもその構成を簡略化することができるようにな
る。
【図面の簡単な説明】
第1121は本発明の一実施例の全体の系統図、第2図
は気流式分級機76の断面図、第3図は第2図の切断面
線■−■から見た断面図、第4図はエアスエプトミル4
5の断面図、第5図は本発明の他の実施例の全体の系統
図、第6図は本発明のさらに他の実施例の全体の系統図
、第7図は先行技術の断面図、第8図は他の先行技術の
全体の系統図である。 31・・・竪型ミル、32・・・ケーシング、33・・
・テーブル、35・・・ローラ、36・・・スリット、
38・・・熱風発生炉、45・・・エアスエプトミル、
76・・・気流式分級機 代理人  弁理士 西教 圭一部 ゴ 2 囚 第7図

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)ケーシング内で、鉛直軸線を有して回転自在に支
    持されたテーブルの上面に、粉砕ローラが圧接される竪
    型ミルと、 テーブルの外周面とケーシングの内周面との間隙あるい
    はノズルに熱ガスを供給し、これによって竪型ミルで粉
    砕された粉体の少なくとも一部が熱ガスとともに気流搬
    送される、そのような熱ガス供給手段と、竪型ミルから
    外方に熱ガスによつて気流搬送された前記粉体を分級す
    る気流式分級手段とを含むことを特徴とする粉砕装置。
  2. (2)竪型ミルの前記ノズルから落下した粉体を、多数
    の粉砕媒体との衝突によつて粉砕して気流搬送するエア
    スエプトミルに導くことを特徴とする特許請求の範囲第
    1項記載の粉砕装置。
JP62269008A 1987-10-24 1987-10-24 粉砕装置 Expired - Lifetime JPH078337B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62269008A JPH078337B2 (ja) 1987-10-24 1987-10-24 粉砕装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62269008A JPH078337B2 (ja) 1987-10-24 1987-10-24 粉砕装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01111457A true JPH01111457A (ja) 1989-04-28
JPH078337B2 JPH078337B2 (ja) 1995-02-01

Family

ID=17466381

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62269008A Expired - Lifetime JPH078337B2 (ja) 1987-10-24 1987-10-24 粉砕装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH078337B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211777A (ja) * 2004-01-29 2005-08-11 Ube Techno Enji Kk 植物原料の微粉砕方法及びその装置
JP2009537321A (ja) * 2006-05-24 2009-10-29 コアテツクス・エス・アー・エス 炭酸塩鉱石を含有する材料の乾式粉砕方法
CN107617502A (zh) * 2017-11-02 2018-01-23 江苏吉能达环境能源科技有限公司 多级粉磨超细粉生产设备

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60241976A (ja) * 1984-05-15 1985-11-30 三菱重工業株式会社 回転数制御方法
JPS6133245A (ja) * 1984-07-26 1986-02-17 三菱重工業株式会社 粉砕装置
JPS6320047A (ja) * 1986-07-10 1988-01-27 石川島播磨重工業株式会社 原料塊の粉砕方法およびその粉砕装置

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60241976A (ja) * 1984-05-15 1985-11-30 三菱重工業株式会社 回転数制御方法
JPS6133245A (ja) * 1984-07-26 1986-02-17 三菱重工業株式会社 粉砕装置
JPS6320047A (ja) * 1986-07-10 1988-01-27 石川島播磨重工業株式会社 原料塊の粉砕方法およびその粉砕装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211777A (ja) * 2004-01-29 2005-08-11 Ube Techno Enji Kk 植物原料の微粉砕方法及びその装置
JP2009537321A (ja) * 2006-05-24 2009-10-29 コアテツクス・エス・アー・エス 炭酸塩鉱石を含有する材料の乾式粉砕方法
CN107617502A (zh) * 2017-11-02 2018-01-23 江苏吉能达环境能源科技有限公司 多级粉磨超细粉生产设备
CN107617502B (zh) * 2017-11-02 2023-10-24 江苏吉能达环境能源科技有限公司 多级粉磨超细粉生产设备

Also Published As

Publication number Publication date
JPH078337B2 (ja) 1995-02-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2021093256A1 (zh) 一种生料立磨外循环系统及工艺
CA2100490A1 (en) Process for crushing raw lignite
JPH09276727A (ja) 竪型ローラミルによるセメントクリンカの粉砕装置および方法
JPH0568948A (ja) 分級装置及び該分級装置を備えた粉砕設備
JPH01111457A (ja) 粉砕装置
JPS6216693B2 (ja)
JP4174811B2 (ja) 空気分級装置とこれを用いた微粉製造設備
JP2823099B2 (ja) 微粉砕設備
JP2002059017A (ja) 竪型ローラミル
JPS6320047A (ja) 原料塊の粉砕方法およびその粉砕装置
JPS6136459B2 (ja)
JPH04135654A (ja) セメントクリンカの粉砕装置
JPH04210257A (ja) 粉砕システム
JPS6211902B2 (ja)
JPS63116751A (ja) 粉砕装置
JPH0593558U (ja) 予備粉砕装置
JPH01317555A (ja) 気流式粉砕分級装置
JPH11347430A (ja) 粉砕装置
JPH04334562A (ja) 粉砕装置
JPS6136457B2 (ja)
JP2526226B2 (ja) エアスウエプトボ−ルミル
JP3091281B2 (ja) 衝突式気流粉砕装置
JPH0248031Y2 (ja)
JPS5814956A (ja) 粉砕機用分級装置
JPS601804Y2 (ja) 竪型ミル