JP5319934B2 - 排ガス処理方法及び装置 - Google Patents

排ガス処理方法及び装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5319934B2
JP5319934B2 JP2008047460A JP2008047460A JP5319934B2 JP 5319934 B2 JP5319934 B2 JP 5319934B2 JP 2008047460 A JP2008047460 A JP 2008047460A JP 2008047460 A JP2008047460 A JP 2008047460A JP 5319934 B2 JP5319934 B2 JP 5319934B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mercury
exhaust gas
halogenating agent
combustion exhaust
catalyst
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008047460A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009202107A (ja
Inventor
勝己 野地
良昭 尾林
正志 清澤
新太郎 本城
Original Assignee
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱重工業株式会社 filed Critical 三菱重工業株式会社
Priority to JP2008047460A priority Critical patent/JP5319934B2/ja
Publication of JP2009202107A publication Critical patent/JP2009202107A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5319934B2 publication Critical patent/JP5319934B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/86Catalytic processes
    • B01D53/8643Removing mixtures of carbon monoxide or hydrocarbons and nitrogen oxides
    • B01D53/8656Successive elimination of the components
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/46Removing components of defined structure
    • B01D53/48Sulfur compounds
    • B01D53/50Sulfur oxides
    • B01D53/501Sulfur oxides by treating the gases with a solution or a suspension of an alkali or earth-alkali or ammonium compound
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/46Removing components of defined structure
    • B01D53/64Heavy metals or compounds thereof, e.g. mercury
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/86Catalytic processes
    • B01D53/8621Removing nitrogen compounds
    • B01D53/8625Nitrogen oxides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/74General processes for purification of waste gases; Apparatus or devices specially adapted therefor
    • B01D53/86Catalytic processes
    • B01D53/869Multiple step processes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2251/00Reactants
    • B01D2251/20Reductants
    • B01D2251/206Ammonium compounds
    • B01D2251/2062Ammonia
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2251/00Reactants
    • B01D2251/30Alkali metal compounds
    • B01D2251/304Alkali metal compounds of sodium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2251/00Reactants
    • B01D2251/40Alkaline earth metal or magnesium compounds
    • B01D2251/404Alkaline earth metal or magnesium compounds of calcium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/10Noble metals or compounds thereof
    • B01D2255/102Platinum group metals
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/207Transition metals
    • B01D2255/20707Titanium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/207Transition metals
    • B01D2255/20715Zirconium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/207Transition metals
    • B01D2255/20723Vanadium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/207Transition metals
    • B01D2255/20769Molybdenum
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/207Transition metals
    • B01D2255/20776Tungsten
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/20Metals or compounds thereof
    • B01D2255/209Other metals
    • B01D2255/2092Aluminium
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/30Silica
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2255/00Catalysts
    • B01D2255/50Zeolites
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/30Sulfur compounds
    • B01D2257/302Sulfur oxides
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/40Nitrogen compounds
    • B01D2257/404Nitrogen oxides other than dinitrogen oxide
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/60Heavy metals or heavy metal compounds
    • B01D2257/602Mercury or mercury compounds

Description

本発明は、ボイラ等の燃焼装置から排出される排ガス中より窒素酸化物、硫黄酸化物、及び水銀を除去する排ガス処理方法及び装置に関する。
排ガスを還元脱硝装置によりNOxを除去した後、アルカリ吸収液を吸収剤とする湿式脱硫装置でSO2を除去する排ガス処理方法において、脱硝、脱硫を行うと同時に排ガス中の金属水銀又は水銀化合物(以下、特に断らない限り水銀と総称する)を処理する方法が検討されてきた。
排煙中に存在する水銀は、水に不溶な金属水銀と水に可溶な塩化水銀が存在し、水銀が金属水銀の形態である場合には水に溶解しにくい。水銀が金属の形態である場合には、湿式脱硫装置による水銀の除去率は低くなる。しかしながら、水銀の形態がHgClあるいはHgCl2である場合には、湿式脱硫装置で気液接触することによって排ガスのHgClあるいはHgCl2が水に溶解するために、水銀が除去することができる。つまり、脱硝触媒等の触媒存在下、金属水銀を塩化水銀に変換できれば、後流の脱硫装置にて水銀を除去可能である。
これを利用した従来の排ガス処理方法の一例を、図3により説明する。図3において、ボイラ10から還元脱硝装置60までの流路には、NH3タンク30から供給されるNH3を排ガスに注入するNH3供給箇所20およびHClなどの水銀塩素化剤を供給するタンク40から排ガスに水銀塩素化剤を注入する供給箇所21が設置されている。ボイラ10からの排ガスは還元脱硝装置60へ導入される。NH3とHClが注入された排ガスは還元脱硝装置60においてNH3とNOxとの反応が行われると同時にHCl存在下で金属HgがHgCl2に酸化される。エアヒータ70、熱回収器80を経て、集塵機90にてばいじんを除去した後、湿式脱硫装置100で排ガス中のSO2の除去と同時にHgCl2の除去が行われる。このとき、還元脱硝装置60を出た排ガスには過剰のHClが含まれるが、脱硫装置100で石灰乳等のアルカリ水溶液に吸収されるので、煙突から排出することはない。上記方法は、脱硝触媒前流でHCl等の塩素化剤を噴霧し、触媒上での水銀を酸化(塩素化)させ、後流の湿式機脱硫装置で水銀を除去するシステムを提案している(例えば、特許文献1参照)。
特開平10−230137号公報
しかしながら、脱硝触媒上での排ガスに含まれる水銀の塩素化反応は、石炭等の未燃分(CO、HC)により阻害されるという問題がある。この未燃分によって水銀塩素化反応が阻害されることにより、排ガス中に含まれる水銀を塩素化するために多量の水銀塩素化剤の添加が必要となる。特にCl含有量の低い石炭の場合、排ガス中に過剰のHCl等の水銀塩素化剤を供給し、塩化水銀への転換率を維持する必要が生じ、またHClを気化させるために高温の熱源、蒸気等の必要が生じる。さらに発電所で危険物とされるNH3に加え、高い腐食性を有するHClを用いることで、材料腐食を引き起こし、ユーティリティコストや管理にコストがかかってしまう問題を有していた。
そこで、本発明の目的は、排ガス処理において、水銀除去効率を高く維持しつつ、腐食性の高い水銀塩素化剤などの水銀ハロゲン化剤の添加量を低減させることのできる排ガス処理方法および装置の提供である。
上記目的を達成するため、本発明は、NOx、SOx及び水銀を含むボイラ燃焼排ガスを処理する方法であって、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤及びアンモニアを加える工程と、この水銀ハロゲン化剤とアンモニアが添加された燃焼排ガスをCO、HC酸化触媒に接触させる工程と、前記CO、HC酸化触媒に接触させた燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する工程と、還元脱硝された燃焼排ガスをアルカリ吸収液により湿式脱硫するとともに、前記アルカリ吸収液により前記ハロゲン化水銀を除去する工程とを含むことを特徴とするものである。
本発明は、別の態様として、NOx、SOx及び水銀を含むボイラ燃焼排ガスを処理する方法であって、前記燃焼排ガスをCO、HC酸化触媒に接触させる工程と、前記CO、HC酸化触媒に接触させた燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤及びアンモニアを加える工程と、この水銀ハロゲン化剤とアンモニアが添加された燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する工程と、還元脱硝された燃焼排ガスをアルカリ吸収液により湿式脱硫するとともに、前記アルカリ吸収液により前記ハロゲン化水銀を除去する工程とを含むことを特徴とするものである。
水銀ハロゲン化剤及びアンモニアの添加後、還元脱硝の前に排ガスをSO3還元触媒に接触させる工程をさらに含むことが好ましい。さらに、水銀ハロゲン化剤は塩化アンモニウム又はHClであることが好ましい。また、CO、HC酸化触媒は、TiO2、SiO2、ZrO2、Al23およびゼオライトからなる群より選ばれる少なくとも1種類を担体として、前記担体上にPt、Ru、Rh、Pd、Ir、Au、Ag、V、W、Mo、Ni、Co、Fe、Cr、CuおよびMnからなる群より選ばれる少なくとも1種類を活性成分として担持した触媒であることが好ましい。
また、本発明は、別の側面として、NOx、SOx及び水銀を含む燃焼排ガスを処理する装置であって、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤を添加する水銀ハロゲン化剤注入装置および前記燃焼排ガスにアンモニアを注入するアンモニア注入装置と、前記燃焼排ガス中の未燃分を酸化するCO、HC酸化触媒と、前記燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する還元脱硝装置と、アルカリ吸収液により湿式脱硫する湿式脱硫装置とを順に備えたものを特徴とするものである。
本発明に係る排ガス処理装置は、別の態様として、NOx、SOx及び水銀を含む燃焼排ガスを処理する装置であって、前記燃焼排ガス中の未燃分を酸化するCO、HC酸化触媒と、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤を添加する水銀ハロゲン化剤注入装置および前記燃焼排ガスにアンモニアを注入するアンモニア注入装置と、前記燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する還元脱硝装置と、アルカリ吸収液により湿式脱硫する湿式脱硫装置とを順に備えたものを特徴とするものである。
本発明による排ガス処理方法によれば、排ガス中に含まれる未燃分をCO、HC酸化触媒により除去した後に、固体触媒の存在下で還元脱硝を行うことにより、COおよびHCの水銀ハロゲン化反応阻害を回避でき、少ない水銀ハロゲン化剤で効率よく水銀ハロゲン化反応を行うことができる。よって、水銀ハロゲン化剤として用いる腐食性の高いHClを低減させることが可能となり、煙道腐食の懸念を改善することができる。さらにはHClの気化に必要な熱源または蒸気等に使うエネルギーを抑えることができる。
本発明に係る排ガス処理装置の一実施の形態について、添付図面を参照しながら説明する。もっとも、本発明は、以下に説明する実施の形態に限定されるものではない。
図1に、排ガス処理装置の一実施の形態を模式的に示す。図1に示すように、本装置には、排ガスの流路の経路順に、ボイラ10と、NH3が注入されるNH3供給箇所20と、水銀ハロゲン化剤が注入される水銀ハロゲン化剤注入箇所21と、CO、HC酸化触媒50と、脱硝装置60と、エアヒータ70と、熱回収器80と、集塵器90と、脱硫装置100と、再加熱器120と、煙突130とが設置されている。NH3供給箇所20には、NH3タンク30が接続されており、水銀ハロゲン化剤注入箇所21には、水銀ハロゲン化剤タンク40が接続されている。水銀ハロゲン化剤注入箇所21と水銀ハロゲン化剤タンク40との間には、水銀ハロゲン化剤の流量を制御する水銀ハロゲン化剤流量制御弁41が設けられている。集塵器90と脱硫装置100との間には、ガス中の水銀ハロゲン化剤濃度を検出する水銀ハロゲン化剤モニターが設置されている。脱硫装置100と再加熱器120との間には、ガス中のHg濃度を検出するHgモニターが設置されている。水銀ハロゲン化物モニターおよびHgモニターの検出データを受信し、水銀ハロゲン化剤の供給量を流量制御弁41に送信する水銀ハロゲン化剤供給量制御装置が設置されている。
本発明で処理対象とする排ガスは、図1では、石炭、重質油等の硫黄、水銀等を含む燃料を燃焼する火力発電所、工場等のボイラ10排ガスを示しているが、その他、金属工場、石油精製工場、石油化学工場等の加熱炉排ガスでもよく、NOx濃度が低く、二酸化炭素、酸素、SOx、ばいじんあるいは水分を含み、排ガスの排出量が多いものが好ましい。
NH3タンク30から排ガスへのアンモニアの注入は従来の方法で行われる。NH3注入手段としては、NH3注入管と複数のスプレーノズルとから構成されたものが用いられる。注入方法としては、NH3を気化させ、これに空気、不活性ガスや水蒸気等を加えて希釈したのち加える方法などがある。このとき、後段の触媒に均一に還元剤が流れるようノズルを配置することが有効であり、場合によってはガス流れに対して垂直方向に複数のノズルを配置する
水溶性金属化合物を生成するものは水銀塩素化剤に限られず、塩素系以外の臭素、HBr、Br2、CaBr2等の臭素化合物等のハロゲンでも可能である。従って、本発明において、水銀を酸化するために注入される添加剤は、臭素、HBr、Br2、CaBr2等の臭素系水銀ハロゲン化剤も適用可能である。一方、水銀ハロゲン化剤タンク40の水銀ハロゲン化剤は、排ガス中の水銀が上記触媒の存在下に水銀塩素化剤と反応してHgCl2及び/又はHgClを生成する塩化剤のものをいい、例えば、HCl、塩化アンモニウム、塩素、次亜塩素酸、次亜塩素酸アンモニウム、亜塩素酸、亜塩素酸アンモニウム、塩素酸、塩素酸アンモニウム、過塩素酸、過塩素酸アンモニウム、その他上記酸のアミン塩類、その他の塩類等が挙げられる。
排ガス中に添加する水銀ハロゲン化剤の量は、金属水銀等の水難溶性水銀に対して化学量論量かそれよりやや過剰あればよく、燃料に石炭又は重油を使用した場合には、排ガスに添加される水銀ハロゲン化剤の濃度は、排ガスに対して1000ppm以下であり、実際には、10〜500ppm程度である。
水銀ハロゲン化剤としてHClを用いる場合の添加は、薬剤として塩化水素を使用してもよいし、塩酸を使用してもよい。塩酸としては、特に濃度の制限はないが、例えば、濃塩酸から5%程度の希塩酸まで例示される。HClを排ガスに添加する装置としては、従来からある薬液用の定量ポンプを使用してもよいし、HClを噴霧グリッドまたは気化装置を用いてスプレーまたは気化させ、噴霧する方法によりおこなうこともできる。また、塩化アンモニウム等の塩類の添加は、塩類の水溶液を使用することが好ましい。但し、排ガス中で蒸発(昇華含む)する化合物は固体を使用するのも可能である。なお、水銀ハロゲン化剤の添加は、排ガスへのアンモニアの添加の前であっても、後であってもよい。
CO、HC酸化触媒50は、従来から用いられていた(特開2004−237244号公報)NH分解触媒を転用することが可能である。つまり、CO、HC酸化触媒50には、TiO2、SiO2、ZrO2、Al23およびゼオライトからなる群より選ばれる少なくとも1種類を担体として、該担体上にPt、Ru、Rh、Pd、Ir、V、W、Mo、Ni、Co、Fe、Cr、CuおよびMnからなる群より選ばれる少なくとも1種類を活性成分として担持した触媒が挙げられる。ここで、排ガス中に含まれる硫黄酸化物に対する耐久性の点から、担体としては、特にチタン酸化物やケイ素酸化物を用いるのが好ましく、TiO2やSiO2を含む複合酸化物を担体として、Pt、Ru、Pd、Irの貴金属類、バナジウム、タングステン又はモリブデンなどの酸化物を活性金属種として担持させた触媒の活性が良好である。
本発明では、CO、HC酸化触媒の比表面積や固体酸量を増大させるために、複合酸化物化したTi酸化物を担体に用いることができる。Tiの複合酸化物を形成する金属としては、例えばシリコン(Si)、ジルコニウム(Zr)、アルミニウム(Al)、タングステン(W)が挙げられる。例えば、TiとSi、TiとZr、TiとAl、TiとWなどの複合酸化物を用いることができる。これらいずれの複合酸化物ともに、硫酸塩を形成しにくいため安定な構造を維持することができ、比表面積や固体酸量の増大が可能である。また、必要に応じて、TiとSi+Zr、TiとSi+W、TiとSi+Al、TiとZr+Al、TiとZr+Wなどの三成分系の複合酸化物を用いることができる。本発明のCO、HC酸化触媒では、上記のような担体に、Pt、Ru、Rh、Pd、Ir、V、W、Mo、Ni、Co、Fe、Cr、CuおよびMnからなる群より選ばれる少なくとも1種類を活性成分として担持して用いることが可能である。
本発明で用いられる触媒の組成比は特に限定されるものではないが、一例として、一種の酸化物又は複合酸化物からなる担体100重量部に対して、活性成分がV、W、Mo、Ni、Co、Fe、Cr、CuおよびMnなどの非金属系元素ではその酸化物として、0.5〜20重量部の組成が、またPt、Ru、Rh、Pd、Ir、Au、Agの貴金属系元素では、その金属として 0.01〜2重量部の組成が好適に挙げられる。より具体的には、TiO2担体100重量部に対して、活性成分がPt0.02重量部の組成物などが挙げられる(特開2004−237244号公報)。また、NH分解触媒以外にも、特願2007−215818号公報に記載された二元機能触媒も適用可能である。
また、CO、HC酸化触媒50は、システム構成に合わせて任意に形状を選択することが可能であり、例えばペレット状、板状、円筒状、コルゲート状、ハニカム状等の一体成型された任意の形状とすることができる。
脱硝装置60で使用する固体触媒は、例えば、V、W、Mo等の金属酸化物を、担体であるチタニア、シリカ、ジルコニア及びそれらの複合酸化物、及び/又はゼオライトに担持したものを用いることができる。また、固体触媒としては、ハニカム形状触媒、又はこれを積み重ねたものや、粒状の触媒を充填させたもの等が用いられる。
脱硫装置100は、一般に排煙処理で用いられている湿式脱硫装置や吸収塔の前段に冷却塔を設置した脱硫装置などでよく、特に限定されるものではなく、通常の湿式脱硫装置が使用できる。湿式脱硫に使用する吸収液としては、炭酸カルシウム、酸化カルシウム、水酸化カルシウム、炭酸ソーダ、苛性ソーダ等の吸収剤の水溶液(アルカリ吸収液)が挙げられる。
熱回収器80と再加熱器120は、熱媒を媒体として熱エネルギーを交換する方式のガスヒーターで構成されている。ここで、熱回収器80と再加熱器120はそれぞれ排ガスの温度を冷却、加熱するものであればよく、別々の系統であっても直接熱交換するガスガスヒーターであってもよい。
上記の構成によれば、先ず、ボイラ10からの排ガスに、NH3タンク30および水銀ハロゲン化剤タンク40からNH3および水銀ハロゲン化剤、例えばHCl、が供給される。その次に、排ガスはCOおよびHC酸化触媒を有する装置へと導入され、排ガス中の未燃分のCOおよびHCが酸化される。酸化反応の例を以下に示す。なお、HCは排ガス中においてHCHO、C24、C66のような状態で存在する。
CO+1/2O2→CO2
HC+O2→CO2+H2
未燃分が酸化された排ガスは、脱硝装置60へと導入される。脱硝装置60において、NH3とNOxとの反応が行われると同時にHCl存在下で金属HgがHgCl2に酸化される。これらの反応の例を以下に示す。
4NO+4NH3+O2→4N2+6H2
Hg+2HCl+1/2O2→HgCl2+H2
このとき、排ガス中に含まれるCOおよびHCは水銀酸化反応を阻害する。
HgCl2+CO+H2O→Hg+2HCl+CO2
HgCl2+HC+H2O+O2→Hg+2HCl+CO2
しかしながら、本発明においては、あらかじめ排ガス中のCOおよびHCは酸化触媒により除去されているため、脱硝装置60における水銀酸化反応への阻害を抑えることができる。その後、エアヒータ70、熱回収器80および集塵器90を経て、ばいじんが除去される。ばいじんが除去された排ガスは、脱硫装置100へと導入され、SO2の除去と同時にHgCl2の除去が行われる。脱硫装置100で処理された排ガスは煙突130から大気中に放出される。再加熱器120では、脱硫装置100前段の熱回収器80で回収した熱エネルギーによって、温度低下した燃焼排ガスを加熱する。燃焼排ガスを放出する際には、浄化後のガスを加熱して、高温ガスにしてから排出する。
このように、本発明の一実施形態によれば、脱硝触媒60の上流にCO、HC酸化触媒50を設置することで、石炭等の未燃分(CO、HC)による脱硝触媒の水銀酸化反応阻害を回避することができる。その結果、水銀ハロゲン化剤による水銀酸化反応を効率よく促進させることができる。
従来の排ガス処理装置においては、脱硝装置へと入る排ガス中には、水銀を酸化するためのHCl、HBr噴霧装置またはNH4Cl供給装置等により添加された過剰の水銀ハロゲン化剤を含んでいる。特にCl含量の少ない排ガスには、多量の水銀ハロゲン化剤の添加が必要である。そのため、腐食性の高いHClにより、煙道を腐食させてしまうおそれがあった。しかしながら、本発明の一実施形態によれば、排ガス中に含まれる水銀を酸化するために用いられる水銀ハロゲン化剤の添加は極微量に抑えることができ、その結果、腐食性の高いHClによる煙道腐食の懸念を改善することができる。さらには、水銀ハロゲン化剤としてHClを添加するのに必要な量、HClを気化するための高温熱源、蒸気等にかかるユーティリティコストの削減が可能となる。
また、本発明の別の実施の形態について説明する。図2に、その別の実施の形態を示す。図1と同様の構成については、同様の符合を付し、説明は省略する。図2に示すように、本実施の形態では、CO、HC酸化触媒50は、脱硝装置60の上流であって、NH3および水銀ハロゲン化剤供給箇所20、21前に設置される。
この構成によれば、ボイラ10より排出された排ガス中の未燃分は、CO、HC酸化触媒50により、その後供給されるNH3および水銀ハロゲン化剤、例えばHCl、に影響を受けることなく酸化させることが可能となる。
したがって、その後に供給されるNH3およびHClを含む排ガスは、脱硝触媒において排ガス中に含まれる水銀の酸化反応を効率よくおこなうことができる。その後、エアヒータ70、熱回収器80を経て、集塵器90にてばいじんを除去した後、図1の実施形態とお同様に湿式脱硫装置100で排ガス中のSO2の除去と同時にHgCl2の除去が行われる。
なお、本発明の別の実施形態では、CO、HC酸化触媒50が設置されることにより、背反事象として、以下の反応が相対的に増え、排ガス中のSO3の増加が懸念される。
SO2+1/2O2→SO3
そのため、図2には示さないが、NH3および水銀ハロゲン化剤供給箇所20、21と脱硝触媒60の間に、従来用いられるSO3還元触媒を設置することができる。これにより、排ガス中のSO3を増加させることなく、COおよびHCの酸化処理を行った後に、脱硝触媒上で排ガス流に含まれる水銀の酸化反応を進めることが可能となる。また、SO3還元触媒は、CO及びHCの酸化処理も可能であることから、図1にてCO、HC酸化触媒50はSO3還元機能を持つ触媒を使うことも可能である。一例として、特開2006−136869号公報に示す触媒を挙げることができる。
表1の試験条件をベースにして、表2及び表3に示すように、COとHC(ベンゼン)の濃度を変化させて添加した際の水銀酸化性能についての試験を行った。
この水銀酸化性能の試験は、ハニカム状の固体触媒(6穴×7穴の500mm長さ)を3段設置し、表1に記載のO2からNOxまでの組成を有するサンプル排ガスを、表1〜表3の条件で流した。なお、表中のUgsは、空塔速度を意味し、AVは、接ガス面積基準の処理ガス量を意味する。
COが0ppmの場合(条件1)、水銀酸化率は95.5%であったが、COが100ppmの場合(条件2)、水銀酸化率は92.0%まで低下し、COが500ppmの場合は(条件3)、さらに77.0%まで低下した。一方、HCの一例としてベンゼン(C)を5ppm添加した場合(条件4)、水銀酸化率は80.0%まで低下した。
したがって、CO、HC酸化触媒を脱硝触媒上流に配置して、脱硝触媒に到達するCOおよびHCを低減するシステムにすることで、脱硝触媒による水銀酸化率を高い効率で維持することが可能となり、また、水銀酸化率を上げるためにHClを過剰に供給することを避けることができることが確認された。
本発明に係る排ガス処理装置の一実施の形態を示す模式図である。 本発明に係る排ガス処理装置の別の実施の形態を示す模式図である。 従来の排ガス処理装置の一例を示す模式図である。
符号の説明
10 ボイラ
20 NH供給箇所
21 水銀ハロゲン化剤供給箇所
30 NHタンク
40 水銀ハロゲン化剤タンク
41 流量制御弁
43 水銀ハロゲン化剤供給量制御装置
44 水銀ハロゲン化剤モニター
50 CO、HC酸化触媒
60 脱硝触媒
70 エアヒータ
80 熱回収器
90 集塵機
100 脱硫装置
110 Hgモニター
120 再加熱器
130 煙突

Claims (7)

  1. NOx、SOx及び水銀を含むボイラ燃焼排ガスを処理する方法であって、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤及びアンモニアを加える工程と、この水銀ハロゲン化剤とアンモニアが添加された燃焼排ガスをCO、HC酸化触媒に接触させる工程と、前記CO、HC酸化触媒に接触させた燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する工程と、還元脱硝された燃焼排ガスをアルカリ吸収液により湿式脱硫するとともに、前記アルカリ吸収液により前記ハロゲン化水銀を除去する工程とを含む排ガス処理方法。
  2. NOx、SOx及び水銀を含むボイラ燃焼排ガスを処理する方法であって、前記燃焼排ガスをCO、HC酸化触媒に接触させる工程と、前記CO、HC酸化触媒に接触させた燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤及びアンモニアを加える工程と、この水銀ハロゲン化剤とアンモニアが添加された燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する工程と、還元脱硝された燃焼排ガスをアルカリ吸収液により湿式脱硫するとともに、前記アルカリ吸収液により前記ハロゲン化水銀を除去する工程とを含む排ガス処理方法。
  3. 水銀ハロゲン化及びアンモニアの添加後、還元脱硝の前に排ガスをSO3還元機能を持つCO、HC酸化触媒に接触させる工程をさらに含む、請求項1又は2に記載の排ガス処理方法。
  4. 水銀ハロゲン化剤が塩化アンモニウム又はHCl、Cl2である請求項1〜3のいずれか一項に記載の排ガス処理方法。
  5. CO、HC酸化触媒が、TiO2、SiO2、ZrO2、Al23およびゼオライトからなる群より選ばれる少なくとも1種類を担体として、前記担体上にPt、Ru、Rh、Pd、Ir、Au、Ag、V、W、Mo、Ni、Co、Fe、Cr、CuおよびMnからなる群より選ばれる少なくとも1種類を活性成分として担持した触媒である請求項1〜4のいずれか一項に記載の排ガス処理方法。
  6. NOx、SOx及び水銀を含む燃焼排ガスを処理する装置であって、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤を添加する水銀ハロゲン化剤注入装置および前記燃焼排ガスにアンモニアを注入するアンモニア注入装置と、前記燃焼排ガス中の未燃分を酸化するCO、HC酸化触媒と、前記燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する還元脱硝装置と、アルカリ吸収液により湿式脱硫する湿式脱硫装置とを順に備えた排ガス処理装置。
  7. NOx、SOx及び水銀を含む燃焼排ガスを処理する装置であって、前記燃焼排ガス中の未燃分を酸化するCO、HC酸化触媒と、前記燃焼排ガスに水銀ハロゲン化剤を添加する水銀ハロゲン化剤注入装置および前記燃焼排ガスにアンモニアを注入するアンモニア注入装置と、前記燃焼排ガスを固体触媒の存在下に還元脱硝するとともに金属水銀をハロゲン化水銀に酸化する還元脱硝装置と、アルカリ吸収液により湿式脱硫する湿式脱硫装置とを順に備えた排ガス処理装置。
JP2008047460A 2008-02-28 2008-02-28 排ガス処理方法及び装置 Active JP5319934B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008047460A JP5319934B2 (ja) 2008-02-28 2008-02-28 排ガス処理方法及び装置

Applications Claiming Priority (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008047460A JP5319934B2 (ja) 2008-02-28 2008-02-28 排ガス処理方法及び装置
CN 200980100661 CN101932376B (zh) 2008-02-28 2009-02-26 废气的处理方法和装置
PCT/JP2009/053575 WO2009107731A1 (ja) 2008-02-28 2009-02-26 排ガス処理方法及び装置
ES09716136.8T ES2588371T3 (es) 2008-02-28 2009-02-26 Proceso y equipo para el tratamiento de gases de escape
RU2010106054/05A RU2429900C1 (ru) 2008-02-28 2009-02-26 Способ и устройство обработки дымового газа
KR1020107003685A KR101126840B1 (ko) 2008-02-28 2009-02-26 배기가스 처리 방법 및 장치
PL09716136.8T PL2248574T3 (pl) 2008-02-28 2009-02-26 Exhaust gas purification method and device
BRPI0904317-9A BRPI0904317A2 (pt) 2008-02-28 2009-02-26 Método e equipamento para tratamento de gás de exaustão
CA 2694862 CA2694862C (en) 2008-02-28 2009-02-26 Method and apparatus for treating exhaust gas
US12/670,871 US8420034B2 (en) 2008-02-28 2009-02-26 Method and apparatus for treating exhaust gas
EP09716136.8A EP2248574B1 (en) 2008-02-28 2009-02-26 Process and equipment for the treatment of exhaust gas

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009202107A JP2009202107A (ja) 2009-09-10
JP5319934B2 true JP5319934B2 (ja) 2013-10-16

Family

ID=41016118

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008047460A Active JP5319934B2 (ja) 2008-02-28 2008-02-28 排ガス処理方法及び装置

Country Status (11)

Country Link
US (1) US8420034B2 (ja)
EP (1) EP2248574B1 (ja)
JP (1) JP5319934B2 (ja)
KR (1) KR101126840B1 (ja)
CN (1) CN101932376B (ja)
BR (1) BRPI0904317A2 (ja)
CA (1) CA2694862C (ja)
ES (1) ES2588371T3 (ja)
PL (1) PL2248574T3 (ja)
RU (1) RU2429900C1 (ja)
WO (1) WO2009107731A1 (ja)

Families Citing this family (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5517460B2 (ja) * 2009-01-19 2014-06-11 バブコック日立株式会社 脱硝装置
WO2011058906A1 (ja) * 2009-11-16 2011-05-19 株式会社Ihi 水銀除去装置及び水銀除去方法
JP5284251B2 (ja) * 2009-12-09 2013-09-11 バブコック日立株式会社 酸素燃焼方式の排ガス処理装置と該排ガス処理装置の運用方法
JP5593100B2 (ja) * 2010-03-17 2014-09-17 バブコック日立株式会社 ボイラプラント
CN102218267A (zh) * 2010-04-15 2011-10-19 中国科学院城市环境研究所 一种用于催化降解燃煤烟气中多环芳烃(PAHs)的方法
US8110164B2 (en) * 2010-06-23 2012-02-07 Baoquan Zhang Flue-Gas purification and reclamation system and method thereof
JP5517778B2 (ja) * 2010-06-25 2014-06-11 三菱重工業株式会社 噴霧装置及び水銀除去システム
JP5945093B2 (ja) * 2010-09-06 2016-07-05 株式会社Ihi 水銀除去装置
JP5529701B2 (ja) 2010-09-28 2014-06-25 三菱重工業株式会社 ガス分析装置、水銀除去システム及び水銀除去方法
JP5716929B2 (ja) 2010-10-15 2015-05-13 三菱日立パワーシステムズ株式会社 排ガス中の水銀処理システム
US9126143B2 (en) 2011-10-12 2015-09-08 Greenville Envirotech Co., Ltd. Process and apparatus for removal of nitrogen oxides, sulfur oxides and mercury from off gas through oxidization
CN102527212B (zh) * 2011-12-07 2013-08-28 南京钢铁股份有限公司 焦化厂氨性槽罐尾气综合治理方法及系统
CN102716652B (zh) * 2012-07-09 2014-06-25 常州大学 复杂废气综合处理系统
JP6095923B2 (ja) * 2012-09-14 2017-03-15 三菱日立パワーシステムズ株式会社 排ガス中の水銀処理システム
JP5583198B2 (ja) 2012-12-14 2014-09-03 三菱重工業株式会社 石炭乾留装置
AU2012397688B2 (en) * 2012-12-28 2016-05-26 Mitsubishi Heavy Industries Engineering, Ltd. CO shift catalyst, CO shift reactor, and method for purifying gasification gas
WO2014110882A1 (zh) * 2013-01-18 2014-07-24 北京神雾环境能源科技集团股份有限公司 搭载蓄热式旋转换向加热器的粉状固体燃料锅炉
CN103933838B (zh) * 2013-01-21 2016-06-15 山东大学 煤中氯元素循环利用实现污染物联合脱除的装置及方法
WO2015051363A1 (en) * 2013-10-04 2015-04-09 University Of Cincinnati Method and system for removing gaseous mercury in flue gases
JP2015100758A (ja) 2013-11-26 2015-06-04 三菱重工業株式会社 排ガス処理システム
CN103638793A (zh) * 2013-12-17 2014-03-19 张继惟 一种用于高浓度SO2或NOx烟气净化的技术系统
CN103939930A (zh) * 2014-04-15 2014-07-23 山东大学 一种基于烟气调质实现单质汞转化的系统和方法
CN105312047B (zh) * 2014-07-18 2018-02-13 中国钢铁股份有限公司 脱硝催化剂之制造方法及其应用
CN104258700A (zh) * 2014-09-22 2015-01-07 中国华能集团清洁能源技术研究院有限公司 一种循环流化床锅炉脱硫脱硝系统
WO2017002168A1 (ja) * 2015-06-29 2017-01-05 三菱日立パワーシステムズ株式会社 排気ガス処理設備、及び排気ガス処理方法
CN105344234A (zh) * 2015-10-30 2016-02-24 无锡华光新动力环保科技股份有限公司 一种烟气协同催化脱硝脱汞工艺
KR101575699B1 (ko) * 2015-11-02 2015-12-08 정재억 복합악취 제거설비
CN105642339B (zh) * 2015-12-08 2019-04-02 长春工业大学 一种无需还原气的同时脱硫脱硝催化剂及制备方法
JP6587933B2 (ja) * 2015-12-25 2019-10-09 三菱重工業株式会社 脱硝装置
CN106140142B (zh) * 2016-06-27 2017-10-13 北京化工大学 一种铬钨锆复合氧化物脱硝催化剂及其制备方法和应用
CN107551757A (zh) * 2016-06-30 2018-01-09 中冶长天国际工程有限责任公司 一种烟气脱硫脱硝方法和装置
CN106362587A (zh) * 2016-11-07 2017-02-01 上海东化环境工程有限公司 一种催化裂化烟气的脱硫脱硝工艺
JP2020044461A (ja) * 2018-09-14 2020-03-26 三菱日立パワーシステムズ株式会社 脱硝装置
CN109603456A (zh) * 2019-01-25 2019-04-12 米凯利科技(北京)有限公司 利用卤化物晶体的干法烟气脱汞系统

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3935547B2 (ja) * 1997-02-19 2007-06-27 三菱重工業株式会社 排ガス処理方法及び排ガス処理装置
JP2001198434A (ja) * 2000-01-18 2001-07-24 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス中の水銀処理方法および排ガスの処理システム
JP4118077B2 (ja) * 2002-04-15 2008-07-16 バブコック日立株式会社 排ガスの浄化方法
JP4175465B2 (ja) * 2003-02-07 2008-11-05 三菱重工業株式会社 排ガス中の水銀除去方法およびそのシステム
US7438876B2 (en) * 2003-12-02 2008-10-21 Cichanowicz J Edward Multi-stage heat absorbing reactor and process for SCR of NOx and for oxidation of elemental mercury
JP4768636B2 (ja) * 2004-02-04 2011-09-07 バッテル メモリアル インスティチュート 硫黄酸化物吸着剤および放出の制御
US7597864B2 (en) * 2004-07-16 2009-10-06 Breen Energy Solutions Control of mercury and other elemental metal emissions using reaction stabilization device
JP4813830B2 (ja) * 2004-10-14 2011-11-09 三菱重工業株式会社 排ガス処理触媒、排ガス処理方法および排ガス処理装置
EP1842836A4 (en) * 2005-01-06 2013-12-11 Taiheiyo Cement Corp APPARATUS AND METHOD FOR TREATING A GASEOUS COMBUSTION EFFLUENT OF CEMENT OVEN
JP2006263700A (ja) * 2005-02-28 2006-10-05 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス中の水銀除去システムおよび除去方法
JP4864477B2 (ja) 2006-02-17 2012-02-01 日本化学工業株式会社 消臭剤組成物

Also Published As

Publication number Publication date
PL2248574T3 (pl) 2016-12-30
CN101932376B (zh) 2013-07-10
EP2248574B1 (en) 2016-06-29
US20110162345A1 (en) 2011-07-07
CA2694862A1 (en) 2009-09-03
CA2694862C (en) 2012-08-07
BRPI0904317A2 (pt) 2015-06-30
US8420034B2 (en) 2013-04-16
CN101932376A (zh) 2010-12-29
EP2248574A1 (en) 2010-11-10
RU2429900C1 (ru) 2011-09-27
ES2588371T3 (es) 2016-11-02
JP2009202107A (ja) 2009-09-10
WO2009107731A1 (ja) 2009-09-03
EP2248574A4 (en) 2012-02-22
KR20100033546A (ko) 2010-03-30
KR101126840B1 (ko) 2012-03-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9308494B2 (en) Flue-gas purification and reclamation system and method thereof
JP6045654B2 (ja) Co2吸収液の飛散抑制方法
ES2258513T3 (es) Procedimiento para la eliminacion de mercurio del gas de combustion.
US6162409A (en) Process for removing Nox and Sox from exhaust gas
ES2360934T3 (es) Procedimiento y aparato para la eliminación de mercurio en gas de humos.
CA2672577C (en) Exhaust gas treating method and apparatus
US7544338B2 (en) Mercury removal system and mercury removal process
EP0802825B1 (en) Regeneration of catalyst/absorber
US8663594B2 (en) Exhaust gas treating method
JP4920993B2 (ja) 排ガス処理装置および排ガス処理方法
CA2672580C (en) Exhaust gas treating method and apparatus
US7622092B2 (en) Method and device for removing mercury
JP2013173147A (ja) 石炭燃焼公共施設のためのアンモニア酸化触媒
JP4719171B2 (ja) 排ガス処理装置及び方法
EP1064981B1 (en) Reduction of oxides of nitrogen in waste gas emissions
US7332143B2 (en) Targeted duct injection for SO3 control
JP5068935B2 (ja) 石炭燃焼から出るNOx放出物及び水銀放出物を除去する方法及びシステム
US8877149B2 (en) Combustion flue gas NOx treatment
KR100325571B1 (ko) 금속 처리를 위한 산세척 라인으로부터의 질소 산화물 및 황 산화물 배출물의 제거 방법
KR101207958B1 (ko) 시멘트 킬른 연소 배기 가스 처리 장치 및 처리 방법
CN104815541B (zh) 用于从烟气中去除汞的方法和系统
US6913737B2 (en) Method for the treating in exhaust gas and exhaust gas treating system
TWI294306B (en) Oxidation of nox's with chlorine dioxide in combination with a thermal nox removal process
US8529852B2 (en) Flue-gas purification and reclamation system and method thereof
KR20030015264A (ko) 탈황 장치 및 탈황 방법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090619

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120713

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120911

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130618

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130712

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 5319934

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250