JP5251840B2 - 機器用コネクタ - Google Patents

機器用コネクタ Download PDF

Info

Publication number
JP5251840B2
JP5251840B2 JP2009262128A JP2009262128A JP5251840B2 JP 5251840 B2 JP5251840 B2 JP 5251840B2 JP 2009262128 A JP2009262128 A JP 2009262128A JP 2009262128 A JP2009262128 A JP 2009262128A JP 5251840 B2 JP5251840 B2 JP 5251840B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforcing plate
connector
synthetic resin
device
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009262128A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011108484A (ja
Inventor
宏幸 松岡
大輔 中川
Original Assignee
住友電装株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 住友電装株式会社 filed Critical 住友電装株式会社
Priority to JP2009262128A priority Critical patent/JP5251840B2/ja
Publication of JP2011108484A publication Critical patent/JP2011108484A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5251840B2 publication Critical patent/JP5251840B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/73Means for mounting coupling parts to apparatus or structures, e.g. to a wall
    • H01R13/74Means for mounting coupling parts in openings of a panel
    • H01R13/748Means for mounting coupling parts in openings of a panel using one or more screws
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/46Bases; Cases
    • H01R13/502Bases; Cases composed of different pieces
    • H01R13/504Bases; Cases composed of different pieces different pieces being moulded, cemented, welded, e.g. ultrasonic, or swaged together

Description

本発明は、機器のケースに取り付けられるコネクタに関する。

従来、電気自動車において金属製のケースに収容されたモータ等の機器に電源から延びる電線の末端に取り付けられた電線側コネクタを嵌合させるための機器用コネクタとして、例えば特許文献1に記載されたものが公知である。この機器用コネクタは、端子金具をインサート成形することによって形成された合成樹脂製のコネクタハウジングを備え、このコネクタハウジングをアルミダイキャスト製のシェルに装着して構成されている。この機器用コネクタは、ダイキャストシェルに設けた取付片をボルト締めすることで機器に取り付けられる。

特開2009−32500号公報

ところが、従来の機器用コネクタでは、シェルがアルミダイキャスト製であるために十分な強度が得られるものの、製造コストが高くなるという問題がある。このため、近年、金属製の補強板を樹脂にインサート成形してコネクタハウジングを形成することで、強度面の仕様を低コストで満足できる構成が検討されている。

しかしながら、金属製の補強板と合成樹脂部材とをインサート成形することで一体化成形されたコネクタは、コネクタ本体を構成する合成樹脂部と金属製の補強板との熱膨張率の違いにより、例えばインサート成型後の冷却過程で、補強板よりも合成樹脂部が大きく収縮する。
そのため、補強板の周縁端部を覆う合成樹脂は補強板の両面側を覆う合成樹脂に引っ張られ、補強板を覆う合成樹脂は補強板の周縁部の角に引っ掛かることでそこを起点にクラックが生じるといった問題がある。

合成樹脂部にクラックが生じると、見栄えが悪くなるだけでなく、補強板と合成樹脂部との界面の密着性が低下して隙間が発生し、その隙間からコネクタ本体内に水が浸入するといったことが懸念される。
以上のことから、金属製の補強板がインサート成型された合成樹脂製のコネクタの実用化は、大形のタイプでは困難と考えられていた。

本願発明は上記事情に鑑みて完成されたものであって、補強板の周縁端部を覆う合成樹脂部に生じるクラックの起点を取り除き、金属製の補強板をインサート成形することで製造コストを抑えた機器用コネクタを提供することを目的としている。

上記の目的を達成するための手段として本発明は、機器のケースに設けられたコネクタ取付部に取り付けられる機器用コネクタにおいて、前記コネクタ取付部に固定するための取付部及び端子金具挿通用の開口部を有する金属製の補強板と、前記補強板の両面側と前記補強板の周縁端部とを囲むように合成樹脂をインサート成形してなるコネクタハウジングと、前記開口部を貫通した状態で前記コネクタハウジングに保持された端子金具とを備え、前記補強板には前記補強板の周縁部に沿って面取り加工が施されているところに特徴を有する。

このような構成の機器用コネクタによると、成形金型内でコネクタハウジングが冷却される際に補強板の両面側を覆う合成樹脂層が大きく収縮することで補強板の周縁部を引っ張る状態になる。しかしながら、補強板の周縁部の角が面取りされていることで補強板の周縁部を覆う合成樹脂には大きく引っ掛かる角が存在せず、クラックの起点となる箇所がないことから、合成樹脂に発生するクラックを防止することができる。

本発明の実施の態様として、以下のような構成としてもよい。
前記補強板の周縁部はR状に面取り加工が施されている。
このような構成にすると、補強板の周縁部は滑らかな形態をなすため、補強板の周縁部の合成樹脂は補強板の両側面の合成樹脂に引っ張られても補強板の周縁部の合成樹脂が引っ掛かる角はまったく存在せず、合成樹脂に発生するクラックをより確実に防止することができる。

前記補強版には前記合成樹脂により覆われる両面側部分に前記補強板を貫通し前記合成樹脂が進入する樹脂進入孔が形成されている。
このような構成にすると、補強板を両面側から覆う合成樹脂が樹脂進入孔に入り込むことで補強板に密着し、補強板の周縁端部を覆う合成樹脂に掛かる引っ張る力を弱め、合成樹脂に発生するクラックを防止することができる。

前記樹脂進入孔には、その両周縁部に面取り加工が施されている。
このような構成にすると、補強板の周縁部と同様、樹脂進入孔を覆う合成樹脂が大きく引っ掛かる角が存在しないため、クラックの起点となる箇所がなく、合成樹脂に発生するクラックを防止することができる。
前記補強板には、前記合成樹脂によって覆われる両面側部分に前記合成樹脂が入り込んだアンカー溝が形成されている。
このような構成にすると、樹脂進入孔と同様、補強板を両面側から覆う合成樹脂がアンカー溝に入り込むことで密着し、補強板の周縁端部を覆う合成樹脂にかかる引っ張る力を弱め、合成樹脂に発生するクラックを防止することができる。

前記機器取付部は、前記補強板の外周から突出すると共に、前記合成樹脂から露出する取付片に形成されたボルト挿通孔である。
このような構成にすると、端子金具を挿通させる開口部を大きくすることで端子金具間のスペースを大きくしたり、端子金具の位置を容易に変更することができる。

本発明によれば、補強板の周縁端部を覆う合成樹脂部に生じるクラックの起点部を取り除き、金属製の補強板をインサート成形することで製造コストを抑えた機器用コネクタを提供することができる。

本発明の実施形態1に係る機器用コネクタの正面図 同平面図 同背面図 同側面図 図1のV−V線断面図 図2のVI−VI線断面図 インサート成形された後の状態を示す補強板の拡大断面図 インサート成形される前の状態を示す補強板の正面図 実施形態2に係る機器用コネクタの正面図 同平面図 図10のXI−XI線断面図 インサート成形される前の状態を示す補強板の正面図

<実施形態1>
本発明の実施形態1を図1乃至図8によって説明する。
この実施形態1では機器のケースに設けられたコネクタ取付部(図示せず)に取り付けられる機器用コネクタを例示している。尚、以下の機器用コネクタにおいて相手方コネクタ側を前方、機器のケースに設けられたコネクタ取付部側を後方として説明する。

機器用コネクタは図1乃至図7に示すように前方向に延びる略直方体状を成すハウジング本体10と、ハウジング本体10の後方の外周から外側に延びるフランジ部11と、フランジ部11の後方面から後方向に延びて機器のケースに設けられたコネクタ取付孔(図示せず)に収容される機器側ハウジング部12とを備えている。そして、ここで示されるハウジング本体10と、フランジ部11と、機器側ハウジング部12とが合成樹脂製のコネクタハウジングに相当する。

ハウジング本体10にはその長手方向の側面の一方に開口され電線の末端に取り付けられた電線側コネクタ(図示せず)を嵌合させる嵌合部13とハウジング本体10の突出面に開口された作業孔14とが形成されている。ハウジング本体10の内部には機器側ハウジング部12まで延びる三本の端子金具15がハウジング本体10の側面より嵌合部13側に延びた状態で横並びに保持され、その先端部には第一ボルト孔15Bを有し電線側コネクタの端子(図示せず)と接続される電線側接続部15Aが形成されている。そして、ハウジング本体10には電線側接続部15Aのフランジ部11側の面に第一ボルト孔15Bと連なるナット16が取り付けられ、作業孔14からボルト接続ができるようになっている。

フランジ部11は金属製の補強板30をインサート成形することによって補強板30の両面側及び外周縁端部が合成樹脂で覆われる状態に一体に形成されている。
補強板30は図8に示すように、プレスによって打ち抜き形成した台形板状をなし、端子金具15を挿通する開口部31と嵌合検知端子挿通用の補助開口部32が形成されている。開口部31は長手方向に延びる略長方形状をなし、補強板30の略中央部に位置している。補助開口部32は開口部31に隣接し補強板30の長手方向短辺側の位置に開口部31の約1/3幅の大きさの略長方形状に設定されている。
機器用コネクタ内に保持されている端子金具15はこの開口部31を抜けてハウジング本体10と機器側ハウジング部12との間を連絡している。

フランジ部11の後方面側には、ハウジング本体10とはやや横方向にずれた位置に後方向に真っ直ぐ延びた機器側ハウジング部12と、機器用コネクタを機器のケース(図示せず)に取り付ける際の位置決めを行う位置決めピン33と、機器側ハウジング部12からやや離れた位置に後方向に延びる補助ハウジング17と、フランジ部11の外周縁部より突出した突起部18と、フランジ部11の外周縁部に沿ってループする取付溝19とが形成されている。
ハウジング本体10と機器側ハウジング部12とを連絡する端子金具15はハウジング本体10と機器側ハウジング部12との位置関係から機器側ハウジング部12内において屈曲した状態で保持されている。

突起部18はフランジ部11の外周縁部よりやや内側の位置に間隔をあけて計八箇所に形成され、その先端は中心に向かって細くなる形状を成している。取付溝19は突起部18の外側に位置し、取付溝19にはシール部材20が取り付けられている。シール部材20には突起部18と対応する位置に取付孔20Bを有するフランジ側取付部20Aが形成され、機器側コネクタはシール部材20の取付孔20Bにフランジ部11の突起部18を挿入することでシール部材20をフランジ部11の取付溝19に装着している。

機器側ハウジング部12にはフランジ部11から後方に延びる三本の端子金具15が二等辺三角形状を成す配置に保持され、先端部には第二ボルト孔15Dを有し機器側の端子(図示せず)とボルト接続される機器側接続部15Cが形成されている。そして、機器側ハウジング部12には第二ボルト孔15Dと連なるナット16が取り付けられている。
位置決めピン33はフランジ部11の両端部の二箇所から後方向に向かってやや細くなった円柱状をなした状態に形成されている。
補助ハウジング17はフランジ部11を介して前方向にも延びており、補助ハウジング17内にはフランジ部11の補助開口部32を貫通する嵌合検知用端子17Aが保持されている。

さて、補強板30には合成樹脂に覆われた両面側の表面に網目状に切欠いたアンカー溝34と、補強板30の周縁部寄りの位置に補強板30を貫通し両周縁部が面取り加工された樹脂進入孔35とが形成され、補強板30の開口部31の内周縁部と補助開口部32の内周縁部と補強板30の外周縁部とが全てにわたってR状に面取り加工が施されたR面36が形成されている。
フランジ部11にはその外周部のほぼ四隅の位置にフランジ部11の内部に位置する補強板30から延びてフランジ部11を形成する合成樹脂から露出しボルト挿通孔37Aが設けられた取付片37が形成されている。

本実施形態の機器用コネクタは以上のような構成であって、インサート成形時の合成樹脂部材が固化する際の収縮変形に対する効果について説明する。
機器用コネクタを構成する補強板30を覆う合成樹脂部はインサート成形時の冷却による固化の際に熱膨張率の関係から金属製の補強板30に比べて収縮が大きくなる。この為、補強板30の周縁端部を覆う合成樹脂は補強板30の両面側を覆う合成樹脂部によって引っ張られる。しかしながら、補強板30の周縁部はすべてが滑らかに加工されたR状のR面36をなすことから、そのR面36上の合成樹脂は両側から引っ張られてもクラックの起点となる角が無く、クラックの発生を防止することができる。

<実施形態2>
次に、本発明の実施形態2を図9乃至図12によって説明する。
実施形態2の機器用コネクタは、実施形態1と同様、機器のケースに設けられたコネクタ取付部(図示せず)に取り付けられるが、図9乃至図11に示すように、フランジ部11の形状が略長方形をなし、機器側ハウジング部12がハウジング本体10の真後ろに形成されている。また、ハウジング本体10は嵌合部13と作業孔14との位置が入れ替わった状態に構成され、その内部に位置する端子金具15は前方に真っ直ぐ伸びた状態に保持されている。

一方、機器側ハウジング部12の内部に保持されている三本の端子金具15は横並びに配されている。このため、ハウジング本体10と機器側ハウジング部12を連絡する端子金具15は機器側ハウジング部12内で僅かに屈曲した状態を成しているが、同一面上に延びた状態に成形されている。
また、フランジ部11を介して前後方向に延びる補助ハウジング17はフランジ部11の前方側の面と後方側の面とでやや横方向ずれて形成され、補助ハウジング17に保持されている嵌合検知用端子17Aもそれに合わせて補助ハウジング17内で屈曲されている。

フランジ部11内に位置する補強板30はフランジ部11と同様、略長方形状の板状をなしている。そして、補強板30に形成された端子挿通用の開口部31は細長い略長方形をなし、補強板30の略中央位置に設けられている。また、補助開口部32は開口部31と横並びに設けられている。その他は、前記実施形態1とほぼ同じ構成となっている。

実施形態2は実施形態1と同様、補強板30の両面側を覆う合成樹脂部はインサート成形後の冷却過程において熱膨張率の関係からフランジ部11の周縁部に位置する合成樹脂部は補強板30の両面側に位置する合成樹脂に引っ張られる。しかしながら、補強板30の周縁部はすべてが滑らかに加工されたR上のR面36をなすことから、そのR面36上の合成樹脂は両側から引っ張られてもクラックの起点となる角が無く、クラックの発生を防止することができる。

<他の実施形態>
本発明は上記記述及び図面によって説明した実施形態に限定されるものではなく、例えば次のような実施形態も本発明の技術的範囲に含まれる。
(1)本実施形態では端子挿通用の開口部31は補強板30内で内周縁が閉じたループ状を成す孔として構成したが、本発明はこのような態様に制限されるものではなく、開口部31の内周縁は開いて補強板30の外周と連なる開口縁としてもよい。
(2)本実施形態では、端子金具15はボルトによる接続する構成としたが、本発明はこのような態様に制限されるものではなく、例えば電線側コネクタに装着された雌型端子金具と嵌合される雄型端子金具で構成されてもよい。
(3)本実施形態では、補強板30の周縁部がR状に面取り加工された構成としたが、本発明はこのような態様に制限されるものではなく、例えば、周縁部がテーパー状に加工された構成としてもよい。

(4)本実施形態では、補強板30の両面側に網目状のアンカー溝34を形成する構成としたが、本発明はこのような態様に制限されるものではなく、例えば、補強板30の両面側にストライプ状や破線状のアンカー溝を形成する構成としてもよく、アンカー溝を形成しない構成としてもよい。
(5)本実施形態では、補強板30に樹脂進入孔35を形成する構成としたが、本発明はこのような態様に制限されるものではなく、例えば、補強板30に樹脂進入孔35を形成しない構成としてもよい。

10 :ハウジング本体
11 :フランジ部
12 :機器側ハウジング部
15 :端子金具
30 :補強板
31 :開口部
34 :アンカー溝
35 :樹脂進入孔
37 :取付片
37A:ボルト挿通孔(取付部)

Claims (6)

  1. 機器のケースに設けられたコネクタ取付部に取り付けられる機器用コネクタにおいて、
    前記コネクタ取付部に固定するための取付部及び端子金具挿通用の開口部を有する金属製の補強板と、前記補強板の両面側と前記補強板の周縁端部とを囲むように合成樹脂をインサート成形してなるコネクタハウジングと、前記開口部を貫通した状態で前記コネクタハウジングに保持された端子金具とを備え、
    前記補強板には前記補強板の周縁部に沿って面取り加工が施されていることを特徴とする機器用コネクタ。
  2. 前記補強板の周縁部はR状に面取り加工が施されていることを特徴とする請求項1記載の機器用コネクタ。
  3. 前記補強版には前記合成樹脂により覆われる両面側部分に前記補強板を貫通し前記合成樹脂が進入する樹脂進入孔が形成されていることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の機器用コネクタ。
  4. 前記樹脂進入孔には、その両周縁部に面取り加工が施されていることを特徴とする請求項3記載の機器用コネクタ。
  5. 前記補強板には、前記合成樹脂によって覆われる両面側部分に前記合成樹脂が入り込んだアンカー溝が形成されていることを特徴とする請求項1乃至請求項4の何れか一項に記載の機器用コネクタ。
  6. 前記取付部は、前記補強板の外周から突出すると共に、前記合成樹脂から露出する取付片に形成されたボルト挿通孔であることを特徴とする請求項1乃至請求項5の何れか一項に記載の機器用コネクタ。
JP2009262128A 2009-11-17 2009-11-17 機器用コネクタ Expired - Fee Related JP5251840B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009262128A JP5251840B2 (ja) 2009-11-17 2009-11-17 機器用コネクタ

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009262128A JP5251840B2 (ja) 2009-11-17 2009-11-17 機器用コネクタ
DE201010050546 DE102010050546B4 (de) 2009-11-17 2010-11-05 Vorrichtungsverbinder und Formverfahren für diesen
US12/942,681 US8257096B2 (en) 2009-11-17 2010-11-09 Device connector
CN201010576415.5A CN102157842B (zh) 2009-11-17 2010-11-10 设备连接器及其成型方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011108484A JP2011108484A (ja) 2011-06-02
JP5251840B2 true JP5251840B2 (ja) 2013-07-31

Family

ID=44011608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009262128A Expired - Fee Related JP5251840B2 (ja) 2009-11-17 2009-11-17 機器用コネクタ

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8257096B2 (ja)
JP (1) JP5251840B2 (ja)
CN (1) CN102157842B (ja)
DE (1) DE102010050546B4 (ja)

Families Citing this family (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5095446B2 (ja) * 2008-03-05 2012-12-12 矢崎総業株式会社 コネクタ
JP5698451B2 (ja) * 2009-10-05 2015-04-08 矢崎総業株式会社 端子台
JP5233959B2 (ja) * 2009-11-05 2013-07-10 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5251840B2 (ja) 2009-11-17 2013-07-31 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5221815B2 (ja) * 2009-12-10 2013-06-26 矢崎総業株式会社 コネクタ構造
JP2011154864A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Yazaki Corp コネクタ
JP5626047B2 (ja) * 2011-03-15 2014-11-19 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5640837B2 (ja) * 2011-03-15 2014-12-17 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5751875B2 (ja) * 2011-03-22 2015-07-22 矢崎総業株式会社 シールドコネクタ
JP5733573B2 (ja) * 2011-09-05 2015-06-10 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5567607B2 (ja) * 2012-02-06 2014-08-06 パナソニック株式会社 携帯型電子装置
JP5272100B1 (ja) * 2012-07-30 2013-08-28 株式会社小松製作所 コネクタおよび建設機械
US8845363B2 (en) * 2012-09-07 2014-09-30 Apple Inc. Reinforcing bars in I/O connectors
JP5857944B2 (ja) * 2012-11-13 2016-02-10 住友電装株式会社 端子台
DE202012011808U1 (de) * 2012-12-10 2014-03-13 Rosenberger Hochfrequenztechnik Gmbh & Co. Kg Verbindungsvorrichtung
DE102013226106A1 (de) * 2013-12-16 2015-06-18 Robert Bosch Gmbh Steuergerät mit einem niederohmigen elektrischen Anschluss
JP2019096472A (ja) * 2017-11-22 2019-06-20 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP2020047459A (ja) * 2018-09-19 2020-03-26 住友電装株式会社 機器用コネクタ

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04329279A (en) * 1991-04-30 1992-11-18 Yamaichi Electron Co Ltd Socket for electric part
DE29811425U1 (de) * 1998-06-29 1998-09-17 Stocko Metallwarenfab Henkels Kontaktiereinheit für ein kartenförmiges Trägerelement elektronischer Baugruppen, insbesondere nach PCMCIA-Norm
US6428353B2 (en) * 2000-07-03 2002-08-06 Yazaki Corporation Connector support mechanism for interconnecting connectors
JP2002042960A (ja) * 2000-07-25 2002-02-08 Yazaki Corp コネクタ支持機構
JP2002124329A (ja) * 2000-10-13 2002-04-26 Auto Network Gijutsu Kenkyusho:Kk 基板実装型コネクタ
JP3860054B2 (ja) * 2002-03-12 2006-12-20 住友電気工業株式会社 コネクタ
JP3950795B2 (ja) * 2002-10-31 2007-08-01 タイコエレクトロニクスアンプ株式会社 Lgaパッケージ用ソケット
US7049710B2 (en) * 2002-11-05 2006-05-23 Square D Company Power bus for distributed ride through capability
JP4007975B2 (ja) * 2004-06-21 2007-11-14 日本航空電子工業株式会社 コネクタ
JP4398948B2 (ja) * 2006-03-23 2010-01-13 古河電気工業株式会社 電気接続コネクタ
JP5194609B2 (ja) * 2007-07-26 2013-05-08 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5292910B2 (ja) * 2008-04-25 2013-09-18 オムロン株式会社 コネクタ
JP5233959B2 (ja) * 2009-11-05 2013-07-10 住友電装株式会社 機器用コネクタ
JP5251840B2 (ja) 2009-11-17 2013-07-31 住友電装株式会社 機器用コネクタ

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011108484A (ja) 2011-06-02
US20110117784A1 (en) 2011-05-19
CN102157842B (zh) 2014-03-05
DE102010050546B4 (de) 2013-03-21
CN102157842A (zh) 2011-08-17
US8257096B2 (en) 2012-09-04
DE102010050546A1 (de) 2011-07-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2019457B1 (en) A device connector, connecting method and apparatus therefor
DE102008053175B4 (de) Ein Verbinder für eine Vorrichtung und Verfahren zum Zusammensetzen davon
US7226317B2 (en) Shielded connector
JP3713528B2 (ja) 機器取付け用ワイヤーハーネス
JP5531940B2 (ja) 防水コネクタ
US9190743B2 (en) Electric wire connection structure of connector terminal
WO2012133460A1 (ja) シールドコネクタ
JP4126179B2 (ja) コネクタ
JP5370767B2 (ja) ジョイントコネクタ及びワイヤハーネス
EP2509169B1 (en) Vehicle-side connector
US9257772B2 (en) Electric connector with a lock to retain a terminal within a housing
JP5861289B2 (ja) コネクタ
JP5528007B2 (ja) シールド電線の固定構造およびその固定方法
US8366470B2 (en) Connector
US9028283B2 (en) Electric wire connection structure of connector terminal and method for fabricating the same
JP5316875B2 (ja) シールドコネクタの取付構造、シールドコネクタ
US6848938B2 (en) Panel-mountable part and method of dismounting such a panel-mountable part
US9022794B2 (en) Waterproof shield connector having a shield shell integral with an electric wire
EP2367236B1 (en) Connector
JP4036370B2 (ja) 電気コネクタ及びその製造方法
US6533609B2 (en) Shielding terminal and a mounting method therefor
US8449323B2 (en) Watertight shield connector
US8858274B2 (en) Electric terminal
US6997749B1 (en) Shield connector
JP4468465B2 (ja) レバー式コネクタ

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120125

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130314

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130319

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130401

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5251840

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160426

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees