JP3477219B2 - 流動床式廃水処理装置 - Google Patents

流動床式廃水処理装置

Info

Publication number
JP3477219B2
JP3477219B2 JP6345693A JP6345693A JP3477219B2 JP 3477219 B2 JP3477219 B2 JP 3477219B2 JP 6345693 A JP6345693 A JP 6345693A JP 6345693 A JP6345693 A JP 6345693A JP 3477219 B2 JP3477219 B2 JP 3477219B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
carrier
water
screen
treatment
fluidized bed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP6345693A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06246285A (ja
Inventor
正愽 藤井
賢二 原
由佳 若林
Original Assignee
ユニチカ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ユニチカ株式会社 filed Critical ユニチカ株式会社
Priority to JP6345693A priority Critical patent/JP3477219B2/ja
Publication of JPH06246285A publication Critical patent/JPH06246285A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3477219B2 publication Critical patent/JP3477219B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は,流動床式廃水処理装置
に関するものであり,特に担体分離用スクリーンの目詰
まりを防止し,連続した廃水処理を行うことができる流
動床式廃水処理装置に関するものである。 【0002】 【従来の技術】都市下水,産業廃水等の廃水処理方法と
して,活性汚泥法,流動床法等が用いられている。「生
物膜法」(産業用水調査会編)には,流動化した担体に
高密度の微生物を付着保持させ,廃水処理を行う流動床
法について記載されている。高密度の微生物を流動担体
に付着保持させることのできる流動床法は,浮遊汚泥方
式の活性汚泥法などと比較して単位容積当たりの処理能
力を増大させることができるので,処理設備を小型化す
ることができる。また,固定床法のように槽内の閉塞が
ないため,逆洗の必要がなく,連続して処理が行えると
いう利点がある。 【0003】流動床式廃水処理装置によって廃水を処理
するには,まず処理槽内に流動担体を充填し,処理すべ
き廃水を流入管から導入する。次いで,散気装置より空
気を吹き込むと,処理槽内に上昇流が生じ,流動担体は
この流れに乗って流動するとともに,原水と接触する間
に,流動担体の表面や内部に微生物を増殖させる。増殖
しすぎた微生物は,余剰汚泥として引き抜く必要があ
り,流動担体を系外へ取り出して汚泥分離するものや,
剥離汚泥として処理水側へ流出させるものがある。 【0004】流動担体としては,濾過砂や粒状活性炭,
樹脂,合成繊維製のものなど多種用いることができる。
また,処理水の流出口は,流動床上部の清澄部の上側に
設けられる場合や,流動担体の展開部に設けられる場合
があり,小型の担体分離スクリーンを流出口に伴う場合
もある。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】流動床法に用いられる
担体は,より高密度の微生物を付着保持させるという見
地から,比表面積を大きくできる粒径の小さいものが好
ましい。また,担体を流動させるためには,粒径だけで
なく,比重も小さいものが好ましい。しかし,粒径や比
重の小さい流動担体は処理水とともに系外へ流出し易い
という問題があった。 【0006】また,流動担体の周囲に微生物が増殖する
につれて,流動担体の見掛け比重が小さくなる場合もあ
り,流動担体の流出を防止する適当な担体分離用スクリ
ーンの開発が望まれていた。従来の処理装置のように,
小型の担体分離スクリーンを,水面下にある処理水の流
出口に設置した場合,処理水の水流に乗って,流動担体
がスクリーン面に押しつけられ,水が通過しにくくなっ
たり,生物スライムが付着して目詰まりを生じ,処理水
が流出できなくなるという問題があった。本発明は,流
動担体が処理水ともに流出したり,担体分離用スクリー
ンの目詰まりが生じることのない流動床式廃水処理装置
を提供することを目的とするものである。 【0007】 【課題を解決するための手段】本発明者らは,このよう
な課題を解決するために鋭意検討の結果,担体分離用ス
クリーンを処理槽の水面より上部に設けると,上記課題
を解決することができるという知見を得,この知見に基
づいて本発明に到達した。 【0008】すなわち、本発明は、活性汚泥が付着した
流動担体を充填した処理槽と、前記処理槽の底部に設け
られた散気装置と、処理水を流動担体とともに前記処
理槽の水面より上部に汲み上げるためのエアリフトポン
プと、汲み上げた処理水と流動担体とを分離するため
の担体分離用傾斜スクリーンであって、処理水の流出管
を備えたスクリーンとからなり、前記担体分離用傾斜
クリーンを前記処理槽の水面より上部に設けてなること
を特徴とする有機物処理を行う流動床式廃水処理装置を
要旨とするものである。 【0009】以下,図面を参照しつつ,本発明を具体的
に説明する。図1は,本発明の流動床廃水処理装置の具
体例を示す概略図である。1は処理槽であり,処理槽1
の水深としては,酸素の溶解効率の面から3m以上であ
ることが好ましい。2は流動担体であり,流動担体2と
しては,あらゆる種類の流動担体を用いることができる
が,特にポリエステル製で,粒径が3〜8mmであること
が好ましく,流動担体2の充填率としては,処理槽全容
積に対して50%以下であることが好ましい。3は廃水
の流入管であり,4はエアリフトポンプである。5はエ
アリフトポンプの調整バルブであり,エアリフトポンプ
の調整バルブ5によりエアリフトポンプ4に供給される
空気量が設定される。その空気量としては,1m3の原水
に対して0.5 〜3m3が好ましい。 【0010】6は担体分離用スクリーンであり,担体分
離用スクリーン6を処理槽1の水面10より上部に設け
ることが必要であるが,揚程が高くなるほど必要空気量
が増加するので,水面10より上部1〜10cmに設ける
ことが好ましい。担体分離用スクリーン6の選定は,流
動担体2の種類によっても異なるが,基本的には,球状
の担体を使用する場合,担体の粒径よりも小さい目開き
のウェッジワイヤースクリーンを設置することが好まし
く,担体の形状によっては,パンチングメタル等の多孔
板を用いることもできる。7は処理水の流出管であり,
8は散気装置であり,散気装置8を処理槽1の底部に設
置することが必要である。9はブロワーであり,このと
きのブロワーとしては,生物処理に必要な空気量と,エ
アリフトに必要な空気量を併せて供給できるものが好ま
しい。 【0011】上記した本発明の装置によって廃水処理を
行うには,例えば,まず処理槽1内に流動担体2を充填
し,処理すべき廃水を流入管3から処理槽1内に導入す
る。このとき,廃水の処理量としては,原水濃度による
が,通常の都市下水の場合には,滞留時間が1〜2時間
となるように調節すればよい。流動担体2と充分に接触
した処理水は,エアリフトポンプ4によって,水面10
より上部にある担体分離用スクリーン6まで流動担体2
とともに汲み上げられる。処理水は担体分離用スクリー
ン6の上部から,流動担体2とともにオーバーフロー
し,スクリーン面を流下する。このとき,処理水はスク
リーン面を通過して流出管7に入るが,流動担体2はス
クリーン面を転がり落ち,処理槽1内に戻る。同時にス
クリーン面は,転がり落ちる流動担体2で清掃される。 【0012】 【作用】本発明によると,担体分離用スクリーンが水面
より上部にあり,流動担体がスクリーン面に押しつけら
れることなく,スクリーン面を転がり落ちるので,流動
担体が処理水ともに流出したり,担体分離用スクリーン
の目詰まりが生じることもなく,あらゆる種類の流動担
体を用いて,連続した廃水処理を行うことができる。ま
た,流動担体がスクリーン面を転がり落ちる間に,流動
担体がスクリーン面を清掃し,さらに空気と接触するの
で,流動担体に付着している汚泥に酸素を供給する効果
もあり,流動担体の浄化能力の向上に役立てることがで
きる。 【0013】 【実施例】次に,実施例及び比較例によって本発明を具
体的に説明する。 実施例1 図1に示す流動床式廃水処理装置を用いて廃水の処理を
行った。容量40m3,水深4.5 mの処理槽内に,流動担
体として,ポリエステル製で粒径5mmのものを,処理槽
全容積に対して40%の充填率で充填し,処理すべき廃
水を流入管から処理槽内に導入した。担体分離用スクリ
ーンとして,原水の通水量4m3/hr に対して0.4m2 のウ
エッジワイヤースクリーン(目開き0.5mm )を,水面よ
り上部5cmに設置し,ブロワーから空気量として,1m3
の処理槽に対して5m3を,エアリフトポンプと散気装置
とに供給して,廃水の処理を行った。その結果,担体と
処理水の分離は良好であり,2か月間の連続通水を行っ
ても,スクリーン面に目詰まりは生じなかった。原水の
COD は1220mg/lであったが,処理水のCOD は110mg/l と
なり,安定した処理を行うことができた。また,処理後
の槽内のDOが0.3 〜0.8mg/l 上昇し,酸素供給能力も向
上した。 【0014】比較例1 図1の流動床式廃水処理装置において,水面より上部に
あった担体分離用スクリーンを,水面に対して60°と
なるように水面下に設置して廃水の処理を行った。担体
分離用スクリーンとして,まず,原水の通水量4m3/hr
に対して大きさ0.4m2 のスクリーンを浸漬したが,流動
担体が処理水の水流に乗ってスクリーン面に押しつけら
れ,通水が困難であったので,次に,大きさ1m2のスク
リーンに交換し,ブロワーから空気量として,1m3の処
理槽に対して5m3を散気装置に供給して,廃水の処理を
行った。その結果,連続通水時間は0.4m2 のスクリーン
の場合より長くなったが,24時間が限度であった。ま
た,活性汚泥などのスライムにより,スクリーン面の目
詰まりが生じた。 【0015】 【発明の効果】本発明によれば,流動担体が処理水とも
に流出したり,担体分離用スクリーンの目詰まりが生じ
ることなく,あらゆる種類の流動担体を用いて連続した
廃水処理を行うことができる。また,流動担体がスクリ
ーン面を転がり落ちる間に,流動担体がスクリーン面を
清掃し,さらに空気と接触するので,流動担体に付着し
ている汚泥に酸素を供給する効果もあり,流動担体の浄
化能力の向上に役立てることが可能となる。
【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の流動床式廃水処理装置の具体例を示す
概略図である。 【符号の説明】 1 処理槽 2 流動担体 3 廃水の流入管 4 エアリフトポンプ 5 エアリフトポンプの調整バルブ 6 担体分離用スクリーン 7 処理水の流出管 8 散気装置 9 ブロワー 10 水面
フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭51−106348(JP,A) 特開 昭62−286591(JP,A) 特開 平5−261393(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) C02F 3/02 - 3/10 C02F 3/12

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 活性汚泥が付着した流動担体を充填した
    処理槽と、前記処理槽の底部に設けられた散気装置と、
    処理水を流動担体とともに前記処理槽の水面より上部
    に汲み上げるためのエアリフトポンプと、汲み上げた処
    理水と流動担体とを分離するための担体分離用傾斜
    クリーンであって、処理水の流出管を備えたスクリーン
    とからなり、前記担体分離用傾斜スクリーンを前記処理
    槽の水面より上部に設けてなることを特徴とする有機物
    処理を行う流動床式廃水処理装置。
JP6345693A 1993-02-25 1993-02-25 流動床式廃水処理装置 Expired - Lifetime JP3477219B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6345693A JP3477219B2 (ja) 1993-02-25 1993-02-25 流動床式廃水処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6345693A JP3477219B2 (ja) 1993-02-25 1993-02-25 流動床式廃水処理装置

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003137636A Division JP2003300086A (ja) 2003-05-15 2003-05-15 流動床式廃水処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06246285A JPH06246285A (ja) 1994-09-06
JP3477219B2 true JP3477219B2 (ja) 2003-12-10

Family

ID=13229762

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6345693A Expired - Lifetime JP3477219B2 (ja) 1993-02-25 1993-02-25 流動床式廃水処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3477219B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012213696A (ja) * 2011-03-31 2012-11-08 Kubota Corp 汚水浄化設備

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06246285A (ja) 1994-09-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3477219B2 (ja) 流動床式廃水処理装置
JP2002307088A (ja) 廃水処理装置
JP3469797B2 (ja) 汚水処理方法とその装置
JP2003300086A (ja) 流動床式廃水処理方法
JP3301996B2 (ja) 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽
JP2684495B2 (ja) 有機性汚水の高度浄化装置
JP3836576B2 (ja) 流動床式排水処理装置
JP3947589B2 (ja) 排水処理設備
JP3947588B2 (ja) 排水処理装置
JP3729585B2 (ja) 排水処理設備
JPH05138185A (ja) 有機性汚水の処理方法及び装置
JPH11221587A (ja) 廃水処理装置
JP3395927B2 (ja) 微生物付着担体を利用する生物処理方法及び装置
JPH10202281A (ja) 排水処理装置
JP4342687B2 (ja) 排水処理装置
KR101180338B1 (ko) 하수처리장치
JP2003181483A (ja) 浄化槽の処理方法及びその浄化槽
JPH10337585A (ja) 浮上性濾過材の逆洗方法
JP3666065B2 (ja) 生物濾過式窒素除去方法
JP3666064B2 (ja) 排水処理装置
JP3716461B2 (ja) 生物ろ過逆洗排水の受槽での濃縮方法
JPH0642794Y2 (ja) 有機性汚水の生物処理装置
JPH0729114B2 (ja) 有機性汚水の生物処理方法および装置
JP2572327B2 (ja) 有機性汚水の処理方法および処理装置
JPH0710393B2 (ja) 有機性汚水の処理装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090926

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090926

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100926

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110926

Year of fee payment: 8

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110926

Year of fee payment: 8

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120926

Year of fee payment: 9