JP3171025B2 - 走行位置表示装置 - Google Patents

走行位置表示装置

Info

Publication number
JP3171025B2
JP3171025B2 JP25342994A JP25342994A JP3171025B2 JP 3171025 B2 JP3171025 B2 JP 3171025B2 JP 25342994 A JP25342994 A JP 25342994A JP 25342994 A JP25342994 A JP 25342994A JP 3171025 B2 JP3171025 B2 JP 3171025B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
message information
information
display
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP25342994A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08115498A (ja
Inventor
洋史 小坂
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Corp
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Panasonic Corp
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Panasonic Corp, Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Panasonic Corp
Priority to JP25342994A priority Critical patent/JP3171025B2/ja
Publication of JPH08115498A publication Critical patent/JPH08115498A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3171025B2 publication Critical patent/JP3171025B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、自動車等の現在位置を
地図とともに表示装置に表示する走行位置表示装置に関
する。
【0002】
【従来の技術】図8は車載用の走行位置表示装置の概要
を示している。図8において、1は方位センサであり、
この方位センサ1は自動車の絶対走行方位を検出する地
磁気センサ及び自動車の相対走行方位を検出する光ジャ
イロが使用される。2は車輪の回転数に応じたパルスを
発生する距離センサ、3はブレーキスイッチ、パーキン
グスイッチなどのオン・オフ信号、電源電圧監視用信号
などの各種センサ信号である。4は方位センサ1,距離
センサ2などのセンサ信号を処理するセンサ信号処理
部、5はGPS(Global Positioning System)レシー
バであり、このGPSレシーバ5は複数の衛星から送信
される電波を受信し演算することにより受信点の位置
(緯度、経度)を求めることができるものである。6は
CDーROMドライブであり、このCDーROMドライ
ブ6は、地図データが記録されたCDーROM7から地
図データを読出すものである。8は車室内に設置される
表示・操作部であり、この表示・操作部8は、地図及び
自動車の現在走行位置、方位等を表示する液晶ディスプ
レイ8A、この液晶ディスプレイ8Aの前面に設けられ
たタッチパネル8Bとからなり、タッチパネル8Bには
表示地図の拡大、縮小などを指示するためのスイッチ、
径路探索を指示するスイッチ、液晶ディスプレイ8Aに
表示された地名の中から目的地を選択するスイッチなど
が具備されている。9は装置本体であり、この装置本体
9はトランクルームなどに設置される。
【0003】次に装置本体9の構成について説明する。
10は各種の演算を行うCPU(中央処理装置)、11
はCPU10で行う各種の演算のプログラムが記憶され
たROM(リードオンリーメモリ)、12は方位センサ
1、距離センサ2、GPSレシーバ5、CDーROMド
ライブ6等からのデータやCPU10での演算結果等を
記憶するメモリ(DRAM)、13は装置本体9への電
源供給が停止した際にも必要なデータを保持しておくた
めのバックアップ用メモリ(SRAM)、14は液晶デ
ィスプレイ8Aに表示する文字、記号などのパターンが
記憶されたメモリ(漢字、フォントROM)、15は地
図データや自車の現在位置データなどに基づいて表示画
像を形成するための画像プロセッサ、16はCPU10
から出力される地図データ、現在位置データ及び漢字、
フォントROM14から出力される町名、道路名などの
漢字、フォントを合成して液晶ディスプレイ8Aに表示
する画像を記憶するメモリ(VRAM)、17はVRA
M16の出力データを色信号に変換するためのRGB変
換回路であり、色信号はRGB変換回路17から液晶デ
ィスプレイ8Aに出力される。18は通信インターフェ
ースである。
【0004】図10はCD−ROM7に記憶されている
データのフォーマットであり、20はディスクラベル、
21は描画パラメータ、22は図葉管理情報、23,2
4は図葉であり、この図葉には背景データ、文字デー
タ、道路データなどが記憶されており、日本全国の地形
図を緯度、経度によって分割した単位地図毎のデータが
記憶されている。図葉には広い地域を粗く記述した図葉
(レベル2)から狭い地域を詳細に記述した図葉(レベ
ル0)が設定されている。各図葉は同一の地域を記述し
た地図表示レベルA,B,Cから構成されている。地図
表示レベルA,B,Cは、AよりB,BよりCがより詳
細に記述されている。また各地図表示レベルA,B,C
は、地図表示レベル管理情報と複数のユニットから構成
されている。ユニットは各地図表示レベルの地域を複数
に分割した分割地域を記述したものであり、各ユニット
はユニットヘッダ、文字レイヤ、背景レイヤ、道路レイ
ヤ、オプションレイヤなどから構成される。
【0005】文字レイヤには地図に表示される地名、道
路名、施設名などが記録され、背景レイヤには道路、施
設などを描画するためのデータが記録され、また道路レ
イヤには、図11に示すように、交差点を含む道路を記
述する座標点(ノード)と線(リンク)に関するデー
タ、例えばノードのノード番号、緯度、経度、リンクの
リンク番号、リンク距離などが記憶されている。図11
において、丸印(○)はノードを示し、ノード間の線は
リンクを示している。また、ノード番号:4の黒丸
(●)は交差点ノードを示しているものである。なお、
道路レイヤに記録されたデータは地図表示には直接関与
せず、マップマッチングのための道路網情報として使用
されるものである。
【0006】図8において、方位センサ1の出力及び距
離センサ2の出力がセンサ処理部4を介してCPU10
に送られる。CPU10では自車の現在位置の演算が行
われ、現在位置の緯度、経度が求められる。またGPS
レシーバ5からのデータに基づき現在位置の補正が行わ
れる。このようにして求められた現在位置に基づき現在
位置に対応するユニットの地図データがCDーROMド
ライブ6によってCDーROM7から読出され、この地
図データが通信インターフェース18を介してメモリ
(DRAM)12に格納される。DRAM12に格納さ
れた地図データの一部分はCPU10により読出され、
画像プロセッサ15で画像データに変換され画像メモリ
16に書き込まれる。画像メモリ16に格納された画像
データはRGB変換回路17で色信号に変換され液晶デ
ィスプレ8Aに送られ、現在位置を中心として所定範囲
の地図が表示される。またDRAM12から読出された
地図データに文字コード、記号コードが含まれている
と、これら文字コード、記号コードに対応するパターン
が漢字、フォントROM14から読出され、液晶ディス
プレイ8Aに地図とともに地名などの文字、学校などの
記号が表示されるものである。また自動車の走行に伴っ
て順次求められる走行速度、走行方位に基づき、液晶デ
ィスプレイ8Aに表示される現在位置が順次変更されて
いくものである。図9は液晶ディスプレイ8Aの表示例
を示している。19は自車位置を示し、また20は自車
の走行軌跡を示している。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来例では、他の車両に搭載された走行位置表示装置(1
台又は複数台)との間の交信手段がなく、交差点での信
号待ちや渋滞などで同行する他の車両の位置が把握でき
ない問題があった。また交信手段として無線機や携帯電
話などがあるが、これらの交信手段では同行車両の位置
や所定の施設に停止する旨の伝言情報を正確に伝達する
ことができないものであった。
【0008】本発明は、上記従来の欠点を除去するもの
であり、他の車両の位置情報を自車位置とともに表示装
置に表示でき、さらに、通信機能を用いて各種の情報を
他の車両に送信し表示装置に表示できる走行位置表示装
置を提供するものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明の第1の発明は、
上記目的を達成するために、自車位置を検出する自車位
置検出手段と、上記自車位置検出手段で検出された自車
位置に対応する地図データを記憶手段から読出す手段
と、読出された地図データに基づいて表示手段に地図を
表示するとともに上記自車位置検出手段で検出された自
車位置を表示する手段と、少なくとも上記自車位置検出
手段で検出された自車位置データを送信し、又は少なく
とも他車から送信される他車位置データを受信する送受
信手段とを具備することを特徴とするものである。
【0010】本発明の第2の発明は、車両位置データに
加えて伝言情報も送受信できる送受信手段を具備したこ
とを特徴とするものである。
【0011】本発明の第3の発明は、表示手段に表示さ
れた複数の伝言内容から一つを選択する伝言情報選択手
段を具備したことを特徴とするものである。
【0012】本発明の第4の発明は、予め決められた特
定の車両に伝言情報を送信する個別送信と、複数の車両
に伝言情報を送信する一斉送信とを選択する送信選択手
段を具備したことを特徴とするものである。
【0013】本発明の第5の発明は、GPSレシーバで
受信された信号に基づいて自車の緯度、経度を検出する
自車位置検出手段を具備したことを特徴とするものであ
る。
【0014】
【作用】本発明は上記のような構成であり、本発明の第
1の発明によれば、表示手段に自車位置だけでなく他の
車両の位置も表示できるものである。
【0015】本発明の第2の発明によれば、車両位置デ
ータだけでなく、伝言情報も送受信でき、表示手段に伝
言情報も表示できるものである。
【0016】本発明の第3の発明によれば、送信したい
伝言内容を、表示手段に表示された複数の伝言内容から
選択できるものである。
【0017】本発明の第4の発明によれば、特定の車両
のみに伝言を送信したり、複数の車両に一斉に伝言を送
信することができるものである。
【0018】本発明の第5の発明によれば、GPSレシ
ーバで受信した信号に基づく自車位置の緯度、経度を検
出するため、自車位置、他車位置データが正確で、自車
位置、他車位置を表示手段に正確に表示できるものであ
る。
【0019】
【実施例】以下に本発明の一実施例について図1〜図7
とともに説明する。図1は本発明の一実施例の走行位置
表示装置を示している。図1において、図8に示す従来
例と同一個所には同一番号を示している。図1におい
て、21は送受信機、22はアンテナである。
【0020】図2は他の車両から送信された車両位置情
報を受信して表示する動作を示している。図2におい
て、ステップaで他の車両位置情報を表示するか否かの
判定が行われる。この判定は図1のタッチパネル8Bの
他の車両スイッチが操作されたことにより行われる。他
の車両スイッチが操作されない場合には、ステップeに
進み、通常の走行位置表示装置の動作を行い液晶ディス
プレイ8Aに地図と自車位置が表示される。ステップa
で他の車両スイッチが操作されたと判定されると、ステ
ップbに進み、受信状態になる。図1の送受信機21で
他の車両からの車両位置情報の受信が完了すると、ステ
ップcにおいて、他の車両の車両位置情報(車両識別デ
ータ、緯度データ、経度データ)を内部記憶領域へ記憶
する。
【0021】次にステップdにおいて、すでに自車の車
両位置と現在走行地図が表示されている液晶ディスプレ
イ8Aに、ステップcで格納した他の車両の車両位置情
報(車両識別データ、緯度データ、経度データ)を読出
し、緯度および経度データから車両位置を計算し、車両
識別データをマーク化し、すでに表示されている画面に
重ねて表示する。表示が終了したら、ステップbの処理
から反復することにより、同行の他の車両位置情報や既
に認識した車両の移動状況が実時間で把握できる。反復
処理で格納された他の車両位置情報の内部記憶領域の概
略を図4に示す。図3は他の車両位置も液晶ディスプレ
イ8Aに表示した表示例を示している。図3において、
19は自車の位置、23は第1の他車の位置、24は第
2の他車の位置を示している。
【0022】図5は、本発明の他の実施例の処理を示し
ている。本実施例は自車から他の車両に各種情報を送信
する例である。図5において、ステップaにおいて、他
の車両へ送信するか否かの判定が行われる。この判定は
図1のタッチパネル8Bの送信スイッチが操作されたこ
とにより行われる。送信スイッチが操作されない時はス
テップoに進み通常の走行位置表示が行われる。送信ス
イッチが操作されたと判定されるとステップbにおい
て、液晶ディスプレイ8Aに送信メニュー画面(図6)
が表示される。メニュー画面には個別送信か一斉送信か
の選択スイッチが表示される。ステップcにおいて、個
別送信を選択した場合は予め決められた他の車両識別コ
ードをステップdでメニュー画面の数値コード表示の中
から選択し、その選択された数値コード表示部をタッチ
して入力する。送信方法が確定すると、次にステップg
において、情報送信メニュー画面が表示される。ステッ
プhにおいて、伝言スイッチを選択すると予めROMに
記憶された伝言内容がステップiで表示する。ステップ
jにおいて、送信したい情報の選択が完了すると、ステ
ップk,lにおいて車両識別データ、選択された伝言情
報データをステップnにおいて、図1の送受信機21を
介して送信する。同様の手順で自車の車両位置情報を送
信したい場合は、伝言データの代わりにステップmにお
いて、緯度データ、経度データを送信する。また、同行
車両全てに送信する場合は、ステップcで一斉送信を選
択した後に、ステップfにおいて、車両識別データを予
め決められた一斉コード(例えば”FF”)にして送信
する。
【0023】図6は、液晶ディスプレ8Aに表示された
伝言選択メニューを示している。上選択キー25、下選
択キー26を操作することにより送信する伝言内容を選
択するものである。
【0024】図7は、先導車Mから送信された伝言情報
を自車19で受信し、液晶ディスプレイ8Aに表示した
表示例を示している。自車の液晶ディスプレイ8Aに先
導車の位置が表示されるとともに、伝言「次のガソリン
スタンドでとまります」が表示され、先導車が表示画面
のガソリンスタンド27で停止しようとしていることが
自車19で把握できるものである。
【0025】
【発明の効果】本発明は、上記のような構成であり、本
発明によれば、自車の表示手段に自車の位置だけでなく
他車の位置も表示できる。このため複数台の車両でドラ
イブする場合などに、車両の相互の位置関係を容易に把
握できる。また本発明によれば、車両の位置データだけ
でなく、所定の施設に停止する旨の伝言内容を他の車両
に送信でき、車両間で意志疎通が図れる利点を有する。
また伝言内容を複数の中から選択できるため、必要な伝
言を容易にかつ早く送信できる利点を有する。
【0026】また本発明によれば、特定の車両のみに伝
言を送信したり、複数の車両に同一の伝言を送信できる
利点を有する。
【0027】さらに、本発明では、GPSレシーバで受
信した信号に基づいて自車の位置を検出するため、自車
位置、他車位置が正確に検出でき、表示手段に自車位置
と他車位置とを正確に表示できる利点を有するものであ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施例の走行位置表示装置のブ
ロック図
【図2】同実施例における動作を示す流れ図
【図3】同実施例における液晶ディスプレイの表示図
【図4】同実施例における記憶装置に記憶された他車両
データの構成図
【図5】本発明の他の実施例における走行位置表示装置
の動作を示す流れ図
【図6】同実施例における伝言情報メニューを示す表示
【図7】同実施例おける液晶ディスプレイの表示図
【図8】従来の走行位置表示装置のブロック図
【図9】同従来例における液晶ディスプレイの表示図
【図10】同従来例のCD−ROMのフォーマットを示
す構成図
【図11】同従来例のCD−ROMに記録された道路デ
ータを示す構成図
【符号の説明】
1 方位センサ 2 距離センサ 5 GPSレシーバー 6 CDーROMドライブ 7 CDーROM 8 表示・操作部 8A 液晶ディスプレイ 8B タッチパネル 9 装置本体 10 CPU 15 画像プロセッサ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭64−9385(JP,A) 特開 平5−165812(JP,A) 特開 平6−282795(JP,A) 特開 昭55−121762(JP,A) 特開 昭60−191396(JP,A) 特開 平4−70999(JP,A) 特開 平3−126199(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) G08G 1/09 - 1/137 G01C 21/00 G01S 5/00 - 5/14 H04B 7/26

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 走行位置を検出する走行位置検出手段
    と、地図上に上記走行位置検出手段で検出された上記走
    行位置を表示する表示手段と、上記地図上の施設に停止
    する旨の伝言情報を含む、上記表示手段に表示された
    数の伝言情報から一つを選択する伝言情報選択手段と、
    上記走行位置検出手段で検出された上記走行位置のデー
    タとともに選択された上記伝言情報を送信する送信手段
    とを備え、施設に停止する旨の上記伝言情報を選択して
    送信することを特徴とする走行位置表示装置。
  2. 【請求項2】 請求項1記載の走行位置送信装置から送
    信される情報を受信する受信手段と、この受信手段で受
    信した上記情報を表示する表示手段を備える走行位置受
    信装置。
  3. 【請求項3】 走行位置検出手段が走行位置を検出する
    とともに、所定の施設に停止する旨の伝言情報を含む、
    表示手段に表示された複数の伝言情報から、伝言情報選
    択手段が一つの伝言情報を選択し、送信手段が上記走行
    位置のデータとともに選択された上記伝言情報を送信す
    ることを特徴とする走行位置送信方法。
  4. 【請求項4】 受信手段が、請求項3記載の走行位置送
    信方法で送信される情報を受信し、表示手段が、受信し
    た上記情報を表示することを特徴とする走行位置受信方
    法。
JP25342994A 1994-10-19 1994-10-19 走行位置表示装置 Expired - Fee Related JP3171025B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25342994A JP3171025B2 (ja) 1994-10-19 1994-10-19 走行位置表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25342994A JP3171025B2 (ja) 1994-10-19 1994-10-19 走行位置表示装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08115498A JPH08115498A (ja) 1996-05-07
JP3171025B2 true JP3171025B2 (ja) 2001-05-28

Family

ID=17251279

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25342994A Expired - Fee Related JP3171025B2 (ja) 1994-10-19 1994-10-19 走行位置表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3171025B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014004176A (ja) * 2012-06-25 2014-01-16 Sega Corp 景品展示構造体及び景品取得遊戯装置
KR200480579Y1 (ko) 2016-02-18 2016-06-21 고락본 게임용 자동판매기
KR101739355B1 (ko) 2014-09-01 2017-05-24 (주)뉴월드 상품 배출게임장치

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3523931B2 (ja) * 1995-04-20 2004-04-26 三菱電機株式会社 移動体用情報処理装置
JPH1151667A (ja) * 1997-07-30 1999-02-26 Alpine Electron Inc 車両間通信方式
JPH11257976A (ja) * 1998-03-17 1999-09-24 Sony Corp ナビゲーションシステム
JP2000293789A (ja) * 1999-04-02 2000-10-20 Kenwood Corp ナビゲーション装置
JP2002032275A (ja) * 2000-07-13 2002-01-31 Nec Software Kansai Ltd 地図表示システム、地図表示方法、および、記録媒体
JP2002229992A (ja) * 2001-01-31 2002-08-16 Fujitsu Ltd 空間情報サービス用のサーバ装置および空間情報サービスの提供方法並びに空間情報サービス用の課金処理装置および課金方法
JP4600064B2 (ja) * 2005-02-02 2010-12-15 トヨタ自動車株式会社 無線通信方法または無線通信端末

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014004176A (ja) * 2012-06-25 2014-01-16 Sega Corp 景品展示構造体及び景品取得遊戯装置
KR101739355B1 (ko) 2014-09-01 2017-05-24 (주)뉴월드 상품 배출게임장치
KR200480579Y1 (ko) 2016-02-18 2016-06-21 고락본 게임용 자동판매기

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08115498A (ja) 1996-05-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3171025B2 (ja) 走行位置表示装置
JP2783139B2 (ja) 走行位置表示装置
JPH09159469A (ja) 走行位置表示装置
JP3218935B2 (ja) 経路探索通信装置
JP3216483B2 (ja) 経路探索表示装置
JP2809042B2 (ja) 走行位置表示装置
JPH07334798A (ja) 経路案内表示装置
JP3259553B2 (ja) 探索経路受信装置及び探索経路送信装置
JP3064758B2 (ja) 経路探索表示装置
JPH0933267A (ja) 走行位置表示装置
JP3097454B2 (ja) 経路探索表示装置
JPH09292254A (ja) 走行位置表示装置
JP3185636B2 (ja) 走行位置表示装置
JP2773596B2 (ja) 走行位置表示装置
JP3414224B2 (ja) 通信型ナビゲーションシステム
JP2000028378A (ja) 走行位置表示装置
JPH07103777A (ja) 走行位置表示装置
JP3185563B2 (ja) 経路探索表示装置
JP3008753B2 (ja) 走行位置表示装置
JPH08189838A (ja) ナビゲーション装置
JPH08145702A (ja) 地図表示装置
JPH0791972A (ja) 経路探索表示装置
JP4521892B2 (ja) 走行位置表示方法及び装置
JP2818069B2 (ja) 地図表示装置
JP3158908B2 (ja) 走行位置表示装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080323

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090323

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100323

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees