JP2994888B2 - 入力処理装置および入力処理方法 - Google Patents

入力処理装置および入力処理方法

Info

Publication number
JP2994888B2
JP2994888B2 JP31532792A JP31532792A JP2994888B2 JP 2994888 B2 JP2994888 B2 JP 2994888B2 JP 31532792 A JP31532792 A JP 31532792A JP 31532792 A JP31532792 A JP 31532792A JP 2994888 B2 JP2994888 B2 JP 2994888B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pen
input
coordinate
coordinates
input processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP31532792A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06161647A (ja
Inventor
聡 広畑
浩幸 重松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sharp Corp
Original Assignee
Sharp Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sharp Corp filed Critical Sharp Corp
Priority to JP31532792A priority Critical patent/JP2994888B2/ja
Priority to US08/143,786 priority patent/US5583543A/en
Priority to EP93117837A priority patent/EP0597379B1/en
Priority to DE69329482T priority patent/DE69329482T2/de
Publication of JPH06161647A publication Critical patent/JPH06161647A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2994888B2 publication Critical patent/JP2994888B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Position Input By Displaying (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、ペンを入力手段とし
て使用する入力処理装置および入力処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の処理装置においては、従
来の指定方法では図形や枠をペンで指定する場合に、図
形や枠を指定するためのペンダウンと同時にペンがぶれ
てしまい、ドラッグ(移動操作)が入り、図形や枠が微
妙に移動してしまう。
【0003】これはペンによるポイント指定操作ではペ
ンダウンする点とペンアップする点を同時にすることは
非常に難しいことに配慮していないためである。
【0004】例えば、図形で斜線の網掛けのかかった円
の網掛けを点線に変えたい場合を想定する(図3ー
1)。この場合まずペンで円を指定(図3ー2)し、次
にファンクションやアイコンの指定で網掛け(図3ー
3)の種類を変更する操作となるのが一般的である(図
3ー4)。しかし、今までの操作環境では、ペンで円を
指定した時にペンがぶれて円が元の場所から移動してし
まう(図3ー5〜図3ー6)ことが頻繁に発生してい
た。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】このように従来の処理
装置においては、ペンで図形や枠を指定した場合に、指
定と同時にペンのぶれによりドラッグが発生し、図形や
枠が移動してしまうという問題があった。
【0006】この発明はこのような事情を考慮してなさ
れたもので、本発明により、図形や枠の指定時に発生す
るペンのぶれが吸収され、図形の指定だけを行いたいと
きに図形が移動してしまうことがなくなり、容易に図形
の指定操作ができるようになるペン入力処理装置を提供
することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の入力処理
装置は、表示装置に表示された図形や枠情報の表示位置
を座標入力手段により指定して当該情報を表示上で移動
させる入力処理装置であって、座標入力手段から最初に
入力される座標と、当該座標に連続する複数の座標の各
々を順次比較する手段と、当該座標差が所定範囲内にあ
る場合は移動制御を行わず、当該座標差が所定範囲外に
至った時点から座標入力手段から入力される座標に追随
して移動制御を行う手段とを備えたことを特徴とする入
力処理装置である。 請求項2記載の入力処理装置は、前
記座標入力手段がアップダウン構造を有するペンであ
り、前記の最初に入力される座標はペンダウン時に入力
され、連続する座標はペンダウン状態でのペンの移動に
よって与えられることを特徴とする請求項1記載の入力
処理装置である。 請求項3記載の入力処理方法は、表示
装置に表示された図形や枠情報の表示位置を座標入力手
段により指定して当該情報を表示上で移動させる入力処
理装置における入力処理方法であって、 座標入力手段か
ら最初に入力される座標と、当該座標に連続する複数の
座標の各々を順次比較し、当該座標差が所定範囲内にあ
る場合は移動制御を行わず、当該座標差が所定範囲外に
至った時点から座標入力手段から入力される座標に追随
して移動制御を行うことを特徴とする入力処理方法であ
る。
【0008】
【作用】この発明によれば、ペンの入力タブレットへの
入力により図形や枠情報を指定し、該入力タブレットか
ら指定したペン先を引き上げることで図形や枠情報を移
動させる等の指示を与えるペン入力処理装置において、
前記ペンの落下位置から引き上げる位置までに該ペンが
移動した場合に、該移動距離の大小を判定することで、
前記移動距離が一定の範囲内にある場合は、前記移動距
離を無視し、前記図形や枠情報を移動させる等の指示を
与えるので、図形や枠情報を指定する際に発生するペン
のぶれを吸収できることとなる。
【0009】
【実施例】以下、図面に示す実施例に基づいてこの発明
を詳述する。なお、この発明はこれによって限定される
ものではない。
【0010】図1は、この発明の一実施例の装置構成を
示すブロック図である。1はプログラムの実行を行う中
央処理装置(CPU)、2は各種データを格納するRA
M、3は制御プログラムを格納するROM、4はプリン
タコントローラ、5はプリンタ、6はICカード、7は
ICカードインターフェース、8はフロッピーディスク
(FD)、9はFDコントラ、10はキーボード、11
はキーインタフェース、12はペン、13はペンインタ
ーフェース、14は表示装置、15は表示コントローラ
である。上記ICカード6、及びFD8はそれぞれ上記
のICカードインターフェース7、及びFDコントロー
ラ9により制御され、データのロード/セーブが可能で
ある。また、キーインタフェース11は、キーボード1
0で押されたキーを判別し、それに対応するデータに変
換する。また、ペンインターフェース13は、ペン12
で発生した事象(イベント)の種類とペンで押された画
面上の座標を判別し、ペンダウン/ペンアップ/ドラッ
グなどのイベントの種類と画面上の座標データに変換す
る。
【0011】ペンで図形や枠を指定する場合に13のペ
ンインターフェースからペンダウンイベント(ペンが押
されたこと)が発生し、CPU1を介しROM3上又は
RAM2上のアプリケーションプログラムに伝えられ
る。アプリケーションプログラムでは発生したイベント
がペンダウンであれば、RAM2上の図形の座標データ
と照合しどの図形の上でダウンされたかを判別し、該当
する図形データに現在編集対象である旨の表示を行う。
また、ペンダウンに続き、ペンインターフェースからド
ラッグ(ペンが移動した)のイベントが入ると、イベン
トはアプリケーションプログラムに伝えられ、アプリケ
ーションプログラムは図2のフローに従いドラッグのイ
ベントを有効にするかどうかの判断を行い、移動範囲が
小さい場合(例えば3ドット以下の時)にはドラッグの
イベントを無視する。
【0012】図2を参照して、以下、本発明のペン入力
処理装置の動作を説明する。処理フローはステツプS1
にて開始され、ここでは、入力タブレットとして働く表
示装置14上でペン12のアップ,ダウン、先端の移動
(ドラッグ)の内いずれかがあるかどうかがペンインタ
ーフェース13にて判断される。いずれかがあれば、次
のステツプに進む。
【0013】ステツプS2では、ペンインターフェース
13にてドラッグであるかどうかが判定される。今、ペ
ン12がダウンされた場合では、ドラッグではないの
で、ステツプS2の判断はNOであり、ステツプS3が
選択される。本発明では、ステツプS3でペンダウンが
あることが判断されれば、ステツプS4を通過して、ス
テツプS5にて「ドラッグ無視操作を有効にする」フラ
グ“1”を立てることになる。このフラグはRAM2内
で立つ。同時にペンダウンされた座標も検出されて、R
AM2に格納される。これらの処理がステツプS5でな
される。
【0014】次いで、ステツプS6では、既にフラグ
“1”が立っており、フラグ“1”はずっと立っている
ので、ドラッグ操作が無視するように判断されることに
なる。その結果、ステツプS7では、RAM2内でペン
ダウンされた座標からの、ペンのドラッグの移動したド
ット数を求める。そして、ステツプS8にて、RAM2
内で移動ドット数が所定のドット数(例えば3ドット)
より小さければ、ドラッグ操作が無視されることにな
る。
【0015】しかし、仮に、ステツプS8では、RAM
2内でペンダウンされた座標からの、ペンのドラッグの
移動ドット数が所定のドット数(例えば3ドット)より
大きければ、ドラッグ操作を無視することは無効とされ
ることになって、フラグは“0”となり、以降ドラッグ
を無視する操作は行われない。そして、その場合のペン
12の指示に基づく移動処理がされることになる。
【0016】もし、ステツプS3にて、今ペン12がア
ップされた場合では、ステツプS3の判断はNOであ
り、ステツプS11が選択される。本発明では、ステツ
プS3でペンアップがあることが判断されれば、ステツ
プS11を通過して、ステツプS12にて「ドラッグ無
視操作を無効にする」フラグは“0”に落とすことにな
る。このフラグはRAM2内で落とされる。同時にペン
アップされた時の座標も検出されて、RAM2に格納さ
れる。そして、ペンダウンとペンアップに対応した移動
処理等の指示がなされることになる。
【0017】
【発明の効果】この発明によれば、ペンを入力手段とし
て、ペンダウンで図形や枠の指示を行い、ドラッグでそ
れらの移動を行う処理装置で、図形や枠の指定のみを行
いたい場合にペンダウン時にペンのぶれにより、必ず発
生するドラッグを無視することにより、図形や枠の指定
の操作を容易にするという効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のペン入力処理装置の一実施例の構成を
示すブロック図である。
【図2】本発明の一実施例の動作を示すフローチャート
である。
【図3】従来のペン入力処理装置の動作による誤動作を
表す説明図である。
【符号の説明】
1 CPU 2 RAM 3 ROM 4 プリンタコントローラ 5 プリンタ 6 ICカード 7 Iカードインターフェース 8 F.D. 9 F.D.コントローラ 10 キーボード 11 キーインターフェース 12 ペン 13 ペンインターフェース 14 表示装置 15 表示コントローラ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) G06F 3/03 G06F 3/033

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表示装置に表示された図形や枠情報の表
    示位置を座標入力手段により指定して当該情報を表示上
    で移動させる入力処理装置であって、 座標入力手段から最初に入力される座標と、当該座標に
    連続する複数の座標の各々を順次比較する手段と、当該
    座標差が所定範囲内にある場合は移動制御を行わず、当
    該座標差が所定範囲外に至った時点から座標入力手段か
    ら入力される座標に追随して移動制御を行う手段とを備
    えたことを特徴とする入力処理装置。
  2. 【請求項2】 前記座標入力手段がアップダウン構造を
    有するペンであり、前記の最初に入力される座標はペン
    ダウン時に入力され、連続する座標はペンダウン状態で
    のペンの移動によって与えられることを特徴とする請求
    項1記載の入力処理装置。
  3. 【請求項3】 表示装置に表示された図形や枠情報の表
    示位置を座標入力手段により指定して当該情報を表示上
    で移動させる入力処理装置における入力処理方法であっ
    て、 座標入力手段から最初に入力される座標と、当該座標に
    連続する複数の座標の各々を順次比較し、当該座標差が
    所定範囲内にある場合は移動制御を行わず、当該座標差
    が所定範囲外に至った時点から座標入力手段から入力さ
    れる座標に追随して移動制御を行うことを特徴とする入
    力処理方法。
JP31532792A 1992-11-05 1992-11-25 入力処理装置および入力処理方法 Expired - Lifetime JP2994888B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31532792A JP2994888B2 (ja) 1992-11-25 1992-11-25 入力処理装置および入力処理方法
US08/143,786 US5583543A (en) 1992-11-05 1993-11-01 Pen input processing apparatus
EP93117837A EP0597379B1 (en) 1992-11-05 1993-11-03 Pen input processing apparatus
DE69329482T DE69329482T2 (de) 1992-11-05 1993-11-03 Griffelseingabeverarbeitungsgerät

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31532792A JP2994888B2 (ja) 1992-11-25 1992-11-25 入力処理装置および入力処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06161647A JPH06161647A (ja) 1994-06-10
JP2994888B2 true JP2994888B2 (ja) 1999-12-27

Family

ID=18064076

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31532792A Expired - Lifetime JP2994888B2 (ja) 1992-11-05 1992-11-25 入力処理装置および入力処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2994888B2 (ja)

Families Citing this family (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002116878A (ja) * 2000-10-12 2002-04-19 Seiko Epson Corp 画像生成システム、プレゼンテーションシステムおよび情報記憶媒体
JP5523090B2 (ja) 2009-12-25 2014-06-18 キヤノン株式会社 入力装置、入力装置の制御方法、プログラムおよび記憶媒体
US9417754B2 (en) 2011-08-05 2016-08-16 P4tents1, LLC User interface system, method, and computer program product
WO2013169851A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for facilitating user interaction with controls in a user interface
JP6002836B2 (ja) 2012-05-09 2016-10-05 アップル インコーポレイテッド ジェスチャに応答して表示状態間を遷移するためのデバイス、方法、及びグラフィカルユーザインタフェース
CN107728906B (zh) 2012-05-09 2020-07-31 苹果公司 用于移动和放置用户界面对象的设备、方法和图形用户界面
EP2847660B1 (en) 2012-05-09 2018-11-14 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for selecting user interface objects
EP2847658B1 (en) 2012-05-09 2017-06-21 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for providing tactile feedback for operations performed in a user interface
EP2847662B1 (en) 2012-05-09 2020-02-19 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for providing feedback for changing activation states of a user interface object
WO2013169849A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Industries Llc Yknots Device, method, and graphical user interface for displaying user interface objects corresponding to an application
WO2013169843A1 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for manipulating framed graphical objects
WO2013169865A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for moving a user interface object based on an intensity of a press input
WO2013169845A1 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for scrolling nested regions
JP6273263B2 (ja) 2012-05-09 2018-01-31 アップル インコーポレイテッド ユーザ接触に応答して追加情報を表示するための、デバイス、方法、及びグラフィカルユーザインタフェース
WO2013169842A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for selecting object within a group of objects
KR102096070B1 (ko) * 2012-06-22 2020-04-14 삼성전자주식회사 터치 인식 개선 방법 및 그 전자 장치
JP6093877B2 (ja) 2012-12-29 2017-03-08 アップル インコーポレイテッド 複数接触ジェスチャのために触知出力の生成を見合わせるためのデバイス、方法、及びグラフィカルユーザインタフェース
CN105264479B (zh) 2012-12-29 2018-12-25 苹果公司 用于对用户界面分级结构进行导航的设备、方法和图形用户界面
CN107832003B (zh) 2012-12-29 2021-01-22 苹果公司 用于放大内容的方法和设备、电子设备和介质
US9645732B2 (en) 2015-03-08 2017-05-09 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for displaying and using menus
US10095396B2 (en) 2015-03-08 2018-10-09 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for interacting with a control object while dragging another object
US9632664B2 (en) 2015-03-08 2017-04-25 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback
US10048757B2 (en) 2015-03-08 2018-08-14 Apple Inc. Devices and methods for controlling media presentation
US9639184B2 (en) 2015-03-19 2017-05-02 Apple Inc. Touch input cursor manipulation
US10067653B2 (en) 2015-04-01 2018-09-04 Apple Inc. Devices and methods for processing touch inputs based on their intensities
US20170045981A1 (en) 2015-08-10 2017-02-16 Apple Inc. Devices and Methods for Processing Touch Inputs Based on Their Intensities
US9891811B2 (en) 2015-06-07 2018-02-13 Apple Inc. Devices and methods for navigating between user interfaces
US9860451B2 (en) 2015-06-07 2018-01-02 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US9830048B2 (en) 2015-06-07 2017-11-28 Apple Inc. Devices and methods for processing touch inputs with instructions in a web page
US10200598B2 (en) 2015-06-07 2019-02-05 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US10346030B2 (en) 2015-06-07 2019-07-09 Apple Inc. Devices and methods for navigating between user interfaces
US9880735B2 (en) 2015-08-10 2018-01-30 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback
US10416800B2 (en) 2015-08-10 2019-09-17 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for adjusting user interface objects
US10248308B2 (en) 2015-08-10 2019-04-02 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interfaces with physical gestures
US10235035B2 (en) 2015-08-10 2019-03-19 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for content navigation and manipulation

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55140972A (en) * 1979-04-20 1980-11-04 Toshiba Corp Coordinate value checking circuit
JPS6414629A (en) * 1987-07-08 1989-01-18 Hitachi Seiko Kk Coordinate reader

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06161647A (ja) 1994-06-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2994888B2 (ja) 入力処理装置および入力処理方法
US5528260A (en) Method and apparatus for proportional auto-scrolling
US5821930A (en) Method and system for generating a working window in a computer system
EP0677803B1 (en) A method and system for facilitating the selection of icons
US5568604A (en) Method and system for generating a working window in a computer system
JP2501293B2 (ja) 入力装置への圧力の表示方法及びシステム
KR19990062562A (ko) 접근 포인터를 갖는 컴퓨터 디스플레이 상에서다수의 그래픽사용자 인터페이스 구성 요소를 조작하는컴퓨터 시스템 및 방법
JP4895211B2 (ja) 表示処理装置及び表示制御方法
JPH04276821A (ja) コンピュータ表示制御システム
JP3043632B2 (ja) ツールバーの表示システム
US10983679B2 (en) Selectively enabling trackpad functionality in graphical interfaces
JP3892534B2 (ja) 表示装置
JPS62156721A (ja) 表示制御装置
JP2001154779A (ja) マウスカーソル制御方法
JPH08106542A (ja) 図形の拡大表示方法
JP2943903B2 (ja) Cad装置
JP2892353B2 (ja) 描画装置
JPH09244858A (ja) ウィンドウシステムの制御方法および情報処理装置
JP3185209B2 (ja) 表示制御装置
JPH0827690B2 (ja) 表示制御方法
JPH07219700A (ja) 情報処理装置
JPH08335142A (ja) マウスポインタの移動制御装置
JP2000322600A (ja) インターネット3次元マルチウィンドウ制御表示システムおよびインターネット3次元マルチウィンドウ制御表示方法
JP2002023906A (ja) 座標表示装置
JPH08292870A (ja) 操作シンボル表示装置と方法

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071022

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081022

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081022

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091022

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091022

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101022

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111022

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121022

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131022

Year of fee payment: 14

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131022

Year of fee payment: 14