JP2907909B2 - パネルシャッタ装置 - Google Patents

パネルシャッタ装置

Info

Publication number
JP2907909B2
JP2907909B2 JP34110089A JP34110089A JP2907909B2 JP 2907909 B2 JP2907909 B2 JP 2907909B2 JP 34110089 A JP34110089 A JP 34110089A JP 34110089 A JP34110089 A JP 34110089A JP 2907909 B2 JP2907909 B2 JP 2907909B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
panel
guide rail
guide
chain
guide rails
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP34110089A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH03202585A (ja
Inventor
和典 谷田貝
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
BUNKA SHATSUTAA KK
RUMITSUTAA KOGYO KK
Original Assignee
BUNKA SHATSUTAA KK
RUMITSUTAA KOGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by BUNKA SHATSUTAA KK, RUMITSUTAA KOGYO KK filed Critical BUNKA SHATSUTAA KK
Priority to JP34110089A priority Critical patent/JP2907909B2/ja
Publication of JPH03202585A publication Critical patent/JPH03202585A/ja
Priority to JP26686698A priority patent/JPH11152971A/ja
Priority to JP26686398A priority patent/JPH11159262A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2907909B2 publication Critical patent/JP2907909B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Operating, Guiding And Securing Of Roll- Type Closing Members (AREA)
  • Power-Operated Mechanisms For Wings (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 【産業上の利用分野】
この発明は、例えば建物のシャッター開閉用開口とア
ーケードやサンルーム、ガーデン等のシャッター開閉用
開口とを交互に開閉可能としたパネルシャッタ装置に関
するものである。
【従来の技術】
従来のパネルシャッタ装置は、シャッタ開閉用開口の
両側に配置された左右一対のガイドレールと、この上部
に配置されたパネル収納ボックスと、該パネル収納ボッ
クス内における前記ガイドレールの上方に配置された左
右一対のパネル駆動系スプロケットと、該スプロケット
に噛合した左右一対のチェーンと、これらのチェーンで
各々の両側上部が支持されて前記両ガイドレール間を昇
降開閉する複数のパネルと、パネル収納ボックス内に横
架されて前記両スプロケット間をパネル収納方向に通過
したパネルを吊持する収納レールとを備え、前記スプロ
ケットの正逆回転駆動による前記チェーンの送り作動に
よって、前記パネル相互を、前記ガイドレールに沿って
縦方向に隣合った垂直姿勢での縦移動と、前記収納レー
ルに沿って横方向に隣合った垂直姿勢での横移動とに継
送するようになっている。
【発明が解決しようとする課題】
従来のパネルシャッタ装置は以上のように構成されて
いるので、パネルを垂直姿勢のまま移動させるだけであ
って、該パネルを例えば水平姿勢で移動させることがで
きないため、アーケードやサンルーム,温室,ガーデン
等には適用できず、多機能シャッターとして適用できな
いなど汎用性に乏しいという課題があった。しかも、従
来のパネルシャッタ装置はパネル収納ボックスを不可欠
とし、該パネル収納ボックス内には、スプロケットおよ
び該スプロケット駆動系の開閉機と動力伝達機構ならび
に収納レールを配置したうえ多くのパネルを垂直姿勢で
並列状態に収納しなければならないため、パネル収納ボ
ックス自体が大型化すると共に、ガイドレール間を上昇
するパネル相互が凹凸嵌合していると、パネル収納ボッ
クス内に上昇進入してきたパネルを収納レールに沿った
方向に横送りできないので、ガイドレール間を上昇する
パネル相互間には隙間を設けなければならず、その分、
シャッター装置の高さ寸法が高くなってシャッター設置
個所に大きな制約を受けるなどの課題があった。 また、窓などの建物側開口部と、該建物側開口部の上
端から屋外側に延びる屋根開閉領域とを交互に開閉可能
なシャッターとして、特開昭63−201290号公報に開示さ
れた家屋開口部の開閉装置はあるが、この開閉装置で
は、屋根部閉鎖時に風雨に晒されて汚れたシャッターカ
ーテンの上面が建物側開口部の閉鎖時には室内側に面し
た内側カーテン面となるため、居住者等に不快感を与え
るなどの課題がある。 この発明は上記のような課題を解決するためになされ
たもので、パネル収納ボックスを必要としないのみなら
ず、例えば建物側開口部とアーケード等の屋外側開口部
とを一連のパネルで交互に開閉でき、しかも、該パネル
による建物側開口部の閉鎖時および屋外側開口部の閉鎖
時の何れの場合においてもパネルの片面が風雨に晒され
ることのないパネルシャッタ装置を得ることを目的とす
る。
【課題を解決するための手段】
この発明に係るパネルシャッタ装置は、シャッタ開閉
用開口の両側に配置された左右一対の第1のガイドレー
ルと、これらの第1ガイドレール間を昇降開閉する複数
のパネルと、前記第1ガイドレールの上部に設けられ前
記パネルを進入させるパネル中継領域と、このパネル中
継領域から前記第1ガイドレールとは反対側に存在し前
記パネルをガイドする左右一対の第2ガイドレールと、
前記パネル中継領域に配置された左右一対のパネル駆動
系スプロケットと、これらのスプロケットに噛合して前
記パネルを支持し、前記スプロケットの正逆回転時に前
記パネル中継領域を介して第1ガイドレールと第2ガイ
ドレールとに前記パネルを交互に継送移動させる左右一
対のチェーンと、前記パネル中継領域に設けられ、第ガ
イドレールまたは第2ガイドレールから前記パネル中継
領域に進入したパネルを表裏反転させて第2ガイドレー
ルまたは第1ガイドレールに継送するパネル反転手段と
を備えたものである。
【作用】
この発明におけるパネルシャッタ装置は、第1ガイド
レールからパネル中継領域に進入したパネルが第2ガイ
ドレールに継送される際、また、第2ガイドレールから
パネル中継領域に進入したパネルが第1ガイドレールに
継送される際に、前記パネル中継領域に設けられたパネ
ル反転手段によって、前記パネルが表裏反転させられ
る。このように、第1ガイドレールまたは第2ガイドレ
ールからパネル中継領域に進入したパネルが表裏反転し
て第2ガイドレールまたは第1ガイドレールに継送され
ることにより、例えば、第1ガイドレールを建物側開口
部に配置した場合、その第1ガイドレール間では室内側
となるパネル面が、第1ガイドレール上部のパネル中継
領域から前記第1ガイドレールとは反対側に存在して屋
外方向に延びる第2ガイドレール間においても内側パネ
ル面となる。このため、第2ガイドレール間で風雨に晒
される外側パネル面が第1ガイドレール間において室内
側の内側パネル面となるようなことがなくなく、第2ガ
イドレール間で風雨に晒されないパネル面が第1ガイド
レール間では建物の室内側に面するように、第1ガイド
レールと第2ガイドレールとにパネルを交互に継送する
ことができる。
【実施例】
以下、この発明の一実施例を図面に基づいて説明す
る。第1図において、1は主に店舗等建物の出入口とな
る第1のシャッター開閉用開口の両側に配置された左右
一対の第1ガイドレール、2は第1ガイドレール1の上
部に配置されたパネル中継用ボックス、3はそのパネル
中継用ボックス2から前記第1ガイドレールとは反対側
に存在して屋外方向に延びる左右一対の第2ガイドレー
ルであり、この第2ガイドレール3は、前記パネル中継
用ボックス2内に接続されて屋外(例えば歩道上方のア
ーケード形成領域)に延びる屋根ガイドレール部31と、
この屋根ガイドレール部31に一連に形成された外側コー
ナーレール部32と、この外側コーナーレール部32より一
連に垂下し前記第1ガイドレール1との間で歩道を挟ん
で接地する外側縦ガイドレール部33とから成っている。
また、前記パネル中継用ボックス2は、第1ガイドレー
ル1と第2ガイドレール3とに後述のパネル7,8を交互
に継送するためのパネル中継領域2Aを形成している。 ここで、第1ガイドレール1および第2ガイドレール
3の詳細な内部構造について以下に説明する。 まず、左右の第1ガイドレール1は、その一方を図6
に示すように、対向面に縦長のガイド用開口1aを有する
中空部材から成り、その内部には垂直ローラガイド10と
一対のチェーン押え板11,12とがそれぞれ配置されてい
る。 次に、左右の第2ガイドレール3にあっても、その一
方を図7に示すように、対向面全長に亘ってガイド用開
口3aを有する中空部材から成り、その内部にはコ字状の
ローラガイド13と一対のチェーン押え板14,15とがそれ
ぞれ配置されている。 以上において、第1ガイドレール1の内部には、前記
チェーン押え板11,12によって縦方向に延びる第1チェ
ーン案内経路Aが形成され、また、第2ガイドレール3
の内部には、前記チェーン押え板14,15によって第2チ
ェーン案内経路Bが形成され、この第2チェーン案内経
路Bは、屋根ガイドレール部31と外側コーナーレール部
32と外側縦ガイドレール部33との全長に亘って延びてい
る。 一方、パネル中継領域2Aとなるパネル中継用ボックス
2内には、図3に示すように、第1ガイドレール1内の
前記チェーン案内経路Aと第2ガイドレール3内の前記
チェーン案内経路Bとを接続するチェーン中継経路20が
形成されている。 このチェーン中継経路20は、第1ガイドレール1内の
チェーン案内経路Aの上端からパネル中継用ボックス2
内に垂直に立ち上がる縦案内経路20aと、この縦案内経
路20aの上端から第2ガイドレール3(屋根ガイドレー
ル部31)側に向って斜め上方に延びる勾配案内経路20b
と、この勾配案内経路20bの傾斜頂部と第2ガイドレー
ル3内のチェーン案内経路Bとを接続する水平の横案内
経路20cとから成っている。 ここで、縦案内経路20aと勾配案内経路20bとの接続部
は低位彎曲コーナー部20dとして形成され、勾配案内経
路20bと横案内経路20cとの接続部は高位彎曲コーナー部
20eとして形成されている。 かかるチェーン中継経路20は、該チェーン案内経路20
の外側全長に亘る一連の外側チェーン押え板17と、縦案
内経路20a側の内側チェーン押え板18と、横案内経路20c
側の内側チェーン押え板19と、勾配案内経路20bの内側
に沿うスプロケットガード板16とによって一連に形成さ
れている。 そして、パネル中継用ボックス2内における前記高位
彎曲コーナー部20eの内側には回転駆動系の主動スプロ
ケット4が、且つ、前記低位彎曲コーナー部20dの内側
には同じく回転駆動系の従動スプロケット5がそれぞれ
配置されている。そして、前記主動スプロケット4は、
パネル中継用ボックス2内に配置されたモータ(開閉
機)40によって正逆回転駆動されるようになっている。 ここで、前記モータ40と前記主動スプロケット4との
連動構成の一例を図3及び図8に基づいて説明する。 前記モータ40の出力軸には出力スプロケット41が嵌着
され、且つ、そのモータ40と前記主動スプロケット4と
の間に回転自在に軸支された中間伝動軸42には中間入力
スプロケット43と中間出力スプロケット44が同軸上に連
結され、また、前記主動スプロケット4の回転軸には入
力スプロケット45が嵌着されている。 そして、前記モータ40の出力スプロケット41と中間入
力スプロケット43との第1伝動チェーン46が巻回噛合さ
れ、且つ、前記中間出力スプロケット44と入力スプロケ
ット45とに第2伝動チェーン47が巻回噛合されている。 もって、前記モータ40の正逆起動により、前記主動ス
プロケット4が正逆回転駆動されるようになっている。 以上において、主動スプロケット4と従動スプロケッ
ト5には、チェーン中継経路20に移動自在に嵌込み係合
されたパネル連繋用のチェーン6が噛合しており、この
チェーン6は第1ガイドレール1内および第2ガイドレ
ール3内のそれぞれのチェーン案内経路AおよびBに延
びて該チェーン案内経路A,Bに移動自在に嵌込み係合さ
れている。 このように、前記チェーン中継経路20に嵌込み係合さ
れた誘導されるチェーン6が前記主動スプロケット4と
従動スプロケット5とに噛合していることにより、前記
チェーン6は、主動スプロケット4の回転駆動力を従動
スプロケット5に伝達するための動力伝達用チェーンを
も兼ねている。 尚、図示例の場合、前記主動スプロケット4は前記パ
ネル中継用ボックス2内における第2ガイドレール3側
(高位彎曲コーナー部部20e)に、且つ、前記従動スプ
ロケット5は前記第1ガイドレール1の上方(低位彎曲
コーナー部20d)にそれぞれ配置したが、それらは逆に
配置してもよい。 そして、前記パネル連繋用のチェーン6は、パネル中
継領域2Aを介して第1ガイドレール1間と第2ガイドレ
ール3間を交互に開閉可能な複数枚のパネル7,8を一連
に連繋している。 ここで、前記一連のパネル7,8は、主動スプロケット
4の正逆回転駆動によるチェーン6の送り作動により、
第1ガイドレール1間では縦方向に隣合った垂直姿勢で
昇降し、且つ、屋根ガイドレール部31間では横方向に隣
合った横倒姿勢で横移動し、また、外側コーナーレール
部32間では傾斜姿勢で移動し、さらに外側縦ガイドレー
ル部33間では垂直姿勢で昇降移動するように連繋されて
いる。 その連繋手段として、前記チェーン6のパネル取付部
には、そのチェーンリンクを兼ねたパネル連結用リンク
プレート61(図3〜図5参照)が所定のパネル連結ピッ
チで一連に連結されている。 このパネル連結用リンクプレート61は、前記チェーン
6の通常のリンクプレート60より外方に長く形成され、
前記パネル駆動系スプロケット4,5の各円周上でそれぞ
れ径方向外方に突出した形状構成となっている。 かかるパネル連結用リンクプレート61は、その基端部
が前記通常のリンクプレート60に通常のリンクピンP1で
カシメ連結されている。 また、パネル連結リンクプレート61の外方突出端側
(自由端側)にはロングピンP2が回転自在に取付けら
れ、このロングピンP2によって前記各パネル7,8の両側
中腹部よりやや上方部が回動可能に連結吊持されてい
る。 ここで、前記チェーン6のリンクピンP1とロングピン
P2との間には、図3および図5に示すようにオフセット
距離aが設定されている。 従って、パネル連結用リンクプレート61がパネル駆動
系スプロケット4,5の各円周上を移動する過程におい
て、チェーン6とロングピンP2とには周速度差が生じ、
該ロングピンP2が前記チェーン6の移動速度(スプロケ
ット4,5の周速)よりも早い速度で移動することとな
る。 もって、前記第1ガイドレール1に沿って上昇しパネ
ル中継用ボックス2内に進入してきた上位パネル7のパ
ネル連結用リンクプレート61が従動スプロケット5の円
周上を移動する過程では、その上位パネル7の移動速度
が後続の下位パネル8の上昇速度よりも早くなる。 このため、前記第1ガイドレール1間ではパネル7,8
相互を隙間のない密着状態で上昇させ、該上昇過程で前
記パネル中継用ボックス2内に進入してきた上位パネル
7は下位パネル8から必然的に離間することとなって、
下位パネル8が上位パネル7に衝突するようなことはな
い。 このようにして、前記チェーン6で連繋されたパネル
7,8は、第1ガイドレール1間を閉塞しているとき屋根
ガイドレール部31間をも閉塞し、且つ、この状態で外側
縦ガイドレール部33間を開放する連繋長さに設定され、
第1ガイドレール1間の開放時には、第2ガイドレール
3(屋根ガイドレール部31間と外側コーナーレール部32
間および外側縦ガイドレール部33間)全体を閉塞するよ
うになっている。 かかるパネル7,8には、第1ガイドレール1間にある
垂直姿勢状態でそれぞれの上部両側に位置する振れ防止
用の上部ガイドローラR1が回転自在に軸支されている。
また、各パネル7,8の下部両側にはローラブラケット9
(図3,図5〜図7参照)を介して下部ガイドローラR2が
回転自在に軸支されている。 そして前記パネル7,8は、図6および図7に示すよう
に、それぞれの両側部が第1ガイドレールおよび第2ガ
イドレール3のガイド用開口1a,3aに摺動自在に嵌込み
係合されて移動するようになっている。 ここで、図6に示す第1ガイドレール1内の前記垂直
ローラガイド10は、パネル7,8の昇降動作時に下部ガイ
ドローラR2が第1ガイドレール1の一側内壁面に摺接し
た状態で上部ガイドローラR1を摺接転動させることによ
り、前記パネル7,8の昇降動作を安定して行わせる機能
を果たす。 また、第1ガイドレール1内のチェーン押え板11,12
(チェーン案内経路A)はチェーン6を摺動自在に挟み
込んで円滑にガイドする機能を果たす。 一方、図7に示す第2ガイドレール3内のローラガイ
ド13は、下部ガイドローラR2を摺接転動させることによ
り、各パネル7,8を所定の方向に安定移動させる機能を
果たし、チェーン押え板14,15はチェーン6を摺動自在
に挟み込んで円滑にガイドする機能を果たす。 ここで、第1ガイドレール1からパネル中継用ボック
ス2内を介して第2ガイドレール3にパネル7,8が移動
する過程では、パネル中継用ボックス2内において、パ
ネル7,8が後述のように垂直姿勢から水平姿勢に反転さ
せられることにより、下部ガイドローラR2は上向き突出
状態となり、この下部ガイドローラR2を前記ローラガイ
ド13がガイドすることにより、該ローラガイド13は特に
屋根ガイドレール部31でのパネル7,8の移動を安定遂行
させるようになっている。 また、パネル中継用ボックス2内における第1ガイド
レール1側のパネル出入口近傍には、パネル中継用ボッ
クス2内に進入してきたパネル7,8の下部ガイドローラR
2を第2ガイドレール3の方向に向って斜め上方にガイ
ドするためのパネルガイド(パネル下部ガイド)21,22
が配置されている。 さらに、パネル中継用ボックス2内における従動スプ
ロケット5の上方には、第1ガイドレール1間から進入
してきたパネル7,8のパネル連結用リンクプレート61が
前記従動スプロケット5に到達した時点で、そのパネル
7,8の上端部を当接させるためのパネル反転用ガイド23
が配置されている。 即ち、第1ガイドレール1間からパネル中継用ボック
ス2内に上昇進入してきたパネル7,8のパネル連結用リ
ンクプレート61が従動スプロケット5近傍に到達する
と、下部ガイドローラR2がパネルガイド21,22で斜め上
方に誘導されることにより、パネル7,8がロングピンP2
を中心として図3中で反時計廻り方向に回動して傾く。 次いで、前記パネル連結用リンクプレート61が従動ス
プロケット5を迂回する時点で、パネル7,8の上端がパ
ネル反転用ガイド板23に当接することにより、そのパネ
ル7,8は上昇時の垂直姿勢から水平姿勢に反転させら
れ、その水平姿勢のパネル7,8が第2ガイドレール3の
屋根ガイドレール部31に送り込まれるようになってい
る。 また、パネル反転用ガイド23には、前記屋根ガイドレ
ール部31からパネル中継用ボックス2内に水平姿勢で進
入してきたパネル7,8のパネル連結用リンクプレート61
が主動スプロケット4に到達した時点で、そのパネル7,
8の進行方向前端を当接係合させるための係合段部23aが
設けられている。 この係合段部23aは、上述の如く屋根ガイドレール部3
1からパネル中継用ボックス2内に水平姿勢で進入して
きたパネル7,8を垂直姿勢に反転させる機能を果たす。 従って、前記パネル反転用ガイド23は、第1ガイドレ
ール1または第2ガイドレール3からパネル中継領域2
に進入したパネル7,8を表裏反転させて第2ガイドレー
ル3または第1ガイドレール1に継送移動させるための
パネル反転手段を構成している。 以上において、各パネル7,8は、第1ガイドレール1
間を全閉し、且つ屋根ガイドレール部31間を閉塞した状
態で、外側縦ガイドレール部33間を開放するか、或い
は、第1ガイドレール1間を全閉した状態では、第2ガ
イドレール3(屋根ガイドレール部31および外側縦ガイ
ドレール部33)間を開放する連繋長さに構成されてい
る。 また、前記モータ(開閉機)40および該モータ40と主
動スプロケット4との間の動力伝達機構(第1伝動チェ
ーン46、中間入出力スプロケット43,44、第2伝動チェ
ーン47等)は、パネル中継領域2Aにおいてパネル7,8の
反転領域外となるチェーン中継経路20の横案内経路20c
の下方空間領域を利用して配置されている。従って、モ
ータ40および動力伝達機構を配置するための格別の空間
領域を確保する必要がない。 次に動作について説明する。 パネル7,8が第1ガイドレール1間を全閉している状
態において、モータ40の起動により主動スプロケット4
を図3中で時計廻り方向に回転駆動させると、その主動
スプロケット4と従動スプロケット5に噛合したチェー
ン6が第2ガイドレール3内のチェーン案内経路Aに沿
って上昇移動することにより、前記第1ガイドレール1
間のパネル7,8は相互に密着した垂直姿勢で上昇してパ
ネル中継用ボックス2内に順次進入してくる。 この場合、パネル中継用ボックス2内に進入してきた
上位パネル7は、そのパネル連結用リンクプレート61が
チェーン中継経路20の縦案内経路20aを上昇して従動ス
プロケット5近傍(低位彎曲コーナー部20d付近)に到
達すると、この従動スプロケット5の円周上では、ロン
グピンP2がチェーン6との周速度差によって前記従動ス
プロケット5の周速よりも速く移動する。 従って、ロングピンP2が従動スプロケット5の円周に
沿って移動する過程では、下位パネル8が上位パネル7
に衝突して干渉するようなことはない。 このようにロングピンP2が従動スプロケット5の円周
に沿って移動する過程では、上位パネル7の下部ガイド
ローラR2がパネルガイド21,22で斜め上方に誘導される
ことにより、前記上位パネル7はロングピンP2を中心と
して図3中で反時計廻り方向に回動して傾く。これと略
同時に、前記上位パネル7の上端部がパネル反転用ガイ
ド23に当接係合する。 この状態で、チェーン6におけるパネル連結用リンク
プレート61の基部連結部が従動スプロケット5の円周上
(低位彎曲)から主動スプロケット4側に向ってチェー
ン中継経路20の勾配案内経路20bを上昇移動することに
より、上端部がパネル反転用ガイド23に当接したパネル
7は、前記パネル反転用ガイド23に平行する方向に漸次
変位し、前記パネル連結用プレート61が主動スプロケッ
ト4の円周(高位彎曲コーナー部20e)に到達した時点
で前記パネル7は完全な水平姿勢に転換される。 その姿勢転換によって、第1ガイドレール1間では建
物の室内側となる上位パネル7の内側パネル面7aが上面
となるように前記上位パネル7は略90°反転する。 このようにして、パネル中継用ボックス2内に順次進
入してきた各パネル7,8は、第2ガイドレール3に向っ
て移動する過程で垂直姿勢から水平姿勢に反転させられ
る。 そして、水平姿勢に反転した各パネル7,8は、これら
を連繋しているチェーン6がチェーン中継経路20の横案
内経路20cから第2ガイドレール3内のチェーン案内経
路Bに移行誘導されることにより、パネル中継用ボック
ス2内から第2ガイドレール3の屋根ガイドレール部31
に順次移動し、且つ、該屋根ガイドレール部31から外側
縦ガイドレール部33に順次移動する。 このようにして、第1ガイドレール1間では垂直姿勢
のパネル7,8が、パネル中継用ボックス2内に順次進入
して水平姿勢に反転させられた後、第2ガイドレール3
に移動することにより、第1ガイドレール1間が開放さ
れると同時に、第2ガイドレール3間が閉塞される。 従って、第1ガイドレール1間(建物の出入口)の開
放時には、第2ガイドレール3間が閉塞されてアーケー
ドの機能を果たす。 この状態から主動スプロケット4を逆回転駆動させる
と、第2ガイドレール3の屋根ガイドレール部31からパ
ネル中継用ボックス2内に水平姿勢で進入してきたパネ
ル7,8の進行方向前端がパネル反転用ガイド23の係合段
部23aに当接係合し、この時点で、パネル連結用リンク
プレート61が主動スプロケット4の円周上を移動通過す
ることにより、その移動過程で前記パネル7,8がロング
ピンP2を中心にして図3中で時計廻り方向に回動し、垂
直状態に反転する。 そして、垂直状態に反転したパネル7,8が第1ガイド
レール1間に順次繰り出されて該第1ガイドレール1間
を閉塞すると同時に、第2ガイドレール3間における少
なくとも外側縦ガイドレール部33間を開放する。 尚、上記実施の形態では、アーケードに適用した場合
について説明したが、サンルーム等その他の用途にも適
用し得るものである。また、前記第2ガイドレール3は
屋根ガイドレール部31だけから成るものであってもよ
い。
【発明の効果】
以上のように、この発明によれば、左右一対の第1ガ
イドレールの上部に設けたパネル中継領域から前記第1
ガイドレールとは反対側に存在する第2ガイドレールを
設け、前記パネル中継領域に配置した左右一対のパネル
駆動系スプロケットにそれぞれ噛合する左右一対のチェ
ーンで複数のパネルを支持し、前記パネル駆動系スプロ
ケットの正逆回転による前記チェーンの送り作動で前記
パネルを第1ガイドレールと第2ガイドレールとに前記
パネル中継領域を介して交互に継送移動させる構成と
し、且つ、前記パネル中継領域には、第1ガイドレール
または第2ガイドレールからパネル中継領域に進入した
パネルを表裏反転させて第2ガイドレールまたは第1ガ
イドレールに継送するパネル反転手段を設けたので、例
えば第1ガイドレールを建物側開口部に配置してパネル
中継領域から屋外側に第2ガイドレールを張り出すこと
により、第2ガイドレール間では風雨に晒されないパネ
ル面が第1ガイドレール間では建物の室内側に面するよ
うに、前記パネルを第1ガイドレールと第2ガイドレー
ルとに交互に継送させることができ、このため、建物側
の第1ガイドレール間を閉じるパネルの室内側は風雨等
による汚れのないパネル面となって、居住者等に不快感
を与えるような虞れがなく、商品価値が高くなると共
に、アーケードやサンルーム及び温室等に適用可能で、
しかも、従来のパネルシャッターのような大がかりなパ
ネル収納ボックスを必要とせずに、建物の出入口等の開
閉と共に、屋外屋根部の開閉をも行うことができるな
ど、汎用性に富んだパネルシャッターを提供できるとい
う効果がある。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明の一実施例によるパネルシャッタ装置
を示す概略的な縦断側面図、第2図は第1図の部分的な
正面図、第3図は第1図中のパネル中継用ボックスを拡
大して示す断面図、第4図は第3図中のパネルとチェー
ンの関連構成を示す正面図、第5図は図4の側面図、第
6図は第3図のVI−VI線に沿う拡大断面図、第7図は第
3図のVII−VII線に沿う拡大断面図、第8図はパネル駆
動系統の断面構成図である。
【符号の説明】
1……第1ガイドレール、2A……パネル中継領域、3…
…第2ガイドレール、4,5……パネル駆動系スプロケッ
ト、6……チェーン、7,8……パネル、23……パネル反
転用ガイド(パネル反転手段)。

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】シャッタ開閉用開口の両側に配置された左
    右一対の第1のガイドレールと、これらの第1ガイドレ
    ール間を昇降開閉する複数のパネルと、前記第1ガイド
    レールの上部に設けられ前記パネルを進入させるパネル
    中継領域と、このパネル中継領域から前記第1ガイドレ
    ールとは反対側に存在し前記パネルをガイドする左右一
    対の第2ガイドレールと、前記パネル中継領域に配置さ
    れた左右一対のパネル駆動系スプロケットと、これらの
    スプロケットに噛合して前記パネルを支持し、前記スプ
    ロケットの正逆回転時に前記パネル中継領域を介して第
    1ガイドレールと第2ガイドレールとに前記パネルを交
    互に継送移動させる左右一対のチェーンと、前記パネル
    中継領域に設けられ、第1ガイドレールまたは第2ガイ
    ドレールから前記パネル中継領域に進入したパネルを表
    裏反転させて第2ガイドレールまたは第1ガイドレール
    に継送するパネル反転手段とを備えたことを特徴とする
    パネルシャッタ装置。
JP34110089A 1989-12-29 1989-12-29 パネルシャッタ装置 Expired - Fee Related JP2907909B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34110089A JP2907909B2 (ja) 1989-12-29 1989-12-29 パネルシャッタ装置
JP26686698A JPH11152971A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置
JP26686398A JPH11159262A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34110089A JP2907909B2 (ja) 1989-12-29 1989-12-29 パネルシャッタ装置

Related Child Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26686698A Division JPH11152971A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置
JP26686398A Division JPH11159262A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03202585A JPH03202585A (ja) 1991-09-04
JP2907909B2 true JP2907909B2 (ja) 1999-06-21

Family

ID=18343261

Family Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34110089A Expired - Fee Related JP2907909B2 (ja) 1989-12-29 1989-12-29 パネルシャッタ装置
JP26686698A Pending JPH11152971A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置
JP26686398A Pending JPH11159262A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置

Family Applications After (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26686698A Pending JPH11152971A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置
JP26686398A Pending JPH11159262A (ja) 1989-12-29 1998-09-21 パネルシャッター装置

Country Status (1)

Country Link
JP (3) JP2907909B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3822007B2 (ja) 1999-10-21 2006-09-13 株式会社小糸製作所 リフレクター可動型自動車用ヘッドランプ
JP6325854B2 (ja) * 2014-03-18 2018-05-16 文化シヤッター株式会社 開閉装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11152971A (ja) 1999-06-08
JPH03202585A (ja) 1991-09-04
JPH11159262A (ja) 1999-06-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0098305B1 (en) Panel shutter device
JP2907909B2 (ja) パネルシャッタ装置
KR20110100843A (ko) 전동 슬라이드 갤러리 창을 포함한 구조물
JP2506167B2 (ja) パネルシャッタ―
JPS6341477Y2 (ja)
JPH0323037Y2 (ja)
JPH0425516Y2 (ja)
JPH0126867Y2 (ja)
SU659701A1 (ru) Раздвижна крыша здани и сооружени
JPH0137092Y2 (ja)
JP2546177Y2 (ja) パネルシャッター装置
JP2546180Y2 (ja) パネルシヤツタ装置
JP2595268Y2 (ja) パネルシャッターの密封装置
JP3999905B2 (ja) 引き戸装置
JP2608847B2 (ja) パネルシャッター
JPH0323996Y2 (ja)
JPH0321431Y2 (ja)
JP2854085B2 (ja) シヤツタ装置の安全装置
JPS6022224Y2 (ja) シヤツタ装置
JPH07229378A (ja) 建築用連装シャッター装置
JPH044149Y2 (ja)
JP2535194Y2 (ja) パネルシヤツタ装置
JPH0211584Y2 (ja)
JPH0248632Y2 (ja)
JPS6140985A (ja) 建築用開閉パネル装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees