JP2847041B2 - 異種物収集車 - Google Patents

異種物収集車

Info

Publication number
JP2847041B2
JP2847041B2 JP28632994A JP28632994A JP2847041B2 JP 2847041 B2 JP2847041 B2 JP 2847041B2 JP 28632994 A JP28632994 A JP 28632994A JP 28632994 A JP28632994 A JP 28632994A JP 2847041 B2 JP2847041 B2 JP 2847041B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
bottom plate
packer
cylinder
collecting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28632994A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08143105A (ja
Inventor
修己 池田
久洋 小林
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Ltd
Original Assignee
Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Ltd filed Critical Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co Ltd
Priority to JP28632994A priority Critical patent/JP2847041B2/ja
Publication of JPH08143105A publication Critical patent/JPH08143105A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2847041B2 publication Critical patent/JP2847041B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は厨芥などの塵芥を圧縮し
て収集する場合とビン類を圧縮せずに収集する場合とが
行える収集車に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に家庭から出されるゴミには厨芥な
どの塵芥や空ビンなどのビン類があり、それぞれ収集日
を変えて分別収集を行なうようにしてビン類の再利用化
を容易にしている。ところで上記収集作業を行なうのに
従来は塵芥を収集する車両とビン類を収集する車両とに
分けて使用している。すなわち、塵芥を収集する車両と
して特公平6−76121号公報に開示されているよう
にスライド用シリンダと押込板用シリンダとにて押込板
を反転、降下、正転、上昇のサイクルで作動させて塵芥
を圧縮して収集する車両が使用されている。
【0003】しかし、この車両をビン類の収集に使用す
るとビン類が破砕されて収集されるため再利用化が困難
となる。またビン類を収集する車両として使用している
圧縮収集を行なわない貨物車を塵芥の収集に使用すると
収集効率が低下する。そのために異なる2種類の車両を
使用して分別収集を行なっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが、前記方法で
あれば収集作業のために2種類の車両を常に保有してい
なければならず、その一方で収集日には一方の車両しか
使用しないことから経済的負担が増大するとともに、一
台当りの車両の稼動率が低下するという問題があった。
そこで本発明は1台の車両にて異種物の収集に対応でき
るようにし、経済的負担を軽減するとともに車両の稼動
率を高めることができる異種物収集車を提供するもので
ある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は車体上に収容容
器を搭載し、前記収容容器の後方には、後部に投入口を
有するパッカを上方回動可能に連設し、前記パッカ内に
は第1駆動装置にて後下がり方向に移動される摺動板を
設け、前記摺動板下部には第2駆動装置にて前後揺動さ
れる押込板を設け、前記パッカ内の底部上方には第3駆
動装置にて上下揺動可能な底板を脱着可能に設け、前記
摺動板、押込板及び底板の作動を、第1駆動装置と第2
駆動装置とによる第1サイクル運動と、第2駆動装置と
第3駆動装置とによる第2サイクル運動とに切換えうる
作動切換装置を設けたことを特徴とするものである。
【0006】
【作用】塵芥を収集する場合には作動切換装置を操作し
て第1駆動装置と第2駆動装置とにて押込板を反転、降
下、正転、上昇させる第1サイクル運動をさせてパッカ
内に投入された塵芥を圧縮して収容容器内に押し込む。
ビン類を収集する場合にはまずパッカ内に底板を揺動可
能に取り付けるとともに底板を揺動させるための第3駆
動装置を取り付ける。その後作動切換装置を操作して第
2駆動装置と第3駆動装置とにて押込板反転、底板上
昇、押込板正転、底板降下の第2サイクル運動をさせて
底板上に投入されたビン類を破砕することなく収容容器
内に押し込む。
【0007】
【実施例】以下本発明の実施例を図面にて説明すると、
図1は塵芥を収集する場合の構造で、図2はビン類を収
集する場合の構造で、まず図1について説明する。1は
車体2上に搭載された収容容器で、該収容容器1の後方
にはパッカ3が連設されるとともに上方回動可能に枢支
されている。
【0008】前記パッカ3の後部には塵芥を投入するた
めの投入口4が形成されている。5はパッカ3内に設け
られる摺動板で、該摺動板5の両側上下位置にローラ6
を設け、パッカ3の側壁7に形成した後下がりのガイド
溝8にてローラ6が案内されることにより摺動板5が上
下に移動しうるようになっている。また摺動板5上部に
固定のシャフト9をパッカ側壁7の孔10より貫通させ
てパッカ側壁7外面に設けられた第1駆動装置である第
1シリンダ11に連結し、第1シリンダ11の伸縮にて
摺動板5が移動するようになっている。
【0009】前記摺動板5の下部には前後揺動可能に押
込板12を設け、前記摺動板5と押込板12との間には
第2駆動装置である第2シリンダ13を設け、第2シリ
ンダ13の伸縮にて押込板12を正転(時計方向)、反
転(反時計方向)させうるようになっている。図2は前
記構造において、パッカ3内底部上方に底板14を設
け、この底板14にて投入口4から投入されたビン類を
受け止めるようになっている。前記底板14は図3に示
す如く、円弧部15と平坦部16とを連続的に形成し、
両側にサイドカバー17を立設し、基端下部に連結パイ
プ18を固定し、先端に取付部19を設けてある。また
円弧部15及び平坦部16の下面には複数の補強部材2
0が固定してある。
【0010】パッカ3への底板14の取付構造は図3及
び図4に示す如く、パッカ側壁7に雌ネジ21と側壁7
を貫通した固定パイプ22とを設け、連結部材23を介
して底板14を取り付けうるようになっている。具体的
には連結部材23は連結シャフト24、固定板25及び
雄ネジ26から成り、前記連結シャフト24を固定パイ
プ22及び連結パイプ18に挿通し、連結シャフト24
の端部に固定された固定板25の孔27に雄ネジ26を
挿通させるとともに雌ネジ21に螺合させて、底板14
を取り付けるとともに連結シャフト24の抜けを防止す
るようになっている。
【0011】前記底板14の取付部19とパッカ3外面
に突出させた取付部材28との間には取り外し可能な第
3駆動装置である第3シリンダ29を設け、前記第3シ
リンダ29の伸縮にて底板14を図2の実線位置から一
点鎖線位置まで揺動させうるようになっている。30は
収容容器1の側壁31に取り付けられたシール部材で、
収容容器1とパッカ3との間をシールするようになって
いる。
【0012】図5は油圧回路で第1シリンダ11、第2
シリンダ13、及び第3シリンダ29にそれぞれ第1切
換弁32、第2切換弁33及び第3切換弁34を接続
し、ポンプ35からの圧油を各シリンダ11、13、2
9に供給できるようになっている。前記第1切換弁32
はソレノイドSOLA1、SOLA2で、第2切換弁3
3はソレノイドSOLB1、SOLB2で、第3切換弁
34はソレノイドSOLC1、SOLC2にて制御され
るようになっている。
【0013】図6は電気回路で、主回路36にメインス
イッチ37と作動切換装置である作動切換スイッチ38
とを設け、作動切換スイッチ38にて塵芥収集回路39
又はビン収集回路40に選択的に接続できるようになっ
ている。塵芥収集回路39には塵芥収集制御装置41を
介在させ、当該制御装置41にてソレノイドSOLA
1、SOLA2、SOLB1、SOLB2を制御し、図
1二点鎖線の如く押込板12の反転、降下、正転、上昇
の第1サイクル運動を行なわせるようになっている。
【0014】ビン収集回路40にはビン収集制御装置4
2を介在させ、当該制御装置42にてソレノイドSOL
B1、SOLB2、SOLC1、SOLC2を制御し、
図2の如く押込板12の反転、底板14の上昇、押込板
12の正転、底板14の降下の第2サイクル運動を行な
わせるようになっている。尚、実施例では押込板の反転
を各サイクル運動の最初にしているが反転位置からスタ
ートさせることも可能であり、その場合、第1サイクル
運動は降下、正転、上昇、反転の順序となり、第2サイ
クル運動は底板上昇、押込板正転、降下、反転の順序と
なる。また作動切換スイッチは切換と作動とを同時にさ
せるようになっているが、切換と作動とを別個のスイッ
チにて行なわせるようにしても同様の効果を有する。更
に底板表面にクッション材を張り付けてビン類の破損を
防止することも可能である。
【0015】本発明は前記の如き構成で次に作用につい
て説明する。まず塵芥を収集する場合にはメインスイッ
チ37を「接」にしておいて図1の状態で塵芥を投入口
4より投入し、作動切換スイッチ38を図6右側(塵芥
収集回路側)に切換える。作動切換スイッチ38の操作
にて図7の右側の順序にて押込板12が作動し、パッカ
3底部の塵芥を圧縮しながら収容容器1内に押し込む。
すなわち、図1の状態より第2シリンダ13が縮小して
押込板12が反転し、第1シリンダ11の縮小にて降下
し、第2シリンダ13の伸長にて正転し、第1シリンダ
11の伸長にて上昇するようになっている。
【0016】次にビン類を収集する場合には図2の如く
パッカ3に底板14と第3シリンダ29を取り付ける。
底板14の取り付けはパッカ3の投入口4より底板14
を入れて図3の如くパッカ側壁7の固定パイプ22と底
板14の連結パイプ18とを一致させて連結シャフト2
4を挿通させ、底板14を取り付けるとともに雄ネジ2
6を雌ネジ21に螺合させて連結シャフト24を固定さ
せる。また第3シリンダ29はパッカ3の取付部材28
と底板14の取付部19に軸支する。
【0017】この状態でビン類を投入口4より底板14
上に投入し、作動切換スイッチ38を図6左側(ビン収
集回路)に切換える。作動切換スイッチ38の操作にて
図7の左側の順序にて押込板12及び底板14が作動
し、底板14上のビン類を収容容器1内に押し込む。す
なわち、図2の状態より第2シリンダ13が縮小して押
込板12が反転し、第3シリンダ29の縮小にて底板1
4が一点鎖線まで上昇し、第2シリンダ13が伸長して
押込板12が正転することによりビン類が収容容器1内
に押し込まれ、第3シリンダ29が伸長して底板14が
降下する。
【0018】
【発明の効果】以上の如く本発明は押込板が第1サイク
ル運動を行なう収集車に第3駆動装置にて作動される底
板を脱着可能に設け、押込板と底板とで第2サイクル運
動を行なわせることができるようにしたので、1台の車
両にて塵芥を圧縮して収集する収集作業とビン類を圧縮
せずに収集する収集作業とを行なうことができ、経済的
負担を軽減するとともに1台当りの稼動率を高めること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】塵芥を収集する場合の全体図である。
【図2】ビン類を収集する場合の全体図である。
【図3】底板の斜視図である。
【図4】図2のA−A断面拡大図である。
【図5】油圧回路図である。
【図6】電気回路図である。
【図7】作動のフローチャート図である。
【符号の説明】
1 収容容器 2 車体 3 パッカ 4 投入口 5 摺動板 11 第1シリンダ 12 押込板 13 第2シリンダ 14 底板 29 第3シリンダ 38 作動切換スイッチ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) B65F 3/00 B65F 3/14 B65F 3/20

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 車体上に収容容器を搭載し、前記収容容
    器の後方には、後部に投入口を有するパッカを上方回動
    可能に連設し、前記パッカ内には第1駆動装置にて後下
    がり方向に移動される摺動板を設け、前記摺動板下部に
    は第2駆動装置にて前後揺動される押込板を設け、前記
    パッカ内の底部上方には第3駆動装置にて上下揺動可能
    な底板を脱着可能に設け、前記摺動板、押込板及び底板
    の作動を、第1駆動装置と第2駆動装置とによる第1サ
    イクル運動と、第2駆動装置と第3駆動装置とによる第
    2サイクル運動とに切換えうる作動切換装置を設けてな
    る異種物収集車。
JP28632994A 1994-11-21 1994-11-21 異種物収集車 Expired - Fee Related JP2847041B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28632994A JP2847041B2 (ja) 1994-11-21 1994-11-21 異種物収集車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28632994A JP2847041B2 (ja) 1994-11-21 1994-11-21 異種物収集車

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08143105A JPH08143105A (ja) 1996-06-04
JP2847041B2 true JP2847041B2 (ja) 1999-01-13

Family

ID=17702985

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28632994A Expired - Fee Related JP2847041B2 (ja) 1994-11-21 1994-11-21 異種物収集車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2847041B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4623470B2 (ja) * 2006-03-22 2011-02-02 新明和工業株式会社 塵芥収集車
JP4823777B2 (ja) * 2006-06-15 2011-11-24 新明和工業株式会社 塵芥収集車
JP5259320B2 (ja) * 2008-09-25 2013-08-07 新明和工業株式会社 塵芥収集車
CN102556555A (zh) * 2012-02-15 2012-07-11 中联重科股份有限公司 填装器以及后装压缩式垃圾车
CN104495163B (zh) * 2014-12-13 2016-09-07 广西玉柴专用汽车有限公司 对接斗翻转机构

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08143105A (ja) 1996-06-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2847041B2 (ja) 異種物収集車
JP2801980B2 (ja) 廃棄物特に圧縮可能なごみ用の圧縮装置
CN2659840Y (zh) 生活垃圾压装机
CN215247260U (zh) 一种垃圾车
CN2496644Y (zh) 垃圾连续压缩捆绑成块机
CN209758172U (zh) 一种可压缩式垃圾车
KR200351208Y1 (ko) 압축진개차량
CN206691793U (zh) 卧式油缸压缩式垃圾车
US3874529A (en) Refuse loading apparatus
JP2004189409A (ja) 作業車輌における作業機器の駆動制御装置
JP2001300788A (ja) 空容器圧縮機
JP2664375B2 (ja) 塵芥収集車の油圧制御装置
CN108438618A (zh) 一种垃圾桶、垃圾收集车、垃圾运转系统及方法
CN211392576U (zh) 一种带有翻斗的垃圾压缩站
CN215853216U (zh) 一种升降分体机头移动式垃圾压缩站
CN209352016U (zh) 移动式压缩转运设备
CN211495499U (zh) 一种垃圾分类运输用装载车
CN216510610U (zh) 全自动垃圾清运车
JP3987687B2 (ja) 塵芥収集車
CN1189368C (zh) 压缩装载垃圾装置
CN211109246U (zh) 一种用于环保垃圾车的推料装置
CN110775494A (zh) 一种带有翻斗的垃圾压缩站
CN209241870U (zh) 一种新型机移位式垃圾压缩机
JP5259320B2 (ja) 塵芥収集車
JP2593081Y2 (ja) 塵芥収集車の積込制御装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071030

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081030

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091030

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091030

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101030

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101030

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111030

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111030

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121030

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131030

Year of fee payment: 15

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees