JP2664375B2 - 塵芥収集車の油圧制御装置 - Google Patents

塵芥収集車の油圧制御装置

Info

Publication number
JP2664375B2
JP2664375B2 JP62149323A JP14932387A JP2664375B2 JP 2664375 B2 JP2664375 B2 JP 2664375B2 JP 62149323 A JP62149323 A JP 62149323A JP 14932387 A JP14932387 A JP 14932387A JP 2664375 B2 JP2664375 B2 JP 2664375B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylinder
dust
hydraulic
plate
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP62149323A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63315402A (en
Inventor
龍義 斉藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
FUJI SHARYO KK
Original Assignee
FUJI SHARYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by FUJI SHARYO KK filed Critical FUJI SHARYO KK
Priority to JP62149323A priority Critical patent/JP2664375B2/ja
Publication of JPS63315402A publication Critical patent/JPS63315402A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2664375B2 publication Critical patent/JP2664375B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は塵芥収集車に設けた塵芥収容箱内の全油圧
式塵芥自動圧縮装置に関するものである。 〔従来の技術〕 従来の塵芥収集車は種々の形式のものがあるが、この
発明は塵芥収容箱内に油圧シリンダで作動する押出板を
有し、塵芥収容箱の後部開口端に塵芥投入箱を設けてこ
の投入箱に投入した塵芥を投入箱内の可動遮蔽板と反転
板とで収容箱内に押込むようにした如き塵芥収集車に関
するものである。 上記のような従来の塵芥収集車は収容箱内の押出板を
後退させておき、収容箱内に逐次塵芥を押し込んでいく
のであるが、塵芥収容箱内に塵芥がほぼ満杯になったの
ちもさらに塵芥を投入して塵芥を圧縮し、できるだけ多
量の塵芥を収容して扉を閉じて運搬するようにしてい
る。 第4図は上記のような公知の塵芥収集車の油圧制御回
路の一例を示すものである。 この図において、1は作動油タンク、2は定容量油圧
ポンプでエンジン3により駆動される。 反転板シリンダ5、遮蔽板シリンダ6、扉開閉シリン
ダ7、押出板シリンダ8の作動回路にはそれぞれ制御弁
V1,V2,V3,V4を設けるとともに、各制御弁V1,V2,V3,V4
通じる管路上に圧力スイッチ9を設け、さらに押出板制
御弁V4と押出板シリンダ8とを結ぶ押出方向の管路に、
シリンダ8の押出側ポートの圧力が設定値に達するとリ
リーフするリリーフ弁10と、遮蔽板シリンダ6の上昇側
の管路からパイロット圧をとり、このパイロット圧が設
定値以上になると、押出板シリンダ8の押出側の回路を
作動油タンク1に通じる油圧作動制御弁11を合体させた
複合弁V5を配置するが、上記の制御弁V1,V2,V3,V4は4
連電磁切換弁Vとなっており、この切換弁Vを短絡する
回路にリリーフ弁12を設ける。 この従来例の作用を説明すれば、図示省略してある塵
芥投入箱内の反転板が後方へ回り、可動遮蔽板が上昇し
ている状態において、塵芥投入箱の後側下部の投入口か
ら反転板の下方に塵芥を投入する。 ついで、制御弁V2を下降側へ切換え、遮蔽板シリンダ
6を働かせて遮蔽板と反転板を下降させ、塵芥を投入箱
の下部に押しつける。つぎに、制御弁V1を反転側へ切換
えて反転シリンダ5を作動させ、反転板を前方へ回し、
この状態で制御弁V2を上昇側へ切換えて遮蔽板を上昇さ
せると塵芥は塵芥収容箱内にかき込まれる。 上記の作用において、遮蔽板シリンダ6の作動圧が複
合弁V5の設定力に達したとき制御弁11が開き押出板シリ
ンダ8の押出側回路を油タンク1に通じる。このときは
制御弁V4が中立でシリンダ8の戻り側をタンク1に通じ
ているのでシリンダ8は自由となり、一定の圧力で圧縮
された塵芥によって押出板は後退する。 つぎに遮蔽板シリンダ6の作動圧力が複合弁V5の設定
圧力以下になると、その制御弁11が閉じ、押出板シリン
ダ8の両ポートが遮断されて押出板の前進が止る。 上記の作用の繰返えしにより投入口から投入された塵
芥が徐々に収容箱内に押し込まれ、収容箱内が満杯にな
ると、図示省略してある投入口の蓋により投入口を閉鎖
し、塵芥処理場まで運搬し、塵芥投入箱をその上端の支
点を中心として油圧シリンダなどにより上方へ開き、つ
いで制御弁V3を切換え、シリンダ8を伸ばして押出板に
よって塵芥収容箱内の塵芥を後部開口から押出す。 〔発明が解決しようとする問題点〕 塵芥収集車によって収集される塵芥の種類は一定では
なく、各塵芥の種類により、例えば一般厨雑芥は比較的
柔らかいものが多いので、押入力を若干少なくしても十
分に押込める。従って、積込みサイクルを速めた方が、
効果的であり、また、粗大ごみの場合は積込みサイクル
を若干遅くしてもごみ押入力を高めた方が効果的である
が、前記のような従来の油圧回路ではポンプ2として定
容量ポンプを用いているため、各シリンダ5、6、7、
8による反転板、遮蔽板、扉押出板などの作動速度や作
動時の圧力をごみの種類によって変更することができな
いという問題がある。 〔問題点を解決するための手段〕 上記の問題点を解決するために、この発明は可動遮蔽
板や反転板および押出板などを駆動する上記各シリンダ
の駆動用として流量および圧力可変の油圧回路と、この
油圧回路を塵芥の種類に応じて制御することにより前記
各シリンダの作動条件を塵芥の種類に最適な状態になし
得る制御手段とを設け、上記油圧回路を制御手段からの
切換信号により吐出流量が変るポンプ機構と、同信号に
よりセット圧力が変る遠隔制御式のリリーフ弁により構
成したものである。 〔作用〕 この発明は上記の構成であるから、例えば一般厨雑芥
のような比較的柔らかいごみを収集する場合は制御手段
の操作により所定のシリンダを低圧大流量の油圧により
作動させて迅速な塵芥の収集圧縮操作を行なう。 また、粗大ごみの場合は制御手段を操作して所定のシ
リンダを高圧小流量の油圧により作動させることによっ
て、粗大ごみも十分に圧縮または圧砕されて塵芥収容箱
内に押込まれる。 〔実施例〕 油圧回路の大部分は第4図の従来例と同一であるから
従来例と異なる部分を含めた油圧回路を示す第1図ない
し第3図の各実施例の回路についてのみ説明する。 第1図の実施例においては第4図に示す従来例の定容
量油圧ポンプ2かわりに、可変ポンプ22を用いる。 上記の可変ポンプ22は電気信号でポンプの吐出量を選
択し得るもので、この選択を制御手段としての切換スイ
ッチSにより行えるようにする。また、前記リリーフ弁
12のかわりにリモートコントロール可能のリリーフ弁25
とし、このリリーフ弁25も前記切換スイッチSにより制
御セット圧を変更し得るようにする。 すなわち、厨雑芥の場合はスイッチSを厨雑芥の方に
切換えると、その信号によりポンプ22の吐出量が大とな
り、同時にリリーフ弁25のセット圧が低となる。 このため、シリンダ5、6などによる積込みサイクル
が迅速に行える。 また、粗大ごみの場合はスイッチSを粗大ごみの方に
切換えることによりポンプ22の吐出量は小となり、リリ
ーフ弁25のセット圧が高となり、低速で強力なサイクル
となる。 第2図の実施例では大小の定容量ポンプからなる親子
ポンプ23を用いている。この場合はスイッチSの切換え
により両方のポンプの吐出量を利用して大流量とする場
合と、片方のポンプのみの吐出とする場合に切換え、同
時にリリーフ弁25のセット圧も切換えて低圧大流量と高
圧小流量による積込みサイクルを選択する。 第3図の実施例では可変ポンプと定容量ポンプにより
構成した親子ポンプ24を用いるもので、その作用は第2
図のものと大差はない。 上記のような親子ポンプの場合、一方のポンプを低圧
大流量のポンプとし、他方のポンプを高圧小流量のポン
プとして何れかのポンプにより積込みを行うようにして
もよい。 〔効果〕 この発明は上記のように油圧発生手段が吐出量と吐出
圧力を可変としたポンプ機構を用い、このポンプ機構を
塵芥の種類に応じて制御するようにしたものであるか
ら、制御手段による切換操作により、遮蔽板シリンダや
反転板シリンダを大流量、低圧の作動油で迅速に作動さ
せて、迅速な積込みを行なう場合と、小流量、高圧の作
動油でシリンダを働かせ低速で強力な積込みを行う場合
とに簡単に切換え得る。 従って収集する塵芥の種類に応じて最適な積込みサイ
クルで塵芥の積込みが行えるので塵芥の収集能率を著し
く向上させることができる。
【図面の簡単な説明】 第1図乃至第3図はこの発明の各実施例の油圧回路の要
部を示すものであり、第4図は従来の塵芥収集車の油圧
回路を示すものである。 5……反転板シリンダ、6……遮蔽板シリンダ、8……
押込板シリンダ、12……リリーフ弁、22……可変ポン
プ、23、24……親子ポンプ、25……リリーフ弁、S……
切換スイッチ、V1,V2,V3,V4……制御弁、V……4連電
磁切換弁。

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 1.車体上に設けた塵芥収容箱の後部開口端に塵芥投入
    箱を設け、この塵芥投入箱には昇降自在の可動遮蔽板
    と、この遮蔽板の下端に可動自在に取付けた反転板と、
    これらを駆動する遮蔽板シリンダと反転板シリンダとを
    設け、さらに塵芥収容箱内には塵芥の圧縮および排出用
    の押出板と、その駆動用の押出板シリンダを設けた塵芥
    収集車において、上記各シリンダの駆動用として流量お
    よび圧力可変の油圧路と、この油圧回路を塵芥の種類に
    応じて制御することにより前記各シリンダの作動条件を
    塵芥の種類に最適な状態になし得る制御手段とを設け、
    上記油圧回路を制御手段からの切換信号により吐出流量
    が変るポンプ機構と、同信号によりセット圧力が変る遠
    隔制御式のリリーフ弁により構成したことを特徴とする
    塵芥収集車の油圧制御装置。
JP62149323A 1987-06-16 1987-06-16 塵芥収集車の油圧制御装置 Expired - Lifetime JP2664375B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62149323A JP2664375B2 (ja) 1987-06-16 1987-06-16 塵芥収集車の油圧制御装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62149323A JP2664375B2 (ja) 1987-06-16 1987-06-16 塵芥収集車の油圧制御装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63315402A JPS63315402A (en) 1988-12-23
JP2664375B2 true JP2664375B2 (ja) 1997-10-15

Family

ID=15472603

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62149323A Expired - Lifetime JP2664375B2 (ja) 1987-06-16 1987-06-16 塵芥収集車の油圧制御装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2664375B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001146301A (ja) * 1999-11-22 2001-05-29 Fuji Heavy Ind Ltd 塵芥収集車の塵芥積込装置
AR055402A1 (es) * 2005-09-02 2007-08-22 Sauer Sanfoss Hidraulica Mobil Comando hidraulico
JP5501776B2 (ja) * 2010-01-22 2014-05-28 新明和工業株式会社 塵芥投入箱およびこれを備えた塵芥収集車
CN110388342B (zh) * 2019-07-22 2020-09-04 深圳东风汽车有限公司 一种用于液压系统减少溢流保护时间的控制方法

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6048404B2 (ja) * 1980-09-29 1985-10-26 Kyokuto Kaihatsu Kogyo Co
JPH0471801B2 (ja) * 1984-03-07 1992-11-16 Shin Meiwa Ind Co Ltd

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63315402A (en) 1988-12-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9145905B2 (en) Independent load sensing for a vehicle hydraulic system
US3696951A (en) Refuse collection vehicles
US2750055A (en) Refuse compressor mechanism for vehicles
US4522551A (en) Refuse storage and discharge apparatus
JP2664375B2 (ja) 塵芥収集車の油圧制御装置
CN107054954A (zh) 一种压缩式垃圾车上装设备节能型恒推力压缩系统及控制方法
US3890889A (en) Material compacting and disposal apparatus
CN206447081U (zh) 一种压缩式垃圾车上装设备节能型恒推力压缩系统
US3942432A (en) Control system for a vehicle press
JP2847041B2 (ja) 異種物収集車
KR200351208Y1 (ko) 압축진개차량
JP4055868B2 (ja) 塵芥収集車
KR100273467B1 (ko) 사전 압축식 재활용쓰레기 수거차량
CN206691793U (zh) 卧式油缸压缩式垃圾车
US3874529A (en) Refuse loading apparatus
US2699268A (en) Material handling refuse vehicle or the like
US3786946A (en) Refuse collection vehicles
JPH08324707A (ja) 塵芥収集車の排出板後退装置
KR970000639B1 (ko) 유압식 쓰레기 운반차의 제어장치
JP2002240904A (ja) 塵芥収集車
CN107503994A (zh) 一种纯电动压缩式垃圾车上装节能型背压系统及控制方法
CN216302246U (zh) 垃圾压缩控制系统及压缩式垃圾车
JP4223646B2 (ja) プレス式ごみ収集車のごみ逆流防止装置
KR200273407Y1 (ko) 압축진개 차량의 유압 콘트롤장치
JP2022124743A (ja) 塵芥収集車