JP2692417B2 - 工程管理システム - Google Patents

工程管理システム

Info

Publication number
JP2692417B2
JP2692417B2 JP11098291A JP11098291A JP2692417B2 JP 2692417 B2 JP2692417 B2 JP 2692417B2 JP 11098291 A JP11098291 A JP 11098291A JP 11098291 A JP11098291 A JP 11098291A JP 2692417 B2 JP2692417 B2 JP 2692417B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
management
controller
cell
lot
conveyor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP11098291A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04316156A (ja
Inventor
知時 檜垣
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Corp
Original Assignee
NEC Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Corp filed Critical NEC Corp
Priority to JP11098291A priority Critical patent/JP2692417B2/ja
Publication of JPH04316156A publication Critical patent/JPH04316156A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2692417B2 publication Critical patent/JP2692417B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P90/00Enabling technologies with a potential contribution to greenhouse gas [GHG] emissions mitigation
    • Y02P90/30Computing systems specially adapted for manufacturing

Landscapes

  • General Factory Administration (AREA)
  • Management, Administration, Business Operations System, And Electronic Commerce (AREA)
  • Multi-Process Working Machines And Systems (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、製造業におけるロット
生産においてロットの工程手順および各工程のロットの
ロット投入順序を管理する工程管理に利用する。本発明
は、各セルが独立したコントローラによって制御される
ロット生産工程を管理する工程管理システムに関する。
【0002】
【従来の技術】近年の製造ショップにおいては、情報の
流れの自動化の必要性から各々のセルを制御するコント
ローラはインテリジェント化し、LANに対するインタ
フェースを持ち、このLANを介して情報の伝達を行う
ことにより自動化を達成している。
【0003】従来の工程における管理システムでは、ロ
ット管理ホストシステムがロット情報を一元管理する
か、またはロットを管理するロット管理表が移動してロ
ット管理情報の更新を行い、工程の手順とセルからみた
ロットの着手順序とを定義した工程情報を同一のファイ
ルまたはテーブルを用いて管理するのが一般的であっ
た。
【0004】また、無人搬送車の制御においては、ホス
トコンピュータが光電管などによりローダ・アンローダ
内のステータス管理を行い、さらにショップ内における
無人搬送車の位置を逐一トラッキングしていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来の工程管
理システムは、ロットをロット管理ホストシステムにお
いて一元管理しているため、ソフトウェアを効率よく開
発できる長所はあるが、ホストシステムがダウンすると
その影響がショップ全体に波及し、ホストシステムに対
する処理要求が一時に集中したときの応答速度が保証さ
れない欠点があった。これを克服するためにはホストシ
ステムをデュプレクスまたはデュアル構成とする方法が
あるが、一般にホストシステムは高価であり、中小規模
の製造ショップには適用しにくい欠点があった。
【0006】一方、分散処理方式では、工程ショップに
おいて各セルのコントローラおよびショップの統括を行
うコントローラがLANで互いに接続され、ロット投入
時に工程手順を記載したロット管理表を上記ショップの
統括を行うコントローラが生成して第一工程のコントロ
ーラへLANを介して渡し、第一工程の終了時に上記ロ
ット管理表に第一工程の終了情報を第一工程のコントロ
ーラが記入して次工程のコントローラへLANを介して
上記ロット管理表を渡し、順次工程順に繰り返して最終
工程終了後ロット管理表を上記ショップの統括を行うコ
ントローラへ返却する管理方式があるが、この方式で
は、ロットが全ての工程を終了するまでロットの進捗を
同一端末でリアルタイムに監視することができないなど
の欠点があった。
【0007】さらに、無人搬送車の制御においては、ホ
ストコンピュータが無人配送車のトラッキングやローダ
・アンローダのステータス管理を行っているために負荷
が集中し、しかも無人搬送車のトラッキングを行ってい
るためトラブル処理が複雑になるなどの欠点があった。
【0008】本発明はこのような背景のもとに行われた
もので、設備に多くの費用を要せずに、ロットの進捗状
況をリアルタイムに監視し、負荷の一時的集中を避ける
とともに簡単にトラブル処理を行うことができるシステ
ムを提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、製造ラインに
おけるロットの工程手順および各工程のロット投入順序
を管理する工程管理システムにおいて、搬送単位を構成
するバケットの集合として移動する一つ以上のワークの
集合からなるロットと一つ以上の工程の管理、および加
工前の製品の搬入を行うローダコンベアと加工後の製品
の搬出を行うアンローダコンベアとの集合からなる複数
のセルへの投入を管理するショップ管理コントローラ
と、ローダコンベアおよびアンローダコンベアの制御、
およびセル内の各工程のロットを管理するセルコントロ
ーラと、セル間にあふれた搬送品を一時収納するバッフ
ァ装置を管理するバッファコントローラと、ローダコン
ベアおよびアンローダコンベアからバケットの供給要
求、あるいはバケットの引き取り要求を入力する搬送要
求入力手段とを備え、前記各コントローラは相互にLA
Nを介して接続され、さらに、入出力装置および搬送要
求入力手段を介して前記バッファコントローラ、前記搬
送要求入力手段、および前記セルコントローラに接続さ
れ、バケットの搬送を行う無人搬送車を制御する搬送制
御コントローラを備えたことを特徴とする。
【0010】前記ショップ管理コントローラに、ロット
の工程手順が記載されたロット管理表と、該当工程を有
するセル別にロットの着手手順が記載されたセル別投入
計画表と、前記ロット管理表の工程手順および前記セル
別投入計画表のロット着手手順により作成された投入計
画に基づいて前記セルコントローラへロットの投入を指
示し、前記ロット管理表に記載された各工程のロットの
進捗状況をバケットの終了ごとに更新するとともに、最
終搬送品に最終搬送品フラグをたてロットの終了を認識
する投入管理手段と、投入指示後該当セルからのロット
の供給要求受付け順に搬送するバケットを前記セルコン
トローラに予約し、受付け順に前記バッファコントロー
ラに出庫あるいは入庫を指示し、前記搬送制御コントロ
ーラに出庫される製品の搬送先を指示する搬送管理手段
とを有し、前記セルコントローラに、前記ショップ管理
コントローラから指示された投入製品情報にしたがって
自己の保有するセル内各工程の段取り情報を記載した複
数の段取り基準情報の中から該当する段取り基準情報を
検索し、各工程設備に段取りを指示する段取り指示手段
と、投入製品情報により製品の搬送要求を前記ショップ
管理コントローラに送信し搬送および回収要求を行う手
段と、ローダコンベアおよびアンローダコンベアを制御
する手段と、工程の投入計画と工程内の進捗管理とを行
うロット進捗管理手段とを含む実行管理手段を有し、前
記搬送制御コントローラに、ローダコンベアあるいはア
ンローダコンベアのバケット供給要求信号の受付順にバ
ッファ装置の出庫コンベアからバケットを搬送し、各ロ
ーダコンベアあるいは各アンローダコンベアのバケット
引き取り要求の受付順に該当アンローダコンベアから前
記バッファ装置の入庫コンベアへバケットを搬送させる
搬送制御手段を有し、前記バッファコントローラに、前
記ショップ管理コントローラから指定されたバケットを
出庫し、前記ショップ管理コントローラから指定された
バケットを入庫する入出庫管理手段を有することが望ま
しい。
【0011】また、管理の単位は、バケットごととし、
このバケットの収納容器には自動機器により読み取り可
能なデータを保有し、前記ショップ管理コントローラ
は、マガジン(搬送容器)を管理する情報が格納された
マガジン管理テーブルおよびセル間搬送の情報が格納さ
れたセル間搬送テーブルとを有し、前記バッファコント
ローラは、在庫管理を行う在庫管理手段を有し、前記セ
ルコントローラは、工程の投入計画を管理する情報が格
納された投入計画管理テーブル、設備状態を管理する情
報が格納された設備状態管理テーブル、ローダを管理す
る情報が格納されたローダ管理テーブル、アンローダを
管理する情報が格納されたアンローダ管理テーブル、段
取情報が格納された段取情報ファイル、および段取用イ
ンデックスが格納されたインデッスクファイルを有する
ことが望ましい。
【0012】
【作用】ロット管理表に記載された工程手順、およびセ
ル別投入計画表に記載された投入計画に基づいてセルコ
ントローラにロットの投入を指示し、各工程のロットの
進捗状況を製品の一つの搬送単位であるバケットの終了
ごとにロット管理表を更新するとともに、最終搬送品に
最終搬送品フラグを設けロットの終了を認識する。
【0013】ロットの投入を指示した後は、該当セルか
らのロットの供給要求受付けの早い順に搬送するバケッ
トをセルコントローラに予約し、受付けの早い順にバッ
ファコントローラに出庫あるいは入庫の指示を行い、搬
送制御コントローラが出庫される製品の搬送先を指示す
る。製造実績、トラブル、品質データ実績などのデータ
は工程を制御するコントローラ内に蓄積してシステムダ
ウンがあっても消失しないようにする。
【0014】これにより、製造の進捗管理をマガジン単
位でリアルタイムに行うことができ、負荷の一時的集中
を避け、トラブル処理を簡単に行うことができる。
【0015】
【実施例】次に、本発明実施例を図面に基づいて説明す
る。図1は本発明実施例の全体構成を示すブロック図で
ある。
【0016】本発明実施例は、搬送単位を構成するバケ
ットの集合として移動する一つ以上のワークの集合から
なるロットと一つ以上の工程の管理、および加工前の製
品の搬入を行うローダコンベア36と加工後の製品の搬
出を行うアンローダコンベア37との集合からなる複数
のセルへの投入を管理するショップ管理コントローラ1
と、ローダコンベア36およびアンローダコンベア37
の制御、およびセル内の各工程のロットを管理するセル
コントローラ4と、セル間にあふれた搬送品を一時収納
する図外のバッファ装置24を管理するバッファコント
ローラ2と、ローダコンベア36およびアンローダコン
ベア37からバケットの供給要求、あるいはバケットの
引き取り要求を入力する搬送要求入力手段4′とを備
え、各コントローラは相互にLAN5を介して接続さ
れ、さらに、入出力装置3′および搬送要求入力手段
4′を介してバッファコントローラ2、搬送要求入力手
段4′およびセルコントローラ4に接続され、バケット
の搬送を行う無人搬送車を制御する搬送制御コントロー
ラ3を備え、ショップ管理コントローラ1に、ロットの
工程手順が記載されたロット管理表7と、該当工程を有
するセル別にロットの着手手順が記載されたセル別投入
計画表8と、ロット管理表7の工程手順およびセル別投
入計画表8のロット着手手順により作成された投入計画
に基づいてセルコントローラ4へロットの投入を指示
し、ロット管理表7に記載された各工程のロットの進捗
状況をバケットの終了ごとに更新するとともに、最終搬
送品に最終搬送品フラグをたてロットの終了を認識する
投入管理手段17と、投入指示後該当セルからのロット
の供給要求受付け順に搬送するバケットをセルコントロ
ーラ4に予約し、受付け順にバッファコントローラ2に
出庫あるいは入庫を指示し、搬送制御コントローラ3に
出庫される製品の搬送先を指示する搬送管理手段18と
を有し、セルコントローラ4に、ショップ管理コントロ
ーラ1から指示された投入製品情報にしたがって自己の
保有するセル内各工程の段取り情報を記載した複数の段
取り基準情報の中から該当する段取り基準情報を検索
し、各工程設備に段取りを指示する段取り指示手段と、
投入製品情報により製品の搬送要求をショップ管理コン
トローラ1に送信し搬送および回収要求を行う手段と、
ローダコンベア36、アンローダコンベア37を制御す
る手段および工程の投入計画と工程内の進捗管理とを行
うロット進捗管理手段とを含む実行管理手段19を有
し、搬送制御コントローラ3に、ローダコンベア36あ
るいはアンローダコンベア37のバケット供給要求信号
の受付順にバッファ装置24の出庫コンベアからバケッ
トを搬送し、各ローダコンベア36あるいは各アンロー
ダコンベア37のバケット引き取り要求の受付順に該当
アンローダコンベア37からバッファ装置24の入庫コ
ンベアへバケットを搬送させる搬送制御手段22を有
し、バッファコントローラ2に、ショップ管理コントロ
ーラ1から指定されたバケットを出庫し、ショップ管理
コントローラ1から指定されたバケットを入庫する入出
庫管理手段21を有する。
【0017】管理の単位は、バケットごととし、このバ
ケットの収納容器には自動機器により読み取り可能なデ
ータが保有され、各セルごとに順次入れ替えられる。
【0018】ショップ管理コントローラ1は、マガジン
(搬送容器)39を管理する情報が格納されたマガジン
管理テーブル9およびセル間搬送の情報が格納されたセ
ル間搬送テーブル10とを有し、バッファコントローラ
2は、在庫管理を行う在庫管理手段20を有し、セルコ
ントローラ4は、工程の投入計画を管理する情報が格納
された投入計画管理テーブル13、設備状態を管理する
情報が格納された設備状態管理テーブル14、ローダを
管理する情報が格納されたローダ管理テーブル15、ア
ンローダを管理する情報が格納されたアンローダ管理テ
ーブル16、段取情報が格納された段取情報ファイル1
2、および段取用インデックスが格納されたインデック
スファイル11を有する。
【0019】図2(a)は本発明実施例における被制御
生産ラインの一例を示す図である。
【0020】この例における生産システムは、部品ある
いは加工前の製品を配膳する配膳室23、ラインバラン
スを保つためのバッファ装置24、複数の工程を統合し
たX1 セル25、X2 セル26、X3 セル27、X4
ル28およびX5 セル29からなる5箇所のセルを保有
する。
【0021】配膳室23は入庫コンベア30および出庫
コンベア31を保有し、バッファ装置24は入庫コンベ
ア32および出庫コンベア33を保有し、X5 セル29
は入庫コンベア34および出庫コンベア35をそれぞれ
保有する。
【0022】また、各セル25、26、27、28、2
9はそれぞれローダ36およびアンローダ37を保有す
る。ロットの流れの一例をみるとバケット(このシステ
ムではバケットの収納に図2(b)に示すマガジン39
を使用する)は、配膳室23から無人搬送車38に積載
されて経路200を介してバッファ装置24に搬送さ
れ、実際に生産を開始するまでマガジン39はバッファ
装置24に一時的に保管される。生産を開始するとX1
セル25のローダ36に無人搬送車38により経路20
1を経て運ばれ供給される。加工が終了した製品は別の
マガジン39に収容され、アンローダ37からバッファ
装置24の入庫コンベア32に無人搬送車38により経
路202を経て運ばれる。
【0023】X2 セル26のローダ36′からX1 セル
25で加工が終了した製品を収容したマガジン39の供
給要求があると、バッファ装置24の出庫コンベア33
からX2 セル26のローダ36′へ無人搬送車38で経
路203を経て搬送される。
【0024】上述した生産システムをコントロールする
工程管理システムは図1に示すように、ショップ内の図
2(a)に示す無人搬送車38の制御を行う搬送制御コ
ントローラ3、バッファ装置24の在庫管理および入出
庫管理を行う在庫管理手段20および入出庫管理手段2
1を備えたバッファコントローラ2、セル内のロット進
捗管理とローダアンローダ管理およびセル内工程(主に
設備)の段取り指示を行う実行管理手段19を保有する
セルコントローラ4、および図2(a)に示す配膳室2
3におけるロット登録およびそのロットに対応したマガ
ジン39の登録と、ショップ内の管理を行うショップ管
理コントローラ1により構成され、バッファコントロー
ラ2、セルコントローラ4、およびショップ管理コント
ローラ1の相互間の通信はLAN5を介して行われ、ま
た各セルのローダ36とアンローダ37、図2(a)に
示すバッファ装置24の入庫コンベア32と、出庫コン
ベア33と搬送制御コントローラ3の間は搬送要求手段
6を介して搬送要求情報の入出力を行う。
【0025】図3は本発明実施例における生産の流れの
情報系の構成を示すブロック図である。ショップ内の搬
送制御とロットの仕掛かり管理、および進捗管理を行う
ショップ管理コントローラ1は、投入管理手段17、搬
送管理手段18、ロット管理表7、セル別投入計画表
8、マガジン管理テーブル9、およびセル間搬送テーブ
ル10から構成され、ショップへのロットの登録とその
ロットに対応した図2(b)に示すマガジン39の登録
を信号線100を介して行い、生産を開始するときはキ
ーボード46からショップ管理コントローラ1に投入許
可を行う。バッファコントローラ2はバッファ装置24
の在庫管理および入出庫管理を行う。
【0026】搬送制御コントローラ3は各セルのアンロ
ーダ37より搬送要求を受付け、図2(a)に示すバッ
ファ装置24の入庫コンベア32に搬送する。また各ロ
ーダ36の搬送要求を受け付け、受け付け(早いもの)
順にバッファ装置24の出庫コンベア33からマガジン
39を搬送する。
【0027】セル内の工程(主に設備)を制御しロット
の進捗管理および段取りを行うセルコントローラ4は、
実行管理手段19、投入計画管理テーブル13、設備状
態管理テーブル14、ローダ管理テーブル15、アンロ
ーダ管理テーブル16、段取り用インデックスファイル
11、および段取情報ファイル12から構成される。
【0028】図4は本発明実施例におけるロット管理表
を構成するフォーマットを示す図である。このフォーマ
ット7aは「ロット登録件数」7a−1、「管理レコー
ド」7a−2、「工程定義」7a−3により構成され
る。ここで「ロット登録件数」7a−1はショップに登
録されているロットの件数を示す。
【0029】図5は図4に示す管理レコードのフォーマ
ットを示す図である。管理レコード7a−2は「データ
定義ポインタ」7b−2、「セル別工程数」、「ロット
状態フラグ」、「ロットID」7b−3、「品名コー
ド」7b−1、「着手日時」、「出荷日時」、「予定
数」7b−4、および「マガジン幅」7b−5から構成
される。「データ定義ポインタ」7b−2は図4に示す
工程定義レコード7a−3の先頭アドレスを示す。
【0030】「セル別工程数」はロットが工程(セル)
をいくつ必要とするかを示す。「ロット状態フラグ」は
ファイルの本レコード部が「ヌル:0(フラグ)」か、
「ロットは登録されているが未投入の状態:1(フラ
グ)」か、「本ロットの投入を開始した状態:2(フラ
グ)」か、「本ロットの生産は完了した状態:3(フラ
グ)」かどうかの状態を示す。「ロットID」7b−3
はオーダーを分割した後のデイリーのロットを示し、他
のロットとの識別を行う。「品名コード」7b−1は製
品の機種を表すコードである。「着手日時」はロットの
着手予定日時を示し、「出荷日時」は該当ロットの生産
が終了し出荷する予定日時を示し、「予定数」7b−4
は該当ロットの生産予定数をそれぞれ示す。「マガジン
幅」7b−5は基板の幅に応じてマガジンの幅を変える
ことができるのでそのマガジンの幅を示す。
【0031】図6は図4に示すロット管理表の工程定義
レコードの構成を示す図である。工程定義レコード7a
−3の「実行状態フラグ」はロットの投入が「未着手状
態:0」か、「着手状態:1」か、または「終了済み:
2」かを示す。「セルコード」はショップ内でユニーク
なセルのコードを示し、X1 セルのセルコードをCC1
1、X2 セルはCC12、X3 セルはCC13、X4
ルはCC14、X5 セルはCC15のように表示する。
「工程コード」7c−1は該当ロットの生産においてセ
ルを流す順序、同一の製品が同じセルを再び流れる場合
に何回目であるかということ、および基板の表裏を識別
するコードである。
【0032】ローダマガジン情報は該当セルのローダへ
搬送されるマガジンに関するものであり、それは「確定
フラグ」、「バーコード」、「最終フラグ」で構成され
る。ここで「確定フラグ」はマガジンがバッファ内に入
庫されいつでも投入できる状態であることを示し、「最
終フラグ」はロットを流す場合の一番最後のマガジンを
示し、「0:通常マガジン」、「1:ロットの最後のマ
ガジン」を表す。アンローダマガジン情報は該当セルの
アンローダへ搬送されるマガジンに関するものであり、
それは「確定フラグ」、「バーコード」、「最終フラ
グ」で構成されている。
【0033】図7は本発明実施例におけるセル別投入計
画表の構成を示す図である。セル別投入計画表8はセル
管理部8a−1とセルデータ部8a−2により構成され
る。図8は図7に示すセル管理部の構成を示す図であ
る。セル管理部8a−1はセルごとの登録ロットを示す
ディレクトリ8bとデータ部8cを有する。図9は図7
に示すセルデータ部のフォーマットを示す図である。セ
ルデータ部8a−2は「ロットID」、「工程コー
ド」、「予定数」、「許可フラグ」、「指示フラグ」、
「開始時間」、「完了時間」により構成される。
【0034】「予定数」は該当ロットの生産予定数を示
し、「許可フラグ」はロットのセルへの投入を許可する
フラグで「0:未許可」「1:許可」を表す。また、
「指示フラグ」は該当セルに現在仕掛かっているロット
が完了または完了直前にあり次のロットの投入許可済み
ロットに対し指示を掛けるためのフラグであり、「0:
未指示」「1:指示済み」を表す。「開始時間」は投入
を開始した時間を示し、「完了時間」は生産が終了した
時間を示す。
【0035】図10は図1に示すローダ管理テーブル内の
搬送予約マガジン管理テーブルの構成を示す図である。
搬送予約マガジン管理テーブル15bは、これから無人
搬送車38で搬送するマガジン39の予約を管理する予
約テーブルである。このマガジン予約は、「ロットI
D」、「工程コード」、「ピッチ」、「マガジン幅」、
「供給数」、「バーコード」、「最終フラグ」により構
成される。ここで「供給数」はマガジンに収納されてい
る製品の数を示し、また、「バーコード」はショっプ内
でユニークなマガジン39の識別コードである。
【0036】図11は図1に示すローダ管理テーブル内の
セルにおけるローダのマガジンの所在を示すローダマガ
ジン管理テーブルの構成を示す図である。マガジンテー
ブル15cは、「状態」、「ロットID」、「工程コー
ド」、「ピッチ」、「マガジン幅」、「供給数」、「残
数」、「バーコード」、「最終フラグ」により構成され
る。ここで「状態」はローダのどの位置にあるか、どの
状態にあるかを「到着済み」、「供給開始中」、「停止
中」などで示す。また、「残数」は「供給数」から実際
に使用した数を引いた数でありマガジンに残っている数
を示す。
【0037】図12は図1に示すセル間搬送テーブルの構
造を示す図である。セル間搬送テーブル10は、「イン
デックス」10a−1、「ローダ搬送テーブル」10a
−2、「アンローダ搬送テーブル」10a−3により構
成される。図13は図12に示すセル間搬送テーブルの詳細
を示す図である。セル間搬送テーブル10は、「ロット
ID」、「工程コード」、「バーコード」、「搬送
元」、「回収先」、「ステータス」10b−1により構
成される。ここで、「搬送元」は搬送すべきマガジンに
おいて現在存在するマガジンの位置を示し、また、「回
収先」は「搬送元」で受け取ったマガジンをどこの位置
に搬送するかを示す。
【0038】「ステータス」10b−1は、ロットの対
応したマガジンがどの状態にあるかを示し、「入庫」、
「AGV(無人搬送車のこと)発進」、「AGV可
否」、「AGV指示」、「セル要求」、「予約」などに
より構成される。また、ステータスは、「1:セルコン
トローラからの搬送要求/回収要求/報告無し、搬送制
御コントローラからの報告無し/他コントローラへ未指
示」、「2:バッファコントローラからの出庫受付待、
入庫受付待」、「3:セルコントローラからの搬送要求
/回収要求有り、セルコントローラへの搬送予約済み、
マガジン到着済み」などである。
【0039】図14は図1に示すマガジン管理テーブルの
ロット別のマガジンテーブルの構成を示す図である。マ
ガジンテーブル9aは「ロットID」、「工程コー
ド」、「バーコード」により構成され、バッファコント
ローラ2から該当マガジン39の出庫報告があると、そ
のレコードを消し込む。また、バッファコントローラ2
から「ロットID」、「工程コード」、「バーコード」
を含む入庫報告があるとデータを記載する。
【0040】図15はショップ管理コントローラからの投
入着手指示に基づく設備への段取り替え指示、および設
備がそのデータを持っていなかったときの転送の仕組み
を示す説明図である。
【0041】先ずはじめに、段取り用インデックスファ
イルおよび段取り情報を含んだフロッピーディスク4
2、または通信で段取り用インデックスファイル11お
よび段取情報ファイル12をあらかじめセルコントロー
ラ4に蓄積しておく。実際の生産の局面にたった場合は
ショップ管理コントローラ1からセルコントローラ4に
投入指示を送信する(103)。セルコントローラ4は
投入指示電文中の「工程コード」7c−1と「品名コー
ド」7b−1とから該当機種のインデックスファイル1
1を検索し、インデックスファイル11中の「基板名」
43を含んだ段取り取り替え指示117を設備41に送
信する(117)。
【0042】次いで、設備が該当機種の段取り替えデー
タを保持していないときは、設備41はセルコントロー
ラ4に対して段取りデータ要求を行う(300)。セル
コントローラ4はインデックスファイル11中の設備用
段取り情報ファイル名44、45を探し、該当データフ
ァイル301を設備41に転送する(301)。設備段
取り情報ファイル名44および45の検索の仕方は、段
取り用インデックスファイル名11の生成の方法と同様
に生成することもある。
【0043】次に、ショップの運用面について情報の流
れを説明する。
【0044】搬送制御コントローラ3において図5に示
す登録済みロットID7b−3に対応したマガジン39
の識別コードである図6に示すバーコード7c−2を登
録し、一方、空マガジン39をバッファ装置24に入庫
する。ショップ管理コントローラ1のキーボード46
(または、上位コンピュータ)で図3に示すセル別投入
計画表8のセルデータ部8a−2の投入ロットに投入許
可102をたてると、投入管理手段17のLAN5を介
してセルコントローラ4に投入計画(図5に示す「ロッ
トID」7b−3、「品名コード」7b−1、「予定
数」7b−4、「マガジン幅」7b−5、および図6に
示す「工程コード」7c−1、「マガジンピッチ」7c
−4)通信路103を介して送信する。
【0045】セルコントローラ4は受信した投入計画を
投入計画管理テーブル13に記載すると共に、実行管理
手段19は設備がどの機種の段取り設定状態であるか、
また現在稼働中の機種がどれ位で終了するかをモニタリ
ングした設備状態管理テーブル14を参照し(11
6)、段取り可能状態であればセルコントローラ4が保
有する投入機種に対応した段取り用インデックスファイ
ル11を参照し(104)、投入機種の機種コードを設
備個々で決まるインタフェース117を介して設備41
に送信する(117)。(このとき、機種コードはショ
ップ管理コントローラ1からセルコントローラ4に送信
され(103)、投入計画の通信電文中に存在する場合
もある)。
【0046】ここで設備41が該当製品の段取情報ファ
イル12を所有していなければセルコントローラ4に図
15に示すように段取情報ファイル12のデータ要求を送
信する(300)。設備の段取り替えが終了するとセル
コントローラ4はローダ・アンローダ管理テーブル1
5、16を参照し(116)、マガジン39要求が入力
されていればショップ管理コントローラ1に搬送要求1
05を送信する。そしてショップ管理コントローラ1
は、図13に示すセル間搬送テーブル10の「ステータ
ス」10b−1を「セル要求」有りでフラグ“3”をセ
ットする。投入管理手段17はロット管理表7を参照し
(117)、ロット管理表7の図4に示す工程定義レコ
ード7a−3に記載されているマガジン39の中(図5
に示すバーコード7c−5のマガジン39から下方向の
順に検索)から「最終フラグ」がついているマガジン3
9が最後になるようにバッファコントローラ2に出庫指
示を送信する(107)。このときローダ36(アンロ
ーダ37)は搬送制御コントローラ3により搬送要求手
段6を介して各セルの供給要求情報を入手する(11
0)。そして、バッファ装置24の出庫コンベア33の
出庫待マガジン情報を参照し(120)、無人搬送車3
8の制御を行う。
【0047】さらに、ショップ管理コントローラ1は、
セルコントローラ4に対して、これから搬送するマガジ
ン39のバーコードを通知し(108)、セルへの予約
とする。また、ショップ管理コントローラ1はセル間搬
送テーブル10にてマガジン39の現在位置と「ステー
タス」10b−1を管理する。
【0048】一方、セルコントローラ4は図10に示すマ
ガジン予約管理テーブルのバーコード15b−1に上記
のバーコードを登録する。図2(a)に示すようにマガ
ジン39が無人搬送車38でセルに搬送されると(20
1)、セルのローダ36(またはアンローダ37)の入
口でバーコードを読み取り、マガジン39がローダ36
(またはアンローダ37)から排出されるまで図11に示
すローダマガジン管理部テーブル15cでマガジン39
の監視および供給枚数をリアルタイムに監視してロット
の進捗を管理する。
【0049】マガジン39の供給または収納が終了する
と、セルコントローラ4はショップ管理コントローラ1
に対してマガジン回収要求を送信する(109)。ショ
ップ管理コントローラ1の搬送管理手段18はバッファ
コントローラ2に対し回収マガジンバーコードを含む入
庫要求を送信する(111)と同時に、ローダ36(ア
ンローダ37)は搬送制御コントローラ3と別の搬送要
求手段6にて供給または回収要求情報を入手する(10
6)。そして、バッファ装置24の入庫コンベア32の
空き情報をみて(119)、無人搬送車38の制御を行
う。これらをロットの生産が終了するまで繰り返す。
【0050】このときは、ショップ管理コントローラ1
はマガジン39の回収があるごとにロットの生産実績の
更新をロット管理表7に反映する。セルコントローラ4
は「最終フラグ」7c−3を所持したマガジン39の供
給、あるいは収納が終了するとロットの終了を認識し、
ロット終了報告をショップ管理コントローラ1へ送信し
(112)、ショップ管理コントローラ1はロット管理
表7の更新を行う。
【0051】セルにおける段取り替えはショップ管理コ
ントローラ1より投入計画をセルコントローラ4に送信
し(108)、セルコントローラ4は電文中の「工程コ
ード」7c−1と「品名コード」7b−1から該当機種
に対応したインデックスファイル11を生成する。セル
コントローラ4はファイルに記載されている「基板名」
43を検索し、設備にその「基板名」43を送信し段取
り開始指示とする(104)。この場合投入計画電文中
に付加してもよい。
【0052】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、工
程それぞれがロットの投入計画管理テーブルを所有して
いるため、ホストシステムダウン時にもある程度の運用
が可能となり、中小規模の製造ショップにおいても安価
な設備費でロット管理を行うことができる。
【0053】また、実績収集およびトラブル収集、品質
データ実績収集のデータが工程を制御するコントローラ
内に蓄えられるので、システムダウン時においても実績
データがその間失われることなく、進捗管理に関しては
マガジン単位でリアルタイムに監視することができ、さ
らに、工程管理系と搬送制御系が分離しているため早期
に安価な搬送制御系を構築することができ、段階を経て
システム全体を構築していくことができる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明実施例の全体構成を示すブロック図。
【図2】(a)本発明実施例における被制御生産ライン
システムの一例を示す図、 (b)本発明実施例におけるマガジン(搬送容器)を示
す斜視図。
【図3】本発明実施例における生産の流れの情報系の構
成を示すブロック図。
【図4】本発明実施例におけるロット管理表を構成する
フォーマットを示す図。
【図5】本発明実施例におけるロット管理表の管理レコ
ードのフォーマットを示す図。
【図6】本発明実施例におけるロット管理表の工程定義
レコードの構成を示す図。
【図7】本発明実施例におけるセル別投入計画表の構成
を示す図。
【図8】本発明実施例におけるセル別投入計画表のセル
管理部の構成を示す図。
【図9】本発明実施例におけるセル別投入計画表のセル
データ部のフォーマットを示す図。
【図10】本発明実施例におけるローダ管理テーブルの搬
送予約マガジン管理テーブルの構成を示す図。
【図11】本発明実施例におけるローダ管理テーブルのロ
ーダマガジン管理テーブルの構成を示す図。
【図12】本発明実施例におけるセル間搬送テーブルの構
成を示す図。
【図13】本発明実施例におけるセル間搬送テーブルの詳
細を示す図。
【図14】本発明実施例におけるマガジン管理テーブルの
ロット別マガジンテーブルの構成を示す図。
【図15】本発明実施例におけるショップコントローラか
らの投入着手指示に基づく設備への段取り替え指示、お
よび設備がデータを持っていなかったときの転送の仕組
みを示す図。
【符号の説明】 1 ショップ管理コントローラ 2 バッファコントローラ 3 搬送制御コントローラ 3′ 入出力装置 4 セルコントローラ 4′ 搬送要求入力手段 5 LAN 6 搬送要求手段 7 ロット管理表 8 セル別投入計画表 9 マガジン管理テーブル 10 セル間搬送テーブル 11 インデックスファイル 12 段取情報ファイル 13 投入計画管理テーブル 14 設備状態管理テーブル 15 ローダ管理テーブル 16 アンローダ管理テーブル 17 投入管理手段 18 搬送管理手段 19 実行管理手段 20 在庫管理手段 21 入出庫管理手段 22 搬送制御手段 23 配膳室 24 バッファ装置 25、26、27、28、29 セル 30、32 入庫コンベア 31、33 出庫コンベア 36、36′ ローダ 37、37′ アンローダ 38 無人搬送車 39 マガジン(搬送容器)

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 製造ラインにおけるロットの工程手順お
    よび各工程のロット投入順序を管理する工程管理システ
    であって、 搬送単位を構成するバケットの集合として移動する一つ
    以上のワークの集合からなるロットと一つ以上の工程の
    管理、および加工前の製品の搬入を行うローダコンベア
    と加工後の製品の搬出を行うアンローダコンベアとの集
    合からなる複数のセルへの投入を管理するショップ管理
    コントローラと、 ローダコンベアおよびアンローダコンベアの制御、およ
    びセル内の各工程のロットを管理するセルコントローラ
    と、 セル間にあふれた搬送品を一時収納するバッファ装置を
    管理するバッファコントローラ ケットの搬送を行う無人搬送車を制御する搬送制御コ
    ントローラ 相互にローカルエリアネットワーク(L
    AN)を介して接続され、前記ショップ管理コントローラに、ロットの工程手順が
    記載されたロット管理表と、該当工程を有するセル別に
    ロットの着手手順が記載されたセル別投入計画表と、前
    記ロット管理表の工程手順および前記セル別投入計画表
    のロット着手手順により作成された投入計画に基づいて
    前記セルコントローラへロットの投入を指示し、前記ロ
    ット管理表に記載された各工程のロットの進捗状況をバ
    ケットの終了ごとに更新するとともに、最終搬送品に最
    終搬送品フラグをたてロットの終了を認識する投入管理
    手段と、投入指示後該当セルからのロットの供給要求受
    付け順に搬送するバケットを前記セルコントローラに予
    約し、受付け順に前記バッファコントローラに出庫ある
    いは入庫を指示し、前記搬送制御コントローラに出庫さ
    れる製品の搬送先を指示する搬送管理手段とを有し、 前記セルコントローラに、前記ショップ管理コントロー
    ラから指示された投入製品情報にしたがって自己の保有
    するセル内各工程の段取り情報を記載した複数の段取り
    基準情報の中から該当する段取り基準情報を検索し、各
    工程設備に段取りを指示する段取り指示手段と、投入製
    品情報により製品の搬送要求を前記ショップ管理コント
    ローラに送信し搬送および回収要求を行う手段と、ロー
    ダコンベアおよびアンローダコンベアを制御する手段
    と、工程の投入計画と工程内の進捗 管理とを行うロット
    進捗管理手段とを含む実行管理手段を有し、 前記バッファコントローラに、前記ショップ管理コント
    ローラから指定されたバケットを出庫し、前記ショップ
    管理コントローラから指定されたバケットを入庫する入
    出庫管理手段を有する 工程管理システムにおいて、 ローダコンベアおよびアンローダコンベアからバケット
    の供給要求、あるいはバケットの引き取り要求を入力す
    る搬送要求入力手段を備え、 前記搬送制御コントローラは、 出力装置および搬送要求
    入力手段を介して前記バッファコントローラ、前記搬送
    要求入力手段、および前記セルコントローラに接続さ
    れ、 前記搬送制御コントローラに、ローダコンベアあるいは
    アンローダコンベアのバケット供給要求信号の受付順に
    バッファ装置の出庫コンベアからバケットを搬送し、各
    ローダコンベアあるいは各アンローダコンベアのバケッ
    ト引き取り要求の受付順に該当アンローダコンベアから
    前記バッファ装置の入庫コンベアへバケットを搬送させ
    る搬送制御手段を有する ことを特徴とする工程管理シス
    テム。
  2. 【請求項2】 管理の単位は、バケットごととし、この
    バケットの収納容器には自動機器により読み取り可能な
    データを保有する請求項1記載の工程管理システム。
  3. 【請求項3】 前記ショップ管理コントローラは、マガ
    ジン(搬送容器)を管理する情報が格納されたマガジン
    管理テーブルおよびセル間搬送の情報が格納されたセル
    間搬送テーブルを有し、 前記バッファコントローラは、在庫管理を行う在庫管理
    手段を有し、 前記セルコントローラは、工程の投入計画を管理する情
    報が格納された投入計画管理テーブル、設備状態を管理
    する情報が格納された設備状態管理テーブル、ローダを
    管理する情報が格納されたローダ管理テーブル、アンロ
    ーダを管理する情報が格納されたアンローダ管理テーブ
    ル、段取情報が格納された段取情報ファイル、および段
    取用インデックスが格納されたインデッスクファイルを
    有する請求項1記載の工程管理システム。
JP11098291A 1991-04-15 1991-04-15 工程管理システム Expired - Lifetime JP2692417B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11098291A JP2692417B2 (ja) 1991-04-15 1991-04-15 工程管理システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11098291A JP2692417B2 (ja) 1991-04-15 1991-04-15 工程管理システム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04316156A JPH04316156A (ja) 1992-11-06
JP2692417B2 true JP2692417B2 (ja) 1997-12-17

Family

ID=14549406

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11098291A Expired - Lifetime JP2692417B2 (ja) 1991-04-15 1991-04-15 工程管理システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2692417B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003072920A (ja) * 2001-09-05 2003-03-12 Toshiba Corp 搬送システム、搬送ステーション及び搬送方法
KR20240009499A (ko) * 2021-06-22 2024-01-22 가부시키가이샤 무라타 세이사쿠쇼 전자부품의 제조 시스템, 전자부품의 제조 방법

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS644866A (en) * 1987-06-29 1989-01-10 Hitachi Ltd Work instructing device by inter-process stock evaluation
JP3089628B2 (ja) * 1988-10-04 2000-09-18 日本電気株式会社 工程管理システム
JPH02131829A (ja) * 1988-11-07 1990-05-21 Hitachi Ltd 部品出庫システム
JP2780814B2 (ja) * 1989-06-22 1998-07-30 株式会社日立製作所 生産管理システム

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04316156A (ja) 1992-11-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2500986B2 (ja) 物品処理システム及び複数の品目を分配する方法
JP5728537B2 (ja) オーダーを遂行するシステム及び方法
JP5032131B2 (ja) 到着予定時刻(eta)システムおよび方法
CN113335820A (zh) 一种立体仓库与agv直接对接的入库及出库方法
CN108584274B (zh) 一种智能仓储分拣方法及系统
AU2020231623A1 (en) Multi-nodal supply chain system and method for supply chain workflow execution using transportable and continuously trackable storage bins
CN114604544A (zh) 一种电力物资智能仓储系统、方法及存储介质
CN114150369A (zh) 一种装料方法、设备以及系统和计算机存储介质
CN111703802B (zh) 出入库流程的控制方法和装置、仓储系统
JP2692417B2 (ja) 工程管理システム
JPS6251843B2 (ja)
CN112099452A (zh) 一种车间物料自动交接系统
JP3089628B2 (ja) 工程管理システム
JP2006221385A (ja) 物流支援システム及びその方法
CN115689448A (zh) 一种仓库管理系统和物资调度装置
EP4177690A1 (en) System and method for designing customized logistics flow based on cloud service
JPH0786112A (ja) 生産管理方法
JPH10236612A (ja) 在庫管理装置および生産管理装置
JPS63180452A (ja) コンピユ−タ群管理搬送方式
JPH06286824A (ja) 半導体生産ラインにおける自動搬送システム
JPH08225118A (ja) 部品自動倉庫システム
JP5336106B2 (ja) 在庫・配膳管理システム、在庫・配膳管理方法、在庫・配膳管理プログラム
JP2000158296A (ja) 立体型切断ネットワークシステム
TW557480B (en) Automatic wafer sorting system and method
JPH11165814A (ja) 梱包作業計画作成システム