JP2600932Y2 - シールドマシン - Google Patents

シールドマシン

Info

Publication number
JP2600932Y2
JP2600932Y2 JP1993064045U JP6404593U JP2600932Y2 JP 2600932 Y2 JP2600932 Y2 JP 2600932Y2 JP 1993064045 U JP1993064045 U JP 1993064045U JP 6404593 U JP6404593 U JP 6404593U JP 2600932 Y2 JP2600932 Y2 JP 2600932Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cutter
main
main cutter
tip
shield machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1993064045U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0734095U (ja
Inventor
真 岸谷
茂木 阿部
茂男 藤井
智文 石野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kumagai Gumi Co Ltd
Original Assignee
Kumagai Gumi Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kumagai Gumi Co Ltd filed Critical Kumagai Gumi Co Ltd
Priority to JP1993064045U priority Critical patent/JP2600932Y2/ja
Publication of JPH0734095U publication Critical patent/JPH0734095U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2600932Y2 publication Critical patent/JP2600932Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Excavating Of Shafts Or Tunnels (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、メインカッターの回転
により掘進するシールドマシンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】泥土圧式等のシールドマシンは、メイン
カッターの回転とジャッキの押圧力とによって掘進し、
その掘削孔壁にエレクターでセグメントを建て込んでト
ンネルを構築するようになっている。掘削した土砂は、
スクリューコンベアなどにより機本体の後方へ排出され
る。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】ところで掘削対象の地
層には、流木或いは古い基礎杭などの比較的長い埋設物
が存在する場合がある。このような障害物は、特に軟弱
地盤の掘削においては切断され難く、そのままカッター
チャンバー内に引きずり込まれて周囲の地山を緩めてし
まったり、メインカッターに絡んで掘削不能になってし
まうという問題があった。
【0004】そこで本考案は、障害物が存在する地盤を
掘削する際に、地山が緩んだりメインカッターに絡んだ
りすることのないシールドマシンを提供すべく創案され
たものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】本考案は、機本体の軸心
に回転自在に設けられ機本体前方のカッターチャンバー
より小径で土砂を掘削するためのメインカッターと、該
メインカッターの径方向外方のカッターチャンバーに設
けられると共に周方向に密に並べて設けられ、かつ前方
に突出して設けられ、障害物を切削するための薄刃状チ
ップを有する補助カッターとを備えたものである。
【0006】
【作用】上記構成によって、補助カッターは、メインカ
ッターと協動して全断面掘削を行うと共に、掘削断面外
周の位置の先行掘削を行い、掘削断面外周位置に存在す
る障害物を薄刃状チップで切断する。このことにより、
障害物が原形のままカッターチャンバー内に引きずり込
まれて周囲の地山を緩めたり、メインカッターに絡まる
ことはなくなり、良好なシールド掘進を行うことができ
【0007】
【実施例】以下、本考案の実施例を添付図面に従って説
明する。
【0008】図1及び図2は、本考案に係わるシールド
マシンの一実施例を示したものであり、泥土圧式シール
ドマシンに適用した場合を示している。このシールドマ
シンは、機本体1よりも小径のメインカッター2と、メ
インカッター2よりも前方に突出した補助カッター3と
を備えて構成されている。
【0009】メインカッター2は、軸部4から放射状に
伸びたスポーク5にカッタービット6が適宜取り付けら
れて成り、軸部4の後端は機本体1内に延出されて、カ
ッター駆動装置7により回転力が伝達されるようになっ
ている。機本体1は隔壁8でメインカッター2から隔て
られ、シールドジャッキ9の押圧力により前進するよう
になっている。そして補助カッター3は、メインカッタ
ー2の外周に沿って略隙間無く隔壁8に多数設けられて
いる。
【0010】図3に示すように、補助カッター3は、軸
方向に伸びたシャフト10と、シャフト10の先端に取
り付けられたビット11とで構成されている。シャフト
10は、軸受12及びその外側のスリーブ13を介して
外筒14に回転自在に支持されている。スリーブ13は
外筒14に対して着脱自在である。外筒14は、機本体
1の外殻15から若干径方向内方の位置で隔壁8に固定
支持されているほか、基端部分が外殻15に取り付けら
れたブラケット16に、また先端部分が外殻15の延長
である先端外殻17に取り付けられたブラケット18
に、それぞれ支持されている。先端外殻17及び外筒1
4の先端は、メインカッター2のスポーク5の前端面に
揃うように位置されている。シャフト10の基端はブラ
ケット16の後方に突出され、スプロケット19が取り
付けられている。このブラケット16には回転用モータ
ー20が設けられ、その出力軸21に取り付けられたス
プロケット22が、シャフト10のスプロケット19と
チェーン23により連結されている。すなわち回転用モ
ーター20によって、シャフト10及びビット11をメ
インカッター2よりも高速で回転させるようになってい
る。またこれら回転伝達系は、カバー24にて覆われて
いる。
【0011】ビット11は、シャフト10の径方向外方
に伸びて超硬チップ25が植設された一対のプレート2
6,27で形成されている。プレート26,27は、正
面視で先端が機本体外殻15及びメインカッター2に接
近するような長さに形成されている(図2参照)。そし
て本実施例にあっては、プレート26,27の基端が板
幅方向に設けられたピン28により回動自在に支持され
ており、外筒14よりも縮径した状態に折り畳めるよう
になっている。また超硬チップ25としては、プレート
26,27の先端に取り付けられた薄刃状チップ25a
と、その内側或いは基端に取り付けられた角状チップ2
5bとが設けられ、薄刃状チップ25aの先端は、角状
チップ25bの切削面よりも突出している。
【0012】さらに隔壁8の後面側には開閉ゲート40
が設けられている。この開閉ゲート40は、外筒14を
塞ぐ大きさを有したゲート板29と、外筒14の周囲に
設けられたゲートガイド30と、ゲート板29に進退ロ
ッド31が連結されたシリンダー32とで構成されてい
る。そしてシャフト10及びビット11が、スリーブ1
3ごと外筒14内を機本体1側に引き込まれたときに、
シリンダー32の伸長によりゲート板29をスライドさ
せてゲートガイド30に嵌め合わせることで、開口(外
筒14)を閉塞するようになっている。
【0013】このほか図1に示したように、機本体1に
はスクリューコンベア33が設けられ、メインカッター
2及び補助カッター3により掘削された土砂をカッター
チャンバー34を経て後方へ搬出するようになってい
る。また機本体1の後部には、掘削孔壁にセグメント3
5を建て込むためのエレクター36と、建て込まれたセ
グメント35を真円に保つための真円保持装置37とが
設けられ、トンネル中心部の位置には後方作業台38が
設けられている。そしてスポーク5の裏側には、切羽に
注入された添加材と切削された土砂とを攪拌するための
攪拌翼39が取り付けられている(図3参照)。
【0014】次に本実施例の作用を説明する。
【0015】通常の掘進においては、シールドジャッキ
9を伸長駆動させると共に、カッター駆動装置7及び回
転用モーター20を駆動させることでメインカッター2
及び補助カッター3を回転させ、機本体1の外径に相当
するシールド断面全体の掘削を行う。掘削された土砂
は、カッターチャンバー34に入って添加材と適宜攪拌
混合され、泥土としてスクリューコンベア33により後
方に排出される。
【0016】そして地盤中に障害物が存在すると、先行
する補助カッター3が主として薄刃状チップ25aによ
り障害物を切削し、掘削断面の外方の部分から縁を切
る。切削された障害物の破片は、カッターチャンバー3
4に入り、掘削泥土とともにスクリューコンベア33に
より後方に排出される。
【0017】このように、メインカッター2の外周側に
前方へ突出した補助カッター3を設けて、比較的高速の
回転により先行掘削するようにしたので、掘削断面に掛
かる障害物を確実に切断でき、障害物が原形のままカッ
ターチャンバー34内に引きずり込まれて周囲の地山が
緩んでしまうことがなく、メインカッター2に障害物が
絡んで掘削不能になってしまうこともない。すなわち通
常の地盤と変わることなく良好なシールド掘進を行うこ
とができる。
【0018】また本実施例にあっては、補助カッター3
の主要な部分を機本体1内に引き込めるようにし、開閉
ゲート32でその開口を閉塞して泥土或いは地下水の流
入を止めるようにしたので、ビット11などのメンテナ
ンスを容易に行うことができる。
【0019】なお補助カッター3としては、本実施例の
構成に限るものではなく、メインカッターと異なる回転
(切削動作)を行うものであれば、どのようなものでも
構わない。
【0020】
【考案の効果】以上要するに本考案によれば、次のよう
な優れた効果を発揮する。
【0021】中の障害物をメインカッターに先行して
確実に切断でき、掘進の際の地山の緩み等を防止でき
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案に係わるシールドマシンの一実施例を示
した側断面図である。
【図2】図1の正面図である。
【図3】図1の要部拡大図である。
【符号の説明】
1 機本体 2 メインカッター 3 補助カッター
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)考案者 藤井 茂男 愛知県知多市北浜町11番1号 石川島播 磨重工業株式会社 愛知工場内 (72)考案者 石野 智文 愛知県知多市北浜町11番1号 石川島播 磨重工業株式会社 愛知工場内 (56)参考文献 特開 平2−140397(JP,A) 特開 平3−25187(JP,A) 特開 平3−2495(JP,A) 特開 平6−264681(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) E21D 9/08

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 機本体の軸心に回転自在に設けられ機本
    体前方のカッターチャンバーより小径で土砂を掘削する
    ためのメインカッターと、該メインカッターの径方向外
    のカッターチャンバーに設けられると共に周方向に密
    に並べて設けられ、かつ前方に突出して設けられ、障害
    物を切削するための薄刃状チップを有する補助カッター
    とを備えたことを特徴とするシールドマシン。
JP1993064045U 1993-11-30 1993-11-30 シールドマシン Expired - Fee Related JP2600932Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993064045U JP2600932Y2 (ja) 1993-11-30 1993-11-30 シールドマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993064045U JP2600932Y2 (ja) 1993-11-30 1993-11-30 シールドマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0734095U JPH0734095U (ja) 1995-06-23
JP2600932Y2 true JP2600932Y2 (ja) 1999-11-02

Family

ID=13246749

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993064045U Expired - Fee Related JP2600932Y2 (ja) 1993-11-30 1993-11-30 シールドマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2600932Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5409206B2 (ja) * 2009-08-31 2014-02-05 株式会社大林組 シールド機及びそのシールド機の掘進工法
JP5427518B2 (ja) * 2009-08-31 2014-02-26 株式会社大林組 矩形シールド機及びその矩形シールド機の掘進工法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0734095U (ja) 1995-06-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH086557B2 (ja) シールド型トンネル掘削機
JP2600932Y2 (ja) シールドマシン
JP3403820B2 (ja) 管埋設装置
JPH0561410B2 (ja)
JP3403384B2 (ja) 地中掘削機
JPH1077780A (ja) トンネル掘削機及び掘削方法
JP3954528B2 (ja) 掘進機
JP3527644B2 (ja) カッタヘッド
JP3832005B2 (ja) シールド掘進機
JP5409206B2 (ja) シールド機及びそのシールド機の掘進工法
JP3067124U (ja) 掘進機
JPH0439352Y2 (ja)
JPH0235918Y2 (ja)
JPH053593Y2 (ja)
JP4272316B2 (ja) 自由形状掘削シールド機
JP3002363B2 (ja) シールド掘進機の余掘装置
JPH0224998B2 (ja)
JPH1088974A (ja) コンクリート管破砕用カッタヘッド
JP4474039B2 (ja) 掘削方法
JP2600934Y2 (ja) シールドマシン
JPH0626620Y2 (ja) カッターヘッド
JP3161804B2 (ja) シールド掘進機
JP4079754B2 (ja) 部分硬質地盤用シールド掘進機の掘進方法
JP2576363Y2 (ja) シールド掘進機
JPH047242Y2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990727

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees