JP2578921Y2 - 管継手 - Google Patents

管継手

Info

Publication number
JP2578921Y2
JP2578921Y2 JP1993002802U JP280293U JP2578921Y2 JP 2578921 Y2 JP2578921 Y2 JP 2578921Y2 JP 1993002802 U JP1993002802 U JP 1993002802U JP 280293 U JP280293 U JP 280293U JP 2578921 Y2 JP2578921 Y2 JP 2578921Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pipe
joint
clip
branch pipe
hose
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1993002802U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0654991U (ja
Inventor
朋男 江口
一正 栗原
Original Assignee
株式会社ニフコ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ニフコ filed Critical 株式会社ニフコ
Priority to JP1993002802U priority Critical patent/JP2578921Y2/ja
Publication of JPH0654991U publication Critical patent/JPH0654991U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2578921Y2 publication Critical patent/JP2578921Y2/ja
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、両端に接続口を有する
主管と、該主管の軸線に対してある角度をもって接続し
た分岐管と、被取付け部材に固定するためのクリップ部
とを有する管継手に関するものである。
【0002】
【従来の技術】主流体管路から副流体管路を分岐させる
場合、例えば両端がホース口をなす継手の中間部に分岐
用のホース口を接続したT字形あるいはY字形のホース
ジョイントを用いることがある。また、このホースジョ
イントに於ては、被取付け部材に固定するためのクリッ
プ部を一体的に形成する場合がある。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】さて、クリップ部と分
岐管との向きの適正な関係が使用する部位によって異な
ることが往々にしてあるが、クリップ部と分岐管とを合
成樹脂材にて一体成形したホースジョイントの場合、所
要の向きの違いに応じて金型から製作する必要があるた
め、分岐管の方向の多様な種類に対応しようとするに
は、経済性の面から見て限度がある。
【0004】本考案は、このような従来技術の不都合を
解消するべく案出されたものであり、その主な目的は、
主管部に対する分岐管部の向きとクリップ部の位置との
間の多様な関係に容易に対応することができるように改
良された管継手を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】このような目的は、本考
案によれば、両端に接続口を有する主管と、該主管の軸
線に対してある角度をもって接続した分岐管と、被取付
け部材に固定するためのクリップ部とを有する管継手の
構成を、主管の一方の接続口およびクリップ部を有する
第1の部分と、主管の他方の接続口および分岐管を有す
る第2の部分とからなると共に、第1の部分と第2の部
分とを互いに結合させるべく一方が凹部を他方が凸部を
なす嵌合手段を有し、かつ分岐管の向きを複数の位置に
選択的に設定可能な抜け止め手段が嵌合手段の部分に設
けられるものとすることによって達成される。
【0006】
【作用】このようにすれば、主管部に対する分岐管部の
向きとクリップ部の位置との間の多様な関係を、2分割
構成とした2つの部分の互いの角度を変えて嵌め合わせ
ることによって簡単に実現することができる。
【0007】
【実施例】以下に本考案の構成を添付の図面に示された
具体的な実施例に基づいて詳細に説明する。
【0008】図1〜図8は、本考案に基づき構成された
管継手としてのホースジョイントを示している。このホ
ースジョイント1は、図3〜図5に示した第1の部分2
と、図6〜図8に示した第2の部分3との2つの部分か
らなり、各々が合成樹脂材の射出成形にて形成されてい
る。
【0009】第1の部分2は、主管部の一部を形成する
ホース接続口4がその一端に設けられ、かつこのホース
ジョイント1を基板13(図1参照)に固定するための
クリップ部5が、管路の軸線に直交する向きに突設され
ている。クリップ部5は、基板13に設けられた取付け
孔14の内縁に弾発係合する一対の爪6を有する公知形
式のものである。
【0010】第2の部分3は、主管部の別の一部を形成
するホース接続口7がその一端に設けられた直管状をな
し、その中間部から斜め方向に分岐管部8が形成されて
いる。
【0011】第1の部分2の他端には、ホース接続口4
よりも拡径された凹部9が形成されている。そして第2
の部分3の他端には、ホース接続口3の部分と概ね同径
をなし、第1の部分2の凹部9に比較的密接に嵌合する
凸部10が形成されている(ホース接続口3と凸部10
とは、実質的には直管状をなす第2の部分3の両端部を
なしている)。
【0012】第1の部分2の凹部9には,材料自体の弾
発力で径方向外向きに変形し得る係合片11が、直径線
上に一対形成されている。そして第2の部分3の凸部1
0には、その外周部に於ける線対称位置に4箇所の係合
爪12が突設されている。係合片11には、係合爪12
を受容し得る孔11aが設けられており、これら係合片
11の孔11aと係合爪12とが互いに係合し、第1の
部分2と第2の部分3とが、図2に示すように互いに一
体的に結合するようになっている。しかも係合片11に
対する係合爪12の係合位置を変えることで図1に示す
ように、分岐管8の向きを4つの態様に変化させること
ができるようになっている。
【0013】なお、上記実施例に於ては、分岐管8の向
きを4方向に選択的に設定し得るものとしたが、凸部1
0の外周面上に於ける係合爪12の位置並びに数の設定
により、分岐管の角度を所望の向きに設定することがで
きる。
【0014】
【考案の効果】このように本考案によれば、基板に対し
て結合するクリップ部を有する部分と、分岐管部を有す
る部分とを分割して形成し、これら両者の相互取付け角
度を変えることで主管部に対する分岐管部の向きとクリ
ップ部の位置との間の多様な関係に対応することができ
るので、製造コストの削減に多大な効果を奏することが
できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案に基づく管継手の接続部分の垂直断面
図。
【図2】本考案に基づく管継手の接続状態を示す水平断
面図。
【図3】本考案に基づく管継手の第1の部分の外観上面
図。
【図4】本考案に基づく管継手の第1の部分の外観正面
図。
【図5】本考案に基づく管継手の第1の部分の外観右側
面図。
【図6】本考案に基づく管継手の第2の部分の外観上面
図。
【図7】本考案に基づく管継手の第2の部分の外観正面
図。
【図8】本考案に基づく管継手の第2の部分の外観側面
図であり、(a)は左側面を、(b)は右側面を示す。
【符号の説明】
1 ホースジョイント 2 第1の部分 3 第2の部分 4 ホース接続口 5 クリップ部 6 爪 7 ホース接続口 8 分岐管部 9 凹部 10 凸部 11 係合片 12 係合爪 13 基板 14 取付け孔

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 両端に接続口を有する主管と、該主管の
    軸線に対してある角度をもって接続した分岐管と、被取
    付け部材に固定するためのクリップ部とを有する管継手
    であって、 前記主管の一方の接続口および前記クリップ部を有する
    第1の部分と、前記主管の他方の接続口および前記分岐
    管を有する第2の部分とからなると共に、 前記第1の部分と前記第2の部分とを互いに結合させる
    べく一方が凹部を他方が凸部をなす嵌合手段を有し、 かつ前記分岐管の向きを複数の位置に選択的に設定可能
    な抜け止め手段が前記嵌合手段の部分に設けられること
    を特徴とする管継手。
JP1993002802U 1993-01-08 1993-01-08 管継手 Expired - Lifetime JP2578921Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993002802U JP2578921Y2 (ja) 1993-01-08 1993-01-08 管継手

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993002802U JP2578921Y2 (ja) 1993-01-08 1993-01-08 管継手

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0654991U JPH0654991U (ja) 1994-07-26
JP2578921Y2 true JP2578921Y2 (ja) 1998-08-20

Family

ID=11539514

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993002802U Expired - Lifetime JP2578921Y2 (ja) 1993-01-08 1993-01-08 管継手

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2578921Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015117769A (ja) * 2013-12-18 2015-06-25 旭有機材工業株式会社 流体輸送用ヘッダー管継手

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0654991U (ja) 1994-07-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6497836B2 (en) Method for molding hose joint assembly
US6354636B2 (en) Tube connecting structure
US6154927A (en) Hinge
JP2569487Y2 (ja) 車輌用ワイパのコネクタ部材
US20190234535A1 (en) Ball And Socket Fastener For Attaching Components
CA2541226A1 (en) Connection system with coaxial end sections of two fluid lines that are to be joined
KR100543135B1 (ko) 호스클램핑구조
JP2006144948A (ja) パイプの接続構造
JP2578921Y2 (ja) 管継手
JP3429078B2 (ja) ホースクランプ部材
JP2003254182A (ja) レゾネータ付きエアーダクト
JP3052608U (ja) パイプ用継ぎ手
JPH0571014U (ja) 装飾枠とケース本体との嵌合構造
JP2002181256A (ja) 流体管
CN207246610U (zh) 快速连接装置的保持锁簧及快速连接装置
JP2007051678A (ja) 管継手
JP3198870B2 (ja) レゾネータ及び分岐管の接続構造
JPH0626781A (ja) 自動車の熱交換器用流体管結合装置
JP3633677B2 (ja) 自在管継手
JPH0645756Y2 (ja) ホース接続構造
JPH0624636Y2 (ja) ホース接続構造
JPH0743469Y2 (ja) リテーナ
KR101748200B1 (ko) 파이프 결합용 플랜지
JPH0665960A (ja) 合成樹脂製小型マンホール口装置
JPH10213265A (ja) 管 枕

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080529

Year of fee payment: 10