JP2578725Y2 - 原稿送り装置 - Google Patents

原稿送り装置

Info

Publication number
JP2578725Y2
JP2578725Y2 JP1991059994U JP5999491U JP2578725Y2 JP 2578725 Y2 JP2578725 Y2 JP 2578725Y2 JP 1991059994 U JP1991059994 U JP 1991059994U JP 5999491 U JP5999491 U JP 5999491U JP 2578725 Y2 JP2578725 Y2 JP 2578725Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
platen
belt
transport
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1991059994U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH053236U (ja
Inventor
健次 馬場
Original Assignee
ニスカ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ニスカ株式会社 filed Critical ニスカ株式会社
Priority to JP1991059994U priority Critical patent/JP2578725Y2/ja
Publication of JPH053236U publication Critical patent/JPH053236U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2578725Y2 publication Critical patent/JP2578725Y2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この考案は、複写機などの画像形
成装置に用いる原稿送り装置に関する。
【従来の技術】従来、画像形成装置のプラテンの全面を
覆う搬送ベルトを設け、該搬送ベルトの駆動によって原
稿をプラテン上に搬送セットする装置が公知である。し
かし、この公知装置では、最大長さの原稿に対応させて
搬送ベルトの長さを設定している。一方、実際の使用頻
度の高い原稿(例えばA4、B5)は前記最大長さの原
稿より短いことが多い。しかるに、上記公知装置では、
使用頻度の高い短い原稿を長い搬送ベルトの一端から他
端まで搬送する必要がある。したがって、原稿搬送セッ
トの時間がかかるなどの問題が生じていた。
【0002】この問題を解消し、使用頻度の高い短い原
稿の搬送セット時間の短縮を図った自動原稿送り装置
が、特開平2−13532号公報に開示されている。こ
の装置は、画像形成装置の一端側に突設され原稿を積載
する原稿トレイと、プラテンの領域外に設けられ該原稿
トレイ上の原稿を1枚ずつ分離して送り出す分離給送部
と、プラテンの一方の略半分に設けられ前記原稿トレイ
から送られた原稿をプラテン上に搬送セットする短い搬
送ベルト(ハーフADF)と、該搬送ベルトに隣接して
プラテンを覆うハーフプラテンカバーと、前記搬送ベル
トの上方に設けられ前記搬送ベルトにおける原稿導入側
と同一側から排出された原稿を収容する排出原稿収容部
とを備えている。また、プラテンに開閉自在に装置枠体
が開閉部材として連結支持され、該開閉部材に前記原稿
トレイ、分離給送部、搬送ベルト、ハーフプラテンカバ
ーおよび排出原稿収容部が設けられている。
【0003】この装置では、搬送ベルトより短い原稿の
場合には、搬送ベルトの一端から原稿を搬入して搬送セ
ットし、搬送ベルトの一端から搬出する。一方、搬送ベ
ルトより長い原稿の場合には、搬送ベルトおよびプラテ
ンカバーを持ち上げてプラテン上に原稿をセットする。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】しかし、上記公報記載
の装置では、原稿を1枚ずつ分離して送り出す分離給送
部がプラテンの領域外に並置される形で横に突出して設
けられているので、装置が大型化する問題があった。
【0005】この考案の目的は、プラテンを有する装置
に対して開閉自在に取り付けられた開閉部材に原稿の搬
送手段とプラテンカバーとを並設した装置において、分
離手段のメンテナンスを容易にした原稿送り装置を提供
することにある。
【0006】上記目的を達成するためにこの考案は、プ
ラテンを有する装置に対して開閉自在に取り付けられた
開閉部材を備え、この開閉部材に前記プラテン上に原稿
を搬送する搬送手段とプラテン上の原稿を覆うプラテン
カバーを並設して設けた原稿送り装置において、原稿を
積載する原稿トレイとこの原稿トレイ上の原稿を1枚に
分離して送り出す分離手段とを前記プラテンカバー上方
に配置し、前記分離手段をプラテン側から操作可能なよ
うに前記プラテンカバーを前記開閉部材に対して着脱自
在に取り付けた。
【0007】
【実施例】本考案は複写機、各種プリンタ、ファクシミ
リなどに適用できるが、一例として複写機に適用する原
稿送り装置について、添付の図面に従って説明する。
【0008】図1に示す複写機Mの上方には原稿送り装
置Fが載置・装着されている。原稿送り装置Fの外観形
状は略正方形をしており、複写機Mの正面から見て左右
両側に原稿送り装置Fが大きく突出しないようになって
いる。
【0009】複写機Mの上方部にはプラテンPが設けら
れており、このプラテンPを覆うように載置されている
原稿送り装置Fは、プラテンPの略半分に相当する一定
の領域を覆う搬送部10と、同じくプラテンPの残りの
領域を覆うプラテンカバー部20と、このプラテンカバ
ー部20の上方に設けられ、原稿トレイ部30にセット
された原稿をプラテンPに向けて分離給送する分離給送
部40と、搬送部10によって搬送される露光済み原稿
を受取ってプラテンPから排出する排紙部50と、この
排紙部50によって排出される原稿を収納する収納部6
0(図3)と、原稿送り装置Fを複写機MのプラテンP
の上方に対して開閉可能に支持するヒンジ部70、およ
び駆動・制御部80とを備えている。原稿送り装置Fの
枠体は、ヒンジ部70を介してプラテンPに対して開閉
自在の開閉部材となっている。
【0010】図20は、図1における原稿送り装置Fを
プラテンPの上方に解放した状態を示し、透明プラテン
Pの上面に読取有効範囲(読取部T:長さX−Z間)が
定められており、読取部の一端を読取規準点Xとして決
めている。複写に際して、この規準点Xに原稿Dの一端
を合わせて配置することで、原稿に対応するコピーが得
られる。
【0011】読取部Tは、複写可能な最大サイズであ
り、図中、一点鎖線でしめしている。例えば、A3サイ
ズ(297mm×420mm)を複写可能な最大サイズ
とし、ここではA3サイズを大サイズとし、A4サイズ
(210mm×297mm)を小サイズと想定してい
る。従って読取部Tの全長(X−Z間)が大サイズ原稿
用であり、その半分(X−Y間)が小サイズ原稿用とな
る。図20では前記規準点に合わせて小サイズの原稿D
を読取部Tに位置付けている。
【0012】図2には、原稿送り装置Fに設けられた二
つの駆動モータM1,M2と、原稿送り装置Fの動作を
制御するために必要な情報を収集するセンサS1〜S
5、および制御基板89が示されている。
【0013】駆動モータM1は、分離給送部40に図
4、図5の如く駆動連結されていると共に、主にセンサ
S1、S5からの出力信号に基づいて駆動制御される。
【0014】駆動モータM2は、搬送部10に図4、図
6の如く駆動連結されていると共に、主にセンサS2,
S3,S4からの出力信号に基づいて駆動制御される。
【0015】センサS1は、原稿トレイ部30にセット
される原稿の有無を検出するためのエンプティセンサで
ある。
【0016】センサS2は、分離給送部40で一枚に分
離された原稿をプラテンPに搬送する搬送路の途上に設
けられて、搬送路を通過する原稿の先端乃至後端を検出
するレジストセンサである。
【0017】センサS3は、排紙部50を搬送される原
稿の先端乃至後端を検出するスイッチバックセンサであ
る。
【0018】センサS4は、駆動モータM2の出力軸8
6に設けられたインタラプタ871(後述)の回転量を
検出するフォトセンサである。
【0019】センサS5は、ヒンジ部70に設けられて
おり、原稿送り装置Fが複写機Mに対して、プラテンP
上方を開放した開状態にあるのか、あるいは図1に示す
ようにプラテンPの上方を閉塞した閉状態にあるのかを
検出する。
【0020】さらに、収納部60には原稿搬送方向に対
して略平行な方向に延設された突起部材62が設けられ
ている。この突起部材62は、収納部60に収納される
原稿に腰をつけるためのもので、収納される原稿が収納
部60より長い場合にその先端が収納部60からはみ出
し、このはみ出した原稿の先端が原稿トレイ部30の上
に垂れ下がるのを防止するためのものである。
【0021】次に、図3〜図11を参照して原稿送り装
置Fの詳細な説明を行う。
【0022】図3,図4に示されるように原稿送り装置
Fは、原稿搬送方向の上流(図3において右側)から下
流(同左側)に向かって、処理すべき像を下側にして原
稿を積載する支持手段としての原稿トレイ部30と、こ
のトレイ上の原稿を一枚に分離して搬送する分離手段と
しての分離給送部40と、この分離給送部40によって
搬送される原稿を受け取って、さらに下流に搬送する搬
送手段としての原稿搬送部10が設けられている。この
原稿搬送部10はプラテンPの略半分に相当する一定の
領域を覆うように配置される。
【0023】また、前記分離給送部40のプラテンP側
下方には、プラテンカバー部20が設けられている。こ
のプラテンカバー部20はプラテンPの残りの領域を覆
うように配置される。更に、前記原稿搬送部10の下流
端側、正確には下流端側上方には、この原稿搬送部10
から受け取った原稿を表裏反転させながら搬送する排紙
部50が設けられている。前記分離給送部40と原稿搬
送部10の上方には、排紙部50によって搬送された原
稿を収納する収納部60が設けられている。
【0024】原稿送り装置Fにおいて、原稿トレイ部3
0は、載置トレイ31と、載置トレイ31上にセットさ
れた原稿の側端部を規制する一対の側端ガイド32L,
32Rと、補助トレイ33よりなる。
【0025】側端ガイド32L,32Rは、案内ガイド
321に沿って原稿の幅方向(図4において上下方向)
に移動する。また側端ガイド32L,32Rにはラック
・ピニオン機構(図示せず)が連結されており、載置ト
レイ31上にセットされた原稿の中央部を図4に示す基
準線Kに位置させる。
【0026】補助トレイ33は、回転軸331によって
回動可能な状態で載置トレイ31に取り付けられてお
り、載置トレイ31に載置する大サイズの原稿後端側を
安定支持する。
【0027】分離給送部40には、一枚に分離した原稿
を処理すべき像を下側にしてプラテンPの所定位置(こ
の例では読取部Tの中央Y点)からプラテンP上に案内
する第1の案内手段として原稿搬送路R1が形成されて
おり、この原稿搬送路R1はガイド板410,411に
よって区画されている。そして原稿搬送路R1に沿っ
て、前記載置トレイ31上にセットされた原稿を一枚ず
つ分離して送り出す分離給送部40の構成要素が配置さ
れている。すなわち、搬送路R1の入口側にピックアッ
プローラ42が載置トレイ31に対して進退可能に設け
られ、また各ガイド板410,411から給紙ローラ4
3と分離ベルト44が搬送路R1に進入して互いに非接
触の状態で、且つ、互いがオーバーラップするように配
置されている。また、搬送路R1の出口側にレジストロ
ーラ451とピンチローラ452が対向して設けられて
いる。
【0028】搬送路R1の出口部分が前記プラテンPの
上面に定められた読取部Tの略々中央(Y点)に位置す
る。
【0029】搬送路R1の入口部分には、ガイド板41
1に対して進退可能に設けられた原稿ストッパー46
と、エンプティセンサS1(図2参照)と協動して載置
トレイ31上の原稿の有無を検出するレバー47が設け
られており、また、搬送路R1の給紙ローラ43とレジ
ストローラ451との間にはレジストセンサS2が設け
られている。搬送路R1に沿って設けられた原稿ストッ
パー46、ピックアップローラ42、給紙ローラ43,
分離ベルト44は、図5,図10に示すように、モータ
M1からの動力をベルト駆動伝達手段810,811、
複数のギアGを介して所定方向に回動・回転するように
構成されている。
【0030】ここで原稿を載置トレイ31から一枚引き
出して搬送路R1に送り込む場合を想定すると、モータ
M1の回転(正転)をギアG2,G3,G4を介して軸
831に伝達し、軸831の回転で駆動伝達部材832
を駆動して原稿ストッパー46の軸833を所定方向に
回転させる。
【0031】この時、原稿ストッパー46は図3の鎖線
で示される位置に移動即ち退避するので、載置トレイ3
1上の原稿が分離給送可能な状態となる。原稿ストッパ
ー46が回動(下降)して図示しないストッパーに突当
るとバネクラッチ834によって原稿ストッパー46の
軸833を一定以上の駆動力で駆動しないようにしてい
る。
【0032】また、ピックアップローラ42が、揺動ア
ーム部材821によって給紙ローラ43を保持する軸8
2に揺動可能に軸支されているので、軸831に固定さ
れると共に揺動アーム部材821に接触するレバー83
6の回転によって揺動アーム部材821が原稿に向かっ
て下方に回動して原稿の表面に接触する。ピックアップ
ローラ42が原稿に接触すると、バネクラッチ834に
よってピックアップローラ42の原稿に対する接触圧が
一定に維持される。
【0033】さらに、モータM1の正転はギアG1,G
5,G6,G7を介して軸82,84に伝達され、給紙
ローラ43と分離ベルト44とを互いに異なる方向に回
転させる。
【0034】なお、ギアG7には一方向クラッチ822
が組み込まれており、ギアG7の回転が停止しても、原
稿が強制的に前方に搬送されると、給紙ローラ43は原
稿の前進に従動して回転するようになっている。
【0035】また、ギアG6にも一方向クラッチ823
が組み込まれておりギアG5の回転が停止しても、原稿
が強制的に前方に搬送されると、分離ベルト44は原稿
の前進に従動して回転するようになっている。
【0036】ギアG1に一方向クラッチ824が内蔵さ
れており、モータM1が逆転する時は、ギアG1が空転
し、ローラ42,43と分離ベルト44へ駆動を伝達し
ないが、原稿ストッパー46とレバー836とには駆動
が伝達され、モータM1が正転した際とは、逆の方向に
回転駆動される。
【0037】また、軸838にはバネクラッチ837が
設けられており、モータM1が逆転した際に原稿ストッ
パー46とレバー836とが所定以上の力で上方に駆動
されないようになっている。
【0038】上記した分離給紙部40の構成によって、
モータM1が正転した時はピックアップローラ42と給
紙ローラ43のみが順方向(原稿搬送方向)に回転し、
分離ベルト44が逆送方向に回転する。これによって載
置トレイ31に置かれた原稿を一枚ずつ搬送路R1の入
口から出口へと搬送する。
【0039】またモータM1が逆転した時はレバー83
6の回転によってピックアップローラ42を原稿の表面
から離間させる。
【0040】原稿搬送部10は、エンドレスの帯状搬送
ベルト13と、搬送ベルト13を正逆転可能に駆動する
一対のプーリ11,12と、搬送ベルト13をプラテン
Pへ押し付ける複数のプレスローラ14(図3、図4)
とからなる。また、原稿搬送部10は、プラテンPの上
面の複写最大原稿サイズ(読取部T)の読取基準点X側
の略々半分(X−Y間)を十分に覆う大きさを有してい
る。
【0041】搬送路R1の出口には、搬送ベルト13が
設けられている。搬送ベルト13は、プラテンPとの間
に原稿路R2を形成し、原稿路R2の入口が読取部Tの
中央(Y点)に略々位置し、出口が読取部Tの前端に定
めた読取基準点Xに略々位置する。
【0042】この原稿搬送部10によって、搬送路R1
の出口から排出された原稿を読取部Tの基準点Xに搬送
したり、あるいは、基準点Xより前方に搬送して排紙し
たり、更には、逆方向に搬送することができる。
【0043】図3,図7に示されるように原稿搬送部1
0の出口(基準点X)の後方には、この原稿搬送部10
に連なって排紙部50が設けられている。排紙部50
は、エンドレスの帯状排紙ベルト51と、排紙ベルト5
1を正逆転可能に駆動する一対のプーリ52,53と、
プーリ53に搬送ベルト13の駆動を伝達する転接ロー
ラ54と、原稿路R2の出口から排出された原稿を収納
部60に案内するガイド部材55,56を有し、ガイド
部材55,56の間に前記搬送ベルト13から送り出さ
れた原稿を反転させながら案内する第2の案内手段とし
て排出路R3を形成している。
【0044】排紙ベルト51の対向部を逃れた位置に
は、一端をガイド部材55に固定され、他端部側で原稿
を排紙ベルト51に押し当てる板バネ部材57が設けら
れている。
【0045】転接ローラ54は、従動側プーリ12に対
向する位置で搬送ベルト13の表面に直接、バネ部材
(図示せず)によって付勢されていると共に、第4,図
7に示すように搬送ベルト13の略々中央部で接触して
いる。
【0046】また排紙ベルト51と、一対のプーリ5
2,53と、転接ローラ54とは左右一対の側板58で
一体的に支持され、原稿送り装置Fの外カバーにユニッ
トとして固定できるので、組み込みが容易となる。
【0047】この実施例では、搬送ベルト13とプラテ
ンPとの間の原稿路R2から排出された原稿を排紙路R
3に導入して収納部60に搬送する。
【0048】収納部60は、第2の支持手段としての収
納トレイ61と、原稿搬送方向に対して略平行な方向に
延設された突起部材62(図2)とからなっている。収
納トレイ61が載置トレイ31の上方に配置されている
ため、図15(D)に示すように分離・給送される原稿
Dと、複写済み原稿D1とがオーバーラップした状態で
複写機Fのプラテン上方に載置・収納される。つまり、
小型軽量で、且つ、搬送処理する原稿のサイズを特に制
約されることのなく、また処理済み原稿の取扱いが容易
な原稿送り装置を構成することができる。
【0049】図3,図8,図9を参照して説明すると、
プラテンカバー部20は、分離給送部40のプラテンP
側下方に設けられ、プラテンPに平行に対設したプラテ
ンカバー21と、このプラテンカバー21を、プラテン
Pに対して所定の間隔をもって、且つ原稿送り装置Fに
対して着脱自在に支持する支持部材22,23と、プラ
テンカバー21をプラテンPに近接・離間させる昇降手
段24とを備えている。
【0050】プラテンカバー21は、開閉部材(原稿送
り装置Fの枠体)側に対して相対的に横にスライドさせ
ることにより、開閉部材から離脱させ分離給紙部を開放
することができる。かかる構成を達成するため、プラテ
ンカバー21には、指示部材22に対してプラテンカバ
ー21を係合・固定する係合固定部211と、支持部材
23と係合してプラテンカバー21をプラテンPに対し
て略々平行な方向にスライドさせるスライド部212
と、支持部材22,23とプラテンカバー21との係合
・固定を解除するためにオペレータが把持可能で、且
つ、支持部材23よりプラテンカバー21のスライド方
向下流に設けられ、比較的重量を大きく形成されたコの
字状のウエイト部213とが設けられている。
【0051】支持部材23は、原稿送り装置Fの枠体に
固定されている。支持部材22は、連結部材241によ
って、駆動軸242に連結されている。
【0052】図9は、プラテンカバー21を支持部材2
2,23から取り外した状態を示している。図は、原稿
送り装置Fが複写機MのプラテンPを閉塞している(覆
っている)状態で示されているが、通常、プラテンカバ
ー21の取り外しは、原稿送り装置FがプラテンPの上
方に解放された状態で行なわれ、分離給送部40に設け
られる分離ベルト44その他の機構のメインテナンス等
が容易に実施可能となっている。
【0053】また、プラテンカバー部20は、プラテン
Pの上面の前記原稿搬送部10が覆う以外の領域、つま
り、読取部Tの読み取り基準点Xと反対側の略々半分
(Y−Z間)を覆う大きさを有している。
【0054】図6,図7,図11を参照して原稿搬送部
10、プラテンカバー部20の駆動系及び分離給送部4
0の一部の駆動系を説明する。
【0055】モータM2の出力軸86に、円盤にスリッ
トを等間隔に形成してなるインタラプタ871が設けら
れており、回転するインタラプタ871のスリットを通
過する光に応答してパルスを発生させるフォトセンサS
2よりなるパルス発生手段87を設けている。
【0056】原稿路R2を形成する搬送ベルト13は、
モータM2からの動力をベルト駆動伝達手段850,8
51、軸852、ギアG8,G9,G10を介して駆動
側プーリ11を回転することで、順方向(原稿搬送方
向)及び逆送方向に駆動されるように構成されている。
【0057】また、搬送ベルト13の従動側プーリ12
の上方に設けられた転接ローラ54は、搬送ベルト13
の表面から直接駆動を伝達され、排紙ベルト51は搬送
ベルト13と同一の周速度で、同一の原稿搬送方向に駆
動される。
【0058】軸852には、レジストローラ451が固
定されており、搬送ベルト13と同一の周速度で、同一
の原稿搬送方向に駆動される。
【0059】つまり、レジストローラ451、搬送ベル
ト13の駆動側プーリ11、排紙ベルト51は一つの駆
動源(モータM2)で協動回転し、レジストローラ45
1で搬送路R1を送られる原稿と同じ速度で原稿路R2
と排紙路R3を搬送できるように略等しい周面速度を維
持して回転する。すなわち、通路R1,R2,R3を搬
送される原稿は順逆方向に拘わらず、一定の速度で移動
するようになっている。上記した回転駆動系はパルス発
生手段87のクロック信号に基づいて制御が可能であ
る。一方、軸852の駆動は、ギアG11,G12,G
13を介して昇降手段24の駆動軸242に伝達され
る。駆動軸242は、搬送ベルト13を駆動するプーリ
11と同一の方向に回転するようにギア連結され、プラ
テンカバー21を搬送ベルト13の順逆の搬送方向と同
一の方向にスライドさせる。搬送ベルト13が順方向
(原稿搬送方向)に駆動されると、駆動軸242の順回
転によってプラテンカバー21を図8実線位置、つま
り、プラテンPに近接した位置に保持する。軸852に
組み込まれたトルクリミッター853によって、プラテ
ンカバー21は第8図実線位置に一定の力で保持され
る。
【0060】搬送ベルト13が逆送方向に駆動される
と、駆動軸242の逆回転によってプラテンカバー21
を図8鎖線位置、つまり、プラテンPから離間した位置
に保持する。軸242に組み込まれたトルクリミッター
854によって、プラテンカバー21は図8鎖線位置に
一定の力で保持される。
【0061】図1,図4,図19,図20に示すヒンジ
部70は、原稿送り装置Fを複写機Mの上面に開閉可能
に支持するバネ付ヒンジ71と、バネ無ヒンジ72とか
ら構成されている。
【0062】バネ付ヒンジ71は、複写機M側に固定さ
れる本体固定部711と、送り装置F側に固定される付
属固定部712と、両部711,712を連結するピン
713と、両部711,712をピン713を中心に開
き方向に付勢するバネ手段714とから構成されてい
る。
【0063】また、バネ付きヒンジ71は、原稿送り装
置Fの原稿送り方向(図4左右方向)に関して装置Fの
中央部からやや搬送方向上流(同図右側)の位置に設け
られている。このヒンジ位置は、モータM1,M2の位
置及び各モータM1,M2に連結される回転駆動系等の
位置から、装置Fの搬送方向上流側にシフトした重心位
置に略々対応させている。
【0064】バネ無ヒンジ72は、複写機M側に固定さ
れる支持部材721と、原稿送り装置Fに設けられる凹
支持部722と、両部材721,722を連結するピン
723からなる。ヒンジ72は、原稿送り装置Fの原稿
搬送方向下流(図4左側)の位置に設けられ、複写機M
に固定された支持部材721と原稿送り装置Fの枠体カ
バーの凹支持部722とがピン723で回動可能に連結
されている。
【0065】上記構成の原稿送り装置Fの作用について
以下に説明する。
【0066】図12,図13(A)〜(C)は、A4乃
至レターサイズの横のように比較的小サイズの原稿を扱
う場合を示している。
【0067】複写に先立って原稿Dを載置トレイ31に
セットした状態が図12(A)であり、複写命令を複写
機Mに与えると、エンプティセンサS1で原稿Dの存在
を確認したうえで、原稿ストッパー46がガイド板41
1の下方に退避し、またピックアップローラ42が回転
しながら下降して載置トレイ31原稿Dに接触する。こ
れによって原稿Dが前方に送り出され、給紙ローラ43
と分離ベルト44との間に入り込み、搬送方向に回転す
る給紙ローラ43によって原稿Dは前進する。この時、
載置トレイ31に図12(B)のように複数の原稿Dが
載置されていて、ピックアップローラ42によって複数
の原稿が同時に送り出された場合、逆送方向に回転する
分離ベルト44によって分離ベルト44に接触する下側
の原稿が前進を妨げられる。したがって原稿一枚のみ給
紙ローラ43によって前方に通過を許される。
【0068】こうして、送り出された原稿Dは、レジス
トセンサS2によって先端検知された後、停止状態のレ
ジストローラ451,ピンチローラ452に当接する。
原稿Dの先端検知から所定時間経過後にローラ42,4
3、ベルト44を停止させることで、原稿Dは、いくら
か撓み、先端を一様にレジストローラ451,ピンチロ
ーラ452の接線部分に押し付けられる。結果として原
稿Dが当接した後に回転を始めるレジストローラ45
1,ピンチローラ452に先端が平行な状態で引き込ま
れ、前方に送り出される。(スキュー修正作用)上記の
ようにして搬送路R1を搬送される原稿DはプラテンP
の読取部Tの略々中央(Y点)の原稿路R2の入口に導
かれる。こうして搬送ベルト13とプラテンPとの間で
形成される原稿路R2の入口に入り込んだ原稿Dは、レ
ジストローラ451に同期して駆動される搬送ベルト1
3によって原稿路R2を前方に送られる。
【0069】この時、モータM2が起動されてから搬送
原稿の後端がレジストセンサS2を通過するまでのパル
ス発生手段87によるパルス信号をカウントすることに
よって原稿Dの搬送方向の長さが判断できる。すなわ
ち、少なくとも原稿Dの搬送に携わるレジストローラ4
51及び搬送ベルト13がパルス発生手段87のパルス
に同調して等しい搬送速度を維持するので、モータM2
の起動から読取基準点Xに到達するまでのパルス数を予
め認識することができ、原稿Dの先端が点Yから点Xに
至る途上にある段階でレジストセンサS2が原稿Dの後
端を検出すると、搬送原稿が少なくとも点X−Y間の長
さ以下であることが分かる。つまり、この場合は原稿が
小サイズであると判断する。(図16参照)図17にも
示されるように原稿が小サイズである場合は、モータM
2の回転を開始してからパルス発生手段87が所定パル
ス(Aパルス)をカウントした後に、搬送ベルト13を
停止させる。これによって、原稿Dは、図12(C)に
示すように、原稿先端を基準点Xに正確に合わせた読取
位置に停止させることができる。
【0070】次に、エンプティセンサS1が原稿を検出
しているか否かを判断して、原稿Dの存在を検出しない
場合には、複写機Mを稼働させて複写を実行する。 複
写が完了すると、搬送ベルト13、排紙ベルト51を作
動させて原稿Dを排紙路R3に導いて収納トレイ61に
排出する。
【0071】エンプティセンサS1が原稿を検出してい
る場合には、モータM1を起動して載置トレイ31から
次原稿Dをレジストローラ451に向けて送り出すとと
もに、複写機Mを稼働させて複写を実行する。(図13
(A)参照)複写が完了すると、モータM2を起動から
パルス発生手段87が所定パルス(Aパルス)をカウン
トした後に搬送ベルト13を停止する。この時、最初
(一枚目)の原稿は後端が排紙部50に拘束された状態
で収納トレイ61にその先端側を排出している。(図1
3(B)参照)エンプティセンサS1で載置トレイ31
に複写すべき原稿Dが検出されると、上記した動作が適
宜繰り返され、図13(C)に示すように、収納トレイ
61に順次複写済み原稿Dが集積されていく。
【0072】図14,図15(A)〜(D)は比較的小
サイズの領域を規定したプラテンP上のX−Y間より長
い大サイズの原稿を扱う場合を示している。
【0073】前記した原稿の搬送開始(図12(A))
に引き続いて、原稿Dを搬送手段13とプラテンPとの
間の原稿路R2を前進させる。
【0074】図16,図17に示される通り原稿路R2
を前進する原稿Dが読取基準点Xを通過しても原稿後端
がレジストセンサS2を通過しない場合は、原稿Dを大
サイズと判断する。この場合、原稿後端がレジストセン
サS2を通過してからパルス発生手段87が所定パルス
(Bパルス)をカウントするまで原稿Dの搬送を継続す
る。
【0075】原稿後端が原稿路R2の入口(Y点)に達
すると、図14(C)に示すように原稿Dの先端は排紙
部50を通過して収納トレイ61上面まで搬送されてい
る。次に、搬送ベルト13を逆回転させ原稿Dをプラテ
ンPの上面に沿って逆送させる。これにより、原稿Dが
読取部Tの点Y−Z間のプラテンPとプラテンカバー2
1との間に進入する。
【0076】原稿先端が読取部Tの基準点Xを所定量通
過するまで搬送ベルト13によって原稿Dは逆送され
る。原稿Dの逆送は、スイッチバックセンサS3の原稿
の後端(順送り時の先端;図において左側)検出信号に
基づいて制御される。つまり、逆送される原稿後端がス
イッチバックセンサS3を通過してから、パルス発生手
段87が所定パルス(Cパルス)をカウントするまで搬
送ベルト13を逆送し、原稿後端が読取部Tの点Wに位
置したところで、搬送ベルト13を停止させる。(図1
4(D)参照)原稿後端(順送り時の後端;図において
右側)がレジストセンサS2を通過してからパルス発生
手段87が所定パルス(Bパルス)をカウントするま
で、搬送ベルト13が原稿Dを搬送した際に、必ず原稿
先端がスイッチバックセンサS3で検出されるように、
使用される原稿サイズを考慮して、プラテンPの順送り
方向下流側近傍に、スイッチバックセンサS3が配置さ
れている。
【0077】なお、搬送ベルト13で原稿が逆送される
際に、前述したプラテンカバー21の駆動系が同時に駆
動されて、プラテンカバー21がプラテンPから離間す
る方向に移動する。これによって、原稿Dが読取部Tの
点Y−Z間のプラテンPとプラテンカバー21との間に
進入しやすくなっている。
【0078】その後、搬送ベルト13で原稿Dを順方向
に再度搬送して、順送りされる原稿Dの先端が読取部T
の基準点Xに位置したところで、搬送ベルト13を停止
させる。すなわち、基準点Xから逆送でオーバーランし
た所定パルス(Dパルス)をパルス発生手段87でカウ
ントした後に、搬送ベルト13の順送り方向への搬送を
停止する。(図15(A)参照)上記通り搬送ベルト1
3の順回転で原稿DをDパルス搬送する際に、プラテン
カバー21がプラテンPに近接する方向に移動する。こ
れによって、読取部Tの点Y−Z間のプラテンPとプラ
テンカバー21との間に進入した原稿DをプラテンP側
に押さえ込む。そこで複写を実行する。
【0079】複写完了後は、エンプティセンサS1によ
って載置トレイ31に原稿が検出されない場合は、搬送
ベルト13、排紙ベルト51を順送り方向に駆動して原
稿Dを排紙路R3を介して収納トレイ61に送り出す。
【0080】エンプティセンサS1によって後続の複写
原稿Dが検出されたときは、図15(B)に示すよう
に、モータM2を複写される原稿サイズに応じて所定パ
ルス(Eパルス)駆動して、搬送ベルト13の順送りに
よって原稿後端(順送り時の後端)を読取部Tの略々中
央部(点Y)まで搬送する。
【0081】次いで、上述した原稿の分離給送動作によ
って次原稿がレジストローラ451の位置まで搬送す
る。(図15(C))ここで、モータM2を起動してレ
ジストローラ451、搬送ベルト13、排紙ベルト51
を同時に回転駆動する。それによって、複写済みの原稿
D1が収納トレイ61に送り出されると共に、後続の原
稿D2が読取部Tの点Yに向けて搬送路R1を前進し,
前述したように、原稿後端が読取部Tの点Yに位置する
まで搬送ベルト13により原稿Dは順送りされる。(図
15(D))以上の構成の原稿送り装置Fによれば、プ
ラテンP上の読取部Tのおよそ半分(X−Y間サイズ)
以下の比較的小サイズの小型原稿搬送システムで大サイ
ズの原稿(X−Z間サイズ)をも搬送処理を効果的に行
うことができ、システムの合理化と、装置のローコスト
化、小型軽量化を達成できる。
【0082】上記実施例では、小サイズのおよそ2倍を
大サイズとして設定したが、言うまでもなく大サイズ
(X−Z間)を小サイズ(X−Y間)の2倍より大きく
しても、あるいは小さくしても実質的に可能である。
【0083】
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案による原稿送り装置を複写機に適用し
た実施例を示す斜視図。
【図2】同上原稿送り装置の一部内部構造を示した実施
例を示す斜視図。
【図3】同上原稿送り装置の側面断面図。
【図4】同上原稿送り装置の平面図。
【図5】分離給送部の一部の駆動系を示す平面図。
【図6】分離給送部、原稿搬送部、プラテンカバー部の
一部又は全部の駆動系を示す平面図。
【図7】排紙部の主要構成を説明する斜視図。
【図8】プラテンカバー部の概略を説明する側面図。
【図9】プラテンカバーの着脱の概略を説明する側面
図。
【図10】分離給送部の一部の駆動系を示す側面図。
【図11】分離給送部、原稿搬送部、プラテンカバー部
の一部又は全部の駆動系を示す側面図。
【図12】小サイズ原稿の送り状態を示す説明図。
【図13】小サイズ原稿の送り状態を示す説明図。
【図14】大サイズ原稿の送り状態を示す説明図。
【図15】大サイズ原稿の送り状態を示す説明図。
【図16】原稿送り装置の分離・搬送動作を説明するフ
ローチャト。
【図17】小サイズ原稿の搬送・排紙動作を説明するフ
ローチャト。
【図18】大サイズ原稿の搬送・排紙動作を説明するフ
ローチャト。
【図19】ヒンジ部の概略を説明する側面図。
【図20】この考案による原稿送り装置を、プラテンを
解放した状態で複写機に適用した実施例を示す斜視図。
【符号の説明】
M 複写機(画像形成装置) F 原稿送り装置 P プラテン D 原稿 10 原稿搬送部(搬送手段) 20 プラテンカバー部 21 プラテンカバー 22,23 支持部材 211 係合固定部 212 スライド部 213 ウエイト部 30 原稿トレイ部(支持手段) 40 分離給送部(分離手段) 50 排紙部 60 収納部 70 ヒンジ部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) G03G 15/00 107 G03B 27/62 B65H 5/02 B65H 5/06

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】プラテンを有する装置に対して開閉自在に
    取り付けられた開閉部材を備え、この開閉部材に前記
    ラテン上に原稿を搬送する搬送手段とプラテン上の原稿
    を覆うプラテンカバーを並設して設けた原稿送り装置
    おいて、 原稿を積載する原稿トレイとこの原稿トレイ上の原稿を
    1枚に分離して送り出す分離手段とを前記プラテンカバ
    ー上方に配置し、前記分離手段をプラテン側から操作可能なように前記プ
    ラテンカバーを前記開閉部材に対して着脱自在に取り付
    けたことを特徴とする原稿送り装置
JP1991059994U 1991-07-03 1991-07-03 原稿送り装置 Expired - Fee Related JP2578725Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991059994U JP2578725Y2 (ja) 1991-07-03 1991-07-03 原稿送り装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1991059994U JP2578725Y2 (ja) 1991-07-03 1991-07-03 原稿送り装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH053236U JPH053236U (ja) 1993-01-19
JP2578725Y2 true JP2578725Y2 (ja) 1998-08-13

Family

ID=13129235

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1991059994U Expired - Fee Related JP2578725Y2 (ja) 1991-07-03 1991-07-03 原稿送り装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2578725Y2 (ja)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA1077556A (en) * 1974-11-13 1980-05-13 Eastman Kodak Company Recirculating sheet feeder
JPS563700Y2 (ja) * 1975-11-28 1981-01-27
JPS5719717Y2 (ja) * 1977-12-26 1982-04-26
JPS6216897B2 (ja) * 1982-02-24 1987-04-15 Canon Kk
JPH02158728A (en) * 1988-12-13 1990-06-19 Toshiba Corp Image forming device

Also Published As

Publication number Publication date
JPH053236U (ja) 1993-01-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5289262B2 (ja) シート搬送装置とこれを備えた画像読取装置及び画像形成装置
US5326092A (en) Apparatus for conveying a paper along with a paper conveying path
JP2913431B2 (ja) 画像形成装置用原稿送り装置
JP2578725Y2 (ja) 原稿送り装置
JP3080443B2 (ja) 画像形成装置
JP2578724Y2 (ja) 原稿搬送装置
JP2572780Y2 (ja) 原稿搬送装置
JP3292395B2 (ja) 原稿搬送装置
JP2905950B2 (ja) 画像形成装置用原稿送り装置
JP3038583B2 (ja) 自動原稿送り装置
JP2583876Y2 (ja) 原稿押さえ装置
JP3224892B2 (ja) 原稿搬送装置
JP3617533B2 (ja) 原稿搬送装置
JP3292394B2 (ja) 原稿搬送装置
JP5526263B2 (ja) シート搬送装置とこれを備えた画像読取装置及び画像形成装置
JP3253661B2 (ja) 原稿搬送装置
JP2563488Y2 (ja) 自動原稿送り装置
JPH0659532A (ja) 画像形成装置用原稿送り装置
JPH0524693A (ja) シート送り装置
JP2630435B2 (ja) 給紙装置
JPH0683136A (ja) 画像形成装置用原稿送り装置
JPH0527508A (ja) 画像形成装置
JP3148039B2 (ja) 原稿送り装置
JP2696958B2 (ja) 画像形成装置の中間給紙装置
JPH0585638A (ja) 画像形成装置用原稿送り装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees