JP2520508Y2 - 部品整列装置 - Google Patents

部品整列装置

Info

Publication number
JP2520508Y2
JP2520508Y2 JP1989089688U JP8968889U JP2520508Y2 JP 2520508 Y2 JP2520508 Y2 JP 2520508Y2 JP 1989089688 U JP1989089688 U JP 1989089688U JP 8968889 U JP8968889 U JP 8968889U JP 2520508 Y2 JP2520508 Y2 JP 2520508Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tray
chip
conveyor
stage
magazine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1989089688U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0328726U (ja
Inventor
稔 長谷
Original Assignee
ニチデン機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ニチデン機械株式会社 filed Critical ニチデン機械株式会社
Priority to JP1989089688U priority Critical patent/JP2520508Y2/ja
Publication of JPH0328726U publication Critical patent/JPH0328726U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2520508Y2 publication Critical patent/JP2520508Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 産業上の利用分野 本考案は、チップ状部品整列装置,特に半導体ウェハ
ーを分割して得られ、XYθテーブル上に載置されている
ペレットを吸着し、トレーステージ上のトレーに順序よ
く整列するためのチップ状部品整列装置に関する。
従来の技術 従来、この種の整列装置は、電子部品の製造工程等で
使用されている。第5図に示すように、カム式のスイン
グ駆動ユニット1により先端にチップ状部品吸着ノズル
2を装着した吸着アーム3を、回転軸を中心にして所定
の振り角度(θ)で揺動させ且つ、振り両端で上下動を
行うことにより、認識装置によって位置決めされたペレ
ット位置決め用XYθテーブル4上のペレット5を、吸着
ノズル2の真空吸引によるピックアップ後、所定のチッ
プ挿入位置まで移動させトレー6に整列する。ここでト
レーステージ7,マガジンエレベータ8及びトレープッシ
ャ9の3つのユニットは、XYテーブル10の上に配置され
ている。動作において、作業者はXYテーブル10上に配置
されたマガジンエレベータ8に、トレー6を10枚程度搭
載したマガジン11をセットし、その後の自動動作により
マガジン8内のトレーをプッシャ9により、トレーステ
ージ7上へ搬送し位置決めする。次いでXY動作にて順序
よくチップを整列後、同じくプッシャ9によりマガジン
11内に収納し、エレベータよりマガジンが一段移動後、
同じ動作がマガジン11内の全てのトレー6にチップが整
列し終わるまで、先に述べた吸着アーム3の動作と連動
しながら自動で動作する。かくして、XYθテーブル上に
固着された分割済半導体ウェハーから、吸着ノズルのス
イング移動端に配置されたトレーステージ上の位置決め
されたチップ整列用トレーへ整列転送されるチップ状部
品整列装置となっていた。
考案が解決しようとする課題 ところで、上記の従来のチップ状部品整列装置は、チ
ップ搬送手段がカム式の駆動によるものであるから、チ
ップの搬送スピードにも限界があり、またペレットピッ
クアップ時の吸着ノズル2の下降上昇時のスピードやそ
れぞれの移動ストロークが限定されてしまい、多品種の
チップに対応するには汎用性に欠けているという欠点が
あった。
また、1度にセットできるチップ整列用トレー6もマ
ガジン単位で扱うため、多くても10数枚程度であり、連
続稼働させるにはストック枚数が少なく、またトレーサ
イズも1サイズのみに限定されるという欠点があった。
従って、本考案の主要な目的は、従来装置に認められ
た上記問題点を解消し得る高インデックスと、汎用性に
富み連続稼働時間の長いチップ状部品整列装置を提供す
ることにある。
課題を解決するための手段 上記問題点を解決するため本考案は、デジタル駆動に
よるチップ搬送手段の空トレーを供給するインプットコ
ンベアと、供給された空トレーを載置してX方向に定ピ
ッチ移動するトレーステージと、XYθテーブル上で位置
決めされたチップ状部品をデジタル制御により駆動され
て吸着しY方向に搬送して前記トレーステージ上の前記
トレーに順次Y方向の位置を異ならせて整列装填する吸
着ヘッド機構と、チップ状部品の装填されたトレーが移
載されてそれを収容する収容マガジンまで搬送するアウ
トプットコンベアとを具備することを特徴とする。
さらに、前記アウトプットコンベアの側端に近接して
セットされた前記収容マガジンに対向する位置に搬送さ
れたトレーを前記収納マガジンに挿入するトレープッシ
ャを具備することを特徴とする。
作用 上記のデジタル制御により駆動される吸着ヘッド機構
は、従来の装置の様にスイング動しないので駆動スピー
ドを高めても振動ブレが起こらないので、、チップ搬送
スピードが増し、これによって装置インデックスは速く
なり、またデジタル設定即ち設定数値の変更のみで吸着
ノズルの移動スピードやピックアップ位置,ペレット整
列位置の変更が容易に行われる。また作業者の違いによ
るばらつきも少なくする。優れた汎用性とメンテナンス
性を発揮することができる。
また、空トレーを供給するインプットコンベアとチッ
プ状部品の装填されたトレーが移載されてそれを収容す
る収容マガジンまで搬送するアウトプットコンベアを別
個に備えており、従来装置のようにマガジンに詰めた空
トレーを1個づつ取り出してチップ状部品を整列装填後
またもとのマガジンに戻す方式によらず空トレーを供給
するストッカと、チップ状部品を整列装填後収納して保
管や移送に用いる収納マガジンとは別のものでよい。そ
こで、たとえば、空トレーの供給方式をバラ積みして下
から抜き出す様な方式とすれば、トレーのストック枚数
が大幅に増加し、また、装置稼働中においても随時空ト
レーの補充が可能となる。
実施例 以下、この考案について図面を参照して説明する。
第1図は本考案の部品整列装置の一例の平面図であ
る。
25は空のトレー(例えば半導体ペレット29を詰めるチ
ップトレー)6を多数積み重ね状に収容して、1個づつ
インプットコンベア24供給するストッカである。23はペ
レット(チップ状部品)が整列装填されたトレー6を排
出搬送するアウトプットコンベアである。そして、アウ
トプットコンベア23とインプットコンベア24とはその間
に配したトレーステージ21と共に同一高さで直線的(X
方向)に配置される。31はペレットに分割されたウェー
ハを上面に載置したリング(図示せず)を複数収納して
リングチャンジャ30と共働して1個づつXYθテーブル26
に供給すると共にペレット29がピックアップされて空と
なったリングを収容するリングエレベータである。34は
ペレット29が整列装填されたトレー6を収納する収納マ
ガジンであり、アウトプットコンベア23の側端に近接し
てセットされる。収納マガジン34に対向してアウツプッ
トコンベア23に対して反対側にはプッシャー22が設けら
れアウトプットコンベア23により収納マガジン34に対向
する位置まで搬送されたトレー6を収納マガジン34へ押
し挿入する。35は認識装置で略ピックアップ位置にある
ペレット29について画像処理により位置とか、良否当の
情報を出力する。32はインプットコンベア24からトレー
ステージ21およびトレーステージ21からアウトプットコ
ンベア23へトレー6を搬送する搬送爪である。
次に吸着ヘッド機構20、トレーステージ21、XYθテー
ブル26について第2図に示す要部平面図および第3図に
示す要部断面図も合わせて用いて詳細に説明する。
吸着ヘッド機構20は吸着ノズル28を備えた吸着アーム
33がZ軸モーターに駆動されるZ軸ボールネジによって
上下方向(Z方向)に移動自在であると共にY軸モータ
ーに駆動されるY軸ボールネジによって水平方向(Y方
向)に移動自在である。
トレーステージ21は同様にX軸モーターによりX方向
に移動自在である。
XYθテーブル26は3軸に移動自在であって認識装置35
の出力情報と共動して載置されているペレット29の内の
次に吸着ピックアップすべきものの位置合わせを行な
う。
次に上記のヘッド20とトレーステージ21の動作につい
て説明する。
この実施例によれば、チップ状に分割されたウェハー
27を、チップ認識装置と連動するXYθテーブル26により
位置決め後、Y軸モータ及びZ軸モータでタイミングよ
くY軸方向とZ軸方向に駆動される吸着アーム33の先端
に装着された吸着ノズル28によって吸引保持し、インプ
ットコンベア24からトレーステージ21上に搬送され位置
決めされたトレー6上へ、あらかじめ数値設定された移
動距離であって順次定ピッチづつ変化する距離だけY軸
方向に移動し、次に下降動作後ブローすることによりチ
ップ状部品をトレー6に、順次Y軸方向へ整列してい
く。次にY軸1列目に整列終了後、トレー6を位置決め
しているトレーステージ21をX軸方向へ、あらかじめ数
値設定された定ピッチ分移動させ、上記と同様の繰り返
し動作にて1トレー分の整列終了後、アウトプットコン
ベア23上へトレー6を排出し、トレー6へのチップ状部
品収納動作が終了する。
本考案に係るチップ状部品整列装置の吸着ヘッド機構
20とトレーステージ21は、上記の如く構成されているか
ら、Y軸方向のチップ整列は吸着ヘッド機構20のY軸駆
動に任せ、X軸方向のチップ整列は、トレー6の搬送方
向に動作するトレーステージ21のX軸駆動に任せること
により、両軸が相互に干渉することなく、独立した動作
が可能となり、タイムロスを最小限とし、トレー6の連
続搬送を可能とすることができる。
次に本考案の装置におけるトレー6の搬送系の例を詳
しく説明する。第4図はトレーの搬送系の一例の動作を
説明する平面図である。
図において、24はインプットコンベア,23はアウトプ
ットコンベアでいずれも3本の搬送ベルトで構成されて
いる。21はトレーステージ,32はトレー搬送爪,6はチッ
プ整列用トレー、22はプッシャ、34は収納マガジンであ
る。
次に上記のトレー搬送爪32とアウトプットコンベア23
及びトレープッシャの動作について説明する。
この実施例によれば、第2図に示す様にトレーステー
ジ21上のトレーにペレットの装填が完了した直後の状況
はインプットコンベア24の先端には次の空トレーが待機
しており、アウトプットコンベア23にはトレー1個分の
スペースを開けて前のトレーが乗っている。ペレットの
装填が完了すれば速やかにトレーステージ21はインプッ
トコンベア24に接する位置まで復帰すると共にアウトプ
ットコンベア23もトレーステージ21に接する位置まで移
動して、第4図aに示すようにインプットコンベア24と
トレーステージ21とアウトプットコンベア23とがつなが
った状態となる。そこでトレーステージ21上でチップ状
部品の収納動作が完了したチップ整列用トレーと、イン
プットコンベア24の右端で待機中のチップ収納前の整列
用トレーを、トレー搬送爪32の1回の動作で、待機中の
トレーをトレーステージ上へトレーステージ上のトレー
をアンローダーコンベア上へ移動させる。アンローダー
コンベア上へ移動したトレーは、アンローダーコンベア
の搬送ベルトにより、1トレーの幅分だけ移動する。そ
して、アウトプットコンベア23がもとの位置に復帰する
共に整列用トレーへのペレットの装填を再開する。以後
同じ動作を「c」→「d」→「e」と2回繰り返し、3
個の整列用トレーがアンローダーコンベア23の左端に並
んだ状態となった時、即ち「e」の状態になったとき、
アウトプットコンベア21の搬送ベルトにより、アウトプ
ットコンベア21の右端まで3個のトレーが連なったまま
移動し、移動が終了した所でトレープッシャによりトレ
ーマガジン内へ3個同時に収納を完了させる。
本考案に係るインプットコンベア24,アウトプットコ
ンベア23,トレーステージ21,及びトレー搬送爪32は上記
の如く構成されているから、整列用トレー6とコンベア
の搬送ベルトとのこすれを最小限にすることが可能であ
り、トレー搬送途中に発生するほこりを最小とすること
ができる。
考案の効果 以上説明したように、この考案はチップ状部品をトレ
ーへ挿入する手段としてデジタル制御により駆動される
吸着ヘッド機構を使用したのでチップ状部品の搬送のス
ピードをあげることができ、多品種のチップに対応する
ことができる。また、空トレーの供給と装填済みのトレ
ーの搬出を独立したコンベア行なうのでロスタイムを最
小とすることができ、高い生産性を発揮する。また、ア
ウトプットコンベア23の搬送ベルトの動作を間欠送り動
作とすることにより、チップ整列トレー6と搬送ベルト
のこすれをできるだけ少なくすることで、トレー搬送中
に発生するほこりを最小限にすることが可能となり、低
い塵埃発生率を確保し得る整列装置を提供するものとし
て在来装置の水準を上回る効果を上げることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの考案に係る部品整列装置の実施例を示す平
面図、第2図は第1図の要部を示す平面図、第3図は同
じく第2図のA−A線に沿って見た側面図、第4図は本
考案の部品整列装置のトレー搬送系の例の動作を説明す
る平面図、及び第5図は従来の部品整列装置の平面図で
ある。 6……トレー、20……吸着ヘッド機構、21……トレース
テージ、22……プッシャ、23……アウトプットコンベ
ア、24……インプットコンベア、25……ストッカ、26…
…XYθテーブル、34……収納マガジン。

Claims (2)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】空トレーを供給するインプットコンベア
    と、供給された空トレーを載置してX方向に定ピッチ移
    動するトレーステージと、XYθテーブル上で位置決めさ
    れたチップ状部品をデジタル制御により駆動されて吸着
    しY方向に搬送して前記トレーステージ上の前記トレー
    に順次Y方向の位置を異ならせて整列装填する吸着ヘッ
    ド機構と、チップ状部品の装填されたトレーが移載され
    てそれを収容する収容マガジンまで搬送するアウトプッ
    トコンベアとを具備する部品整列装置。
  2. 【請求項2】前記アウトプットコンベアの側端に近接し
    てセットされた前記収容マガジンに対向する位置に搬送
    されたトレーを前記収納マガジンに挿入するトレープッ
    シャを具備することを特徴とする実用新案登録請求の範
    囲第1項に記載の部品整列装置。
JP1989089688U 1989-07-28 1989-07-28 部品整列装置 Expired - Fee Related JP2520508Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989089688U JP2520508Y2 (ja) 1989-07-28 1989-07-28 部品整列装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989089688U JP2520508Y2 (ja) 1989-07-28 1989-07-28 部品整列装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0328726U JPH0328726U (ja) 1991-03-22
JP2520508Y2 true JP2520508Y2 (ja) 1996-12-18

Family

ID=31639257

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1989089688U Expired - Fee Related JP2520508Y2 (ja) 1989-07-28 1989-07-28 部品整列装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2520508Y2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4530504B2 (ja) * 1999-08-27 2010-08-25 パナソニック株式会社 整列部品の取扱装置
JP2007082615A (ja) * 2005-09-20 2007-04-05 Nelson Precision Casting Co Ltd ゴルフクラブヘッドの防錆コーティング
JP6368967B2 (ja) * 2015-02-17 2018-08-08 ヤンマー株式会社 選果システム

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58220441A (en) * 1982-06-17 1983-12-22 Shinkawa Ltd Die replacing apparatus
JPS58220442A (en) * 1982-06-17 1983-12-22 Shinkawa Ltd Tray conveying device in die replacing apparatus

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58220441A (en) * 1982-06-17 1983-12-22 Shinkawa Ltd Die replacing apparatus
JPS58220442A (en) * 1982-06-17 1983-12-22 Shinkawa Ltd Tray conveying device in die replacing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0328726U (ja) 1991-03-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1999025168A1 (fr) Appareil de montage de pieces et appareil d'alimentation en pieces
JP3075305B2 (ja) 組立て装置
KR100496949B1 (ko) 전자부품 실장방법 및 장치
KR100688241B1 (ko) 전자부품 공급장치 및 전자부품 장착방법
WO1998008367A1 (fr) Dispositif d'alimentation en composants electroniques et procede de montage de composants electroniques
KR100391534B1 (ko) 전자부품장착장치및전자부품장착방법
KR20160093914A (ko) 카메라 모듈용 연성기판 밴딩 시스템
JP2003204192A (ja) 電子部品実装装置および電子部品実装方法
JP2520508Y2 (ja) 部品整列装置
KR100395981B1 (ko) 다이본딩 방법 및 그 장치
KR100341495B1 (ko) 트레이 반송장치 및 방법
JP2000068296A (ja) ダイボンダ
US4878610A (en) Die bonding apparatus
JP2001244279A (ja) 基板の供給方法、基板供給装置、チップ供給装置およびチップ実装装置
JPH05338728A (ja) ウエーハ搬送方法及び装置
JP2001015988A (ja) 電子部品の実装装置および実装方法
US20060070849A1 (en) Apparatus and method for flipping electronic components
JPH06247512A (ja) 電子部品の自動装着装置におけるトレー供給装置
JP2004319889A (ja) 製造対象物の受け渡し装置および製造対象物の受け渡し方法
WO2001017005A1 (fr) Procede et appareil de manipulation de pieces
WO2017164254A1 (ja) 基板供給ユニット及びボンディング装置
JP4165927B2 (ja) 部品の移載装置
JP3898401B2 (ja) 部品供給装置
JP3883674B2 (ja) 部品供給装置
JP4588923B2 (ja) 部品試験装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees