JP2010208321A - 積層体 - Google Patents

積層体 Download PDF

Info

Publication number
JP2010208321A
JP2010208321A JP2010027502A JP2010027502A JP2010208321A JP 2010208321 A JP2010208321 A JP 2010208321A JP 2010027502 A JP2010027502 A JP 2010027502A JP 2010027502 A JP2010027502 A JP 2010027502A JP 2010208321 A JP2010208321 A JP 2010208321A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ultraviolet
layer
laminate
light emitting
light
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010027502A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5595058B2 (ja
Inventor
Hisashi Chikamoto
悠 近本
Original Assignee
Bekku Kk
ベック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2009029017 priority Critical
Priority to JP2009029017 priority
Application filed by Bekku Kk, ベック株式会社 filed Critical Bekku Kk
Priority to JP2010027502A priority patent/JP5595058B2/ja
Publication of JP2010208321A publication Critical patent/JP2010208321A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5595058B2 publication Critical patent/JP5595058B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】可視光下と紫外線照射下で異なる色相を呈する蛍光発光積層体において、蛍光発光表示部の発光効率を向上させ、意匠性に優れる積層体を得る。
【解決手段】紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、紫外線が照射される側から、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)が積層され、さらに、上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする。

【選択図】なし

Description

本発明は、蛍光発光を示す積層体に関するものである。
従来、紫外線を照射することにより発光する蛍光顔料等の蛍光体等を含む成形品が知られている。このような蛍光体は、紫外線照射時と非照射時で異なる色相を示すため、様々な分野で高意匠性材料として用いられている。例えば、特許文献1には、蛍光塗料で描かれた発光部と、この発光部から走行路を挟んで設けられた発光部へ紫外線を照射する紫外線源とを有する装飾照明装置が記載されている。しかしながら、光源から照射された光は、発光部に照射されるまでに拡散したり、発光部で蛍光発光に使用されなかった紫外線は漏出されたりするおそれがあり、発光効率が低下するおそれがある。
これに対し、特許文献2では、蛍光発光層の視認性を向上させるために、光源の背後にミラー処理した反射層を設け、紫外線の外部漏洩を防止し輝度の高い蛍光表示とすることが行われている。しかしながら、光源の背後に反射層を設けるのみでは、表示部の蛍光層で蛍光発光に使用されなかった紫外線は漏出されるため発光効率が低下するおそれがある。
特開平6−314505号公報 特開2003−29676号公報
本発明は、上述のような問題点に鑑みなされたものであり、可視光下と紫外線照射下で異なる色相を呈する蛍光発光積層体において、蛍光発光表示部の発光効率を向上させ、意匠性に優れる積層体を得ることを目的とするものである。
本発明者は、上記目的を達成するため鋭意検討を行った結果、紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)、透光性基材(C)を有することを特徴とする積層体に想到し、本発明を完成させるに至った。すなわち、本発明蛍光発光積層体は、下記の特徴を有するものである。
1.紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、紫外線が照射される側から、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)が積層され、さらに、上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする積層体
2.紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、紫外線が照射される側から、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)、透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする1.に記載の積層体
3.透光性基材(C)が、少なくとも一部分に凹凸形状を有することを特徴とする1.〜2.のいずれかに記載の積層体
4.1.〜3.のいずれか一項に記載の積層体と、該積層体の蛍光発光層(A)側に紫外線光源(D)を備えることを特徴とする発光構造体
本発明の積層体は、紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、紫外線が照射される側から蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)が積層され、さらに、上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)を積層することにより、蛍光発光表示部の発光効率が高く、意匠性に優れるものである。
本発明積層体の構造図の一例である。 本発明積層体の構造図の一例である。 本発明の発光構造体を上から見た図の一例である。 本発明の発光構造体を上から見た図の一例である。 本発明の発光構造体を上から見た図の一例である。
以下、本発明を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
(積層体)
本発明は、紫外線を照射することにより発光する積層体であり、紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、紫外線が照射される側から蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)が積層され、さらに、上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする積層体である (図1)。
本発明の蛍光発光層(A)とは、透光性を有する材料(以下、「透光性材料」という。)に蛍光発光を示す顔料、染料等(以下、「蛍光材料」という。)を含むものである。
透光性材料としては、透光性を有するものであれば、無機質材料、有機質材料のどちらでもよい。例えば、無機質材料としては、ガラス、水ガラス、低融点ガラス、シリコン樹脂、アルコキシシラン等があげられる。また、有機質材料としては、アクリル樹脂、アクリル−スチレン樹脂、セルロールアセトブチレート樹脂、セルロースプロピオネート樹脂、ポリメチルペンテン樹脂、ポリカーボネート樹脂、ポリスチレン樹脂、ポリエステル樹脂等、または反応固化型のエポキシ樹脂、アクリル樹脂、メタクリル樹脂、ウレタン樹脂等が挙げられる。なお、「透光性」とは、可視光透過性に優れ、透明性を有するものである。
蛍光材料としては、紫外線照射下において蛍光発光を示すものであれば限定されず、公知の蛍光染料や蛍光顔料等を使用することができる。本発明では、可視光下において蛍光発光を示さないものが好ましく、このような蛍光体の中でも、蛍光発光持続性、耐候性にも優れる無機蛍光顔料が特に好ましい。
蛍光発光層(A)は、上記透光性材料と上記蛍光材料を含む組成物(以下「蛍光発光層用組成物」という。)を、フィルム状または板状等に成形したものである。 その厚みは、通常0.01mm〜10mm、より好ましくは0.05〜5mmであり、この範囲内であれば、部分的に厚みを変化させてもよい。部分的に厚みを変化させることにより、蛍光発光の輝度を変化させることができる。蛍光発光層用組成物は、透光性材料(固形分)100重量部に対して、蛍光材料を0.5〜50重量部、さらには1〜30重量部混合することが好ましい。0.5重量部より少ない場合、蛍光発光層の輝度が低くなり視認性に劣るおそれがある。また、50重量部より多く添加しても輝度の向上が確認できないおそれがある。
波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上である紫外線反射層(B)とは、前記波長領域の紫外線を反射(散乱)する粉体(以下「紫外線反射性粉体」という)と、透光性材料を含む層であり、蛍光発光層(A)に積層するものである。
紫外線反射層(B)を積層することにより、蛍光発光層(A)において蛍光体の励起に利用されず放出されようとする紫外線を(B)が反射し、(A)に再度紫外線を照射し蛍光発光を繰り返すことにより、発光効率を向上させることができる。この場合、照射された紫外線が、(B)層を通過し放出されることはほとんどない。
透光性材料としては、蛍光発光層(A)と同様のものが使用できる。
また、紫外線反射性粉体は、波長領域300nm〜400nmの全領域において、紫外線反射率が50%以上、屈折率が1.5〜2.4であることが好ましい。また、粒子径は特に限定されないが、通常0.2μm以下、または0.4μm以上10μm以下が好ましい。上記範囲とすることにより、紫外線を効率的に反射するとともに、蛍光発光(可視光)を拡散することができるため、優れた発光輝度を得ることができる。このような紫外線反射性粉体としては、例えば、アルミナ、酸化ジルコニウム、硫酸バリウム、炭酸カルシウム等を使用することができる。
紫外線反射層(B)は、上記透光性材料と上記紫外線反射性粉体を含む組成物(以下、「紫外線反射層用組成物」という。)を、透明または半透明で、かつ波長領域300nm〜400nmでの紫外線反射率が10%以上となるように、フィルム状または板状等に成形したものである。その厚みは、透明または半透明で、上記の紫外線反射率を満たす範囲で適宜設定すればよく、通常0.01mm〜10mm、より好ましくは0.05〜5mmであり、この範囲内であれば、部分的に厚みを変化させてもよい。部分的に厚みを変化させることにより、蛍光発光の輝度を変化させることができる。
紫外線反射層用組成物は、使用する紫外線反射性粉体の種類、成形する紫外線反射層の厚みにもよるが、透光性材料(固形分)100重量部に対して、紫外線反射性粉体を10〜400重量部、さらには30〜300重量部混合することが好ましい。このような範囲であれば、本発明の効果が得られ易い。
また、本発明の紫外線反射層(B)は、本発明積層体に紫外線を照射した場合、紫外線反射層を介して蛍光発光層の発光が視認できる程度に、透明または半透明であればよい。
具体的には、紫外線反射層(B)の隠蔽率が、70%以下(好ましくは15%〜60%)であることが好ましい。70%を超える場合は、蛍光発光の視認性が低下するおそれがある。また、隠蔽率を15%以上とすることによって、蛍光発光層側の光源の形状を、紫外線反射層を介して視認され難くすることもできる。
隠蔽率を測定する方法としては、紫外線反射層を隠蔽率試験紙上に置き、白地上と黒地上の視感反射率から隠蔽率を算出す方法が挙げられる。
なお、視感反射率は色彩色差計(「CR−300」:ミノルタ株式会社製)を用いて測定し算出することができる。
また、紫外線反射層は波長領域300nm〜400nmの全領域における紫外線反射率10%以上(好ましくは25%以上)であることにより、蛍光体の励起に利用されずに放出されようとする紫外線を反射し、(A)に再度紫外線を照射し蛍光発光を繰り返すことにより、発光効率を向上させることができる。
紫外線反射率が10%より小さい場合は、紫外線が漏出してしまうおそれがあり、蛍光発光層の発光効率向上効果を阻害するおそれがある。
なお、紫外線反射率は、分光光度計(株式会社島津製作所製、UV−3100)で測定した値である。
透光性基材(C)は、蛍光発光層(A)と同様の透光性材料をフィルム状または板状等に成形したものである。また、市販されているガラス板、樹脂板、樹脂フィルム等を使用してもよい。その厚みは、使用する基材の種類によって適宜設定すればよいが、通常、0.05mm〜10mmであることが好ましい。厚すぎる場合は、発光が視認しにくくなるおそれがある。
さらに、透光性基材(C)は、少なくとも一部分に凹凸形状を有するものが好ましい(図2)。凹凸形状を有することにより、凹部と凸部で蛍光発光が微妙に変化し、輝度のコントラストを表現することができる。
特に、紫外線が照射される側から蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmでの紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)、透光性基材(C)が積層された積層体の場合、上記効果が得られやすい。この凹凸形状は、紫外線反射層(B)と接する面であっても(図2−1、図2−2)、紫外線反射層(B)と接する面と反対の面であってもよく(図2−3)、その両面であってもよい(図2−4)。紫外線反射層(B)と接する面に凹凸形状を有する場合、紫外線反射層(B)や蛍光発光層(A)の厚みを容易に変化させることができ(図2−1、図2−4)、輝度の異なる多様な蛍光発光を表現できる。また、蛍光発光層(A)と接する面と反対の面に凹凸形状を有する場合、凹部と凸部で蛍光発光が微妙に変化する。さらに、透光性基材(C)の両面に凹凸形状を有する場合、上記の効果が組み合わさり、幻想的な発光を表現することができ、意匠性、美観性に優れる。
本発明の凹凸形状は、凹部と凸部の差が0.01mm〜10mm、さらには0.05mm〜5mm程度であることが好ましい。この範囲であることにより、幻想的な発光を表現することができ、意匠性、美観性に優れる。
本発明積層体は、紫外線が照射される側から順に、蛍光発光層((A)層)、紫外線反射層((B)層)が積層され、さらに上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)((C)層)が積層されているものであれば、その形状は板状、角柱形状、円柱形状等、特に限定されない。
また、本発明積層体の製造方法は、特に限定されないが、例えば、
(I)板状に成形した透光性基材(C)に、紫外線反射層(B)、蛍光発光層(A)を接着剤等を介して積層する方法、
(II)板状に成形した透光性基材(C)に、紫外線反射層用組成物を塗付し、硬化させ、次いで紫外線反射層(B)の上に蛍光発光層用組成物を塗付し、硬化させる方法、
(III)板状に成形した透光性基材(C)に、紫外線反射層用組成物を塗付し、硬化させ、次いで紫外線反射層(B)とは反対側の透光性基材(C)表面に蛍光発光層用組成物を塗付し、硬化させる方法、
等が挙げられる。
上記(I) 〜(III)において、透光性材料、蛍光発光層用組成物、または紫外線反射層用組成物をフィルム状、板状等に成形する際には、公知の成形方法で行えばよく、例えば、型枠成形、射出成形、注型成形等が挙げられる。
上記(II)(III)において、蛍光発光層用組成物、または紫外線反射層用組成物を塗付する際には、スプレー、ローラー、こて、レシプロ、コーター、流し込み等の手段を用いることができる。
また、成形時に、各組成物に、例えば、着色材、可塑剤、難燃剤、滑剤、防腐剤、防黴剤、防藻剤、抗菌剤、分散剤、消泡剤、造膜助剤、吸着剤、架橋剤、酸化防止剤、触媒、ブロッキング防止剤等が含まれていてもよく、このような成分を常法で均一に混合して成形体を作製することができる。特に、有機顔料、無機顔料、染料等の着色材を混合することによって、積層体に紫外線を照射した場合、着色材と蛍光発光層(A)の発光の相乗効果により、様々な色相の蛍光発光を得ることができる。
蛍光発光層(A)と紫外線反射層(B)、透光性基材(C)を、接着剤等を介して積層する場合、本発明の効果を阻害しないような透光性の接着剤、粘着剤、粘着テープ等を使用することができる。また、上記蛍光発光層用組成物、または紫外線反射層用組成物の乾燥は通常、常温で行えばよいが加熱することも可能である。
(発光構造体)
本発明の発光構造体は、紫外線光源(D)(光源(D))及び、上記蛍光発光層(A)、と上記紫外線反射層(B)と上記透光性基材(C)が積層されている積層体を備えるものである。紫外線光源(D)は、積層体の蛍光発光層(A)側に配置される(図3)。
上記光源(D)は(A)層全面を照射するものであっても、局部的に照射しパターン(模様)を形成するものであってもよい。また、光源(D)は複数配置してもよく、光源のON/OFFを切り替えることによって、表示内容を容易に変更することができる。
本発明に使用する光源は、紫外光を発するものであればよいが、波長300nm〜400nmの範囲に輝線を有するものが好ましい。
上記発光構造体の発光を見る方向は、特に限定されないが、上記(B)層が半透明の場合、照射する光源(D)とは反対側にすることが好ましい。この場合、(B)層を介して、(A)層の背後に設置された光源の形状が視認され難くなる。
上記のように、発光を見る方向を光源(D)とは反対側にするものとして、内照式の発光構造体が挙げられる(図4)。内照式の構造体とする場合、光源(D)から照射された光の外部漏洩を防止できる。この場合、光源の背後や側面に反射板(E)を設けることができる。このような反射層としては、紫外線反射効率の高いAg、Al、Au、Cr、Cu、Ni、Ti、Pt等の金属材料によるコーティング層、或いは、本発明の紫外線反射層(B)、または、カオリン、タルク、シリカ等を含む白色塗料を塗布したもの、多孔質板、多孔質シート等が挙げられる。反射板(E)の形状としては、平面状(図4−1)のもの、あるいは波状(図4−2、図4−3)のものどちらであってもよい。特に、本発明では波状のものが好ましく、この場合、反射板凹部に光源が配置されることが好ましい。このような形状の反射板を設けることにより、光源から照射される光が乱反射することにより、蛍光発光層(A)に均一な光を照射することができる。さらに、反射板の表面が微細な凹凸を有することにより光の乱反射効果をさらに高めることができるため好ましい。凹凸の高さは、1〜1000μm(好ましくは5〜500μm)であることが好ましい。
一方、光源付近の照射強度を調整するために、光源(D)と蛍光発光層(A)の間に遮蔽板(F)を設けることもできる。該遮蔽板(F)は、光源(D)の一部の光を遮蔽するものである。これにより、蛍光発光層(A)により均一な光を照射することができる。
本発明の発光構造体では、上述のように(B)層を介して、(A)層の背後に設置された光源の形状が視認され難くなるものであるが、さらに積層体と空気層を介して透光性凹凸板(G)を配置することができる(図5)。このような凹凸板(G)を設けることにより、背後に設置された光源の形状が視認され難くなる。さらに、積層体の幻想的な発光を表現することができ、意匠性、美観性に優れる。凹凸板(G)としては、上述の透光性基材(C)と同様のものが使用できる。
以下に実施例を示し、本発明の特徴をより明確にする。
・蛍光発光層用組成物1
アクリル樹脂エマルション100重量部(固形分)、緑色無機蛍光顔料10重量部、添加剤(分散剤、消泡剤等)4重量部を常法にて混合し、蛍光発光層用組成物1を作製した。
・紫外線反射層用組成物1
アクリル樹脂エマルション100重量部(固形分)、アルミナ30重量部、添加剤(分散剤、消泡剤等)5重量部を常法にて混合し、紫外線反射層用組成物1を作製した。
・紫外線反射層用組成物2〜6
表1の配合に基づき、紫外線反射層用組成物1と同様に紫外線反射層用組成物2〜6を作製した。
なお、使用した原料を以下に示す。
・アルミナ:粒子径1μm、屈折率1.76
・硫酸バリウム:粒子径2μm、屈折率1.64
・重質炭酸カルシウム:粒子径1.5μm、屈折率1.56
・酸化チタン:粒子径0.25μm、屈折率2.71
・酸化亜鉛:粒子径1μm、屈折率1.95
紫外線反射層用組成物1〜6に関して、以下の評価を実施した。結果を表1に示した。
・評価1
隠蔽率試験紙の上に、作製した紫外線反射層用組成物1〜6を塗付厚が150μm(乾燥膜厚が約80μm)となるように塗付、硬化させた試験体を用い、試験体における黒地上塗膜と白地上塗膜の視感反射率を色彩色差計(「CR−300」:ミノルタ株式会社製)を用いて測定し隠蔽率(%)を算出した。
・評価2
アルミニウム板(40mm×40mm×0.6mm)上にウレタン樹脂100重量部(固形分)に対してカーボンブラック20重量部混合した塗料組成物を塗付厚が150μmとなるように塗付、硬化させたものを基材とした。基材に、紫外線反射組成物1を塗付厚が150μm(乾燥膜厚が約80μm)となるように塗付、乾燥させた試験体を用い、波長領域300nm〜400nmでの反射率(%)を分光光度計(「UV−3100」:株式会社島津製作所製)で測定した。
結果を表1に示す。その結果、紫外線反射用組成物1〜4は、波長領域300nm〜400nmの全ての領域において紫外線反射率が10%以上となる反射領域を有するものであった。一方、紫外線反射用組成物5〜6は、当該反射領域において、紫外線反射率は10%未満であった。その代表値として、波長365nmでの紫外線反射率を表1に示す。
なお、基材の波長365nmでの反射率は1.5%であった。
(積層体の製造)
(実施例1)
アクリル板(300mm×200mm×3mm)の一方の面に、紫外線反射層用組成物1を塗付厚が150μm(乾燥膜厚が約80μm)で塗付、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで、紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層用組成物1を塗付厚が150μm(乾燥膜厚が約80μm)となるように塗付、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体1を得た。
得られた積層体1に関して、以下の評価を実施した。結果を表2に示した。
・評価3
積層体1において、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射し、積層体1の発光輝度(cd/m)を、色彩輝度計「BM−5A」(株式会社トプコン製)を用いて測定した。結果を表2に示した。
(実施例2)
実施例1の紫外線反射層用組成物1に代えて紫外線反射層用組成物2を使用し、紫外線反射層(B−2)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体2を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(実施例3)
実施例1の紫外線反射層用組成物1に代えて紫外線反射層用組成物3を使用し、紫外線反射層(B−3)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体3を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(実施例4)
実施例1の紫外線反射層用組成物1に代えて紫外線反射層用組成物4を使用し、紫外線反射層(B−4)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体4を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(実施例5)
実施例1の紫外線反射層用組成物1の塗付厚を250μmに代えて紫外線反射層(B−5)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体5を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(比較例1)
実施例1の紫外線反射層用組成物1に代えて紫外線反射層用組成物5を使用し、紫外線反射層(B−6)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体6を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(比較例2)
実施例1の紫外線反射層用組成物1に代えて紫外線反射層用組成物6を使用し、紫外線反射層(B−7)を積層した以外は、実施例1と同様に積層体7を作製し、同様の評価を実施した。結果を表2に示した。
(ブランク)
アクリル板(300mm×200mm×3mm)の一方の面に、蛍光発光層用組成物1を塗付厚が150μm(乾燥膜厚が約80μm)となるように塗付、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層したものを、上記の実施例、比較例の評価3のブランクとした。
(実施例6)
片面にランダムな凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有するアクリル板の凹凸面に紫外線反射層用組成物1を塗付厚が約250μmとなるように塗工した後、乾燥する前にゴムベラを用いて基材表面をすり切り、基材凹部で紫外線反射層用組成物の塗付厚が厚くなるように塗装し、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付し、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体8を得た。
得られた積層体8に関して、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射したところ、基材凹部で強く、凸で弱い発光を示し、基材の凹凸パターンに応じた複雑な発光模様が認められた。
(実施例7)
片面にランダムな凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有するアクリル板の平滑面に紫外線反射層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように塗付、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体9を得た。
得られた積層体9に関して、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射したところ、基材表面の凹凸により裏面側で発光した光が屈折し、複雑な発光模様が認められた。
(実施例8)
片面にランダムな凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有するアクリル板の凹凸面に紫外線反射層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付し、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで、紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層組成物1を塗付厚が約200μmとなるように均一に塗工し、乾燥する前にゴムベラを用いて基材表面をすり切り、基材凹部で蛍光発光層用組成物1の塗付厚が厚くなるように塗装し、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体10を得た。
得られた積層体10に関して、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射したところ、基材凹部で強く、凸で弱い発光を示し、基材の凹凸パターンに応じた複雑な発光模様が認められた。
(実施例9)
両面にランダムな凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有するアクリル板の片面に紫外線反射層用組成物1を塗付厚が約250μmとなるように塗工した後、乾燥する前にゴムベラを用いて基材表面をすり切り、基材凹部で紫外線反射層用組成物1の塗付厚が厚くなるように塗装し、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付し、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体11を得た。
得られた積層体11に関して、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射したところ、蛍光体層側で基材凹部が強く、凸が弱い発光を示し、さらに基材表面の凹凸により裏面側で発光した光が屈折され、非常に複雑な発光模様が認められた。
(実施例10)
内面と外面の両面にライン状の凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有する外形9cm、内径8cmのアクリル樹脂製の円筒を基材に用い、内面に紫外線反射層用組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付し、乾燥させ、紫外線反射層(B−1)を積層した。次いで、紫外線反射層(B−1)の上に蛍光発光層用組成物1を塗付厚が約450μmとなるように塗工し、棒状のヘラを用いて乾燥する前に基材表面をすり切り、基材凹部で蛍光発光層用組成物1の塗付厚が厚くなるように塗付し、乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、円筒状の積層体12を作製した。
得られた円筒状の積層体12の内側に10Wのブラックライト蛍光灯を設置し、紫外線を照射したところ、基材内面の凹部で強く、凸部で弱い発光を示し、さらに基材表面の凹凸により裏面側で発光した光が屈折され、非常に複雑な発光模様が認められた。
(比較例3)
片面にランダムな凹凸(凹部と凸部の最大差200μm)を有するアクリル板の凹凸面に紫外線反射層用組成物5を塗付厚が約250μmとなるように塗工した後、乾燥する前にゴムベラを用いて基材表面をすり切り、基材凹部で紫外線反射層用組成物5の塗付厚が厚くなるように塗装し、乾燥させ、紫外線反射層(B−5)を積層した。次いで、紫外線反射層(B−5)の上に蛍光発光層組成物1を塗付厚が約150μmとなるように均一に塗付し乾燥し蛍光発光層(A−1)を積層し、積層体13を得た。
得られた積層体13に関して、蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、暗室中で紫外線を照射したところ、基材凹部と凸部で共に弱い発光を示し、発光模様が識別し難かった。
(実施例11)
実施例2の積層体2を用い、図4−2に示す内照式の発光構造体を作製した。蛍光発光層(A−1)から3cmの距離に紫外線光源(6W紫外線ランプ:365nm)を設置し、紫外線を照射しところ、蛍光発光層(A−1)で均一な発光を示した。
(ア)視認方向(発光を見る方向)
(A)蛍光発光層
(B)紫外線反射層
(C)透光性基材
(D)光源
(E)反射板
(F)遮蔽板
(G)透光性凹凸基材
(H)空気層

Claims (4)

  1. 紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、
    紫外線が照射される側から、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)が積層され、
    さらに、上記(A)、上記(B)の少なくとも一方に接するように透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする積層体
  2. 紫外線光源の照射により、発光する積層体であって、
    紫外線が照射される側から、蛍光発光を示す蛍光発光層(A)、波長領域300nm〜400nmの全領域での紫外線反射率が10%以上で透明または半透明の紫外線反射層(B)、透光性基材(C)が積層されていることを特徴とする請求項1に記載の積層体
  3. 透光性基材(C)が、少なくとも一部分に凹凸形状を有することを特徴とする請求項1〜請求項2のいずれかに記載の積層体
  4. 請求項1〜請求項3のいずれか一項に記載の積層体と、該積層体の蛍光発光層(A)側に紫外線光源(D)を備えることを特徴とする発光構造体

JP2010027502A 2009-02-10 2010-02-10 積層体 Expired - Fee Related JP5595058B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009029017 2009-02-10
JP2009029017 2009-02-10
JP2010027502A JP5595058B2 (ja) 2009-02-10 2010-02-10 積層体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010027502A JP5595058B2 (ja) 2009-02-10 2010-02-10 積層体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010208321A true JP2010208321A (ja) 2010-09-24
JP5595058B2 JP5595058B2 (ja) 2014-09-24

Family

ID=42969017

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010027502A Expired - Fee Related JP5595058B2 (ja) 2009-02-10 2010-02-10 積層体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5595058B2 (ja)

Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60205501A (en) * 1984-03-30 1985-10-17 Soko Seiren Kk Retroreflective sheet-like material having bright color and light accumulating property
JPS62103089U (ja) * 1985-12-13 1987-07-01
JPH0629001A (ja) * 1992-07-09 1994-02-04 Stanley Electric Co Ltd 面光源装置
JPH0756523A (ja) * 1993-08-10 1995-03-03 Achilles Corp 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板
JPH07191154A (ja) * 1993-12-24 1995-07-28 Seiko Epson Corp 時計外装の夜光構造
JPH09283082A (ja) * 1996-04-09 1997-10-31 Harison Electric Co Ltd 冷陰極蛍光ランプおよび照明装置
JPH11109864A (ja) * 1997-09-30 1999-04-23 Kawaguchiko Seimitsu Kk 発光シート
JP2004171991A (ja) * 2002-11-21 2004-06-17 Sony Corp 照明装置及び表示装置
JP2005202282A (ja) * 2004-01-19 2005-07-28 Lintec Corp 標識装置
JP2005235762A (ja) * 2004-02-20 2005-09-02 Chih-Yung Liu 平面光源
JP2007227320A (ja) * 2006-02-27 2007-09-06 Mejiro Precision:Kk 照明装置
JP2009016168A (ja) * 2007-07-04 2009-01-22 Hitachi Displays Ltd 液晶表示装置
JP2009098620A (ja) * 2007-09-28 2009-05-07 Bekku Kk 積層体及び発光構造体

Patent Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60205501A (en) * 1984-03-30 1985-10-17 Soko Seiren Kk Retroreflective sheet-like material having bright color and light accumulating property
JPS62103089U (ja) * 1985-12-13 1987-07-01
JPH0629001A (ja) * 1992-07-09 1994-02-04 Stanley Electric Co Ltd 面光源装置
JPH0756523A (ja) * 1993-08-10 1995-03-03 Achilles Corp 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板
JPH07191154A (ja) * 1993-12-24 1995-07-28 Seiko Epson Corp 時計外装の夜光構造
JPH09283082A (ja) * 1996-04-09 1997-10-31 Harison Electric Co Ltd 冷陰極蛍光ランプおよび照明装置
JPH11109864A (ja) * 1997-09-30 1999-04-23 Kawaguchiko Seimitsu Kk 発光シート
JP2004171991A (ja) * 2002-11-21 2004-06-17 Sony Corp 照明装置及び表示装置
JP2005202282A (ja) * 2004-01-19 2005-07-28 Lintec Corp 標識装置
JP2005235762A (ja) * 2004-02-20 2005-09-02 Chih-Yung Liu 平面光源
JP2007227320A (ja) * 2006-02-27 2007-09-06 Mejiro Precision:Kk 照明装置
JP2009016168A (ja) * 2007-07-04 2009-01-22 Hitachi Displays Ltd 液晶表示装置
JP2009098620A (ja) * 2007-09-28 2009-05-07 Bekku Kk 積層体及び発光構造体

Also Published As

Publication number Publication date
JP5595058B2 (ja) 2014-09-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4579065B2 (ja) 照明装置、及びこれを備える表示装置
CN105074320B (zh) 具有改进的光特性的发光二极管模块
TWI479676B (zh) 具有混合式頂端反射物之側發光裝置
CN107817540A (zh) 波长转换片材用保护膜、波长转换片材及背光单元
JP2010527144A5 (ja)
CN1099872A (zh) 立方隅角返回反射物品
JP4172843B2 (ja) 反射フィルム及び発光装置
JP6021029B2 (ja) 光学部材、照明カバー及び照明器具
CN105409327A (zh) 光取出薄膜及其制造方法、以及面发光体
JP5459989B2 (ja) 積層体及び発光構造体
JP6012323B2 (ja) 装飾材
JP5459968B2 (ja) 積層体
JP6407259B2 (ja) 複合透明照明デバイス
JP5595058B2 (ja) 積層体
JP5595061B2 (ja) 積層体
CN209387902U (zh) 一种防翘曲复合式反射膜的模组
US9228716B2 (en) Reflective nanofiber lighting devices
JP4023521B2 (ja) 光フィルタ及びそれを用いる照明器具
JP6483979B2 (ja) 意匠材及び構造体
JPH0667612A (ja) プラスチックプレート製の発光体
JP5420460B2 (ja) 発光構造体
JP2017128087A (ja) 意匠材及び構造体
JP5460844B2 (ja) 積層体
RU2565419C1 (ru) Светоизлучающее тело и светодиодное осветительное устройство, содержащее такое тело
KR102098160B1 (ko) 광학 필름 및 이를 이용한 조명기구

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130116

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130906

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130911

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131011

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140228

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140804

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140805

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5595058

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees