JPH0756523A - 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板 - Google Patents

発色可変装飾装置及び可変発色装飾板

Info

Publication number
JPH0756523A
JPH0756523A JP19851593A JP19851593A JPH0756523A JP H0756523 A JPH0756523 A JP H0756523A JP 19851593 A JP19851593 A JP 19851593A JP 19851593 A JP19851593 A JP 19851593A JP H0756523 A JPH0756523 A JP H0756523A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
layer
coloring
color
light
decorative plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19851593A
Other languages
English (en)
Inventor
Naotake Ono
尚武 小野
Teiichi Suzuki
禎一 鈴木
Shiro Sakamoto
志郎 坂本
Original Assignee
Achilles Corp
アキレス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Achilles Corp, アキレス株式会社 filed Critical Achilles Corp
Priority to JP19851593A priority Critical patent/JPH0756523A/ja
Publication of JPH0756523A publication Critical patent/JPH0756523A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 異なる図形等を切替表示する。 【構成】 箱体1内に2種類の光源2を設置し、箱体1
の開口に取付けた装飾板3の図形等を発光させる。2種
類の光源2は、可視光源用蛍光灯4と、近紫外線用蛍光
灯5である、両蛍光灯4,5の点灯切替は、切替器6に
よって行う。装飾板3は、可視光線発色着色剤と、近紫
外線発色着色剤とを使い分けて板面に第1及び第2の発
色層7,8による図形等が別個に形成されたものであ
り、光源2の点灯切替により第1の発色層7によって形
成される第1の図形等と、第2の発色層8によって形成
される第2の図形等とを選択的に発光させる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、2種類の異なる図形等
を選択的に発光表示する発色可変装飾装置と、可変発色
装飾板に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、ディスプレイ,インテリアの
装飾には、平面的なものから立体的なものまで多種多様
のものが用いられている。平面的なものの代表例は、絵
画,写真の類であり、さらに壁画,天井画,ステンドグ
ラスなどもこのカテゴリーに属する。
【0003】平面装飾には、例えば立体写真のような手
法が一部にあるものの、基本的には、立体装飾に比べて
その変化性に劣しい。平面装飾に変化性を現出させる手
法として例えば、実開昭63−88550号には、紫外
線の照射によりフォトクロミックの発色層を着色又は変
色させる装飾体が提案され、実公平3−37483号に
は、紫外線による蛍光塗料の発光性を利用してコントラ
ストに差を生じさせ、蛍光塗料部分を際立たせる装置が
紹介されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記2例の参考例は、
いずれも紫外線照射による発光,発色を利用しようとす
る試みであるが、フォトクロミック,蛍光塗料によって
形成された図形がその発光,発色により強調されたとし
ても、装飾としての変化性はその限りに止まり、図形そ
のものが変化するような極端な変化性が得られるわけで
はない。
【0005】本発明の目的は、2種類の光源を使い分け
て平面上に異なる図形等を表現する発色可変装飾装置及
びこの装置に適用可能な可変発色装飾板を提供すること
にある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明による発色可変装飾装置においては、装飾板
と、光源と、切替器とを有する発色可変装飾装置であっ
て、装飾板は、可視光線発色着色剤と、近紫外線発色着
色剤とを使い分けて板面に図形等を形成する第1及び第
2の発色層が施されたものであり、光源は、装飾板の照
明用であり、可視光線発光源と近紫外線発光源とからな
り、可視光線発光源は、可視光線発色着色剤による第1
の発色層を発色させるものであり、近紫外線発光源は、
近紫外線発色着色剤による第2の発色層を発色させるも
のであり、切替器は、可視光線発光源と近紫外線発光源
との発光時機を切替制御するものである。
【0007】また、装飾板は、透明又は半透明であり、
光源は、装飾板の裏面側に配置され、可視光線発光源と
近紫外線発光源の発光切替により、第1の発色層と第2
の発色層とを選択的に発光させ、その発光色を、装飾板
を透過して表面側に発色させるものである。
【0008】本発明による可変発光装飾板においては、
板面に第1及び第2の発色層による図形等が形成された
可変発色装飾板であって、第1の発色層の図形等は、可
視光線発色着色剤によって形成されたものであり、第2
の発色層の図形等は、近紫外線発色着色剤によって形成
されたものである。
【0009】また、発色層を有する可変発色装飾板であ
って、発色層は、一定の厚みを有する光透過性合成樹脂
層であり、その領域に2種類の発色層を含み、両発色層
は、それぞれ板面の特定領域に図形等を形成する層であ
り、第1の発色層は、光透過性合成樹脂層の領域の一部
に、可視光線発色着色剤が添加されて形成されたもので
あり、第2の発色層は、光透過性合成樹脂層の他の領域
に、近紫外線発色着色剤が添加されて形成されたもので
ある。
【0010】また、表面層を有する可変発色装飾板であ
って、表面層は、透明又は半透明層であり、装飾板の表
面に一体に積層され、透過光又は反射光の反射,拡散に
より、装飾板の図形等に立体感,質感を与えるものであ
る。
【0011】また、裏面層を有する可変発色装飾板であ
って、裏面層は、透明又は半透明層であり、装飾板の裏
面に一体に積層され、透過光又は反射光の反射,拡散に
より、装飾板の図形等に質感を与えるものである。
【0012】また、裏面層は、不透明層であり、装飾板
の裏面に一体に積層され、装飾板の図形等の地色を形成
するものである。
【0013】
【作用】可視光線発光源の点灯時には、可視光線発色着
色剤による着色層の組合せによって形成された第1の発
色層による第1の図形等が表現され、近紫外線発光源の
点灯時には、近紫外線発色着色剤の組合せによって形成
された第2の発色層による第2の図形等が現出し、第1
の図形等はほとんど視認することができない。
【0014】本発明において、「図形等」とは、文字,
記号,形状,模様,色彩又はこれらの組合せを含むもの
である。また、「発色層」とは、1又は2以上の色彩で
発光する層であり、発色層の組合せにより「図形等」を
形成している層である。
【0015】第1の発色層により形成される図形等は、
可視光線発光源が消灯しているときでも太陽光,人工光
の下で視認が可能であるが、第2の発色層により形成さ
れる図形等は、可視光の下ではほとんど視認することが
できない。
【0016】第2の発色層は、近紫外線の透過光であっ
ても反射光でも発色する。近紫外線発色着色剤には、自
然光で白色又は無色のもののほかに自然光で有色で近紫
外線照射したときに自然光での発色とは異なる色に発色
する種類のものもある。さらに、無色又は白色の近紫外
線発色着色剤に、一般の顔料,染色剤で着色することも
可能である。
【0017】第2の発色層による第2の図形等は、これ
らの着色剤の任意の組合せによって形成でき、また、第
2の図形等と第1の図形等と関連性をもたせて共通の図
形等を形成し、光源の点灯切替によりその一部の図形を
消失又は現出させるといったこともできる。
【0018】装飾板3は、要するに板面に第1及び第2
の発色層による図形等が形成されたものであり、外照式
の光源で発色させるときには装飾板の材質には何等制限
を受けるものではないが、装飾板に透明又は半透明板を
用いたときには、内照式の光源によって発色層を発色さ
せることができ、図4(a)のように透明又は半透明の
表面層10を発色層11の表面に積層すれば、内照式,
外照式の光源を用いて透過光又は反射光の反射,拡散に
より、図形等に立体感,質感を与えることができる。さ
らに、図4(b)のように、透明又は半透明の裏面層1
2を発色層11の裏面に積層すれば、内照式光源を用い
て図形等の質感を一層向上できる。
【0019】一方、図4(c)のように、発色層11の
裏面に裏面層12を積層する場合に、裏面層12が透明
又は半透明であれば、透過光又は反射光に対して図形等
に質感が得られるが、不透明又は半透明であれば、外照
式光源を用いて裏面層12の色を図形等の下地として表
わすことができる。
【0020】
【実施例】以下に本発明の実施例を図によって説明す
る。図1は、本発明の一実施例を示す内照式の発色可変
装飾装置の一例である。図において、一面が開放された
箱体1内に光源2が設置され、箱体の開口に装飾板3が
取付けられている。実施例は、壁掛けとして使用する例
を示しているが、箱体の大きさは問わない。
【0021】光源2は、可視光線用蛍光灯4と、近紫外
線用蛍光灯(いわゆるブラックライト)5との組合せで
あり、可視光線用蛍光灯4と、近紫外線用蛍光灯5とを
交互に平行に配列してその内面に複数本設置している。
6は切替器である。切替器6は、可視光線用蛍光灯4と
近紫外線用蛍光灯5との電源を切替えるものであり、手
動切替のほか、コンピュータ制御による切替制御ととも
に供給電圧を制御し、発光輝度をもあわせて制御するこ
ともできる。
【0022】装飾板3は、1〜2色以上の可視光線発色
着色剤を用いて画いた第1の発色層7と、1〜2色以上
の近紫外線発色着色剤を用いて画いた第2の発色層8に
よる図形等が付されたものである。
【0023】図形等は、通常の場合、第1及び第2の発
色層7,8によって、それぞれ別個に画かれるが、ある
いは、1つの図形の着色と地色とに両発色層7,8を使
い分けてもよい。図2は、図形の形状を象った輪郭9内
を第1の発色層7により1〜2色以上に着色し、輪郭9
外を第2の発色層8で1〜2色以上に着色した例であ
る。
【0024】図3(a)に装飾板3の層構造を示す。図
3(a)の装飾板3は、表面層10と、発色層11と、
裏面層12との3層の積層からなっている。表面層10
と、裏面層12とは、透明又は半透明の樹脂保護層であ
り、発色層11をはさんでその表,裏面にそれぞれ接着
され、実施例では外面に細かい凹凸模様13を付して図
形等をソフトに表現しているが、凹凸模様は必ずしも必
要ではない。
【0025】発色層11は、一定の厚みを有する光透過
性合成樹脂層に、可視光線発色着色剤と、近紫外線発色
着色剤とを使い分け、可視光線発色着色剤を混入した第
1の発色層7と、近紫外線発色着色剤を混入した第2の
発色層8とによる第1及び第2の図形等を形成する層で
ある。
【0026】図3(a)の図形等は、板面に黒色の着色
剤によって輪郭9を形成して第1の発色層7と、第2の
発色層8とに区画している。もっとも、図形の種類によ
っては、輪郭を省いて図3(b)のように第1の発色層
7と第2の発色層8とが直接接するように形成してもよ
い。
【0027】表面層10,裏面層12及び発色層11に
は、不飽和ポリエステル,エポキシ樹脂,アクリル変性
ポリウレタン樹脂,アクリル樹脂等を用い、表面層10
及び裏面層12には、先の樹脂に加え、ポリカーボネー
ト樹脂,ガラス等を用いることも可能であり、また、補
強のため、ガラス繊維などを混入してもよい。各層は、
接着が可能であれば、いかなる樹脂の組合せであっても
よい。また、各層が同一組成である場合は、図3(c)
のように、厚肉の発色層11のみによって形成すること
もできる。この場合には、その表裏面に直接凹凸模様1
3を付してもよい。
【0028】実施例において、切替器6の制御により、
可視光線用蛍光灯4を点灯すると、第1の発色層7が1
色又は多色に発光し、第1の発色層7によって形成され
た第1の図形等が明瞭に板面に現われる。逆に、可視光
線用蛍光灯4を消灯し、近紫外線用蛍光灯5を点灯する
と、第1の発色層7による第1の図形等がほとんど視認
できず、第2の発色層8が1色又は多色に発光して第2
の発色層8によって形成された第2の図形等が板面に現
われる。したがって、切替器6による両灯の点灯切替制
御により、形状,模様,色彩が全く異なる2種類の図形
等を切替表示できる。
【0029】以上、実施例では内照式について説明した
が、外照式として利用するときには、裏面層に半透明又
は不透明の層を用いれば、これを図形等の地色として表
わすことができる。
【0030】
【発明の効果】以上のように本発明によるときには、光
源の切替により全く異なる2種類の図形等を装飾板の板
面に現わすことができ、可視光線発色着色剤及び近紫外
線発色着色剤の色の組合せにより形成される両図形等に
関連をもたせておけば、光源の点灯切替により両図形に
動きを現わすことも可能となり、或いは逆に全く無関係
の図形等を瞬時に切替表示することができる。また、光
源切替のタイミングを任意に制御し、例えば音楽の曲目
にあわせて図形等を変化させることもできる。本発明
は、絵画,標識,標示,壁画,広告板などに用いて好適
である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す断面斜視図である。
【図2】装飾板の正面図である。
【図3】(a)〜(c)は、装飾板の構造の実施例を示
す図である。
【図4】(a)〜(c)は、装飾板の層構成を示す図で
ある。
【符号の説明】
1 箱体 2 光源 3 装飾板 4 可視光線用蛍光灯 5 近紫外線用蛍光灯 6 切替器 7 第1の発色層 8 第2の発色層 9 輪郭 10 表面層 11 発色層 12 裏面層 13 凹凸模様

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 装飾板と、光源と、切替器とを有する発
    色可変装飾装置であって、 装飾板は、可視光線発色着色剤と、近紫外線発色着色剤
    とを使い分けて板面に図形等を形成する第1及び第2の
    発色層が施されたものであり、 光源は、装飾板の照明用であり、可視光線発光源と近紫
    外線発光源とからなり、 可視光線発光源は、可視光線発色着色剤による第1の発
    色層を発色させるものであり、 近紫外線発光源は、近紫外線発色着色剤による第2の発
    色層を発色させるものであり、 切替器は、可視光線発光源と近紫外線発光源との発光時
    機を切替制御するものであることを特徴とする発色可変
    装飾装置。
  2. 【請求項2】 装飾板は、透明又は半透明であり、 光源は、装飾板の裏面側に配置され、可視光線発光源と
    近紫外線発光源との発光切替により、第1の発色層と第
    2の発色層とを選択的に発光させ、その発光色を、装飾
    板を透過して表面側に発色させるものであることを特徴
    とする請求項1に記載の発色可変装飾装置。
  3. 【請求項3】 板面に第1及び第2の発色層による図形
    等が形成された可変発色装飾板であって、 第1の発色層の図形等は、可視光線発色着色剤によって
    形成されたものであり、 第2の発色層の図形等は、近紫外線発色着色剤によって
    形成されたものであることを特徴とする可変発色装飾
    板。
  4. 【請求項4】 発色層を有する可変発色装飾板であっ
    て、 発色層は、一定の厚みを有する光透過性合成樹脂層であ
    り、その領域に2種類の発色層を含み、 両発色層は、それぞれ板面の特定領域に図形等を形成す
    る層であり、 第1の発色層は、光透過性合成樹脂層の領域の一部に、
    可視光線発色着色剤が添加されて形成されたものであ
    り、 第2の発色層は、光透過性合成樹脂層の他の領域に、近
    紫外線発色着色剤が添加されて形成されたものであるこ
    とを特徴とする可変発色装飾板。
  5. 【請求項5】 請求項3又は4に記載の可変発色装飾板
    であって、表面層を有し、 表面層は、透明又は半透明層であり、装飾板の表面に一
    体に積層され、透過光又は反射光の反射,拡散により、
    装飾板の図形等に立体感,質感を与えるものであること
    を特徴とする可変発色装飾板。
  6. 【請求項6】 請求項3又は4に記載の可変発色装飾板
    であって、裏面層を有し、 裏面層は、透明又は半透明層であり、装飾板の裏面に一
    体に積層され、透過光又は反射光の反射,拡散により、
    装飾板の図形等に質感を与えるものであることを特徴と
    する可変発色装飾板。
  7. 【請求項7】 請求項4に記載の可変発色装飾板であっ
    て、裏面層を有し、 裏面層は、不透明層であり、装飾板の裏面に一体に積層
    され、装飾板の図形等の地色を形成するものであること
    を特徴とする可変発色装飾板。
JP19851593A 1993-08-10 1993-08-10 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板 Pending JPH0756523A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19851593A JPH0756523A (ja) 1993-08-10 1993-08-10 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19851593A JPH0756523A (ja) 1993-08-10 1993-08-10 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30947395A Division JPH08320658A (ja) 1995-11-28 1995-11-28 発色可変装飾装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0756523A true JPH0756523A (ja) 1995-03-03

Family

ID=16392426

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19851593A Pending JPH0756523A (ja) 1993-08-10 1993-08-10 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0756523A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005329668A (ja) * 2004-05-21 2005-12-02 Ricoh Co Ltd 装飾管理方法及び装飾管理プログラム
US7520633B2 (en) 2005-04-01 2009-04-21 Cepia, Llc Lighting and display apparatus
JP2010208321A (ja) * 2009-02-10 2010-09-24 Bekku Kk 積層体
US7825822B2 (en) 2005-04-01 2010-11-02 Cepia, Llc System and method for extracting and conveying modulated AC signal information

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS626776B2 (ja) * 1983-11-11 1987-02-13 Oki Shuzo Kk

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS626776B2 (ja) * 1983-11-11 1987-02-13 Oki Shuzo Kk

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005329668A (ja) * 2004-05-21 2005-12-02 Ricoh Co Ltd 装飾管理方法及び装飾管理プログラム
US7520633B2 (en) 2005-04-01 2009-04-21 Cepia, Llc Lighting and display apparatus
US7825822B2 (en) 2005-04-01 2010-11-02 Cepia, Llc System and method for extracting and conveying modulated AC signal information
JP2010208321A (ja) * 2009-02-10 2010-09-24 Bekku Kk 積層体

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3312732B2 (ja) 照明看板装置のための看板
KR200164723Y1 (ko) 조명간판
JP3996192B2 (ja) ディスプレイパネル
US5536558A (en) Illuminated display using ambient natrual or artificial light
KR100787552B1 (ko) 직시형 컬러 발광 프레임을 갖는 광고용 싸인보드
KR20080079359A (ko) 광고 와 인테리어 간접조명 표시매체
KR100523213B1 (ko) 광고와 조명 인테리어 표시매체 및 간접광고 조명등
JPH07199841A (ja) 光表出装置
JP2007101847A (ja) 表示装置
JPH1185075A (ja) 表示装置
WO2007088621A1 (ja) イルミネーション装置
JPH0549515U (ja) 光表示装置
JPH0756523A (ja) 発色可変装飾装置及び可変発色装飾板
KR20090086701A (ko) 돌출투광체와 광간섭판에 의한 입체 광고 효과를 갖는 싸인광고장치
JPH08320658A (ja) 発色可変装飾装置
KR20100041723A (ko) 광고 와 인테리어 간접조명 표시매체
JP2006289849A (ja) パール模様装飾体
KR100338715B1 (ko) 투명 아크릴 플라스틱 판의 조각면을 이용하여 다양한조명을 연출하는 조명 간판 및 등갓 조명 스탠드
JP2003050555A (ja) 屋外用看板装置
JPH10232638A (ja) 電光装置
JPH06274113A (ja) 表示装置
JPH096260A (ja) 表示装置
KR20030026657A (ko) 투광성 수지를 이용한 조각 투영 간판 및 제작 방법
KR200434529Y1 (ko) 측 단면 조명 방식의 투명 재질 평판 화면장치.
KR20200039280A (ko) 모자이크 이미지 디스플레이 장치