JP2005299111A - 仮ストラットとその架設工法 - Google Patents

仮ストラットとその架設工法 Download PDF

Info

Publication number
JP2005299111A
JP2005299111A JP2004113160A JP2004113160A JP2005299111A JP 2005299111 A JP2005299111 A JP 2005299111A JP 2004113160 A JP2004113160 A JP 2004113160A JP 2004113160 A JP2004113160 A JP 2004113160A JP 2005299111 A JP2005299111 A JP 2005299111A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
strut
temporary
members
temporary strut
column
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004113160A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4279189B2 (ja
Inventor
Masaru Tada
勝 多田
Shoji Yamazaki
昭二 山崎
Kazuo Yoneda
和生 米田
Original Assignee
Taisei Corp
大成建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taisei Corp, 大成建設株式会社 filed Critical Taisei Corp
Priority to JP2004113160A priority Critical patent/JP4279189B2/ja
Publication of JP2005299111A publication Critical patent/JP2005299111A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4279189B2 publication Critical patent/JP4279189B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 狭小空間のみを利用して所定の位置に搬入でき、既設仮ストラット等に全重量を預けて吊ワイヤを玉外しすることなく構築可能で、また、大規模なブラケットを要することなく設置することが可能な、傾斜を有する柱部材の構築に伴う仮ストラットとその架設工法。
【解決手段】 長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材22b同士が折りたたみ自在に接続されてなる仮ストラットを、ストラット部材22bが折りたたまれた状態で柱部材5,5の間に吊り下ろした後、ストラット部材22bを開いて直線状に組み立てる仮ストラット組立工程と、仮ストラット組立工程において組み立てられた仮ストラットを吊部材にて吊持して柱部材5,5の間に架設する仮ストラット架設工程とを含む仮ストラットとその架設工法。
【選択図】 図6

Description

本発明は、傾斜を有している構造物を構築する際に当該構造物を支持するために横設する仮ストラットとその架設工法に関する。
斜張橋は、その主塔から斜めに張られたケーブル(以下「斜材」という場合がある)により主桁を吊るして支える形式の橋である。その独特なデザインや安定性、また、主桁を主塔から延びる斜材により吊りながら順次架設するため余計な作業が少なく、施工性に優れるとともに比較的工事費が安いこと等により、近年の長大橋は、この斜張橋により構築されるケースが増えている。
これらの斜張橋の主塔の構築は、その形状が特殊な上、高所作業などが伴うため、様々な施工方法が開発され、実用化に至っている。例えば、特許文献1は、主塔の施工に際し、クライミング足場の両端部にタワークレーンを設置し、このタワークレーンによる資材の搬入と型枠の上昇を順次繰り返し行うことで、タワークレーンを支えるステーを無くし、塔構築に伴う設備費の低減を図る、塔状構造物の施工方法が記載されている。
ところで、これらの斜張橋の主塔の中には、その柱部に傾斜を有している場合が多く、このような傾斜を有した柱部材を構築する際に、躯体の自重などによりその脚部に曲げモーメントが作用することが原因によるひび割れが生じることがある。そのため、従来傾斜を有した柱部材の施工時には、仮ストラット(切梁)を設置することにより、当該脚部に逆向きの曲げモーメントを作用させて、柱部材に加わる応力を低減している。また、これらの斜張橋と同様に、傾斜を有した構造物を構築する際にも仮ストラットを設置することがある。
特開2003−328323号公報([0014]−[0019]、図4)
しかしながら、仮ストラットの設置は、柱部材が傾斜していること、躯体構築用のクライミング足場が存在するためこの狭小空間から吊り下ろせる部材の形状に限度があること、規模が大きな主塔の場合は仮ストラット自体も大きくなりその重量がクレーンの能力を超える場合があること等からその施工は困難であった。
また、仮ストラットを分割することにより狭小空間を通して架設する場合においても、通常、一旦これ等の分割された仮ストラットの部材を既設仮ストラット等に載置して、当該既設仮ストラット上で組み立てた後、吊り上げて架設していた。この場合、仮ストラットの全重量を一旦既設仮ストラット等に預けるため、各仮ストラットを架設するための部材(ブラケット等)には、仮ストラット2体分の重量に対する耐力が必要となり、その構造が大規模になるという問題点を有していた。また、仮ストラットの分割を細かく行うと、左右端の部材を載置する際に、クレーンのワイヤがクライミング足場と干渉する等の問題点も有していた。
さらに、仮ストラットの設置の際に、この仮ストラットの受け台として設置するブラケットについても、規模の大きな仮ストラットを支えるために十分な強度を有する部材厚の厚い鋼材を使用する上に、傾斜した柱部材にあわせて底部の幅を広げた台形状に形成する分、その形状が大型になるため、その設置が煩雑な上、費用がかさむという問題点も有していた。
本発明は、前記の問題点を解決することを目的とするものであり、傾斜した柱部材を有する斜張橋の主塔等の構造物の施工時に当該柱部材を支える仮ストラットの設置について、狭小空間のみを利用して所定の位置に搬入でき、既設仮ストラット等に全重量を預けることなく構築可能で、また、大規模なブラケットを要することなく設置することが可能な、仮ストラットとその架設工法を提案することを課題とする。
前記課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、上方にいくにつれて互いの間隔が狭まる少なくとも2本の柱部材の施工時において、前記柱部材の基端部に作用する応力を低減するために前記柱部材の間に横設される仮ストラットであって、長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材からなり、隣接する前記ストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されていることを特徴としている。
かかる仮ストラットは、少なくとも二つのストラット部材が折りたたみ自在に接続された構成であるため、クライミング足場等により仮ストラットを吊り下ろす空間が狭小な場合においても、仮ストラットを折りたたむことで前記狭小空間を通過可能な形状にして、吊り下ろすことが可能となる。
また、請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の仮ストラットであって、ワイヤ挿通部材が配設された両端のストラット部材と、ワイヤ固定部材が配設された中央のストラット部材とが長手方向に連設されており、隣接する前記ストラット部材同士がヒンジ部材を介して接続されていることを特徴としている。
かかる仮ストラットは、ワイヤ固定部材を有した中央のストラット部材とワイヤ挿通部材を有した両端のストラット部材とがヒンジ部材を介して接続された構成のため、当該仮ストラットを吊るための吊ワイヤ(以下「主ワイヤ」という場合がある)を中央のストラット部材に固定するとともに、ストラット部材折りたたみ用の吊ワイヤ(以下「補助ワイヤ」という場合がある)をワイヤ挿通部材に挿通させてからワイヤ固定部材に固定すれば、主ワイヤと補助ワイヤとを吊り上げるだけでストラット部材がヒンジ部材を軸に回転し引き上げられるため、仮ストラットを自動的に折りたたむことが可能となる。また、仮ストラットの吊り下ろし後は、補助ワイヤを緩めるのみで引き上げられていたストラット部材が広がり元の状態に戻るため、仮ストラットの組み立てが容易である。
また、請求項3に記載の発明は、上方にいくにつれて互いの間隔が狭まる少なくとも2本の柱部材の施工時において、前記柱部材の基端部に作用する応力を低減するために前記柱部材の間に横設される仮ストラットの架設工法であって、前記仮ストラットを、前記柱部材の間に上方から吊り下ろした後に、直線状に組み立てる仮ストラット組立工程と、前記仮ストラット組立工程において組み立てられた仮ストラットを前記2本の柱部材の間に架設する仮ストラット架設工程とを含み、前記仮ストラットは、長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されてなり、前記仮ストラット組立工程において、前記ストラット部材が折りたたまれた状態で前記柱部材の間に吊り下ろされた後、前記ストラット部材を開いて直線状に組み立てられることを特徴としている。
かかる仮ストラットの架設工法により、仮ストラットが折りたたみ自在に接続されているため、折りたたまれた状態で所定の位置に吊り下ろすことが可能となっている。そのため、主塔の構築に伴い設置される足場等により、タワークレーン等を用いて当該仮ストラットを吊り下ろすための空間が狭小な場合でも、その架設が可能となる。
また、請求項4に記載の発明は、請求項3に記載の仮ストラットの架設工法であって、前記仮ストラット組立工程の前に、前記仮ストラットの左端部と右端部とを前記2本の柱部材の間の所定の位置に載置する端部載置工程を含み、前記仮ストラット組立工程において、前記端部載置工程で所定の位置に載置された前記左端部と前記右端部との間に、長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されてなる中央部を折りたたまれた状態で上方から吊り下ろした後、前記ストラット部材を開いて前記中央部と前記左端部及び前記右端部とを一体に接続して、前記仮ストラットを直線状に組み立てることを特徴としている。
かかる仮ストラットの架設工法により、仮ストラットを分割して吊り下ろす場合において、中央部の幅を比較的広く確保しても、その中央部が折りたたまれた状態で吊り下ろせば狭小空間を通過することが可能となる。そのため、仮ストラットの分割数を減らすことが可能となり、仮ストラットの組み立てに要する手間を削減することが可能となる。
また、前記仮ストラット架設工程において、前記柱部材の所定の位置から吊り下ろされた吊部材により前記仮ストラットが吊設されれば、斜めに形成された柱部材に対応して構築されることによりその形状が大きくなるブラケットの取り付けの手間や、材料費を削減することができ、工期及び工事費をともに削減することが可能となる。
本発明によれば、傾斜を有する柱部材を構築する際の仮ストラットの架設作業の省力化が可能となるとともに、仮ストラットの架設に要する鋼材量の削減と作業性の向上を図ることが可能となる。
本発明の好適な実施の形態について、図面を参照して説明する。なお、説明において、同一要素には同一の符号を用い、重複する説明は省略する。また、説明における前後左右は、図1の正面図に向かって左右を決定し、手前側を前、奥側を後として、統一するものとする。
図1は、本発明の仮ストラットの架設工法を利用して構築される斜張橋の主塔1を示す正面図であり、図2は、後記する第2仮ストラットの架設後の状況を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。
当該主塔1は、主桁Bを吊設する斜材が定着される斜材定着部2と、前記斜材定着部2を支える柱部3と、橋脚部Pの上に構築されて前記柱部3を支持する主塔基部4とから構成されている。ここで、柱部3は、上方にいくにつれて互いの間隔が狭まる2本の柱部材5,5により構成されている。
本実施の形態では、主塔1の柱部材5,5を構築するに際し、柱部材5,5の間に3体の仮ストラット10,20,30を設置するものとする。この仮ストラット10,20,30は、柱部材5,5が傾斜を有して構築されることにより主塔基部4及び柱部材5,5の脚部(基端部)に加わる応力を低減する。
ここで、柱部材5,5の間に設置される仮ストラット10,20,30を、下から第1仮ストラット10、第2仮ストラット20、第3仮ストラット30とする。
主塔1は、主塔基部4、柱部3、斜材定着部2の順で、下から構築される。この際、施工箇所の上昇に合わせて、作業台や資材の仮置き場として使用されるクライミング足場60も上昇する。また、各資材は、図示しないタワークレーンにより、クライミング足場60に搬入される。
また、各仮ストラット10,20,30の架設は、柱部材5,5が、各仮ストラット10,20,30の架設位置より所定の高さ上方まで構築された段階で行われるものとし、第1仮ストラット10は柱部材5,5に固定されたブラケット40,40を利用して架設され、第2仮ストラット20及び第3仮ストラット30は吊部材50を利用して柱部材5,5の間に架設される。なお、本実施の形態による仮ストラット10,20,30は、その左右端の固定部材の圧力により柱部材5,5との間に摩擦力を発生させて水平に固定されるものとし、ブラケット40及び吊部材50は、各仮ストラット10,20,30の架設時及び取り外し時に一時的に支持するための部材である。なお、前記固定部材による摩擦力が小さい場合や圧力をかけない場合には、ブラケット40及び吊部材50は仮ストラット10,20,30を常時支持する部材となる。また、各仮ストラット10,20,30の架設は、各部材をタワークレーンによりクライミング足場60の中央部に形成された狭小空間61から吊り下ろしながら行われる(図2(a)参照)。
図2(a)に示すように、本実施の形態による第2仮ストラット20は、両柱部材5,5の間に、前後2箇所で架設されている。同様に、第1仮ストラット10及び第3仮ストラット30も、前後2箇所で架設されている。
次に、各仮ストラット10,20,30の架設手順について、第2仮ストラット20を例として、図3〜図7を参照して説明する。ここで、図3は、第2仮ストラット20の架設手順を示すフローチャートである。また、図4〜図7は、第2仮ストラットの架設作業における各施工段階を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。
本実施の形態にかかる仮ストラットの架設工法は、図3に示すように、端部載置工程S1と、仮ストラット組立工程S2と、仮ストラット架設工程S3とからなり、前記各工程を2回繰り返し行うことにより、図2(a)に示すように、第2仮ストラット20を柱部材5の前後2箇所に設置するものである。
[端部載置工程]
端部載置工程S1は、図4及び図5に示すように、クライミング足場60の中央に形成された狭小空間61を利用して、第2仮ストラット20の左分割ストラット21及び右分割ストラット23を第1仮ストラット10の上面に仮置き(載置)する工程である。ここで、第2仮ストラット20は、予め左分割ストラット21と中分割ストラット22と右分割ストラット23とに3分割されており、左分割ストラット21と右分割ストラット23は左右対称に略同一形状に形成されている。
図4(a)に示すように、左分割ストラット21の長さは、狭小空間61の左右の幅及び前後の奥行きよりも長く、狭小空間61を通過時には、左分割ストラット21の長手方向を狭小空間61の対角線上にあわせることにより、左分割ストラット21の水平を維持したまま図示しないタワークレーンを利用して吊り下ろす。
そして、狭小空間61を通過した左分割ストラット21は、図4(b)に示すように、その長手方向が、第1仮ストラット10と平行になるように回転させた後、左側に寄せて第1仮ストラット10の上に仮置きする。この際、第1仮ストラット10の上面には、第2仮ストラット20を仮置きするための枕木11が、所定の位置に配置されている。
続いて、左分割ストラット21と同様の方法により、右分割ストラット23を、狭小空間61を通過させて第1仮ストラット10の上の所定の位置に仮置きする(図5(a)及び(b)参照)。
[仮ストラット組立工程]
仮ストラット組立工程S2は、端部載置工程S1において、第1仮ストラット10の上面に仮置きされた左分割ストラット21と右分割ストラット23との間に中分割ストラット22を吊り下ろし、各分割ストラット21,22,23を一体化する工程である(図6参照)。
中分割ストラット22は、図6(b)に示すように、狭小空間61の通過時には、中分割ストラット22の幅が狭小空間61の幅よりも狭くなるように、左右のストラット部材(以下「翼部材」という)22b,22bが折れ点24において上方に折りたたまれた状態で吊り下ろされる。
そして、中分割ストラット22が狭小空間61を通過すると、上方に折りたたまれていた左右の翼部材22b,22bを水平に広げ、図6(a)に示すように、後側に平行移動した後、第1仮ストラット10の上に仮置きされている左分割ストラット21と右分割ストラット23の間に載置する。そして、各分割ストラット21,22,23を、ボルト等により一体に接合して、第2仮ストラット20を構築する。この時、中分割ストラット22は図示しないタワークレーンから延びる吊り上げ用の主ワイヤ51により吊り下げられた状態で作業を行い、第1仮ストラット10に負荷する第2仮ストラット20の重量を低減させれば、第1仮ストラット10への負担が低減されて好適である。
[仮ストラット架設工程]
仮ストラット架設工程S3は、仮ストラット組立工程S2において組み立てられた、第2仮ストラット20を、両柱部材5,5の所定の位置に架設する工程である。
第1仮ストラット10の上面で一体化がなされた第2仮ストラット20は、図7(b)に示すように、主ワイヤ51により吊り上げられて、両柱部材5,5の間の所定の位置に架設される。この際、第2仮ストラット20は、柱部材5,5の所定の位置に予め設置された固定部材案内板41,41に第2仮ストラット20の左右端に予め取り付けられている固定部材25,25を合わせるとともに、固定部材案内板41,41の上方の所定の位置から吊るされた吊部材50,50により吊持した状態で位置決めを行い、固定部材25,25により水平に固定される。なお、固定部材25は、伸縮機能を有した油圧ジャッキなどからなり、当該固定部材25,25を左右に伸長させて柱部材5,5に圧着することにより、柱部材5,5との間の摩擦力により第2仮ストラット20を水平に固定する。なお、主ワイヤ51は、第2仮ストラットの吊り上げ時のバランスを考慮して配置するものとし、本実施の形態では、4点にて支持するものとする。
ここで、本実施の形態における吊り部材50は、第2仮ストラット20の架設時及び取り外し時であって固定部材25による圧力が柱部材5,5に作用しておらず第2仮ストラット20が固定されていない時に、一時的に吊持する部材である。ただし、圧力を作用させずに架設する仮ストラットや自重を支持できるだけの摩擦力を得られない圧力の範囲で架設する仮ストラットの場合は、この限りではなく、吊り部材50により常時吊持することとなる。
同様の作業を繰り返し行い、柱部材5,5の間の同じ高さの前側にも第2仮ストラットを架設する(図2(a)参照)。
なお、第1仮ストラット10及び第3仮ストラット30の架設についても、前記第2仮ストラット20の架設工法と略同様の方法により行うことが可能である。
ここで、第2仮ストラット20の架設時には、仮ストラット架設工程において吊り部材50,50により吊持した状態で位置決めを行ったが、第1仮ストラットの架設時には、柱部材5,5に固定されたブラケット40,40に第1仮ストラットを架設した状態で、位置決めを行うものとする。
また、第3仮ストラット30の組立時における左右の分割ストラットの仮置きは、第2仮ストラット20の上面で行うことが可能である。
次に、中分割ストラット22の細部の構成について説明する。
図8は、中分割ストラット22の折れ点24の拡大図であり、同図に示すように、中分割ストラット22は、その折れ点24において中部材(ストラット部材)22aと左右の翼部材22b,22bとがヒンジ部材26を介して接続されている。ここで、図8には中部材22aと右側の翼部材22bとの折れ点24のみが記載されているが、当該中分割ストラット22は左右対称に構成されており、中部材22aと左側の翼部材22bとの折れ点24も同様に構成されている。
この構成により、左右の翼部材22b,22bは、中部材22aに対して、90°回転が可能となっている。また、中部材22aと翼部材22bには、ヒンジ部材26から所定の間隔をあけてそれぞれ吊ピース27a,27bが固定されている。中分割ストラット22を吊り下ろす際に、補助ワイヤ29は、その一方の端部が中部材22aの吊ピース27aに取り付けられたシャックル(ワイヤ固定部材)28aに固定されており、他方の端部は、翼部材22bに固定された吊ピース27bのシャックル(ワイヤ挿通部材)28bに挿通され、主ワイヤ51とともに、タワークレーンにより吊り上げられている(図6(b)参照)。この構成により、補助ワイヤ29を吊り上げることで、翼部材22bに固定された吊ピース27bは中央上方向に引き上げられるため、翼部材22bはヒンジ部材26を軸に上方向に回転して上方に立ち上がる。また、中分割ストラット22を左分割ストラット21と右分割ストラット23との間に載置し、補助ワイヤ29の張力を緩めると、上方に引き上げられていた翼部材22bが水平に広がり、中分割ストラット22が左右の分割ストラット21,23と接続可能となる。
前記の通り、本発明の仮ストラット架設工法は、仮ストラットをクライミング足場60の中央に形成された狭小空間61を通過可能な大きさに3分割するため、タワークレーンにより吊り下ろす際にも、主ワイヤ51がクライミング足場と干渉することもなく、作業を行うことが可能となる。また、中分割ストラット22は、折れ点24を有しているため、中分割ストラット22の幅を多少広く構成しても、折れ点24において両翼部22bを上方に立てることにより、狭小空間61を通過可能となる。
また、中分割ストラット22の折れ点の構成によれば、補助ワイヤ29により吊り上げることで、翼部22bが立ち上がり、所定の位置に載置することで翼部22bが広がる構成のため、特殊な作業や人員を要することなく、中分割ストラット22の搬入が可能となる。
また、仮ストラットの架設部材として、吊部材50を使用したことにより、柱部材5の傾斜に合せて、その底部が広がるブラケットの設置作業に要する手間や鋼材費を削減することが可能となる。また、吊部材50を利用した架設は、仮ストラットを垂直に吊り上げた後、吊部材50を仮ストラットの所定の位置に取り付けるのみで完了するため、仮ストラットを前後に移動することでブラケットをかわし、一旦仮ストラットをブラケットよりも高い位置まで上げた後、仮ストラットの前後位置を戻して、ブラケットに載置する方法に比べて、作業が容易である。
以上、本発明について、好適な実施形態について説明したが、本発明は前記実施形態に限られず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で適宜設計変更が可能である。
例えば、前記実施の形態では斜張橋の主塔の傾斜を有する柱の構築について本発明の仮ストラットの架設工法を採用するものとしたが、上方にいくに従いその間隔が狭まる柱を有する構造物であれば、斜張橋の主塔に限定されるものではないことは言うまでもない。
また、前記実施の形態では2本の柱が互いに傾斜を有していたが、これに限定されるものではなく、どちらか一方が傾斜を有して上方にいくに従い互いの間隔が狭まる構造物の構築の際に本発明の仮ストラットの架設工法を適用しても良い。
また、前記実施の形態では、第1仮ストラットの架設を左右の柱部材に固定されたブラケットを介して行うものとしたが、第2仮ストラット及び第3仮ストラットと同様に吊り部材により架設してもよく、その架設に使用する部材は、限定されるものではない。
また、各仮ストラットを吊持する吊部材は、形式、形状等は限定されるものではなく、仮ストラットを吊持する能力を有しているもの中から、現場の状況に応じて適宜選定して使用する。
また、前記実施の形態では、仮ストラットを3分割して、柱部材の間に吊り下ろした後組み立てる構成としたが、仮ストラットの分割数は限定されるものではなく、仮ストラット組立工程において仮置きする既設部材の強度、組立作業に要する手間、揚重機械の能力等を考慮して適宜設定する。
また、前記実施の形態では、仮ストラットを3体架設するものとしたが、左右の柱部材の基端部に作用する応力を制御することが可能であれば、架設する仮ストラットの数は限定されるものではない。同様に、各仮ストラットは、それぞれ前後方向に2体架設するものとしたが、架設する仮ストラットの数は限定されるものではなく、柱部材の構造等の応じて適宜設定する。
また、前記実施の形態では、ヒンジ部材により中分割ストラットを左右2箇所で折りたたむ構成としたが、中分割ストラットが狭小空間を通過可能に折りたためる構成であれば、その方式及び箇所数は限定されるものではない。
また、前記実施の形態では主ワイヤを利用して補助ワイヤを引き上げるとともに両翼部が引き上げられる構成としたが、例えば手動により翼部を開閉させてもよいことはいうまでもなく、その方法は限定されるものではない。
また、前記実施の形態では、左右の翼部材にワイヤ挿通部材、中部材にワイヤ固定部材を設置する構成としたが、例えば左右の翼部材にも中部材と同様にワイヤ固定部材を設置して、左右の翼部材には短めの吊ワイヤ、中部材には長めの吊ワイヤをそれぞれ固定することにより、翼部材を引き上げて折りたたむ構成とするなど、中部材と翼部材との接合部の構成は限定されるものではない。
さらに、各分割ストラットの接合方法は、ボルトによる締着に限定されるものではない。
本発明の仮ストラットの架設工法を利用して構築される斜張橋の主塔を示す正面図である。 仮ストラットの架設工法における第2仮ストラットの架設後の状況を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。 本発明の仮ストラットの架設工法の作業手順を示すフローチャートである。 仮ストラットの架設工法における左端部の吊り下ろし手順を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。 仮ストラットの架設工法における左端部及び右端部の仮置き状況を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。 仮ストラットの架設工法における中央部の載置手順を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。 仮ストラットの架設工法における第2仮ストラットの架設手順を示す図であり、(a)は平面図、(b)は正面図である。 第2仮ストラットの中央部の折れ点の詳細を示す図である。
符号の説明
1 主塔
2 斜材定着部
3 柱部
4 主塔基部
5 柱部材
10 第1仮ストラット
20 第2仮ストラット
21 左分割ストラット(左端部)
22 中分割ストラット(中央部)
22a 中部材(ストラット部材)
22b 翼部材(ストラット部材)
23 右分割ストラット(右端部)
24 折れ点
26 ヒンジ部材
27a 吊ピース(ワイヤ固定部材)
27b 吊ピース(ワイヤ挿通部材)
28a シャックル(ワイヤ固定部材)
28b シャックル(ワイヤ挿通部材)
29 補助ワイヤ
30 第3仮ストラット
50 吊部材
51 主ワイヤ
61 狭小空間
B 主桁
P 橋脚部

Claims (5)

  1. 上方にいくにつれて互いの間隔が狭まる少なくとも2本の柱部材の施工時において、前記柱部材の基端部に作用する応力を低減するために前記柱部材の間に横設される仮ストラットであって、
    長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材からなり、隣接する前記ストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されていることを特徴とする仮ストラット。
  2. ワイヤ固定部材が配設された中央のストラット部材とワイヤ挿通部材が配設された両端のストラット部材とが長手方向に連設されており、
    隣接する前記ストラット部材同士がヒンジ部材を介して接続されていることを特徴とする、請求項1に記載の仮ストラット。
  3. 上方にいくにつれて互いの間隔が狭まる少なくとも2本の柱部材の施工時において、前記柱部材の基端部に作用する応力を低減するために前記柱部材の間に横設される仮ストラットの架設工法であって、
    前記仮ストラットを、前記柱部材の間に上方から吊り下ろした後に、直線状に組み立てる仮ストラット組立工程と、
    前記仮ストラット組立工程において組み立てられた仮ストラットを前記2本の柱部材の間に架設する仮ストラット架設工程とを含み、
    前記仮ストラットは、長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されてなり、
    前記仮ストラット組立工程において、前記ストラット部材が折りたたまれた状態で前記柱部材の間に吊り下ろされた後、前記ストラット部材を開いて直線状に組み立てられることを特徴とする、仮ストラットの架設工法。
  4. 前記仮ストラット組立工程の前に、前記仮ストラットの左端部と右端部とを前記2本の柱部材の間の所定の位置に載置する端部載置工程を含み、
    前記仮ストラット組立工程において、前記端部載置工程で所定の位置に載置された前記左端部と前記右端部との間に、長手方向に連設された少なくとも二つのストラット部材同士が折りたたみ自在に接続されてなる中央部を折りたたまれた状態で上方から吊り下ろした後、前記ストラット部材を開いて前記中央部と前記左端部及び前記右端部とを一体に接続して、前記仮ストラットを直線状に組み立てることを特徴とする、請求項3に記載の仮ストラットの架設工法。
  5. 前記仮ストラット架設工程において、前記柱部材の所定の位置から吊り下ろされた吊部材により前記仮ストラットが吊設されることを特徴とする、請求項3又は請求項4に記載の仮ストラットの架設工法。
JP2004113160A 2004-04-07 2004-04-07 仮ストラットとその架設工法 Expired - Fee Related JP4279189B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004113160A JP4279189B2 (ja) 2004-04-07 2004-04-07 仮ストラットとその架設工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004113160A JP4279189B2 (ja) 2004-04-07 2004-04-07 仮ストラットとその架設工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005299111A true JP2005299111A (ja) 2005-10-27
JP4279189B2 JP4279189B2 (ja) 2009-06-17

Family

ID=35330995

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004113160A Expired - Fee Related JP4279189B2 (ja) 2004-04-07 2004-04-07 仮ストラットとその架設工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4279189B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100820299B1 (ko) 2007-05-15 2008-04-08 삼성물산 주식회사 가설브래킷 설치구조 및 가설브래킷을 이용한 사장교 주탑pc가로보 설치공법
KR100832100B1 (ko) * 2007-04-20 2008-05-27 삼성물산 주식회사 주탑 기부 응력저감 가설구조 및 주탑 기부 응력저감 공법
CN103898836A (zh) * 2014-03-03 2014-07-02 中铁港航局集团有限公司 斜拉桥h型索塔高上横梁钢斜腿预应力支架施工方法
CN104805769A (zh) * 2015-04-07 2015-07-29 中铁第五勘察设计院集团有限公司 一种自平衡弧形梁现浇支架及其施工方法
JP2017089097A (ja) * 2015-11-02 2017-05-25 三井住友建設株式会社 主塔または橋脚の構築方法

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103952980B (zh) * 2014-05-15 2016-06-08 中交第三公路工程局有限公司 一种斜拉桥主塔索道管安装定位方法
CN108978471B (zh) * 2018-09-28 2020-03-31 重庆交通大学 一种增大斜拉桥异形索塔刚度的支撑装置及其安装方法
CN110965474A (zh) * 2019-11-28 2020-04-07 中铁广州工程局集团有限公司 一种索塔横梁施工方法
CN110886242B (zh) * 2019-12-31 2021-05-14 中铁大桥局集团有限公司 山区悬索桥隧道锚洞内复合索鞍安装方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100832100B1 (ko) * 2007-04-20 2008-05-27 삼성물산 주식회사 주탑 기부 응력저감 가설구조 및 주탑 기부 응력저감 공법
KR100820299B1 (ko) 2007-05-15 2008-04-08 삼성물산 주식회사 가설브래킷 설치구조 및 가설브래킷을 이용한 사장교 주탑pc가로보 설치공법
CN103898836A (zh) * 2014-03-03 2014-07-02 中铁港航局集团有限公司 斜拉桥h型索塔高上横梁钢斜腿预应力支架施工方法
CN103898836B (zh) * 2014-03-03 2015-11-25 中铁港航局集团有限公司 斜拉桥h型索塔高上横梁钢斜腿预应力支架施工方法
CN104805769A (zh) * 2015-04-07 2015-07-29 中铁第五勘察设计院集团有限公司 一种自平衡弧形梁现浇支架及其施工方法
CN104805769B (zh) * 2015-04-07 2016-08-24 中铁第五勘察设计院集团有限公司 一种自平衡弧形梁现浇支架及其施工方法
JP2017089097A (ja) * 2015-11-02 2017-05-25 三井住友建設株式会社 主塔または橋脚の構築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4279189B2 (ja) 2009-06-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4279189B2 (ja) 仮ストラットとその架設工法
JP3177157U (ja) 高層ブリッジにおける簡単なタワー器械装置
JP2007205139A (ja) アーチ橋の構築方法
JPH06341110A (ja) 骨格構造形式の橋及びその架設工法
US8348221B2 (en) Formwork system for constructing a structural concrete floor with projecting floor beams
JP2010065378A (ja) 吊り足場及びその架設方法
JP5807253B2 (ja) 伸縮式足場構造、及びこれを用いた吊り足場設置方法
CN105189889B (zh) 用于气象防护屋顶的桁架梁以及具有若干桁架梁的气象防护屋顶
CN107882328A (zh) 大跨度钢桁架悬吊结构的施工方法
CN109736179B (zh) 系杆拱桥装配式施工方法
JP2000096819A (ja) 歩道橋、架線ビーム等の作業足場の仮設工法
JP4219067B2 (ja) 仮橋仮桟橋の架設方法
JP3179138U (ja) 脚頭部施工用足場支保工
JP2004270377A (ja) 柱梁先組鉄筋体とそれを用いた先組鉄筋工法
JP2006009421A (ja) タワークレーンを用いた建物の施工方法
JPH08134847A (ja) 鋼管アーチの架設方法
JP2809612B2 (ja) 部分作業足場とこれを用いたジョイント足場の架設方法
JP2021116153A (ja) タワークレーン用支持構台及びこれを用いたクライミング方法
JP6836036B2 (ja) スライダー部とスライダー収納部と取付具との組み合せ
JP6873509B2 (ja) スライダー部とスライダー収納部と取付支柱具との組み合せ
JP6917720B2 (ja) 複合吊り構造物の構築方法
JP6831714B2 (ja) タワークレーンの基礎架台およびタワークレーン
JP2690822B2 (ja) 低層建築物の鉄骨造建方工法
JPH10204826A (ja) 吊床版橋及びその構築方法
JPH11199173A (ja) 長大構造物の建造方法及びこの方法に使用するリフティングビーム

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070219

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081218

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090204

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090303

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120319

Year of fee payment: 3

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090311

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150319

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees