JP2001280268A - スクロール型圧縮機 - Google Patents

スクロール型圧縮機

Info

Publication number
JP2001280268A
JP2001280268A JP2000096280A JP2000096280A JP2001280268A JP 2001280268 A JP2001280268 A JP 2001280268A JP 2000096280 A JP2000096280 A JP 2000096280A JP 2000096280 A JP2000096280 A JP 2000096280A JP 2001280268 A JP2001280268 A JP 2001280268A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flow path
scroll
filter
chamber
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000096280A
Other languages
English (en)
Inventor
Junya Tanaka
順也 田中
Original Assignee
Fujitsu General Ltd
株式会社富士通ゼネラル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu General Ltd, 株式会社富士通ゼネラル filed Critical Fujitsu General Ltd
Priority to JP2000096280A priority Critical patent/JP2001280268A/ja
Publication of JP2001280268A publication Critical patent/JP2001280268A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C18/00Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids
    • F04C18/02Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids of arcuate-engagement type, i.e. with circular translatory movement of co-operating members, each member having the same number of teeth or tooth-equivalents
    • F04C18/0207Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids of arcuate-engagement type, i.e. with circular translatory movement of co-operating members, each member having the same number of teeth or tooth-equivalents both members having co-operating elements in spiral form
    • F04C18/0215Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids of arcuate-engagement type, i.e. with circular translatory movement of co-operating members, each member having the same number of teeth or tooth-equivalents both members having co-operating elements in spiral form where only one member is moving
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C29/00Component parts, details or accessories of pumps or pumping installations, not provided for in groups F04C18/00 - F04C28/00
    • F04C29/02Lubrication; Lubricant separation
    • F04C29/026Lubricant separation

Abstract

(57)【要約】 【課題】 フィルタの面積を大きくでき、目詰まりし難
く、圧縮効率が低下しないスクロール型圧縮機を提供す
ることを目的としている。 【解決手段】 高圧導入路11がフレーム5に形成さ
れ、背圧室9に開口する第1の流路11aと、固定スク
ロール2に形成され、前記第1の流路と連通し、吐出室
1aに開口する第2の流路11bとでなり、前記第1の
流路または前記第2の流路に絞り部11cを設け、同第
2の流路入口にフィルタ11dを設けるようにしたの
で、フィルタの面積を大きくすることができ、目詰まり
し難く、圧縮効率が低下しないスクロール型圧縮機を提
供することができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、スクロール型圧縮
機に係わり、とくに旋回スクロールの背面に形成した背
圧室に導入する高圧流体の高圧導入路に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、スクロール型圧縮機は、図4に示
すように、密閉容器1内にて設けた吐出室1aに臨ませ
て吐出口2aを中央に備える鏡板2bにインボリュート
曲線からなる渦巻状の第1のラップ2cを立設させた固
定スクロール2と、同固定スクロール2に対向する鏡板
3bに、前記第1のラップ2cと互いに噛み合わせて圧
縮室23を形成するインボリュート曲線からなる渦巻状
の第2のラップ3cを立設させた旋回スクロール3と、
前記旋回スクロール3を軸方向に支承するフレーム5
と、前記旋回スクロール3の自転を防止するオルダムリ
ング4と、前記旋回スクロール3を旋回駆動するクラン
ク軸6aと、同クランク軸6aの一端部に形成され、前
記フレーム5に設けた軸受部5aに支承されて電動機8
により回転駆動される主軸6bとで構成され、旋回スク
ロール3の背面に背圧室9を形成し、前記固定スクロー
ル2とフレーム5とに前記吐出室1aより同背圧室9に
高圧流体を導入する高圧導入路11を設けて、同高圧流
体の圧力により前記旋回スクロール3を固定スクロール
2に押し付け、圧縮室23の圧縮ガスが漏れないように
していた。そして、前記高圧導入路11の、前記フレー
ム5側に、背圧を調整する絞り部11cと、潤滑に混入
した異物の侵入を防ぐフィルタ11dを設けている。し
かし、この構成では、前記フィルタ11dが高圧導入路
11の途中に配置されるため、その面積を大きくするこ
とができず、目詰まりし易く、高圧流体の導入を阻害
し、圧縮効率が低下してしまうという問題があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は以上述べた問
題点を解決し、フィルタの面積を大きくでき、目詰まり
し難く、圧縮効率が低下しないスクロール型圧縮機を提
供することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上述の課題を解
決するため、密閉容器内に設けた吐出室に臨ませて吐出
口を中央に備える鏡板にインボリュート曲線からなる渦
巻状の第1のラップを立設させた固定スクロールと、同
固定スクロールに対向する鏡板に、前記第1のラップと
互いに噛み合わせて圧縮室を形成するインボリュート曲
線からなる渦巻状の第2のラップを立設させた旋回スク
ロールと、前記旋回スクロールを軸方向に支承するフレ
ームと、前記旋回スクロールの自転を防止するオルダム
リングと、前記旋回スクロールを旋回駆動するクランク
軸と、同クランク軸の一端部に形成され、前記フレーム
に設けた軸受部に支承されて電動機により回転駆動され
る主軸とで構成され、前記旋回スクロールの背面に背圧
室を形成し、同背圧室に前記吐出室からの高圧流体をフ
ィルタと絞り部を介して導入する高圧導入路を設けてな
るスクロール型圧縮機において、前記高圧導入路が前記
フレームに形成され、前記背圧室に開口する第1の流路
と、前記固定スクロールに形成され、前記第1の流路と
連通し、前記吐出室に開口する第2の流路とでなり、前
記第1の流路または前記第2の流路に絞り部を設け、同
第2の流路入口にフィルタを設けるようにしたスクロー
ル型圧縮機としている。
【0005】前記固定スクロールの下方外周面に前記吐
出室に臨む切欠部を設け、同切欠部に前記第2の流路入
口を臨ませてなるスクロール型圧縮機としている。
【0006】前記フィルタが、前記第2の流路入口に下
向きに配置されてなるスクロール型圧縮機としている。
【0007】前記第2の流路入口の径を前記第1の流路
の径より大きくしたスクロール型圧縮機としている。
【0008】前記第2の流路入口に同流路の径より大き
な段差部を設け同段差部にフィルタを配置してリングを
圧入することによりフィルタを固定するようにしたスク
ロール型圧縮機としている。
【0009】前記フィルタのメッシュの大きさを、前記
絞り部の大きさの1/3〜1としたスクロール型圧縮機
としている。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、図面に基づいて本発明によ
るスクロール型圧縮機を詳細に説明する。図1は本発明
によるスクロール型圧縮機の一実施例を示す要部側断面
図である。図に示すように、密閉容器1内にて設けた吐
出室1aに臨ませて吐出口2aを中央に備える鏡板2b
にインボリュート曲線からなる渦巻状の第1のラップ2
cを立設させた固定スクロール2と、同固定スクロール
2に対向する鏡板3bに、前記第1のラップ2cと互い
に噛み合わせて圧縮室23を形成するインボリュート曲
線からなる渦巻状の第2のラップ3cを立設させた旋回
スクロール3と、前記旋回スクロール3を軸方向に支承
するフレーム5と、前記旋回スクロール3の自転を防止
するオルダムリング4と、前記旋回スクロール3を旋回
駆動するクランク軸6aと、同クランク軸6aの一端部
に形成され、前記フレーム5に設けた軸受部5aに支承
されて電動機8により回転駆動される主軸6bとで構成
され、前記フレーム5と旋回スクロール3との間、即ち
旋回スクロール3の背面に背圧室9を形成し、前記固定
スクロール2とフレーム5とに前記吐出室1aより同背
圧室9に高圧流体を導入する高圧導入路11を設けて、
同高圧流体の圧力により前記旋回スクロール3を固定ス
クロール2に押し付け、圧縮室23の圧縮ガスが漏れな
いようにしている。
【0011】そして、前記高圧導入路11が前記フレー
ム5に形成され、前記背圧室9に開口する第1の流路1
1aと、前記固定スクロール2に形成され、前記第1の
流路11aと連通し、前記吐出室1aに開口する第2の
流路11bとでなり、前記第1の流路11aまたは前記
第2の流路11bに絞り部11cを設け、同第2の流路
11b入口にフィルタ11dを設けるようにしている。
また、図に示すように、前記第2の流路11bの径を前
記第1の流路11aの径より大きく形成し、同第2の流
路11b入口に、同第2の流路11bの径より大きな段
差部11eを設け、同段差部11eに、前記フィルタ1
1dを挿入し、リング11fで固定するようにしてい
る。
【0012】図2は本発明によるスクロール型圧縮機の
他の実施例を示す要部側断面図である。図に示すよう
に、前記固定スクロール2の下方外周面2gに前記吐出
室1aに臨む切欠部10を設け、同切欠部10に前記第
2の流路11b入口を臨ませている。そして、前記フィ
ルタ11dを、前記第2の流路11b入口に下向きに配
置するようにしている。これにより、運転を停止した
時、フィルタ11dに付着した異物がその自重により落
ちて、フィルタ効率を改善することができる。本実施例
の場合も、前記第2の流路11b入口の径を前記第1の
流路11aの径より大きく形成し、同第2の流路11b
入口に、同第2の流路11bの径より大きな段差部11
eを設け、同段差部11eに、前記フィルタ11dを挿
入し、リング11fで固定するようにしている。
【0013】図3は本発明によるスクロール型圧縮機の
他の実施例を示す要部側断面図である。図1、図2いず
れの実施例においても、図3に示すように、前記フィル
タ11dのメッシュの大きさを、前記絞り部11cの大
きさの1/3〜1の大きさにして、絞り部11cを通過
しない異物を通過させないように濾過して絞り部11c
が詰まらないようにしている。
【0014】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によるスク
ロール型圧縮機によれば、密閉容器内に設けた吐出室に
臨ませて吐出口を中央に備える鏡板にインボリュート曲
線からなる渦巻状の第1のラップを立設させた固定スク
ロールと、同固定スクロールに対向する鏡板に、前記第
1のラップと互いに噛み合わせて圧縮室を形成するイン
ボリュート曲線からなる渦巻状の第2のラップを立設さ
せた旋回スクロールと、前記旋回スクロールを軸方向に
支承するフレームと、前記旋回スクロールの自転を防止
するオルダムリングと、前記旋回スクロールを旋回駆動
するクランク軸と、同クランク軸の一端部に形成され、
前記フレームに設けた軸受部に支承されて電動機により
回転駆動される主軸とで構成され、前記旋回スクロール
の背面に背圧室を形成し、同背圧室に前記吐出室からの
高圧流体をフィルタと絞り部を介して導入する高圧導入
路を設けてなるスクロール型圧縮機において、前記高圧
導入路が前記フレームに形成され、前記背圧室に開口す
る第1の流路と、前記固定スクロールに形成され、前記
第1の流路と連通し、前記吐出室に開口する第2の流路
とでなり、前記第1の流路または前記第2の流路に絞り
部を設け、同第2の流路入口にフィルタを設けるように
したので、フィルタの面積を大きくすることができ、目
詰まりし難く、圧縮効率が低下しないスクロール型圧縮
機を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるスクロール型圧縮機の一実施例を
示す要部側断面図である。
【図2】本発明によるスクロール型圧縮機の他の実施例
を示す要部側断面図である。
【図3】本発明によるスクロール型圧縮機の他の実施例
を示す要部拡大断面図である。
【図4】従来のスクロール型圧縮機を示す要部側断面図
である。
【符号の説明】
1 密閉容器 1a 吐出室 2 固定スクロール 2a 吐出口 2b 鏡板 2c 第1のラップ 3 旋回スクロール 3b 鏡板 3c 第2のラップ 4 オルダムリング 5 フレーム 5a 軸受部 6a クランク軸 6b 主軸 8 電動機 9 背圧室 10 切欠部 11 高圧導入路 11a 第1の流路 11b 第2の流路 11c 絞り部 11d フィルタ 11e 段差部 11f リング 23 圧縮室

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 密閉容器内に設けた吐出室に臨ませて吐
    出口を中央に備える鏡板にインボリュート曲線からなる
    渦巻状の第1のラップを立設させた固定スクロールと、
    同固定スクロールに対向する鏡板に、前記第1のラップ
    と互いに噛み合わせて圧縮室を形成するインボリュート
    曲線からなる渦巻状の第2のラップを立設させた旋回ス
    クロールと、前記旋回スクロールを軸方向に支承するフ
    レームと、前記旋回スクロールの自転を防止するオルダ
    ムリングと、前記旋回スクロールを旋回駆動するクラン
    ク軸と、同クランク軸の一端部に形成され、前記フレー
    ムに設けた軸受部に支承されて電動機により回転駆動さ
    れる主軸とで構成され、前記旋回スクロールの背面に背
    圧室を形成し、同背圧室に前記吐出室からの高圧流体を
    フィルタと絞り部を介して導入する高圧導入路を設けて
    なるスクロール型圧縮機において、 前記高圧導入路が前記フレームに形成され、前記背圧室
    に開口する第1の流路と、前記固定スクロールに形成さ
    れ、前記第1の流路と連通し、前記吐出室に開口する第
    2の流路とでなり、前記第1の流路または前記第2の流
    路に絞り部を設け、同第2の流路入口にフィルタを設け
    るようにしたことを特徴とするスクロール型圧縮機。
  2. 【請求項2】 前記固定スクロールの下方外周面に前記
    吐出室に臨む切欠部を設け、同切欠部に前記第2の流路
    入口を臨ませてなることを特徴とする請求項1記載のス
    クロール型圧縮機。
  3. 【請求項3】 前記フィルタが、前記第2の流路入口に
    下向きに配置されてなることを特徴とする請求項2記載
    のスクロール型圧縮機。
  4. 【請求項4】 前記第2の流路入口の径を前記第1の流
    路の径より大きくしたことを特徴とする請求項1、請求
    項2または請求項3記載のスクロール型圧縮機。
  5. 【請求項5】 前記第2の流路入口に同流路の径より大
    きな段差部を設け同段差部にフィルタを配置してリング
    を圧入することによりフィルタを固定するようにしたこ
    とを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3または請
    求項4記載のスクロール型圧縮機。
  6. 【請求項6】 前記フィルタのメッシュの大きさを、前
    記絞り部の大きさの1/3〜1としたことを特徴とする
    請求項1記載のスクロール型圧縮機。
JP2000096280A 2000-03-31 2000-03-31 スクロール型圧縮機 Pending JP2001280268A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000096280A JP2001280268A (ja) 2000-03-31 2000-03-31 スクロール型圧縮機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000096280A JP2001280268A (ja) 2000-03-31 2000-03-31 スクロール型圧縮機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001280268A true JP2001280268A (ja) 2001-10-10

Family

ID=18611069

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000096280A Pending JP2001280268A (ja) 2000-03-31 2000-03-31 スクロール型圧縮機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001280268A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102005001160B4 (de) * 2004-01-15 2008-11-13 Denso Corp., Kariya-shi Spiralkompressor
CN103835944A (zh) * 2012-11-26 2014-06-04 上海三电贝洱汽车空调有限公司 涡旋式压缩机及其再次启动方法
EP2312164A4 (en) * 2008-07-15 2015-05-06 Daikin Ind Ltd VOLUME COMPRESSOR
CN107781162A (zh) * 2017-09-04 2018-03-09 江苏成科新能源有限公司 一种空调压缩机的涡旋结构
CN107781161A (zh) * 2017-09-04 2018-03-09 江苏成科新能源有限公司 一种汽车空调压缩机的定涡旋盘
CN107829930A (zh) * 2017-09-04 2018-03-23 江苏成科新能源有限公司 一种汽车空调压缩机

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102005001160B4 (de) * 2004-01-15 2008-11-13 Denso Corp., Kariya-shi Spiralkompressor
EP2312164A4 (en) * 2008-07-15 2015-05-06 Daikin Ind Ltd VOLUME COMPRESSOR
CN103835944A (zh) * 2012-11-26 2014-06-04 上海三电贝洱汽车空调有限公司 涡旋式压缩机及其再次启动方法
CN103835944B (zh) * 2012-11-26 2017-10-03 华域三电汽车空调有限公司 涡旋式压缩机及其再次启动方法
CN107781162A (zh) * 2017-09-04 2018-03-09 江苏成科新能源有限公司 一种空调压缩机的涡旋结构
CN107781161A (zh) * 2017-09-04 2018-03-09 江苏成科新能源有限公司 一种汽车空调压缩机的定涡旋盘
CN107829930A (zh) * 2017-09-04 2018-03-23 江苏成科新能源有限公司 一种汽车空调压缩机
CN107781162B (zh) * 2017-09-04 2019-07-26 江苏成科新能源有限公司 一种空调压缩机的涡旋结构
CN107781161B (zh) * 2017-09-04 2020-02-07 江苏成科新能源有限公司 一种汽车空调压缩机的定涡旋盘

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007154761A (ja) スクロール圧縮機
JP2004060532A (ja) 圧縮機
JP2001280268A (ja) スクロール型圧縮機
JPH09217691A (ja) スクロール気体圧縮機
JPH07253094A (ja) スクロール圧縮機の軸方向漏泄防止装置
JPH09217690A (ja) スクロール気体圧縮機
JP3028642B2 (ja) スクロール形流体機械
JP2003172274A (ja) スクロール圧縮機
JP3580758B2 (ja) スクロール圧縮機
JP3536134B2 (ja) 電動圧縮機
JP3683759B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH07229484A (ja) スクロール圧縮機
JP3291378B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH05180175A (ja) スクロール圧縮機
JPH0639952B2 (ja) スクロ−ル気体圧縮機
JP3066202B2 (ja) スクロール圧縮機
JP3030150B2 (ja) スクロール圧縮機
JP2001329969A (ja) スクロール圧縮機
JP3635826B2 (ja) スクロール圧縮機
JP2009180178A (ja) スクロール式圧縮機
JP2003155983A (ja) スクロール圧縮機
JPH07259756A (ja) 軸貫通スクロール圧縮機
JPH07111185B2 (ja) 密閉形圧縮機
JP2000073971A (ja) スクロール圧縮機
JPH06147139A (ja) スクロール圧縮機