JP2001137099A - 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら - Google Patents

乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら

Info

Publication number
JP2001137099A
JP2001137099A JP35489699A JP35489699A JP2001137099A JP 2001137099 A JP2001137099 A JP 2001137099A JP 35489699 A JP35489699 A JP 35489699A JP 35489699 A JP35489699 A JP 35489699A JP 2001137099 A JP2001137099 A JP 2001137099A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pillow
bag
health pillow
portable health
soft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP35489699A
Other languages
English (en)
Inventor
Shoji Nozaki
庄治 野崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP35489699A priority Critical patent/JP2001137099A/ja
Publication of JP2001137099A publication Critical patent/JP2001137099A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Bedding Items (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】従来の枕のように、レジャー用のビニール製枕
では中に空気を入れるだけなので枕が安定しない為に頭
部を支える事ができず首を寝違えたり、素材がビニール
製であった為にビニールの匂いによる不快感で安眠を得
る事が困難でした。また、普段使用している枕を買い替
えないと健康枕を利用できなかったり、また、腕や足及
び腰などの痛みがある場合、その部位に当てて固定でき
るような厚さや型の枕はなく、さらに、従来の枕の大き
さでは鞄などに入れる事が難しく容易に携帯することが
出来ませんでした。 【解決手段】外袋(1)となる包覆カバーの内側に内袋
(2)となる携帯健康まくら本体を入れて、内袋(2)
の略中間部の中央部分に乾燥よもぎ(3)を位置させ、
更に、その周囲に様々な樹木の薄く削り出したソフトチ
ップ(4)を充填し、それらの内材がずれて型崩れをし
ないように内袋(2)を格子状に縫って安定させた枕。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、様々な樹木の薄く
削り出したソフトチップと乾燥よもぎを同時に内部に充
填する事により双方の香りを混合して放散する事ができ
る枕であるとともに、利用する人が普段使用している普
通の枕の上に本発明の枕を載せるだけで健康枕として使
用する事ができる枕である。また、薬用効果の高い乾燥
よもぎを使用しているので、冷え性や疲労から来る腕や
足の痛みや腰痛などをお持ちの方は痛みのある部分に本
発明の枕を当てて使用されれば、それらを解消できま
す。さらに、旅行などに携帯する事が容易にできる小型
の枕である。
【0002】
【従来の技術】従来の枕としては、レジャー用のビニー
ル製枕で中に空気を入れて使用するだけの枕であった
り、普段使用している枕を買い替えないと健康枕を利用
できなかったり、枕自体を体の痛みのある部分に当てて
使用するものはありませんでした。また、枕が大きすぎ
た為に鞄などに入れて携帯する事が難しかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の枕のように、レ
ジャー用のビニール製枕では中に空気を入れるだけなの
で枕が安定しない為に頭部を支える事ができず首を寝違
えたり、素材がビニール製であった為にビニールの匂い
による不快感で安眠を得る事が困難でした。また、普段
使用している枕を買い替えないと健康枕を利用できなか
ったり、腕や足及び腰などの痛みがある場合、その部位
に当てて固定できるような厚さや型の枕はありませんで
した。さらに、従来の枕の大きさでは鞄などに入れる事
が難しく容易に携帯することができませんでした。
【0004】
【課題を解決する為の手段】本発明では、内袋となる携
帯健康まくら本体の内部に乾燥よもぎや様々な樹木の薄
く削り出したソフトチップを入れる事で肩凝り、片頭
痛、睡眠不足、目の疲労などの諸症状や腕や足及び腰の
痛みを和らげ、乾燥よもぎと様々な樹木の薄く削り出し
たソフトチップの芳香により安眠を促す構造としてあ
り、枕の厚さを薄くする事で、利用する人が普段使用し
ている枕の上に載せるだけで健康枕として利用できるよ
うにしてあります。さらに、枕の大きさを小さくする事
で鞄に入れて容易に携帯できる構造となっています。
【0005】また、様々な樹木の薄く削り出したソフト
チップを、利用する人間の諸症状に応じて混成する事に
より、利用の効果を増幅すると共に、様々な樹木の薄く
削り出したソフトチップに利用する樹木については、芳
香性の他、冷却性、殺菌性及び防虫効果のある部材を使
うと、乾燥よもぎとの相乗効果がより一層ひきたちま
す。
【0006】外袋となる包覆カバーに綿100%のブロ
ードを使用し、内袋となる携帯健康まくら本体には綿1
00%のさらしを使用する事により、乾燥よもぎと様々
な樹木の薄く削り出したソフトチップの香りを放散しや
すくし、利用する人をリラックスさせて、綿の持つ肌当
たりの良さが利用する人に安心感を与える事ができま
す。また、防虫効果のある部材を使う事でよもぎについ
て心配される虫の発生を防止できます。
【0007】
【発明の実施の形態】図1において、綿100%のブロ
ードを使い、外袋(1)縦310mm×横390mmと
なる包覆カバーを作り、さらにその内側に綿100%の
さらしを使い、内袋(2)縦310mm×横390mm
となる携帯健康まくら本体を作り、頭部を乗せる側面の
内袋(2)の略中央部の中央部分に乾燥よもぎ(3)を
位置させ、更にその周囲に様々な樹木の薄く削り出した
ソフトチップ(4)を充填し、それらの内材がずれて型
崩れをしないように内袋(2)を格子状に縫ったものか
らなる、乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康
まくらである。
【0008】内袋(2)となる携帯健康まくら本体の頭
部を乗せる側面の内側における略中間部の中央部分に平
らに敷き詰める乾燥よもぎ(3)は春の新芽を摘み取っ
たものを使い、水で良く洗い充分に乾燥させた上で50
gを略中央部の中央部分に平らに敷き詰め位置させま
す。
【0009】乾燥よもぎ(3)の周囲に充填する様々な
樹木を薄く削り出したソフトチップ(4)には、利用す
る人の悩みに応じて充填する樹木を選定します。
【0010】ここで用いる様々な樹木の薄く削り出した
ソフトチップ(4)は、篩によって木粉などの不純物が
混じらない様にして乾燥よもぎ(3)の周囲に100g
を充填します。
【0011】添付されている図3は、本発明の枕を睡眠
するときの利用方法を示した図で、利用する人が普段使
っている枕の上に本発明の枕を載せて利用します。
【0012】添付されている図4は、本発明の枕を睡眠
するときの利用方法を示した図で、本発明の枕を二つ折
りにして利用します。
【0013】添付されている図5は、本発明の枕を腕な
どの痛みのある部分に巻くときの利用方法を示した図
で、本発明の枕を痛みのある部分に当てて、その上から
本発明の枕を固定するように布やヒモで縛り固定して利
用します。
【0014】添付されている図6は、本発明の枕を腰の
下に敷くときの利用方法を示した図で、本発明の枕を腰
の下に敷いて利用します。
【0015】添付されている図7は、本発明の枕を携帯
するときの利用方法を示した図で、そのままでも鞄に入
れて携帯できますが、さらに半分に折って鞄の中に入れ
て携帯することもできます。
【0016】
【発明の効果】本発明は、乾燥よもぎの香りに加え、様
々な樹木の薄く削り出したソフトチップの持つ自然の香
りを混合する事で、利用する人に森林浴効果を与え心に
ゆとりを持たせる事ができると同時に様々な樹木の薄く
削り出したソフトチップの効能で肩凝り、片頭痛、睡眠
不足、目の疲労などの諸症状を和らげたり、乾燥よもぎ
の効能で腕や足及び腰の痛みを和らげ利用する人の健康
に寄与する事ができます。また、利用する人が普段使用
する普通の枕の上に本発明の枕を載せて、手軽に健康枕
を体験できるので身近な所から健康に対する認識を高め
る事ができます。さらに、携帯できる大きさの枕なの
で、本発明の枕を旅行先などで用意された枕の上に載せ
て利用することもでき、普段使っている枕と同じ様な感
覚で睡眠できるので旅行先での環境の変化などによる寝
つきの悪さや睡眠不足などを改善できる構造となってい
ます。
【図面の簡単な説明】
【図1】 平面図
【図2】 斜視断面図
【図3】 枕の睡眠するときの利用方法図
【図4】 枕の睡眠するときの利用方法図
【図5】 枕を腕などの痛みのある部分に巻くときの利
用方法図
【図6】 枕を腰の下に敷くときの利用方法図
【図7】 枕の携帯するときの利用方法図
【符号の説明】
1 外袋 2 内袋 3 乾燥よもぎ 4 ソフトチップ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 外袋(1)となる包覆カバーの内側に内
    袋(2)となる携帯健康まくら本体を入れて、内袋
    (2)の略中間部の中央部分に乾燥よもぎ(3)を位置
    させ、更にその周囲に様々な樹木の薄く削り出したソフ
    トチップ(4)を充填し、それらの内材がずれて型崩れ
    をしないように内袋(2)を格子状に縫ったものからな
    る乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まく
    ら。
JP35489699A 1999-11-10 1999-11-10 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら Pending JP2001137099A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35489699A JP2001137099A (ja) 1999-11-10 1999-11-10 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35489699A JP2001137099A (ja) 1999-11-10 1999-11-10 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001137099A true JP2001137099A (ja) 2001-05-22

Family

ID=18440649

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35489699A Pending JP2001137099A (ja) 1999-11-10 1999-11-10 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001137099A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105125008A (zh) * 2015-07-10 2015-12-09 郎溪县志瑞企业信息服务有限公司 保健型香艾颈枕

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105125008A (zh) * 2015-07-10 2015-12-09 郎溪县志瑞企业信息服务有限公司 保健型香艾颈枕
CN105125008B (zh) * 2015-07-10 2016-09-14 郎溪县志瑞企业信息服务有限公司 保健型香艾颈枕

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3038017U (ja)
JP2002034757A (ja) ハーブ入りへちま枕
JP2001137099A (ja) 乾燥よもぎ及びソフトチップを用いた携帯健康まくら
KR200474979Y1 (ko) 피톤치드 베개
JP2000279301A (ja)
JP3010980U (ja)
KR20050033337A (ko) 한방 건강베개
CN201175186Y (zh) 药物保健枕头
JP2003325687A (ja) ぬれマスク
KR200334973Y1 (ko) 건강침구
CN201175189Y (zh) 中药保健枕头
KR101417510B1 (ko) 피톤치드 인형
KR102359571B1 (ko) 기능성 베개
JP3048622U (ja)
JP3006442U (ja) 多機能マット体
JP3230511U (ja)
JPH04329908A (ja) 健康枕及び健康マット
JP3048623U (ja)
KR200216434Y1 (ko) 건강 수면 보조구
JPH11113684A (ja) 寝 具
KR200342154Y1 (ko) 한방 건강베개
KR200297692Y1 (ko) 향기가 나는 베개
JP3030661U (ja) 生薬袋付枕
KR200170071Y1 (ko) 양면에 양모층이 형성된 베개
JP2002120206A (ja) 桧カ−ルの製造方法及び桧カ−ルを充填したクッション及び寝装具の内包材