JP2001080705A - ペダル付き2段式ごみ入れ - Google Patents

ペダル付き2段式ごみ入れ

Info

Publication number
JP2001080705A
JP2001080705A JP25516299A JP25516299A JP2001080705A JP 2001080705 A JP2001080705 A JP 2001080705A JP 25516299 A JP25516299 A JP 25516299A JP 25516299 A JP25516299 A JP 25516299A JP 2001080705 A JP2001080705 A JP 2001080705A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pedal
container
container body
main body
garbage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP25516299A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshihisa Iwasaki
能久 岩崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Iwasaki Industry Inc
Original Assignee
Iwasaki Industry Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Iwasaki Industry Inc filed Critical Iwasaki Industry Inc
Priority to JP25516299A priority Critical patent/JP2001080705A/ja
Publication of JP2001080705A publication Critical patent/JP2001080705A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65FGATHERING OR REMOVAL OF DOMESTIC OR LIKE REFUSE
    • B65F1/00Refuse receptacles; Accessories therefor
    • B65F1/14Other constructional features; Accessories
    • B65F1/16Lids or covers
    • B65F1/1623Lids or covers with means for assisting the opening or closing thereof, e.g. springs
    • B65F1/163Pedal-operated lids

Abstract

(57)【要約】 【課題】 上下2段式のごみ入れにおいて、上部の容器
本体の蓋を開閉するペダルとは別に、下部容器の開閉用
のペダルを備えることにより、手を使わずに上下の容器
を開閉できるようにする。 【構成】 台枠Fに支承させた下部容器本体3の前部に
ペダル7を設けるとともに、該容器の底部裏面に軸受部
3’を設け、この軸受部3’を台枠Fに設けた支点軸8
に支持させ、上記ペダル7の踏み込み操作によって、そ
れまで台枠と上部容器本体の下部とにより閉鎖されてい
た下部容器本体を前傾させ、上部前縁3”を手前側に移
動させて、ごみの投入ができるよう開口させるようにし
た。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、ペダル付きの2
段式ごみいれに関し、台枠に支承させた下部容器本体を
ペダルの踏み下げにより傾斜させて、該容器内にごみを
投入できるようにしたことを特長とするものである。
【0002】
【従来の技術】従来この種のごみ入れには、例えば特許
登録第2840037号公報、特開平9−301398
号公報、実公平4−30165号公報等がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】近年ごみの分別収集用
に、また住宅事情等から、設置面積が小さくてすむ2段
式のごみ入れが普及しつつある。ところで従来のペダル
付きごみ入れは、上段の容器本体に付設されている蓋が
足踏み式のペダルの操作により開閉するものであった。
一方、下部容器本体は、例えば容器の上部前縁に具えた
把手を引いて開口させるようにしていた。そのため、生
ごみ等の重いごみを収容する場合は、下部容器本体の開
閉に手数を要する欠点があり、より手軽に下部容器本体
を開閉できるようにすることが求められるようになっ
た。このようなことから本発明が解決しようとする課題
は、下部容器本体を足踏み式に開閉できるようにするこ
とにより使用に便利な2段式ごみ入れを提供することに
ある。
【0004】
【課題を解決するための手段】そこで本発明は、台枠の
上下に、上部容器本体と下部容器本体をそれぞれ着脱を
自在にして支承させた2段式のごみ入れであって、台枠
の下部前縁に支点軸を設け、この支点軸に下部容器本体
の下部前縁を支承させ、該容器本体の前部に突出するペ
ダルを踏み下げることによって上記下部容器本体を正面
側に傾斜させて開口できるようにしたことを特徴とする
ペダル付き2段式ごみ入れを提供するものである。
【0005】上記のように構成した本発明ごみ入れは、
台枠の前部下縁に突出する下部容器用のペダルを踏む
と、図2、3中に示すように台枠の前部下縁の支点軸を
支点とするてこ作用によって下部容器本体が前傾し、そ
れまで台枠と上部容器本体の下部とにより閉鎖されてい
た下部容器本体の上部前縁が手前側に移動して開口し、
ごみの投入ができるようになる。
【0006】そして、本発明において、下部容器本体用
のペダルに隣接して台枠に上部容器本体の蓋の開閉用ペ
ダルを併設すれば、上下の容器本体共それぞれ台枠の正
面側に備えたペダルの操作によって開閉させることがで
きるので、よりいっそう実用性に富んだ2段式ごみ入れ
を構成することができ、スペースをとらずにごみの分別
収集を便利にする。
【0007】
【実施例】以下に、本発明の実施例を図面について説明
する。図において、Fは、平面枠形の底部材1と、底部
材1の両側に着脱自在に組み付けられる側壁部材2とか
らなる台枠、3は、底部材1と側壁部材2とが形成する
正面を開放したコ字状の空間内に嵌合して台枠Fに着脱
自在に支承される下部容器本体、4は、台枠Fの上部に
載置される上部容器本体、5は、背後側のヒンジ部6を
介して上部容器本体4に取り付けられ、該容器本体4の
上面を開閉自在に覆う蓋で、各部材とも合成樹脂製であ
る。
【0008】下部容器本体3は、下部前縁に一体成形し
たペダル7を突出させ、常時は台枠Fの底部材1上に載
置され、ペダル7を踏むことにより、底部材1の前縁に
設けた支点軸8に当接させている円弧形の軸受部3’を
支点とするてこの作用により図2、3に示すように前傾
し、上部前縁3”を前方に移動させ、それによってごみ
が投入できるように開口する。
【0009】この実施例において、ペダル7は台枠Fの
正面左側に偏って備えられ、右側に隣接して、上部容器
本体3の蓋5の開閉用ペダル9が備えられている。この
ペダル9は、中間を台枠Fの底部材1に横架した支持軸
10に上下の揺動を自在にして軸受され、内端を、上下
の容器本体3、4の背面側に沿って昇降自在に設けた連
結杆11の下端に接続し、該連結杆11の上端と、前記
ヒンジ部6の前方において蓋5の裏面に垂下させた当接
部12とを接触させることにより、ペダルの踏み下げ操
作に蓋5の開閉動作を連動させる。
【0010】なお図中、13は下部容器本体3の上縁に
嵌着するごみ袋ホルダー、14は上部容器本体4の上縁
に嵌着するごみ袋ホルダー、15は上部容器本体4の前
面側に開閉を自在にして取り付けた予備のごみ袋収納
部、16は上部容器本体4内に着脱自在に嵌合するごみ
分別用の仕切壁である。
【0011】本発明の実施に際し、台枠F側に設ける支
点軸8と下部容器本体3の裏面に設ける軸受部3’の態
様および台枠F、上下の容器本体3、4等の形状は、図
示した実施例の態様に限定されるものではなく、本発明
の要旨にそって適宜に設計変更することができることは
いうまでもない。
【0012】
【発明の効果】上記のように構成した本発明2段式ごみ
入れは、台枠の前部に隣接して上下の容器本体をそれぞ
れ開閉するペダルが備えられているので、手を使わずに
下部の容器本体を開閉することができるので、主として
重量のあるごみを収容する下部容器本体が手を使わずに
開閉することができ、ごみの分別収集を容易にする効果
が期待される。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は実施例の分解斜視図
【図2】図2は組立状態を示す斜視図
【図3】図3は使用状態を示す一部切欠立面図である。
【符号の説明】
F 台枠 1 底部材 2 側壁部材 3 下部容器本体 3’ 軸受部 3” 上部前縁 4 上部容器本体 5 蓋 6 ヒンジ部 7 下部容器用ペダル 8 支点軸 9 上部容器の蓋用ペダル 10 支持軸 11 連結杆 12 当接部 13 ごみ袋ホルダー 14 ごみ袋ホルダー 15 ごみ袋収容部 16 仕切壁

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 台枠の上下に、上部容器本体と下部容器
    本体をそれぞれ着脱を自在にして支承させた2段式のご
    み入れであって、台枠の下部前縁に支点軸を設け、この
    支点軸に下部容器本体の下部前縁を支承させ、該容器本
    体の前部に突出するペダルを踏み下げることによって上
    記下部容器本体を正面側に傾斜させて開口できるように
    したことを特徴とするペダル付き2段式ごみ入れ。
  2. 【請求項2】 前記ごみ入れにおいて、前記下部容器本
    体用のペダルの側方に隣接して、上部容器本体の蓋の開
    閉用ペダルを設け、該ペダルの内端に連なる連結杆の上
    端部と、上部容器本体の背後側にヒンジされた蓋に設け
    た当接部とを接触させて該蓋を開閉できるように構成し
    たことを特徴とする請求項1記載のペダル付き2段式ご
    み入れ。
JP25516299A 1999-09-09 1999-09-09 ペダル付き2段式ごみ入れ Pending JP2001080705A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25516299A JP2001080705A (ja) 1999-09-09 1999-09-09 ペダル付き2段式ごみ入れ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25516299A JP2001080705A (ja) 1999-09-09 1999-09-09 ペダル付き2段式ごみ入れ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001080705A true JP2001080705A (ja) 2001-03-27

Family

ID=17274934

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25516299A Pending JP2001080705A (ja) 1999-09-09 1999-09-09 ペダル付き2段式ごみ入れ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001080705A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105775514A (zh) * 2016-04-15 2016-07-20 俞金慧 一种时尚垃圾桶
US9493302B2 (en) 2007-11-16 2016-11-15 Edgewell Personal Care Brands, Llc Waste disposal services and methods
CN106742948A (zh) * 2016-12-21 2017-05-31 宁波江北思洞工业设计有限公司 一种安全垃圾桶
CN106742947A (zh) * 2016-12-21 2017-05-31 宁波江北思洞工业设计有限公司 一种具有安全保护装置的垃圾桶
KR101904694B1 (ko) 2018-04-04 2018-10-05 윤동미 폐생리대 수거함
CN112591331A (zh) * 2020-11-27 2021-04-02 陶俊利 一种公园广场节能环保旋转式垃圾分类收集箱

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9493302B2 (en) 2007-11-16 2016-11-15 Edgewell Personal Care Brands, Llc Waste disposal services and methods
CN105775514A (zh) * 2016-04-15 2016-07-20 俞金慧 一种时尚垃圾桶
CN106742948A (zh) * 2016-12-21 2017-05-31 宁波江北思洞工业设计有限公司 一种安全垃圾桶
CN106742947A (zh) * 2016-12-21 2017-05-31 宁波江北思洞工业设计有限公司 一种具有安全保护装置的垃圾桶
KR101904694B1 (ko) 2018-04-04 2018-10-05 윤동미 폐생리대 수거함
CN112591331A (zh) * 2020-11-27 2021-04-02 陶俊利 一种公园广场节能环保旋转式垃圾分类收集箱

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7086550B2 (en) Trash can assembly with locking lid
US7950543B2 (en) Trash can assembly with locking lid
US4964523A (en) Partitioned trash receptacle with flat and arcuate sides
US7077283B2 (en) Trash can assembly
NL1008740C1 (nl) Afvalhouder met terugrol deksel.
JPH07215407A (ja) すくい具付き貯蔵容器蓋
JP2009507741A (ja) 廃棄物モジュール
US20060243731A1 (en) Waste container assembly
JP2001080705A (ja) ペダル付き2段式ごみ入れ
US20060237458A1 (en) Pedal assembly for trash can
US7832587B2 (en) Bin having a reversible flap
EP0402066A1 (en) Child's potty
CN201313716Y (zh) 一种垃圾桶
JP4322196B2 (ja) 厨房設備
JP3256847B2 (ja) 屑入れ
JPH08133409A (ja) 分別収集ごみ箱
JPH0614106U (ja) ゴミ収納容器
JP2002167001A (ja) 分別収集用ごみ箱
JP3006575U (ja) 分別ごみ箱
JPH068083Y2 (ja) ごみ収納庫
JP3061601U (ja) ゴミ容器
JP3967901B2 (ja) ペダル開閉式ごみ容器
KR200312643Y1 (ko) 쓰레기통
CN2282530Y (zh) 可移动的垃圾房
JPH1081401A (ja) 分別用ゴミ箱

Legal Events

Date Code Title Description
RD12 Notification of acceptance of power of sub attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7432

Effective date: 20060123

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060822

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060822

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090202

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090302

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090817