JP2001048443A - エレベータ - Google Patents

エレベータ

Info

Publication number
JP2001048443A
JP2001048443A JP11230023A JP23002399A JP2001048443A JP 2001048443 A JP2001048443 A JP 2001048443A JP 11230023 A JP11230023 A JP 11230023A JP 23002399 A JP23002399 A JP 23002399A JP 2001048443 A JP2001048443 A JP 2001048443A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
car
rope
pulley
hoistway
counterweight
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11230023A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshiyuki Tadokoro
俊之 田所
Yoshio Matsuzaki
義夫 松崎
Toshihiko Nara
俊彦 奈良
Toshihiro Nakagawa
敏博 中川
Makoto Kunii
誠 國井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Building Systems Co Ltd
Original Assignee
Hitachi Building Systems Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Building Systems Co Ltd filed Critical Hitachi Building Systems Co Ltd
Priority to JP11230023A priority Critical patent/JP2001048443A/ja
Publication of JP2001048443A publication Critical patent/JP2001048443A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 昇降路の下部に巻上機を配置すると共に比較
的昇降行程を大きくしても安定した性能を有するエレベ
ータを提供する。 【解決手段】 昇降路1の下部に配置した巻上機6と昇
降路1の上部に配置した乗かご用転向プーリ10間のロ
ープ4aと、巻上機6と昇降路1の上部に配置したつり
合いおもり用転向プーリ11間のロープ4bとのそれぞ
れの間に、位置規制して振れ止めとなる位置規制手段2
1を設けた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、昇降路下部に設け
た巻上機によりロープを介して駆動するエレベータに関
する。
【0002】
【従来の技術】近年、建物内のスぺースを有効利用する
観点から、エレベータの巻上機を設置するための機械室
を不要としたエレベータが考慮されており、特開平9−
165163号公報には、これまで昇降路の上方部に形
成していた機械室を省略し、昇降路の下部に巻上機を配
置し、この巻上機によりロープを介して乗かごを昇降駆
動するようにしたものが記載されており、このエレベー
タの概略構成を図5に示している。
【0003】昇降路1内に立設した乗かご用ガイドレー
ル7に沿って昇降可能に乗かご2を配置し、この乗かご
2の下部にプーリ12を取り付け、同じく昇降路1内に
立設したつり合いおもり用ガイドレール8に沿って昇降
可能につり合いおもり3を配置し、このつり合いおもり
3の上方部にプーリ13を取り付けている。昇降路1の
下部にはシーブ5を有する巻上機6を配置し、昇降路1
の上方部には乗かご用転向プーリ10およびつり合いお
もり用転向プーリ11を設けている。巻上機6に巻回し
たロープ4は、一方側を乗かご用転向プーリ10を介し
てプーリ12に掛けた後、昇降路1の上方部に一方端1
4を固定し、また他方側をつり合いおもり用転向プーリ
11を介してプーリ13に掛けた後、昇降路1の上方部
に他方端15を固定している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
エレベータは、上述の如く機械室を省略するために昇降
路1の下部に巻上機6を配置し、昇降路1の上部に転向
プーリ10,11を配置しているため、巻上機6と転向
プーリ10,11が隔てられて配置され、エレベータの
昇降行程が大きくなるに従って巻上機6と転向プーリ1
0,11との間に巻き掛けられたロープ4の長さが長く
なり、エレベータの走行時や地震等の振動によってロー
プ4が揺れ、昇降路1内に設置した乗かご2等の他の機
器に干渉する恐れがあった。
【0005】本発明の目的は、昇降路の下部に巻上機を
配置すると共に比較的昇降行程を大きくしても安定した
性能を有するエレベータを提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は上述した目的を
達成するために、昇降路内に乗かご用ガイドレールに沿
って移動する乗かごと、つり合いおもり用ガイドレール
に沿って移動するつり合いおもりと、昇降路の下部に配
置した巻上機と、上記昇降路の上部に設けた乗かご用転
向プーリおよびつり合いおもり用転向プーリとを備え、
少なくとも上記巻上機と上記乗かご用転向プーリ間およ
び上記巻上機と上記つり合いおもり用転向プーリ間に巻
き掛けたロープによって上記乗かごを昇降駆動するエレ
ベータにおいて、上記巻上機と上記乗かご用転向プーリ
間に巻き掛けた部分のロープと、上記巻上機と上記つり
合いおもり用転向プーリ間に巻き掛けた部分のロープと
の間に、その水平方向の位置を規制する位置規制手段を
設けたことを特徴とする。
【0007】上述したように本発明のエレベータは、昇
降路下部に配置した巻上機と昇降路上部に配置した乗か
ご用転向プーリ間、また巻上機と昇降路上部に配置した
つり合いおもり用転向プーリ間に巻き掛けたロープの中
間付近に位置規制手段を設けたため、エレベータの昇降
行程を比較的大きくして巻上機と乗かご用転向プーリお
よびつり合いおもり用転向プーリ間が長くなっても、エ
レベータの走行時や地震等の振動によってロープの揺れ
が発生したときにこの位置規制手段により揺れを抑える
ことができるので、昇降路内に設置した他の機器にロー
プが干渉することがないので、比較的昇降行程の高いエ
レベータにおいても安定した性能を得ることができる。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
によって説明する。図1は、本発明の一実施の形態によ
るエレベータの概略構成を示す側面図である。乗かご2
は、昇降路1内に立設した乗かご用ガイドレール7に沿
って昇降可能に構成され、その下部に乗かご用プーリ1
2が設けられている。つり合いおもり3は、昇降路1内
に立設されたつり合いおもり用ガイドレール8に沿って
昇降可能に構成されており、その上部にはつり合いおも
り用プーリ13が設けられている。昇降路1の下部には
巻上機6が配置され、昇降路1の上部には乗かご用ガイ
ドレール7とつり合いおもり用ガイドレール8や昇降路
1の側壁等を利用してプーリビーム20が固定されてい
る。このプーリビーム20には乗かご用転向プーリ10
とつり合いおもり用転向プーリ11が支持されると共
に、ロープ4の一端14および他端15が連結されてい
る。
【0009】ロープ4は、一端14をプーリビーム20
に連結した後、垂下して乗かご2の下部に設けた乗かご
用プーリ12に巻き掛け、その後再び立ち上げられて乗
かご用転向プーリ10に巻き掛けられ、その後、昇降路
1の下部に配置した巻上機6のシーブに巻き掛け、再び
立ち上げられてつり合いおもり用転向プーリ11に巻き
掛け、つり合いおもり用プーリ13を介した後にプーリ
ビーム20に他端15を連結している。このとき、巻上
機6、乗かご用転向プーリ10、つり合いおもり用転向
プーリ11、ロープ4の一端14および他端15は、乗
かご2とつり合いおもり3の昇降時に干渉しないよう
に、水平投影面で乗かご2およびつり合いおもり3と昇
降路1の側壁間に配置している。
【0010】また昇降路1の高さ方向のほぼ中間には、
ロープ4の水平方向の位置を規制する位置規制手段21
が設けられており、この位置規制手段21は、ロープ4
のうち、乗かご用転向プーリ10と巻上機6のシーブ間
に位置するロープ4aの水平方向の位置を規制する位置
規制手段21aと、つり合いおもり用転向プーリ11と
巻上機6のシーブ間に位置するロープ4bの水平方向の
位置を規制する位置規制手段21bを有している。
【0011】図2は、図1に示したエレベータの位置規
制手段21を拡大して示す水平断面図である。位置規制
手段21は、乗かご用ガイドレール7とつり合いおもり
用ガイドレール8との間に跨ってフレーム22を配置
し、このフレーム22をそれぞれレールクリップ23に
よって乗かご用ガイドレール7およびつり合いおもり用
ガイドレール8に固定しており、フレーム22の長手方
向の中間には一対の中空状のガイド部材24a,24b
からなる位置規制手段21a,21bが構成されてい
る。各ガイド部材24a,24bの中空部内にはそれぞ
れロープ4a,4bが挿通され、各ロープ4a,4bの
水平方向の振れが規制されている。
【0012】上述したように巻上機6を昇降路1の下部
に、また転向プーリ10,11を昇降路1の上部に配置
する構成であるため、巻上機6と転向プーリ10,11
間に跨るロープ4a,4bは昇降路1のほぼ全長にわた
って配置させることになり、エレベータの昇降行程が大
きくなるに従って長くなり、エレベータの走行時や地震
等の振動によって特にロープ4a,4bが揺れようとす
る。しかも、乗かご用転向プーリ10と巻上機6のシー
ブ間に位置するロープ4aの水平方向の位置を規制する
位置規制手段21aと、つり合いおもり用転向プーリ1
1と巻上機6のシーブ間に位置するロープ4bの水平方
向の位置を規制する位置規制手段21bとを設けたた
め、位置規制手段21によってこの揺れが抑えられ、昇
降路内に設置した乗かご2や他の機器や建物の梁等に引
っかかることはなく、比較的昇降行程の大きなエレベー
タにおいても安定した性能を得ることができる。
【0013】上述の説明からも分かるように、乗かご用
転向プーリ10と巻上機6のシーブ間に位置するロープ
4aの水平方向の位置を規制する位置規制手段21a
と、つり合いおもり用転向プーリ11と巻上機6のシー
ブ間に位置するロープ4bの水平方向の位置を規制する
位置規制手段21bとは、ガイドレール7,8に固定し
たガイド部材24a,24bによって構成しているが、
このような構成を可能にするにはロープ4a,4bを昇
降路1の側壁近傍に配置する必要がある。このために
は、巻上機6のシーブを水平投影面で乗かご2と昇降路
1の側壁間に位置するようにし、このシーブの上方部
に、しかも水平投影面で近接して乗かご用転向プーリ1
0とつり合いおもり用転向プーリ11を配置するのが望
ましい。
【0014】図3は、本発明の他の実施の形態によるエ
レベータの要部を示す水平断面図である。位置規制手段
21は、乗かご用ガイドレール7とつり合いおもり用ガ
イドレール8間に跨るように配置したフレーム22の両
端部をそれぞれレールクリップ23で固定し、このフレ
ーム22の長手方向の中間に中空状のガイド部材24を
固定して構成しており、このガイド部材24の中空部内
にロープ4a,4bを挿通している。従って、先の実施
の形態の場合と同様にロープ4の揺れが発生しても、位
置規制手段21で特にロープ4a,4bの揺れが抑えら
れ、昇降路内に設置した乗かご2や他の機器や建物の梁
等に引っかかることはなく、比較的昇降行程の大きなエ
レベータにおいても安定した性能を得ることができる。
【0015】図4は、本発明のさらに異なる実施の形態
によるエレベータの要部を示す水平断面図である。位置
規制手段21は、つり合いおもり用ガイドレール8にレ
ールクリップ23でフレーム25を固定して構成してお
り、このフレーム25は昇降路1の側壁1a側を除くロ
ープ4a,4bの三方を囲んでいるため、先の実施の形
態の場合と同様にロープ4の揺れが発生しても、位置規
制手段21で揺れが抑えられ、ロープ4が他の部分と干
渉することがない。位置規制手段21を構成するフレー
ム25は、乗かご用ガイドレール7に取り付けることも
できる。
【0016】尚、上述した実施の形態では、特にロープ
4a,4bの位置を規制する位置規制手段21をガイド
レール7,8に取り付けたが、これに限るものではな
く、ガイドレール7,8を固定するブラケットや、昇降
路1の側壁等に直接固定した場合でも同様の効果が得ら
れる。また、上述した実施の形態では、位置規制手段2
1を昇降路1の中間付近に一つだけ設けた構成とした
が、昇降路1の高さ方向に所定間隔で複数の位置規制手
段21を配置したり、位置規制手段21を昇降路1の高
さ方向にある長さをもってロープ4と乗かご2の間を壁
のように仕切った構造としたり、さらに、ロープ4a,
4bの進行方向に対して回転しながら位置規制するガイ
ドローラを設けても同様の効果が得られる。
【0017】
【発明の効果】以上説明したように本発明のエレベータ
は、乗かご用転向プーリと巻上機のシーブ間に位置する
ロープと、つり合いおもり用転向プーリと巻上機のシー
ブ間に位置するロープとの水平方向の位置を規制する位
置規制手段を設けたため、振動や地震によってロープの
揺れが発生してもこの位置規制手段によって揺れを抑え
ることができ、他の部分との干渉を防止して比較的昇降
行程の大きなエレベータにおいても安定した性能を得る
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施の形態によるエレベータの概略
構成を示す側面図である。
【図2】図1に示したエレベータの要部を拡大して示す
水平断面図である。
【図3】本発明の他の実施の形態によるエレベータの要
部を示す水平断面図である。
【図4】本発明のさらに他の実施の形態によるエレベー
タの要部を示す水平断面図である。
【図5】従来のエレベータの概略構成を示す側面図であ
る。
【符号の説明】
1 昇降路 2 乗かご 3 つり合いおもり 4,4a,4b ロープ 6 巻上機 7 乗かご用ガイドレール 8 つり合いおもり用ガイドレール 10 乗かご用転向プーリ 11 つり合いおもり用転向プーリ 21 位置規制手段
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 奈良 俊彦 東京都千代田区神田錦町1丁目6番地 株 式会社日立ビルシステム内 (72)発明者 中川 敏博 東京都千代田区神田錦町1丁目6番地 株 式会社日立ビルシステム内 (72)発明者 國井 誠 東京都千代田区神田錦町1丁目6番地 株 式会社日立ビルシステム内 Fターム(参考) 3F305 BA03 BB02 BC23

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 昇降路内に乗かご用ガイドレールに沿っ
    て移動する乗かごと、つり合いおもり用ガイドレールに
    沿って移動するつり合いおもりと、昇降路の下部に配置
    した巻上機と、上記昇降路の上部に設けた乗かご用転向
    プーリおよびつり合いおもり用転向プーリとを備え、少
    なくとも上記巻上機と上記乗かご用転向プーリ間および
    上記巻上機と上記つり合いおもり用転向プーリ間に巻き
    掛けたロープによって上記乗かごを昇降駆動するエレベ
    ータにおいて、上記巻上機と上記乗かご用転向プーリ間
    に巻き掛けた部分のロープと、上記巻上機と上記つり合
    いおもり用転向プーリ間に巻き掛けた部分のロープとの
    間に、その水平方向の位置を規制する位置規制手段を設
    けたことを特徴とするエレベータ。
  2. 【請求項2】 請求項1記載のものにおいて、上記位置
    規制手段は、上記ロープの位置を規制するガイド部材を
    有し、このガイド部材を上記乗かご用ガイドレールおよ
    び上記つり合いおもり用ガイドレールの少なくとも一方
    に固定したことを特徴とするエレベータ。
JP11230023A 1999-08-16 1999-08-16 エレベータ Pending JP2001048443A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11230023A JP2001048443A (ja) 1999-08-16 1999-08-16 エレベータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11230023A JP2001048443A (ja) 1999-08-16 1999-08-16 エレベータ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001048443A true JP2001048443A (ja) 2001-02-20

Family

ID=16901368

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11230023A Pending JP2001048443A (ja) 1999-08-16 1999-08-16 エレベータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001048443A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003073054A (ja) * 2001-08-30 2003-03-12 Mitsubishi Electric Corp エレベータのかご揚重装置
WO2004083092A1 (ja) * 2003-03-18 2004-09-30 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベータロープの把持構造
WO2006038397A1 (ja) * 2004-10-07 2006-04-13 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha 主ロープの振れ止装置、及びこれを備えるエレベータ
CN1325363C (zh) * 2002-03-22 2007-07-11 东芝电梯株式会社 绳的防摆动装置,修理和更换该装置的时间的检测方法,和该装置的制造方法
JP2007297209A (ja) * 2005-12-26 2007-11-15 Mitsubishi Electric Corp エレベータ装置
CN108792865A (zh) * 2017-05-05 2018-11-13 通力股份公司 电梯装置和电梯

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003073054A (ja) * 2001-08-30 2003-03-12 Mitsubishi Electric Corp エレベータのかご揚重装置
CN1325363C (zh) * 2002-03-22 2007-07-11 东芝电梯株式会社 绳的防摆动装置,修理和更换该装置的时间的检测方法,和该装置的制造方法
WO2004083092A1 (ja) * 2003-03-18 2004-09-30 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベータロープの把持構造
WO2006038397A1 (ja) * 2004-10-07 2006-04-13 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha 主ロープの振れ止装置、及びこれを備えるエレベータ
JP2007297209A (ja) * 2005-12-26 2007-11-15 Mitsubishi Electric Corp エレベータ装置
CN108792865A (zh) * 2017-05-05 2018-11-13 通力股份公司 电梯装置和电梯

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4191331B2 (ja) エレベーター装置
KR20170102306A (ko) 엘리베이터 시스템 로핑 구성부
JPH11106159A (ja) エレベーター
JPH02158587A (ja) エレベータのシーブ配列構造
JPH1160117A (ja) エレベーター
JP3744764B2 (ja) エレベータ装置及びその組立方法
JP6738964B2 (ja) エレベーター
JP4339578B2 (ja) エレベータ装置
JP2001048443A (ja) エレベータ
JP2003306282A (ja) エレベーター装置
JP2007022673A (ja) エレベータのロープ振れ止め装置
JP4091326B2 (ja) エレベーター装置
JP2006016184A (ja) Cwtレスエレベータ装置
JP2015168533A (ja) エレベータ装置
JP2001048445A (ja) エレベータ
JP6684473B2 (ja) 複数の釣合い錘を備えるエレベータ
JPH05178564A (ja) エレベータ制御用ケーブルの制振装置
JP2001019316A (ja) エレベーター装置
JP4091218B2 (ja) エレベータ
JP4545451B2 (ja) エレベータ装置
JP2002046957A (ja) エレベーターの移動ケーブル装置
JPH0624668A (ja) エレベータ制御用テールコードの振止装置
JPH04189290A (ja) エレベータの制御ケーブル制振装置
JP2005075575A (ja) エレベータ装置
JP2001139253A (ja) エレベーター