JPS61209766A - 切断装置 - Google Patents

切断装置

Info

Publication number
JPS61209766A
JPS61209766A JP4997185A JP4997185A JPS61209766A JP S61209766 A JPS61209766 A JP S61209766A JP 4997185 A JP4997185 A JP 4997185A JP 4997185 A JP4997185 A JP 4997185A JP S61209766 A JPS61209766 A JP S61209766A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cut
cutting
runner
product
wheel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4997185A
Other languages
English (en)
Inventor
Iwane Ooyama
大山 岩根
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Corp
Original Assignee
Toshiba Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP4997185A priority Critical patent/JPS61209766A/ja
Publication of JPS61209766A publication Critical patent/JPS61209766A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23DPLANING; SLOTTING; SHEARING; BROACHING; SAWING; FILING; SCRAPING; LIKE OPERATIONS FOR WORKING METAL BY REMOVING MATERIAL, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23D45/00Sawing machines or sawing devices with circular saw blades or with friction saw discs
    • B23D45/003Sawing machines or sawing devices with circular saw blades or with friction saw discs for particular purposes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B28WORKING CEMENT, CLAY, OR STONE
    • B28DWORKING STONE OR STONE-LIKE MATERIALS
    • B28D1/00Working stone or stone-like materials, e.g. brick, concrete or glass, not provided for elsewhere; Machines, devices, tools therefor
    • B28D1/02Working stone or stone-like materials, e.g. brick, concrete or glass, not provided for elsewhere; Machines, devices, tools therefor by sawing
    • B28D1/04Working stone or stone-like materials, e.g. brick, concrete or glass, not provided for elsewhere; Machines, devices, tools therefor by sawing with circular or cylindrical saw-blades or saw-discs
    • B28D1/046Sawing in a plane parallel to the work table

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔発明の技術分野〕 この発明は多数の製品を鋳造によって一度に成形した場
合に、上記製品をランナから切断する切断装置に関する
〔発明の技術的背景とその問題点〕
たとえば同じ形状の多数の製品を一度に成形する場合、
その製造手段として鋳造が多く用いられている。鋳造に
よって製品を成形した場合、これら製品はランナに連続
している。したがって、鋳造後に上記製品をランナから
切断しな、ければならない。
従来、上記製品の切断作業は切断砥石などを用いて手作
業で行なっていた。そのため、作業性が悪いばかりか、
切断時に発生する粉塵によって作業者の健康に悪影響を
及ぼすなどのことがあった。
〔発明の目的〕
この発明は、鋳造によって成形された多数の製品のラン
ナからの切り離し作業を自動で行なえるようにした切断
装置を提供することにある。
〔発明の概要〕
この発明は、装置本体と、この本体上に水平方向に移動
自在に設けられランナに連続する製品を多段に有する被
切断物が@脱自在に保持固定される加工テーブルと、上
記本体上に上下方向に移動自在に設けられた加工ヘッド
と、この加工ヘッドに回転軸線を垂直にして設けられ上
記加工テーブルの往復動に応じて上下駆動されて上記被
切断物の製品をランナから切断する切断工具とを具備す
ることによって、上記製品の切断作業を自動で行なえる
ようにした切断装置である。
〔発明の実施例〕
以下、この発明の一実施例を図面を参照して説明する。
第1図に示す切断装置は本体1を備えている。この本体
1には水平な上面板2が設けられている。この上面板2
の一端側には第2図に示すように一対のガイド体3が立
設されている。このガイド体3の一側面には上下方向に
沿ってガイドレール4が設けられている。このガイドレ
ール4には加工ヘッド5を構成する上下テーブル6がス
ライド自在に設けられている。この上下テーブル6には
軸線を垂直にしたねじ軸7が螺合されている。このねじ
軸7は上記ガイド体3の上面に設けられた第1の駆動源
8に連結され、これによって回転駆動されるようになっ
ている。つまり、上下テーブル6は第1の駆動源8によ
って上下駆動される。上記上下テーブル6の上端の両端
部にはそれぞれチェーン9の一端部が連結されている。
これらチェーン9は中途部を上記ガイド体3の上面部に
回転自在に設けられた一対のスプロケット10に係合さ
せ、他端部にはカウンタウェイト11が連結されている
。したがって、上下テーブル6はわずかな駆動力で上下
駆動させることができるようになっている。上記上下テ
ーブル6の前面には水平方向にガイドレール12が設け
られている。
このガイドレール12には切込みテーブル13がスライ
ド自在に設けられている。この切込みテーブル13には
軸線を水平にした送りねじ14が螺合されている。この
送りねじ14にはハンドル15が設けられ、このハンド
ル15を回転させることによって上記切込みテーブル1
3を水平方向に     8駆動させることができるよ
うになっている。この切込みテーブル13には軸受体1
6が設けられている。この軸受体16には軸線を垂直に
して取付軸17が回転自在に支持されている。この取付
軸17の下端には切断工具としての円盤状の砥石18が
取着され、上端には従動プーリ19が嵌着されている。
また、上記切込みテーブル13には第2の駆動源20が
取付けられている。この第2の駆動源20の回転軸21
には駆動プーリ22が嵌着され、これと上記従動プーリ
19とにはベルト23が張設されている。したがって、
上記砥石18は第2の駆動源20によって回転駆動され
るようになっている。なお、上記ガイド体3の一側面の
上記上下テーブル6の側方にはこの上下テーブル6の上
下動を適時に阻止するクランパ24が設けられている。
一方、上記上面板2の長手方向両端部にはそれぞれブラ
ケット25が固着されている。これらブラケット25に
は送りねじ26が軸線を水平にして回転自在に支持され
ている。この送りねじ26の一端部には従動プーリ27
が嵌着されている。
この従動プーリ27と対応する上面板2の下方には第3
の駆動!2Bが配設されている。この第3の駆動源28
の回転軸29には駆動プーリ30が表着され、これと上
記従動プーリ27とにはベルト31が張設されている。
したがって、上記送りねじ26は第3の駆動源28によ
って回転駆動されるようになっている。また、上面板2
には上記送りねじ26の側方にこの送りねじ26と平行
に一対のガイドレール32が設けられている。このガイ
ドレール32には加工テーブル33がスライド自在に設
けられていて、この加工テーブル33に上記ねじ26が
螺合している。つまり、加工テーブル33は送りねじ2
6によりガイドレール32に沿って水平方向に駆動され
るようになっている。この加工テーブル33の移動方向
両端にはそれぞれ支柱34が立設されている。一方の支
柱34の上端には取付片35が固着され、この取付片3
5にはクランプアーム36の一端が枢着されている。こ
のクランプアーム36の他端は他方の支柱34の上端に
接合した状態でこの他方の支柱34に設けられたクラン
プ機構37によって固定ざれるようになっている。また
、上記クランプアーム36の中途部には一対の押え軸3
7aが設けられ、この押え軸37aによって上記加工テ
ーブル33上に載置された被切断物38が保持固定され
るようになっている。この被切断物38は鋳造によって
第3図と第4図に示すように形成されている。つまり、
被切断物38は平板状の主ランナ39の両側面からそれ
ぞれ多数の従ランナ40が行列状に規則正しく延出され
、これら従ランナ40に製品41が連続してなる。そし
て、被切断物38はその主ランナ39の上下端が上記加
工テーブル33とクランプアーム36に設けられた押え
軸37aとで保持固定されている。なお、加工テーブル
33の両側にはシュート42が設けられ、この加工テー
ブル33が加工ヘッド5の方向に走行して侵述するごと
く製品41が従ランナ40から切断ざ、れると、この製
品41は上記シュート42を滑って所定箇所に排出され
るようになっている。
つぎに、上記被切断物38の従ランナ40から製品41
を切断する手順について説明する。まず、被切断物38
を加工テーブル33上に載置し、クランプアーム36で
固定したならば、第1の駆動源8を作動させて上下テー
ブル6を上下動させて加工ヘッド5の砥石18の高さを
第4図に示すHlに設定するとともに、切込みテーブル
13をハンドル15によって駆動し、砥石18の外周面
を第5図に示すWに位置ぎめする。つまり、砥石18を
主ランナ39の最下段に位置する製品41を従ランナ4
0から切断できる位置に位置決めする。このように砥石
18を位置決めしたならば、第2の駆動820を作動さ
せて砥石18を回転させるとともに、第3の駆動源28
を作動させて送りねじ26を回転させる。これによって
加工テーブル33聚第3図に矢印aで示す方向に駆動す
れば、上記被切断物38の最下段の製品41が従ランナ
40から切断される。最下段の製品41の切断が終了し
たならば、第1の駆動源8によって上下テーブル6を上
昇させて、砥石18を第4図に示すH2の高さに位置決
めする。つぎに、加工テーブル33を第3の駆動源28
によって矢印aで示す方向とは逆に駆動させれば、下か
ら2段目の製品41を従ランナ40から切断除去するこ
とができる。このように加工テーブル33の往復動に応
じて砥石18を所定寸法ずつ上昇させれば、被切断物3
8の主ランナ39の両側面に従ランナ40に連続して成
形された製品41を砥石18によって自動的に切断する
ことができる。
なお、この発明は上記一実施例に限定されず、たとえば
加工テーブルの往復動に応じて上下テーブル′を自動的
に上下動させるようにすれば、製品の切断を全て自動で
行なうことができる。また、切断工具としては砥石に限
られず、メタルソーであってもよい。さらに、被切断物
としては製品が多段でしかも2列の状態で設けられてい
るものを挙げたが、1列の状態で設けられているもので
あってもよい。
〔発明の効果〕
以上述べたようにこの発明は、本体上に被切断物を着脱
自在に保持固定する加工テーブルを水平方向に移動自在
に設けるとともに、上記本体上に加工ヘッドを上下方向
に移動自在に設け、この加工ヘッドに回転軸線を垂直に
して切断工具を設け、この切断工具を上記加工テーブル
の往復動に応じて上下駆動し、これによって上記被切断
物の製品をランナから切断するようにした。したがって
、従来手作業で行なっていた製品のランナからの切断作
業を自動で行なうことができるから、作業能率の向上を
計ることができるばかりか、切断時に発生する粉塵によ
って作業者が健康を害するようなこともないなどの利点
を有する。
【図面の簡単な説明】
図面はこの発明の一実施例を示し、第1図は装置の正面
図、第2図は同じく側面図、第3図は同じく平面図、第
4図は被切断物の正面図、第5図は同じく側面図である
。 1・・・本体、5・・・加工ヘッド、18・・・砥石(
切断工具)、33・・・加工テーブル、38・・・被切
断物、39.40・・・ランナ、41・・・製品。 出願人代理人 弁理士 鈴江武彦 第2図 第4図

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)装置本体と、この本体上に水平方向に移動自在に
    設けられランナに連続する製品を多段に有する被切断物
    が着脱自在に保持固定される加工テーブルと、上記本体
    上に上下方向に移動自在に設けられた加工ヘッドと、こ
    の加工ヘッドに回転軸線を垂直にして設けられ上記加工
    テーブルの往復動に応じて上下駆動されて上記被切断物
    の製品をランナから切断する切断工具とを具備したこと
    を特徴とする切断装置。
  2. (2)被切断物は製品が上下方向に多段であるとともに
    幅方向に複数列設けられ、この製品の列数に応じて複数
    の切断工具を備えていることを特徴とする特許請求の範
    囲第1項記載の切断装置。
JP4997185A 1985-03-13 1985-03-13 切断装置 Pending JPS61209766A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4997185A JPS61209766A (ja) 1985-03-13 1985-03-13 切断装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4997185A JPS61209766A (ja) 1985-03-13 1985-03-13 切断装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS61209766A true JPS61209766A (ja) 1986-09-18

Family

ID=12845902

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4997185A Pending JPS61209766A (ja) 1985-03-13 1985-03-13 切断装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61209766A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02284791A (ja) * 1989-04-26 1990-11-22 C K Kinzoku Kk 鋳物のセキ切削除去方法及び装置
CN102398021A (zh) * 2011-12-21 2012-04-04 无锡范尼韦尔工程有限公司 涡轮铸件浇口的切割装置
CN103331437A (zh) * 2013-06-28 2013-10-02 中信戴卡股份有限公司 一种去车轮飞边磨削装置
CN105195719A (zh) * 2015-11-01 2015-12-30 天津市巨星祥海机械有限公司 手自一体铸件打磨机床
CN106625091A (zh) * 2016-12-01 2017-05-10 重庆代发铸造有限公司 一种轮胎飞轮磨削装置
CN106695484A (zh) * 2016-12-01 2017-05-24 重庆代发铸造有限公司 飞轮式打磨机构
CN111570752A (zh) * 2019-12-10 2020-08-25 广东原点智能技术有限公司 一种缸体去料柄装置
CN112191834A (zh) * 2020-10-12 2021-01-08 南城县盈鑫锅业铸造有限公司 一种铁锅余料切削装置

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02284791A (ja) * 1989-04-26 1990-11-22 C K Kinzoku Kk 鋳物のセキ切削除去方法及び装置
CN102398021A (zh) * 2011-12-21 2012-04-04 无锡范尼韦尔工程有限公司 涡轮铸件浇口的切割装置
CN103331437A (zh) * 2013-06-28 2013-10-02 中信戴卡股份有限公司 一种去车轮飞边磨削装置
CN105195719A (zh) * 2015-11-01 2015-12-30 天津市巨星祥海机械有限公司 手自一体铸件打磨机床
CN106625091A (zh) * 2016-12-01 2017-05-10 重庆代发铸造有限公司 一种轮胎飞轮磨削装置
CN106695484A (zh) * 2016-12-01 2017-05-24 重庆代发铸造有限公司 飞轮式打磨机构
CN111570752A (zh) * 2019-12-10 2020-08-25 广东原点智能技术有限公司 一种缸体去料柄装置
CN112191834A (zh) * 2020-10-12 2021-01-08 南城县盈鑫锅业铸造有限公司 一种铁锅余料切削装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN107199485B (zh) 一种研磨机
CN209737540U (zh) 一种可调式机械零部件加工平台
CN105252075A (zh) 智能化汽车尾气催化剂锯切组合机床
CN110962290A (zh) 一种油箱盖注塑设备
JPS61209766A (ja) 切断装置
CN106695349A (zh) 一种立式卧式双功能加工中心
CN214265094U (zh) 瓷砖背面标识打磨设备
CN210938421U (zh) 一种带有上下料装置的无心磨床
CN2116558U (zh) 花岗岩双头磨抛机
CN106392641B (zh) 一种锯条加工机器人
CN216421277U (zh) 一种方便对工作台进行清理的金属带锯床
CN211516647U (zh) 铣槽攻牙去毛刺一体机
JPH06246627A (ja) 研削処理装置
CN208528772U (zh) 一种基于弹性体磨具的抛光机结构装置
EP1136182B1 (de) Zwillings-Schleifmaschine
CN2272805Y (zh) 一种石材用圆盘锯水平切割机
JP2504207Y2 (ja) 石材切断・研磨装置
CN2187998Y (zh) 多用磨抛机
CN210731835U (zh) 带有除渣装置的车床
CN220762161U (zh) 一种双砂轮片自动切割机
CN218428855U (zh) 一种便于清理的锯床
CN210966999U (zh) 一种可自动接料的车床
CN220445753U (zh) 一种五金件切割机构
CN218194109U (zh) 一种功率可调的钻削加工用修磨装置
CN219379714U (zh) 一种稳定性较高的精雕机