JPS5983351A - 蓄電池用焼結基板の製造方法 - Google Patents

蓄電池用焼結基板の製造方法

Info

Publication number
JPS5983351A
JPS5983351A JP57194902A JP19490282A JPS5983351A JP S5983351 A JPS5983351 A JP S5983351A JP 57194902 A JP57194902 A JP 57194902A JP 19490282 A JP19490282 A JP 19490282A JP S5983351 A JPS5983351 A JP S5983351A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slurry
sintered
substrate
sheet
bubbles
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP57194902A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Miyata
裕之 宮田
Makoto Kanbayashi
誠 神林
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Sanyo Denki Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Sanyo Denki Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, Sanyo Denki Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP57194902A priority Critical patent/JPS5983351A/ja
Publication of JPS5983351A publication Critical patent/JPS5983351A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01ELECTRIC ELEMENTS
    • H01MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
    • H01M4/00Electrodes
    • H01M4/02Electrodes composed of, or comprising, active material
    • H01M4/64Carriers or collectors
    • H01M4/70Carriers or collectors characterised by shape or form
    • H01M4/80Porous plates, e.g. sintered carriers
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage using batteries

Landscapes

  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Chemical Kinetics & Catalysis (AREA)
  • Electrochemistry (AREA)
  • General Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Powder Metallurgy (AREA)
  • Cell Electrode Carriers And Collectors (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 木発H)3は蓄゛串、池用焼結哉叛の製造方法に関する
〔従来技術〕
二・トケル活物質又はカドミウム活物質等の保持体とな
る蓄til]池用焼結塾板は1次の如く製造される。I
Jllらまずカーボニルニッケル粉末及びカルボキンメ
チルセルローズ又はメチルセルロヘズ等の増粘剤とを均
一に混合したスラリー液を作成する。
芯体πとえばニック”ルメッキを施した多孔鉄板を。
こ0)スラリー液中を通過させた後、厚さ51M整スリ
ヮトを通過させて多孔鉄板に付着するスラリー液厚を調
堅し、乾燥後焼結することにより、ニッケル焼結% 4
fyを製造している。ところがこのニッケル焼結篭板は
その多孔反が80915程度と低(、まにその孔径が数
μ乃至10数μ程yiで非常に小さいため、たとえは二
、フケル陽極板を製造する場合、硝酸ニッケル溶液が一
関に充分lr@だけ入る突孔体積を(1m保できない。
このためこの硝酸ニッケル溶液の含浸工程数が4乃至6
回姿するものであった。、まに実際上極Jルとして必非
な4電性や活物質の保持力等の点からも、従来例−の如
く数μ乃至10数μ程度の小さな径の孔は必娑ではない
そこで特開昭56−16723号公報に叩、示されtい
る製造方法を用いて6焼結尾根の多孔度を上げることが
考えられる。即ちスラリー液に積極的に気泡を導入し、
このスラリー液を芯体に付貴し、乾燥焼結して焼結幕板
を製造1−るものである。
このfjJ!遣方法を試作したところ、焼結&Jkの内
部におC′jる多孔度の上昇が見られだが2表面におい
ては、含浸な容易にするために必要rj!Uμ乃至10
0μの径の孔はすくすり、より小さな孔のみが存<−E
した。これはスラリー液の表面張力による収縮0.J7
こめ、大径の気泡が消失したものと考えられる。
〔開明の目的〕
木梵明はかかる点に鑑み発明されたものにして。
多孔IWが大きく、孔径の大きい焼結基オシの製造方法
を提供せんとり一るものである。
〔発明の構成〕
本発明はニラケル彷宋と糊料剤を含むスラリー液に気泡
を導入17.このスラリー液を芯体に塗着し、その途青
々面に撥水性シートを付着して乾燥し、その後焼結する
ことを特徴とするものである。
このようにスラリー液の塗着表面に撥水性シートを付着
−イーることに」;す、塗着表向にお(する気泡の消失
な)卦ナクせんとするものである。
1]実 Il狙 例〕 以下本発明の一実施例を説明する。
カーボニルニッケル粉末50部、2q6力ルボキシメチ
ルセルローズ水溶液50部及びアニオン性界面活性剤1
 g(3を均一に混合し゛Cスラリー液を作成し1こ。
このスラリー液を攪拌して無数の気泡を導入した。この
気泡をイアするスラリー液を、ニッケルメッキを施し7
こ多孔鉄板に塗着し、 +iKちにそのD前表面にテフ
ロンシートを付着した。この伏ハ矛で乾燥し、その後テ
フロンシートをはがして焼結を行っ7j Q この実す亀例で得られたtrl′a結基板は、多孔度が
9095以上であり、また哉板表i&+の孔の径は70
乃至100μであった。この焼結基板を1w用すると従
来のものより含浸が容易と了り、所定の含浸f+を得る
のに、従来の焼結承伏を用いるときには、4乃至61E
Iの含浸工程を聾し′?−いたが、本発明の実施例によ
る焼結基板を用いるときには−2回の含浸工程でよく、
まに1回の含浸工程の時間も従来の場合に比し5分の1
であった。この場合の含浸工程は、焼結基板に硝酸ニッ
ケル溶液を含浸するど共にこれをアルカリ処理すること
を意味する。
第1図は含浸回数と含浸量の特性1x1であり、特性+
11は実施例で製會され定焼結基板の含浸特性図。
特性(2)は従来の製造方法で得られる焼結基板の含浸
特性■1である。この特性図から実施例で製造された;
3を結哉板を用いるときの方が少ない含浸工程で、所定
の含浸ttt、 (V )が得られることがわかる。
また実施例による焼結基板は孔の窒孔体積が従来法によ
る焼結裁板より大きいので、多くの活物質を充填できる
。実症例による焼結基板を用いて。
硝酸ニッケル溶液を含浸し、これをアルカリ処理してニ
ッケル陽極板を作製し、焼結式カドミウム陰極と組合せ
てニッケル・カドミウム市1池を作製した。その放電特
性図を第2図に示す。同図中特性(31はこの電池の放
電特性であり、従来の焼結苓権を月4いたニッケル・カ
ドミウム電池の放電特性(4)に比り、容量が大きいこ
とがわかる。尚放電率は1Cである。
〔発明の効果〕
Jα」−の如くX発明は、ニッケル粉末と糊料剤を含む
スラリー液に気泡を心入したものを、芯体に塗着し、そ
の塗着表面に撥水性シートを付着して乾燥し、その後焼
結することを特徴とするものであるから、芯体に塗着さ
れるスラリー液の乾燥に際してスラリー液表面に撥水性
シートが存在J−るため、そのスラリー液表面の大径の
気泡が表面張力に基ず(収縮により消失することが少な
(なり。
焼結基板の円部から表面にわたってほぼ均一に大きな窄
孔体清を仔する孔を形成することができ。
多孔度の大きい焼結基板を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は含浸滑特性図1.第2図はニッケル・カドミウ
ム電池の放電特性図である。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)二・・lケル粉末と糊料剤を含むスラリーUりに
    気泡を214人したものを、芯体に塗着し、その塗着表
    面に49水性シートを付着して乾燥し、その後焼結する
    ことを特徴とする蓄電池用焼結基板の製造方法。
JP57194902A 1982-11-05 1982-11-05 蓄電池用焼結基板の製造方法 Pending JPS5983351A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP57194902A JPS5983351A (ja) 1982-11-05 1982-11-05 蓄電池用焼結基板の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP57194902A JPS5983351A (ja) 1982-11-05 1982-11-05 蓄電池用焼結基板の製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS5983351A true JPS5983351A (ja) 1984-05-14

Family

ID=16332228

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP57194902A Pending JPS5983351A (ja) 1982-11-05 1982-11-05 蓄電池用焼結基板の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5983351A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100193356B1 (ko) 다공질체의 제조 방법
US5848351A (en) Porous metallic material having high specific surface area, method of producing the same, porous metallic plate material and electrode for alkaline secondary battery
US2819962A (en) Method of producing sintered plates for galvanic cells
JP3535282B2 (ja) 多孔質焼結金属板の製造方法
JPH0765827A (ja) カーボン含有のガス消費層を有する気密のアルカリ二次電池のためのマイナスの電極およびその製造法
JPS5983351A (ja) 蓄電池用焼結基板の製造方法
JP2000290705A (ja) 多孔質金属板製造装置及び多孔質金属板の製造方法
JP4079667B2 (ja) アルカリ蓄電池用焼結基板およびその製造方法
JPH0987705A (ja) 多孔質金属積層体の製造方法
JPS6359228B2 (ja)
JPS5539180A (en) Production method of electrode base for cell
JP2002208405A (ja) 電極用多孔質基体の製造方法
JPS6235457A (ja) 電極材
JPS63105469A (ja) アルカリ電池用ニツケル基板の製法
JPH0987706A (ja) 多孔質金属体の接合方法
JPS6266570A (ja) アルカリ蓄電池用陽極
JPS5696087A (en) Manufacture of electrode for water electrolysis
JPH07268645A (ja) 三次元銅網目構造体の製造方法
JPS5866267A (ja) アルカリ蓄電池用基板の製造法
JP4289858B2 (ja) アルカリ二次電池用焼結式基板の製造方法及びアルカリ二次電池用焼結式基板
JP3180553B2 (ja) 三次元網目構造体の製造方法
JPS5597403A (en) Preparation of sintered base plate for alkali electric cell electrode
JPS6065464A (ja) 電池用焼結基板の製造方法
JPH04359864A (ja) 非焼結式ニッケル正極及びその製造方法
JPS63114068A (ja) 電池用電極の製造方法