JPS5972331A - 掘削機 - Google Patents

掘削機

Info

Publication number
JPS5972331A
JPS5972331A JP18289782A JP18289782A JPS5972331A JP S5972331 A JPS5972331 A JP S5972331A JP 18289782 A JP18289782 A JP 18289782A JP 18289782 A JP18289782 A JP 18289782A JP S5972331 A JPS5972331 A JP S5972331A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
blade
movable blade
movable
excavation
excavator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP18289782A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6310257B2 (ja
Inventor
Keijiro Sato
啓次郎 佐藤
Hiromu Miyazaki
宮崎 煕
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Furukawa Electric Co Ltd
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Original Assignee
Furukawa Electric Co Ltd
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Furukawa Electric Co Ltd, Nippon Telegraph and Telephone Corp filed Critical Furukawa Electric Co Ltd
Priority to JP18289782A priority Critical patent/JPS5972331A/ja
Publication of JPS5972331A publication Critical patent/JPS5972331A/ja
Publication of JPS6310257B2 publication Critical patent/JPS6310257B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F5/00Dredgers or soil-shifting machines for special purposes
    • E02F5/02Dredgers or soil-shifting machines for special purposes for digging trenches or ditches
    • E02F5/025Dredgers or soil-shifting machines for special purposes for digging trenches or ditches with scraper-buckets, dippers or shovels

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は土砂を掘Fjllする掘b1j憬に関し、特に
ケーブル、水道管、ガス管等の地)埋設物があるところ
で溝會掘るのに好虐な掘削機に間するものである。
ケーブルや各オ■の耐雷等を地)に埋設して布設する場
合には、その布設ルートに沿って溝を掘る必要がある。
通常、この布設ルートは進路沿いに設けられるが、特に
都市部においては、道路の地下に各種の地下埋設物が設
けられているのが著述である。このような場Fltに新
たにケーブル等を布設するために溝を掘る場合には、既
存の地下埋設物を破損しないようにしなりれはならない
○溝を掘るには、バックホウやトレンチャの如き掘削機
ヲ使用するのが能率的であるが、このような掘削機上使
用すると、その掘削1幾構が地1−埋設物に突当った時
にその埋設物を破損する虞れがある。従って、地下埋設
物の多い都市部においては、道路のM装材を剥し、ある
程度の深さまでは哉械的に掘削するが、それ以上の深さ
の掘削は地下埋設物に注恩しながら入力によって行って
いる。このため、掘削作業iJ:&めて非能率的である
不出願人は掘削作業を能率的に行うためワイヤホール又
は多数の突起を有する硬質ゴム製の円柱体の如き弾性を
有するロータリーカッタによつ又土砂企掘削するように
した掘削機ケ提案しグc0この掘11」磯はロータリー
カッタが弾性を有するの1地)埋設物に突当ってもこの
加重埋設物を破損することはないか1台車のMiJ進、
飯退を繰返して地下埋設物の上熱を確認しつつ前進する
の一〇掘削速度が遅く作業性が低い欠点がある。
不発明の目的は、地下埋設物に突当ってもこれを破損す
ることがなく、且つ掘削速反全同上することができる掘
削機を提供することにある。
不発明の実施例を図面全参照して詳細にのべると、第1
図及び第2図は′+発明に係る掘削機lOを示し、この
掘削機は台車12とこの台車に搭載された掘削機構14
とこの掘Pill慨檜を上−ト方同に駆動する図示しな
い駆動手段と金偏えている。
掘削機構14は、台車工2上の支柱16 、16’に案
内されて上下に捨勤するスライダ18に暇付けられた支
持アーム20とこの支持アーム2oの下端に横力間に並
べて喉付けられた複数の掘削刃22とから成っている。
従って、駆動+嵌合−駆動すると、支持アーム20が掘
削すべき土に対し垂直運動するので土砂は掘削刃22に
よって削シ上けられる。
台車12は掘削刃22の1回の往後運動毎に前進するの
で第1図及び第2図に示すようeこiM路24に溝26
が形成される。
各掘削刃22は、第3図乃至第5図に示すように、支持
アーム20の下端に一体に固定された固定刃28とこの
固定刃の1方に重合して設けられ枢軸30で支持アーム
2oの−F端に枢動自在に支持された可動刃32とから
成っている。図示の実施例ではすべての固定刃28 i
J:支持アームの下端から水平に延びる1つの水平端i
ll 20 aとこの水平端部の前端に独立して取付け
られた被数の超硬テップ28 aとから成っているが、
それぞれがフォーク状に離れていてもよい。可動刃32
は通常では固定刃28の下面に重合するようにt」;ね
イす勢されるはね付勢手段34に接続され、このはね付
勢+段34は支持アーム20に嘔付けられたブラケット
3Gと各町動刃32との間に掛渡された伸長ばね38か
ら成っている。尚、名伸長はね38は支持アームの水平
端m20aの孔20bt貫通している。
第4図から判るように、各可動刃32は固定刃28より
も突出していて通常の場合は掘削刃22が上昇する際に
可動刃32のみが掘削すべき土砂に喰い込むようになっ
ている。
次に不発明の掘削機10の使用状頭金のべると、第1図
及び第2図に示すように、掘削機構14を搭載した掘削
機10會掘削すべき道路24ヲ間欠的に前進さぜつつ掘
削機構14ヲ垂直運暗1させて掘削する。この場合、掘
削機IOの前進ピッチは可動刃32の突出部分の長さ以
下とする。そうすると通常では第4図に示すように可動
刃32によって土砂が削土けられるが、石等の如き地下
埋設物でない物40(第6図参照〕に突当った時には1
つ又は少数の可動刃32が伸長はね38の引張力に抗し
て枢軸(資)のまわり上下向きに枢動して逃げる。可動
刃の逃けが1つ又は少数であるということは突当ったも
のが長尺物でないということであるから、その回の掘削
後ざらに台車全lピッチ前進させる。すると次の回の掘
削では固定刃28が石等の埋設物に当り、それ全持ち上
げることになるので支障なく土砂を掘削することができ
る。しかし、ケーブル、水逼雷、ガス管の如き長尺の地
下埋設物に掘削刃22が突当った時にはすべて又は殆ん
どの可動刃32が一斉に逃ける。従って、作業者はすべ
て又は殆んどの可動刃が後退した時には長尺の地下埋設
物に突当ったと判断して掘削を中止し、そゐ部分のみを
地下埋設物を避けて人力で掘141jする。
尚、第6図に示すように、各町動刃32のばね付勢手段
34に対応して支持アーム20に14M(’1けられた
りミツトライツナ42ヲ設けてこのリミットスイッチ4
2が伸長ばねあによって押された時運転席のパネル上に
俗用動刃に対hc、して設けたランプ全点灯するように
すると、可動刃を直接監視する必要なく運転席で間接的
に可動刃の後退を監視することができる。
不発明によれは、上孔のように、掘削刃は地−ト埋設物
に突当つ1もOi′J@刃の後退によって加重埋設9勿
葡破損することがなく、また値数の可動刃のすべてが後
退したか1都が後退したかて地−ト埋設物か否か全判断
することができるから?l」J 断が各局であり、まグ
ζ台車を後退させて地1埋設物のイト在を確認づる必較
が左い刀1ら掘削速期が同上し極めで能率的に作業する
ことができる0
【図面の簡単な説明】
第1図及び第2図は不発明に係る掘削壁の上面図及び側
面図、第3図乃至第5図は杢′#3明の安部の拡大上面
図、側面図及び背面図、第6図は本発明の他の実施例の
動作状態の側面図である0 10・・・・・・掘削1炊、 12・・・・・・台車、
 14・・・・・・掘削1対楢、20・・・・・・皮付
アーム、22・・・・・・掘削刃、24・・・・・・道
路。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 台車と、前記台車に搭載され掘削すべき土に対し上1運
    動する支持アームと前記支持アームの下端に栖方向に並
    べて取付けられた複数の掘削刃とを言む掘削機構と、前
    記掘削慨構全上下方回に駆動する駆動手段とを備えた掘
    削機において、前記各掘削刃は前Hじ支持アームの下端
    にほは直角に固冗された固定刃と前記固定刃の下方に重
    付して設けられ固定刃から離れるように枢動することが
    できる可動刃とから成シ、前記可動刃は通常では前Rじ
    固定刃の下面に重合するようにはね4ワ勢されるばね付
    勢手段に接続され、且つ前記TjJ動刃は前記固定刃に
    重合した位置では前記固定刃よシ突出していることを特
    徴とする掘削途0
JP18289782A 1982-10-20 1982-10-20 掘削機 Granted JPS5972331A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18289782A JPS5972331A (ja) 1982-10-20 1982-10-20 掘削機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18289782A JPS5972331A (ja) 1982-10-20 1982-10-20 掘削機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5972331A true JPS5972331A (ja) 1984-04-24
JPS6310257B2 JPS6310257B2 (ja) 1988-03-04

Family

ID=16126294

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18289782A Granted JPS5972331A (ja) 1982-10-20 1982-10-20 掘削機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5972331A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111663585A (zh) * 2020-06-30 2020-09-15 朱继飞 一种分割式无尘挖沟机

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111663585A (zh) * 2020-06-30 2020-09-15 朱继飞 一种分割式无尘挖沟机

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6310257B2 (ja) 1988-03-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2011089326A (ja) 管埋設用溝掘削機
US5596826A (en) Level indicating mechanism for a work machine
JP4543130B2 (ja) トンネル拡幅装置
JPS5972331A (ja) 掘削機
US4066374A (en) Trench compactor
US4329084A (en) Ditching over buried lines
JP2890109B2 (ja) 水中土木作業用汎用装置
US6814161B1 (en) Stakedown assembly for a horizontal directional drill
US6266900B1 (en) Backfill blade apparatus
JP2670734B2 (ja) 函体推進工法の防護工法
JPH08319618A (ja) 土木工事装置並びに掘削装置及び土留め装置及び土木工事方法
JP4708119B2 (ja) オープンシールド掘進機の構造
JPH06221077A (ja) 回転式掘削具の振れ止め方法とその装置
US3538629A (en) Method of digging manholes
JPH0357248B2 (ja)
JP6175124B2 (ja) 埋設物位置表示部材
JP3184994B2 (ja) ケーソンの揚土装置
JPH0738475Y2 (ja) 開削型メッセルシールド機
CA2474406C (en) Underground cable or conduit installing apparatus and method
JPH08338022A (ja) 移動式開削山留工法および装置
JPH06158986A (ja) 推進工法用函体
JP2529859Y2 (ja) 車輌搭載型建設機械
JPH08338044A (ja) 溝掘削機
KR200165814Y1 (ko) 세미실드머신의 요동방지장치
SU759656A1 (ru) Землеройная машина 1