JPH11207589A - 網入り板ガラス用研削装置 - Google Patents

網入り板ガラス用研削装置

Info

Publication number
JPH11207589A
JPH11207589A JP1921598A JP1921598A JPH11207589A JP H11207589 A JPH11207589 A JP H11207589A JP 1921598 A JP1921598 A JP 1921598A JP 1921598 A JP1921598 A JP 1921598A JP H11207589 A JPH11207589 A JP H11207589A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mounting arm
glass
arm
sheet
meshed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP1921598A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3724683B2 (ja
Inventor
Satoru Nakazono
了 中囿
Original Assignee
Amagasaki Kosakusho:Kk
株式会社尼崎工作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amagasaki Kosakusho:Kk, 株式会社尼崎工作所 filed Critical Amagasaki Kosakusho:Kk
Priority to JP01921598A priority Critical patent/JP3724683B2/ja
Publication of JPH11207589A publication Critical patent/JPH11207589A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3724683B2 publication Critical patent/JP3724683B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 狭い面積の設置スペースに設置できるととも
に、低コストで製造できしかも作業性を向上できる網入
り板ガラス用研削装置を提供する。 【解決手段】 保持板35にて垂直状に保持した網入り板
ガラスAの下縁を水平方向に移動自在に載置する載置ア
ーム11を備える。この載置アーム11は、流体圧シリンダ
41の駆動により90°回動可能な第1の載置アーム体21
と第2の載置アーム体22とにて形成する。第1の載置ア
ーム体21および第2の載置アーム体22は、砥石13を挟ん
でこの砥石13の回転中心と略同一軸心を中心として所定
時に回動する。載置アーム11の上に載置した網入り板ガ
ラスAは、ローラ体27およびキャスタ37の回転により水
平方向に移動する。回転する砥石13にて網入り板ガラス
Aの下縁から突出した線材を削り取る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、網入り板ガラスの
周縁を研削する網入り板ガラス用研削装置に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、金属等の線材を網状に埋設した
網入り板ガラスを所定寸法に切断するに際し、ガラスが
切断されても線材は切断されないので、切断されたガラ
スを前後面方向に交互に折り返すことにより線材を金属
疲労等にて切断している。そのとき、線材は伸長して網
入り板ガラスの周縁面から突出するため、この突出した
線材を削り取る必要がある。
【0003】そして、この突出した線材を削り取る場合
において、従来は、網入り板ガラスを倒して平面状に載
置して、その載置した網入り板ガラスの周縁面を研削し
ていた。
【0004】すなわち、図7に示す従来の網入り板ガラ
ス用研削装置を用いて、網入り板ガラスAより寸法の大
きい載置テーブル1の上に処理対象物である網入り板ガ
ラスAの裏面を載置して、まず、2つの砥石2,3をと
もに回転させつつそれぞれX方向、Y方向に水平移動さ
せて、この網入り板ガラスAの互いに直交する2つの周
縁面A1,A2を研削して、その後、この網入り板ガラスA
を180°回動させてから、再度2つの砥石2,3をと
もに回転させつつそれぞれX方向、Y方向に水平移動さ
せて、残りの周縁面A3,A4を研削することによって、ガ
ラス切断後に周縁面から突出した線材を削り取ってい
た。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記図
7に示す従来の網入り板ガラス用研削装置のように、網
入り板ガラスAより寸法の大きい載置テーブル1に2つ
の砥石2,3を回転自在および水平移動自在に設けた構
成では、この網入り板ガラス用研削装置を設置するに際
し、設置スペースの平面寸法として、載置テーブル1の
上面の面積より大きい寸法を確保する必要があるため、
設置場所が制約される問題を有している。
【0006】また、2つの砥石2,3を回転させながら
水平移動させるための機構等にコストがかかるため、全
体としてコスト高となる問題もある。
【0007】さらに、従来の網入り板ガラス用研削装置
では、網入り板ガラスAの2つの周縁面A1,A2を研削し
てから、残りの周縁面A3,A4を研削するために、一旦載
置した網入り板ガラスAを回動させて載置し直す必要が
あるので、作業性が悪い問題がある。
【0008】本発明は、このような点に鑑みなされたも
ので、狭い面積の設置スペースに設置できるとともに、
低コストで製造でき、しかも作業性を向上できる網入り
板ガラス用研削装置を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の網入り板
ガラス用研削装置は、直線状に配置された第1の載置ア
ーム体と第2の載置アーム体とにて形成されかつ垂直状
に保持された網入り板ガラスの下縁を水平方向に移動自
在に載置する載置アームと、この載置アームの第1の載
置アーム体と第2の載置アーム体との間に回転自在に設
けた砥石とを備え、前記載置アームの第1の載置アーム
体および第2の載置アーム体は、それぞれ前記砥石を挟
んでこの砥石の回転中心と略同一軸心を中心として90
°回動可能としたものである。
【0010】そして、網入り板ガラスの周縁から突出し
た線材を削り取る場合、まず、載置アームの第1の載置
アーム体を水平状に保持するとともに、この載置アーム
の第2の載置アーム体を砥石の回転中心と略同一軸心を
中心として90°回動させて倒立した状態に保持してか
ら、水平状の第1の載置アーム体の上に網入り板ガラス
の下縁を水平方向に移動自在に載置して、この網入り板
ガラスを垂直状に保持する。
【0011】その後、倒立した第2の載置アーム体を砥
石の回転中心と略同一軸心を中心として90°回動させ
て水平状に保持してから、第1の載置アーム体の上に位
置する網入り板ガラスを水平状の第2の載置アーム体の
上に向って移動させる。
【0012】この網入り板ガラスの移動の際に、この網
入り板ガラスの下縁が、回転する砥石にて研削され、こ
の下縁から突出した線材が削り取られる。
【0013】そして、この網入り板ガラスが第2の載置
アーム体の上まで移動した後、水平状の第1の載置アー
ム体を砥石の回転中心と略同一軸心を中心として90°
回動させて倒立した状態に保持する。
【0014】次いで、水平状の第2の載置アーム体と倒
立した第1の載置アーム体とを砥石の回転中心と略同一
軸心を中心として90°の角度だけ同時に回動させる。
【0015】この第1の載置アーム体および第2の載置
アーム体の回動の際に、網入り板ガラスは、この第1の
載置アーム体および第2の載置アーム体とともに、砥石
側の角部を中心として90°回動する。
【0016】そして、このような第1の載置アーム体お
よび第2の載置アーム体の各動作にて1サイクルが構成
され、このサイクルが3回行われることによって、網入
り板ガラスの周縁の研削が完了して、この網入り板ガラ
スの全周縁から突出した線材が削り取られる。
【0017】請求項2記載の網入り板ガラス用研削装置
は、請求項1記載の網入り板ガラス用研削装置におい
て、載置アームは、載置した網入り板ガラスを水平方向
に移動させるローラ体を有したものである。
【0018】そして、ローラ体が回転することにより、
載置アームの上に載置された網入り板ガラスが水平方向
に移動する。
【0019】請求項3記載の網入り板ガラス用研削装置
は、請求項1または2記載の網入り板ガラス用研削装置
において、載置アームに載置した網入り板ガラスの表面
および裏面の少なくともいずれか一方の面に当接するキ
ャスタを有する保持板を備えたものである。
【0020】そして、保持板のキャスタが網入り板ガラ
スの表面および裏面の少なくともいずれか一方の面に当
接することにより網入り板ガラスが垂直状に保持され、
また、この保持された網入り板ガラスの移動時にキャス
タが回転して、網入り板ガラスと保持板との摩擦が低減
する。
【0021】
【発明の実施の形態】以下、本発明の網入り板ガラス用
研削装置の一実施の形態の構成を図面を参照して説明す
る。
【0022】図1において、11は載置アームで、この載
置アーム11の長手方向の略中央には砥石13が回転自在に
配設されている。
【0023】この載置アーム11は、砥石13を挟んでこの
砥石13の回転中心と略同一軸心を中心として90°回動
可能な第1の載置アーム体21と第2の載置アーム体22と
にて形成され、この直線状に配置された第1の載置アー
ム体21および第2の載置アーム体22のそれぞれの上面上
には、垂直状に保持された網入り板ガラスAの下縁面A1
が水平方向に移動自在に載置される。
【0024】そして、この第1の載置アーム体21は、細
長状に成形され直線状に配置されており、砥石13側の先
端部を回転中心として、図1上砥石13の右側上方位置を
水平状態から倒立状態へ、および倒立状態から水平状態
へと適宜に回動してその状態で保持されるようになって
いる。
【0025】また、この第1の載置アーム体21の基端部
には、網入り板ガラスAの落下等を防止するためのスト
ッパ25が設けられている。さらに、この第1の載置アー
ム体21の上面部には、網入り板ガラスAの下縁面A1に当
接してこの網入り板ガラスAを水平方向に移動させるロ
ーラ体27が回転自在に設けられている。
【0026】さらに、前記第2の載置アーム体22は、こ
の第1の載置アーム体21と同一構造を有し、この第2の
載置アーム体22の基端部にストッパ25が設けられている
とともにこの第2の載置アーム体22の上面部にローラ体
27が回転自在に設けられている。ただし、この第2の載
置アーム体22は、前記第1の載置アーム体21とは異な
り、砥石13側の先端部を回転中心として、図1上砥石13
の左側上方位置を倒立状態から水平状態へ、および倒立
状態から水平状態へと適宜に回動する。
【0027】次に、前記砥石13は、網入り板ガラスAに
網状に埋設された線材の材質等に応じて適宜に選択され
たもので、図示しない電動機等に連結された高速回転す
る砥石車29に取り付けられている。なお、この砥石13の
研削部には研削液が適宜に供給されるようになってい
る。
【0028】また、この砥石13および砥石車29は、例え
ば砥石設置台32の上に設置されており、この砥石設置台
32は底板33の上に設けられている。
【0029】この底板33は、例えば細長の矩形状に成形
されたものであり、この底板33の平面寸法は、前記載置
アーム11の上に載置する網入り板ガラスAの表面の面積
に比べ十分小さい寸法となっている。
【0030】また、この底板33の両側縁の少なくとも一
側縁には、矩形状の保持板35が上方に向って立設されて
おり、この保持板35の内面には、前記載置アーム11に載
置した網入り板ガラスAの表面および裏面の少なくとも
いずれか一方の面に当接するキャスタ37が回転自在に取
り付けられている。なお、この底板33の上面上であって
この底板33の長手方向の略中央位置に前記砥石設置台32
が配設されている。
【0031】また、この底板33の上面上であって前記砥
石設置台32の両側方の位置には、流体圧シリンダ41が配
設されている。
【0032】この流体圧シリンダ41は、図示しない圧力
源部に接続されこの圧力源部の駆動に伴い駆動して、前
記第1の載置アーム体21および第2の載置アーム体22を
所定時に回動させるもので、この流体圧シリンダ41は、
前記底板33のシリンダ取付部42に取り付けられたシリン
ダ本体43を有し、このシリンダ本体43には前記載置アー
ム11の水平時に移動自在に収納されるピストンロッド44
が取り付けられている。
【0033】このピストンロッド44の先端部は、前記第
1の載置アーム体21および第2の載置アーム体22のそれ
ぞれの下面部に形成したシリンダ取付部45に取り付けら
れている。
【0034】次に、上記一実施の形態の動作を図面を参
照して説明する。
【0035】金属等の線材を網状に埋設した網入り板ガ
ラスAを所定寸法に切断すると、図2に示すように、略
矩形状の網入り板ガラスAの下縁面A1、上縁面A2、側縁
面A3,A4から線材が突出するため、この網入り板ガラス
Aの全周縁面A1,A2,A3,A4から突出した線材を削り取
る必要がある。
【0036】そこで、図1に示す網入り板ガラス用研削
装置を用いて、この周縁面A1,A2,A3,A4から突出した
線材を削り取る場合、まず、図3に示すように、載置ア
ーム11の第1の載置アーム体21を水平状に保持するとと
もに、この載置アーム11の第2の載置アーム体22を砥石
13の回転中心と略同一軸心を中心として90°回動させ
て倒立した状態に保持する。
【0037】この図3に示す状態で、水平状の第1の載
置アーム体21の上に,処理対象物である網入り板ガラス
Aの下縁面A1を水平方向に移動自在に載置して、この網
入り板ガラスAを垂直状に保持する。
【0038】その後、図4に示すように、倒立した第2
の載置アーム体22を砥石13の回転中心と略同一軸心を中
心として90°回動させて水平状に保持してから、第1
の載置アーム体21の上に位置する網入り板ガラスAを、
第1の載置アーム体21および第2の載置アーム体22の各
上面部に設けたローラ体27を回転させて、水平状の第2
の載置アーム体22の上に向って水平移動させる。
【0039】この網入り板ガラスAの水平移動の際に、
この網入り板ガラスAの下縁が、回転する砥石13にて研
削され、この網入り板ガラスAの下縁面A1から突出した
線材が削り取られる。
【0040】そして、図5に示すように、網入り板ガラ
スAの全体が、第2の載置アーム体22の上まで水平移動
した後、水平状の第1の載置アーム体21を砥石13の回転
中心と略同一軸心を中心として90°回動させて倒立し
た状態に保持する。
【0041】次いで、図6に示すように、水平状の第2
の載置アーム体22と倒立した第1の載置アーム体21と
を、ともに砥石13の回転中心と略同一軸心を中心として
90°の角度だけ同時に回動させる。
【0042】この第1の載置アーム体21および第2の載
置アーム体22の回動の際に、この第2の載置アーム体22
の上に載置された網入り板ガラスAは、この第1の載置
アーム体21および第2の載置アーム体22とともに、砥石
13側の角部を中心として90°回動する。
【0043】そして、このような第1の載置アーム体21
および第2の載置アーム体22の各動作にて1サイクルが
構成され、このサイクルが継続して3回行われることに
よって、網入り板ガラスAの残りの周縁面A2,A3,A4の
研削が完了して、この網入り板ガラスAの全周縁面A1,
A2,A3,A4から突出した線材が削り取られる。
【0044】また、この第1の載置アーム体21および第
2の載置アーム体22の各動作における第1の載置アーム
体21および第2の載置アーム体22の回動は、流体圧シリ
ンダ41の駆動により行われる。
【0045】さらに、この第1の載置アーム体21および
第2の載置アーム体22の各動作において、網入り板ガラ
スAは、保持板35のキャスタ37がこの網入り板ガラスA
の表面および裏面の少なくともいずれか一方の面に当接
することにより、垂直状に保持され、またこの保持され
た網入り板ガラスAが移動する際にはこのキャスタ37は
適宜に回転して、網入り板ガラスAと保持板35との摩擦
の低減が図られる。
【0046】このようにして、上記一実施の形態によれ
ば、垂直状に保持された網入り板ガラスAを水平方向に
移動自在に載置する載置アーム11を形成する第1の載置
アーム体21と第2の載置アーム体22との間に、1つの砥
石13を回転自在に設けた構成とするので、網入り板ガラ
ス用研削装置の設置に際し、その設置スペースの平面寸
法として網入り板ガラスAの表面の面積より小さい寸法
を確保すれば足り、狭い面積の設置スペースにも設置で
きる。
【0047】また、従来のように2つの砥石を回転させ
ながら水平移動させるための機構等を必要としないの
で、従来と比べて低コストで製造でき、しかも、従来と
は異なり一旦載置した網入り板ガラスAを載置し直す必
要がないので作業性を向上できる。
【0048】さらに、載置アーム11のローラ体27の回転
にて網入り板ガラスAを水平方向に水平移動させること
により、この網入り板ガラスAを載置アーム11に沿って
速やかでかつ円滑に移動させることができ、従来と比べ
て作業性をより向上できる。
【0049】また、載置アーム11の流体圧シリンダ41の
駆動にて第1の載置アーム体21および第2の載置アーム
体22を所定時に砥石13の回転中心と略同一軸心を中心と
して90°回動させることにより、第1の載置アーム体
21および第2の載置アーム体22を的確に回動させること
ができ、しかも、流体圧シリンダ41はコンパクトに設置
できるので、装置自体の大型化も防止できる。
【0050】さらに、保持板35のキャスタ37を網入り板
ガラスAの表面および裏面の少なくともいずれか一方の
面に当接させることにより、この網入り板ガラスAを垂
直状に確実に保持でき、しかも、保持板35のキャスタ37
の回転にて網入り板ガラスAと保持板35との摩擦を低減
して網入り板ガラスAを傷付けることなく、この網入り
板ガラスAを容易に移動させることができ、従来と比べ
て作業性をより向上できる。
【0051】
【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、垂直状に
保持された網入り板ガラスを水平方向に移動自在に載置
する載置アームの第1の載置アーム体と第2の載置アー
ム体との間に1つの砥石を回転自在に設けた構成とする
ので、網入り板ガラス用研削装置の設置に際し、その設
置スペースの平面寸法として網入り板ガラスの表面の面
積より小さい寸法を確保すれば足り、狭い面積の設置ス
ペースにも設置でき、また、2つの砥石を回転させなが
ら水平移動させる機構等を必要としないので従来と比べ
て低コストで製造でき、しかも、従来とは異なり一旦載
置した網入り板ガラスを載置し直す必要がないので作業
性を向上できる。
【0052】請求項2記載の発明によれば、ローラ体の
回転にて網入り板ガラスを水平方向に移動させることに
より、この網入り板ガラスを載置アームに沿って速やか
でかつ円滑に移動させることができ、従来と比べて作業
性をより向上できる。
【0053】請求項3記載の発明によれば、保持板のキ
ャスタを網入り板ガラスの表面および裏面の少なくとも
いずれか一方の面に当接させることにより、この網入り
板ガラスを垂直状に確実に保持でき、しかも、保持板の
キャスタの回転にて網入り板ガラスと保持板との摩擦を
低減して網入り板ガラスを傷付けることなく、容易に移
動させることができ、従来と比べて作業性をより向上で
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の網入り板ガラス用研削装置の一実施の
形態を示す正面図である。
【図2】同上網入り板ガラス用研削装置で処理される網
入り板ガラスを示す平面図である。
【図3】同上網入り板ガラス用研削装置の動作を示す説
明図である。
【図4】図3に続く同上網入り板ガラス用研削装置の動
作を示す説明図である。
【図5】図4に続く同上網入り板ガラス用研削装置の動
作を示す説明図である。
【図6】図5に続く同上網入り板ガラス用研削装置の動
作を示す説明図である。
【図7】従来の網入り板ガラス用研削装置を示す説明図
である。
【符号の説明】
11 載置アーム 13 砥石 21 第1の載置アーム体 22 第2の載置アーム体 27 ローラ体 35 保持板 37 キャスタ A 網入り板ガラス

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 直線状に配置された第1の載置アーム体
    と第2の載置アーム体とにて形成されかつ垂直状に保持
    された網入り板ガラスの下縁を水平方向に移動自在に載
    置する載置アームと、 この載置アームの第1の載置アーム体と第2の載置アー
    ム体との間に回転自在に設けた砥石とを備え、 前記載置アームの第1の載置アーム体および第2の載置
    アーム体は、それぞれ前記砥石を挟んでこの砥石の回転
    中心と略同一軸心を中心として90°回動可能としたこ
    とを特徴とする網入り板ガラス用研削装置。
  2. 【請求項2】 載置アームは、載置した網入り板ガラス
    を水平方向に移動させるローラ体を有したことを特徴と
    する請求項1記載の網入り板ガラス用研削装置。
  3. 【請求項3】 載置アームに載置した網入り板ガラスの
    表面および裏面の少なくともいずれか一方の面に当接す
    るキャスタを有する保持板を備えたことを特徴とする請
    求項1または2記載の網入り板ガラス用研削装置。
JP01921598A 1998-01-30 1998-01-30 網入り板ガラス用研削装置 Expired - Lifetime JP3724683B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01921598A JP3724683B2 (ja) 1998-01-30 1998-01-30 網入り板ガラス用研削装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01921598A JP3724683B2 (ja) 1998-01-30 1998-01-30 網入り板ガラス用研削装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11207589A true JPH11207589A (ja) 1999-08-03
JP3724683B2 JP3724683B2 (ja) 2005-12-07

Family

ID=11993161

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP01921598A Expired - Lifetime JP3724683B2 (ja) 1998-01-30 1998-01-30 網入り板ガラス用研削装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3724683B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104647201A (zh) * 2015-01-20 2015-05-27 安徽智成数控科技有限公司 一种单边磨边机立式90°玻璃旋转台
CN105479292A (zh) * 2015-12-04 2016-04-13 佛山市南海东泰创展精密机械有限公司 一种玻璃磨边机及玻璃磨边工艺
CN107139068A (zh) * 2017-05-19 2017-09-08 东旭科技集团有限公司 基板玻璃旋转装置适用的玻璃支撑架和玻璃旋转装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104647201A (zh) * 2015-01-20 2015-05-27 安徽智成数控科技有限公司 一种单边磨边机立式90°玻璃旋转台
CN105479292A (zh) * 2015-12-04 2016-04-13 佛山市南海东泰创展精密机械有限公司 一种玻璃磨边机及玻璃磨边工艺
CN107139068A (zh) * 2017-05-19 2017-09-08 东旭科技集团有限公司 基板玻璃旋转装置适用的玻璃支撑架和玻璃旋转装置
CN107139068B (zh) * 2017-05-19 2019-01-25 东旭科技集团有限公司 基板玻璃旋转装置适用的玻璃支撑架和玻璃旋转装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3724683B2 (ja) 2005-12-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR102022125B1 (ko) 폴리싱 패드 컨디셔너를 위한 댐퍼
US5690542A (en) Disc streak pattern forming method and apparatus
JP2007223010A (ja) 曲面ガラスの面取り装置
JP2001150332A (ja) 研磨パッドおよび研磨方法
JP2004050345A (ja) 薄板状ワーク外周部加工装置
CN205021392U (zh) 用于基板抛光的装置
JPH11207589A (ja) 網入り板ガラス用研削装置
US4908995A (en) Rail grinding method and apparatus
KR101527961B1 (ko) 광파이버 연마장치
US5443025A (en) Multiple clamp system for a computer controlled sewing machine
JP2003053657A (ja) 研磨面構成部材及び該研磨面構成部材を用いた研磨装置
KR20150145503A (ko) 기판 폴리싱장치 및 방법
JP3230149B2 (ja) 薄板円板状ワークの両面研削装置
CN204525116U (zh) 可翻转式双头抛光机
CN208945891U (zh) 研磨机构及多角度平面研磨机
CN108262658A (zh) 一种阀门碟片抛光去毛刺装置
KR102134559B1 (ko) 휴대폰 유리판용 폴리싱 장치
KR20050114529A (ko) 연마 패드의 컨디셔너 장치
KR101273938B1 (ko) 하향 패드 방식의 연마장치
JP2020157440A (ja) 基板加工装置
JP4851654B2 (ja) 研削盤
KR101720302B1 (ko) 패널의 에지 폴리싱 장치 및 방법
JP3898423B2 (ja) 平面研削盤のロータリドレッサ装置
JP2000176804A (ja) 鏡面研磨方法と研磨具
JPH0711258U (ja) 研削装置

Legal Events

Date Code Title Description
A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050915

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080930

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090930

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100930

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110930

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120930

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130930

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term