JPH11198198A - 射出成形用金型 - Google Patents

射出成形用金型

Info

Publication number
JPH11198198A
JPH11198198A JP141298A JP141298A JPH11198198A JP H11198198 A JPH11198198 A JP H11198198A JP 141298 A JP141298 A JP 141298A JP 141298 A JP141298 A JP 141298A JP H11198198 A JPH11198198 A JP H11198198A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
pin
boss
resin molded
molded product
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP141298A
Other languages
English (en)
Inventor
Akihiro Ishikawa
昭弘 石川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Marelli Corp
Original Assignee
Kansei Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kansei Corp filed Critical Kansei Corp
Priority to JP141298A priority Critical patent/JPH11198198A/ja
Publication of JPH11198198A publication Critical patent/JPH11198198A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/46Means for plasticising or homogenising the moulding material or forcing it into the mould
    • B29C45/57Exerting after-pressure on the moulding material
    • B29C45/572Exerting after-pressure on the moulding material using movable mould wall or runner parts
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/40Removing or ejecting moulded articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/0025Preventing defects on the moulded article, e.g. weld lines, shrinkage marks

Abstract

(57)【要約】 【課題】 樹脂成形品に対する離型エジェクト個所を増
設させ、これにより樹脂成形品の離型の容易性と円滑性
を高め、さらには樹脂成形品を変形させる(歪ませる)
ことなく離型すること。 【解決手段】 コア型23の背後にエジェクトシリンダ
により押し出される押出しロッド27によりキャビティ
38方向へ押動可能なエジェクトプレート28を配置
し、該エジェクトプレート28にはシリンダ32を固定
支持せしめると共に、該シリンダ32の作動軸33に、
上記スリーブピン30を連結し、上記シリンダ32の駆
動力でスリーブピン30を押動してボス部39を圧縮せ
しめた後、押出し機によるスリーブピン30の押動力で
樹脂成形品を離型せしめる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば自動車に用
いられる樹脂成形品を成形するために使用する射出成形
用金型に関するものであり、特に樹脂成形品のボス部の
周りの肉厚部によって生じるヒケを防止するためのヒケ
防止構造を具備せしめた射出成形用金型に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】例えば、図3で示すように、樹脂製品面
となる板部1と取付部となる筒状のボス部2を一体に成
形する樹脂成形品3を射出成形金型を用いて射出成形す
るには、型閉めされたキャビティ型4とコア型5とから
なるキャビティ内に所定の溶融樹脂を射出し、次いでそ
の射出された溶融樹脂が成形冷却された後に、型開きし
て型内より成形品を取出すのが一般的である。ところが
図3で示しているように、その板部1とボス部2との結
合部において、相対的に肉厚部が生じ、この肉厚部に対
応する板部1表面部分では、溶融樹脂の固化時の収縮に
よるヒケ6が生じるという不具合があった。
【0003】そこで、このような不具合を解消するため
の発明として、例えば特開平6−344402号で示す
如き、ヒケ防止構造を有する射出圧縮成形用金型が公知
とされている。この射出圧縮成形用金型は、図4で示す
ように、キャビティ型7とコア型8を有し、そのコア型
8には、スペーサブロック9を介して取付板10を取付
け、さらに上記スペーサ9によって形成されているコア
型8及び取付板10間の空間内には、第1の押出しプレ
ート11と、第2の押出しプレート12を位置せしめ、
その第1の押出しプレート11には、スリーブピン1
3,14を固定支持させており、また第2の押出しプレ
ート12には、リターンピン15及びエジェクタピン1
6を固定支持させている。
【0004】そしてこのような金型を用いてボス部1
7,18を有する樹脂成形品19を樹脂成形するには、
型閉めされたキャビティ内に溶融樹脂を射出充填させた
後、不図示のエジェクタシリンダを動作させて、押出し
ロッド20を介して第1の押出しプレート11のみを図
面において右方向へ押動させ、これによってスリーブピ
ン13,14を右方向へ押動させて、これらのスリーブ
ピン13,14により、冷却固化される前の樹脂成形品
19のボス部17,18がスリーブピン13及び14と
キャビティ型7の型面との間で圧縮維持されるので、こ
のスリーブピン13,14による樹脂成形品19のボス
部17,18圧縮作用によりヒケが生じることのない樹
脂成形品を成形することができる。次いでその樹脂成形
品の冷却固化後第2の押し出しプレート12を右方向へ
押動させてリターピン15及びエジェクタピン16を押
動させることにより離型された金型から、樹脂成形品1
9が取り出される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】このような公知の射出
圧縮成形用金型にあっては、金型内に射出充填された後
のボス部が、スリーブピン13,14の押出力による圧
縮作用(プレス力)を受けるために、そのボス部周辺の
肉厚部においてヒケを生じることがなく良質の樹脂成形
品を得ることができるが、この射出圧縮成形用金型で
は、スリーブピン13,14とは別にエジェクタピン1
6を併設する構成となっているために、それらスリーブ
ピン13,14を配設するスペースの関係でエジェクタ
ピン16の配置が制限され、多数本のエジェクタピン1
6を配設することが困難であり、これが原因で樹脂成形
品19の円滑なる離型が不可能であり、さらには、離型
時における樹脂成形品に歪みを生じさせてしまう等の問
題点があった。
【0006】本発明はかかる問題点に着目してなされた
もので、肉厚ボス部を圧縮するスリーブピンと、樹脂成
形品を離型するエジェクトピンを具備せしめた射出成形
用金型において、そのスリーブピンとエジェクトピンを
兼用させることができる構造となして、樹脂成形品に対
する離型エジェクト個所を増設させ、これにより樹脂成
形品の離型の容易性と円滑性を高め、さらには樹脂成形
品を変形させる(歪ませる)ことなく離型することがで
きる射出成形用金型の提供を目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明の請求項1では、キャビティ型と共同して樹脂
成形品を成形するコア型に、上記樹脂成形品のボス部を
成形するボス成形孔を設けると共に、該ボス成形孔内
に、上記ボス部を成形時に圧縮する圧縮ピンを設けてな
る射出成形金型において、上記樹脂成形品を型開時に押
出離型させるエジェクトピンが取付けられたエジェクト
プレートに、上記圧縮ピンを駆動するシリンダを設けて
なり、上記圧縮ピンは、型閉時には上記シリンダにより
駆動されて上記ボス部を圧縮すると共に、型開時には上
記エジェクトプレートに連動して上記ボス部を押圧して
上記樹脂成形品を押出離型せしめる射出成形用金型であ
ることを特徴としている。
【0008】また、上記目的を達成するために本発明の
請求項2では、キャビティ型と共同して樹脂成形品を成
形するコア型に、上記樹脂成形品の筒状のボス部を成形
するボス成形孔を設けると共に、該ボス成形孔内に、上
記ボス部の中空孔を形成するセンターピンと、該センタ
ーピンにその軸方向に摺動可能に装着され、かつ上記ボ
ス部を成形時に圧縮するスリーブ状の圧縮ピンとを設け
てなる射出成形金型において、上記樹脂成形品を型開時
に押出離型させるエジェクトピンが取付けられたエジェ
クトプレートに、上記圧縮ピンを駆動するシリンダを設
けてなり、上記圧縮ピンは、型閉時には上記シリンダに
より駆動されて上記ボス部を圧縮すると共に、型開時に
は上記エジェクトプレートに連動して上記ボス部を押圧
して上記樹脂成形品を押出離型せしめる射出成形用金型
であることを特徴としている。
【0009】
【発明の実施の形態】以下に本発明を図面に示す実施形
態に基いて詳細に説明する。先ず図1に基いて第1の実
施形態を説明する。
【0010】21は固定側取付板22に固定されている
キャビティ型、23はこのキャビティ型21に対応する
コア型であって、このコア型23は、スペーサブロック
24を介して可動側取付板25に取付け保持されてい
る。また上記コア型23と可動側取付板25との間でス
ペーサブロック24により形成されている空間26内に
は、不図示のエジェクトシリンダにより駆動される押出
しロッド27により押動されるエジェクトプレート28
がキャビティ方向へ移動可能に内装されている。
【0011】上記エジェクトプレート28には、可動側
取付板25に固定されているセンターピン29が貫通
し、そのセンターピン29の先端は、コア型23に設け
られているボス成形孔23Aを貫通し、キャビティ内に
達している。またこのセンターピン29の外周面には、
スリーブピン30(圧縮ピン)がそのセンターピンの軸
方向へ摺動可能に嵌合されているが、このスリーブピン
30は、連結部材31を介して、油圧シリンダ32の動
作軸33に連結されている。
【0012】上記油圧シリンダ32は、エジェクトプレ
ート28に固定保持されていて、エジェクとプレート2
8の動作に伴なってキャビティ方向へ移動可能である。
34は、上記の連結部材31と一体に設けられているス
トローク設定ブロックであって、このストローク設定ブ
ロック34が、エジェクトプレート28に形成されてい
る係止段部35に当接されることで、前記油圧シリンダ
32によるスリーブピン30の押出W位置が規制される
ようになっている。36は上記エジェクトプレート28
に固定されているエジェクトピン、37は溶融樹脂射出
ノズルを示す。
【0013】次に以上の如く構成された実施形態の作用
について述べると、先ずはキャビティ型21とコア型と
を型閉めした後に、そのキャビティ38内へ射出ノズル
37から溶融樹脂を射出充填する。次いで油圧シリンダ
32を駆動させて、その作動軸33をキャビティ38方
向(図1において右方向)へ前進させると、この作動軸
33の動作は連結部材31を介してスリーブピン30に
伝達し、このスリーブピン30のキャビティ38方向動
作で、キャビティ38内で形成されようとしているボス
部39がスリーブピン30の先端でキャビティ型21方
向へ押圧(圧縮)されるために、キャビティ38内樹脂
のヒケを生じやすい上記ボス部39表面において、ヒケ
を生じることがない。
【0014】なお上記スリーブピン30によるボス部の
圧縮時において、エジェクトプレート28にその反力が
作用するが、このときのエジェクトプレート28の背面
には、押出しロッド27が当接してそのエジェクトプレ
ート28の後退を阻止するので、上記のボス部では、ス
リーブピン30による圧縮力を十分に受けて、ヒケの防
止が有効になされる。
【0015】このようにしてキャビティ38内で樹脂成
形がなされた後、これを冷却して型開きするが、この型
開き直後に、不図示の押出し機により押出しロッド27
をエジェクトプレート28方向へ前進させてエジェクト
プレート28を図1において右方向へ押動する。このエ
ジェクトプレート28の動作に伴ない、このエジェクト
プレート28に支持されているエジェクトピン36及び
スリーブピン30が、キャビティ38方向へ突出し、こ
れらのエジェクトピン36及びスリーブピン30によっ
てキャビティ38内の樹脂成形品が離型される。
【0016】このように本実施形態にあっては、樹脂成
形品の離型時において、エジェクトピンによる離型作用
と共に、スリーブピン30による離型作用を受けるため
に、樹脂成形品のエジェクト作用点が従来のものに比し
て倍増し、このために、樹脂成形品を変形させることな
く離型させることができ、形状及び寸法的に信頼性のあ
る樹脂成形品を得ることができる。
【0017】図2は本発明の第2の実施形態を示すもの
で、特にこの第2の実施形態では、スリーブピン30の
動作機構において特徴がある。つまりこの第2の実施形
態では、センターピン29を中芯軸孔内で挿通するピス
トン軸40を、エジェクトプレート28により固定保持
されるシリンダ41内に設け、さらにこのピストン軸4
0にジョイントブラケット42を介して、センターピン
29により同芯的に挿通支持されているスリーブピン3
0を連結せしめた構成である。
【0018】従ってこの構成において、キャビティ38
内で形成されている樹脂成形品のボス部39をスリーブ
ピン30により圧縮させるためには、シリンダ41内へ
気圧又は液圧を作用させて、ピストン軸40を図2にお
いて右方向へ動作させれば、このピストン軸40の動作
は、ジョイントブラケット42を介してスリーブピン3
0に伝達され、その結果そのスリーブピン30の先端で
樹脂成形品ボス部39が圧縮されてヒケの発生が解消さ
れる。
【0019】上記樹脂成形品の離型時には、上記スリー
ブピン30の押出を維持したままで、第1の実施形態と
同様に押出しロッド27を前進させてエジェクトプレー
ト28を前進させれば、上記のスリーブピン30の押出
と同時にこのエジェクトプレートに保持されているエジ
ェクトピンの押出力により樹脂成形品の離型がなされ
る。
【0020】従ってこの第2の実施形態によれば、スリ
ーブピン30を単独で動作せしめるためのピストン軸4
0の軸芯がそのスリーブピン30の軸芯と一致するよう
に同軸に位置されているので、ピストン軸40の動作を
スリーブピン30へ効率よく伝達せしめることができ、
これによってスリーブピン30の動作が円滑になされる
と共に、そのピストン軸40を内装するシリンダ41の
小型化に役立たせることができる。
【0021】
【発明の効果】以上のように本発明の射出成形用金型に
よれば、エジェクトピンと別に設けているスリーブピン
を樹脂成形品の離型時におけるエジェクトピンとして兼
用させることができるので、上記エジェクトピンによる
離型作用に加えてエジェクト作用のあるスリーブピンに
よる離型作用を得ることができるため、樹脂成形品のエ
ジェクト作用点を倍増させることが可能となり、これに
より樹脂成形品の離型が円滑となり、またその樹脂成形
品を変形させることなく離型させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明よりなる射出成形用金型の実施形態を示
した要部断面図。
【図2】本発明よりなる射出成形用金型の他の実施形態
を示した要部断面図。
【図3】ボス部を有する樹脂成形品の成形説明図。
【図4】従来の射出成形用金型の要部断面図。
【符号の説明】
21…キャビティ型 22…固定側取付板 23…コア型 24…スペーサブロック 25…可動側取付板 26…空間 27…押出しロッド 28…エジェクトプレート 29…センターピン 30…スリーブピン 31…連結部材 32…油圧シリンダ 33…作動軸 34…ストローク設定ブロック 35…係止段部 36…エジェクトピン 37…射出ノズル 38…キャビティ 39…ボス部 40…ピストン軸 41…シリンダ 42…ジョイントブラケット

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 キャビティ型(21)と共同して樹脂成
    形品を成形するコア型(23)に、上記樹脂成形品のボ
    ス部(39)を成形するボス成形孔(23A)を設ける
    と共に、該ボス成形孔(23A)内に、上記ボス部(3
    9)を成形時に圧縮する圧縮ピン(30)を設けてなる
    射出成形金型において、上記樹脂成形品を型開時に押出
    離型させるエジェクトピン(36)が取付けられたエジ
    ェクトプレート(28)に、上記圧縮ピン(30)を駆
    動するシリンダ(32)、(41)を設けてなり、上記
    圧縮ピン(30)は、型閉時には上記シリンダ(3
    2)、(41)により駆動されて上記ボス部(39)を
    圧縮すると共に、型開時には上記エジェクトプレート
    (28)に連動して上記ボス部(39)を押圧して上記
    樹脂成形品を押出離型せしめることを特徴とする射出成
    形用金型。
  2. 【請求項2】 キャビティ型(21)と共同して樹脂成
    形品を成形するコア型(23)に、上記樹脂成形品の筒
    状のボス部(39)を成形するボス成形孔(23A)を
    設けると共に、該ボス成形孔(23A)内に、上記ボス
    部(39)の中空孔を形成するセンターピン(29)
    と、該センターピン(29)にその軸方向に摺動可能に
    装着され、かつ上記ボス部(39)を成形時に圧縮する
    スリーブ状の圧縮ピン(30)とを設けてなる射出成形
    金型において、上記樹脂成形品を型開時に押出離型させ
    るエジェクトピン(36)が取付けられたエジェクトプ
    レート(28)に、上記圧縮ピン(30)を駆動するシ
    リンダ(32)、(41)を設けてなり、上記圧縮ピン
    (30)は、型閉時には上記シリンダ(32)、(4
    1)により駆動されて上記ボス部(39)を圧縮すると
    共に、型開時には上記エジェクトプレート(28)に連
    動して上記ボス部(39)を押圧して上記樹脂成形品を
    押出離型せしめることを特徴とする射出成形用金型。
JP141298A 1998-01-07 1998-01-07 射出成形用金型 Pending JPH11198198A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP141298A JPH11198198A (ja) 1998-01-07 1998-01-07 射出成形用金型

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP141298A JPH11198198A (ja) 1998-01-07 1998-01-07 射出成形用金型

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11198198A true JPH11198198A (ja) 1999-07-27

Family

ID=11500780

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP141298A Pending JPH11198198A (ja) 1998-01-07 1998-01-07 射出成形用金型

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11198198A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006159750A (ja) * 2004-12-09 2006-06-22 Fujinon Sano Kk 射出成形用金型及び射出成形品
KR100840403B1 (ko) 2006-09-30 2008-06-23 창성정밀(주) 사출금형
US7722792B2 (en) 2007-02-05 2010-05-25 Canon Kabushiki Kaisha Injection mold and partial compression molding method
KR100988328B1 (ko) 2010-06-16 2010-10-18 화성몰드테크(주) 사출금형의 밀핀장치
CN104228002A (zh) * 2014-07-25 2014-12-24 优力精密塑胶(苏州工业园区)有限公司 滑块侧向顶出模具及方法
JP2017077710A (ja) * 2015-10-22 2017-04-27 群馬県 ホットランナー成形金型
JP2018047608A (ja) * 2016-09-21 2018-03-29 マツダ株式会社 可動構造体を内部に備えた金型および当該金型を用いた成形品の製造方法
CN111216327A (zh) * 2020-01-19 2020-06-02 广东美的制冷设备有限公司 模具的顶出组件和利用顶出组件的脱模方法

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006159750A (ja) * 2004-12-09 2006-06-22 Fujinon Sano Kk 射出成形用金型及び射出成形品
KR100840403B1 (ko) 2006-09-30 2008-06-23 창성정밀(주) 사출금형
US7722792B2 (en) 2007-02-05 2010-05-25 Canon Kabushiki Kaisha Injection mold and partial compression molding method
KR100988328B1 (ko) 2010-06-16 2010-10-18 화성몰드테크(주) 사출금형의 밀핀장치
CN104228002A (zh) * 2014-07-25 2014-12-24 优力精密塑胶(苏州工业园区)有限公司 滑块侧向顶出模具及方法
JP2017077710A (ja) * 2015-10-22 2017-04-27 群馬県 ホットランナー成形金型
JP2018047608A (ja) * 2016-09-21 2018-03-29 マツダ株式会社 可動構造体を内部に備えた金型および当該金型を用いた成形品の製造方法
CN111216327A (zh) * 2020-01-19 2020-06-02 广东美的制冷设备有限公司 模具的顶出组件和利用顶出组件的脱模方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7722792B2 (en) Injection mold and partial compression molding method
JP2807619B2 (ja) 樹脂成形機
JPH11198198A (ja) 射出成形用金型
JP3006834B2 (ja) 射出成形機
JP2851321B2 (ja) 射出成形金型
JP5398147B2 (ja) 射出成形用金型および成形品の製造方法
JPH08323816A (ja) 射出圧縮成形金型
JP2002283422A (ja) 射出成形方法および成形品
JP2642993B2 (ja) プラスチック成形品の成形方法
JP3005211B1 (ja) 射出成形金型
JP2750614B2 (ja) 射出成形機の型締制御方法
JPH05123847A (ja) ダイカストマシンの二次加圧方法
JP3698661B2 (ja) 射出成形装置
JP3258196B2 (ja) 射出成形機の制御装置
JP2915760B2 (ja) 局部加圧式の射出成形機
JP3343530B2 (ja) 射出圧縮装置
JPH06182835A (ja) 射出成形用金型
JP2587763Y2 (ja) 射出圧縮成形装置
JP3168402B2 (ja) 射出成形金型装置
JPH03261525A (ja) 射出成形用金型
JP2934161B2 (ja) 樹脂成形方法および樹脂成形機
JP3218562B2 (ja) インサート成形方法
JP2576743B2 (ja) 圧縮成形用金型
JP2001030053A (ja) ダイカスト金型の加圧・押出し構造
JPH06246799A (ja) 射出成形金型装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20041215

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060228

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060627