JPH10431A - 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置 - Google Patents

揺動選別装置の玄米仕切板制御装置

Info

Publication number
JPH10431A
JPH10431A JP15255596A JP15255596A JPH10431A JP H10431 A JPH10431 A JP H10431A JP 15255596 A JP15255596 A JP 15255596A JP 15255596 A JP15255596 A JP 15255596A JP H10431 A JPH10431 A JP H10431A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
brown rice
rice
plate
partition plate
sensor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP15255596A
Other languages
English (en)
Inventor
Koichi Hachitsuka
浩一 八塚
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Iseki and Co Ltd
Iseki Agricultural Machinery Mfg Co Ltd
Original Assignee
Iseki and Co Ltd
Iseki Agricultural Machinery Mfg Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Iseki and Co Ltd, Iseki Agricultural Machinery Mfg Co Ltd filed Critical Iseki and Co Ltd
Priority to JP15255596A priority Critical patent/JPH10431A/ja
Publication of JPH10431A publication Critical patent/JPH10431A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】揺動選別装置の作業終了処理の容易化。 【解決手段】揺動選別板15での選別作業中には、還元
穀粒センサ43で揺下側の穀粒検出時には、通常選別状
態と判定して、籾・玄米判別センサ30の籾・玄米の境
界検出位置に関連した仕切位置に玄米仕切板18を移動
調節しながら選別作業をし、還元穀粒センサ43が穀粒
非検出時には、作業終了と判定し、玄米仕切板18を籾
混入の少ない玄米仕切幅の狭い少量玄米仕切位置へ移動
し、玄米仕切板18で仕切られた玄米は機外へ取り出
し、籾・玄米判別センサ30で揺動選別板15の籾仕切
板19位置よりも揺上側部分の板面露出状態を検出する
と、玄米仕切板18を最揺上側位置に移動し、玄米の機
外取出しを中止する。 【効果】作業終了時において、籾混入の少ない玄米を玄
米仕切板18で仕切って機外へ取り出し、未選別の残粒
穀粒を減少させることができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、揺動選別装置の
玄米仕切板制御装置の改良に関するものである。
【0002】
【従来の技術】揺動選別板の縦方向の排出側には横方向
に往復移動調節される玄米仕切板を設け、籾・玄米判別
センサで揺動選別板の穀粒分布状態を検出して、玄米仕
切板の仕切位置を自動的に調節制御し、穀粒の減少した
作業終了時の玄米仕切板の制御装置として、特公平2−
28386号公報がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】特公平2−28386
号公報の発明は、作業終了時に揺動選別板の揺下側の穀
粒分布の減少を検出すると、玄米仕切板の自動仕切制御
を中止して、玄米仕切板を揺動選別板の最揺上側位置に
移動し、玄米の機外取出を中止する構成である。従っ
て、機外取出玄米への籾混入を防止できるものの、多く
なる未選別穀粒を処理しなければならないという問題点
が発生する。
【0004】そこで、この発明は、揺動選別板の選別穀
粒量が減少しても、籾混入の少ない玄米を機外へ取り出
し、未選別穀粒を減少しその処理を容易化する玄米仕切
板制御を提供しようとするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明は、このような
従来技術のもつ問題点を解決するために、次の技術的手
段を講じた。即ち、この発明は、籾摺部1と、揺動選別
板15の縦方向の排出側に対向配置されていて横方向に
往復移動調節できる玄米仕切板18、揺動選別板15の
排出側の揺下側位置に配置されている籾仕切板19、及
び、前記玄米仕切板18を移動調節する仕切板移動調節
手段28を有する揺動選別装置と、前記揺動選別板15
の排出側に設けられていて横方向に移動調節できて籾・
玄米の境界位置を検出する籾・玄米判別センサ30と、
揺動選別板15の揺下側に分布している穀粒の有無を検
出できる還元穀粒センサ43と、前記籾・玄米判別セン
サ30の籾・玄米の境界検出位置に関連した位置に玄米
仕切板18を移動制御する玄米仕切板制御手段と、前記
還元穀粒センサ43の穀粒無し検出に関連して玄米仕切
板18を少量玄米仕切位置へ移動する玄米仕切板少量仕
切位置移動手段と、籾・玄米判別センサ30の揺動選別
板15の前記籾仕切板19よりも揺上側位置の板面露出
検出に関連して玄米仕切板18を最揺上側位置に移動す
る玄米仕切板最揺上側移動手段と、からなる揺動選別装
置の玄米仕切板制御装置の構成としたものである。
【0006】
【作用】揺動選別板15での選別作業中には、還元穀粒
センサ43で揺動選別板15の揺下側の穀粒分布状態を
検出し、穀粒の分布している通常選別状態と判定する
と、籾・玄米判別センサ30が籾・玄米の境界位置を検
出し、当該境界検出位置に関連した仕切位置に玄米仕切
板18を移動調節しながら、選別作業を行う。
【0007】還元穀粒センサ43が揺動選別板15の揺
下側の穀粒を検出しないときには、作業終了と判定し、
玄米仕切板18を籾混入の少ない玄米仕切幅の狭い少量
玄米仕切位置へ移動し、玄米仕切板18で仕切られた玄
米を機外に取り出す。次いで、籾・玄米判別センサ30
で籾仕切板19の仕切位置より揺上側の揺動選別板15
部分につき、板面露出状態か、あるいは、穀粒分布状態
かを判定し、穀粒分布状態であると、玄米仕切板18の
前記少量玄米仕切位置を継続し、板面露出状態を検出す
ると、玄米仕切板18を最揺上側位置に移動し、玄米の
機外取出しを中止する。
【0008】
【発明の効果】この発明は、上述のように、揺動選別板
15における作業終了時において、揺下側の穀粒分布が
無くなる異常選別状態でも、籾混入の少ない玄米を玄米
仕切板18で仕切って機外に取出できて、選別能率を向
上させながら、残粒穀粒を減少させることができてその
処理が容易になる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、図面に示すこの発明の実施
例について説明する。まず、図1〜図3に基づいて説明
すると、籾摺選別機は、籾摺をする籾摺部1,籾摺部1
からの摺落米を風選する摺落米風選部2,摺落米風選部
2での風選後の混合米を分離選別する揺動選別装置3,
混合米揚穀機4,玄米揚穀機5等により構成されてい
る。
【0010】籾摺部1は、籾ホッパ6,籾摺ロ−ル7,
7の内装している籾摺室8等で構成されている。摺落米
風選部2は、摺落米風選箱9,摺落米風選箱9内に斜設
されている摺落米風選路10,粃受樋11,摺落米受樋
12,吸引フアン13,排塵筒14等で構成されてい
る。次に、揺動選別装置3について説明する。揺動選別
板15,15,…の板面には選別用凹凸が形成されてい
て、縦方向一側が高い供給側15a、その反対の他側が
低い排出側15bとなり、供給側15aと排出側15b
とを結ぶ縦方向に対して直交する横方向の一方側を高い
揺上側15c、その反対側を低い揺下側15dとして、
揺動選別板15の縦方向及び横方向の2方向ともに傾斜
した構成とし、揺動選別板15は揺動アーム・揺動装置
で横方向斜め上下に往復揺動される構成である。
【0011】この揺動選別板15の供給側15aの供給
口に、分配供給樋16及び分配ケース17を経て、混合
米が供給される構成である。揺動選別板15に供給され
た混合米は、粒形の大小,比重の大小,摩擦係数の大小
等により、比重の重い小形の玄米は揺上側15cに偏流
分布し、また、玄米に比較して大きく比重の軽い籾は、
揺下側15dに偏流分布し、また、その中間部には分離
されない籾・玄米の混合米が偏流分布し、これらの穀粒
は、揺動選別板15の排出側15bに対応して設けられ
ている玄米仕切板18及び籾仕切板19で仕切られて取
り出される。
【0012】取り出された玄米は、玄米取出樋20,玄
米流路21,玄米揚穀機5を経て機外に取り出され、ま
た、混合米は混合米取出樋22,混合米流路23,摺落
米受樋12,混合米揚穀機4,混合米ホッパ24,分配
供給樋16,分配ケース17を経て、揺動選別装置3に
供給されて再選別され、また、籾は籾取出樋25,籾流
路26,籾揚穀機27を経て籾摺部1に揚穀還元され
て、再度の籾摺がなされる構成である。
【0013】玄米仕切板18は、揺動選別板15の横方
向中間部から揺上側15c端部よりもさらに揺上側15
cに移動調節できる構成であり、最揺上側15cに玄米
仕切板18が移動調節すると、玄米仕切板18の揺下側
の穀粒は全量が混合米流路23側に流下する。また、玄
米仕切板18の下部に揺上側〜揺下側方向に回動する切
替板18a,18bが取り付けられていて、玄米仕切板
18が調節移動時には、この切替板18a,18bはス
トッパ(図示省略)により回動されて、玄米仕切板18
が最揺上側に移動すると、切替板18bが玄米取出樋2
0の流下口を閉鎖して、揺動選別板15の揺上側から流
下した穀粒全量を混合米流路23側に案内し、また、玄
米仕切板18が図1に示す仕切位置に移動すると、玄米
仕切板18の揺上側に仕切られた穀粒を切替板18aが
玄米取出樋20の流下口に案内する構成である。
【0014】なお、玄米取出樋20の流下口に玄米切替
弁37を設けて、玄米流路21への穀粒の流下を切り替
えて、機内循環状態あるいは機外取出状態に切り替える
構成としてもよい。この玄米仕切板18は、仕切板移動
調節手段28で揺上側15cから揺下側15dに往復移
動調節できる構成であり、仕切板調節モ−タ29を正逆
転すると、揺上側15cあるいは揺下側15dに移動調
節される。なお、33は、玄米仕切板18の最揺上側へ
の移動を検出する仕切板原点スイッチ(揺上側)であ
り、34は、玄米仕切板18の最揺下側位置(籾仕切板
19の近傍位置)への移動を検出する仕切板原点スイッ
チ(揺下側)である。
【0015】揺動選別板15の排出側15b上方には、
籾・玄米判別センサ30が設けられている。籾・玄米判
別センサ30は、ねじ棒で構成されているセンサ移動手
段31により横方向に移動自在に支持されていて、セン
サ調節モ−タ32を正逆転することにより、横方向方向
に往復移動する構成である。なお、35は、籾・玄米判
別センサ30の最揺上側15cへの移動を検出するセン
サ原点スイッチ(揺上側)であり、36は籾・玄米判別
センサ30の最揺下側15dへの移動を検出するセンサ
原点スイッチ(揺下側)である。
【0016】前記籾・玄米判別センサ30はこの実施例
では次のように構成されている。発光部から水分吸収波
長及び水分に吸収されない参照波長の電磁波を穀粒に照
射し、穀粒からの反射光量(あるいは透過光量)を光学
フィルタ部で受光し、水分吸収波長光が光学フィルタ部
を経由して受光部(水分吸収波長光)に受光され、受光
部で光量の多少に応じて大小の電圧値に変換されて、C
PU内臓の制御部12に送られる。また、前記光学フィ
ルタ部で反射し参照波長光は受光部(参照波長光)に送
られて、電圧値に変換されて制御部41に送られる。し
かして、両検出電圧値の比が制御部41で演算されて、
所定の判別しきい値と比較して、籾・玄米に判別され、
また、籾・玄米と板面露出状態とを検出できる構成であ
る。なお、検出波長域は前記波長域に限定されない。
【0017】なお、玄米流路21には、穀粒を機外取出
状態あるいは機内循環状態に切り替える玄米切替弁37
を設けて、玄米切替弁モ−タ38の正逆転により切り替
える構成としてもよい。混合米流路23には、取り出さ
れた穀粒を機内循環状態、あるいは、籾摺部1への還元
状態に切り替える混合米切替弁39を設けて、混合米切
替弁モ−タ40の正逆転により、混合米切替弁39を切
り替える。
【0018】また、籾仕切板19の揺下側15dには、
還元穀粒センサ43を設けて、籾仕切板19で仕切られ
た穀粒の有無を検出できる。なお、この還元穀粒センサ
43に代えて、揺動選別板15の揺下側板面を直接検出
して穀粒の有無を検出するセンサ、あるいは、籾ホッパ
6の穀粒の所定量以下の減少を検出できるセンサ、混合
米ホッパ24の穀粒の所定量以下の減少を検出できるセ
ンサを採用しても同様の効果が期待できる。
【0019】CPUを内臓した制御部41には、籾・玄
米判別センサ30,仕切板原点スイッチ(揺上側)3
3,仕切板原点スイッチ(揺下側)34,センサ原点ス
イッチ(揺上側)35,センサ原点スイッチ(揺下側)
36,還元穀粒センサ43,主モ−タ42の負荷電流値
を検出する負荷電流センサ44及び運転スイッチ45
が、入力インタ−フエイスを介して接続されている。
【0020】また、制御部41には、出力インタ−フエ
イス(図示省略),駆動回路を経由して、仕切板調節モ
−タ29,センサ調節モ−タ32,玄米切替弁モ−タ3
8,混合米切替弁モ−タ40及び主モ−タ42が、夫れ
夫れ接続されている。次に、制御部41の制御内容につ
いて説明する。 まず、籾・玄米判別センサ30の光量調節制御がなさ
れ、玄米の検出電圧値が所定の電圧値になるように調節
される。
【0021】次いで、籾・玄米判別センサ30の籾・
玄米の境界位置検出制御に移行する。すると、籾・玄米
判別センサ30の検出電圧値から、所定時間内における
籾電圧値の粒数を検出し、検出籾粒数と制御基準値とを
比較する。そして、籾検出粒数が多い(あるいは少な
い)ときには、籾・玄米判別センサ30を揺上側15c
(あるいは揺下側15d)へ所定距離移動しつつ検出作
業を継続し、籾検出粒数が制御基準値の範囲内になつた
位置を、籾・玄米の境界検出位置とする。次いで、当該
境界検出位置に基づき、玄米仕切板4の仕切位置を演算
し、玄米仕切板18の移動指令を出力し、玄米仕切板1
8を仕切位置へ移動する。
【0022】次に、図4及び図5に基づき作業終了時
の玄米仕切板制御を説明する。還元穀粒センサ43で揺
動選別板15の揺下側の穀粒の有無を検出し、穀粒が分
布していると通常選別状態と判定し、前記の制御と同
様に、籾・玄米判別センサ30の籾・玄米の境界検出指
令を出力し、籾・玄米の境界位置を検出すると、それに
基づき玄米仕切板18の仕切位置を演算し、玄米仕切板
18を仕切位置に移動する。
【0023】また、還元穀粒センサ43が穀粒を検出し
ないときは、作業終了あるいは供給量減少等の選別異常
状態と判定し、玄米仕切板18を少量玄米仕切位置へ移
動する制御を行う。この少量玄米仕切位置は揺動選別板
15の揺下側に穀粒が分布しない状態でも、玄米の分布
確率が高い位置で、最揺上側位置から比較的短い距離揺
下側に偏位した位置であり、玄米仕切板18で籾混入を
防止しながら玄米を仕切ることができる位置であり、仕
切られた玄米は機外へ取り出される。
【0024】次いで、籾・玄米判別センサ30の揺動選
別板露出検出指令を出力する。すると、籾・玄米判別セ
ンサ30を揺動選別板15の揺下側で且つ籾仕切板19
の仕切位置よりも揺上側に移動し、籾・玄米判別センサ
30で板面露出状態か、あるいは、穀粒分布状態かを検
出し、穀粒検出状態であると、玄米仕切板18を前記少
量玄米仕切位置に継続しながら選別作業を継続し、ま
た、選別板の露出検出を検出すると、玄米仕切板18を
最揺上側位置に移動し、揺動選別板15から流下した穀
粒を機外取出状態から機内循環状態に切り替え、残粒穀
粒の処理をする。
【0025】なお、この残粒穀粒処理は、例えば、揺動
選別板15から流下した穀粒を全量籾摺部1に還元して
籾摺して、略全量の穀粒を籾摺し、次いで、玄米仕切板
18を最揺上側位置から揺下側の仕切り位置に移動して
玄米を仕切り、機外に取り出すような処理を行う。な
お、この残粒穀粒処理は自動あるいは手動操作で行う。
従って、揺動選別板15における作業終了時に揺下側の
穀粒が無くなる異常選別状態でも、籾混入の少ない玄米
を玄米仕切板18で仕切って機外取出ができて、選別能
率を向上させることができると共に、未選別の残粒穀粒
を少なくして、その後の処理が容易となる。
【0026】なお、前記の制御を一部変更して、図
5に示すような制御をしてもよい。還元穀粒センサ43
が穀粒を検出しないときは、作業終了あるいは選別異常
と判定し、玄米仕切板18を少量玄米仕切位置へ移動す
る制御をし、玄米仕切板18で籾混入を防止しながら玄
米を仕切り、機外へ取り出す。次いで、籾・玄米判別セ
ンサ30で籾・玄米の境界検出を継続し、籾・玄米の境
界位置を検出すると、玄米仕切板18の仕切位置を演算
し、当該演算仕切位置と前記少量玄米仕切位置とを比較
し、演算仕切位置が揺下側である場合には、玄米仕切板
18を少量玄米仕切位置に位置させる制御を継続し、ま
た、当該演算仕切位置が少量玄米仕切位置よりも揺上側
であるときには、玄米仕切板18を最揺上側位置に移動
し、玄米の機外取出を中止し、機内循環状態に切り替え
る。
【0027】このように構成したので、穀粒の減少した
異常選別状態において、玄米仕切板18での仕切玄米量
を少なくして、籾混入の少ない玄米を機外に取り出すも
のでありながら、機内循環穀粒を比較的多くして、揺動
選別板15での選別穀粒の急激な減少を防止して選別状
態の安定を図り、未選別の残粒穀粒を少なくして、その
後の残粒穀粒処理を容易化することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】全体の切断側面図
【図2】斜視図
【図3】ブロック図
【図4】正面図
【図5】フロ−チャ−ト
【図6】フロ−チャ−ト
【符号の説明】
1…籾摺部,2…摺落米風選部,3…揺動選別装置,4
…混合米揚穀機,5…玄米揚穀機,6…籾ホッパ,7…
籾摺ロール,8…籾摺室,9…摺落米風選箱,10…摺
落米風選路,11…粃受樋,12…摺落米受樋,13…
吸引フアン,14…排塵筒,15…揺動選別板,16…
分配供給樋,17…分配ケース,18…玄米仕切板,1
9…籾仕切板,20…玄米取出樋,21…玄米流路,2
2…混合米取出樋,23…混合米流路,24…混合米ホ
ッパ,25…籾取出樋,26…籾流路,27…籾揚穀
機,28…仕切板移動調節手段,29…仕切板調節モ−
タ,30…籾・玄米判別センサ,31…センサ移動手
段,32…センサ調節モ−タ,33…仕切板原点スイッ
チ(揺上側),34…仕切板原点スイッチ(揺下側),
35…センサ原点スイッチ(揺上側),36…センサ原
点スイッチ(揺下側),37…玄米切替弁,38…玄米
切替弁モ−タ,39…混合米切替弁,40…混合米切替
弁モ−タ,41…制御部,42…主モ−タ,43…還元
穀粒センサ,44…負荷電流センサ,45…運転スイッ
チ,46…センサ移動センサ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】籾摺部1と、揺動選別板15の縦方向の排
    出側に対向配置されていて横方向に往復移動調節できる
    玄米仕切板18、揺動選別板15の排出側の揺下側位置
    に配置されている籾仕切板19、及び、前記玄米仕切板
    18を移動調節する仕切板移動調節手段28を有する揺
    動選別装置と、前記揺動選別板15の排出側に設けられ
    ていて横方向に移動調節できて籾・玄米の境界位置を検
    出する籾・玄米判別センサ30と、揺動選別板15の揺
    下側に分布している穀粒の有無を検出できる還元穀粒セ
    ンサ43と、前記籾・玄米判別センサ30の籾・玄米の
    境界検出位置に関連した位置に玄米仕切板18を移動制
    御する玄米仕切板制御手段と、前記還元穀粒センサ43
    の穀粒無し検出に関連して玄米仕切板18を少量玄米仕
    切位置へ移動する玄米仕切板少量仕切位置移動手段と、
    籾・玄米判別センサ30の揺動選別板15の前記籾仕切
    板19よりも揺上側位置の板面露出検出に関連して玄米
    仕切板18を最揺上側位置に移動する玄米仕切板最揺上
    側移動手段と、からなる揺動選別装置の玄米仕切板制御
    装置。
JP15255596A 1996-06-13 1996-06-13 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置 Pending JPH10431A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15255596A JPH10431A (ja) 1996-06-13 1996-06-13 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15255596A JPH10431A (ja) 1996-06-13 1996-06-13 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10431A true JPH10431A (ja) 1998-01-06

Family

ID=15543037

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15255596A Pending JPH10431A (ja) 1996-06-13 1996-06-13 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10431A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6362926B1 (en) 1998-06-08 2002-03-26 Nikon Corporation Projection exposure apparatus and method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6362926B1 (en) 1998-06-08 2002-03-26 Nikon Corporation Projection exposure apparatus and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH10431A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JPH09122598A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH09239321A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JP3326925B2 (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH09239322A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JP3173078B2 (ja) 籾摺選別機の制御装置
JP2897422B2 (ja) 脱ぷロール間隙調節装置
JPH1015497A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JP2000037665A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH10137692A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JPH10277408A (ja) 籾摺選別機の籾摺ロ−ル間隙制御装置
JPH10244228A (ja) 籾摺選別機の玄米仕切板制御装置
JPH06320115A (ja) 揺動選別装置の制御装置
JP3345918B2 (ja) 籾玄米判別センサによる制御装置
JPH1015496A (ja) 穀粒混合比率検出装置
JPH06134328A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH09248525A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JPH1057823A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH11226511A (ja) 揺動選別装置の仕切板制御装置
JPH10137602A (ja) 籾摺ロ−ルのロ−ル間隙制御装置
JPH09122596A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH09276804A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置
JPH09253584A (ja) 揺動選別装置の制御装置
JPH1110013A (ja) 籾摺選別機の制御装置
JPH09299886A (ja) 揺動選別装置の玄米仕切板制御装置