JPH0940465A - セラミック成形用組成物 - Google Patents

セラミック成形用組成物

Info

Publication number
JPH0940465A
JPH0940465A JP7191468A JP19146895A JPH0940465A JP H0940465 A JPH0940465 A JP H0940465A JP 7191468 A JP7191468 A JP 7191468A JP 19146895 A JP19146895 A JP 19146895A JP H0940465 A JPH0940465 A JP H0940465A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ceramic
molding
dispersant
binder
composition
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7191468A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichi Yoneyama
健一 米山
Original Assignee
Kyocera Corp
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyocera Corp, 京セラ株式会社 filed Critical Kyocera Corp
Priority to JP7191468A priority Critical patent/JPH0940465A/ja
Publication of JPH0940465A publication Critical patent/JPH0940465A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】ウエルドラインのような表面欠陥や充填不良の
ような成形欠陥を生じ易く、得られたセラミック成形体
の脱バインダーが困難で、設備コストが高い。 【解決手段】セラミック原料粉末と少なくとも有機性添
加物及び分散剤から成るバインダーの混合物を成形型中
に充填した後、ラジカル重合反応により硬化させて成形
体を得るのに用いる組成物で、分散剤がアニオン系官能
基を有することを特徴とするものであり、前記分散剤が
アニオン系官能基とポリオキシエチレン基を有すること
がより望ましく、更に、前記アニオン系官能基がリン酸
であることが最も望ましいものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はセラミック成形用組
成物に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、電子部品以外に、各種化学産業装
置等の構成部品をはじめ、エンジンやガスタービン機関
等の機構部品、更には時計やアクセサリー等の装飾部品
にもその特性からセラミック部材が多く用いられるよう
になってきた。
【0003】しかしながら、前記化学産業装置等の構成
部材や機関用機構部品及び装飾部品には複雑な三次元構
造をした形状のものが多く、そのため、セラミック材料
は金属材料に比べて、耐熱性、耐食性、耐摩耗性に優
れ、高強度でかつ比較的軽量であるという優れた特性を
有するにも関わらず、切削や研削等の加工性に難点があ
ることから、とりわけ複雑な三次元構造をした形状を有
するセラミック部材を量産することが困難となってい
た。
【0004】そこで、前述の様な複雑な形状のセラミッ
ク部材を得る成形法として、従来より泥漿鋳込み成形法
や射出成形法が実用化されていた。
【0005】前記泥漿鋳込み成形法は、セラミック原料
粉末に水溶性バインダーを添加調製したセラミック泥漿
を石膏型等の多孔質の成形型に注入し、成形型の吸水や
セラミック原料の着肉を利用してセラミック成形体を得
ることから、特に肉厚品を成形する場合、成形体内部に
密度差が発生するため、成形体が収縮割れや乾燥割れを
起こし易く、その上、成形型の反復使用により寸法精度
が低下するという問題があった。
【0006】一方、射出成形法は、セラミック原料粉末
にワックス等に代表される熱可塑性物質を主成分とする
有機物系バインダーを加熱混練し、該混練物を高圧で金
型中に注入することから、前記泥漿鋳込み成形法に比べ
て比較的均一な寸法精度の優れたセラミック成形体を得
ることができるものの、セラミック成形体にウエルドラ
インと呼ばれる充填不良等を引き起こし易く、その上、
脱バインダーに時間を要する他、高圧射出の設備コスト
が極めて高価になるという問題があった。
【0007】そこで、前記諸問題を解決するために、セ
ラミック原料粉末に混練する有機物系バインダーとして
熱硬化性樹脂を使用することが提案されている(特開昭
59−174571号公報参照)。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記提
案は基本的には従来の射出成形法と同様、高粘度の混練
物を高圧射出するため、ウエルドラインのような表面欠
陥や充填不良のような成形欠陥を生じ易いという課題は
依然として未解決であり、しかも設備コストの低減も実
現されないという課題があった。
【0009】
【発明の目的】本発明は、前記課題を解消せんとして成
されたもので、その目的は、従来の鋳込み成形法や射出
成形法、あるいは押出成形法のいずれにも適用可能で、
それぞれの成形法に適した長所を併せ持ったセラミック
成形用組成物であって、常温でも高濃度かつ低粘度であ
り、流動性が極めて良好なセラミック成形用材料が得ら
れ、そのため表面欠陥や充填不良のような成形欠陥を低
減でき、しかも、得られたセラミック成形体の脱バイン
ダーが極めて容易なセラミック成形用組成物を提供する
ことにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明のセラミック成形
用組成物は、セラミック原料粉末と少なくとも有機性添
加物及び分散剤から成るバインダーの混合物を成形型中
に充填した後、ラジカル重合反応により硬化させて成形
体を得るのに用いる組成物で、分散剤がアニオン系官能
基を有することを特徴とするものであり、前記分散剤が
アニオン系官能基とポリオキシエチレン基を有すること
がより望ましく、更に、前記アニオン系官能基がリン酸
であることが最も望ましいものである。
【0011】本発明の分散剤は、アニオン系官能基を有
する分散剤であり、例えば、アルキルポリオキシエチレ
ンスルホン酸塩やアルキルフェニルポリオキシエチレン
スルホン酸塩、メチルタウリン酸塩、アルキルスルホコ
ハク酸塩、ポリカルボン酸エステル塩、ナフタレンスル
ホン酸ホルマリン縮合物、ポリオキシエチレンアルキル
リン酸エステル等が挙げられ、望ましくはアルキルポリ
オキシエチレンスルホン酸塩、アルキルフェニルポリオ
キシエチレンスルホン酸塩等が、より望ましくはポリオ
キシエチレンアルキルリン酸エステル等が好適に用いる
ことができる。
【0012】また、前記分散剤の含有量は、セラミック
原料粉末100重量部に対して0.05重量部未満では
セラミック原料粉末を前記バインダーの混合物に分散さ
せることが不十分となり、5重量部を越えるとセラミッ
ク成形体の強度が弱くなり、保形性が悪くなることか
ら、0.05乃至5重量部の範囲が望ましく、特にセラ
ミック泥漿の歩留りの良さからは、0.2乃至3重量部
が好ましい。
【0013】また、セラミック原料粉末としては、アル
ミナ(Al2 3 )、ジルコニア(ZrO2 )、アパタ
イト(Ca5 (PO4 3 (F、Cl、OH))等の酸
化物系セラミックス、及び窒化珪素(Si3 4 )、炭
化珪素(SiC)、窒化アルミニウム(AlN)等の非
酸化物系セラミックスの何れにも適用でき、前記セラミ
ック原料粉末には以下の各種焼結助剤を所望量添加させ
ることもできる。
【0014】即ち、アルミナ(Al2 3 )の原料粉末
にはシリカ(SiO2 )、カルシア(CaO)、イット
リア(Y2 3 )及びマグネシア(MgO)等を、ジル
コニア(ZrO2 )の原料粉末にはイットリア(Y2
3 )等の安定化剤を、また、窒化珪素(Si3 4 )の
原料粉末にはイットリア(Y2 3 )とアルミナ(Al
2 3 )等を、炭化珪素(SiC)にはホウ素(B)と
カーボン(C)等を、窒化アルミニウム(AlN)には
イットリア(Y2 3 )等の各種焼結助剤を、所望量添
加することができる。
【0015】尚、これらセラミック原料の粒径は、数十
ミクロン乃至サブミクロンのものが好適に用いることが
できる。
【0016】また、分散性の向上のために、これらのセ
ラミック原料粉末にはシランカップリング剤やチタネー
トカップリング剤、アルミネートカップリング剤等のカ
ップリング剤を用いて表面改質を施したものを使用する
こともできる。
【0017】更に、本発明で用いられる有機性添加物と
は、少なくとも一分子中にアクロイル基を有する化合物
を含むものであり、該化合物は、例えばジプロピレング
リコールモノアクリレート、イソボルニルアクリレー
ト、ポリエチレングリコールジアクリレート、ポリプロ
ピレングリコールジアクリレート、ネオペンチルグリコ
ールジアクリレート、アルキルジアクリレート、ポリア
ルキレングリコールジアクリレート、ジペンタエリスリ
トールヘキサアクリレート、トリメチロールプロパント
リアクリレート、ビスフェノールAジアクリレート等を
挙げることができる。
【0018】なかでも、特に好ましくは主鎖にエーテル
結合を有し、熱分解性が良好なジプロピレングリコール
モノアクリレートやポリエチレングリコールジアクリレ
ート、ジプロピレングリコールジアクリレート、ポリプ
ロピレングリコールジアクリレート等が挙げられ、前記
化合物は2種類以上を併用することもできる。
【0019】また、前記アクロイル基を有する化合物の
含有量は、セラミック原料粉末100重量部に対して、
1.0重量部未満では硬化させた成形体の強度が弱く保
形性を欠くようになり、40重量部を越えると重合反応
による成形体の収縮が大きくなることから、その含有量
は1.0乃至40重量部が好ましく、特に成形体のハン
ドリングの容易さからは3乃至35重量部が最も望まし
い。
【0020】一方、前記有機性添加物には、脱バインダ
ー工程が容易になるように有機溶媒等の易脱バインダー
成分を含有させることができる。
【0021】このような有機溶媒としては、前記アクロ
イル基を有する化合物と相溶するものであれば特に限定
するものではなく、例えば、トルエン、キシレン、ベン
ゼン、フタル酸エステル等の芳香族溶剤や、ヘキサノー
ル、オクタノール、デカノール、オキシアルコール等の
高級アルコール類、あるいは酢酸エステル、フタル酸エ
ステル、グリセライド等のエステル類を用いることがで
き、特にオキシアルコール、フタル酸エステル等は好適
に用いることができる。
【0022】また、易脱バインダー成分の揮発を緩やか
に行うために、前記有機溶媒は2種類以上を併用するこ
ともできる。
【0023】前記有機溶媒の含有量は、セラミック原料
粉体100重量部に対して、35重量部を越えると成形
体の強度が低くなって保形性が悪くなることから、35
重量部以下が好ましく、特に成形体のハンドリングの容
易さからは30重量部以下がより望ましい。
【0024】他方、前記有機性添加物には、その他に不
飽和重合体を含有させることも可能であり、例えば、不
飽和ポリエステル樹脂やポリブタジエン等を挙げること
ができる。
【0025】尚、本発明のバインダー組成には、硬化反
応促進剤または重合開始剤等と称される硬化触媒等を用
いることができる。
【0026】即ち、前記硬化触媒としては、有機過酸化
物やアゾ化合物を使用することができ、例えば、ケトン
パーオキサイドやジアシルパーオキサイド、パーオキシ
ケタール、パーオキシエステル、ハイドロパーオキサイ
ド、パーオキシカーボネート,t−ブチルパーオキシ−
2−エチルヘキサノエート、ビス(4−t−ブチルシク
ロヘキシル)パーオキシジカーボネート、ジクミルパー
オキサイド等の有機過酸化物や、アゾビス、イソブチロ
ニトリル等のアゾ化合物が挙げられる。
【0027】
【作用】本発明のセラミック成形用組成物によれば、ア
ニオン系官能基を有する分散剤を含有することから、該
組成物を高濃度でかつ低粘度とすることができ、成形型
の細部まで該組成物を容易に充填でき、しかも充填不良
のない外観の良好な成形体となる。
【0028】また、射出成形法のように高圧で成形型に
前記組成物を注入する必要がなく、設備コストが低減さ
れる。
【0029】更に、前記組成物が溶媒を含んだ状態で3
次元架橋硬化するため、脱バインダー時に熱分解温度の
低い溶媒が、架橋した有機バインダーに先立って抜きム
ラを生じつつ揮発するため無数の気孔を形成し、硬化し
た有機バインダーが熱分解する際には、前記気孔を通っ
て分解ガスが気散されることになり、脱バインダーが容
易に終了することになる。
【0030】また、成形体の形状によっては脱バインダ
ー工程の前に脱溶媒の乾燥工程を設けることにより、前
述のように容易に脱バインダーすることも可能である。
【0031】
【発明の実施の形態】先ず、本発明のセラミック成形用
組成物を用いた成形法について説明する。
【0032】セラミック成形用組成物を調製は、最初に
所定量の有機性添加物、分散剤及び硬化触媒からなるバ
インダー混合物の均一溶液を作製する。その際、均一溶
液を作製する撹拌手段はいずれの方法でも良く、例え
ば、一般のボールミルや振動ミル、撹拌機、ヘンシェル
ミキサー等が用いられる。
【0033】次に、前記溶液にセラミック原料粉末を所
定量添加してセラミック成形用の混合物を調製する。そ
の際、セラミック原料粉末の添加方法は特に限定するも
のではなく、最終的に均一な組成物となれば良く、必要
に応じて、消泡剤、破泡剤等を添加することもでき、十
分に撹拌した後、脱泡処理を施してセラミック成形用組
成物を調製する。
【0034】かくして得られたセラミック成形用組成物
を所望の形状をした成形型に注入した後、ラジカル重合
反応により硬化させて成形体を得るのであるが、反応硬
化させる方法としては、加熱硬化や紫外線硬化、X線硬
化等が採用でき、複雑形状品には加熱硬化が好適であ
り、薄物形状品には紫外線硬化やX線硬化が好適に使用
できる。
【0035】また、前記成形型の材質は特に限定するも
のではなく、例えば、加熱硬化させる場合は、加熱に耐
えられるものであれば何れの材質でも良く、金属製や樹
脂製の成形型を用いることができ、それらの成形型に
は、離型性向上のためや摩耗防止のために表面コート、
表面処理を施すことも可能である。
【0036】一方、前記セラミック成形用組成物の注入
方法は、特に限定されるものではないが、例えば、加圧
鋳込みや真空鋳込み、振動鋳込み等を利用して注入する
ことができ、更に、加熱して硬化させる場合には、加熱
した成形型に前記組成物を注入することができる他、注
入後に成形型を加熱して該組成物を反応硬化させて成形
体を得ることもできる。
【0037】かくして得られた成形体は、該成形体を成
形型より脱型した後、一般のセラミック成形体と同様
に、脱バインダー、焼成することにより所望のセラミッ
ク製品を得ることができ、その際、製品形状によっては
必要に応じて、脱バインダー工程の前に脱有機溶媒のた
めの乾燥工程を設けることもできる。
【0038】
【実施例】以下、本発明のセラミック成形用組成物を実
施例に基づき具体的に評価する。先ず、主成分として表
1及び表2に示すセラミック原料粉末に焼結助剤を加え
て湿式混合した後、該混合物を乾燥、整粒し、次に、表
1及び表2に示す配合量で調製したバインダー組成物と
硬化触媒からなる均一溶液に前記整粒を添加して12時
間撹拌混合し、セラミック泥漿を調製した。
【0039】また、表1及び表2中のバインダーの種類
は、表3に示す通りである。
【0040】尚、分散剤としてアニオン系官能基を有し
ないカチオン系及びノニオン系を用いた試料及び従来の
熱硬化性樹脂を用いた試料を比較例とした。
【0041】
【表1】
【0042】
【表2】
【0043】
【表3】
【0044】次に、セラミック成形体中に気泡が残留す
るのを防止するために、前記セラミック泥漿を真空装置
等で十分に脱泡処理した後、該セラミック泥漿を高さ5
0mm、直径35mmの円柱に最大厚さ5mm、長さ3
0mmのストレートの羽根を4枚、互いに直交するよう
に設けた簡易ロータ形状の成形型に注入し、充填後、該
成形型を100℃未満の温度に所定時間加熱保持して反
応硬化させた後、簡易ロータ形状のセラミック成形体を
前記成形型から取り出した。
【0045】かくして得られた前記セラミック成形体各
10個について成形体の外観を目視検査し、成形体表面
のフローマーク等の欠陥の有無、及び成形型角部までの
充填性を調査して成形性の評価を行い、10個全数に欠
陥も充填不良も認められないものを○、10個中1個に
欠陥または充填不良のいずれかが認められるものを△、
10個中1個以上に欠陥または充填不良が認められる
か、いずれも認められるものを×とした。
【0046】また、離型時に成形体の強度不足から発生
する成形体角部の欠けや割れ等の欠陥の有無を前記同様
に目視検査し、10個中全数に欠陥がないものを○、1
個のみに欠陥が認められるものを△、2個以上に欠陥が
認められるものを×として、離型性を評価した。
【0047】次いで、前記評価用セラミック成形体が非
酸化物系セラミックスの場合には、窒素ガス等の非酸化
物性雰囲気中で、また酸化物系セラミックスの場合には
大気中で、500℃まで昇温して脱バインダーした後、
燃焼法により前記脱バインダー体中に残留する炭素をC
2 にして赤外線吸収法にて定量し、炭素残留率を算出
して脱バインダー性を評価した。
【0048】以上の結果に基づき、最も望ましいバイン
ダー組成を○、望ましいバインダー組成を△、望ましく
ないバインダー組成を×として総合評価した。
【0049】以上の結果を表4及び表5に示す。
【0050】尚、試料番号6、7、27、28、29、
37、38、55、56、57は比較例である。
【0051】
【表4】
【0052】
【表5】
【0053】表4及び表5の結果から明らかなように、
比較例ではフローマークや充填不良等の成形不良を生じ
たり、離型性不良を生じて成形体が割れる他、従来の熱
硬化性樹脂を用いた比較例では炭素残留率が極めて大で
あるのに対して、本発明のセラミック成形用組成物を用
いた成形体は、成形不良、離型不良がなく、しかも炭素
残留率が極めて小さく脱バインダー性に優れていること
が分かる。
【0054】尚、本発明は前記詳述した実施例に何等限
定されるものではない。
【0055】
【発明の効果】叙上の如く、本発明のセラミック成形用
組成物は、常温でも流動性が極めて良好で成形性が良
く、充填不良が解消され、硬化後は脱型時に欠けや割れ
が発生せず、しかも前記セラミック成形用組成物中に溶
媒を含有することから、その揮発時に形成される無数の
気孔を通って、硬化したバインダーの熱分解成分が容易
に揮散するため、脱バインダー性が極めて優れたセラミ
ック成形体を得ることができ、セラミック部品全般に使
用することができ、例えば、電子部品は勿論、複雑形状
を有するガスタービンやターボロータ、人工関節等、あ
るいは大型の半導体製造用部材、その他各種構成部材、
更に、単純形状の薄物品および時計、アクセサリー等の
装飾用部品等にも好適であり、成形不良、離型不良を生
じない量産効果の優れたセラミック成形用組成物を提供
することができる。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】セラミック原料粉末と少なくとも有機性添
    加物及び分散剤から成るバインダーの混合物を成形型中
    でラジカル重合反応により硬化させて成形体を得るのに
    用いる組成物であって、前記分散剤がアニオン系官能基
    を有することを特徴とするセラミック成形用組成物。
  2. 【請求項2】前記分散剤がアニオン系官能基とポリオキ
    シエチレン基を有することを特徴とする請求項1記載の
    セラミック成形用組成物。
  3. 【請求項3】前記アニオン系官能基がリン酸であること
    を特徴とする請求項1又は2記載のセラミック成形用組
    成物。
JP7191468A 1995-07-27 1995-07-27 セラミック成形用組成物 Pending JPH0940465A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7191468A JPH0940465A (ja) 1995-07-27 1995-07-27 セラミック成形用組成物

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7191468A JPH0940465A (ja) 1995-07-27 1995-07-27 セラミック成形用組成物

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0940465A true JPH0940465A (ja) 1997-02-10

Family

ID=16275162

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7191468A Pending JPH0940465A (ja) 1995-07-27 1995-07-27 セラミック成形用組成物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0940465A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6226172B1 (en) 1998-07-29 2001-05-01 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6403513B1 (en) 1999-07-27 2002-06-11 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6544916B1 (en) 1999-10-05 2003-04-08 Tdk Corporation Manufacture method of dielectric ceramic composition
US6559084B1 (en) 1999-07-21 2003-05-06 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US7262146B2 (en) 2004-08-30 2007-08-28 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US7381464B2 (en) 2004-11-30 2008-06-03 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US7541305B2 (en) 2004-08-30 2009-06-02 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6226172B1 (en) 1998-07-29 2001-05-01 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6559084B1 (en) 1999-07-21 2003-05-06 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6699809B2 (en) 1999-07-21 2004-03-02 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6403513B1 (en) 1999-07-27 2002-06-11 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US6544916B1 (en) 1999-10-05 2003-04-08 Tdk Corporation Manufacture method of dielectric ceramic composition
US7262146B2 (en) 2004-08-30 2007-08-28 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
EP1916681A1 (en) 2004-08-30 2008-04-30 TDK Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US7541305B2 (en) 2004-08-30 2009-06-02 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
US7381464B2 (en) 2004-11-30 2008-06-03 Tdk Corporation Dielectric ceramic composition and electronic device
EP2003665A1 (en) 2004-11-30 2008-12-17 TDK Corporation Dielectric ceramic composition with Core-Shell particles and electronic device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6596665B2 (en) Mullite bodies and methods of forming mullite bodies
US6787074B2 (en) Method for removing volatile components from a gel-cast ceramic article
CA2139016C (en) Process for preparing refractory molded articles and binders therefor
EP1380396B1 (en) Method of producing a molded article and slurry for molding
US4957554A (en) Dimensionally-controlled ceramics
Yang et al. Recent developments in gelcasting of ceramics
US4859243A (en) Carbon fiber-reinforcing gypsum models and forming molds, gypsum powder materials for making such models and molds, and a method for producing them
EP1379367B1 (en) Water soluble tooling materials for composite structures
RU2176628C2 (ru) Композит (варианты) и способ его приготовления, способ обработки волоконной заготовки (варианты)
US4906424A (en) Reaction injection molding of ceramic or metallic greenbodies
RU2324706C2 (ru) Отверждающаяся без нагрева композиция связующего и способ получения формованного изделия с ее использованием
Zhou et al. Preparation of a defect-free alumina cutting tool via additive manufacturing based on stereolithography–Optimization of the drying and debinding processes
Tallon et al. Recent trends in shape forming from colloidal processing: A review
JP4762392B2 (ja) ガスタービン用途の鋳造に用いる性能の優れたコア組成物および物品
US20050218565A1 (en) Oxide based ceramic matrix composites
JP4311609B2 (ja) 多孔質セラミックス体の製造方法
EP0255577B1 (en) Method of producing mold for slip casting
JP2005026593A (ja) セラミック製品、耐蝕性部材およびセラミック製品の製造方法
EP2096090B1 (de) Verwendung von reaktiven, flüssigen Keramikbindemitteln
EP1505044B1 (en) Insulating ceramic based on partially filled shapes
JP2604592B2 (ja) 金属、セラミック粉末等の成形方法及びそのための組成物
US20020197465A1 (en) Damage tolerant CMC using sol-gel martix slurry
JP2008508171A (ja) 多孔質の、焼成されたセラミックス発泡体
US7732526B2 (en) Silicone binders for investment casting
JP4188194B2 (ja) 膨脹可能な微細球とプレセラミックポリマーから製造される高気孔率の多孔質セラミックス及びその製造方法