JPH09173563A - パチンコ機のパチンコ球整流装置 - Google Patents

パチンコ機のパチンコ球整流装置

Info

Publication number
JPH09173563A
JPH09173563A JP35277095A JP35277095A JPH09173563A JP H09173563 A JPH09173563 A JP H09173563A JP 35277095 A JP35277095 A JP 35277095A JP 35277095 A JP35277095 A JP 35277095A JP H09173563 A JPH09173563 A JP H09173563A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ball
pachinko
rows
pachinko balls
slope
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP35277095A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3688375B2 (ja
Inventor
Mitsuru Oyama
満 大山
Hisayoshi Sato
久芳 佐藤
Seiichi Ishihara
誠一 石原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Adachi Light Inc
Original Assignee
Adachi Light Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Adachi Light Inc filed Critical Adachi Light Inc
Priority to JP35277095A priority Critical patent/JP3688375B2/ja
Publication of JPH09173563A publication Critical patent/JPH09173563A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3688375B2 publication Critical patent/JP3688375B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 2列の球通路が合流する球寄せ案内路を設
け、この球寄せ案内路を案内路自体の通路形状、即ち、
球寄せ案内路の両側に設けた斜面形状により2列のパチ
ンコ球を1列に規制整流し、球寄せ案内路からパチンコ
球を1個づつ順番に制御して送り出すようにする。 【解決手段】 上流側に位置する2列の球通路8a,8
bと、これら2列の球通路8a,8bを1列に変更して
整流案内する球寄せ案内路9と、球寄せ案内路9により
2列のパチンコ球を1列に規制誘導されたパチンコ球を
1個づつ送出する下流側の送出路10を設けて形成し、
前記球寄せ案内路9は一方側に下方内側へ直線的に傾斜
する直線傾斜面部16を設け、他方側に下方内側に傾斜
する折曲斜面部17を介して外方へ膨出して下方内側へ
傾斜する湾曲斜面部18を設けて形成する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、球タンクから供給
されるパチンコ球の球通路を、2列から1列に変更整流
してパチンコ球放出装置へ送り出すパチンコ機のパチン
コ球整流装置に関し、特に、通路自体の形状的な構造に
より、2列の球通路を1列に規制してパチンコ球を確実
に1個づつ順番に送出誘導するようにしたものである。
【0002】
【従来の技術】最近のパチンコ機のパチンコ球放出装置
は、パチンコ球を1個単位で計数するようにし、入賞球
ごとに放出されるパチンコ球の定量数を1個単位に設
定、変更調整できるようにした構造のものが提供されて
いるが、このようなパチンコ球放出装置へは、球タンク
からそれぞれ2列に整流した誘導樋の各列のパチンコ球
を1個づつ交互に順番に制御して送り出してやらなけれ
ばならない。
【0003】このような2列の球通路の各列のパチンコ
球を1個単位で制御して前記パチンコ球放出装置へ送り
出す機構として、外周に数個の円弧面とパチンコ球が嵌
入し得る凹窪を等間隔で形成した円盤状になる回転体を
前記2列の各列の球通路ごとに1個設置し、各列の回転
体は互いの円弧面の1個分に対する半ピッチを回転方向
へ変位させて並列に設置し、一方の回転体の円弧面が一
方の球通路に臨んでいるとき、他方の回転体の凹窪が他
方の球通路に臨んで互いの回転体の円弧面と凹窪が各列
の球通路に食い違い状に臨ませることにより、各列のパ
チンコ球を1個づつ所定のタイミング差を以て交互に取
り込んで送出すようにしている。
【0004】そして、これら2列の球通路に並列設置し
た2個の回転体を回転駆動させる手段として、球通路の
傾斜により上方からの球圧を受けて回転駆動する方法に
よるもの(特公平5−5515号公報参照)、或は、動
力装置により2個の回転体を交互に回転させる方法を用
いたもの(特開昭61−76181号公報参照)等が開
示されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の技術で説明した
ような2列の球通路の各列のパチンコ球を1個単位で放
出制御する機構は、2列の球通路にそれぞれ個々に設置
する2個の回転体が必要であり、これら2個の回転体は
回転体の円弧面と凹窪が各列の球通路に食い違い状に臨
ませるための所定のピッチ差を有して設置しなければな
らず、しかも円盤状の回転体はそれぞれの球通路を通過
するパチンコ球の中心となる位置に設置しなければなら
ないために、部品点数が多く、組み立ても精度が要求さ
れる困難なものであった。
【0006】また、動力装置により回転体を駆動させる
方法では部品点数が更に多く、構造も複雑となり、しか
も、動力装置の設置スペ−スの確保と、困難な組み立て
作業を余儀なくされている。その結果、生産効率が悪く
経済性も良くないものであった。それ故に、部品点数を
少なくして構造を簡素化することが望まれている。
【0007】本発明は、上記の点に鑑みてなされたもの
であって、その目的とするところは、2列の球通路が合
流する球寄せ案内路を設け、この球寄せ案内路を案内路
自体の通路形状により、球寄せ案内路に納まる2列のパ
チンコ球を1列に規制整流し、球寄せ案内路から1個づ
つ順番に制御して送り出すように形成し、簡素化した構
造により、組み立て作業も容易にし、しかも狭い設置ス
ペ−スに楽々納めて設置することを可能にしたパチンコ
球整流装置を提供するものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明に係るパチンコ機のパチンコ球整流装置は、
上流側に位置する2列の球通路と、これら2列の球通路
を1列に変更案内する球寄せ案内路と、球寄せ案内路に
より2列のパチンコ球を1列に規制誘導されたパチンコ
球を1個づつ送出する下流側の送出路を設けて形成し、
前記球寄せ案内路は一方側に下方内側へ直線的に傾斜す
る直線傾斜部を設け、他方側に下方内側へ傾斜する折曲
面部を介して外方へ膨出して下方内側へ傾斜する湾曲斜
面部を設けて形成する。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図面を参照
して説明すると、図1はパチンコ機の概略裏面図を示
し、1は遊技盤、2は遊技盤の後面に設置された機構
板、3は機構板の上方に設けられた球タンク、4は上流
側を球タンクに接続し、下流側で2列の通路部を有して
形成された誘導樋、5はパチンコ球を1個単位で計数し
て所定個数のパチンコ球を下端に接続する排出路6を介
してパチンコ機の表面に設けた球受皿(図示せず)に放
出するパチンコ球放出装置をそれぞれ示す。
【0010】本発明に係るパチンコ球整流装置7は、図
2及び図3に示すように、上流側にパチンコ球が並ぶ2
列の球通路8a,8bと、これら2列の球通路8a,8
bを合流させて1列に変更案内する球寄せ案内路9と、
この球寄せ案内路9で1列に規制して誘導されたパチン
コ球を1個づつ送出する下流側の1列の送出路10を有
して形成し、上流側の2列の球通路8a,8bを前記誘
導樋4に接続し、下流側の送出路10をパチンコ球放出
装置5に接続設置して構成する。
【0011】
【実施例】本発明のパチンコ球整流装置7は、図2に示
すように、カ−ブ壁11、前壁12、後壁13により通
路構成枠として組立てられる。前記カ−ブ壁11は上面
部11aから湾曲部11bを介して垂直に延長する側面
部11cを有して形成され、このカ−ブ壁11は上面部
11aから湾曲部11bに至る内面中央に隔壁14を突
設して該隔壁14の両側に前記上面部11aから湾曲部
11bに至りパチンコ球が並ぶ2列の球通路8a,8b
を設けると共に、これら2列の球通路8a,8bの下流
側に垂直な背面壁15が一体に延長設置され、前記隔壁
14の下端で前記2列の球通路8a,8bが合流する球
寄せ案内路9が設けられ、前記球寄せ案内路9の下流側
にパチンコ球が1個づつ1列に送り出される送出路10
が形成される。
【0012】前記球寄せ案内路9は後壁13の前記隔壁
14の終端位置から下方内側へ直線状に傾斜する直線斜
面部16と、前壁12の前記隔壁14の終端位置から下
方内側へ傾斜する短い折曲斜面部17を介して外方へ膨
出して内側下方へ傾斜する湾曲斜面部18によって形成
され、前記送出路10を前記隔壁14の真下に位置させ
て設置し、前記球寄せ案内路9の両側に設けた一方側の
直線斜面部16と他方側の湾曲傾斜部18との下端は、
前記隔壁14の真下に位置する送出路10に連通設置し
て形成する。
【0013】図3(イ)〜(ニ)は、本発明のパチンコ
球整流装置におけるパチンコ球の整流状態を断面で示す
作用図で、パチンコ球整流装置7は上流側の2列の球通
路8a,8bを球タンク3に接続する誘導樋4の2列に
整流した通路部にそれぞれ接続し、下流側の送出路10
をパチンコ球放出装置5に接続して設置され、前記誘導
樋4の2列の球通路部からパチンコ球整流装置7の球通
路8aにパチンコ球A1 ,A2 ,A3 …が流入し、球通
路8bにパチンコ球B1 ,B2 ,B3 …が流入し、これ
らの球通路8a,8bのパチンコ球A1 とB1 が球寄せ
案内路9に流入する。
【0014】前記球寄せ案内路9に流入した湾曲斜面部
18の側のパチンコ球A1 ,A2 ,A3 …と直線斜面部
16の側のパチンコ球B1 ,B2 ,B3 …とは、図3
(イ)に示すように、球寄せ案内路9の下部に位置する
パチンコ球A1 には、湾曲斜面部18の下端部で水平方
向へのモーメントが大きくなり、直線斜面部16の側の
パチンコ球B1 の下に割り込む力が働き、湾曲斜面部1
8の中間の外側へ膨出する位置にあるパチンコ球A2
対しては直線斜面部16のパチンコ球B1 に水平方向へ
のモーメントが大きくなって、このパチンコ球B1 がパ
チンコ球A2 の下に割り込む力が働く。また、パチンコ
球A1 の割り込みにより球通路8bのパチンコ球B1
2 ,B3 …の流下速度はパチンコ球の約半個分の差が
生じ、球通路8aのパチンコ球A1 ,A2 ,A3 …と球
通路8bのパチンコ球B1 ,B2 ,B3 …とは球半個分
の差を有して交互に球寄せ案内路9に流入する。
【0015】そして、図3(ロ)に示すように、パチン
コ球A1 が送出路10に入ると、パチンコ球B1 は湾曲
斜面部18の膨らみに位置するパチンコ球A2 に対して
水平方向のモーメントが大きくなってパチンコ球A1
2 の間に割り込み、図3(ハ)に示すように、パチン
コ球B1 はパチンコ球A2 に優先して送出路10へ送出
され、次に、図3(ニ)に示すように、球寄せ案内路9
の下部に流下したパチンコ球A2 に水平方向に大きなモ
ーメントが働いてパチンコ球B2 の下に割り込む。この
ようにして、パチンコ球A1 ,A2 ,A3 …とパチンコ
球B1 ,B2 ,B3 …とは球寄せ案内路9により交互に
1個づつ確実に送出路10へ送出される。
【0016】以上のように、2列の球通路8a,8bの
各パチンコ球A1 ,A2 ,A3 …とB1 ,B2 ,B3
は各球通路8a,8bから球半個分の差で球寄せ案内路
9に流入し、直線斜面部16と、湾曲斜面部18の下部
傾斜及び中間の膨出部との水平方向のモーメントの働き
によって直線斜面部16の側のパチンコ球と湾曲斜面部
18側のパチンコ球とが交互に割り込みあって1列に整
流され、パチンコ球の落下順序を正確に規制し、1個づ
つ順番に送出路10へ誘導送出する。そして次のパチン
コ球を同じ動作を繰り返しながら送出路10へ1個づつ
誘導送出し、この送出路10からパチンコ球放出装置5
へパチンコ球を1個づつ送り出す。
【0017】
【発明の効果】本発明は上記のような構成であるから、
球寄せ案内路の直線斜面部と湾曲斜面部の勾配により2
列のパチンコ球を交互に合流させて1列に規制整流して
1個づつ順に送出路へ送出する通路の形状と球圧により
パチンコ球の送出路への誘導が迅速確実に行うことがで
き、余分な部品を不要とし、全体の構造が簡素化され、
組み立て作業を容易にし、狭い設置スペースに楽々納め
設置可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のパチンコ球整流装置を設置して示すパ
チンコ機の裏面図である。
【図2】本発明のパチンコ球整流装置の組立斜視図であ
る。
【図3】(イ)〜(ニ)本発明のパチンコ球整流装置に
おける上流側の2列の球通路から下流側の送出路へ誘導
案内される状態を断面で示す作用図である。
【符号の説明】
3 球タンク 4 誘導樋 5 パチンコ球放出装置 7 パチンコ球整流装置 8a,8b 球通路 9 球寄せ案内路 10 送出路 11 カーブ壁 16 直線斜面部 17 折曲斜面部 18 湾曲斜面部
【手続補正書】
【提出日】平成8年2月13日
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】特許請求の範囲
【補正方法】変更
【補正内容】
【特許請求の範囲】

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上流側に位置する2列の球通路と、これ
    ら2列の球通路を1列に変更して整流案内する球寄せ案
    内路と、球寄せ案内路により2列のパチンコ球を1列に
    規制誘導されたパチンコ球を1個づつ送出する下流側の
    送出路を設けて形成し、前記球寄せ案内路は一方側に下
    方内側へ直線的に傾斜する直線傾斜面部を設け、他方側
    に下方内側に傾斜する折曲斜面部を介して外方へ膨出し
    て下方内側へ傾斜する湾曲斜面部を設けて形成したこと
    を特徴とするパチンコ機のパチンコ球整流装置。
JP35277095A 1995-12-27 1995-12-27 パチンコ機のパチンコ球整流装置 Expired - Fee Related JP3688375B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35277095A JP3688375B2 (ja) 1995-12-27 1995-12-27 パチンコ機のパチンコ球整流装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35277095A JP3688375B2 (ja) 1995-12-27 1995-12-27 パチンコ機のパチンコ球整流装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09173563A true JPH09173563A (ja) 1997-07-08
JP3688375B2 JP3688375B2 (ja) 2005-08-24

Family

ID=18426325

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35277095A Expired - Fee Related JP3688375B2 (ja) 1995-12-27 1995-12-27 パチンコ機のパチンコ球整流装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3688375B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006346208A (ja) * 2005-06-16 2006-12-28 Omron Corp 玉通路の合流構造、玉払出装置及び遊技機
JP2009233213A (ja) * 2008-03-28 2009-10-15 Mrd Co Ltd 遊技機の球払出装置
JP4572359B2 (ja) * 2000-03-10 2010-11-04 タイヨーエレック株式会社 弾球遊技機

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4572359B2 (ja) * 2000-03-10 2010-11-04 タイヨーエレック株式会社 弾球遊技機
JP2006346208A (ja) * 2005-06-16 2006-12-28 Omron Corp 玉通路の合流構造、玉払出装置及び遊技機
JP2009233213A (ja) * 2008-03-28 2009-10-15 Mrd Co Ltd 遊技機の球払出装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3688375B2 (ja) 2005-08-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0124311B1 (en) Thermal ink jet printers
EP0011441B1 (en) Yarn treating apparatus
US20110305531A1 (en) Cutting Tool and Shaped Coolant Outlet Therefor
CN102502191A (zh) 微型轴杆同向排料送料装置
CN202245138U (zh) 微型轴杆同向排料送料装置
JP2005090939A (ja) 熱交換器
US20120219920A1 (en) Rich-lean combustion burner
JPH09173563A (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
JPH10139135A (ja) 部品整送装置
JP3165333B2 (ja) 球均し部材及びこれを使用した球均し装置
JP2000193041A (ja) 金属vベルト
CN1250311C (zh) 一种用于交换柱的流体分流机构
JP3688372B2 (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
JP3739120B2 (ja) 遊技球整列樋および遊技球の整列方法
JPH09239118A (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
US4743408A (en) Device for introducing a gas into liquid
JPH0127928B2 (ja)
JP3688371B2 (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
JPH09239117A (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
JPH10118277A (ja) パチンコ機のパチンコ球整流装置
JPH0620565B2 (ja) 多穴管の押出用ダイス
JP2799424B2 (ja) パチンコ玉供給器およびパチンコ島
JP4430754B2 (ja) パチンコ機の玉整列レール装置
KR100277406B1 (ko) 튜브 분배 장치
JPH0231570Y2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20041207

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050203

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050510

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20050608

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees