JPH0718713A - ユニット形排水トラップ - Google Patents

ユニット形排水トラップ

Info

Publication number
JPH0718713A
JPH0718713A JP16083693A JP16083693A JPH0718713A JP H0718713 A JPH0718713 A JP H0718713A JP 16083693 A JP16083693 A JP 16083693A JP 16083693 A JP16083693 A JP 16083693A JP H0718713 A JPH0718713 A JP H0718713A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
storage chamber
trap
valve body
float valve
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP16083693A
Other languages
English (en)
Inventor
Tsukasa Watanabe
司 渡辺
佳朗 ▲高▼橋
Yoshiaki Takahashi
Hiroyuki Saito
広之 斉藤
Junko Watanabe
順子 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
BUIDO KK
Original Assignee
BUIDO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by BUIDO KK filed Critical BUIDO KK
Priority to JP16083693A priority Critical patent/JPH0718713A/ja
Publication of JPH0718713A publication Critical patent/JPH0718713A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 逆流防止弁を有するにもかかわらずトラップ
性能や弁の開閉作動の信頼性が高いと共にユニット化が
容易に達成されるユニット形排水トラップを提供する。 【構成】 建物の排水口に取り付けられ、上面入口6か
ら流入した排水を下部出口8から上部出口9へと案内し
て溢れ出させる貯溜室5を備えたトラップ本体1と、前
記入口部に上端開口部を着脱自在に取り付けると共に下
端開口部を前記上部出口の下方に位置させて前記貯溜室
内に挿入した排水流入筒3と、前記貯溜室内に溜められ
た水中を上下動して前記排水流入筒下部に周設した弁座
14を開閉し得るフロート弁体4と、を備えた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、建物の流し,洗面器,
浴室及び大小便器等の排水口に取り付けられて排水管や
下水道からの有害なガス,臭気,虫,汚水及び水等の室
内への逆流を防止するユニット形排水トラップに関す
る。
【0002】
【従来の技術】この種排水トラップとして、管の途中に
水を貯留(封水)し、この水によってガス,臭気の逆流
を阻むものがあり、その形状によりSトラップ,Pトラ
ップ,Uトラップ,ドラムトラップ及びわんトラップ等
と呼称されるものがある。
【0003】また、この他に実開平3−5775号公報
で開示されているように、上記封水方式に代えて、排水
管の途中に、貯留排水に浮かぶ球弁で弁座を閉じる構造
の逆流防止弁を介装するようにした排水トラップもあ
る。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが、前者の排水
トラップにあっては、水によってガス,臭気等の逆流は
防止できるが、排水を生放流する場合に特に見られるよ
うに、虫,汚水及び水等の逆流は防止できないという問
題点があった。
【0005】一方、後者の排水トラップにあっては、球
弁により、機械的に、ガス,臭気等の逆流に加えて虫等
の逆流も防止しようとするものであるが、弁座部が水面
上方にあって球弁の相当部分が水面から突出する構造で
あるため、開弁時に球弁が受ける浮力が大き過ぎて開い
てもすぐ閉じる等で弁の開閉作動に信頼性が持てないと
いう問題点があった。加えて、封水による効果が全く得
られないことからトラップ性能も低いという欠点があっ
た。
【0006】本発明はこのような問題を解決するもので
あって、逆流防止弁を有するにもかかわらずトラップ性
能や弁の開閉作動の信頼性が高いと共にユニット化が容
易に達成されるユニット形排水トラップを提供すること
を目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上述の目的を達成するた
めの本発明のユニット形排水トラップは、建物の排水口
に取り付けられ、上面入口から流入した排水を下部出口
から上部出口へと案内して溢れ出させる貯溜室を備えた
トラップ本体と、前記入口部に上端開口部を着脱自在に
取り付けると共に下端開口部を前記上部出口の下方に位
置させて前記貯溜室内に挿入した排水流入筒と、前記貯
溜室内に溜められた水中を上下動して前記排水流入筒下
部の弁座部を開閉し得るフロート弁体と、を備えたこと
を特徴とするものである。
【0008】
【作用】前記構成によれば、貯溜室内に貯溜された排水
によりガス,臭気等の逆流が防止されるとともに、フロ
ート弁体の閉弁によりガス,臭気等はもとより虫,汚水
及び水等の逆流も防止され、トラップ性能が向上され
る。
【0009】また、フロート弁体は常にその大部分が水
中にあるため、開弁時における浮力変化が少なく、弁の
開閉作動が安定して信頼性が高められる。
【0010】
【実施例】以下添付図面に基づいて、本発明の実施例を
説明する。図1は、本発明の第一実施例を示すもので、
排水管が床ころがしになるユニットバス用の排水トラッ
プに適用した例である。
【0011】図に示すように、本ユニット形排水トラッ
プは合成樹脂製等のトラップ本体1と、このトラップ本
体1上面の入口部に嵌着されたリング状のアルミニウム
合金製等の取付部材2と、この取付部材2に着脱自在に
装着される合成樹脂製等の排水流入筒3と、この排水流
入筒3の弁座部を開閉するフロート弁体4と、を主要部
材としている。
【0012】前記トラップ本体1は、貯溜室5を備える
貯溜室部1aと図示しない排水管に連結される連結筒部
1bとが水平に連接されてなり、貯溜室部1aの上面に
入口6が開口される。そして、貯溜室5内へは上面から
所定長さの仕切壁7が垂下され、これにより、貯溜室5
の下部には下部出口8が、かつ上部には上部出口9がそ
れぞれ形成されるようになっている。
【0013】前記取付部材2は、前記入口6に嵌着され
た筒壁10の中間部内周に内向きフランジ11を付設さ
れてなり、この内向きフランジ11を利用して適宜図示
しないユニットバスの排水口に水蜜に取り付けられるも
のである。
【0014】前記排水流入筒3は、図2にも示すよう
に、筒壁12の上端外周に付設した外向きフランジ13
を前記取付部材2の内向きフランジ11の上面に載置す
ると共に、前記下部出口8の近傍まで延びた筒壁12の
下部内周に内向きフランジ状の弁座14を形成してな
る。
【0015】前記フロート弁体4は、前記筒壁12の内
径よりも小さく弁座14の内径よりも若干大きい球径を
有し、かつ比重が水よりも小さい合成樹脂等の材質から
なる浮きボール(例えば、ピンポン玉)で形成されてな
る。
【0016】このように構成されるため、本排水トラッ
プがユニットバスの排水口に装着された状態で、水が排
水流入筒3内に流れ込むと、この水はフロート弁体4を
下げたまま貯溜室5内に溜められ、やがて上部出口9よ
りオーバフローして連結筒部1bより外部配管へと流れ
出ることになる。
【0017】前記流込みが終わると、水は上部出口9下
縁までの水位で貯溜室5内に溜まると共に、フロート弁
体4はその浮力により上昇して弁座14に密着しこれを
閉じる。
【0018】これにより、外部配管からのガスや臭気等
の逆流は、排水流入筒3と貯溜室5とに溜められた水と
フロート弁体4の閉弁による三重のトラップ作用で確実
に防止される。
【0019】一方、水中を通過する虫等の逆流は、フロ
ート弁体4の閉弁により機械的に通路が遮断されて防止
される。
【0020】尚、フロート弁体4は、前記開閉の際には
その大部分が常に水中にあるため、開弁時における浮力
変化が少なく、円滑に開閉作動する。また、トラップ本
体1と排水流入筒3とは分離可能であるため、物を落と
した場合に容易に取り上げることが出来ると共に、清掃
も容易に行える。
【0021】このようにして、本排水トラップは、既存
のトラップ本体1に排水流入筒3とフロート弁体4とを
組み付けることで簡単にユニット化できると共に、取付
部材2等を介して前述した排水口に工事費無しで簡単に
取り付けられる。
【0022】図3は、本排水トラップの他の実施例を示
すもので、先の実施例における仕切壁を筒壁7Aとして
別部材で形成して下部出口8及び上部出口9をリング状
に形成すると共に、排水流入筒3の下端開口部に弁座1
4を形成した例である。これによるも、先の実施例と同
様の作用,効果が得られる。
【0023】尚、本発明は上記各実施例に限定されず、
本発明の要旨を逸脱しない範囲で各種変更が可能である
ことは言うまでもない。
【0024】
【発明の効果】以上、実施例を挙げて詳細に説明したよ
うに本発明の排水トラップによれば、水中で開閉作動す
るフロート弁体を新設したので、ガスや臭気等の逆流に
加えて虫等の逆流も確実に防止できると共に弁の開閉作
動にも高い信頼性が得られるという効果がある。
【0025】また、既存の排水トラップに排水流入筒と
フロート弁体を組み付けるだけで容易にユニット化で
き、取扱いと施工性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第一実施例に係るユニット形排水トラ
ップの側断面図である。
【図2】同じく排水流入筒の構造説明図である。
【図3】本発明の第二実施例に係るユニット形排水トラ
ップの側断面図である。
【符号の説明】
1 トラップ本体 2 取付部材 3 排水流入筒 4 フロート弁体 5 貯溜室 6 入口 7 仕切壁 7A 筒壁

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の排水口に取り付けられ、上面入口
    から流入した排水を下部出口から上部出口へと案内して
    溢れ出させる貯溜室を備えたトラップ本体と、前記入口
    部に上端開口部を着脱自在に取り付けると共に下端開口
    部を前記上部出口の下方に位置させて前記貯溜室内に挿
    入した排水流入筒と、前記貯溜室内に溜められた水中を
    上下動して前記排水流入筒下部の弁座部を開閉し得るフ
    ロート弁体と、を備えたことを特徴とするユニット形排
    水トラップ。
JP16083693A 1993-06-30 1993-06-30 ユニット形排水トラップ Pending JPH0718713A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16083693A JPH0718713A (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ユニット形排水トラップ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16083693A JPH0718713A (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ユニット形排水トラップ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0718713A true JPH0718713A (ja) 1995-01-20

Family

ID=15723468

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16083693A Pending JPH0718713A (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ユニット形排水トラップ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0718713A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20020023696A (ko) * 2001-12-03 2002-03-29 이갑조 악취 및 유해가스 차단장치
KR100451895B1 (ko) * 2002-05-17 2004-10-20 (주)유원건축사사무소 배수트랩에 있어서 이물질 걸림방지구조
GB2432596A (en) * 2005-11-26 2007-05-30 Janitor Ltd Odour trap for sanitary drain assembly
JP2009097226A (ja) * 2007-10-16 2009-05-07 Inax Corp 排水トラップ及び排水トラップへの排水方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20020023696A (ko) * 2001-12-03 2002-03-29 이갑조 악취 및 유해가스 차단장치
KR100451895B1 (ko) * 2002-05-17 2004-10-20 (주)유원건축사사무소 배수트랩에 있어서 이물질 걸림방지구조
GB2432596A (en) * 2005-11-26 2007-05-30 Janitor Ltd Odour trap for sanitary drain assembly
GB2432596B (en) * 2005-11-26 2011-04-06 Janitor Ltd A drain arrangement
JP2009097226A (ja) * 2007-10-16 2009-05-07 Inax Corp 排水トラップ及び排水トラップへの排水方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2383690C2 (ru) Водяной затвор для санитарно-технического оборудования
AU2007346305B2 (en) A drain arrangement
JPH06306908A (ja) 排水トラップ
JPH0718713A (ja) ユニット形排水トラップ
KR200273523Y1 (ko) 건축물에서 부력을 이용한 유해가스 역류방지용 배수트랩
KR101056506B1 (ko) 씽크대 배수 구조
JP2007255153A (ja) 排水トラップ
JP2006291496A (ja) 水洗トイレ用手洗器の排水構造
KR20170064307A (ko) 악취차단 기능을 가지는 실내용 배수트랩
JPH10159147A (ja) 排水管路の臭気止め装置
JPH1143975A (ja) 浴室ユニットの浴槽排水構造
JP3569842B2 (ja) 排水トラップ及び排水トラップを用いた浴室構造
JP2001262655A (ja) 排水用通気装置
JP2007225146A (ja) 排水トラップおよび排水装置
KR200235658Y1 (ko) 부력식 배수트랩
JP4277083B2 (ja) 排水装置
CN209066553U (zh) 一种具有防臭功能的下水器及水槽
JP3460056B2 (ja) 排水トラップ
KR200174775Y1 (ko) 배수 트랩
JP4417280B2 (ja) 排水ドレン設備
KR100432272B1 (ko) 기능성트랩 소재구
GB2432596A (en) Odour trap for sanitary drain assembly
JPH0612570U (ja) 屎尿破砕圧送装置
JP2000080695A (ja) 排水トラップ
JP4364398B2 (ja) 下水槽

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19960312