JPH1143975A - 浴室ユニットの浴槽排水構造 - Google Patents

浴室ユニットの浴槽排水構造

Info

Publication number
JPH1143975A
JPH1143975A JP19947097A JP19947097A JPH1143975A JP H1143975 A JPH1143975 A JP H1143975A JP 19947097 A JP19947097 A JP 19947097A JP 19947097 A JP19947097 A JP 19947097A JP H1143975 A JPH1143975 A JP H1143975A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bathtub
drain
check valve
drain hole
drainage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19947097A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Hotada
一雄 穂多田
Kazuhiro Tamura
和博 田村
Toshitsuna Fujii
俊維 藤井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toto Ltd
Original Assignee
Toto Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toto Ltd filed Critical Toto Ltd
Priority to JP19947097A priority Critical patent/JPH1143975A/ja
Publication of JPH1143975A publication Critical patent/JPH1143975A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続された
排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水面よ
りも高く位置決めされた浴室ユニットの浴槽排水構造で
あって、浴槽を使用していない時に、排水トラップを経
由して床パンから浴槽へ汚水が流れこむおそれの無い浴
室ユニットの浴槽排水構造を提供する。 【解決手段】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続さ
れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
面よりも高く位置決めされ、浴槽排水孔に逆止弁が設け
られている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は浴室ユニットの浴槽排水
構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】高齢者にとって使い易い浴室ユニットを
実現するために、浴槽の跨ぎ高さを低くすることが有効
である。浴槽の跨ぎ高さを低くするには、浴槽底壁の設
置位置を低くすれば良い。この場合でも、浴槽排水が床
パンの排水口に接続された排水トラップを経由して排水
されることを勘案すると、浴槽からの排水を可能にする
ために、浴槽底壁に形成される浴槽排水孔を床パンの排
水口に接続された排水トラップの封水面よりも高く位置
決めする必要がある。従って、浴槽排水孔を、床パンの
排水口に接続された排水トラップの封水面と略同一高さ
に且つ前記封水面よりも高く位置決めすることにより、
浴槽排水に支障をきたすことなく、浴槽の跨ぎ高さを低
くすることができる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】浴槽排水孔を、床パン
の排水口に接続された排水トラップの封水面と略同一高
さに且つ前記封水面よりも高く位置決めすると、浴槽を
使用していない時、即ち浴槽が空で浴槽の排水栓が抜か
れている時に、屋内の掃除等で発生した汚水が浴室床パ
ンに大量に流されると、該汚水が排水トラップを経由し
て浴槽内へ逆流し、浴槽が汚染されるという問題が発生
する。本発明は、上記問題に鑑みてなされたものであ
り、浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続された排水ト
ラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水面よりも高
く位置決めされた浴室ユニットの浴槽排水構造であっ
て、浴槽を使用していない時に、排水トラップを経由し
て床パンから浴槽へ汚水が流れこむおそれの無い浴室ユ
ニットの浴槽排水構造を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、本発明においては、浴槽排水孔が、床パンの排水口
に接続された排水トラップの封水面と略同一高さに且つ
前記封水面よりも高く位置決めされ、浴槽排水孔に逆止
弁が設けられていることを特徴とする浴室ユニットの浴
槽排水構造を提供する。本発明においては、浴槽排水孔
が、床パンの排水口に接続された排水トラップの封水面
と略同一高さに且つ前記封水面よりも高く位置決めさ
れ、浴槽排水孔と前記排水トラップとを接続する浴槽排
水管内に逆止弁が設けられていることを特徴とする浴室
ユニットの浴槽排水構造を提供する。本発明において
は、浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続された排水ト
ラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水面よりも高
く位置決めされ、浴槽排水孔と前記排水トラップとを接
続する浴槽排水管の前記排水トラップ側端部に逆止弁が
設けられていることを特徴とする浴室ユニットの浴槽排
水構造を提供する。本発明においては、浴槽排水孔が、
床パンの排水口に接続された排水トラップの封水面と略
同一高さに且つ前記封水面よりも高く位置決めされ、前
記排水トラップの浴槽排水孔から延びる浴槽配水管との
接続部に逆止弁が設けられていることを特徴とする浴室
ユニットの浴槽排水構造を提供する。本発明に係る浴室
ユニットの浴槽排水構造においては、浴槽排水孔を、床
パンの排水口に接続された排水トラップの封水面と略同
一高さに且つ前記封水面よりも高く位置決めすることに
より、浴槽排水に支障をきたすことなく、浴槽の跨ぎ高
さの低減を図っている。本発明に係る浴室ユニットの浴
槽排水構造においては、浴槽排水孔に逆止弁が設けら
れ、或いは浴槽排水孔と前記排水トラップとを接続する
浴槽排水管内に逆止弁が設けられ、或いは浴槽排水孔と
前記排水トラップとを接続する浴槽排水管の前記排水ト
ラップ側端部に逆止弁が設けられ、或いは前記排水トラ
ップの浴槽排水孔から延びる浴槽配水管との接続部に逆
止弁が設けられているので、浴槽が空で浴槽の排水栓が
抜かれている時に、屋内の掃除等で発生した汚水が浴室
床パンに大量に流されても、該汚水が排水トラップを経
由して浴槽内へ逆流し浴槽が汚染されるおそれは無い。
本発明の好ましい態様においては、逆止弁はヒンジ式の
逆止弁である。ヒンジ式の逆止弁は、作動が安定してお
り、信頼性が高い。
【0005】
【実施例】図1、2に基づいて、本発明の第1実施例に
係る浴室ユニットの浴槽排水構造を説明する。図1に示
すように、ハーフパネルタイプの浴室ユニットの床パン
Aは、洗い場部1と浴槽部2とを備えている。洗い場部
1の排水口1aに、排水トラップ3が取り付けられてい
る。浴槽部2の底壁に形成された浴槽排水孔2aから延
びる浴槽排水管4が、排水トラップ3に接続されてい
る。浴槽2の底壁、ひいては浴槽排水孔2aは、排水ト
ラップ3の封水面Wと略同一高さに且つ封水面Wよりも
高く位置決めされている。浴槽排水孔2aにヒンジ式の
逆止弁5が取り付けられている。逆止弁5の構造は、図
2に示すように、弾性体から成る円板状の弁板5aに円
弧状に切込み5bを入れて弁体5cを形成し、弁板5a
の一方の表面に弁体5cの開放を阻止する環状の弁押さ
え5dを固定し、浴槽2の排水孔2aに取り付けられる
排水金具に弁板5aを螺合等により取り付けたものでも
良く、或いは他の適当なヒンジ式の構造でも良い。
【0006】上記構成を有する浴室ユニットの浴槽排水
構造においては、浴槽排水孔2aを、床パンの洗い場部
1の排水口1aに接続された排水トラップ3の封水面W
と略同一高さに且つ封水面Wよりも高く位置決めするこ
とにより、浴槽排水に支障をきたすことなく、浴槽2の
跨ぎ高さHの低減が図られている。浴槽排水孔2aに逆
止弁5が設けられているので、浴槽2が空で浴槽の排水
栓が抜かれている時に、屋内の掃除等で発生した汚水が
床パンの洗い場部1に大量に流されても、逆止弁5が閉
じて浴槽排水孔2aを塞ぐので、該汚水が排水トラップ
3を経由して浴槽2内へ逆流し浴槽2が汚染されるおそ
れは無い。弁本体が傾斜して止水性能が低下する場合が
あるフロート式の逆止弁に比べてヒンジ式の逆止弁5は
作動が安定しているので、確実に浴槽2への汚水の逆流
を阻止できる。
【0007】図3に基づいて、本発明の第2実施例に係
る浴室ユニットの浴槽排水構造を説明する。図3に示す
ように、フルパネルタイプの浴室ユニットの床パンB
は、洗い場部11と浴槽載置部12とを備えている。浴
槽載置部12に浴槽13が載置されている。床パンの洗
い場部1の排水口11aに、排水トラップ14が取り付
けられている。浴槽部13の底壁に形成された浴槽排水
孔13aから延びる浴槽排水管15が、床パンの浴槽載
置部12を貫通して下方へ延び、排水トラップ14に接
続されている。浴槽13の底壁、ひいては浴槽排水孔1
3aは、排水トラップ14の封水面Wと略同一高さに且
つ封水面Wよりも高く位置決めされている。浴槽排水孔
13aにヒンジ式の逆止弁16が取り付けられている。
【0008】上記構成を有する浴室ユニットの浴槽排水
構造においては、浴槽排水孔13aを、床パンの洗い場
部11の排水口11aに接続された排水トラップ14の
封水面Wと略同一高さに且つ封水面Wよりも高く位置決
めすることにより、浴槽排水に支障をきたすことなく、
浴槽13の跨ぎ高さHの低減が図られている。浴槽排水
孔13aに逆止弁16が設けられているので、浴槽13
が空で浴槽の排水栓が抜かれている時に、屋内の掃除等
で発生した汚水が床パンの洗い場部11に大量に流され
ても、逆止弁16が閉じて浴槽排水孔13aを塞ぐの
で、該汚水が排水トラップ14を経由して浴槽13内へ
逆流し浴槽13が汚染されるおそれは無い。
【0009】以上本発明の実施例を説明したが、本発明
は上記実施例に限定されない。第2実施例において、浴
槽13の排水を一旦床パンの浴槽載置部12へ排出し、
浴槽載置部12から排水管を介して排水トラップ14ヘ
排出しても良い。第1実施例、第2実施例において、浴
槽排水管4、15の途上に逆止弁を取り付けても良い。
作動が安定しており、信頼性の高いヒンジ式の逆止弁を
使用すれば、浴槽内への汚水の逆流を確実に阻止でき
る。第1実施例、第2実施例において、図4に示すよう
に、浴槽排水管4、15の排水トラップ3、14側の端
部に逆止弁5α、16αを取り付けても良い。作動が安
定しており、信頼性の高いヒンジ式の逆止弁を使用すれ
ば、浴槽内への汚水の逆流を確実に阻止できる。第1実
施例、第2実施例において、図5に示すように、排水ト
ラップ3、14の浴槽配水管4、15との接続部に逆止
弁5β、16βを取り付けても良い。作動が安定してお
り、信頼性の高いヒンジ式の逆止弁を使用すれば、浴槽
無いへの汚水の逆流を確実に阻止できる。
【0010】
【発明の効果】本発明に係る浴室ユニットの浴槽排水構
造においては、浴槽排水孔を、床パンの排水口に接続さ
れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
面よりも高く位置決めすることにより、浴槽排水に支障
をきたすことなく、浴槽の跨ぎ高さの低減を図ってい
る。本発明に係る浴室ユニットの浴槽排水構造において
は、浴槽排水孔に逆止弁が設けられ、或いは浴槽排水孔
と前記排水トラップとを接続する浴槽排水管内に逆止弁
が設けられ、或いは浴槽排水孔と前記排水トラップとを
接続する浴槽排水管の前記排水トラップ側端部に逆止弁
が設けられ、或いは前記排水トラップの浴槽排水孔から
延びる浴槽配水管との接続部に逆止弁が設けられている
ので、浴槽が空で浴槽の排水栓が抜かれている時に、屋
内の掃除等で発生した汚水が浴室床パンに大量に流され
ても、該汚水が排水トラップを経由して浴槽内へ逆流し
浴槽が汚染されるおそれは無い。作動が安定しており、
信頼性の高いヒンジ式の逆止弁を使用することにより、
浴槽内への汚水の逆流を確実に阻止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施例に係る浴室ユニットの浴槽
排水構造の断面図である。
【図2】本発明の第1実施例に係る浴室ユニットの浴槽
排水構造が備える逆止弁の一例の斜視図である。
【図3】本発明の第2実施例に係る浴室ユニットの浴槽
排水構造の断面図である。
【図4】本発明の他の実施例に係る浴室ユニットの浴槽
排水構造の部分断面図である。(a)は浴槽排水時の逆
止弁の作動状況を示し、(b)は床パン排水時の逆止弁
の作動状況を示す。
【図5】本発明の他の実施例に係る浴室ユニットの浴槽
排水構造の部分断面図である。(a)は浴槽排水時の逆
止弁の作動状況を示し、(b)は床パン排水時の逆止弁
の作動状況を示す。
【符号の説明】
A ハーフタイプの浴室ユニットの床パン B フルタイプの浴室ユニットの床パン W 排水トラップの封水面 1、11 床パンの洗い場部 2、13 浴槽 12 床パンの浴槽載置部 3、14 排水トラップ 4、15 浴槽排水管 5、5α、5β、16、16α、16β 逆止弁

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続さ
    れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
    面よりも高く位置決めされ、浴槽排水孔に逆止弁が設け
    られていることを特徴とする浴室ユニットの浴槽排水構
    造。
  2. 【請求項2】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続さ
    れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
    面よりも高く位置決めされ、浴槽排水孔と前記排水トラ
    ップとを接続する浴槽排水管内に逆止弁が設けられてい
    ることを特徴とする浴室ユニットの浴槽排水構造。
  3. 【請求項3】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続さ
    れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
    面よりも高く位置決めされ、浴槽排水孔と前記排水トラ
    ップとを接続する浴槽排水管の前記排水トラップ側端部
    に逆止弁が設けられていることを特徴とする浴室ユニッ
    トの浴槽排水構造。
  4. 【請求項4】 浴槽排水孔が、床パンの排水口に接続さ
    れた排水トラップの封水面と略同一高さに且つ前記封水
    面よりも高く位置決めされ、前記排水トラップの浴槽排
    水孔から延びる浴槽配水管との接続部に逆止弁が設けら
    れていることを特徴とする浴室ユニットの浴槽排水構
    造。
  5. 【請求項5】 逆止弁はヒンジ式の逆止弁であることを
    特徴とする請求項1乃至4の何れか1項に記載の浴室ユ
    ニットの床パン。
JP19947097A 1997-07-25 1997-07-25 浴室ユニットの浴槽排水構造 Pending JPH1143975A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19947097A JPH1143975A (ja) 1997-07-25 1997-07-25 浴室ユニットの浴槽排水構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19947097A JPH1143975A (ja) 1997-07-25 1997-07-25 浴室ユニットの浴槽排水構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1143975A true JPH1143975A (ja) 1999-02-16

Family

ID=16408346

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19947097A Pending JPH1143975A (ja) 1997-07-25 1997-07-25 浴室ユニットの浴槽排水構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1143975A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005180002A (ja) * 2003-12-19 2005-07-07 Bridgestone Corp 浴槽・浴室兼用排水装置
JP2005336764A (ja) * 2004-05-25 2005-12-08 Matsushita Electric Works Ltd 浴室ユニットの排水構造
JP2008082116A (ja) * 2006-09-28 2008-04-10 Inax Corp 排水トラップ
JP2008169575A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Bridgestone Corp 排水トラップシステム及びこれを用いたサイフォン排水システム
JP2010018978A (ja) * 2008-07-09 2010-01-28 Bridgestone Corp ユニットバスの排水構造及びサイフォン排水システム
JP2010031546A (ja) * 2008-07-29 2010-02-12 Bridgestone Corp サイフォン排水システム
WO2018155512A1 (ja) * 2017-02-24 2018-08-30 株式会社ブリヂストン 排水構造及びサイホン排水システム

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005180002A (ja) * 2003-12-19 2005-07-07 Bridgestone Corp 浴槽・浴室兼用排水装置
JP2005336764A (ja) * 2004-05-25 2005-12-08 Matsushita Electric Works Ltd 浴室ユニットの排水構造
JP2008082116A (ja) * 2006-09-28 2008-04-10 Inax Corp 排水トラップ
JP2008169575A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Bridgestone Corp 排水トラップシステム及びこれを用いたサイフォン排水システム
JP2010018978A (ja) * 2008-07-09 2010-01-28 Bridgestone Corp ユニットバスの排水構造及びサイフォン排水システム
JP2010031546A (ja) * 2008-07-29 2010-02-12 Bridgestone Corp サイフォン排水システム
WO2018155512A1 (ja) * 2017-02-24 2018-08-30 株式会社ブリヂストン 排水構造及びサイホン排水システム
JPWO2018155512A1 (ja) * 2017-02-24 2019-12-19 株式会社ブリヂストン 排水構造及びサイホン排水システム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH1143975A (ja) 浴室ユニットの浴槽排水構造
JP3083260B2 (ja) 洗面台の排水を利用する便器流し構造
US5522096A (en) Toilet tank hand wash basin
JP3879743B2 (ja) 排水トラップ
JP4388441B2 (ja) 浴室の排水配管
KR20050042437A (ko) 하수관로의 물받이 배수트랩
JP2002302979A (ja) 排水トラップ
KR200249076Y1 (ko) 방취용 배수트랩
JP3569842B2 (ja) 排水トラップ及び排水トラップを用いた浴室構造
JP4748632B2 (ja) 遠隔操作式排水栓装置の配管構造及びそれに用いられる目皿部材
JP4203561B2 (ja) 排水口のカバー部材
JP3711192B2 (ja) 排水装置
JP2005060942A (ja) 排水トラップ
JP2005155115A (ja) 排水装置
JP2003082736A (ja) 排水装置
JP2005240518A (ja) 排水装置及びそれが用いられる排水配管
KR100280662B1 (ko) 수세식변기용 재활용수 저장탱크
JP2839860B2 (ja) 防水パン
JP2000080695A (ja) 排水トラップ
JP3165650B2 (ja) 洗面台のキャビネット内に配設される排水器の配設構造
JP4617419B2 (ja) 排水機器の配管構造と、それに用いられる排水トラップ。
JPH0718713A (ja) ユニット形排水トラップ
JP2001182118A (ja) 浴室の排水構造
JP2000160622A (ja) 排水装置
KR100338417B1 (ko) 세면욕조실 배수관 장치의 배수트랩 및 배수시스템

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20031127

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040226