JPH0671979B2 - シート分類装置 - Google Patents

シート分類装置

Info

Publication number
JPH0671979B2
JPH0671979B2 JP63022831A JP2283188A JPH0671979B2 JP H0671979 B2 JPH0671979 B2 JP H0671979B2 JP 63022831 A JP63022831 A JP 63022831A JP 2283188 A JP2283188 A JP 2283188A JP H0671979 B2 JPH0671979 B2 JP H0671979B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bin
support frame
followers
bin tray
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP63022831A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01203166A (en
Inventor
和弘 松尾
公昭 早川
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP63022831A priority Critical patent/JPH0671979B2/ja
Publication of JPH01203166A publication Critical patent/JPH01203166A/ja
Priority claimed from US07/656,029 external-priority patent/US5050860A/en
Publication of JPH0671979B2 publication Critical patent/JPH0671979B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は複写機,印刷機,ファクシミリ等の画像形成機
から排出される文書等のシートを順次受皿(以下ビント
レイと称す)に分配収納するシート分類装置に関する。
(従来の技術) 従来、例えば複写機から排出される原稿,複写紙(以
下、単にシートと称す)を受けて分類、仕分けするため
のシート分類装置にあっては、シート受入側の両側に配
置される側板と、これら側板を連結する連結板と、フォ
ロワーの昇降を案内する案内溝とが各々別部材によって
成形され、これらをビス等の固定部材にて一体化してい
た。そして、上記両側板内にはフォロワーを案内するた
めの螺旋溝が形成され且つ隣接するビントレイ間の間隔
を拡大するために各々のフォロワーを順に段方向に移動
させるリードカムが収納されている。
(発明が解決しようとする課題) しかしながら、斯かる従来例にあっては、シート受入側
の両側に配置されリードカムが収納された側板と、これ
ら側板を連結する連結板と、フォロワーの昇降を案内す
る案内溝とが各々別体に成形されているので、部品点数
が多くなると共に、一体化するための組付工数が多くな
り、組付作業性が悪いという問題がある。そのため、組
付精度も著しく低下してしまうという問題点があった。
そこで、本発明は従来技術の上記した問題点を解決する
ためになされたもので、その目的とするところは、部品
点数を削減すると共に、組付工数も少なくして組付作業
性を向上させ、しかも組付精度を向上させることができ
るシート分類装置を提供することにある。
(課題を解決するための手段) 上記の目的を達成するために、本発明にあっては、多段
に設けられている複数のビントレイと、該ビントレイの
各々の先端側に設けられている複数のフォロワーと、該
フォロワーを案内するための螺旋溝を備え、隣接するビ
ントレイ間の間隔を拡大するために各々のフォロワーを
順に段方向に移動させる左右の螺旋カム手段と、該螺旋
カム手段を回転させるモータを含めた駆動力伝達手段
と、を有し、シート受入側の左右両側に配設され、前記
螺旋カム手段及び駆動力伝達手段を収納するビントレイ
の段方向に延びている側壁によって囲まれている収納部
と、これら収納部を連結する連結部と、該連結部に対向
する側の側壁を貫通していて、前記複数のフォロワーの
昇降を案内する案内溝と、を一体成形にて構成したこと
を特徴とする。
(作 用) 上記の構成を有する本発明においては、収納部、連結部
及び案内溝を一体成形にて構成したことによって、これ
らをビス等の固定部材により一体化することがなくな
り、正確な組付けができ、部品点数及び組付工数を削減
することができる。
特に、フォロワーが、案内溝を介して、収納部の側壁を
貫通して螺旋カム手段の螺旋溝に達する。
また、モータを含めた駆動力伝達手段も収納部に収納し
たので、構造がコンパクトになる。
(実施例) 以下に本発明を図示の実施例に基づいて説明する。第1
図は本発明の一実施例を示すシート分類装置の側断面図
である。複写機1の排紙ローラ対2から連続して排出さ
れるシートは、排紙ローラ対2に対向して配設された分
類装置本体3の入口ガイド4及びフラッパ5を介して搬
送ローラ対6によってビントレイ10〜19を送り込まれて
収納される。搬送ローラ対6は駆動モータ(不図示)に
よりビントレイが停止しているとき回動される。重ねら
れた複数のビントレイ10〜18の後端は最下段のビントレ
イ19と兼用された支持フレームによって支承され、各ビ
ントレイ10〜19の後端は互いに摺動可能に重ねられてい
る。而して、最下段のビントレイ19を支持フレームと兼
用することによって、ビントレイ10〜19を別設の支持ア
ーム等で支承することがなくなり、部品点数が削減され
ると共に、小型且つ軽量化が図れる。
分類装置本体3は第1図に示すようにその下部に断面コ
字状のチャンネル7が取付けられ、このチャンネル7に
移動杆8が取付けられている。移動杆8は複写機1を載
置する基台9の上部ガイド9aに対して移動可能に取付け
られており、分類装置本体3の複写機1への組付時にお
いて、移動杆8を上部ガイド9aに沿って移動させて、分
類装置本体3のフック20が複写機1の係止部1aの孔と係
合することで、組付けが完了する。また、分類装置本体
3を複写機1から取外す場合には、フック20を係止部1a
の孔から係合状態を解除して、分類装置本体3を水平方
向に引出せばよい。
分類装置本体3はそのシート受入側に収納部としての支
柱21,22が左右に配設され(第2図)、各々支柱21,22の
側壁には第3図に示すように搬送ローラ対6の近傍まで
鉛直方向に延び、搬送ローラ対6の水平位置で該搬送ロ
ーラ対6に対して離間する方向に折曲されて、さらに鉛
直方向に延びる案内溝としてのスロット23が形成されて
いる。このスロット23にはビントレイ10〜19の先端左右
側面に設けられたフォロワー10a,10b〜19a,19bが摺動可
能に係合している。そして、フォロワー10a,10b〜19a,1
9bは支持枠24にも係合している。即ち、スロット23を上
記のように形成したことにより、シートの排出口の近傍
にフォロワー10a,10b〜19a,19bを案内すると共に、所定
枚数のシートをビントレイが積載し上昇する場合にはシ
ート排出口から離れた位置に案内するようにしてある。
而して、搬送ローラ対6によって送り込まれるシートは
その後端まで確実にビントレイに収納されることにな
る。
また、支柱21,22は第2図に示すように、これらを連結
する連結部としての連結板25と共にプラスチック等で一
体成形されて構成されており、この場合支柱21,22の側
壁に形成されるスロット23及び上部カバー26も同時に成
形される。このようにすることで、組付を極めて容易に
すると共に、組付精度を大幅に向上させることができ
る。さらに、支柱21,22の上部カバー26に連設される可
動カバー27はヒンジピン27aを中心として第1図に示す
矢印方向に開閉可能に取付けられており、ビンスライダ
ー28と最下段のビントレイ19とを固定するためのビンカ
バー29が可動カバー27の下縁近傍まで上昇した場合に、
両者の間隔が狭くなるため、ビンカバー29に物を積載し
て可動カバー27との間で挟まった際に時計方向に回動し
て退逃可能としてある。而して、可動カバー27を取付け
たことによって、ビンカバー29との間で物が挟まった場
合でも可動カバー27が下方から押上げられて退逃し、そ
の後図示しない上限スイッチが切れることで支柱21,22
のカバーを破損することなく、且つモータや駆動伝達機
構に悪影響を与えることがなくなる。
支持枠24には上記スロット23と同様に長孔30が形成され
ており、スロット23に沿って上下に摺動可能である。支
持枠24の上部にはガイドフォロワー31a,31bが係合さ
れ、また図示しないビスによってビンカバー29の左右側
面は固着されている。従って、ビンカバー29は支持枠24
に対して回動することなく上下に支持枠24と共に昇降す
る。そして、ビントレイ10〜18のフォロワー10a,10b〜1
8a,18bは支持枠24の長孔30を上下に昇降移動自在に係合
している。この場合、最下段のビントレイ19は支持枠24
に固設されているので、ビントレイ10〜18の後端を支承
した状態で支持枠24と共に上下可能である。
第2図において、左右の支柱21,22には同ピッチで一条
の溝型螺旋カム(リードカム)35が設けられ、垂直回転
軸36,37の上部に嵌合支持される。垂直回転軸36,37の下
部にはギヤ等の駆動力伝達手段38〜40及びチェーン(不
図示)が設けられており、チェーンを介してシフトモー
タ41の回転力を伝達し、リードカム35を正逆回転できる
ように構成されている。以下の説明ではリードカム35の
ビントレイを上昇させる場合を正転とする。
第4図はリードカム35の展開図であり、同図において螺
旋溝35′から螺旋溝35″の正転の1回転の軌跡であり、
また停止中の分類装置本体3が複写機からの信号、或い
は操作者による外部からの入力指示によって作動を始め
ると、シフトモータ41が逆転して支持枠24がビントレイ
群の先端と共にスロット23に沿って下降する。第4図に
おいて、(ハ)の状態が第2図におけるビントレイ群の
各々のフォロワー位置を表わす。(ハ)の状態がリード
カム35の正規の停止位置(ソートポジション)である。
支持枠24の下降はリードカム35の逆転により始まり、支
持枠24を介してガイドフォロワー31a,31bにはビントレ
イ10〜19の全ての重量が作用している。従って、リード
カム35が逆転して、螺旋溝35′がガイドフォロワー31b
の下に移動すると、フォロワー31bは螺旋溝35′に侵入
し、螺旋溝35′に案内されて下降する。支持枠24の長孔
30にて定められたビン間を保持した状態で、支持枠24は
ビントレイ群と共にリードカム35の半回転分下降する
と、スロット23下端近傍に配設したマイクトスイッチ43
に支持枠24が接触し、第5図に示すブロック図のように
マイクロスイッチ43の信号を制御回路44、モータドライ
バ45を通してシフトモータ41の逆転を停止しリードカム
35の回転を止める。この状態は最上段のビントレイ10が
搬送されたシートを受ける位置にあり、これをノーソー
ト位置という。逆転終了と同時に搬送ローラ対6が回り
始め、排紙ローラ2から送り込まれたシートをビントレ
イ10に送り込む。
ここで、ノーソート時おいて支持枠24はリードカム35の
半回転分下降するように制御されているので、支持枠24
はソートポジションより約10mm下降し、この状態でビン
トレイ10には約100枚のシートが積載可能である。尚、
リードカム35の1回転分下降するようにした場合には、
約24mm下降してしまい、ノーソート位置においてシート
が100枚程度積載可能であればよいのにも拘らず、必要
以上に下降することになってしまう。
また、ソート時においては、リードカム35が(ハ)の状
態であり、最上段のビントレイ10が搬送されたシートを
所定枚数、約30枚受け、図示しないマイクロスイッチで
紙無しが検知されると、搬送ローラ対6の回転が停止さ
れ、同時にシフトモータ41が正転を開始する。この場合
のビントレイの始動位置は第4図(ハ)である。正転に
よりリードカム35の螺旋溝35″の下端を形成する鋭角の
すくい上げ部がフォロワー10bの下部円周面に接触し支
持枠24と共に螺旋溝35″に沿って押上げる。そして、他
のビントレイ12〜19は螺旋カム24の螺旋溝35″には案内
されないが支持枠24と同様に引き上げられ、フォロワー
10bのみがリードカム35の上部平滑面における正規の停
止位置に至るとソートポジションセンサ46がこれを検知
してシフトモータ41の正転を停止しリードカム35の回転
を止める。同時に停止していた搬送ローラ対6が回転を
始め、シートをビントレイ11に送り込む。このように、
ソートモードにあっては最上段のビントレイから順々に
シートの排紙信号によりシートを積載しながらビントレ
イが上昇する。次に所定の積載枚数で逆ソート、即ち排
紙信号により順々にシートを積載しながらビントレイが
下降する。
ところで、第1図に示すフラッパ5は複写機1の通常の
コピーモード時にあって搬送ローラ対6にシートを送り
込むための搬送ガイドとしての機能を有するが、複写機
1から一時的にシートを反転して、さらに複写機1で両
面コピー,多重コピーを行なう場合には、フラッパ5は
第6図に示すブロック図のようにソレノイド50に作動信
号を送出することによってプランジャ51を吸引し反時計
方向に回動してガイド溝52にシートを案内するようにし
てある。
(発明の効果) 本発明は以上の構成及び作用からなるもので、シートの
受入側の両側に配設され螺旋カム手段を収納する収納部
と、これら収納部を連結する連結部と、複数のフォロワ
ーの昇降を案内する案内溝とを一体成形にて構成したの
で、従来のようにビス等の固定部材にて一体化すること
がなくなり、部品点数及び組付工数を削減し得、組付作
業性を向上させると共に、組付精度も向上させることが
できるという効果を奏する。
特に、案内溝を、収納部の側壁を貫通してフォロワーが
螺旋溝に達するように直接に形成する構成であるので、
螺旋カム手段に対するフォロワーの位置出しが左右共に
良好に行われる。
また、さらに螺旋カム手段だけでなく、そのためのモー
タを含めた駆動力伝達手段も収納部に収納したので、構
造がコンパクトになる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例を示すシート分類装置の側断
面図、第2図は同実施例の横断面図、第3図は同実施例
におけるスロットを示す正面図、第4図はリードカムの
外周展開図、第5図は同実施例の制御系を示すブロック
図、第6図は同実施例におけるフラッパを作動させるた
めのブロック図である。 符号の説明 3……分類装置本体、5……フラッパ 10〜19……ビントレイ 10a,10b〜19a,19b……フォロワー 21,22……支柱 23……スロット(案内溝) 21……支柱(収納部) 22……支柱(収納部) 24……支柱枠 25……連結板(連結部) 35……リードカム(螺旋カム手段)

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】多段に設けられている複数のビントレイ
    と、 該ビントレイの各々の先端側に設けられている複数のフ
    ォロワーと、 該フォロワーを案内するための螺旋溝を備え、隣接する
    ビントレイ間の間隔を拡大するために各々のフォロワー
    を順に段方向に移動させる左右の螺旋カム手段と、 該螺旋カム手段を回転させるモータを含めた駆動力伝達
    手段と、を有し、 シート受入側の左右両側に配設され、前記螺旋カム手段
    及び駆動力伝達手段を収納する、ビントレイの段方向に
    延びている側壁によって囲まれている収納部と、これら
    収納部を連結する連結部と、該連結部に対向する側の側
    壁を貫通していて、前記複数のフォロワーの昇降を案内
    する案内溝と、を一体成形にて構成したことを特徴とす
    るシート分類装置。
JP63022831A 1988-02-04 1988-02-04 シート分類装置 Expired - Lifetime JPH0671979B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63022831A JPH0671979B2 (ja) 1988-02-04 1988-02-04 シート分類装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63022831A JPH0671979B2 (ja) 1988-02-04 1988-02-04 シート分類装置
US07/656,029 US5050860A (en) 1988-02-02 1991-02-15 Sheet sorter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01203166A JPH01203166A (en) 1989-08-15
JPH0671979B2 true JPH0671979B2 (ja) 1994-09-14

Family

ID=12093642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63022831A Expired - Lifetime JPH0671979B2 (ja) 1988-02-04 1988-02-04 シート分類装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0671979B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6146080B2 (ja) * 2013-03-26 2017-06-14 セイコーエプソン株式会社 記録装置
CN112209154B (zh) * 2020-09-30 2021-07-09 威海西进电子有限公司 一种打印机辅助出纸机构

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE3413238C2 (ja) * 1983-04-11 1993-07-08 Gradco Systems, Inc., Santa Ana, Calif., Us
JPH0524064B2 (ja) * 1984-03-02 1993-04-06 Ikegami Tsushinki Kk
JP2572434B2 (ja) * 1988-11-04 1997-01-16 株式会社日本触媒 御影石調人工石およびその製造方法
JPH04144946A (en) * 1990-10-01 1992-05-19 Hitachi Chem Co Ltd Grain-like artificial marble and production thereof

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01203166A (en) 1989-08-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100480463B1 (ko) 용지후처리장치
US20030218298A1 (en) Paper stacker for use with image forming apparatus
US4957285A (en) Document feeder with sheet edge regulating mechanism
JP2695026B2 (ja) スティプラ付ソータ
US4913426A (en) Sorter
US5556251A (en) Sheet finisher
JP3666992B2 (ja) シート挟持装置及びこれを備えるシート処理装置、画像形成装置
JP2565364B2 (ja) シート分類装置
JPH0671979B2 (ja) シート分類装置
EP0259542A1 (en) Sorting apparatus
EP0521656A1 (en) Multiple tray rotary paper feed system for an image reproduction machine
EP0807537B1 (en) Sheet sorter with stapler
US5222721A (en) Sorter with casing movable in a transverse direction to the direction of sheet delivery
EP0448247A2 (en) Copying apparatus for recorded discs
US5259605A (en) Sorter with trays having guide plates and return springs
JP3325193B2 (ja) ソータ
KR970007225B1 (ko) 용지 정렬 장치
JP3086664B2 (ja) シート収納装置
EP0318766B1 (en) Sorter
JPH06100184A (ja) 画像形成装置のトレイ装置
JPH0711076Y2 (ja) 丁合装置
JP2734789B2 (ja) シート分配収容装置
JP3054096B2 (ja) ソータ装置
KR930006965B1 (ko) 복사지 분류장치(Compact Sorter)
KR920003688Y1 (ko) 복사지 분리장치

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070914

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

Year of fee payment: 14

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

Year of fee payment: 14