JPH0711076Y2 - 丁合装置 - Google Patents

丁合装置

Info

Publication number
JPH0711076Y2
JPH0711076Y2 JP1988065079U JP6507988U JPH0711076Y2 JP H0711076 Y2 JPH0711076 Y2 JP H0711076Y2 JP 1988065079 U JP1988065079 U JP 1988065079U JP 6507988 U JP6507988 U JP 6507988U JP H0711076 Y2 JPH0711076 Y2 JP H0711076Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
sheet
guide
collating
home
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1988065079U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01169568U (ja
Inventor
司 野沢
育三 横山
美佐夫 小林
利弘 久保寺
秀雄 矢部
芳宣 河野
Original Assignee
理想科学工業株式会社
ニスカ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 理想科学工業株式会社, ニスカ株式会社 filed Critical 理想科学工業株式会社
Priority to JP1988065079U priority Critical patent/JPH0711076Y2/ja
Publication of JPH01169568U publication Critical patent/JPH01169568U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0711076Y2 publication Critical patent/JPH0711076Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 【産業上の利用分野】
この考案は、印刷機、複写機、プリンタ、あるいは用紙
のストッカなどから供給される用紙を、自動的に複数の
収納棚に分配して丁合する丁合装置に関する。
【従来の技術】
従来、印刷機、複写機、プリンタ、あるいは用紙のスト
ッカなどから供給される用紙は、ソータと呼ばれる丁合
装置によって複数の収納棚(以下トレイという)により
頁毎等に分配され、自動的に丁合わせされる。そしてト
レイに収納される用紙の整合性を得るために、トレイに
搬入される用紙の先端をガイド手段に突き当てて整合さ
せるものが知られている。 ところでこのような丁合装置においては、従来用紙前端
整合用のガイド手段を、搬入される用紙のサイズ変更が
なされる都度、一旦初期の位置(ホーム位置)に戻す構
成となっており、そのホーム位置を用紙整合位置から用
紙の取出しに必要な寸法を加えたストロークの端部に設
定していた。すなわち、用紙を取り出す際に退避する位
置とホーム位置とを同一に設定していた。
【考案が解決しようとする問題点】
しかしながら、上記のような丁合装置においては、用紙
のサイズが小さくなった場合にホーム位置から用紙整合
位置に移動させるのに時間がかかり、丁合装置の作動を
高速化する場合の障害となっていた。 また、用紙前端整合用のガイド手段のホーム位置を用紙
整合位置の近くに設けてこれを解決しようとした場合、
用紙とガイド手段との間隔が少なく、用紙取出し時この
ガイド手段に用紙が引っかかり、用紙が取り出しにくい
という欠点があった。 〔考案の目的〕 この考案の丁合装置は、用紙前端整合用のガイド手段の
ホーム位置を、用紙サイズに応じた用紙整合位置と、前
記用紙整合位置から用紙の取出しに必要な寸法を加えた
距離にある用紙取出し位置との間において、収納する用
紙の最大サイズとほぼ同じ位置とすることにより、用紙
のサイズが小さくなった場合でもホーム位置から用紙整
合位置に速やかに移動させることができ、また用紙の取
出し時、その用紙の取出しを容易にして、丁合装置の作
動の高速化に対応できるとともに、操作性の向上した丁
合装置を得ることを目的とする。
【問題点を解決するための手段】
この考案の丁合装置は、従来例の上記欠点を解消するた
め、収納棚ユニット内の各用紙収納トレイに用紙サイズ
の異なる複数の種類の用紙を収納可能として、用紙前端
を整合するようにした丁合装置において、用紙前端整合
用のガイド手段を、用紙サイズに応じた用紙整合位置
と、前記用紙整合位置から用紙の取出しに必要な寸法を
加えた距離にある用紙取出し位置と、前記用紙整合位置
への移動の起算点としたホーム位置との間を移動可能と
するとともに、上記ホーム位置を用紙整合位置と用紙取
出し位置間であって収納する用紙の最大サイズに応じた
用紙整合位置とほぼ同じ位置としたことを特徴とするも
のである。
【実施例】
以下、この考案に係る丁合装置の一実施例について図面
を参照して説明する。 <構成> 第1図ないし第3図において、個々に制御機構を内蔵し
た丁合装置1が、印刷機、複写機、プリンタ、あるいは
用紙のストッカ等からなる用紙供給装置3に、駆動装置
を付設したエンドレスベルトからなる接続部5を介して
複数(1〜n個)移動可能に連設されている。7は上記
複数の丁合装置1の最後尾に設けられた固定収納部であ
る。 なお、用紙供給装置3はオペレータによって丁合装置1
に設けられている表示パネル8上のソートに関するキー
の押下げ状態、用紙供給装置3と丁合装置1との接続状
態に応じてソートコマンドおよび中継搬送コマンドを送
信して、丁合装置1にソート動作および中継搬送動作を
行なわせることができるようになっている。なお用紙供
給装置3は自動原稿送り(以下ADFという)機能を有し
ており、原稿トレイ10内にセットした原稿を自動的に製
版・印刷できるようになっている。 丁合装置1は、用紙供給装置3の排紙口21に連なり、用
紙後端検出センサ31を備えた用紙受入口23と、この用紙
受入口23からの用紙を順次丁合収納する複数のトレイ9
を有する収納棚ユニット11を有している。この収納棚ユ
ニット11は、機枠フレーム13に設けたスライドレール
(図示せず)に沿って上下に無理なく摺動することがで
きる。また機枠フレーム13の前端には、対をなすプーリ
25間にタイミングベルト27が張設してあり、収納棚ユニ
ット11は機枠フレーム13に設けたモータ28により、ウォ
ームユニット29を介してタイミングベルト27を回転させ
ることによって、上下に歩進移動させることができる。
30は、タイミングベルト27を収納棚ユニット11に固定す
るための固定部材である。上記モータ28はウォームユニ
ット29を使用して駆動しているので、収納棚ユニット11
はモータの動力を切っても任意の位置で停止することが
でき、勝手に下降してしまうことがない。上記駆動の方
式としては、タイミングベルトとタイミングプーリの組
合わせの外に、チェーンとスプロケット、ラックとピニ
オン等の組合わせが使用できる。 上記収納棚ユニット11にはスリット板35が取付けてあ
り、このスリット板35をセンサ37で検出することによっ
て、収納棚ユニット11を定位置に停止させたり、ホーム
位置を検出したりすることができる。 上記丁合装置1の収納棚ユニット11には複数の丁合装置
1′…が連結可能に並置され、同様に複数のトレイ9を
有している。丁合装置1の収納棚ユニット11よりも下部
には、第2の丁合装置1′に用紙を搬送する中継搬送路
15が設けられている。この中継搬送路15はモータ駆動の
エンドレスベルトからなる用紙の搬送手段と、モータ駆
動のファンを有する用紙の吸引手段を備えている。 この中継搬送路15は、上記収納枠ユニット11の移動領域
から外れた退避位置、すなわち図では用紙受入口23の側
において機枠フレーム13に首振り自在に支持され、その
先端を用紙を排紙する用紙排出口24に臨む作動位置と上
記退避位置の間で移動自在に支持している。次に第4図
ないし第7図に、収納棚ユニット11の側部および前端整
合用のガイド手段を示す。 第4図および第5図に示すように、用紙受入口23に位置
する用紙後端検出センサ31からの信号で、トレイ9の両
側に設けられた一対の幅方向の整合用ガイド手段51,53
が用紙の側端を規制する。すなわち、用紙後端検出セン
サ31が最終の用紙54の後端を検出してからソレノイドが
ONし、ガイド手段51,53が首振りして用紙側端を規制す
る。 より詳細には、トレイ9のくびれ部91に向かって進退自
在に一対のガイド手段51,53が取付けられ、このガイド
手段51,53は、トレイ9に収納される用紙の各サイズに
応じて適宜進退することができる。上記において一対の
ガイド手段51,53はセンタ基準のため、用紙搬入方向の
左右に同じ機構が設けられている。この左右の機構は、
図示しないモータに取り付けられた軸により、タイミン
グベルトを介して同じ位相が保たれる。 一方のガイド手段51は、収納棚ユニット11から用紙を取
出すために機枠フレーム13の側面に形成された、用紙取
出し口52側に位置し、収納棚ユニット11がホーム位置に
あるときには収納棚ユニット11よりも下方に位置してい
て、用紙取出し口52から用紙を取出し易くしている。こ
のガイド手段51はリンク機構57によって固定用のブラケ
ット59に取付けられ、トレイ9のくびれ部91に向かって
上昇する方向に移動する。 他方のガイド手段53は、収納棚ユニット11の高さ以上の
上下寸法を有しており、上下両端に設けられた一対のブ
ラケット61に、ガイド手段51と同様にリンク機構63で取
付けられている。 なおこのガイド手段51,53と中継搬送路15とは、択一的
に作動されるようになっており、ガイド手段51,53を収
納される用紙のサイズに応じた位置までトレイ9のくび
れ部91に向かって前進させた状態で、収納棚ユニット11
内のトレイ9に用紙を収納することにより、用紙は所定
の幅に整合される。またこの用紙幅方向のガイド手段5
1,53を連動させて駆動することも可能である。 また用紙を取り出す際には上述したように一方のガイド
手段51は収納位置より退避し、他方のガイド手段53は収
納した用紙のサイズ位置に保持しておくようにすれば、
用紙取出し時に用紙がトレイ9上で後戻りすることな
く、一層用紙が取出しやすい。 次に第6図はトレイ9の後端に向かって進退自在とした
ガイド手段71を示すものである。このガイド手段71は収
納棚ユニット11に付設され、トレイ9に収納される用紙
の各サイズに応じて適宜進退することができる。モータ
73に取り付けられたウォームギア75およびプーリ77,79
間にはタイミングベルト81が張設されており、このタイ
ミングベルト81が移動することによって、このタイミン
グベルト81に取り付けられたガイド手段71はスライドレ
ール83に沿って前後に移動することができる。 この収納棚ユニット11内のトレイ9に収納された用紙の
前端整合用のガイド手段71は、用紙サイズに応じた用紙
整合位置と、前記用紙整合位置から用紙の取出しに必要
な寸法を加えた距離にある用紙取出し位置と、収納する
用紙サイズが変更される毎にガイド手段71を退避させ
て、ガイド手段71の前記用紙整合位置への移動の起算点
としたホーム位置との間を移動可能であり、上記ホーム
位置を用紙整合位置と用紙取出し位置間に位置せしめて
いる。そして上記ホーム位置を収納する用紙の最大サイ
ズに応じた用紙整合位置とほぼ同じ位置としている。各
位置間の移動に際しては、モータ73を回転することによ
りタイミングベルト81を介してガイド手段71を移動させ
る。そのときウォームギア75に付設した円板101のクロ
ックをセンサ103で読み取り、ホーム位置からの移動距
離を制御する。同時にガイド手段71の側方に設けたスリ
ット板105の通過をセンサ107で検出し、検出信号を制御
手段に送る。スリット板105は、ガイド手段71が用紙取
出し位置の最大ストロークに移動したときでも、センサ
107の位置から外れることはない。なお、スリット板105
の用紙受入口23側の端部を上記センサ107が検出した位
置を、収納される用紙の最大サイズとしてガイド手段71
のホーム位置とする。 なお、紙詰まりの処理や用紙取出し位置において、前記
ガイド手段51,53の動作に合わせてガイド手段71を用紙
から退避させると、上記処理や用紙の取出しが一層容易
になる。 <動作> 以上のような構成において、この装置は次のように動作
する。 第1図における丁合装置1の状態、すなわち収納棚ユニ
ット11が上昇したホーム位置にあり、中継搬送路15は先
端が用紙受入口23に臨む作動位置にある状態がこの装置
の初期位置であり、電源投入時にはすべての装置がこの
状態にセットされる。この状態ではソートしない時の用
紙搬送路を形成しているため、固定収納部7への排紙は
行なうことができる。 次に丁合装置1が用紙を収納することができる状態にお
いては、収納棚ユニット11が排紙口23に最下段のトレイ
9をセットし、中継搬送路15が退避位置に収納され、用
紙側部の整合用ガイド手段51,53と用紙前端整合用のガ
イド手段71の各部が収納しようとする用紙サイズに応じ
た位置にある。 丁合装置1が、用紙を次の丁合装置1′ないし固定収納
部7に搬送することができる状態においては、収納棚ユ
ニット11が上昇したホーム位置にあり、中継搬送路15は
先端が用紙受入口23に臨む作動位置にあり、用紙側部の
整合用ガイド手段51,53は後退してα′の位置にある。
ガイド手段71は収納棚ユニット11とともに上昇してい
る。 また用紙の取出し位置とは、収納棚ユニット11がホーム
位置にあり、中継搬送路15が退避位置に収納されたまま
で、特に用紙前端の整合ガイド手段71がホーム位置より
後退した用紙取出し位置にあるという状態である。 すなわち、丁合装置1が後段の丁合装置1′に連結され
ていて用紙を後段の丁合装置1′に搬送する場合、ある
いは収納棚ユニット11に用紙を収納しないで固定収納部
7へ排紙する場合は、第4図に示すように収納棚ユニッ
ト11は上昇したホーム位置にあり、中継搬送路15は先端
が用紙受入口23に臨む作動位置にあって、用紙を中継搬
送路15を経て、後段の丁合装置1′あるいは固定収納部
7へ排紙する。このとき、ガイド手段51,53は位置α′
にあり、中継搬送路15に当たらないようになっている。 次に収納棚ユニット11に用紙を収納して丁合する場合
は、中継搬送路15が退避位置に収納され、収納棚ユニッ
ト11が各段のトレイ9毎に順次下降して用紙を受け取
る。このとき収納棚ユニット11内に入ってくる用紙が整
然と整合されるように、ガイド手段51,53が前進して用
紙の側部を規制する。またこのときガイド手段71は用紙
のサイズに合わせた位置にセットされている。 上記実施例においては、ガイド手段51が下方に回動しな
がら後退するようになっているので、ガイド手段51が用
紙搬送面から完全に没しており、丁合装置1内で用紙が
詰まったときの用紙の取り除き作業が非常に行ないやす
くなっている。 なお丁合装置1,1′…は個々に制御機構を内蔵してお
り、用紙供給装置3に対してどのような順序に接続され
ても、1台の丁合装置1の制御機構を利用するだけで各
丁合装置1′…にソート動作ないし中継搬送動作を行な
わせることができる。その際、制御を行なう丁合装置1
以外の丁合装置1′…においては、制御機構中のソート
動作ないし中継搬送動作を行なう機構のみ利用し、制御
を行なう丁合装置1からのソートコマンドないし中継搬
送コマンドを受信して、ソート動作ないし中継搬送動作
を行なうだけでよい。
【考案の効果】
この考案の丁合装置は以上のように、用紙前端整合用の
ガイド手段のホーム位置を、用紙サイズに応じた用紙整
合位置と、前記用紙整合位置から用紙の取出しに必要な
寸法を加えた距離にある用紙取出し位置との間であっ
て、収納する用紙の最大サイズに応じた用紙整合位置と
ほぼ同じ位置とすることにより、以下の効果を奏する。 (1)用紙の取出し時にも用紙ガイドが十分に後退して
いるため、用紙とガイド手段との間に所定の間隔が確保
できるので、用紙がガイド手段に干渉する虞れがなく、
整然と丁合した用紙を乱すことのない取出し作業性のよ
い丁合装置が提供できる。 (2)ガイド手段を移動させるときの基準位置としての
ホーム位置を、用紙の取り出し位置よりも用紙側に設け
たので、用紙のサイズを変えた場合でもガイド手段がホ
ーム位置を経由して用紙整合位置まで移動する距離が短
かいためにホーム位置から用紙整合位置に速やかに移動
させることができ、ガイド手段の移動時間が短縮される
ので、丁合動作の高速化に対応できる。
【図面の簡単な説明】
第1図は複数の丁合装置を連設した状態を示す概略図、
第2図はこの考案の丁合装置の全体構成を示す概略図、
第3図は収納棚ユニットの駆動手段を示す斜視図、第4
図および第5図は側部のガイド手段の動作を示す概略側
面図および概略平面図、第6図は用紙前端のガイド手段
の概略平面図である。 1……丁合装置、3……用紙供給装置 5……接続部、7……固定収納部 9……トレイ、11……収納棚ユニット 13……機枠フレーム、15……中継搬送路 21……排紙口、23……用紙受入口 51,53,71……ガイド手段 91……くびれ部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)考案者 小林 美佐夫 山梨県甲府市山宮町3167番地 日本精密工 業株式会社内 (72)考案者 久保寺 利弘 山梨県甲府市山宮町3167番地 日本精密工 業株式会社内 (72)考案者 矢部 秀雄 山梨県甲府市山宮町3167番地 日本精密工 業株式会社内 (72)考案者 河野 芳宣 山梨県甲府市山宮町3167番地 日本精密工 業株式会社内 (56)参考文献 特開 昭59−177251(JP,A) 特開 昭62−211230(JP,A) 実開 昭62−197656(JP,U)

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】収納棚ユニット内の各用紙収納トレイに用
    紙サイズの異なる複数の種類の用紙を収納可能として、
    用紙前端を整合するようにした丁合装置において、用紙
    前端整合用のガイド手段を、用紙サイズに応じた用紙整
    合位置と、前記用紙整合位置から用紙の取出しに必要な
    寸法を加えた距離にある用紙取出し位置と、前記用紙整
    合位置への移動の起算点としたホーム位置との間を移動
    可能とするとともに、上記ホーム位置を用紙整合位置と
    用紙取出し位置間であって収納する用紙の最大サイズに
    応じた用紙整合位置とほぼ同じ位置としたことを特徴と
    する丁合装置。
JP1988065079U 1988-05-17 1988-05-17 丁合装置 Active JPH0711076Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988065079U JPH0711076Y2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 丁合装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988065079U JPH0711076Y2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 丁合装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01169568U JPH01169568U (ja) 1989-11-30
JPH0711076Y2 true JPH0711076Y2 (ja) 1995-03-15

Family

ID=31290526

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1988065079U Active JPH0711076Y2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 丁合装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0711076Y2 (ja)

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59177251A (en) * 1983-03-24 1984-10-06 Canon Inc Sheet loading device
JPS62197656U (ja) * 1986-06-09 1987-12-16

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01169568U (ja) 1989-11-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7094195B1 (en) Method of folding and stacking multiple-sheet sets
US6241234B1 (en) Sheet processing apparatus and image forming apparatus using same
US4456235A (en) Bottom-up stacker
US5186445A (en) Sheet handling apparatus, with sheet storage bins conveyable in a verticle and a lateral direction
EP0259542B1 (en) Sorting apparatus
JPH0711076Y2 (ja) 丁合装置
JPH09240165A (ja) 中綴折機
EP0850866B1 (en) Sheet processing apparatus
JP2565364B2 (ja) シート分類装置
US5222721A (en) Sorter with casing movable in a transverse direction to the direction of sheet delivery
JP2734788B2 (ja) シート分配収容装置
JPH0636033Y2 (ja) 丁合装置
JP2517504Y2 (ja) 丁合装置
JP2686469B2 (ja) 丁合装置
JP2517505Y2 (ja) 丁合装置
JPH0632922Y2 (ja) 丁合装置
JPH05319679A (ja) 排紙トレイセンサ
JP3355200B2 (ja) 用紙積載装置
JP3715490B2 (ja) 丁合装置
JPH05319676A (ja) 綴紙積載装置
JPH1171053A (ja) 用紙後処理装置
JP2001072323A (ja) 丁合装置
JP2734789B2 (ja) シート分配収容装置
JP2509999B2 (ja) シ―ト後処理装置
JP3356549B2 (ja) 紙葉類の供給装置